Billboard JAPAN


Special Contents

大塚愛 『Re:NAME』インタビュー

大塚愛 『Re:NAME』 インタビュー

今も「辞めよう」と「やろう」が交互にやってくる―――
なぜ彼女は音楽へ戻ることができたのか?
待望の新作『Re:NAME』リリースに至るまでの
大塚 愛の3年間、初公開。

「なんで愛ちゃんが財布のことまで気にしてるの?」って

大塚愛 『Re:NAME』インタビュー

--約3年ぶりにニューシングルを制作/リリースすることが決定したとき、どんなことを考えましたか?

大塚 愛:「早くない?」って(笑)。

--いやいや、3年ぶりですよ?

大塚 愛:「来年でいいんじゃないですか?」って言ったんですけど、スタッフから「いやー、今年にしようよ」ってゴリ押しされ、めでたくリリースする運びとなりました。「10/9にリリースするから」と言われても、最後まで「来年でいいんじゃない?」とは言い続けていたんですけど。

--ということは、4年ぶりになる可能性もあったと。

大塚 愛:そうですね(笑)。

--スタッフの頑張りに感謝します。また、この3年で音楽シーンも大きく変わりましたが、大塚さんにはどんな風に映ってました?

大塚 愛:テレビ番組に出るアーティストさんも毎回同じな感じがしてて、今はこういう音楽番組作りで、こういう音楽を作っているアーティストさんの時代なのかなと。前に比べたらとても真面目だなっていう印象。

大塚愛 『Re:NAME』インタビュー

--えーっと、それはディスと捉えて大丈夫ですか?

大塚 愛:ハハハハハ! 歌詞もすごく良いことを言ってるし、教科書に載せたいような歌が多くて、それはきっと良いことだし、そういうのが面白くない……って思っている私はなんて汚れているんだろうと(笑)。

--また、この3年の間には、巨大なアイドルムーヴメントが起きて、同じCDを何枚も買うことがあたりまえになり、チャートの上位をアイドルが埋め尽くすようになりました。

大塚 愛:厳しい時代だなとは、もちろん思っていて。私に子供が出来る前からだんだん市場が変わりだしていて、にっちもさっちもいかんなと。「いつ着地するんだろう?」とは思ってましたね。で、私が表に出ていない間に着地しておいてほしいと思ったんですけど、全然着地してなくて(笑)! その中で気付いたのは、アーティスト自身にプロデュース能力がないと厳しい。もしくはプロデュースしてもらうアイドル。そのどっちかになっていってしまうのかなって。私もそれでスタジオ作りを計画したりして。

--アイドル自体にはどんな印象を持たれていますか?

大塚 愛:誤解を招く発言がいっぱい出そうなんですけど(笑)、アイドルっていう言葉が昔と比べてすごく安くというか、身近になったなって。昔はアイドルってみんなのスター。誰もが認める可愛さがあって、歌も上手くて、手が届かないマドンナみたいな人がアイドルになっていたはずが、今は誰でも手が届く範疇にいる女の子がアイドルになってて、それは価値観の変化なんだろうなって。でも私はその価値観の移行はまだできていないので、今のアイドルの価値がちょっと分かんないんですよね(笑)。

--そんなアイドル全盛のシーンで、大塚 愛名義の作品が発表されます。これって「ヒカリ」のファンクラブ限定配信リリースや、Rabbitのアルバムリリースといったものとは意味合いが変わりますよね。100%大塚 愛として、いわゆるファン以外にも楽曲を届ける訳ですから。

大塚 愛:そういうことを考えて作っていたのは、2010年度までですね。そこを考えて創るのがしんどくなったんです。どこの層に合わせたら……って突き詰めていくと、結局は世間の人が聴きたい歌ってみんなバラバラだし、どこかひとつ狙ってもそこにしか受け入れられないし、そういうことを考えるのがだんだん負担になってきて、「あー、ちょっともう休みたいな」みたいな。で、深呼吸の時間を長くもらったことで、自分っていうものを貫いたとして「いや、世間の人はそれを求めてないよ」ってなったらソレはソレじゃない?と思えるようになった。

大塚愛 『Re:NAME』インタビュー

--その結果を受け止めるだけだと。

大塚 愛:昔は「これはビジネスなんだから。自分の好きなものだけをやりたかったら趣味でやればいいじゃない」みたいなことも考えていて。ただ、私が作家だったらまた違うかもしれないけど、自分を商品として出していくのに“誰かに向けて”っていう……そもそも“誰か”って誰だよ?とも思うし、だったら自分を貫いて、それでダメだったらダメでよくない?って。

--大塚さんはデビュー前に、デビュー後の当面のシナリオを考えて、それをある時期まで決行してきた訳ですけど、今回は事前にシナリオを用意するような作業もしなかった?

