Billboard JAPAN


Special Contents

“ライブを見てほしい”--「キンモクセイ」で注目のオレンジスパイニクラブのロングインタビュー



オレンジスパイニクラブインタビュー

 10代前半から活動を共にしてきたオレンジスパイニクラブ(兄ユウスケと弟ナオトのスズキ兄弟、ナオトと幼馴染のゆっきー、そしてバンド脱退→再加入したゆりと)は、上京して2年足らずの今年7月以降、1stミニ・アルバム『イラつくときはいつだって』に収録される「キンモクセイ」がTikTokや音楽ストリーミングサービスを中心に好調な動きを見せている。CDセールスやストリーミング再生回数、ダウンロード、動画再生回数など8つの指標を合算したBillboard JAPAN総合ソング・チャート“JAPAN HOT 100”で「キンモクセイ」は最高20位(2020/10/19付け)、ストリーミング・チャートでは最高13位(2020/9/7付け)を記録しており、ここ最近はカラオケ指標でも順位を上げていることから、今後さらに順位を伸ばしていくことが期待される。
 肩肘張らないゆるさが感じられる「キンモクセイ」には、ドキッとするような甘酸っぱい青春が詰まっており、どこかで見た青春映画のワンシーンがこの約4分間の楽曲の中で追体験できる。オレンジスパイニクラブは11月4日に早くも2ndミニ・アルバム『非日常』をリリースすることを発表。“ライブありきのオレンジスパイニクラブ”と語る彼らのインタビューをどうぞ。
 写真左から:ゆっきー、スズキユウスケ、スズキナオト、ゆりと

――今年の1月に『イラつくときはいつだって』を出されて5月にサブスク解禁されましたが、それまで皆さんは福島県で活動されていたんですよね?

スズキナオト:出身は茨城なんですけど、ホームのライブハウスは福島でした。

――上京したのはいつ頃ですか?

ゆっきー:一度高校卒業のタイミングで俺とゆりとが上京したんですけど、失敗しまして……

――失敗の原因を伺ってもいいですか?

ゆっきー:(スズキ兄弟を指さして)一向にこの2人が出てこなくって。「俺たち後から行くから」って言われて先に東京に行かされたんですけど、2年ぐらい来なくて。そうしたら、ゆりとが脱退しちゃったので、俺は茨城に帰ったんです。謎の2年でした(笑)。

――その間、お二人は何をされてたんですか?

スズキユウスケ:家でぼんやりしてました。

全員:ハハハ(笑)!

――地元には「お互い東京でデビューしようぜ」というようなバンド仲間はいたんですか?

スズキナオト:いなかったですね。

――では茨城では、少数派というか、数少ないバンドだったんですね。

ゆっきー:周りにはいなかったですね。水戸に行けばもうちょっといるかもしれないですけど、俺らの近くにはいなかったです。

――音楽で生きていきたい、音楽に集中したいと思い始めたのはいつ頃ですか?

スズキナオト:ゆりとがバンドに戻ってきた頃に、今の事務所に所属することになったから……最近だ!

スズキユウスケ:2年ぐらい前だ。

スズキナオト:それまでは趣味というか、逃げ道だったんですけど、その頃から真剣に音楽をやりたいなと思い始めました。

――ご家族や周りの方たちの反対はありませんでしたか? 周りに音楽をやっている人がいないようなところだと、上京するのもなかなか難しそうですが……

スズキナオト:全然反対とかされなくて、半分諦めみたいな感じでした。

――これまでタワーレコードさんで全国流通はありましたが、5月のサブスク解禁をきっかけに、もっと全国的に聞かれるようになったと思います。TikTokでもたくさん「キンモクセイ」が使われていますが、急に今の流れになって、正直、今のお気持ちは?

