Billboard JAPAN


Special Contents

大塚 愛『LOVE LETTER』 インタビュー

大塚愛 『LOVE LETTER』 インタビュー

 どこまでも広く高く深く表現というものを追求してきた大塚 愛が「最終章であり、最初の章のアルバム」ってサラっと言ってしまう、「私らしい一枚」って素直に言ってしまえる今作『LOVE LETTER』は、あらゆる方向にぶっ飛んでいながらにして、勇ましさも切なさもくだらなさも究極を求めていながらにして、過去最高に有意義なメッセージアルバムとなっている。なんだかすげぇアルバムが完成してる!のである。というわけで、彼女の頭と心の中をちょっぴり覗かせて頂きました。

これが本当の私の始まり

--え~、9月の野音でのバースデイライブでは、大塚 愛Tシャツ着て挨拶させて頂いて、完全にファンであることがバレたので(笑)今日はファン丸出しでいろいろ質問させて頂ければと思っているんですけれども。

大塚愛:ハハハ!

--まずそのバースデイライブ【【LOVE IS BORN】~5th Anniversary 2008~】。今年は東京と大阪で行われましたが、実際やってみていかがでした?

大塚愛:大阪は他の場所とはいつも違う意味で緊張するし、違う意味で肩に力が入ってしまうんですよ。それに加え、私はいつも夏の疲れが9月の頭に出る癖があって、8月の【a-nation】等のフェスの疲れからか、喉を壊してしまったりするんです。そんな状況下で毎年【LOVE IS BORN】はやってるんですけど、今年もやっぱり喉を壊してしまって「あ~どうしよう?どうしよう?」って不安になりながら大阪公演を迎えて。来てくれたみんなには本当に申し訳ないんですけど、自分にとっては全てを出せたライブができなくて。で、そのイライラを東京公演で爆発させたらすべて出せたんですよね。ストレスがやる気に変わっちゃったんです。

あと、今年は例年よりも更に多くの人たちにお祝いをしてもらえるような環境を創ってもらっちゃって、その流れで台湾まで行っちゃって。異国の土地でも私を応援してくれる人がいるっていうことを直に体感して、凄いことになってるんだなってことに気付きました。「私、有名人みたい!」って(笑)。もうSPが付いてる時点で有名人みたいじゃないですか!「なんだろう?これ」みたいな。

--スーパースター気分を味わえたと?

大塚愛:なんかもう申し訳なくなっちゃって!「狙われてないんで、大丈夫ですよ」みたいな(笑)。

--あと、前回のインタビューで「未だに成功したことがないんですよ」と言っていた『ロケットスニーカー』をド頭に持ってきていましたけど、相当気合い入れてましたね。

大塚愛:【a-nation'08】からPAの人とかが新しくなったんです。で、まだガッチリ「もう大丈夫」っていうぐらいまで意思疎通が取れてなくて、お互いに探りながら近寄ってる途中で。なので、やっぱり最初の1日目、2日目っていうのはトラブルがあったり「もうちょっとこうした方が良いよね」っていうことが多くて。でもそれがあったから東京公演でちゃんとしたものが出来て。あとはお客さんが温かい雰囲気を作ってくれていたので、それに助けられたところもありました。良い人達ばっかりだなぁって思いました。

--ちなみに僕の周りには、僕も含め『ロケットスニーカー』を聴くと泣いてしまう奴がたくさんいます。

大塚愛:アハハハハハッ!

--グッと来る楽曲なので、今後もガンガン歌って、どんどんエモーショナルに育てていってほしいですね。

大塚愛:嬉しい。「アッパーで泣ける」って究極だなと思っていて。明るいのに、なんか涙が込み上げてくるっていう。その位置ってなかなか取れないんですけど、でも『ロケットスニーカー』が今後そうなっていってくれたらいいなぁって思ってます。

--アンコールの『CHU-LIP』では、ちびっこダンサーも参戦で、更には頭から煙を吹き出しながら爆走するお兄さんも登場で、楽しませてくれましたが、あのお兄さんが一体何者なの?

