Billboard JAPAN


Special Contents

山根康広 『MUSICMAN』インタビュー

山根康広 『MUSICMAN』 インタビュー

 デビュー曲「Get Along Together」から20周年を迎えた“ROCK”シンガーソングライター 山根康広。6月26日 10枚目となるオリジナルアルバム『MUSICMAN』をリリースした。彼の生き様がそのまま反映されたとも言える今作には、あの頃から変わらぬ、誰もが口ずさめる、日本人だからこそ奏でられるロックナンバーばかりが収められている。その美学に迫った。

夢とか、愛とか、希望とか、伝えたいものは変わらない

--「Get Along Together」でのデビューから20周年を迎えた、今の率直な心境を聞かせて下さい。

山根康広:あっという間でしたけど、いろいろありましたね。デビューしてから3年ぐらいは「Get Along Together」みたいなバラードというか、スローな曲をなるべく書いて。「シングルを売りたいので」っていうことで。ただ、そういう曲ばっかり書くということには苦労しました。でもそのうち徐々に自分の音楽をやっていけるようになっていった、という感じですかね。

--20年活動してきた中で、ご自身では山根康広ってどんなアーティストだと感じていますか?

山根康広:自分の音楽スタイルっていうのは、30歳になったぐらいから固まってきたんです。デビューアルバムとかはアマチュアのベスト盤みたいなもんで、そこから3枚目ぐらいまではやりたいことを詰め込んできたんですけど、自分の中では3、4年続けばいいやぐらいに思っていたので、そこから「どうしようかな?」ってなって。でも結局はやりたいこと、言いたいことはそんなに変わっていくものではなくて、夢であるとか、愛であるとか、希望であるとかを歌い続けてきた。伝えたいことは今も変わってない。

--そこに迷いがないですよね、山根さんって。

山根康広:あと、基本的にはバンドスタイルが好きだったので、本当はバンドでデビューしたかったぐらいなんです。バンド組んでたんですけど、オーディションを受けると、そのバンドの中の何人かだけでいいと。「他のメンバーはこっちで集めるから」みたいな。でもそれは嫌だったので、メンバーを変えずに活動してきたんですけど、大学出て就職するときに1人欠け、2人欠けってなって活動休止状態となり。で、俺はサラリーマンを4年ぐらいやりながら音楽してて、結果的にひとりでデビューすることになって。

--そういうストーリーもあって、ソロでもバンドスタイルに拘ると。

山根康広:バンドサウンドが好きなので。でもデビューしてから数年間は、ディレクターとプロデューサーの意向でスタジオミュージシャンも使っていて、譜面通りバッチリ演奏してもらってたんですけど、自分はみんなと一緒に作っていきたかったんですよ。愛情的な部分で生まれるグルーヴとかが全然違うし、そっちの方が好きなので。みんなで夢を追い掛けていくノリが。で、今は同じバンドメンバーでレコーディングもツアーもやってるんで、納得いく形で音楽活動できてます。

--山根さんはデビュー曲がいきなり大ヒットしました。日本中で「Get Along Together」が愛されたことは喜ばしいことだと思うんですが、その反面で“「Get Along Together」の人”と言われ続ける呪縛には苦しまれたんじゃないですか?

山根康広:たしかに十字架背負ってるのと同じで。ライブまで来てくれたり、アルバムをよく聴いてくれている方々は、いろんな世界観があることは知ってくれていると思うんですけど、「Get Along Together」だけ知っているという方はまだまだ結構多いですからね。昔は「絶対これを歌ってくれ」という方向性がある中で、若かったというのもあって「なくても俺は大丈夫だ」と、ツアーから「Get Along Together」を抜いたりしたときもありましたけど、今は「聴きたいんであれば、歌った方がいいかな」と思って、なるべく入れるようにはしてます。

--ただ、そればかりを求められることにはフラストレーションもあったと思うんですが、それすらも受け容れた先にあるアルバムですよね、今回の『MUSICMAN』って。山根さんが歌いたい音楽はずっとブレなかったことの証明でもある。

