Billboard JAPAN


Special Contents

安倍なつみ 『光へ -classical & crossover-』インタビュー

安倍なつみ 『光へ -classical & crossover-』 インタビュー

安倍なつみ、第三章のはじまり。

 モーニング娘。卒業からの10年は、安倍なつみにとって試練の期間であり、アイドル時代には想像もつかなかった劇的進化を遂げたストーリーでもあり、その10年間の集大成であり、第三章の始まりとも言えるクラシカル&クロスオーバーアルバムは、聴けば誰もが驚愕するセンセーショナルな作品となった。今作は紛れもなく革命的な一撃。安倍なつみの人生にとってだけでなく、アイドル卒業後も歌を続けていく者たちにとっての希望とも言える。

娘。卒業から10年「歌を諦めないでいて本当によかったなぁ」

--モーニング娘。卒業から10年。モーニング娘。で過ごした歳月と比べると、どんな日々だったなと感じていますか?

安倍なつみ 『光へ -Classical & Crossover-』インタビュー

安倍なつみ:いろいろありましたけれども、やっぱり自分の中でライブや音楽活動もやる中で、ミュージカルや舞台でいろんな作品や役と出逢い、いろんなことを教えて頂いたというか、モーニング娘。時代には見えなかったもの、新しい世界を見た!って感じでしたね。その経験が音楽活動にも返ってくる。この10年はその繰り返しだったような気がします。

--なるほど。

安倍なつみ:作品や役や演出によって求められるものが毎回違うんですね。モーニング娘。はある程度敷かれたレールの中でどう表現するかでしたけど、演技は自分次第というか、自分がやっただけ返ってくる世界だったので、いろんなことを吸収してきました。

--なっちはモーニング娘。で過ごした日々を“青春”と称していた記憶があります。ただ、この10年もまた“青春”と呼んでいいガムシャラな日々だったんじゃないですか?

安倍なつみ:そうですね。そのガムシャラさ加減は違えど、一瞬一瞬に生きていた感じですね。特に去年のミュージカル『ドラキュラ』での役は、毎日本当に大変で。自分が演じたことのないような役、歌ったことのないような歌、ソプラノと喋り声のミックスボイスを使ってほしいということで、新しい歌唱指導の先生についたり。演出家の方の期待以上のものをやってやりたい!という気持ちが強くあって、本番始まってからも自分自身の体調、喉と向き合いながら役を作っていく。自分との戦いでしたね。

--その過酷な女優業から逃げ出したいと思ったことはなかったんですか?

安倍なつみ 『光へ -Classical & Crossover-』インタビュー

安倍なつみ:正直言ってモーニング娘。卒業後の数年間は、ソロになっても「元モーニング娘。のなっち」とか「モーニング娘。でセンターだった人」って言われることがどこか悔しくて、悩んで苦しんでいました。いつになったらソロの安倍なつみとして認めてもらえるんだろうって。今はそんなこと全然思っていないんですけど、当時はソロとしての自分を見てほしくて。舞台のお仕事は「自分が演じたいかどうか」とか自分が演じる意味を考えて、そのお話を請けるっていうスタイルなので「逃げ出したい」とはならないんですけど、ソロになったときに「じゃあ、自分は今何ができるんだろう?」「私って何者なんだ?」ってなる。

--モーニング娘。からも役からも離れた自分自身が何者なのか、という自問自答ですね。

安倍なつみ:アイドルとしてプロデュースされて、衣装も歌う曲もダンスも。そこから卒業したときに、いつかソロになりたいって望んでいたことなのに、いざなってみたらなんか地に足がついていなくて、ふわっとした中で活動している気がしていて、なんか…………見えなかった。それで、舞台の役の中で生きたりとか、新しい世界を見せてもらったりとかコツコツやっていく中で、自分が好きだなと思う音楽だったり、その歌の中で見えてくるものだったり、どんどん広がっていった気がして。ポップスの中でやっていた頃とはまた違うものを吸収して、成長していった。周りはどう見ていたかは分からないですけど。

--自分の信じる道をひたすら歩んできた。ゆえに33歳になった今もファンから“天使”と称されたり。

安倍なつみ:ハハハハハ!

