Billboard JAPAN


Special Contents

倖田來未 『BEST~first things~』インタビュー

倖田來未 『BEST~first things~』 インタビュー

PAGE1

--今めちゃくちゃ忙しいんじゃないですか?

倖田來未:デビュー当時もめちゃくちゃ注目していただいて忙しかったんですけど、今は確かに一番すごいです(笑)。嬉しいことに!

--それだけ2005年は倖田來未にとって飛躍の年になっているってことですよね。アルバム『secret』の大ヒットがあったり、初の新木場STUDIO COASTでのワンマンライブがあったり。

倖田來未:そうなんですよ!とにかく今年は冴えていたというか、「自分はこれがやりたいかも!」とか「あれがやりたいかも!」とか「これってどう!?」ってことがすごくいっぱいあったから。それをしかも具現化してくれるスタッフの誠意がすごーい伝わる一年になってますね。

--アルバム『secret』は制作段階から大ヒットする予感みたいなものは感じていたんですか?

倖田來未:ヒットするかしないかはね、本当五分五分だと思ってましたね。ただとにかく楽曲は、自分の一番やりたいことを3割で、あとはインターネットでファンのサイトを見たりして、“どういう曲が今までの曲の中で人気があったのか”っていうのをすごく自分なりにリサーチして、それで7割はみんなが求めているものを作ったつもりで。それと『secret』はジャケ写気に入ってます。女の子が手に取りやすかったのかなって。今時はケータイとかインターネットの時代なんで、そういう部分でCDの売り上げとかなかなか伸びなかったりする中でね、「可愛いから家に持って帰ってそばに置いておきたい!」というものじゃないと意味がなかったりするじゃないですか。そういった意味でもすごく良いモノが出来たと思いましたね。でもまさか50万枚も売れるとは思わなかったです!それはやっぱりビックリしましたね、正直。

--確かに『secret』は内容的にも女性ファンの心をしっかり掴める作品でしたよね。

倖田來未:やっぱりライブやっても前列がほとんど女性だったりとか、『secret』以降、そういうのはすごく感じますね。「もっともっと女性ファンも大事にしていかなきゃな」って思います。

--そんなアルバム『secret』を引っさげた新木場STUDIO COASTでの初ワンマン、僕も観させていただいたんですが。

倖田來未:ありがとうございます!!

--女性が倖田來未に惹かれる理由があの日のライブには凝縮されていた気がするんですよね。実にセクシーな演出やダンスが満載で、すごく色っぽかったんですけど、ある種男っぽいなって。

倖田來未:あ~なるほどね!

--男性はもちろんセクシーなところに惹かれる部分はあると思うんですけど、女性は女性でそういう格好良さに魅力を感じているのかなと、個人的には感じて。そんな初ワンマン、実際にやってみてどうでした?

倖田來未:とにかく倖田來未のライブって、男の人にも女の人にも、そうでない人にも楽しんでいただけるように、同性愛をテーマにしてる振りがあったりとか、やっぱり“愛を表現する”っていうことがすごく多くて。それが“セックス”についてなのか、“愛してる人のために歌う”楽曲なのか、“愛している人を想いながら歌う”とか、自分の中でも色々あるんですけど、そんな愛を表現する上での潔さみたいな、やっぱり「格好良い!」って、男の人から見ても思ってもらえるような女性像にうまくなれたらなって思います。そこは自分自身をいちプロデューサーとして見てるんですよね。でもやっぱりエロというか、セクシーは外さない。それで女の子から見てもグロくない、格好良い、やっぱり目指したいのはそこなんですよね。

--その辺のバランスって難しいですよね。

倖田來未:ほんと!紙一重ですから!そこはやっぱ難しいぃ~。

--“振り切っちゃったから格好良い”とかってやっぱりあるじゃないですか。そこを抑えると中途半端にエロいだけで終わっちゃったり。その逆とかっていうのも曲によってあったりすると思うんですけど。

倖田來未:そうなんですよね~。だからそういう意味でも、ダンスとかをセクシーにする分、ボーカル力も上げなきゃいけないからボイトレ行ってみたりっていうのは実際ありましたね。

--でもやっぱ、そうやって磨かれた歌声とダンス自体に魅力があるから出来るアプローチだと思うんですよ。ていうかね、僕はあの日の倖田來未のライブを見て“マドンナ”を思ったんですよ!

