Billboard JAPAN


チャーリー・プース

チャーリー・プース

Daily News

6
シンガーとしての力量に感服する、チャーリー・プースの最新曲「ハウ・ロング」(Song Review)
チャーリー・プース、「ハウ・ロング」のMVでウキウキなダンスを披露
ブルーノ待望の来日決定、ジャスティンは来日中止、チェスター死去を受けリンキン楽曲が日米チャートイン:今週の洋楽まとめニュース
PSY「江南スタイル」の記録破り、YouTubeで最も再生された動画になったのは?
チャーリー・プース、新曲「Attention」のMVをドロップ
【NEW MUSIC】今週リリースされた注目の洋楽ソング(4/21付)~ガガ/ラナ&ザ・ウィークエンド/ショーン・メンデス/チャーリー・プース
米ソングチャート、31年ぶりに2人組アーティストが1・2フィニッシュ
もうすぐサマソニ!米ビルボード・チャートを賑わす出演アーティストをピックアップ~マーク・ロンソン/チャーリー・プース/The 1975 and more
チャーリー・プース、新MVで終わった恋の思い出にふける
“メロウの貴公子”チャーリー・プース&セレーナ・ゴメスの掛け合いが見事な最新R&Bソング(Song Review)
Song Review: チャーリー・プースの美声が最大限に活かされた、「シー・ユー・アゲイン」に酔いしれたファンにとっても納得の1曲「ワン・コール・アウェイ」
フィフス・ハーモニーが2週連続洋楽チャート1位を制覇、“ワイスピ”で話題のチャーリー・プースも好発進
Album Review: 先達への愛情溢れる“グッド・ミュージック”にノックアウト!実力派新人チャーリー・プースのデビュー作『ナイン・トラック・マインド』
チャーリー・プース、デビュー・アルバム『ナイン・トラック・マインド』でセレーナ・ゴメスとのコラボ
初対面から4か月、チャーリー・プース&セレーナ・ゴメスが“仲良し”映像公開
チャーリー・プース 貴重なアコースティック・ライブをJ-WAVE&YouTubeで本日9/29生中継
チャーリー・プース 全世界のチャートを席巻した「シー・ユー・アゲイン」にフィーチャーされた注目の新人、遂にデビューALがリリースに
ウィズ・カリファ、期待の新人をゲストに迎えた“ワイスピ”大ヒット曲がビルボード国内洋楽チャート制覇

もっとみる

3

Special Archive

もっとみる

3

HotShotDiscs Archive

もっとみる


Special Contentsmore

シュガーヒル・ギャング来日記念特集~長谷川町蔵×大和田俊之が語るヒップホップの姿
シュガーヒル・ギャング来日記念特集~長谷川町蔵×大和田俊之が語るヒップホップの姿
ヒップホップ / ラップを世界に知らしめた伝説的ユニットが遂に来日!
デヴィッド・T.ウォーカー来日記念企画、ファンから集まった質問への返答が到着
デヴィッド・T.ウォーカー来日記念企画、ファンから集まった質問への返答が到着
モータウン黄金期を築いた世界一ソウルフルなギタリストからの返答は読みごたえあり
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
2018年3月19日、東京Zepp DiverCityにてLIVE vol.1開催決定!詳細は1月12日発表。
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
私の目指すシンガーに、ホイットニー・ヒューストンがいる
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
「日本のバンド=和楽器バンド」に辿り着きたい。
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
【HOT 100】、【HOT ALBUMS】、【TOP ARTIST】年間ランキングを詳しく解説。
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
100タイトルの中から音楽ライターの熊谷美広氏が「初心者でも楽しめる作品」、「マニア垂涎の作品」を5枚ずつピックアップ
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
なぜ、いまポールがソウル・クラシックスのカバーに挑むのか? 増田勇一が解説。

Chartsmore