--若々しい印象のままなのかなと。

安倍なつみ:自分のヴィジョンが見えなくて迷っていても、そんな中でもついてきてくれたファンの方はいる訳で。それは大きいし、本当に感謝。今、ステージに立って表現したり、何かメッセージを発信し続けたりできるっていうのは、ファンの方がいたからで。もしかして辞めていたかもしれない時期もありましたから。でもそれでも待っていてくれる人がいた。「なっちの歌が聴きたい」とか「なっちに会いたい」とかそういう真っ直ぐな想いで私を見てくれていた。そういうファンの方たちにも私は何か返したいといつも思ってる。今回の新アルバム『光へ-classical & crossover-』にもいろんな声があるんですけど……

--例えば?

安倍なつみ 『ふるさと』(Natsumi Abe[Home]) (MV)
※安倍なつみ 『ふるさと』(Natsumi Abe[Home]) (MV)

安倍なつみ:「なっちが遠い存在になってしまうんじゃないか?」とか「今まで通りのなっちとして見られないの?」とか「クラシックの人になってしまった」とか。私としてはそんなつもりは全くなくて。今回は大きな挑戦への第一歩なんですけど、だからと言って今までのようなライブを全くやらなくなる訳でもないので。でもいろいろ経験してきた中で、今だからこそできる、今しかできないものが絶対あって、それがこういう形になってリリースできることは何よりも有難くて。それはぜひ聴いてほしい。「CD作りたい」「リリースしたい」と思っても、それは自分の想いだけではどうにもならないってことも経験してきて。モーニング娘。時代はCDを作らせてもらえた。でも今は音楽の聴き方も変わってきて、その中でこうして形を残せるのは凄いこと。だから今作が世に出せるのはとても幸せ。「がんばってきてよかったなぁ」「歌を諦めないでいて本当によかったなぁ」って思う。

--自身では、今の安倍なつみをどのように評価しているんでしょう?

安倍なつみ:アイドルではないと思ってます(笑)。でも歌を続けていきたい。辞める理由もない。そこは明確で、お芝居も歌と同じぐらい好きで、でもやっぱり「歌の人です」っていうスタンスは変わらないんです。もちろん元アイドルなんですけど、「今の私にしか出来ないものがきっとある」って信じて表現できているというか、ステージに立つことができているので、それがちょっとずつでも浸透していくといいなって思います。「こういうことしてます、今の安倍なつみは」って。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. アイドル卒業と共に離れるファン「これが現実なんだな」
  3. Next >
インタビュー写真
安倍なつみ 『光へ -Classical & Crossover-』インタビュー 安倍なつみ 『光へ -Classical & Crossover-』インタビュー 安倍なつみ 『光へ -Classical & Crossover-』インタビュー 安倍なつみ 『光へ -Classical & Crossover-』インタビュー 安倍なつみ 『光へ -Classical & Crossover-』インタビュー 安倍なつみ 『光へ -Classical & Crossover-』インタビュー 安倍なつみ 『光へ -Classical & Crossover-』インタビュー 安倍なつみ 『光へ -Classical & Crossover-』インタビュー 安倍なつみ 『光へ -Classical & Crossover-』インタビュー 安倍なつみ 『光へ -Classical & Crossover-』インタビュー 安倍なつみ 『光へ -Classical & Crossover-』インタビュー 安倍なつみ 『光へ -Classical & Crossover-』インタビュー 安倍なつみ 『光へ -Classical & Crossover-』インタビュー 安倍なつみ 『光へ -Classical & Crossover-』インタビュー
アイドル卒業と共に離れるファン「これが現実なんだな」

--では、女優としての安倍なつみ。自身ではどんな女優だと感じていますか?

