Billboard JAPAN


Billboard Japan Radio Songs Year Endチャートの解説

TAG

順位 ジャケット写真│タイトル│アーティスト名
1 RADWIMPS 「君の名は。」
2 星野源 「恋」
3 (V.A.) ジャスティン・ティンバーレイク、グウェン・ステファニー、ロン・ファンチズ ジャスティン・ティンバーレイク アナ・ケンドリック、グウェン・ステファニー、ジェームズ・コーデン、ロン・ファンチズ、ウォルト・ドーン、キャロライン・ヒェルト、アイノ・ジャウォ、クナル・ネイヤー アナ・ケンドリック ズーイー・ディシャネル アリアナ・グランデ グウェン・ステファニー、ジャスティン・ティンバーレイク「トロールズ オリジナル・サウンドトラック」
4 宇多田ヒカル 「Fantome」
5 ディー・エヌ・シー・イー 「ケーキ・バイ・ザ・オーシャン」
6 Perfume 「COSMIC EXPLORER」
7 コールドプレイ 「ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームス」
8 星野源 「SUN」
9 カイゴ 「クラウド・ナイン」
10 宇多田ヒカル 「Fantome」
11 レイチェル・プラッテン 「ワイルドファイア」
12 マーク・ロンソン 「アップタウン・スペシャル」
13 ブルーノ・マーズ 「24K・マジック」
14 Suchmos 「LOVE&VICE」
15 Suchmos 「MINT CONDITION」
16 back number 「クリスマスソング」
17 ザ・ウィークエンド 「ビューティー・ビハインド・ザ・マッドネス」
18 BUMP OF CHICKEN 「Butterflies」
19 NakamuraEmi 「NIPPONNO ONNAWO UTAU BEST」
20 レッド・ホット・チリ・ペッパーズ 「ザ・ゲッタウェイ」

↑PageTop

21 ノラ・ジョーンズ クリス・トーマス ブライアン・ブレイド ウェイン・ショーター ドクター・ロニー・スミス ジョン・パティトゥッチ 「デイ・ブレイクス」
22 藤原さくら 「Soup」
23 桑田佳祐 「君への手紙」
24 イジー・ビズ 「ア・モーメント・オブ・マッドネス」
25 レディー・ガガ 「ジョアン」
26 桑田佳祐 「ヨシ子さん」
27 ジャスティン・ビーバー 「パーパス~デラックス・エディション」
28 THE YELLOW MONKEY 「砂の塔」
29 家入レオ 「僕たちの未来」
30 NAMIE AMURO 「Hero」
31 サカナクション 「新宝島」
32 HOWL BE QUIET 「MONSTER WORLD」
33 サカナクション 「多分、風。」
34 ザ・チェインスモーカーズ 「ザ・チェインスモーカーズ ジャパン・スペシャル・エディション」
35 アデル 「25」
36 ジャスティン・ビーバー 「パーパス~デラックス・エディション」
37 秦基博 「スミレ」
38 山下達郎 「CHEER UP! THE SUMMER」
39 aiko 「もっと」
40 スピッツ 「みなと」

↑PageTop

41 スピッツ 「醒めない」
42 家入レオ 「Hello To The World」
43 ヘイリー・スタインフェルド 「ヘイズ ~日本デビュー・ミニ・アルバム」
44 The 1975 「君が寝てる姿が好きなんだ。なぜなら君はとても美しいのにそれに全く気がついていないから。」
45 リアーナ 「アンチ」
46 テイラー・スウィフト 「1989」
47 星野源 「YELLOW DANCER」
48 EXILE 「Ki・mi・ni・mu・chu」
49 手嶌葵 「明日への手紙」
50 キャンディス・スプリングス ラリー・クライン テレンス・ブランチャード ディーン・パークス ジェシー・ハリス ヴィニー・カリウタ ピート・クズマ ダン・ルッツ「ソウル・アイズ」
51 フィフス・ハーモニー 「7/27 (ジャパン・デラックス・エディション)」
52 Mrs.GREEN APPLE 「Speaking」
53 スガシカオ 「THE LAST」
54

Hello Radio ザ・プールサイド

55

ディス・イズ・ホワット・ユー・ケイム・フォー feat.リアーナ カルヴィン・ハリス

56 井上苑子 「ナツコイ」
57 チャーリー・プース 「ナイン・トラック・マインド」
58 マジック! 「プライメリー・カラーズ」
59 稲葉浩志 「羽」
60 aiko 「恋をしたのは」

↑PageTop

61 ルーカス・グラハム 「ルーカス・グラハム」
62 桑田佳祐 「ヨシ子さん」
63 ぼくのりりっくのぼうよみ 「hollow world」
64 ファレル・ウィリアムス 「ガール」
65 Leola 「Let it fly」
66 フィフス・ハーモニー 「リフレクション ジャパン・デラックス・エディション」
67