大塚 愛:そうですね。出来た楽曲をどんどん貯めて、その中から「今回はこれじゃない?」みたいな感じ。

--ちなみに横浜赤レンガパーク【大塚 愛【LOVE IS BORN】~7th Anniversary 2010~】まで……言うならば、独身時代の大塚 愛が音楽シーンでやりたかったことって何だったんでしょう?

大塚 愛:私の中では5thアルバム『LOVE LETTER』 と、それ以降で変わってるんですけど、5thアルバムまでは若いからこそ生きる楽曲から出していっていたんですよね。トゲのあるものから先に出して、だんだん丸くなっていく。刺激を先に出してみんなに振り向いてもらって、どんどん深いところを見せていくというのが、5thアルバムまでにやらなきゃいけない課題だった。映画『スターウォーズ』シリーズで言うところのエピソード1とか、2とかがその時期。で、今は現代に戻ってきた感じ。

--でもここからのエピソードにシナリオはないんですよね? やっていきたいことはあるんですか?

大塚 愛:一応あるんですけど、結構難しいところを歩こうとしているので、上手くいくとも限らないし。あと、ここ数年で市場もだいぶ変わったので、そこを見ながら動かないと、いろんな兼ね合いが……。

--『LOVE LETTER』までのストーリーに比べて、ここからは臨機応変さが必要になってくる?

大塚 愛:昔は「こういう面白いことがしたい」って言ったら、いろんなやりくりで「じゃあ、やってみる?」ってなったんですよ。でも今は市場の影響で、何をやるにも「それは予算的に大丈夫か?」っていう話になるので、そういう面での難しさがある。ちゃんと結果を出さないと、例えば「じゃあ、次の作品ではストリングスは呼べませんよ」ってなってくるから、そこを呼べるようにするにはどうやってプロモーションして、1枚でも多く売るのか、とか。そういうことを昔よりも考えなければいけなくなってきている。

--大塚さん自身も考えてる?

大塚 愛:うん。いつも「愛ちゃん、そこ考える必要なくない?」ってアーティストさんには言われるんですけど。「それはスタッフが考えることであって、なんで愛ちゃんが財布のことまで気にしてるの?」って(笑)。でもそこは私だけじゃなくて、多くのアーティストの方が頭を悩ませているところではあるんじゃないかなと思うんですけど。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. いや、今も辞めようと思ってますよ。
  3. Next >
インタビュー写真

大塚愛 『Re:NAME』インタビュー 大塚愛 『Re:NAME』インタビュー 大塚愛 『Re:NAME』インタビュー 大塚愛 『Re:NAME』インタビュー 大塚愛 『Re:NAME』インタビュー 大塚愛 『Re:NAME』インタビュー 大塚愛 『Re:NAME』インタビュー 大塚愛 『Re:NAME』インタビュー

いや、今も辞めようと思ってますよ。

大塚愛 『Re:NAME』インタビュー

--大塚さんって「正直、音楽をやるのかやめるのか」悩んだ時期があったじゃないですか。2011年頃。それが今こうして大塚 愛名義シングルのリリースまで至った理由って何だったんですか?

大塚 愛:いや、今も辞めようと思ってますよ。

--え、今も!?

大塚 愛:ハハハハハ! でも今も「辞めよう」って思っている日と「やろう」と思っている日が交互にやってくる感じ。そこの葛藤はある。

--じゃあ、なんで『Re:NAME』は出せたの?

大塚 愛:「スキ、キライ、スキ、キライ」の「スキ」に当たった、みたいな。

--「スキ」タイミングでこの話が来たから出せた。完全に運じゃないですか!