安倍なつみ:分かんないです(笑)。分かんないけど、毎回真剣です。そこを目指していた人じゃないから余計に。役を演じることは好きで、すごく楽しい。なっちを消して、自分じゃない何者かで生きられるその期間は面白い。だからお客さんから「二幕の後半までなっちだと気付かなかった」みたいなことを言われるのがすごく嬉しくて! 私なんだけど、私じゃない人で伝わってる。でも役としてそこで生きている。それはお芝居だからこそ出来ることで、その期間は違う人の人生を生きているような感覚になるんですよね。

--憑依タイプなんですね。ダーティーな役どころだと日常生活も重苦しい感じになる?

安倍なつみ 『光へ -Classical & Crossover-』インタビュー

安倍なつみ:そう! 切り替えができればいいけど、全然できない人で。それはヘタクソです。それですごく荒々しい人間になってたりするから、周りはすごく迷惑してると思うけど(笑)。でもこれはしょうがない。ダメなんですよね。引きずるんですよ。

--また、歌手としての安倍なつみについても話を伺いたいんですが、アイドル時代に比べると大きな変貌を遂げました。自身ではどう思われますか?

安倍なつみ:自分では想像してなかった、今回のようなチャンスをもらえたので。でもどこかで望んでいたチャレンジ、期待していた展開ではあったんですよ。モーニング娘。卒業から10年。この先もずっと歌っていきたいけど、でも新しいチャレンジをしたい。そう思っていた時期だったので、今回のお話を頂いたときは「凄い。こんな夢のようなことってあるの?」って思ったし、何度も「本当ですか?」って確認したぐらい感動して。今までやってきたことが本当にどれも無駄にはなっていなくて、すべての経験が自分の成長に繋がってると信じてやってたし、音楽を諦められなくて「歌い続けたい」と思っていたら今回のようなチャンスを頂けたので。やってきたことが繋がる。点と点と繋がって今のこれがある。それは嬉しいです。

--この10年間の経験が100%活かされたアルバム『光へ -classical & crossover-』。改めて今作の発表に至るまでの経緯を説明してもらえますか?

安倍なつみ:ミュージカルに出演させて頂いている中で、去年、本田美奈子さんのメモリアルコンサートに声をかけてもらって。いろいろ勉強してから本番に挑んだんですけど、自分の中では反省に次ぐ反省だったんですよ。「あー、どうだったのかなぁ?」「自分はまだまだダメだな」ってちょっと落ち込みながら帰ったんですけど、そのコンサートがきっかけで今回のお話を頂いて。まぁとりあえず号泣ですよね(笑)。「嘘でしょ?」って。もう嬉しくて! いろんな想いが込み上げて、社長から話を聞きながら「すみません。ごめんなさい。大丈夫です。大丈夫です」って泣いて。

--オーケストラとのレコーディングはいかがでした?

安倍なつみアルバム『光へ-Classical&Crossover-』制作ドキュメント映像
※安倍なつみアルバム『光へ-Classical&Crossover-』制作ドキュメント映像

安倍なつみ:「これ、私の現場?」みたいな(笑)。目の前に広がってる光景ひとつひとつが奇跡のようで「うそうそうそ!」とか言って。それで実際にレコーディングさせて頂いたら、特にミュージカルナンバーはそうなんですけど、本当に呼吸を合わせて演奏を始める感じなんです。一緒に歌っているかのように、音を一緒に紡いでいく感覚が本当にあったんです。私の歌もちゃんと感じて下さって。そうやって作っていたので、全曲オケ録りをその場で見させてもらったんですけど、そんな経験も初めてでしたし。普段耳には入ってこなかった音が聴こえてきたり、そこを感じながら歌うこともできたので、とても新鮮で刺激的でした。

--そうして完成した『光へ -classical & crossover-』の仕上がりにはどんな印象を?