倖田來未:嬉しいぃ!やっぱり倖田來未は、マドンナとか、ジャネット、今時で言ったらビヨンセとか、アギレラとか、女性から見たときに付いていきたくなる、そういった支持を受ける女性アーティストになりたいなって思うんですよね。だから嬉しい!本当に。

--いわゆるセックスシンボル的な存在感をあの日のライブからは感じましたよ。楽しかった。2005年ベスト3には入るライブでしたよ。

倖田來未:あ~嬉しい!ありがとうございます!

--あらゆる面で良かったんですよね。パッと見のインパクトももちろんそうですけど、歌一つとっても、構成一つとっても・・・『キューティーハニー』に入る前に失敗したのも逆にドラマティックだったし、絶対忘れないんですよね、ああいうのって。で、次はしっかり演出がキマる『キューティーハニー』が見たいなって思うから、次に繋がるし。

倖田來未:衣装が破れちゃってね、早着替えが出来なかったんですけど、でもあれがライブの面白さかなって。生ならではの。ただ5分ぐらい待たせちゃったのは申し訳なかったです。「え?休憩?終わり!?」みたいな感じにしちゃったと思うんですけど、スタッフも慌てちゃって、「アナウンス流しますか?「ちょっと休憩です」って」みたいな(笑)。で、ブワーって全部安全ピンで止めて出ていったんですよ。ただヘアメイクさんが言ってて、某アーティストさんも1時間ぐらいお客さんを待たせて出ていったことがあるって。しかも普通に「どうも♪」って(笑)。それ聞いて、「分かった!」って元気になって(笑)。

--あの数分間の中で色んなアレがあったわけですね。

倖田來未:そうなんですよ。「最悪~!!」っていうのと、「どうやって次繋げよう?」みたいな気持ちでいっぱいになって。でもあそこが本当に『キューティーハニー』で良かった!あれがアルバムの中のしっとりとした一曲だったりしたら危なかった。

PAGE2

--勢い取り戻すにはね、『キューティーハニー』ぐらいじゃないと。

倖田來未:そうなんですよね~。だから良かったです。

--そんな色々あったワンマンライブのDVDが9月21日にリリースされるわけですけど、実際にご覧になって振り返ってみてどんな感想を持たれました?

倖田來未:「自分でやりきった」っていうのももちろんあるんですけど、「何度も観てほしいライブなのかな」とも思うし、あとは「“次に繋がる”ライブだったなぁ」って。で、自分でほとんどプロデュースをさせていただいて、もっとこんなんやりたい!あんなんやりたい!っていうのがいっぱい出てきてしまい、次のZeppツアーでやることもイメージできてて。とにかく一日でちょっとした噂にもなってくれたし、そういう意味でも「次のライブが期待されてます!」っていう感じになって、次のツアーは「全部ソールドアウト!」したらいいですよね、格好良いぃ~(笑)。

--(笑)。

倖田來未:(先日のライブは)1日しか出来なくて、私は「もっと何日もした~い!全国回りた~い!」って語ってたんやけど、逆に一日だったから次のZeppツアーにすごく繋がったのかなって。だからすごく次に繋がる、良いステップアップのライブ。「良い影響をもたらしたのかな」って、Zeppツアーがソールドアウトしそうと聴いたときに思いました。先行予約でほとんど売れちゃったんで、それがすごく嬉しかった!しかも初めてのツアーだったから、「ちゃんと売り切れるかな?」っていう心配もあったので、なおさら嬉しくて。だから今は「とにかく成功させなきゃな」って気持ちでいっぱいです。

--今回で倖田さんと話すのは二回目なんですけど、音楽活動を続ける中で次々と出てくる課題が出てくれば出てくるだけテンションが上がる人ってことを知りました(笑)。

倖田來未:そうなんですよ(笑)。すごくマイナス思考になることもあるんですけど、当たって砕けろタイプなんで、とにかく言いたいこと全部スタッフに当てて、それをスタッフが綺麗に縦に並べてくれるっていうやり方なんですよ、倖田來未チームって。「とにかくくぅ(倖田來未)は思ったことを言いなさい」っていう感じで今進んでるんで、思いついたことはバンバンぶつけていって、マネージャーさんも大変なことになっちゃってるんですけど(笑)。一番「愛されてるなぁ~」って感じるのは、“とにかくくぅが言ってることをどうにかしてやってあげよう”っていう誠意はすごく見えたときで。特に『キューティーハニー』後、“倖田來未の一言一言を聞いてあげよう”っていう姿勢が伝わってきてて、「こんなこと思いついたんだけど」「うぉ~オモロイやん、やろやろ」みたいな関係になってますね。だから自ずとテンションも上がるんですよ!

