Billboard JAPAN


Special Contents

奥華子 15周年記念ベストアルバム『ALL TIME BEST』インタビュー 「歌うことは“自分を保つためのもの”」



きっと誰もが耳にしたことがあるであろう、その歌声。今年でデビュー15周年を迎えた奥華子が11月13日に発売する3枚組アルバムCD『奥華子ALL TIME BEST』に収録された曲たちには、聴く者の性別や年齢を問わず、誰もがどこかで経験した思いに心を揺さぶられるはず。そして、時代を問わず普遍的な響きを持つそれらの楽曲からは、路上ライブからスタートしてキャリアを積み重ねてきた彼女が、いかに誠実に音楽と向き合ってきたのかが伝わってくる。15年間の活動で生み出された曲たちを振り返りつつ、初めて劇伴を務め、同時発売される映画『殺さない彼と死なない彼女』サウンドトラックの話も含めて話を訊いた。

取材・文:岡本貴之

失恋ソングでも、逆にハッピーにさせられるパワーがあるんだなって

――デビュー15周年ということで、これまでの活動を振り返る機会も多いと思います。奥さんにとって、15年という月日は長かったですか? 短かったですか?

奥華子:そうですね…大人になってからの15年って、そんなに変わらない感じがするというか、子どもの頃の15年よりは短いですよね。でも振り返ってみると、長かったんだなって思います。

――作ってきた曲を振り返ると、その時々の気持ちが甦ってくるものでしょうか。

奥華子:このベスト盤を出すにあたって、選曲と曲順も全部自分でやったので、改めて色んなことを思い出しますね。アルバム10枚を出してきて、毎回なかなか曲ができなくて、毎回大変な感じがあって。すごく追い込んで追いこんで、色んなものを犠牲にしてきた気がするんですけど(笑)でも、その代わりにこの曲たちができたんだと思うので。すごく大切な宝物なんだなっていうことを実感しました。

――ベスト盤の全44曲を聴かせていただいて思ったのは、聴いてすぐに奥さんの曲だなってわかるのがすごいなと。それと、デビュー当時からそれほど声も変わっていないような気がするのですが。

奥華子:歌っている内容とか曲調も含めて、たしかにあまり変わらないですね。ただ、声は変わってると思いますよ。「若いな~!」とか思いますし(笑)

――それは失礼しました(笑)CD3枚組44曲というボリュームでのリリースとなりますが、どのような分け方で3枚にしたのでしょうか。

奥華子:本当は、2枚組ぐらいに考えていたんですけど、なかなか収まり切らなくて。自分が入れたい曲をピックアップしていったときに、シングル曲だからとかタイアップソングだからとか関係なく、自分が残したい曲を選んだんです。そうしたら44曲に絞られたんですけど、それをどうやって3枚に分けようかと思ったときに、「失恋ディスク」「ハッピーディスク」「人生ディスク」とかっていう分け方も考えたんですけど、そうするとかなり似た曲がずっと続くので、もうわからなくなるなと(笑)それにカテゴリー分けしてしまうと、1曲1曲の価値が薄まる感じがして。並べたときにもう少し曲が活きる違うテーマで分けられないかを改めて考えたんです。

私の曲は今回の新曲「はなびら」やデビュー曲の「やさしい花」にあるように、「花」がつくタイトルがすごく多いんです。だいたい、歌詞の中で“儚いからこそ美しい”という象徴として使っている言葉が多くて。じゃあ、それをテーマに曲を集めたら結構あるのかなということがあってディスク1を『花HANA』にしました。それと、いつもそこにいてくれるものの象徴として「空」があって。遠距離恋愛とか、過去の恋愛だったとしても、心の中にずっと変わらずにいるものとしての『空SORA』。あとは闇があるからこそ見えるもの、悲しみとかつらいこと、マイナスなイメージだけど、でもじつはそこがあるからこそ、優しくなれたりとか強くなれること。どんな経験もすべては無駄じゃないって思える曲が『月TSUKI』に集中していて。そういう風に分けたら、それぞれ1つの新しいアルバムとして生まれ変われるような気がして、こういう選曲の3枚にしました。


▲『奥華子 ALL TIME BEST』ダイジェスト映像

――多くの曲は、ご自身の経験から作られるドキュメンタリー的なものなのでしょうか?