大塚 愛:だからエイベックスが雇ってくれていることが……本当に大きい会社だなって(笑)。松浦さんの懐の大きさを感じます。

--それは載せておきましょう。ただ、Rabbitでの活動がリハビリ的な効果をもたらした部分はあるんじゃないですか?

大塚 愛:Rabbitに関して言うと、それまでずっとソロで、全部自分でやっていたところを分担できると思ったんですよね。私がMCで喋ることもマストじゃないし、自分の役割である歌に対して集中できる。「センターにいないってこんなにも歌に集中できるのか」って。それはもしかしたらレコーディングの歌入れに近い状態かもしれない。「あ、こんなに歌をうたうのって楽しいんだ」とは思いましたね。ライブでそういう風に感じられたのはすごく大きかったです。

--いや、でも本当によかったです。こうしてまた音楽を発信するようになってくれて。あのまま専業主婦になる可能性もあった訳ですもんね?

大塚 愛:ありましたね。「辞めようかな、私」って言ったとき、旦那さんが「いいんじゃない?」って言ってたぐらいなので(笑)。そこから長い間、結局どこにも着地しないまま今も流れている。

大塚愛 『Re:NAME』インタビュー

--「私は専業主婦じゃない。アーティストとして生きていくんだ」という決断があって今に至っている訳じゃなく……

大塚 愛:たまたま「スキ、キライ」の「スキ」に当たってる(笑)。

--いわゆる音楽を創るアーティストじゃない自分の生活というのも、それはそれで楽しいんですよね?

大塚 愛:一回、都心から離れたんですよね。それが大きかったのか、外を出歩くということの自由さ。それまで都心に住んでいたときは、街を歩くのにも肩に力が入っていたんですよ。そこから抜け出せた感じがあって。自然もすごく多いところだったから、すべてを忘れた感じになれた。そういう穏やかな時間の中にいたので、何にも気負いしなくてよかったんですよね。でもたまにレコーディングとかやって、仕事を詰めていったときは楽しかったりもして。

--今、音楽、楽しいですか?

大塚 愛:レコーディングはすごく……いつも通りに感動しますね。

--でもお母ちゃんやりながらの音楽活動って大変なんじゃないですか?

大塚 愛:大変ですね。まず自分のペースで動けない。「楽曲が出来た。今、ちょっとピアノ弾きたいの」ってなったときに、娘が何か言ってきたりとか、ご飯を作らなきゃいけなかったりとか(笑)。ひとりのときはご飯なんて作らず、先にピアノを弾いていたんですけど、今はそういう融通が利かない。

--その一方で、お母ちゃんになったことで出てくるようになった歌詞とか、制作面でのポジティブな変化ってあったりしました?

大塚 愛:それはあんまりない。

大塚愛 『Re:NAME』インタビュー

--(笑)

大塚 愛:ポジティブになった訳でもなく……大きな幸せを手に入れるっていうことは、同時に大きな不安を手に入れるっていうことでもあると思うので、今はもう毎日毎日事件に巻き込まれない事を願いながら、空手でも習おうかなって思ってるぐらいで(笑)。以前なら一人で逃げればよかったけど、今は子供を守らなくちゃいけないし、子供がちょっと頭を打っただけで、私も死にそうなぐらい気持ちが滅入ったりするし、全部が幸せだけになることなんてないんだなって。だから明るい楽曲も暗い楽曲も出てくるし、そこの分量は前と変わらない。

--今作「Re:NAME」はどんな音楽を目指したナンバーなんでしょう?

大塚 愛:ミディアムなのにちょっと踊れる感じ、でもふわっとしている。そういう今までなかった、新しいミディアムの感じに辿り着けたのがすごく嬉しかった。「はい、いわゆる泣かせる感じでしょ?」みたいなバラードにするのは簡単なんですけど、ミディアムで、幸せで感動して泣ける楽曲って難しくって。でもそれをこんなに自然な感じで作れたのは、自分で満足してます。ロングトーンも多いメロディーだから、柔らかく伸びて、しなやかに揺れる。そういう意味では「桃ノ花ビラ」(デビューシングル)を思い出させるような感じかなと。

--それを3年ぶりのシングルにセレクトしたのは?