--『キューティーハニー』前ももちろん皆さん頑張っていらしたと思うんですけど、一言で言うと、「本気になった」んでしょうね。

倖田來未:うん。多分ね、成功も撃ち取れなくて、倖田來未って洋楽をデビュー前聴いていない人だったので、要は音楽の勘っていうのもあんまりなくて、歴史も浅い。そういう中でアーティストを心から信じることが多分出来なかったのかなって、今だったら思うし。例えば『奇跡』とかそうなんですけど、スタッフはみんな「微妙」って言っていたのに、トップ10入り果たしたんですよ。それで、「倖田の耳って信じれるのかな」って。そうやってちょっとずつ実績を残していって、やっと信じてくれるようになったんですよね。倖田來未の発言に「面白いかも」って思うように。あと、何枚目のシングルからか忘れちゃったんですけど、「プロモーションビデオ付けて売るべき」ってずーっと言ってたんですけど、当時は叶えてくれなかった。それは自分の実績とか、倖田來未の歴史が浅かったから分かってもらえなかったのかなって。だからとにかく今はこの環境をもっともっと活かして、出来ないことも可能にしていったり、っていうのもアリなんかなって気がしますね。

--そういう意味での挑戦は確かに今してますよね。最近だと『flower』が初の小説主題歌になったり。

倖田來未:あれはね、実は急なお話だったんだですね。9月は『Promise / Star』、その二週間後にベストっていうのが元々決まってたんですよ。そこにお話を頂いて。で、Yoshiさん(『flower』が主題歌となった小説『恋バナ』著者)が前に『Deep Love』の映画を作ったときに、day after tomorrowのナンバーを使ってて―――(ボーカルのmisonoは)私の妹だったりするんですけど―――そのときに「倖田が良い」って言っていただいてるって聞いて。あと、ラジオとかでも恋愛相談を受けたりだとか、恋のことについて、愛のことについて、結構語ることが多いので、Yoshiさんが指名してくれて。

--実際に『恋バナ』を読んでみてどんな感想を?

倖田來未:ちょっと難しい世界もあるんですけど、ただ人っていうのは、傷ついても傷ついても恋をしてしまう生き物なんだっていうところがすごく伝わってきたというか。私は恋をして女の人は綺麗になっていくもんだって、常に思い続けている人なんでね、そういう意味でもYoshiさんが言ってることは、「一理あるなぁ」って思ったり。「それはないな」っていうことも、もちろん相手は男性なんで思うこともあるんですけど(笑)、すごい勉強になりましたね。良い経験になりました。

--『flower』は倖田來未が歌うのに相応しいナンバーですよね。

倖田來未:そうなんです!ずっと取材でも言ってきたことが楽曲になったんです。なのでスルッと歌えました。結構Yoshiさんの中では、私の存在を、泣き笑いというか、ピュアなイメージみたいで。それを打ち出してほしいって言われてたので、すごくボーカルもピュアに歌ってみました。透明感があるようなボーカルで。

--倖田さんてバラードシンガーだったりもするじゃないですか。

倖田來未:ありがとうございます!もう私は早くそういうアーティストになりたいんですよ!でもやっぱ隠れバラードシンガーなんですよ。

--ヒット曲である『キューティーハニー』とか『real Emotion』のイメージが強いですからね。でもバラード歌わせたら!みたいなね。

倖田來未:なので、『flower』の後の『Promise』でやっとドバラードを歌えて―――『hands』もドバラードでしたけど、私の中であれはミディアムナンバーなんですよ。もっとしっとり、悲しい、涙が出るようなバラードをずっと歌いたくて―――、やっと出させてもらうことになったので、本当に思い入れあります。

--実際に『Promise』、歌ってみてどうでした?