奥華子:全部が自分の実体験そのまま、という曲もあるんですけど、実体験をもとにそれをもっと膨らませたりとか、逆の立場で「彼はこういう気持ちだったのかな?」って、男性目線で書いたりとか、色々ですね。一番は「こういうことを言いたい」「この歌詞を言いたい」という部分があって、それがより伝わるにはどういう曲を書いたらいいだろうかっていう風に作って行くことが多いので、フィクションの部分も多いです。

――『花HANA』の中盤で、「恋つぼみ」「二人記念日」「ガラスの花」と続いてますよね。この3曲は“僕から君へ”という目線の曲ですが、意識的にこういう並べ方にしたんですか?

奥華子:ああ~、曲順は歌詞というよりは耳馴染みで決めたんです。この後にこういうイントロが来て欲しいなとか、明るい曲調が欲しいなとか。なので、「僕」「私」という視点で並べたということではないですね。

――そうした結果、たまたまこの3曲繋がったという。

奥華子:そうですね、歌の内容というよりは、アルバムとしての流れで並べてます。そう言われてみれば、逆に繋がってて良かったです(笑)


――男性目線の曲って、男性ファンからはどういう反響がありますか。

奥華子:男性だからこそわかる繊細な部分ってあるんですよ。私も、純粋で繊細な曲を作りたいときには、男性目線で作ることが多いんです。より、リアルに感じるんですよね。やっぱり、女性の方が強いじゃないですか?

――はい、そう思います(笑)

奥華子:ですよね(笑)だから、男性の方がより共感してもらえたりとか、思い引きずっていたりとかっていうことはありますね。

――確かに、女性目線で歌われている曲でも、すごく心を寄せられます。それが男性目線で歌われるときに、奥さんはどういう気持ちで歌ってるのかなって気になりました。

奥華子:音楽ってすごく不思議だなって思うんですけど、女性目線のすごく悲しい曲でも、男性が聴くと「あのとき僕はこんな思いをさせてしまっていたんだな」って気付いたということを、言われることがあるんですよ。彼女にそういう思いをさせてしまっていたという後悔とか。それと、カップルでライヴに来る人は、喧嘩してたけど、奥華子の暗い曲ばかり聴いて、「絶対こういう風にはなりたくない!」って、仲直りしましたという声があったりとか(笑)逆の効果もあるんだなって思いました。そういう声を聞くと「よかったな~!」って思います。役に立てたなら、そう言ってもらえるだけでありがたいですね。失恋ソングでも、逆にハッピーにさせられるパワーがあるんだなって思いました。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 本当に、たった一人でいいんだなって思うんですよ
  3. Next >

本当に、たった一人でいいんだなって思うんですよ

――「初恋」の歌詞には、“あなたは友達 今日から友だち そう自分に言い聞かせてみるよ”という歌詞があります。奥さんは実際に、失恋した後も友だちでいられる方ですか?

奥華子:う~ん、人にもよるんですけど、二度と会いたくなくて一生会わないという人もいれば、逆に好きなまま別れたような感じで、また会うんだろうなという人もいます。だから、そのときにどういう別れ方をしたかによりますよね。でも基本は過去ですから、会わないですよね。


▲「初恋」

――つい、曲を聴いてると奥さんご自身の恋愛事情を尋ねたくなってしまうんですけど(笑)それだけ自分を全面に出して歌にしているような気がして。

奥華子:ははははは(笑)私もすごく気付いたんですけど、失恋の実体験を元に書くことは多いけど、例えば「初恋」なんて、ものすごくストーカー的に相手を追っていて未練が凄いんですけど、実際の私はちょっと違うなと思ったんです。だいたい私からすごく好きになって、自分から好きじゃなくなっちゃうことが多いんですね。幸せになって満たされると物足りなくなるというか、相手が追いかけてくると嫌になるみたいな。そういう意味で言うと、「初恋」は男性の気持ち、相手の気持ちを歌っている部分もあるのかなと思います。

CD
▲「スターチス」収録
『プリズム』

――それは結構、聴こえ方も違ってくるかもしれないですね。曲を作ったときの気持ちと、今の気持ちが違うということもあるんですか?