大塚 愛:もう1曲作っていたんですけど、どっちかな?ってなって。その状況にデビュー当時をすごく思い出して。「さくらんぼ」も控えてて、どれを一番最初に出すか?ってなったときに、一番最初に「さくらんぼ」を出したらそういう人なんだと思われちゃう。それは狙いじゃないから、まずは一番ナチュラルな「桃ノ花ビラ」にしようよって出したのを思い出して。だから今回もクセの強いものを先に出すんじゃなくて、ナチュラルなもので「大塚 愛はこういう人です」って分かるものを選んだんです。

--今作はikomanではなく、hiroo(山口寛雄)さんと制作しています。これはどういった経緯で?

大塚 愛:深呼吸している間に出来ることもあるなと思って、いろんなものをちゃんと揃えだしたというか、ちゃんとしだした。デビュー前は自分で打ち込んで、自分で歌録ってたんですね。っていうのを一回辞めちゃって、ikomanのところに行って作業するようになったんですよ。ただ、それだと、ikomanのスケジュールが取れないと何にもできないんです。彼も忙しくなってきて、私が楽曲を作れても保存することができない。それで、自分の家でもう一回打ち込みができる環境を作ったり、マイクももっと良い声に聞こえるものに選び直したりして。

--なるほど。

大塚 愛:そんな中、ikomanが別の会社も立ち上げたりしていたので、ちょっと負担を減らそうと。それからライブのアレンジをhirooくんにもやってもらうようになったんですよね。で、上がったものを聴いて「これ、良いんじゃないか」みたいな。すごく返しもスピーディーだし、上がってくる音も「これからの私が創る楽曲に合ってそうだ」と思って。それで思い切って「Re:NAME」のアレンジも頼むことにしたんです。なので、当面は彼と作っていくことになるんじゃないかと。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 私が桑田(佳祐)さんだったら言うんですけどね(笑)
  3. Next >
インタビュー写真

大塚愛 『Re:NAME』インタビュー 大塚愛 『Re:NAME』インタビュー 大塚愛 『Re:NAME』インタビュー 大塚愛 『Re:NAME』インタビュー 大塚愛 『Re:NAME』インタビュー 大塚愛 『Re:NAME』インタビュー 大塚愛 『Re:NAME』インタビュー 大塚愛 『Re:NAME』インタビュー

私が桑田(佳祐)さんだったら言うんですけどね(笑)

大塚愛 『Re:NAME』インタビュー

--その「Re:NAME」の歌詞は、どんな想いや背景があって生まれたものなんでしょう?

大塚 愛:最近は聞こえてくるものを書いてるだけなんですよ。メロディーが呼んでくる言葉ってあって、それを書いていたら“目が覚める”っていうことが、世界に対して“自分が生まれる”感覚と近いなと思って、そこを掘っていった感じなんです。そしたら冒頭が、私が一回お休みしたところから始まってるんですよね。そこからもう一回舞台に立つようになりました……みたいな。本当に流れを説明している感じ。

--「呼び覚ましたのは 君だ 君がくれた愛だった」「君にずっと呼ばれたい」といったフレーズが、リスナー/ファンとの関係性のようにも受け取れます。

大塚 愛:そこにはいろんな意味が入っていて、ファンに対してもそうだし、娘に対してもそうだし、自分の母親に対してもそうだし。娘が大きくなって壁にぶち当たったとき、一番伝えたい言葉でもある。

--これ、今までにないぐらい、大塚 愛の歌ですよね? ストレートに自分のことを歌っているのかなって。

大塚 愛:本当にすごくリアル。例えば「さくらんぼ」の歌詞ってあんまりリアルに書いてないというか、ちょっと映像的な感じ。アニメっぽく歌詞を書いてるんですけど、これは本当に心のまま。

--大塚さんは、昨年の【大塚 愛 LOVE IS BORN ~9th Anniversary 2012~】でファンと再会した訳ですけど、みんながちゃんと待ってくれたことはやっぱり嬉しかった?

大塚 愛:有り難かったんですけど、気持ちがぐるぐるしていたので、急に思春期みたいになっちゃったりもして。だからRabbitをやっていく上でも「私のファンは来ないでほしい」とか「私に昔を求めないでほしい」とか、そんな感じで気持ちがすごく揺れてて、今より不安定だったんですよ。あと、ライブよりも作品で「久しぶり」っていう感じにしたかったので、「大塚 愛、復活!」みたいな感じをテレビや記事に出さないでほしいって頼んでいたんです。なので、どちらかと言うと、Rabbitのアルバム『裸人』の方が復活の気分ではありました。

大塚愛 『Re:NAME』インタビュー

--では、今年の【大塚 愛 LOVE IS BORN ~10th Anniversary 2013~】は?