倖田來未:気持ち良いですね。「この曲、すごく良い曲!」みたいな。やっぱりこの曲でね、色んな人が涙して、大切な人を無くしたらすごく悲しいんだよっていうことにもう一回気付いてほしい。強がりな女性が多いから。恋にね、プライドなんていらないんですよ!私からしたら。折れまくればいい話で。仕事はダメですよ、もちろんプライド持ってないと。でも恋愛っていうのは、フラれるかと思ってやったら全然楽しくない。だから「素直にね、もっと愛を分かち合って」っていう気持ちを込めて『Promise』は書いたんですけど。まぁ究極な形なんですよ、彼が死んでしまう話なんで。でも、何かが理由で別れてしまって、常に彼のことを心の中に想ったままで・・・っていう曲なんで、色んな人の心に届けばいいなって思いますね。

--実際に歌ってて泣き出しそうになる感覚っていうのは?

倖田來未:ありますね!やっぱりね。ただでもね、泣きながらも微笑んでる感じなんですよ、どっちかって言うと。彼がいなくなって悲しいけれど、彼は心の中に思い出として残っていくっていうナンバーなんですよ。“あなたはさよならを言わないまま行ってしまった”みたいな楽曲でもあるので、泣きそうにはなるけど最後にはやっぱり笑っていたいなって。

--そしてその『Promise』の次に収録されている『Star』ですが、最初の“大好きだよダーリン”というのは、この曲がテーマソングになっている『うる星やつら』ありきで入れたフレーズ?

倖田來未:そうでございます(笑)。『うる星やつら』のお話を頂いてから歌詞を書いたんですよ。で、“☆”と“ダーリン”という言葉を入れてほしいと言うのもあり。この曲は“倖田來未が思うラムちゃんてこんな感じ?”ていうテーマで書いたんで、本当にラムちゃんのためだけに書いたナンバーですね。

--じゃあ、この曲の衣装もラムちゃんになったりするの?

倖田來未:ね!派手な感じで!「ラムだっちゃ!」な感じでいきたいですね(笑)。自分の愛犬の名前がラムちゃんて言うぐらいなんで。もうとにかく大好きなんですよ!

PAGE3

--で!それらが収録されるベストアルバム『BEST~first things~』が!倖田來未がノリにノってる絶好のタイミングでリリースされるわけですが!

倖田來未:ありがとうございます!もうナイスタイミングですよね!本当に。天才だと思いますね、ウチのスタッフは。私の中ではベストを出すっていうのは頭になかったから。前向きにガンガン走っていたもんやから、後ろを振り返ることを忘れていたんですよね。だから「いつの間にか18枚もシングル出してた!」みたいな感じで(笑)。とにかくね、もっともっと倖田來未を、17歳の頃からの私を知ってほしいですね。自分で聴いても「若かったなぁ~」って感じたりして楽しんでるんで。

--どの辺に成長とか進化みたいなものを感じました?振り返ってみて。

倖田來未:やっぱり声がとにかく若かったのが、だんだん大人になって、太くなっていったなって。あとは、クラブで歌っていた時期もあったんで、お客さんが3人しかいない!とか、お酒飲みながらだからみんなまともに聴いてくれないし、「誰?」みたいな視線を感じたり、すごい辛い時期もあったし。やっぱりそういう時期を経て、今、『キューティーハニー』とかポン!て売れちゃったけど、そういう時代もあったんだよっていうのを、私は思い出すんですよ。それを思うと、もっともっとこのベストアルバムを通して、こういうインタビューとかで、昔の私とかを知っていってほしいとも思うし。あと、何も変わってないのが、昔の歌詞とか読んでも恋愛観が17歳から一切変わってないのが分かるんですよ!

--不思議ですね、それは。

倖田來未:そうなんですよ!色んな恋愛をしているのに、未だに変わらんな~って。

--じゃあ、この先ベストアルバムをもう2、3枚出すぐらいまで変わらないんじゃないですか?

倖田來未:そうでいたい!とにかく私は好きな人には尽くしちゃうし、彼にも常にそばで「愛してる」って言ってほしいタイプなんですよ。だから結婚してもいつもラブラブのバカップルみたいな、そういう夫婦でいたいと思うし、あと、お母さんになっても格好良いシンガーでいたいと思うし。

--あと、今回のベストアルバムを聴いて思ったことがあるんですよ。集大成的な意味合いも当然ベストなのであるわけですけど、なんかね、ここからまた始まるんだなって感じがすごくしたんですよ、なぜか。それはもしかしたらこのベストアルバムに収録されている曲が云々と言うよりも、倖田さんの生き様を見ていて、このタイミングでベストが出ること自体に感じたことなのかもしれないんですけど。