山根康広:そうですね。さっきも言いましたけど、夢とか、愛とか、希望とか、伝えたいものは変わらないので。あと、自分がライブ会場に外タレとか観に行ったときに興奮したり、すごく感動した記憶って今でも鮮明に残っていて、そういう部分を伝えたい想いが根本的にあるんですよね。だから曲もみんなが歌えて、なるべくスタンダードになれるようなものを数多く作りたくて。「感動できてよかったなぁ、また頑張ろうかなぁ」っていう気持ちになってもらいたいですから。今はライブのバリエーションもいろいろあると思うんです。刺激を求めに行くとか、ハイになりたいとか、グルーヴを楽しみたいとか。ただ、俺的には思春期にガン!と感動したような王道を大事にしていきたいんです。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 90年代=当てにいく作戦でもって曲を作っていく時代
  3. Next >
90年代=当てにいく作戦でもって曲を作っていく時代

--90年代、メジャーデビューしたアーティストがヒット曲を生むことって、その世界で生きていく為の最低限事項だったじゃないですか。故に“売れ線”と言われる曲が世に溢れた訳ですけど、今の話や『MUSICMAN』を聴く限り、山根さんにとって「Get Along Together」は正に歌いたい曲でもあったのかなって。

山根康広:あの曲は元々友達に贈った曲で。そいつが結婚するときに挨拶の言葉の代わりに書いた曲だったので、もちろん歌いたい曲だったし、そういう意味では決してヒットを狙って書いている訳ではないんですよね。そもそも狙って作れるものじゃないですし。だったら自分は自分らしく、素直に曲を書くべきだと思って。さらけ出したもの。それを皆さんが一番聴きたいところだとも思っている。そこはデビューから変わってないですね。

--山根さんってデビュー前、どんな音楽を聴いて育ってきたんですか?

山根康広:最初は(ディープ・)パープルとか、あのへんのコピーをやったりしていて、バンドの楽しさを知ったんですよ。で、時代的には外タレの曲を皆さんが聴いていましたから、俺も70年代、80年代のハードロック。それに(ブルース・)スプリングスティーンとかイーグルスとか。曲の世界観とか、バンドサウンドのアレンジ面とかは、そういった音楽の影響を受けている。

--今作『MUSICMAN』を聴いて個人的に感じたことは、そうした欧米ロック黄金期時代のグルーヴを出しながら、しっかりJ-POP/歌謡曲でもある。そこは自分ではどう思われますか?

山根康広:メジャーからピッとマイナーへ行くときのキュンと来るような感じとか、日本人が好きな展開だと思うんですけど、俺は大体まず鼻歌から曲を作り出すこともあって、みんなが歌いやすい、楽しめるメロディーが出てくる。そういうメロディーを乗せたいんですよね。いわゆるそれが聴き継がれるスタンダードになれる条件だと、勝手に思っていて。その要素をミックスして曲を作っていくことは大事にしています。

--今ってそこを排除/軽減したロックが多いじゃないですか。極論言えば、海外の音楽をそのままやってるバンドだったり、マニアックな方向へと突き進んでいくアーティストが増え、誰もが口ずさめるようなロックは聴けなくなりつつありますよね。それについてはどう思われますか?

山根康広:それはそれで“成長した”とも言えると思うんですけど、アメリカ人と日本人は基本的に文化が違うから、俺は俺として出せる味を大事にしたい。まんま向こうと同じ感じにしても、本物には負けるじゃないですか。オリジナリティもなくなるし、日本人である意味がなくなっちゃう。だったら、もっとオリジナリティを出すべきだし、大事にするべきじゃないかなって思います。

--そこの話をちょっと掘り下げたいんですが、山根さんがデビューした90年代の音楽シーンってどんな世界でした?