大塚 愛:「みんな、プロみたいだな」って。ファンにもプロとアマがあるんだなって思いました(笑)。私も10年の経験を得たと同時に、ファンの方もライブに来るという経験を積んでいるから、そこにも成長があるんですよね。本当にプロみたいだった。

--大塚さんにとってファンってどんな存在なんでしょう?

大塚 愛:いろんな人がいますからねー。本当に真っ直ぐに想ってくれる人もいれば、「愛ちゃんがこう言ったのって、実はこういう意味じゃない?」って深読みしまくっちゃう人もいるし、中には「おちょくりに来たのか?」みたいな人もいるっていう(笑)、本当にバラバラ過ぎて、それをひとつにまとめて名前を付けるのは難しい。

--それって大塚 愛の在り方がそのまま鏡になってるんじゃないですか? おちょくったり、深読みしたり、献身的に愛したり。

大塚 愛:アハハハ! そういうことか! じゃあ、鏡ってことですね。

--ひとりひとりが大塚 愛になっちゃってる。

大塚 愛:怖い、怖い。恐ろしい現場ですね(笑)。

--あと、今回、どうしても無視できない件がありまして。えーっと、「トイレットペーパーブルース」なんですけれども。

大塚 愛:(笑)

--性懲りもなくまた超贅沢な大人遊びしちゃいましたね。「シヤチハタ」だけでは飽き足りなかった?

大塚 愛:やっぱりバブリーな遊び方を……

--さっき、あれだけ財布のことも考えるとか言っておいて(笑)。

大塚 愛:トイレットペーパーに5万円使った、みたいな(笑)。

--どういう経緯で創ることになったんですか?

大塚 愛:アルバム用に作っておこうかなと思っていたんですけど、シングル出すのも3年ぶりだし、世代も下からどんどん若い子たち……要するに私を知らない子たちもどんどん出てきていて、その全員に「大塚 愛を知ってほしい」ってなったときに、シングルだけでもこんなに振り幅が凄いんですよ。っていうことを説明したいと、ディレクターが。

--制作過程を教えてください。

大塚 愛:昔から笠置シヅ子さんをすごく尊敬していて、あのファンクに乗れるパンチっぷりが好きであることを全面に出したいんですと、笹路(正徳)さんに伝えて……

--これ、笹路さんは乗り気だったんですか?

大塚 愛:「いつもすみません、こんな楽曲になっちゃって。本当に申し訳ない」って言ったら、「OK、OK」って。ずっと「OK~」って言ってました。なので、「いつかこういう楽曲だけのライブがやりたいです。なんだったら、ミニアルバム出しましょうか!」みたいな話になり。それにはまだ曲数が足りないんですけど、いつかBillboard-LIVEでやりたい。

--後押しします(笑)。でも見事な楽曲ですよね。非常に文学的でもあり、リード曲より制作費かかってるんじゃないかと思わせる豪華演奏もあり、でも歌っていることはトイレットペーパーっていう。

大塚 愛:これを歌う為だけに浴衣買いに行きましたからね。それで「いっせーのせ」で録ったんですよ。だから「レコーディングでこんなに緊張したことない」って思うぐらい緊張して、最後の「流れるぅ~♪」って歌ったときに一瞬ふわっとしながら「終わった……」みたいな。

--トイレットペーパーの歌なのに、レコーディングは超シビアだったと。

大塚 愛:あんなに気を失いそうになったことないです(笑)。

--この楽曲もギャグと言えばギャグですけど、革命と言えば革命だと思うんですよ。誰もやらないことを一生懸命やっている。で、お聞きしたいんですけど、私が戻ってきた以上は、日本の音楽シーンに何かしたら一石投じてやりたい!的な気持ちってあったりします?