奥華子:ありますね。「私、こんなタイプじゃないよな?じゃあ誰なんだろう」とか。「スターチス」なんかは実体験ですけどね。学園祭で行った街が昔お付き合いした人がいた街で。懐かしいなと思って書きました。だから、実体験も妄想も色んなものが混ざってますね。

――曲作りは、日常的に思いついたフレーズを記録していたりするんですか。

奥華子:あんまりしないです。日常的じゃなくて、例えばアルバムを作るために新曲を書かなきゃっていうモードのときは、「何かないかな?」って本屋さんに探しに行ったりします。あとはネットとか。

――そういう時代の変遷も15年の間にありますよね。

奥華子:ありますよね。歌詞の中にも古くて現代ではあまりやらない事とかもあります。今は写真ををメールで送れるけど“手紙にそえてあった写真”(「めぐり逢う世界」)とかありますから。

――ただ、それほど時代とか場所とかをはっきり特定するような言葉はそんなにない気がしました。だから普遍的に聴けるんじゃないかなって。

奥華子:ああ、確かに。アレンジを含めてそんなに時代を感じるものは少ないかもしれないですね。あるとすれば、「シンデレラ」の、“「新着メールはありません」の文字だけ 光ってる”という歌詞。「これは何のことを言ってるのかな?」っていう時代になっちゃうのかなって(笑)時代を感じるというのはそういうことですよね。そういう意味ではあんまりないですね。


▲「シンデレラ」

――『空SORA』の1曲目「シンデレラ」の歌い出しを聴くと幸せな曲かと思ったら、“魔法が解けたシンデレラ”ということで、やはり切ない曲ですね。

CD
▲「10年」「道」収録
『君と僕の道』

奥華子:基本、切ない曲が多いんですよね。なんで『空SORA』なの?って思う人もいると思うんですけど、私はこの曲を『空SORA』のイメージだなって思ったんです。実際に「空」という歌詞が出てくる曲もあれば、まったく出てこない曲もあるんですけど、空って見上げればどこにでもいてくれるものだから。失恋ソングだとしても、もう別れたけどいつでも心の中にいてくれる誰かとか、繋がっている友だちとか、そういうテーマで選んでみました。

――「10年」「道」は、とくにそういうイメージを象徴している気がします。どちらも和のテイストを感じるアレンジの曲ですね。

奥華子:「道」は、結構マニアックな曲というか。今回、ベストアルバムなのに、シングル曲が8曲ぐらい入ってないんですよ。それを差し置いて入ってきたという曲で。アレンジを含めてこういうテイストって他にないという理由で入れています。

――『月TSUKI』は「あなたに好きと言われたい」から始まりますが、結構重いですね。

CD
▲『あなたに好きと
言われたい』

奥華子:重いですよね(笑)

――この曲はズシッと重い気がするんですけど、多くの曲は失恋の曲でもあまり重たい感じは受けないのは、奥さんの声質があるのかなと思います。

奥華子:それはよく言われます。声がすごく明るいから、あんまり重く感じないけど、歌詞だけ見ると本当に怖いねって言われたりとか(笑)。『月TSUKI』は奥華子の真骨頂というか、悲しい事とか辛いこと、マイナスに捉えがちだけど、悲しみがあるからこそ今があると思える、光が見えるディスクなのかなって思います。

――そのディスクの最後に「迷路」を入れた理由ってありますか。

CD
▲「めぐり逢う世界」
「迷路」収録
『恋手紙』

奥華子:「迷路」を最後にするというイメージはなかったんですけど、この曲のテーマとして「たった一人でいいから 私の味方が欲しかった」という歌詞があって。新曲の「はなびら」も、誰か一人に出会うことで、自分の人生は変わるっていうテーマがあるんですけど、そことすごく繋がっていると思ったんです。「奥華子の音楽って何かな」って振り返ったときに、孤独を歌いたいとずっと思っていたんですけど、でも孤独だからこそ誰かと繋がりたいと思えたり。本当に、たった一人でいいんだなって思うんですよ。自分が生きる意味、価値を探せるのは、一人の存在だけで十分なんだなっていうことが、どの曲にも共通している気がするんです。それをストレートに言っているのが、「迷路」なのかなと思って、最後の曲にしました。