大塚愛:お兄さんじゃなく、おっさんです(笑)。ディレクターです。歌とか録ってる人です。で、あのステージに出たおかげで会社から賞とかもらったみたいです(笑)。

--あと、今回の【LOVE IS BORN】台湾公演の成功を機に、海外公演はガンガン貪欲にやっていきたい気持ちはあったりします?

大塚愛:今回の台湾公演に関しては「海外行くから!」って言われて行っちゃった感じなんです(笑)。私、そんなに海外詳しくないし、アジアに関しても台湾と香港は行ったことあったんですけど、まぁ旅行でちょっと行ったぐらいだし、その土地の文化とか情報とか全く知らないまま「台湾行くから!」「はい!」っていう。それで今回行ってみて、初めて台湾の状況を知ったんです。そしたら、すごくスターみたいな接し方で。みんなの温度が。だから気持ち良いって言えば気持ち良い。でもなんか恥ずかしい(笑)。そういう状況に馴れてないから、すごく申し訳ない気分になっちゃう。

--じゃあ「私、これから世界出ていくわ!」っていう感じではないと?

大塚愛:アメリカとかでストリートライブはやってみたいです。バンドメンバー連れて行って「なんだ?あいつら」みたいな感じで見られたい。募金箱みたいなの広げて。

--そこで『CHU-LIP』とかやってね。

大塚愛:そうですね!外人がどういう反応をするのか見てみたい。

--さて、そんな大塚さんのですね、5枚目のオリジナルアルバム『LOVE LETTER』について話を聞いていきたいんですが、まず自身では今作の仕上がりにどんな印象や感想を持たれていますか?

大塚愛:オーガニックだなと思います。メンタル面をすごく癒やしたり支えたり、傷付けてみたり。すごく近いところにあって、優しくもあるんだけど強さもあるっていう。また何年後かに改めて聴いてみたいなっていう感じもあったり。最終章であり、最初の章のアルバム。それを完成できたので、満足です。

--最終章であり、最初の章っていうのは、具体的にどういう意味?

大塚愛:これが元々の私なんです。そこから広がっていった、はっちゃけたものだったりとか、ある意味、変な感じのものだったりを先に発表してきたんですけど、これが本当の私の始まりっていう。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 体と体のぶつかり合いが大好き
  3. Next >
体と体のぶつかり合いが大好き

--そのアルバムのタイトルを『LOVE LETTER』にしようと思ったのは?

大塚愛:『ポケット』を書いたときに、幼少期にラブレターを書いたことはあったものの、本当のラブレターってこれだなって感覚で思って。誰かに何かを伝えるってこういうことなのかなって『ポケット』で初めて思ったんです。それまで伝えたいメッセージなんて無いと思っていたんですけど、『ポケット』を書いて気付いたんですよね。私が伝えたいメッセージって、こういうことかって。で、そういう伝えたいものがある楽曲ばかりを集めた、いろんな意味でのラブレターを出せたらいいなって思ったんです。

--アルバムにおける『ポケット』の立ち位置は、やっぱり悩みました?

大塚愛:そうですね。私の中では別格の楽曲なので。でもアルバムの一番最後は『愛』かなと思って。でも前半に『ポケット』は持っていきたくないなっていうのもあったり。いろいろ迷った結果、ラストから2番目の場所を取りました。

--では、そんな『ポケット』から派生していったニューアルバムの収録曲について触れていきたいんですけど、まずタイトルトラックの『LOVE LETTER』。今作の中で、というか、大塚 愛の中でおそらく一番やわらかい感触を持った楽曲だと思うんですけど、どんなイメージから形にしていったの?