倖田來未:ベストだからと言って区切りとかはないんですけど、ただ『Butterfly』とか『キューティーハニー』での成功、あと『Hot Stuff』みたいなヒップホップ系の一番やりたいこともシングルで出来て、『Selfish』でロックとか他ジャンルにも挑戦出来て、で、バラードが出せました。そういう意味では、成功もあって、やりたいこともやれて、色々なことをやり切った、すごく良いタイミングでのベストだなって思ってて。ただね、来年の8月ぐらいまで現時点でスケジュールがビッチリなんですよ。そうなると、区切ってられないっていう言い方をするとちょっとアレなんですけど、とにかく前に進むしかないんですよね。

--なるほどね。このベストで倖田來未が5年間で築き上げたベースを知って、新たなこれからの倖田來未と一緒に歩いていける感じがね、美しいですよね。

倖田來未:ですよね~。本当ね、良い22歳かなって。ビジュアルもボーカル力もダンスも、―――中身だけババァなんですけど(笑)―――、5年目にして良い状態に持っていけたなって。本当は2、3年前に今の地位を得ていたかった。理想は。ただ、今この地位に、スロースターターだったけど、すごく理想通りのところに来れているなっていうか。CDをリリースしたらTOP10に入ってくれて、しかも「倖田來未ってセクシーなんだよね」っていうのも浸透していて、女性にも支持を受けている、すごく良い位置に来れてるんですよね。だから私はすごく満足してる。ただここでゴールじゃなくて、もっともっと新しい目標を立ててやっていけるかなとは思ってて。

--あと、今回のベストには新曲も収録されてるんですよね。

倖田來未:はい!『NO TRICKS』。これは自分のやりたいことを1曲目に持ってきたっていうか、やっぱり“歌って踊れるアーティストでいたい”っていうところと、最近ヒップホップチューンをあんまり作ってなかったんで、『Hot Stuff』に続くヒップホップ系のナンバーを作ってみて。で、『NO TRICKS』っていうタイトルなんですけど、自分は今までクラブで誰も聴いてくれない中でも歌っていた時期があって、海外でCD出したこともあって、ディオールでモデルもやって、『キューティーハニー』もあって、映画にも出ちゃったり、モーションキャプチャーもやったりとか、ほんとに色々やってきて!倖田、まとまりあんの?って感じかもしれないんだけど、それが自分の歩いてきた道だし、「私は今の自分に偽りないです!」っていう。辛いこともあったけど楽しくやってきたつもりだから、そういうメッセージ性を込めて。やっぱり歌をうたうと、音楽に身を委ねてると、「倖田來未、歌手で良かったな」「諦めないで、途中で挫折しないで良かったな」ってすごく思うから。音楽ってそういう力を持ってるんだよね!っていうメッセージ性が込められてるんで、敢えて一発目にボン!て持ってきたっていうのは、そこにあるんですよね。

--そんなメッセージ性も含まれたベストを引っさげた全国ツアー、どんな内容になりそうですか?

倖田來未:今回はですね、“夜のテーマパーク”です。「夜のネバーランドへようこそ!」っていう感じで(笑)、今回はやろうと思っていて。倖田來未の遊園地へ遊びに来た感覚を味わってもらいたいなって。だから「体は大人でも心は子供のままでよろしくお願いします」「そうでない方はご遠慮します」みたいな、そういうツアーにしたいなと思ってます。あと、ライブDVD『secret ~FIRST CLASS LIMITED LIVE~』に実は謎が隠されているんです。次のライブのヒントになる鍵が入ってたりするので、ちょっとチェックしてほしいな。

--じゃあツアーに行く人は絶対にライブDVDもゲットして。

倖田來未:そうですね。あと、DVDとベストアルバムの両方を買っていただくと、BACK STAGE PASSがプレゼントされるんですよ。詳しくは企画中ですけど、楽屋に遊びに来れる券がもらえるんです。そういうのもあったりするんで、倖田來未が本番前にドギマギして「あ~どうしよう」って言ってるところをぜひ見に来てほしいです(笑)。

--分かりました(笑)!こうしてベストも出て、初の全国ツアーもあって、今後もますます倖田來未旋風吹き荒れる感じがしますけど、今後の活動に向けての意気込みをここでひとつお願いします!