スズキナオト:名前がナオトなので、インティライミってあだ名で呼ばれてる時期があったんですけど、そのナオト・インティライミさんが「キンモクセイ」をカバーしてくれて、すごくうれしかったです。

スズキユウスケ:やっぱり最初は嬉しかったですね。話題になって、いろんな人が聞いてくれて、シンプルに嬉しいなって。

ゆっきー:だんだん俺たちの手には負えなくなってきたね。

――TikTokユーザーは中高生といった若年層が多く、リサーチをすると、TikTokで流行る音楽にはエモさと共感性が関係しているようなのですが、みなさんは「キンモクセイ」のどこがユーザーにヒットしたと思いますか?

スズキユウスケ:サビの<ビビッときてるよ>が耳に残るんじゃないかな?

ゆっきー:<握ってたいのはスマホじゃない あなたの右手だ>もじゃない?


――この曲のミュージックビデオは2018年の12月に公開されていますが、曲ができたのもこの頃ですか?

ゆっきー:夏くらいにできていて、秋に出そうって話をしていたんですけど、ズルズル延びて、結局冬になったんです。

――この曲を作られたのはナオトさんですが、作られた時のことを覚えていますか?

スズキナオト:めっちゃ覚えてます!

――それはもう、ビビッと来たんですか?

スズキナオト:ほんとにそうなんです! メロディーを思いついたときにマジでいいなって、ビビッと来たので、それをそのまま歌詞にしたんです。

ゆっきー:へえ、そうだったんだ。

スズキナオト:もうホントに最高って思って、歌詞にも<最高>って入れて(笑)。曲ができてすぐにメンバーにデモを送りました。

――メンバーのみなさんはデモを聞いたときのことを覚えてますか?

スズキユウスケ:覚えてますね。バイト中だったんですけど、デモを聞いたときは「これはCMの話が来るぞ」って思ったんですけど……来なかったですね~。

全員:来なかったね~(笑)。

ゆっきー:それまでミュージックビデオを出したこともなかったんですけど、この曲でミュージックビデオを作って、しっかりバンドとしてやっていくんだって意識しました。曲ができたときは、ゆりとがバンドに戻ってくる前だったので不在だったんですけど……

ゆりと:でも、デモが送られてきて、「これをやるから戻ってきてくれ」って言われました(笑)。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. ライブの煽りに向いてないですね、僕たちは
  3. Next >

ライブの煽りに向いてないですね、僕たちは

――金木犀について調べてみたところ、甘い匂いを放つことから、花言葉に「陶酔」や「初恋」など素敵な言葉がいっぱいありました。こういった要素も曲を作ったときに参考にされたんでしょうか?

スズキナオト:いや、全然そういうことは考えてなくって、実家の庭になってる小さな金木犀の木を見て命名したんです。

――そうだったんですか。甘酸っぱい青春が感じられる一曲ですが、これはナオトさんの実体験を基に作られたんですか?

スズキナオト:いや、想像で10代っぽい世界観を曲にしました。青春してなかったんで、ちょっとした憧れもありますね。

――学生時代は何をされていたんですか?

ゆっきー:俺とナオトは小・中学校が一緒で、中学2年生くらいから一緒に音楽をやっているんですけど、高校時代は普通に過ごしてました。

スズキユウスケ:俺は途中で高校を辞めちゃって、やることがなかったんですけど、ナオトたちに誘われてバンドに入りました。

ゆっきー:ゆりとだけ、家が遠くて……なんとなく充実してたな。

ゆりと:僕はバイトして、恋愛して、わりと青春してました(笑)。中学3年生とか高校1年のときにみんなと出会ったんですけど、福島県に住んでたので、バスで3時間くらいの距離があったんです。

――どうやって知り合ったんですか?

ゆりと:もともと別のバンドで活動していて、対バンしたときに知り合いました。カッコいいなって思ってて、ちょうどドラマーがいなかったので「入れて!」ってDMを送ったんです。

――ライブで演奏していて好きな自分のパートはありますか?

スズキユウスケ:やっぱりボーカルがいいですよね~。

全員:(無言)

スズキユウスケ:いや~、ボケたんだから、突っ込んでよ!