大塚愛:私が人を見る目がちょっと変わったと言うか、例えば恋をしている相手への目線が変わったり、母性的な目線が出てきたり。相手に好意とか愛情を伝える言葉は「好き」とか「愛してる」だけじゃないんだなって思ったんです。それで、この楽曲では私からの「I Love You」を「ありがとう」にして歌ってる。その言葉が今の自分にとっては一番相応しいと思って。

--ピアノと歌声だけで、よくこの世界観を創り上げましたね。この楽曲が1曲目っていうインパクトも凄いし。で、その後にアイツが待っていると。この緩急というか、高低差というか、完璧ですね。

大塚愛:『LOVE LETTER』を聴いた後に『ロケットスニーカー』を聴くと、『ロケットスニーカー』の評価が私の中で上がるんです。「来たな、おまえ!」みたいな。『LOVE LETTER』が後押しをしてくれるんですよね。

--で、この後の新曲の数々もぶったまげの連続で。今回の大塚 愛はもうやりたいこと全部やりきったな!ていうか、よくもまぁこれだけあっちこっち手付けたな!って思って(笑)。

大塚愛:そもそもいろいろぶっ飛びたい人なので(笑)。それは最初から変わらないんですけど、今回は真面目に取り組んだ中でのぶっ飛びをやってみました。

--あらゆる方向に突っ走ったけど、どのコースも完走してて、しかもぶっちぎりで1位!みたいな。

大塚愛:それぞれが自分の役割をしっかりしていると言うか、綺麗に分かれたなぁって。もうちょっとみんな同じ感じになっちゃうかな?って最初は思っていたんですけど、意外に分かれて良かった。

--例えば『君フェチ』。これは近年の大塚さんの大好物である「液体モノ」の最新型だと思うんですけど、もうすっごいピンクじゃないですか。幸せと快楽がある程度のレベルでずーっと継続していくっていう。

大塚愛:そうですね。こういう体と体のぶつかり合いが大好きですね!

--簡単に言うとそういうことですよね(笑)。

大塚愛:それが一番私にとって生々しくて。裸の付き合いと言うか、何も着飾っていない相手の素材が見えたりとか、そういう温度を感じられるものがすごく好きで。あと、こういうミディアムテンポもやっぱりすごく好きなので、なんかハマっちゃってますけどね。

--最近この手の雰囲気の楽曲をよく創られてますけど、恋人同士の超プライベートな部分、言うならば毛布一枚の中の世界をここまで的確に音楽で表現したのって、大塚さんが初めてだと思いますよ。

大塚愛:そうですか!?

--だってちょっと恥ずかしいもん。これまで音楽聴いてて、そんな感覚になったことない(笑)。しかも、タイトル『君フェチ』。

大塚愛:『君フェチ』って言葉が思い浮かんだとき「やった!」って思いました(笑)。で、こういう甘い歌があったんで「これはいいな」と思ってお見合いさせたんです。

--あと『ド☆ポジティヴ』。アメリカンロック全開のバンドサウンドの上で大塚さんがいつもの調子でキャッキャ騒いでるっていう。この音に「道端のおっさん怒鳴ってた」って(笑)。でもこれが大塚さんの思う究極のポジティブなんですよね?

大塚愛:そうなんですよ!2番のそのサビの部分が、正に私の中でのポジティブなんですよ。そこに目を付けるとは、さすが!

--ありがとうございます(笑)。ちなみにどういう発想や考えから創ろうと思った楽曲なんですか?

大塚愛:アッパーの役割についてずっと考えてたんですよ。「やっぱり苦手だな。なんでアッパー書かなきゃいけないんだ!?」とか思ってたんですけど、でもアッパーって人を明るくさせたりとか「そんなことどうでもいいや!」って思える精神を後押しするためにあるんだなって思えたので、じゃあ、もうなんかポジティブで良いんじゃない?って思って。ストレートにそういう楽曲であろうと思って創ったんです。やっぱり大阪ではおっさんが怒鳴ってることは日常茶飯事なので、それがすごく平和っていうか、元気であることの証拠。おじいちゃんがなんかうるさいのもそうだし、みんな「悩みがある」とか「ストレス」とか言って騒いでるうちは平和だなぁと思って。戦争が始まったりしたら「悩みがある」なんて言ってられないわけで。そう考えると、今の私たちの生活はすごくポジティブで溢れてると思って。で、この楽曲はアレンジャーがいつもと違うんですけど、実際にロックをやってる人にアレンジを頼んで、面白い感じにしてもらいました。