倖田來未:9月にシングル、ベスト、DVDを出して、10月、11月全国ツアーを回って、誕生日にファイナル公演があります。で、12月にまた面白いこと思いついちゃいましてね!また12月から面白いことやっちゃうんですよ!倖田來未。10月解禁なんで詳しいことはまだ言えないんですけど、とにかくね、来年の8月ぐらいまでドワーっと!すごいんですよ。だから毎月倖田來未が多分現れるので、楽しみにしていてほしい。とにかく目を離さないでほしいですね!あと、愛をテーマにしてこれからもやっていくので、愛しい人と私の音楽を聴いていただければなっていう感じです。ありがとうございましたぁ~!

関連キーワード

TAG

関連商品

DNA
倖田來未「DNA」

2018/08/22

[CD]

¥4,212(税込)

AND
倖田來未「AND」

2018/02/28

[CD]

¥3,240(税込)

AND
倖田來未「AND」

2018/02/28

[CD]

¥4,968(税込)

AND
倖田來未「AND」

2018/02/28

[CD]

¥4,212(税込)

恋しくて
倖田來未「恋しくて」

2012/12/26

[CD]

¥1,944(税込)

Go to the top
倖田來未「Go to the top」

2012/10/24

[CD]

¥1,944(税込)

Go to the top
倖田來未「Go to the top」

2012/10/24

[CD]

¥1,080(税込)

Go to the top
倖田來未「Go to the top」

2012/10/24

[CD]

¥1,944(税込)

Beach Mix
Koda Kumi「Beach Mix」

2012/08/01

[CD]

¥2,057(税込)

Beach Mix
Koda Kumi「Beach Mix」

2012/08/01

[CD]

¥3,024(税込)

JAPONESQUE
KODA KUMI「JAPONESQUE」

2012/01/25

[CD]

¥5,616(税込)

JAPONESQUE
KODA KUMI「JAPONESQUE」

2012/01/25

[CD]

¥8,640(税込)

Love Me Back
倖田來未「Love Me Back」

2011/11/30

[CD]

¥2,808(税込)

Love Me Back
倖田來未「Love Me Back」

2011/11/30

[CD]

¥1,080(税込)

Love Me Back
倖田來未「Love Me Back」

2011/11/30

[CD]

¥1,944(税込)

愛を止めないで
倖田來未「愛を止めないで」

2011/09/21

[CD]

¥1,080(税込)

愛を止めないで
倖田來未「愛を止めないで」

2011/09/21

[CD]

¥1,296(税込)

愛を止めないで
倖田來未「愛を止めないで」

2011/09/21

[CD]

¥1,944(税込)

4 TIMES
KODA KUMI「4 TIMES」

2011/08/17

[CD]

¥3,240(税込)

4 TIMES
KODA KUMI「4 TIMES」

2011/08/17

[CD]

¥1,296(税込)

4 TIMES
KODA KUMI「4 TIMES」

2011/08/17

[CD]

¥2,160(税込)

恋のうた ~あいたくて~
(V.A.) 倖田來未 ICONIQ Lily. BENI mihimaru GT TEE SoulJa「恋のうた ~あいたくて~」

2011/06/22

[CD]

¥2,365(税込)

DNA
倖田來未「DNA」

2018/08/22

[CD]

¥4,212(税込)

AND
倖田來未「AND」

2018/02/28

[CD]

¥3,240(税込)

AND
倖田來未「AND」

2018/02/28

[CD]

¥4,968(税込)

AND
倖田來未「AND」

2018/02/28

[CD]

¥4,212(税込)

W FACE~inside~
Koda Kumi「W FACE~inside~」

2017/03/08

[CD]

¥3,780(税込)

W FACE~outside~
Koda Kumi「W FACE~outside~」

2017/03/08

[CD]

¥2,808(税込)

W FACE~outside~
Koda Kumi「W FACE~outside~」

2017/03/08

[CD]

¥4,536(税込)

SUMMER of LOVE
KODA KUMI「SUMMER of LOVE」

2015/07/22

[CD]

¥3,024(税込)

WALK OF MY LIFE
Koda Kumi「WALK OF MY LIFE」

2015/03/18

[CD]

¥3,240(税込)

WALK OF MY LIFE
Koda Kumi「WALK OF MY LIFE」

2015/03/18

[CD]

¥4,968(税込)

HOTEL
Koda Kumi「HOTEL」

2014/08/06

[CD]

¥1,296(税込)

HOTEL
Koda Kumi「HOTEL」

2014/08/06

[CD]

¥1,944(税込)

Bon Voyage
倖田來未「Bon Voyage」

2014/02/26

[CD]