ゆりと:僕は「眠気」のパートが好きです。ただ8ビート叩いてるだけなんですけど、ゆったりしている雰囲気が好きですね。最近、その面白さを感じるようになりました。

ゆっきー:俺は「デイリーネイビークレイジー」の2Aメロのところで調子に乗ってスラップしてるところがあるんですけど、そこが好きです。下手なんですけど……

スズキナオト:20回ぐらい録り直してたもんね。どんだけやるんだろうって思ってた。

ゆっきー:そこだけ何回も録り直したんですけど、結局できなくて、「もう、これでいいや!」って(笑)。

――(笑)。そんな裏話があったんですね。ナオトさんはどうですか?

スズキナオト:「敏感少女」はやっていて楽しいですね。

――「敏感少女」もバンドとして魅力が伝わる一曲だと思います。だんだんと変わっていくサマが聞いていて楽しいですし、絶対ライブで盛り上がる曲ですよね。

スズキユウスケ:必ずライブでやりますし、大切な一曲ですね。


――この曲で勢いよくアルバムは終わりますが、ライブ中も「盛り上がってるな~」って手ごたえを感じますか?

スズキユウスケ:ライブでも最後にやる曲なんですけど、「揺れてるな~」くらいですね(笑)。

――ライブ中は煽ったりしないんですか?

スズキナオト:全然しないです。

――てっきり盛り上げたい派かと思いました。

スズキナオト:自分が観客の時に「声出せ~!」とか「飛べ!」って言われても、恥ずかしくてできないので、自分たちはなるべく煽らないようにしてます。たぶん煽りに向いてないですね、僕たちは。

ゆっきー:一生やらないだろうね。

――そうでしたか。ユウスケさんにも、ボーカル以外で好きなパートをお聞きしたいです。

スズキユウスケ:いやいやいや(笑)。でも、アルバムを通して強弱は心がけました。後々聞いたときに、そんなに変化は感じられなかったんですけどね。再録の3曲(「キンモクセイ」、「タルパ」、「敏感少女」)はまた歌えて楽しかったです。

――この再録曲は原曲から大きく変えましたか?

ゆっきー:テンポだけで、そんなに大きく変えてないですね。「キンモクセイ」と「タルパ」は原曲より遅いんですけど、その時のバンドのテンポが遅めだったんだと思います。

ゆりと:意識して遅くしたわけではなくて、ライブでは毎回テンポが違って、そのテンポ感がそのままレコーディングされたって感じです。

――「キンモクセイ」はテンポをスローにしたことで、歌詞に注目できる余裕をリスナーに与えられたのではと思います。

スズキナオト:そこは少し意識したんですけど、「前のほうが良かった」って意見が大半で……

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. ライブで、生で聞いてほしい
  3. Next >

ライブで、生で聞いてほしい

――「眠気」でちょっと気になったのが、<あんたあの娘のなんなのさ>という歌詞なんですけど、これは「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」へのオマージュでしょうか?

スズキナオト:あぁ~今思えば、そうかもしれないです。見たり聞いたりして影響を受けたものを結構オマージュするほうなので、その可能性はあります。いろいろ影響されやすいんです。

――みなさんの音楽に影響を与えたアーティストさんはどなたですか?

スズキナオト:一番好きで影響されたバンドはThe ピーズです。

ゆっきー:あと、BUMPとか。オレンジスパイニクラブになる前に、KiNGONSっていうパンクバンドに全員がめっちゃ影響されて、それからパンクをやるようになりました。

――パンクとなると、“鳴らしたい”願望があったんでしょうか?

スズキナオト:最初はそうでしたね。

ゆりと:(音が)デカければ勝ち、テンポも早いもの勝ち、みたいな。

スズキユウスケ:今もちょっとパンクに憧れはあります。

スズキナオト:ホントは革ジャン着て、ピッチピチのズボン履いてやりたいよね(笑)。

――(笑)。それを考えると、最初の頃のライブは今より音が大きめですか?

スズキナオト:ライブの音は昔からデカいままで、あまり変わってないですね。ただ音源は変わってきてます。

――CDやストリーミングで聞く音とライブで聞く音では全く違う姿が見られて、面白そうですね。ライブ前のルーティーンはありますか?