--今作は中盤に新曲が詰まってるんですけど、この『ド☆ポジティブ』あたりから全身全霊で遊び倒していて。続く『360゜』。パっと聴き、近年流行りのハウスミュージックにフォーカスを当てた楽曲のようなんですけど、ピアノの展開とか気持ち悪いぐらい大変なことになってたり、歌声があんまり実態を持たない感じになってたり。

大塚愛:前回のインタビューで『雨の粒、ワルツ ~LOVE MUSiC~』の話をしたときに、そういうホラーチックな、サントラ系の音楽が好きだって言ったと思うんですけど、これはその流れの楽曲。やっぱりそういう楽曲が一番得意で大好きだから、その分『360゜』は大幅にレコーディングを押してしまい、一番最後に上がったんです。もうそれはそれは大変だったんですけど。でもピアノのループの怖さというか、面白いピアノの使い方をしたくて。あと、この楽曲のPVを録ったんですよ。もうとにかく「みんなを気持ち悪くさせよう」っていうのをテーマに。なので、気持ち悪い映像が苦手な方は観ない方が良いと思います。苦情が来ちゃうと思うんで、前もって伝えておきます(笑)。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 私からの「I Love You」となって
  3. Next >
私からの「I Love You」となって

--そして、個人的には、やりたい放題の究極系がこの後の『シヤチハタ』だと思ってるんですが、ただ「シヤチハタ」の一言が言いたいためにどれだけ必死こいてるんだっていう。

大塚愛:そうなんですよ。この楽曲はまずすんごいジャズの大御所に頼もうっていうコンセプトがあって。それで大御所・笹路(正徳)さんに頼み、更に大御所のビッグバンドを集めようと言うことで、大御所たちが集まり。で、私はいつもピアノでコードを付けながら歌を入れて、それからアレンジを頼むんですけど、今回は初めて一音のコードと歌をうたって渡して、しかもその歌がそのときに思い付いたメロディでブワァ~って歌っちゃったもので。今までの楽曲では考えられないような創り方をしたので「これは難しいだろうなぁ。構成も意味分かんないし」と思って。でも最終的には笹路さんと握手をするような感じで上手いことまとまり、これが出来上がりました。

--この音と声が街中で流れてきてもね、知らなかったら誰も大塚 愛だと思わないですよ。10人中10人が気付かないと思う。

大塚愛:そうでしょうね~。「おばさんっぽい」って言われます。

--ただ「シャチハタ~♪」って聞こえて「ん?まさかあいつか?」ってなるっていう。

大塚愛:アハハハ!分かりやすい遊びじゃなくて、ちょっと入り組んだくだらないことを今回初めてやってみたんです。その結果「やっぱ、くだらないな」って思いました(笑)。イントロまでは良いんだけど、Aメロからだんだん怪しくなっていく。

--『シヤチハタ』もそうですけど、今回のアルバムは創るのが楽しかったんじゃないですか?

大塚愛:大変でした。もうすごく大変で、もうダメじゃないかと思って「もう発売、来年!」って言ったぐらい大変で。本当に全曲が足を引っぱって大変だったんですけど、本当に全曲よく出来たなと思います。すごく満足しました。「やっぱり制作はこうじゃなきゃな」とも思ったし。

--そんなまだ見ぬ大塚 愛が多数収録されている今作のラストを飾る『愛』なんですが、この楽曲にはどんな想いを?