大塚 愛:いや、そんな……そんなに私、天狗にはなれない。ただ、音楽の市場を含め、もうちょっと音楽の伝え方が何とかならないもんかね、とは思います。CDショップにみんなが行かない。じゃあ、どうしたら行ってくれるのか?とか。テレビで音楽を発信するにしても、どうしたらチャンネルを変えないようになるのか?とか。もっと音楽を大事にできる何かがあるんじゃないか、とは思うんですけど……そこはね、私が桑田(佳祐)さんだったら言うんですけどね(笑)。

--じゃあ、まずは桑田さんになるところから。

大塚 愛:ハハハハハ!

--長いなー。10周年どころじゃないですからね、桑田さん。

大塚 愛:待ってもらってる間にいろいろ終わっちゃう。なので「早く誰か言ってくれないかなー?」って思ってます。今、私、スネ夫の位置なんで(笑)。

Music Video
インタビュー写真

大塚愛 『Re:NAME』インタビュー 大塚愛 『Re:NAME』インタビュー 大塚愛 『Re:NAME』インタビュー 大塚愛 『Re:NAME』インタビュー 大塚愛 『Re:NAME』インタビュー 大塚愛 『Re:NAME』インタビュー 大塚愛 『Re:NAME』インタビュー 大塚愛 『Re:NAME』インタビュー

大塚愛「Re:NAME」

Re:NAME

2013/10/09 RELEASE
AVCD-48769 ¥ 1,944(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.Re:NAME
  2. 02.Hello me
  3. 03.トイレットペーパーブルース
  4. 04.Re:NAME (Instrumental)
  5. 05.Hello me (Instrumental)

関連キーワード

TAG

関連商品

愛 am BEST, too
大塚愛「愛 am BEST, too」

2019/01/01

[CD]

¥3,200(税込)

愛 am BEST, too
大塚愛「愛 am BEST, too」

2019/01/01

[CD]

¥5,900(税込)

愛 am BEST, too
大塚愛「愛 am BEST, too」

2019/01/01

[CD]

¥5,900(税込)

ドラセナ
大塚愛「ドラセナ」

2018/09/05

[CD]

¥1,296(税込)

ドラセナ
大塚愛「ドラセナ」

2018/09/05

[CD]

¥3,564(税込)

LOVE HONEY
大塚愛「LOVE HONEY」

2017/04/12

[CD]

¥2,970(税込)

LOVE HONEY
大塚愛「LOVE HONEY」

2017/04/12

[CD]

¥4,536(税込)

LOVE HONEY
大塚愛「LOVE HONEY」

2017/04/12

[CD]

¥4,212(税込)

LOVE HONEY
大塚愛「LOVE HONEY」

2017/04/12

[CD]

¥4,644(税込)

大塚愛「私」

2017/02/15

[CD]

¥1,296(税込)

大塚愛「私」

2017/02/15

[CD]

¥1,944(税込)

LOVE FANTASTIC
大塚愛「LOVE FANTASTIC」

2014/07/16

[CD]

¥4,320(税込)

LOVE FANTASTIC
大塚愛「LOVE FANTASTIC」

2014/07/16

[CD]

¥4,860(税込)

モアモア
大塚愛「モアモア」

2014/05/21

[CD]

¥1,080(税込)

モアモア
大塚愛「モアモア」

2014/05/21

[CD]

¥1,944(税込)

AIO PUNCH
ai otsuka「AIO PUNCH」

2014/03/26

[CD]

¥1,944(税込)

Re:NAME
大塚愛「Re:NAME」

2013/10/09

[CD]

¥1,296(税込)

Re:NAME
大塚愛「Re:NAME」

2013/10/09

[CD]

¥1,944(税込)

Re:NAME
大塚愛「Re:NAME」

2013/10/09

[CD]

¥1,944(税込)

裸人
Rabbit「裸人」

2012/12/12

[CD]

¥2,880(税込)

裸人
Rabbit「裸人」

2012/12/12

[CD]

¥3,600(税込)

LOVE LETTER
大塚愛「LOVE LETTER」

2008/12/17

[CD]

¥3,146(税込)

LOVE LETTER
大塚愛「LOVE LETTER」

2008/12/17

[CD]

¥3,909(税込)

LOVE LETTER
大塚愛「LOVE LETTER」

2008/12/17

[CD]

¥3,909(税込)

クラゲ、流れ星
大塚愛「クラゲ、流れ星」

2008/09/10

[CD]

