Billboard JAPAN


Shoping

モーニング娘。コンサートツアー 『The BEST of Japan 夏~秋’04』

モーニング娘。

モーニング娘。「 モーニング娘。コンサートツアー 『The BEST of Japan 夏~秋’04』」

  • 定価:¥ 3,240(税込)
  • 品種:Blu-ray Disc
  • 商品番号:EPXE-3011
  • 発売日:2013/10/09
  • 発売元:(株)アップフロントワークス
  • JAN:4942463306144
  • ※画像はイメージです。実際の商品とは異なる場合がございます。
  • 販売価格:¥ 3,240(税込)
  • 加算ポイント:648pt
  • 在庫情報:僅少あり

ウィッシュリストウィッシュリストに入れる

レコチョクでダウンロード

2004年8月21日からスタートし、全国12都市37公演を行なったモーニング娘。夏・秋ツアーの中から、10月3日横浜アリーナ公演の模様を収録した作品。ゲストにカントリー娘。、石川梨華の新ユニット“美勇伝”を迎えた、12人のモーニング娘。初のコンサート映像。 (C)RS

Tracklist
Disc01
01.Opening
02.女子かしまし物語
03.ザ☆ピ~ス!
04.そうだ!We’re ALIVE
05.MC-1
06.恋ING
07.Happy Night
08.MC-2<ゴロッキーズ スタンダップ大喜利!>
09.恋のヌケガラ
10.ドアの向こうでBellが鳴ってた
11.シャイニング 愛しき貴方
12.MC-3<チャーミーズエンジェル>
13.ハッピーサマーウェディング→抱いて HOLD ON ME!→サマーナイトタウン 【メドレー】
14.AS FOR ONE DAY
15.ここにいるぜぇ!
16.MC-4
17.Mr.Moonlight~愛のビッグバンド~
18.HEY!未来→Memory 青春の光→恋愛レボリューション21 【メドレー】
19.シャボン玉
20.浪漫 ~MY DEAR BOY~
21.Go Girl ~恋のヴィクトリー~
22.涙が止まらない放課後 (ENCORE)
23.MC-5 (ENCORE)
24.愛あらばIT’S ALL RIGHT (ENCORE)

Special Contentsmore

SPRING FRESHNESS~フレッシュな才能たちによる今春注目の来日公演をピックアップ
SPRING FRESHNESS~フレッシュな才能たちによる今春注目の来日公演をピックアップ
マイケル・キワヌーカ/デヴェンドラ・バンハート/L.A.サラーミ/ユセフ・カマール
小室哲哉『JOBS#1』インタビュー(Billboard JAPAN×RakutenMusic/楽天ブックス)
小室哲哉『JOBS#1』インタビュー(Billboard JAPAN×RakutenMusic/楽天ブックス)
小室哲哉、2017年春の音楽論。
モーニング娘。'17(小田さくら単独/加賀楓&横山玲奈)『BRAND NEW MORNING/ジェラシー ジェラシー』インタビュー
モーニング娘。'17(小田さくら単独/加賀楓&横山玲奈)『BRAND NEW MORNING/ジェラシー ジェラシー』インタビュー
小田さくら「その歴史を守らないで何がモーニング娘。だ!」加賀楓&横山玲奈「モーニング娘。を引っ張っていける存在に―――」
特集:小坂忠~ジャパニーズ・ポップス・シーンの至宝~ 中納良恵(EGO-WRAPPIN’)コメントも公開
特集:小坂忠~ジャパニーズ・ポップス・シーンの至宝~ 中納良恵(EGO-WRAPPIN’)コメントも公開
日本のソウル・ミュージック&ゴスペル・ミュージックの元祖の軌跡を振り返る。
japan(finds) vol.14:Stephen Bishop
japan(finds) vol.14:Stephen Bishop
スティーヴン・ビショップが選ぶ”日本人に聴かせたいお気に入りの作品”とは?
倖田來未『W FACE~inside~』『W FACE~outside~』インタビュー
倖田來未『W FACE~inside~』『W FACE~outside~』インタビュー
「どっちの倖田來未が好きですか?」
NPG来日&プリンス楽曲ストリーミング解禁記念!思い出のプリンス・ソングをプレイバック
NPG来日&プリンス楽曲ストリーミング解禁記念!思い出のプリンス・ソングをプレイバック
西寺郷太/沼澤尚/内本順一/丸屋九兵衛 参加!
マイケル・キワヌーカ来日記念特集 ~英国を代表するシンガーソングライターへと成長した奇才とUK音楽の現在
マイケル・キワヌーカ来日記念特集 ~英国を代表するシンガーソングライターへと成長した奇才とUK音楽の現在
『Love & Hate』という“現代のサウンドトラック”

Chartsmore