コールド・ウォーター feat.ジャスティン・ビーバー & ムー メジャー・レイザー

68 GLIM SPANKY 「Next One」
69 スティング 「ニューヨーク9番街57丁目」
70 マルーン5 「Ⅴ -ジャパン・スペシャル・エディション」
71 メーガン・トレイナー 「サンキュー」
72 グウェン・ステファニー 「ディス・イズ・ホワット・ザ・トゥルース・フィールズ・ライク」
73 大原櫻子 「大好き」
74 メイヤー・ホーソーン 「マン・アバウト・タウン」
75 栞菜智世 「Heaven’s Door ~陽のあたる場所~」
76 藤原さくら 「good morning」
77 アリアナ・グランデ 「デンジャラス・ウーマン ~スペシャル・プライス・エディション」
78 WANIMA 「JUICE UP!!」
79 バーズ&メロディ 「Hopeful」
80 SHISHAMO 「夏の恋人」

↑PageTop

81 ベリーグッドマン 「SING SING SING 4」
82 Namie Amuro 「Mint」
83 シーア 「ディス・イズ・アクティング」
84 レディオヘッド 「ア・ムーン・シェイプト・プール」
85 KANA-BOON 「ランアンドラン」
86 THE BEAT GARDEN 「Promise you」
87 GLIM SPANKY 「ワイルド・サイドを行け」
88 リリィ、さよなら。 「ハッピーエンドで会いましょう」
89 ブリトニー・スピアーズ 「グローリー」
90 R.シティ 「ホワット・ドリームズ・アー・メイド・オブ」
91 [Alexandros] 「Swan」
92 マイケル・ブーブレ 「ノーバディ・バット・ミー」
93 バックナンバー 「僕の名前を」
94 アリアナ・グランデ 「フォーカス」
95 ジェイムス・ベイ 「カオス&ザ・カーム」
96 プライマル・スクリーム 「カオスモシス」
97 ディー・エヌ・シー・イー 「ケーキ・バイ・ザ・オーシャン」
98 カーリー・レイ・ジェプセン 「エモーション~デラックス・エディション」
99 ドレイク 「ヴューズ」
100 (オリジナル・サウンドトラック) エリー・ゴールディング イヤーズ&イヤーズ ノックス・ブラウン×ギャラント エド・シーラン ジェス・グリン ビロン ティグス・ダ・オーサー「ブリジットジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期 -オリジナル・サウンドトラック-」

Special Contentsmore

ハリー・スタイルズ ソロ・デビュー・アルバム『ハリー・スタイルズ』発売記念特集
ハリー・スタイルズ ソロ・デビュー・アルバム『ハリー・スタイルズ』発売記念特集
全英&全米チャートで初登場1位!表現者としての歩を進める意志と興奮に満ちたアルバムの内容に迫る。
アメリカン・フットボール 来日直前インタビュー 「繰り返しプレイしてきたことで、バンドとして、とてつもなく成長したんじゃないかな」
アメリカン・フットボール 来日直前インタビュー 「繰り返しプレイしてきたことで、バンドとして、とてつもなく成長したんじゃないかな」
ジャパン・ツアーを前にマイク・キンセラが語る、最新作/toe/気になる次作について
Billboard JAPAN×SUMMER SONIC 2017 Billboard JAPAN Party!
Billboard JAPAN×SUMMER SONIC 2017 Billboard JAPAN Party!
Billboard Live10周年のアニバーサリーイヤーとなる今年は、「次の10年を支えていくネクスト・アーティスト」たちが集結。
bonobos インタビュー
bonobos インタビュー
「すごくいいタイミングでバンドが新しく生まれ変わりました」
JY 1stアルバム『Many Faces -多面性-』インタビュー
JY 1stアルバム『Many Faces -多面性-』インタビュー
「音楽でここまで自分のことを語ったのは初めて」
日本×台湾イベント【TOKYO MUSIC LINER】リレーコラム(第1回:Nulbarich)
日本×台湾イベント【TOKYO MUSIC LINER】リレーコラム(第1回:Nulbarich)
【ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2017】ライブ・レポート
【ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2017】ライブ・レポート
 5月4日から6日まで開催された【ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2017】。ビルボードジャパン編集部がピックアップした公演をレポート。
OKAZAKI LOOPS【node_vol.1】開催記念インタビュー - Aimerが伝統の街・京都から世界に向けて発信する普遍的な魅力
OKAZAKI LOOPS【node_vol.1】開催記念インタビュー - Aimerが伝統の街・京都から世界に向けて発信する普遍的な魅力
武道館のその先の可能性を感じてほしい

Chartsmore