大塚愛:意外と何も考えずに書いたんです。書き出したらサーッと出来ちゃって。タイトルも「『愛』だな」と思って、そんなに深くも考えずにそれにして。いつもだったら「タイトル『愛』って、ちょっと意味ありすぎて怖いな」「簡単に言っちゃいけないだろ」って思うんですけど、あまりに自然に出てきたものだったので。で、誰にも聴かせずにしばらく置いておいたんですけど、そしたらたまたまCMの話を頂いて。「何か楽曲ある?」って聴かれたので「あ、こういう楽曲ならありますけど」って聴いてもらったら「すごく良い」っていう評価を頂いて、初めてこれが表に出たっていう。

今の私が感じていること、日頃思っていること、素直に言えることがこの楽曲の中にはある。やっぱり自分は無力だからあんまり多くの人はどうこうとか、全世界を動かすとか、支配するとか、みんなに助言をするとか、そういうことはやっぱり違うなと思って。みんなそれぞれが自分の一番大事な人だったり、一番近くにいる人を幸せにすることが出来たら、みんなが個人個人でそれをやったら、それで全世界幸せになるっていうか、何かしら動いていくんじゃないかなって思ったし。そういうことを『愛』では言いたかったんだと思う。

--なんでそれが今言いたかったんですかね?

大塚愛:さっき話した『LOVE LETTER』とも通じてるんですけど、自分の愛する人たちが笑ってたり、そこに存在してくれてることだったり、今日も脳天気に笑ってくれていることが自分にとっての幸せだなって。今、私に子供はいないけど、私に子供ができたとしたら、やっぱり自分を犠牲にしても守りたいものってそこにあるだろうなって。そう思うようになったからかもしれない。

--なるほど。すんげぇ心が・・・、広くなったって言うと違うなぁ。

大塚愛:アハハハ!

--今まで狭かったみたいだもんなぁ。

大塚愛:いや、狭いです、狭いです。今まで超狭かったですもん!

--(笑)。その寛容さとか、さっき話に出た母性とか、そういう変化をすごく感じますよね。

大塚愛:うん。そうですね。

--で、このアルバムってその『愛』を聴き終えると、心地良い疲労感に浸れるんですよね。すげぇ満足するっていうか。自分ではどう思いますか?

大塚愛:一回通して聴いたら性格が変わってるぐらいに、すごくかき乱される感覚はありますね。だからぐっすり眠れる(笑)。

--あと、このアルバムを引っ提げたツアーはえらい大変なことになりそうですね?

大塚愛:もうヤバイものになる予定で動いてます!来てくれた人みんなが「生きるって案外良いな」って思うようなライブになると思います。

--あと、このアルバムがリリースされる頃には、世間は年末モードになっているわけですが、2008年は大塚さんにとってどんな1年だったと言えますか?

大塚愛:小さなものがいっぱいあった。出会いもあったし、年齢も感じたし。まぁでも良い一年でしたね。今後に繋がる一年になったと思いました。

--さっきの話じゃないですけど、ここからまた始まる的な。

大塚愛:そうですね。

--2009年はどんな年になりそう?

大塚愛:2009年は“9”の付く年なので、何かありますよ(笑)。

--楽しみにしてます。では、最後になるんですが、読者の皆さんにメッセージをお願いします!

大塚愛:「私らしい一枚」って本当に言えるアルバムが出来ました。私の手書きで創り上げる歌詞のすべてが、今まで聴いてくれた方にも、今から初めて聴く方にも、私からの「I Love You」となって伝わってくれたらいいなと思います。・・・買ってくださいっ!

大塚愛「LOVE LETTER」

LOVE LETTER

2008/12/17 RELEASE
AVCD-23693 ¥ 3,909(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.LOVE LETTER
  2. 02.ロケットスニーカー
  3. 03.バイバイ
  4. 04.クラゲ、流れ星
  5. 05.人形
  6. 06.君フェチ
  7. 07.Creamy & Spicy
  8. 08.ド☆ポジティヴ
  9. 09.360°
  10. 10.シヤチハタ
  11. 11.One × Time
  12. 12.ポケット
  13. 13.愛
Disc02
  1. 01.Music Clip::ロケットスニーカー
  2. 02.Music Clip::クラゲ、流れ星
  3. 03.Music Clip::ド☆ポジティヴ
  4. 04.Music Clip::360°
  5. 05.Music Clip::ポケット
  6. 06.Music Clip::愛