スズキユウスケ:屈伸くらいですかね~。

スズキナオト:たまにやってるね。僕はコーヒーを飲んでた時期があったんですけど、後半ダメになってしまうことが多くてやめました。

ゆりと:俺は……手を洗うくらい(笑)。滑り止め程度に。

――(笑)。ライブに対する姿勢で昔より変わったところはありますか?

ゆっきー:僕は昔より緊張するようになりました。

スズキユウスケ:もう緊張で全部持ってかれちゃうよね。でも目の前にいるお客さんは大切にしようとは思ってます。

スズキナオト:俺は逆に緊張しなくなったな。

――ゆりとさんはステージの後ろでメンバーを見ていて、何か気付くことはありますか?

ゆりと:そうですね、ずっと背中ばっかり見てきたんで、成長したなって思ってます。

全員:ハハハ(笑)!

ゆりと:立ち姿は前とは違うって感じてます。ゆっきーは緊張してるときがモロ分かりで、こっちばっかり見るんですよね。

ゆっきー:基本的に正面向かないんですけど、緊張していると、だんだん体の向きがドラムよりに……

ゆりと:ユウスケさんはトークがバンバン決まるときは調子がいいなって思います。

スズキナオト:そうだね、調子がいいときはスベリ知らずだね。

ゆっきー:俺分かるんだけど、ナオトは緊張してるというか、気持ちがノッてないときは、MCで全然喋んないよね。

スズキユウスケ:そう、一言も喋んない。

ゆっきー:二人の掛け合いが結構面白いんですけど、ナオトが停止するんです。そうなると全然面白くないんですよ。そういうときは俺がたまに話すんですけど、ナオトが話さないときは、マジでヤバいです。

スズキユウスケ:そこは後でゆっくり二人で話そうな。

全員:ハハハ(笑)!

――マイナスなところばかり聞いちゃいましたが、逆にいい点はどこだと思いますか?

ゆっきー:ずっと一緒にやってるんで、フィーリングで伝わるところはあります。どうやって曲を終えるかを考えずにライブをしたことがあるんですけど、意外と上手くいきました。

スズキナオト:ミスったことないよね。

スズキユウスケ:リハでササッと決めるときもありますけど、ガッツリ決めちゃうと逆にライブが固くなっちゃう気がします。

ゆっきー:逆にミスる。

ゆりと:それに決めたこと忘れちゃうしね。

――確かに、段取りを決めちゃうとそういうことが起こりそうですね。ライブだからこそ見せられるみなさんの魅力もあると思います。

スズキユウスケ:音源とライブでは差別化を図りたいって思ってます。ライブ会場に来てもらって初めて俺たちの音楽を知ってもらえるというか……

スズキナオト:俺たち、ライブだと前奏が下手なんで、そこも聞いてもらいたいです(笑)。

スズキユウスケ:音源でも下手だけどな(笑)。それこそ「キンモクセイ」とか、曲だけ聞いて評価してほしくないというか、ライブで、生で聞いてほしいっていう思いがあります。

――音源で聞かせるモノが全てではないってことですね。

スズキユウスケ:そうですね、そこは自信を持って言えます。

ゆっきー:コロナでライブができなかったときは、それこそ音源だけで評価されてしまって、ライブを見てほしいけどできない状況が続いたので、どうしようって思っていた部分もありました。

スズキユウスケ:ちょっと焦りは感じましたね。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 全部新曲でプレッシャーはあるけど…
  3. Next >

全部新曲でプレッシャーはあるけど
早く聞いてもらいたい

――7月23日に開催された無観客配信ライブの感触はいかがでしたか?

スズキナオト:すごく緊張しました。今までで一番緊張したかも。

スズキユウスケ:俺も緊張した。いつもと違う感じで、目の前にお客さんがいれば、なんとなく気が楽になるというか……見えないところでお客さんに見られているのがもう怖くて……泣きそうでした。

ゆっきー:お客さんの反応が見えないのが一番キツイよね。

スズキユウスケ:トークの反応も何も返ってこないし。

ゆっきー:お客さんのほうも配信してほしいよね。みんなの顔が見えれば、安心できそう。

――このステイホーム期間中やここ最近で配信されたライブもご覧になりましたか?