¥1,296(税込)

クラゲ、流れ星
大塚愛「クラゲ、流れ星」

2008/09/10

[CD]

¥1,944(税込)

クラゲ、流れ星
大塚愛「クラゲ、流れ星」

2008/09/10

[CD]

¥1,296(税込)

愛 am BEST
大塚愛「愛 am BEST」

2007/09/26

[CD]

¥3,146(税込)

愛 am BEST
大塚愛「愛 am BEST」

2007/09/26

[CD]

¥2,561(税込)

LOVE PiECE
大塚愛「LOVE PiECE」

2007/09/26

[CD]

¥3,146(税込)

LOVE PiECE
大塚愛「LOVE PiECE」

2007/09/26

[CD]

¥3,909(税込)

LOVE PiECE
大塚愛「LOVE PiECE」

2007/09/26

[CD]

¥3,909(税込)

PEACH/HEART
大塚愛「PEACH/HEART」

2007/07/25

[CD]

¥1,296(税込)

恋愛写真
大塚愛「恋愛写真」

2006/10/25

[CD]

¥1,944(税込)

ユメクイ
大塚愛「ユメクイ」

2006/08/02

[CD]

¥1,080(税込)

ユメクイ
大塚愛「ユメクイ」

2006/08/02

[CD]

¥1,944(税込)

SMILY/ビー玉
大塚愛「SMILY/ビー玉」

2005/05/11

[CD]

¥1,080(税込)

SMILY/ビー玉
大塚愛「SMILY/ビー玉」

2005/05/11

[CD]

¥1,944(税込)

黒毛和牛上塩タン焼680円
大塚愛「黒毛和牛上塩タン焼680円」

2005/02/09

[CD]

¥1,050(税込)

黒毛和牛上塩タン焼680円
大塚愛「黒毛和牛上塩タン焼680円」

2005/02/09

[CD]

¥1,890(税込)

LOVE JAM
大塚愛「LOVE JAM」

2004/11/17

[CD]

¥3,146(税込)

愛 am BEST, too
大塚愛「愛 am BEST, too」

2019/01/01

[CD]

¥3,200(税込)

愛 am BEST, too
大塚愛「愛 am BEST, too」

2019/01/01

[CD]

¥5,900(税込)

愛 am BEST, too
大塚愛「愛 am BEST, too」

2019/01/01

[CD]

¥5,900(税込)

ドラセナ
大塚愛「ドラセナ」

2018/09/05

[CD]

¥1,296(税込)

ドラセナ
大塚愛「ドラセナ」

2018/09/05

[CD]

¥3,564(税込)

LOVE HONEY
大塚愛「LOVE HONEY」

2017/04/12

[CD]

¥2,970(税込)

LOVE HONEY
大塚愛「LOVE HONEY」

2017/04/12

[CD]

¥4,536(税込)

LOVE HONEY
大塚愛「LOVE HONEY」

2017/04/12

[CD]

¥4,212(税込)

LOVE HONEY
大塚愛「LOVE HONEY」

2017/04/12

[CD]

¥4,644(税込)

大塚愛「私」

2017/02/15

[CD]

¥1,296(税込)

大塚愛「私」

2017/02/15

[CD]

¥1,944(税込)

LOVE FANTASTIC
大塚愛「LOVE FANTASTIC」

2014/07/16

[CD]

¥4,320(税込)

LOVE FANTASTIC
大塚愛「LOVE FANTASTIC」

2014/07/16

[CD]

¥4,860(税込)

モアモア
大塚愛「モアモア」

2014/05/21

[CD]

¥1,080(税込)

Re:NAME
大塚愛「Re:NAME」

2013/10/09

[CD]

¥1,944(税込)

裸人
Rabbit「裸人」

2012/12/12

[CD]

¥2,880(税込)

裸人
Rabbit「裸人」

2012/12/12

[CD]

¥3,600(税込)

LOVE is BEST
大塚愛「LOVE is BEST」

2009/11/11

[CD]

¥3,146(税込)

LOVE is BEST
大塚愛「LOVE is BEST」

2009/11/11

[CD]

¥3,909(税込)