安倍なつみ 『光へ -Classical & Crossover-』インタビュー

安倍なつみ:「いやぁー、出来たな」って(笑)。レコーディング終わったらもう脱力でしたね。レコーディング期間はずっとスウィッチが入ってる状態で、神経も過敏になっていて、ちょっとしたことでも気になっちゃって。そうやって作っていったアルバムなので。この作品はきっとみんなビックリすると思いますよ。スタッフも「安倍なつみじゃないみたい」って言いますからね。ウチの親ですら「これ、誰なのさ? 本当になっちかい?」「私だよ! 誰が歌うのさ!」みたいな。舞台上の発声レベルでレコーディングした作品は初めてなので、そうやって驚く人もいるのかなって。でもだからこそ“今の安倍なつみ”として本当に聴いてもらいたい!って思います。

--アイドル出身のアーティストがこうした作品を出せるのは稀ですし、ミュージカル経験者の多いモーニング娘。OGの中でも初の快挙です。しかも各メディアがフォーカスし、世間の注目もしっかり集められている。これは嬉しいんじゃないですか?

安倍なつみ:久々です、こんな感じ(笑)。これはもうちゃんとモノにしなくちゃなって思ってます。

--モーニング娘。OGややがて卒業していくメンバーにとっても希望になると思いますよ。卒業した先もひとつのことを必死に継続していれば、モーニング娘。時代に劣らぬ面白い展開が待っていたり、自分がやりたいことを実現できる。

安倍なつみ:そうですね。そう感じてくれるといいですね。やっぱりどっか見えなくなる瞬間があるんですよ。グループで長くやっていたメンバーは。私は6年間だったけど、まぁその日々は激しいもので、色濃いもので。そこからソロになると「自分に何ができるのか?」って迷うときが来るんですよね。「何をもって自分の幸せなのか」とか考える年頃でもあると思うので。でもやっぱり音楽をやりたい、音楽を続けたいと思ってるメンバーにとっては希望になるかもしれないですね。なってくれたらいいなって思います。

--アイドルってアイドルじゃなくなった瞬間に、グループを卒業した瞬間に離れていくファンがたくさんいるじゃないですか。モーニング娘。に限らず。

モーニング娘。 『愛あらば IT'S ALL RIGHT』 (MV)
※モーニング娘。 『愛あらば IT'S ALL RIGHT』 (MV)

安倍なつみ:私もそれは経験してきました。サァーっていなくなる(笑)。でもそれはもうしょうがないですよね。本当に寂しいし、「あ、でもこれが現実なんだな。そりゃそうだな」って思うんですよ。お客さんは正直で、やっぱりアイドルとしてのイメージだったりとか、アイドルに抱いている夢というものがきっとあって。それが見えなくなったとき……冷めてしまったりとか、次に移ったりとかする。だからしょうがないなって思うんですよね。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 道重さゆみらモーニング娘。'14に対する想い“後輩たちの為にも”
  3. Next >
インタビュー写真
安倍なつみ 『光へ -Classical & Crossover-』インタビュー 安倍なつみ 『光へ -Classical & Crossover-』インタビュー 安倍なつみ 『光へ -Classical & Crossover-』インタビュー 安倍なつみ 『光へ -Classical & Crossover-』インタビュー 安倍なつみ 『光へ -Classical & Crossover-』インタビュー 安倍なつみ 『光へ -Classical & Crossover-』インタビュー 安倍なつみ 『光へ -Classical & Crossover-』インタビュー 安倍なつみ 『光へ -Classical & Crossover-』インタビュー 安倍なつみ 『光へ -Classical & Crossover-』インタビュー 安倍なつみ 『光へ -Classical & Crossover-』インタビュー 安倍なつみ 『光へ -Classical & Crossover-』インタビュー 安倍なつみ 『光へ -Classical & Crossover-』インタビュー 安倍なつみ 『光へ -Classical & Crossover-』インタビュー 安倍なつみ 『光へ -Classical & Crossover-』インタビュー
道重さゆみらモーニング娘。'14に対する想い“後輩たちの為にも”