¥3,240(税込)

Bon Voyage
倖田來未「Bon Voyage」

2014/02/26

[CD]

¥4,968(税込)

Dreaming Now!
倖田來未「Dreaming Now!」

2013/11/13

[CD]

¥1,296(税込)

Dreaming Now!
倖田來未「Dreaming Now!」

2013/11/13

[CD]

¥1,944(税込)

Summer Trip
Koda Kumi「Summer Trip」

2013/07/31

[CD]

¥1,296(税込)

Color The Cover
倖田來未「Color The Cover」

2013/02/27

[CD]

¥2,700(税込)

Color The Cover
倖田來未「Color The Cover」

2013/02/27

[CD]

¥4,104(税込)

Color The Cover
倖田來未「Color The Cover」

2013/02/27

[CD]

¥5,122(税込)

恋しくて
倖田來未「恋しくて」

2012/12/26

[CD]

¥1,944(税込)

Go to the top
倖田來未「Go to the top」

2012/10/24

[CD]

¥1,944(税込)

Go to the top
倖田來未「Go to the top」

2012/10/24

[CD]

¥1,080(税込)

Go to the top
倖田來未「Go to the top」

2012/10/24

[CD]

¥1,944(税込)

Beach Mix
Koda Kumi「Beach Mix」

2012/08/01

[CD]

¥2,057(税込)

Beach Mix
Koda Kumi「Beach Mix」

2012/08/01

[CD]

¥3,024(税込)

JAPONESQUE
KODA KUMI「JAPONESQUE」

2012/01/25

[CD]

¥3,240(税込)

JAPONESQUE
KODA KUMI「JAPONESQUE」

2012/01/25

[CD]

¥4,536(税込)

JAPONESQUE
KODA KUMI「JAPONESQUE」

2012/01/25

[CD]

¥5,616(税込)

JAPONESQUE
KODA KUMI「JAPONESQUE」

2012/01/25

[CD]

¥5,616(税込)

JAPONESQUE
KODA KUMI「JAPONESQUE」

2012/01/25

[CD]

¥8,640(税込)

Love Me Back
倖田來未「Love Me Back」

2011/11/30

[CD]

¥2,808(税込)

Love Me Back
倖田來未「Love Me Back」

2011/11/30

[CD]

¥1,080(税込)

Love Me Back
倖田來未「Love Me Back」

2011/11/30

[CD]

¥1,944(税込)

愛を止めないで
倖田來未「愛を止めないで」

2011/09/21

[CD]

¥1,080(税込)

愛を止めないで
倖田來未「愛を止めないで」

2011/09/21

[CD]

¥1,296(税込)

愛を止めないで
倖田來未「愛を止めないで」

2011/09/21

[CD]

¥1,944(税込)

4 TIMES
KODA KUMI「4 TIMES」

2011/08/17

[CD]

¥3,240(税込)

4 TIMES
KODA KUMI「4 TIMES」

2011/08/17

[CD]

¥1,296(税込)

4 TIMES
KODA KUMI「4 TIMES」

2011/08/17

[CD]

¥2,160(税込)

恋のうた ~あいたくて~
(V.A.) 倖田來未 ICONIQ Lily. BENI mihimaru GT TEE SoulJa「恋のうた ~あいたくて~」

2011/06/22

[CD]

¥2,365(税込)

POP DIVA
KODA KUMI「POP DIVA」

2011/02/02

[CD]

¥1,080(税込)

POP DIVA
KODA KUMI「POP DIVA」

2011/02/02

[CD]

¥1,944(税込)

ぜんぶ恋がかなう歌 ~歌詞伝説~
(V.A.) FUNKY MONKEY BABYS 倖田來未 SEAMO スキマスイッチ Aqua Timez UVERworld AZU「ぜんぶ恋がかなう歌 ~歌詞伝説~」

2011/01/26

[CD]

¥2,592(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    ビルボードライブの新店舗が2020年春に横浜でオープン 歴史建造物をリノベーション

  2. 2

    BTS (防弾少年団)、『ザ・シンプソンズ』に登場

  3. 3

    Billboard Japan Hot 100

  4. 4

    乃木坂46衛藤美彩、両国国技館にてソロコンサートを開催 「本気で何度も辞めようと」

  5. 5

    アリアナ・グランデ、ワールド・ツアー初日公演を終えた心境を明かす

HOT IMAGES

注目の画像