ドットラブ モア
(オムニバス) 浜崎あゆみ 大塚愛 倖田來未 m-flo loves YOSHIKA Every Little Thing BoA Crystal Kay「ドットラブ モア」

2009/11/04

[CD]

¥2,571(税込)

LOVE LETTER
大塚愛「LOVE LETTER」

2008/12/17

[CD]

¥3,146(税込)

LOVE LETTER
大塚愛「LOVE LETTER」

2008/12/17

[CD]

¥3,909(税込)

LOVE LETTER
大塚愛「LOVE LETTER」

2008/12/17

[CD]

¥3,909(税込)

クラゲ、流れ星
大塚愛「クラゲ、流れ星」

2008/09/10

[CD]

¥1,296(税込)

クラゲ、流れ星
大塚愛「クラゲ、流れ星」

2008/09/10

[CD]

¥1,944(税込)

クラゲ、流れ星
大塚愛「クラゲ、流れ星」

2008/09/10

[CD]

¥1,296(税込)

愛 am BEST
大塚愛「愛 am BEST」

2007/09/26

[CD]

¥3,146(税込)

愛 am BEST
大塚愛「愛 am BEST」

2007/09/26

[CD]

¥2,561(税込)

LOVE PiECE
大塚愛「LOVE PiECE」

2007/09/26

[CD]

¥3,146(税込)

LOVE PiECE
大塚愛「LOVE PiECE」

2007/09/26

[CD]

¥3,909(税込)

LOVE PiECE
大塚愛「LOVE PiECE」

2007/09/26

[CD]

¥3,909(税込)

PEACH/HEART
大塚愛「PEACH/HEART」

2007/07/25

[CD]

¥1,296(税込)

PEACH/HEART
大塚愛「PEACH/HEART」

2007/07/25

[CD]

¥1,944(税込)

愛 am BEST
大塚愛「愛 am BEST」

2007/03/28

[CD]

¥4,104(税込)

CHU-LIP
大塚愛「CHU-LIP」

2007/02/21

[CD]

¥1,080(税込)

恋愛写真
大塚愛「恋愛写真」

2006/10/25

[CD]

¥1,944(税込)

ユメクイ
大塚愛「ユメクイ」

2006/08/02

[CD]

¥1,080(税込)

ユメクイ
大塚愛「ユメクイ」

2006/08/02

[CD]

¥1,944(税込)

フレンジャー
大塚愛「フレンジャー」

2006/04/12

[CD]

¥1,944(税込)

LOVE COOK
大塚愛「LOVE COOK」

2005/12/14

[CD]

¥3,146(税込)

LOVE COOK
大塚愛「LOVE COOK」

2005/12/14

[CD]

¥3,909(税込)

ネコに風船
大塚愛「ネコに風船」

2005/07/13

[CD]

¥1,080(税込)

ネコに風船
大塚愛「ネコに風船」

2005/07/13

[CD]

¥1,944(税込)

SMILY/ビー玉
大塚愛「SMILY/ビー玉」

2005/05/11

[CD]

¥1,080(税込)

SMILY/ビー玉
大塚愛「SMILY/ビー玉」

2005/05/11

[CD]

¥1,944(税込)

黒毛和牛上塩タン焼680円
大塚愛「黒毛和牛上塩タン焼680円」

2005/02/09

[CD]

¥1,050(税込)

黒毛和牛上塩タン焼680円
大塚愛「黒毛和牛上塩タン焼680円」

2005/02/09

[CD]

¥1,890(税込)

LOVE JAM
大塚愛「LOVE JAM」

2004/11/17

[CD]

¥3,146(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    EXILE TETSUYAがパフォーマーでも「筋肉痛になるほど楽しい」と語ったお祭りは? 【ふるさと祭り東京2019-日本のまつり・故郷の味-】記者発表が開催

  2. 2

    東方神起、1/20京セラドーム大阪公演が生中継決定&2月にはインタビューも含めた東京ドーム公演のダイジェストも

  3. 3

    カニエ・ウェスト、Twitterで「今すぐ謝れ」とドレイクに怒り爆発

  4. 4

    米津玄師の貫く“美しさ”に包み込まれた【Flamingo】の夜<11/2修正>

  5. 5

    スタイリスティックス、結成50周年イヤーを締め括る来日ツアーがスタート

HOT IMAGES

注目の画像