安倍なつみ 『光へ -Classical & Crossover-』インタビュー

--でも自分の道を信じて歩いていけば、アイドル時代には会えなかったファンにもたくさん会えて、しかも自分が心底やりたいことに共鳴してくれる人もたくさん出てくる。それを安倍なつみはこの10年間で証明しました。

安倍なつみ:そうですね。まだまだここからだとは思いますけど。

--今作のリリースでもってその規模をどれだけ大きくできるか。

安倍なつみ:そうだと思います。だから一個一個だなって。ここからコツコツとまた積み上げていって、それを観てもらってどう感じるか。だからこそ生の空間のライブとかは頑張っていきたい。

--先日のサントリーホールでのコンベンションライブはいかがでした?

安倍なつみ 『光へ -Classical & Crossover-』インタビュー

安倍なつみ:いやぁーもう凄かったですよ。今まで私が立ってきたライブのステージではなかった、もちろん。サントリーホールだし。ストリングスチームがバァ~っていて、シーンとなっている中で「安倍さん、どうぞ」って言われて、「えー!この空気? これ、初めて。どうしよう?」みたいな(笑)。でもこういう曲を歌うときはマンタのような、音に身を預けるように歌わなきゃいけないんですよ。でも緊張しちゃって。

--緊張する要素しかなかったですもんね。関係者だけが大勢集まるコンベンションで、サントリーホールで、生ストリングスで。

安倍なつみ 『光へ -Classical & Crossover-』インタビュー

安倍なつみ:そうなの! だから本当に緊張して「もっとこうできたのになー」みたいなことがあったんですけど、でもそれも経験として踏まないと。だからもうソデにはけた途端、ぶわぁ~!って泣いちゃって。あの日はいろんなものを押さえて過ごしていたので、終わった瞬間にいろんなものが込み上げてきちゃって。「このステージが新たな一歩」って思ってたし、観に来てくれた関係者の皆さんに「ありがとうございます!」って想いがあったり、でも自分が納得いく歌を届けられなかったなとか、いろんな気持ちが溢れてしまって。だから次のライブはやったりますよ(笑)!

--そういう意味でも今作のリリースは、安倍なつみの新たな始まり。モーニング娘。を第一章、この10年を第二章と呼ぶなら、第三章の始まりなのかなと感じているんですが、自分ではどう?

安倍なつみ:たしかにそうですよね。本当に「新しい挑戦をしていくんだな」っていう気持ちはあります。新しいステージに上がったんだなって。だから今までのことを引きずる訳ではない。だけど今までやってきたことも活かせるものは活かしたい。私が経験してきたことは私の中にちゃんと残ってるし、私だから出来たこと!っていうのもしっかりあるんですよね。こんな人生ないなって思ったりもするんですよ(笑)。そのすべてを上手く循環させて繋げていきたいなって思いますね。

--そんななっちから後輩へのメッセージ代わりにいくつか質問したいんですが、今のモーニング娘。'14にはどんな印象を持たれていますか?

モーニング娘。'14 『TIKI BUN』(Promotion Ver.)
※モーニング娘。'14 『TIKI BUN』(Promotion Ver.)

安倍なつみ:もうだいぶ離れてますからね(笑)。道重(さゆみ)が卒業しちゃったら、私の在籍時には一緒にパフォーマンスしてない娘たちなんですよ。だから違うものになっていくというか、私の知らないモーニング娘。になっていくんですよね。もう10年経ってるんで、当然なんですけど。だけど頑張ってほしいと思います。やっぱり知らないメンバーばかりになっても気になっちゃうんですよ。名前が変わっても。あとは、これから卒業していく道重にも頑張ってほしいな。

--なっちは4年前のインタビューで「モーニング娘。は誰にも負けないでほしい」と仰っていて。その後、道重さゆみたちがモーニング娘。を今一度シーンの主役級にまで盛り上げたことにはどんな印象を?