山根康広:どっちかと言うと、よりキャッチーなものを目指してましたよね。とりあえず“これぞ!”っていうサビを作ったら、あとはそれなりに雰囲気を繋げていくっていう、みんなが工場のような作業をしているイメージもありました。当てにいく作戦でもって曲を作っていく時代。でも自分はそんなに器用な方ではないんで、それが出来なかったりして。1番からドーン!って盛り上がって、その余波で2番以降は何とかする曲が多かったんですけど、俺なんかはストーリー仕立てにしたいので、やっぱり1番より2番の方が盛り上がるし、3番はさらに盛り上がるし、そういう曲を作るんですけど、「メディアでは1番しか流れないよ」みたいな(笑)。でも“最初から最後まで聴いてもらって1曲だ”と思っていたので、そこは大事にしてましたね。

--良い話ですね。

山根康広:あと、俺が「Get Along Together」でデビューするまでは、バラードを歌うソロの男性ってあんまりいなかったんですよ。だからレコード屋さんとか「お願いします!」って回ってみると、「これは辛いな」とか言われて。みんなで盛り上がるような曲が多い中で「なんか、素朴な感じだね」みたいな感じで言われた記憶があります(笑)。まぁでも同じことをしてもアレだし、自分を信じてあげなきゃいけないなと思って、あの曲をリリースして。最初は大阪のレコード店にしか置いてない感じだったので、自分で何枚も買いに行ったりとかしていたんですけど、有線で盛り上がってきて、3ヶ月ぐらいのタイムラグがあって東京でも徐々に反応が出てきた。で、テレビに誘われて出てみたら、電話がかかりっぱ。凄かったらしいです。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. “これぞ日本人”みたいなところも見せてほしい
  3. Next >
“これぞ日本人”みたいなところも見せてほしい

--たしかに「Get Along Together」以降ですよね、男性のバラードヒットが連発したのって。あと、あの時代のヒット曲の多くが、後の時代へと聴き継がれ、歌い継がれることになりました。

山根康広:ちょうどカラオケが盛り上がってきた時代でしたし、皆さんが共感できるメロディーと歌詞が多かったのかもしれないですね。皆さんの人生の一部として刷り込まれるようなものが。でも今はどちらかと言うと、なかなかアーティスト自身のところまで突っ込まないし、広く浅く曲を聴いている人が多いイメージですよね。

--そんな中でも気になる若手のアーティストやバンドっていたりします?

山根康広:全然分かんないんですよね。移り変わりが速くないですか?どんどんいっぱい出てきて、また変わっていってて。

--「Get Along Together」ぐらい、誰もが知るところまで広がりきることはなかなかないですよね。その前に新しいものが出てきちゃう。

山根康広:そうですよね。それも良いのか悪いのかっていう。どんどん出てくるアーティストも低年齢化してますし、それはいいんですけど、消費されるのが速いから、僕らの世代と若い子の間がスコーンって抜けちゃってる。

--山根さんはそこに翻弄されず、あの時代からブレることなきロック、音楽を歌い続けていますよね。

山根康広:ずっと活動している中で「今、こういうものが来てるからやってみたら?」みたいなことを言われることもあって。で、それっぽくすることは出来るんだけど、超えることはできない。要は真似るっていうことだから、すごく後悔することになるんですよ。その流行りが終わるとき、えらい格好悪いことになってしまう。「あー、やっちゃった。何これ?」みたいな。そうならないようには気を付けています。

--その美学を見せつけるべく、いわゆるロックフェスなどへガンガン参戦してほしいです。若手のロックバンドに混ざって、こうしたロックの形もあるということを見せてほしいなって。どうでしょう?

山根康広:お互い、刺激はあるでしょうね! やっている方も、観る方も。そういう機会をどんどん増やしていけたらいいなって、本当に思います。

--ちなみに山根さんがこれからの音楽シーン、ロックシーンに期待することってどんなことだったりしますか?

山根康広:皆さん、レベル的にかなり上がってきてると思うんです。日本のみならず、グローバルに戦えるところまで来てると思う。歌も凄い人いっぱいいるじゃないですか。ただ、そこにオリジナリティを忘れずに入れていって“これぞ日本人”みたいなところも見せてほしいなと思うよね。「え? これ、日本人だったの?」じゃなくて「おー! これは日本人じゃないと出せない」って、世界に対して思ってもらえるような成長を、自分も含めて追求していけたらいいなって思う。

--あと、この20年間でいろいろな夢を叶えてきたと思うんですけど、今の山根さんが抱いている夢。もしあったら聞かせて下さい。

山根康広:1年でも長く音楽できたらいいなって思ってる。あと、自分のことは自分が一番分かっていて、いろいろやってきて、これからは磨きを掛けていく段階になるんですけど、他のアーティストの方と何かしてみたり、俺に何か教えられることがあるのであればプロデュース的なものもしてみたいと思っています。