関連キーワード

TAG

LOVE HONEY
大塚愛「LOVE HONEY」
2017/04/12
[CD]
¥4,644(税込)
購入画面へ
大塚愛「私」
2017/02/15
[CD]
¥1,296(税込)
購入画面へ
大塚愛「私」
2017/02/15
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
LOVE is BEST
大塚愛「LOVE is BEST」
2009/11/11
[CD]
¥3,146(税込)
購入画面へ
LOVE is BEST
大塚愛「LOVE is BEST」
2009/11/11
[CD]
¥3,909(税込)
購入画面へ
ドットラブ モア
(オムニバス) 浜崎あゆみ 大塚愛 倖田來未 m-flo loves YOSHIKA Every Little Thing BoA Crystal Kay「ドットラブ モア」
2009/11/04
[CD]
¥2,571(税込)
購入画面へ
LOVE LETTER
大塚愛「LOVE LETTER」
2008/12/17
[CD]
¥3,146(税込)
購入画面へ
LOVE LETTER
大塚愛「LOVE LETTER」
2008/12/17
[CD]
¥3,909(税込)
購入画面へ
LOVE LETTER
大塚愛「LOVE LETTER」
2008/12/17
[CD]
¥3,909(税込)
購入画面へ
クラゲ、流れ星
大塚愛「クラゲ、流れ星」
2008/09/10
[CD]
¥1,296(税込)
購入画面へ
クラゲ、流れ星
大塚愛「クラゲ、流れ星」
2008/09/10
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
クラゲ、流れ星
大塚愛「クラゲ、流れ星」
2008/09/10
[CD]
¥1,296(税込)
購入画面へ
LOVE PiECE
大塚愛「LOVE PiECE」
2007/09/26
[CD]
¥3,146(税込)
購入画面へ
LOVE PiECE
大塚愛「LOVE PiECE」
2007/09/26
[CD]
¥3,909(税込)
購入画面へ
LOVE PiECE
大塚愛「LOVE PiECE」
2007/09/26
[CD]
¥3,909(税込)
購入画面へ
PEACH/HEART
大塚愛「PEACH/HEART」
2007/07/25
[CD]
¥1,296(税込)
購入画面へ
PEACH/HEART
大塚愛「PEACH/HEART」
2007/07/25
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
愛 am BEST
大塚愛「愛 am BEST」
2007/03/28
[CD]
¥4,104(税込)
購入画面へ
フレンジャー
大塚愛「フレンジャー」
2006/04/12
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
フレンジャー
大塚愛「フレンジャー」
2006/04/12
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
LOVE COOK
大塚愛「LOVE COOK」
2005/12/14
[CD]
¥3,146(税込)
購入画面へ
LOVE COOK
大塚愛「LOVE COOK」
2005/12/14
[CD]
¥3,909(税込)
購入画面へ
プラネタリウム
大塚愛「プラネタリウム」
2005/09/21
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
プラネタリウム
大塚愛「プラネタリウム」
2005/09/21
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
LOVE JAM
大塚愛「LOVE JAM」
2004/11/17
[CD]
¥3,146(税込)
購入画面へ
LOVE JAM
大塚愛「LOVE JAM」
2004/11/17
[CD]
¥3,909(税込)
購入画面へ
大好きだよ。
大塚愛「大好きだよ。」
2004/10/20
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
大好きだよ。
大塚愛「大好きだよ。」
2004/10/20
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
金魚花火
大塚愛「金魚花火」
2004/08/18
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
金魚花火
大塚愛「金魚花火」
2004/08/18
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
Happy Days
大塚愛「Happy Days」
2004/07/07
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
Happy Days
大塚愛「Happy Days」
2004/07/07
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
LOVE PUNCH
大塚愛「LOVE PUNCH」
2004/03/31
[CD]
¥3,146(税込)
購入画面へ

Chartsmore