安倍なつみ:嬉しい。だからこの良い波を味方につけて、更に良い波にしていってほしい。道重が残してきたものも大きいものだと思うので、それは引き継いでほしいなって。でもそれぞれの個性も大事にしてほしいし。今のモーニング娘。がどういう空気なのか詳しくは分からないけど、道重も頑張ってほしいし、14も……これから15になるのか(笑)。そこで新しいメンバーも入るし、どう変化を遂げていくのか楽しみにしつつ、安倍も負けずに頑張ります!

--そんな可愛い後輩たちの為にもなっちは新たな道、可能性を開拓していかなければいけません。

安倍なつみ:そうですよね。本当に頑張ります。私が頑張ります。

--今作『光へ -classical & crossover-』のリリースを機にどんな活動をしていけたらいいなと思っていますか?

安倍なつみ 『光へ -Classical & Crossover-』インタビュー

安倍なつみ:まずは新しいスタイルでのライブ。まだ分かんないんですよ。本当に1曲ずつにテーマやドラマがあって、それらの曲を引っ提げてステージに立ってみてから感じることもいっぱいあるので。だから1曲歌い終えてから気持ちを切り替えるのが結構大変で、それは先日のコンベンションで学んだことなんですけど。あと、今までのライブMCの内容は最近あったことだったりしましたけど、今回は曲が曲なだけに今まで通りという訳にはいかず、どんなスタンスでお送りすればいいのか。どれもやってみないと分からないことだらけで。だからとにかく良いコンディションで臨もうと思ってます。

--1曲1曲が大作なので、それぞれ物語を演じきる感覚だと思うんですよ。それを十数曲歌うというのは肉体的にも精神的にも疲弊しますよね。

安倍なつみ:そうなんですよ! だからコンベンションの後もしばらく抜け殻でしたもん(笑)。でもいつかはオーケストラをバックにコンサートができたらいいなって思ってます。まだ先の先の先の話だとは思うんですけど。

--今の安倍なつみの夢はそれ?

安倍なつみ:ですね。でもまずは『光へ -classical & crossover-』をたくさんの人に聴いてもらうってこと。そして歌手としてだけでなく、人として、女性としても成長していきたくて。それって大事なことだなって思うんですよね。バランスの取れた人。ただ上手い、ただキレイ、ただ美しいとかじゃなくて、安倍なつみにしかできない音楽、歌をうたえる人になっていく。それは本当の意味でここからがスタートだと思っていて。だから1個1個だなって。その夢に向けてコツコツと進んでいきたい。

インタビュー写真
安倍なつみ 『光へ -Classical & Crossover-』インタビュー 安倍なつみ 『光へ -Classical & Crossover-』インタビュー 安倍なつみ 『光へ -Classical & Crossover-』インタビュー 安倍なつみ 『光へ -Classical & Crossover-』インタビュー 安倍なつみ 『光へ -Classical & Crossover-』インタビュー 安倍なつみ 『光へ -Classical & Crossover-』インタビュー 安倍なつみ 『光へ -Classical & Crossover-』インタビュー 安倍なつみ 『光へ -Classical & Crossover-』インタビュー 安倍なつみ 『光へ -Classical & Crossover-』インタビュー 安倍なつみ 『光へ -Classical & Crossover-』インタビュー 安倍なつみ 『光へ -Classical & Crossover-』インタビュー 安倍なつみ 『光へ -Classical & Crossover-』インタビュー 安倍なつみ 『光へ -Classical & Crossover-』インタビュー 安倍なつみ 『光へ -Classical & Crossover-』インタビュー