山根康広「MUSICMAN」

MUSICMAN

2013/06/26 RELEASE
XNTR-15038 ¥ 3,888(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.MUSICMAN
  2. 02.唇よ愛をさけべ
  3. 03.愛しのマリア
  4. 04.IT’S ALL RIGHT
  5. 05.ROCK’N ROLL NIGHT
  6. 06.CLOUD9
  7. 07.蒼い風
  8. 08.オーロラ
  9. 09.GRAND DAYS
  10. 10.LOVE GUN
  11. 11.TODAY
  12. 12.林檎の木
  13. 13.The Theme Of MUSICMAN #1 (TYPE A ボーナストラック)

関連キーワード

TAG

関連商品

be-ALIVE 2001
山根康広「be-ALIVE 2001」

2002/05/22

[DVD]

¥5,966(税込)

STARS.
山根康広「STARS.」

2002/04/24

[CD]

¥3,086(税込)

NO RETURN
山根康広「NO RETURN」

2001/08/22

[CD]

¥1,234(税込)

be-ALIVE
山根康広「be-ALIVE」

2001/02/21

[CD]

¥1,234(税込)

Roll Over
山根康広「Roll Over」

1999/03/18

[CD]

¥3,497(税込)

THE MARK #2
山根康広「THE MARK #2」

1999/03/18

[CD]

¥3,086(税込)

Mr.FRIENDS
山根康広「Mr.FRIENDS」

1997/06/25

[CD]

¥3,146(税込)

Born in 66
山根康広「Born in 66」

1995/09/20

[CD]

¥3,146(税込)

DESTINY
山根康広「DESTINY」

1994/04/21

[CD]

¥3,146(税込)

DESTINY-夢を追いかけて-
山根康広「DESTINY-夢を追いかけて-」

2013/08/07

[CD]

¥2,057(税込)

BACK TO THE TIME
山根康広「BACK TO THE TIME」

2013/08/07

[CD]

¥2,057(税込)

MUSICMAN
山根康広「MUSICMAN」

2013/06/26

[CD]

¥3,888(税込)

MUSICMAN
山根康広「MUSICMAN」

2013/06/26

[CD]

¥3,888(税込)

CLOUD 9 c/wオーロラ
山根康広「CLOUD 9 c/wオーロラ」

2012/07/11

[CD]

¥1,234(税込)

be-ALIVE 2001
山根康広「be-ALIVE 2001」

2002/05/22

[DVD]

¥5,966(税込)

STARS.
山根康広「STARS.」

2002/04/24

[CD]

¥3,086(税込)

NO RETURN
山根康広「NO RETURN」

2001/08/22

[CD]

¥1,234(税込)

be-ALIVE
山根康広「be-ALIVE」

2001/02/21

[CD]

¥1,234(税込)

Roll Over
山根康広「Roll Over」

1999/03/18

[CD]

¥3,497(税込)

THE MARK #2
山根康広「THE MARK #2」

1999/03/18

[CD]

¥3,086(税込)

Mr.FRIENDS
山根康広「Mr.FRIENDS」

1997/06/25

[CD]

¥3,146(税込)

Born in 66
山根康広「Born in 66」

1995/09/20

[CD]

¥3,146(税込)

DESTINY
山根康広「DESTINY」

1994/04/21

[CD]

¥3,146(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    ビルボードジャパン 2018年 年間ランキング発表~【HOT 100】は米津玄師「Lemon」、【Hot Albums】は安室奈美恵『Finally』が首位

  2. 2

    Billboard Japan Hot Animation Year End 2018

  3. 3

    BTS (防弾少年団)のシュガ、エド・シーランとのコラボを示唆

  4. 4

    米津玄師 Billboard JAPAN HOT100 of the Year 2018 受賞記念インタビュー ―「Lemon」によってまた一つ自由になれたような気がします

  5. 5

    【ビルボード HOT BUZZ SONG】米津玄師「Lemon」が22度目の首位、映画ヒットのクイーンも動画&DLともに上昇

HOT IMAGES

注目の画像