――締めくくりの壮大な曲というよりは、思いを巡らせる隙間がある感じの曲ですね。

奥華子:そうなんですよね。最後の締めくくりの曲ではなくて、頭の「はなびら」に続いていって、繰り返していくところが良いかなって思います。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 通販番組のおかげで性格が前向きに?
  3. Next >

通販番組のおかげで性格が前向きに?

▲「はなびら」

――「はなびら」は映画『殺さない彼と死なない彼女』の主題歌として書き下ろした新曲ということですが、映画の劇伴も今回初めて手掛けていらっしゃいますね。

奥華子:最初に主題歌のお話をいただいたんですけど、私自身偶然『殺さない彼と死なない彼女』の原作を読んでいてすごく好きで、自分の歌詞の世界観と似ているなって勝手に思っていたんです。だからお話をいただいたときはすごく嬉しくて。それで初めて映画を観たときに小林啓一監督に「すごく綺麗な水みたいなイメージです」って伝えたんです。そのことがきっかけかどうかはわからないですけど、「是非、劇伴もやってもらいたい」と言っていただいて。小林監督さんは、これまでの映画でもあまり音楽をつけていなくて曲もそんなに多くないと聞いて、「だったら、頑張れるかも!」と思って引き受けました。

CD
▲『殺さない彼と死なない彼女
オリジナル・サウンドトラック』

――その結果、結構な曲数ですよね。

奥華子:21曲作りました。ものすごかったですね。大変だし、こんなに奥深いものなんだってことを知りました。全部、曲の分数と細かいイメージが決められていて、特に小林監督さんはBGMじゃない、セリフと一体化するような部分が欲しいということで、そこが一番難しかったです。後ろに切ない感じの曲、壮大な感じの曲が流れているというのは、一発でOKが出たんですけど、逆にそうじゃなくてなるべくピアノを弾かないシーンは何度も作り直しました。セリフを邪魔しないように、なるべく奏でない、音楽をしないというか。

――禅問答みたいな話ですね(笑)

奥華子:本当に(笑) 「果たしてそれは音楽なのか?」というところが難しかったです。でも結果「こういうことだったのか」ということが後でわかりましたし、音楽が違うことによってこんなにセリフの入って来方が違うんだなって。「音楽ってすごい」って思いました。ものすごく大変だった分、得られたものも大きかったですね。

CD
▲『奥華子ALL TIME BEST』
完全限定生産15th Anniversary
875BOX

――ベストアルバムと映画のサントラを合わせると60曲以上が一気に世に出ることになります。ベストアルバムには、豪華な『完全限定生産15th Anniversary 875BOX』もありますね。

奥華子:これは、華子を数字に置き換えた「875BOX」というのを、前回ベストのときにも作っていて、今回は2回目なんです。ずっと応援してくれているファンの方の記念に残るような豪華バージョンを作りたいなということで、3CD+Blu-ray+スペシャルフォトブック+オリジナルマルチスタンド+15周年記念奥華子バンダナ付きになっています。

――先日、LINE LIVEで通販番組的に紹介していましたよね(「奥華子の華ショッピング!」)

奥華子:そうなんですよ。3つの商品があってサントラもあって、店舗ごととかに特典も色々あってややこしいなって。それを直接自分で紹介したいなと思って、通販番組っぽくやりたいなと思ったんです。私、通販番組が好きで、そのおかげで性格が前向きになれたんですよ。


▲「奥華子の華ショッピング!」配信後のツイート

――通販番組のおかげというのは?