安倍なつみ 今井亨 山口裕加 櫻田はるか 田口裕子 岸上穣 野見山和子 青山政憲「光へ -classical & crossover-」

光へ -classical & crossover-

2014/10/22 RELEASE
COZQ-974/5 ¥ 3,850(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.Stand Alone ~NHK スペシャルドラマ「坂の上の雲」より
  2. 02.ローズ ~映画「The Rose」より
  3. 03.夢やぶれて ~ミュージカル「レ・ミゼラブル」より
  4. 04.カーネーション ~NHK 連続テレビ小説「カーネーション」より
  5. 05.サリー・ガーデン~風と少女~
  6. 06.グリーンスリーヴス~永遠~
  7. 07.私だけに ~ミュージカル「エリザベート」より
  8. 08.オン・マイ・オウン ~ミュージカル「レ・ミゼラブル」より
  9. 09.この祈り~ザ・プレイヤー~with 望月哲也
  10. 10.夢はひそかに ~映画「シンデレラ」より
  11. 11.光へ
  12. 12.白のワルツ 【BONUS TRACK for CHRISTMAS】

関連商品

プッチベスト19
(V.A.) ハロプロ・オールスターズ モーニング娘。20th モーニング娘。’18 アンジュルム Juice=Juice カントリー・ガールズ こぶしファクトリー「プッチベスト19」

2018/12/12

[CD]

¥2,547(税込)

プッチベスト19
(V.A.) ハロプロ・オールスターズ モーニング娘。20th モーニング娘。’18 アンジュルム Juice=Juice カントリー・ガールズ こぶしファクトリー「プッチベスト19」

2018/12/12

[Blu-ray Disc]

¥4,400(税込)

二十歳のモーニング娘。
モーニング娘。20th「二十歳のモーニング娘。」

2018/02/07

[CD]

¥2,037(税込)

二十歳のモーニング娘。
モーニング娘。20th「二十歳のモーニング娘。」

2018/02/07

[CD]

¥4,074(税込)

プッチベスト19
(V.A.) ハロプロ・オールスターズ モーニング娘。20th モーニング娘。’18 アンジュルム Juice=Juice カントリー・ガールズ こぶしファクトリー「プッチベスト19」

2018/12/12

[CD]

¥2,547(税込)

プッチベスト19
(V.A.) ハロプロ・オールスターズ モーニング娘。20th モーニング娘。’18 アンジュルム Juice=Juice カントリー・ガールズ こぶしファクトリー「プッチベスト19」

2018/12/12

[Blu-ray Disc]

¥4,400(税込)

二十歳のモーニング娘。
モーニング娘。20th「二十歳のモーニング娘。」

2018/02/07

[CD]

¥2,037(税込)

Smile...□
安倍なつみ「Smile...□」

2014/08/13

[CD]

¥4,074(税込)

Smile...□
安倍なつみ「Smile...□」

2014/08/13

[CD]

¥4,074(税込)

プッチベスト14
(V.A.) モーニング娘。 Berryz工房 ℃-ute スマイレージ Juice=Juice 田中れいな 真野恵里菜「プッチベスト14」

2013/12/11

[CD]

¥2,619(税込)

プッチベスト14 Blu-ray Disc
(V.A.) モーニング娘。 Berryz工房 ℃-ute スマイレージ Juice=Juice 田中れいな 真野恵里菜「プッチベスト14 Blu-ray Disc」

2013/12/11

[Blu-ray Disc]

¥4,400(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    米津玄師、【SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2021】で「ALBUM OF THE YEAR」「VIDEO OF THE YEAR」の二冠

  2. 2

    【ビルボード】Sexy Zone『SZ10TH』が190,353枚でALセールス首位 aiko/sumikaが続く

  3. 3

    【ビルボード】BEYOOOOONDS『激辛LOVE/Now Now Ningen/こんなハズジャナカッター!』初週5.4万枚でSGセールス首位

  4. 4

    フジファブリックの生配信番組に幾田りらと小説家の橋爪駿輝が出演決定

  5. 5

    ORANGE RANGE、FCツアーの最終公演会員限定で無料生配信

HOT IMAGES

注目の画像