Billboard JAPAN


Shoping

モーニング娘。’14 コンサートツアー春 EVOLUTION

モーニング娘。’14

モーニング娘。’14「 モーニング娘。’14 コンサートツアー春 EVOLUTION」

  • 定価:¥ 5,400(税込)
  • 品種:Blu-ray Disc
  • 商品番号:EPXE-5053
  • 発売日:2014/09/10
  • 発売元:(株)アップフロントワークス
  • JAN:4942463520236
  • ※画像はイメージです。実際の商品とは異なる場合がございます。
  • 販売価格:¥ 5,400(税込)
  • 加算ポイント:1,080pt
  • 在庫情報:在庫あり

ウィッシュリストウィッシュリストに入れる

モーニング娘。`14の全国ツアー“モーニング娘。`14コンサートツアー春~エヴォリューション~”より、5月5日の東京・中野サンプラザ公演の模様を収録。 (C)RS

Tracklist
Disc01
01.OPENING
02.Password is 0
03.君の代わりは居やしない
04.VTR映像(メンバー紹介)
05.HOW DO YOU LIKE JAPAN? ~日本はどんな感じでっか?~
06.MC
07.Only you
08.ブレインストーミング (updated)
09.MC
10.恋愛ハンター (updated)
11.愛の軍団
12.愛の園~Touch My Heart!~
13.MC
14.笑顔YESヌード
15.ワクテカ Take a chance (updated)
16.気まぐれプリンセス
17.君さえ居れば何も要らない (updated)
18.泣いちゃうかも
19.恋愛レボリューション21 (updated)
20.MC
21.カップリングメドレー
22.MC
23.LOVEマシーン (updated)
24.Help me!! (updated)
25.One・Two・Three (updated)
26.What is LOVE?
27.MC
28.笑顔の君は太陽さ
29.時空を超え 宇宙を超え 【ENCORE】
30.MC 【ENCORE】
31.わがまま 気のまま 愛のジョーク 【ENCORE】

Special Contentsmore

SPRING FRESHNESS~フレッシュな才能たちによる今春注目の来日公演をピックアップ
SPRING FRESHNESS~フレッシュな才能たちによる今春注目の来日公演をピックアップ
マイケル・キワヌーカ/デヴェンドラ・バンハート/L.A.サラーミ/ユセフ・カマール
小室哲哉『JOBS#1』インタビュー(Billboard JAPAN×RakutenMusic/楽天ブックス)
小室哲哉『JOBS#1』インタビュー(Billboard JAPAN×RakutenMusic/楽天ブックス)
小室哲哉、2017年春の音楽論。
モーニング娘。'17(小田さくら単独/加賀楓&横山玲奈)『BRAND NEW MORNING/ジェラシー ジェラシー』インタビュー
モーニング娘。'17(小田さくら単独/加賀楓&横山玲奈)『BRAND NEW MORNING/ジェラシー ジェラシー』インタビュー
小田さくら「その歴史を守らないで何がモーニング娘。だ!」加賀楓&横山玲奈「モーニング娘。を引っ張っていける存在に―――」
特集:小坂忠~ジャパニーズ・ポップス・シーンの至宝~ 中納良恵(EGO-WRAPPIN’)コメントも公開
特集:小坂忠~ジャパニーズ・ポップス・シーンの至宝~ 中納良恵(EGO-WRAPPIN’)コメントも公開
日本のソウル・ミュージック&ゴスペル・ミュージックの元祖の軌跡を振り返る。
japan(finds) vol.14:Stephen Bishop
japan(finds) vol.14:Stephen Bishop
スティーヴン・ビショップが選ぶ”日本人に聴かせたいお気に入りの作品”とは?
倖田來未『W FACE~inside~』『W FACE~outside~』インタビュー
倖田來未『W FACE~inside~』『W FACE~outside~』インタビュー
「どっちの倖田來未が好きですか?」
NPG来日&プリンス楽曲ストリーミング解禁記念!思い出のプリンス・ソングをプレイバック
NPG来日&プリンス楽曲ストリーミング解禁記念!思い出のプリンス・ソングをプレイバック
西寺郷太/沼澤尚/内本順一/丸屋九兵衛 参加!
マイケル・キワヌーカ来日記念特集 ~英国を代表するシンガーソングライターへと成長した奇才とUK音楽の現在
マイケル・キワヌーカ来日記念特集 ~英国を代表するシンガーソングライターへと成長した奇才とUK音楽の現在
『Love & Hate』という“現代のサウンドトラック”

Chartsmore