スズキナオト:ユタ州っていうバンドの配信ライブを見ました。ライブ配信じゃないですけど、コロナ期間中はミスチルとかスピッツとかBUMPのライブ映像がフルで公開されてて、あれはすごく良かったです。

――キャパシティを半分にしたり、無観客配信をしたりと、いろいろな方法でライブを行っていくと思いますが、新作などに向けて動いていらっしゃいますか?

スズキユウスケ:またミニ・アルバムを出します。締切ギリギリに作るタイプなので、フルだと絶対に間に合わないだろうと思って、8曲入りの作品になりました。

スズキナオト:今までとは若干ニュアンスが違う楽曲も入ってます。

スズキユウスケ:全部新曲でプレッシャーはありますけど、早く聞いてもらいたいです。

――最近はデジタル配信だけの作品もたくさんありますが、やっぱりCDとしてフィジカル・リリースしたいっていう希望はありますか?

スズキユウスケ:それはあります。

ゆっきー:基本的にCDを出すつもりなので、買って聞いてもらいたいです。

――新作の発表も楽しみにしてます。最後にオレンジスパイニクラブとしての目標を教えてください。

スズキユウスケ:これからの状況にもよりますけど、日本武道館には行きたいなって思ってます。武道館行けたら……それでもういいや(笑)。

スズキナオト:(笑)。タイアップとか、幅広い活動をしていきたいですね。

ゆりと:TikTokもそうですけど、僕たちのコードやメロディーに興味を持ってくれた人たちが、今後そのコードを使ってくれたり、僕たちの音楽を参考にしてくれたりしたら嬉しいです。かすりバンドじゃないですけど、ちょっとでも影響を与えていたら嬉しいですね。

スズキユウスケ:とにかく歌を聞いてほしいです。伝えたいことは全部歌に詰め込んであるんで、ぜひ聞いてください。いやぁ、なんか恥ずかしいな!


サイン入りインスタント写真をプレゼント

写真

取材時に撮影したオレンジスパイニクラブのサイン入りインスタント写真を抽選で1名様にプレゼント!
Billboard JAPANの公式Twitterアカウント(@Billboard_JAPAN)をフォロー&ハッシュタグ#オレスパ_BBJをツイートして、応募完了です。下記注意事項をご確認の上、ふるってご応募ください!

・応募締め切り:2020年10月25日(日)23:59
・当選者の方には、@Billboard_JAPANよりDMをお送りします。当選時に@Billboard_JAPANをフォローされていない場合、当選は無効となります。

関連キーワード

TAG

関連商品

非日常
オレンジスパイニクラブ「非日常」

2020/11/04

[CD]

¥1,980(税込)

イラつくときはいつだって
オレンジスパイニクラブ「イラつくときはいつだって」

2020/01/22

[CD]

¥1,980(税込)

under20
The ドーテーズ「under20」

2017/02/24

[CD]

¥1,579(税込)

非日常
オレンジスパイニクラブ「非日常」

2020/11/04

[CD]

¥1,980(税込)

イラつくときはいつだって
オレンジスパイニクラブ「イラつくときはいつだって」

2020/01/22

[CD]

¥1,980(税込)

under20
The ドーテーズ「under20」

2017/02/24

[CD]

¥1,579(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    米津玄師「感電」MV公開企画が国内最大のクリエイティブアワードでグランプリ受賞

  2. 2

    野田洋次郎、illionやRADWIMPSを披露するスペシャルライブ公開

  3. 3

    LiSA、「炎」が米ビルボード・グローバル・チャートTOP10入り

  4. 4

    小坂菜緒(日向坂46)、等身大の『BRODY』ロンググラビアより掲載カット特別公開

  5. 5

    【ビルボード】LiSA「炎」ストリーミング首位獲得、週間再生回数の歴代記録を更新

HOT IMAGES

注目の画像