奥華子:通販番組って、1時間かけて1つの商品を紹介するんですよ。それで、良いことしか言わないじゃないですか?色んな角度から良いことを言っていて。人生ってなんでもそうだなって思うんですよ。注目すれば、誰だってどこにだって良いところはあるし、自分の見方次第なんだなって。通販番組の紹介の仕方、視点がすごく勉強になるんですよね。だから私、将来の夢は通販番組のナビゲーターなんです。

――本気ですか(笑)深夜に生放送で?

奥華子:そこがいいんですよ。「起きてるのは私だけじゃない」って思えるから。

――なるほど(笑)そんな夢もありつつ、今の奥さんにとって歌うことってどんなことなんですか。

奥華子:“自分を保つためのもの”ですね。歌を歌っているから、自分を認めてあげられるんです。それ以外、何もないと思っているから。昔からずっとそうで、変わらないですね。あれができない、これもないあれもない、だけど私は歌を作って歌っているって思えるから、自分を保てている気がします。歌っていない自分には自信が持てないから、そこをもうちょっと自信を持ちたいなと思ってます。

――15年間、曲を作って歌ってきたという自信はベストアルバムから伝わってきます。

奥華子:今回のアルバムのために選曲して並べたときに、「頑張ってきたんだな」って思えるし、「恥ずかしいものは1つも作ってないぞ」という自信は、もちろんあります。

――今後は、どんな活動を予定していますか。

奥華子:今回、15周年で一区切りと思って、年内いっぱいで来年以降は何も予定を決めてないんですよ。

――えっそうなんですか?

奥華子:そうなんです。活動休止って言葉にすると大げさなんですけど、そんな感じですね。別に歌をやめるとか、曲作りをやめるとは思っていなくて、今までやってきた活動の流れを一回止めたいなと思っています。


奥華子「奥華子ALL TIME BEST」

奥華子ALL TIME BEST

2019/11/13 RELEASE
PCCA-4828 ¥ 3,850(税込)

詳細・購入はこちら

関連キーワード

TAG

関連商品

奥華子の弾き語りダークナイト☆
奥華子「奥華子の弾き語りダークナイト☆」

2018/06/20

[Blu-ray Disc]

¥5,500(税込)

遥か遠くに見えていた今日
奥華子「遥か遠くに見えていた今日」

2017/05/17

[CD]

¥3,056(税込)

遥か遠くに見えていた今日
奥華子「遥か遠くに見えていた今日」

2017/05/17

[CD]

¥3,565(税込)

キミの花/最後のキス
奥華子「キミの花/最後のキス」

2017/02/22

[CD]

¥1,019(税込)

キミの花/最後のキス
奥華子「キミの花/最後のキス」

2017/02/22

[CD]

¥1,222(税込)

うたかた
奥華子「うたかた」

2010/08/18

[CD]

¥3,143(税込)

ガラスの花
奥華子「ガラスの花」

2010/08/04

[CD]

¥1,257(税込)

初恋
奥華子「初恋」

2010/03/17

[CD]

¥1,257(税込)

花火
奥華子「花火」

2009/08/07

[CD]

¥1,047(税込)

BIRTHDAY
奥華子「BIRTHDAY」

2009/07/15

[CD]

¥3,143(税込)

笑って笑って
奥華子「笑って笑って」

2009/06/03

[CD]

¥1,257(税込)

想いうた ~歌姫エール・ソングス
(オムニバス) KOKIA 奥華子 熊木杏里 広瀬香美 鬼束ちひろ 柴田淳 坂本真綾「想いうた ~歌姫エール・ソングス」

2009/03/18

[CD]

¥2,619(税込)

あなたに好きと言われたい
奥華子「あなたに好きと言われたい」

2008/11/19

[CD]

¥1,257(税込)

明日咲く花
奥華子「明日咲く花」

2008/07/23

[CD]

¥1,257(税込)

恋手紙
奥華子「恋手紙」

2008/03/05

[CD]

¥3,143(税込)

手紙
奥華子「手紙」

2008/01/23

[CD]

¥1,257(税込)

TIME NOTE
奥華子「TIME NOTE」

2007/03/21

[CD]

¥3,143(税込)

TIME NOTE
奥華子「TIME NOTE」

2007/03/21

[CD]

¥3,394(税込)

小さな星
奥華子「小さな星」

2006/11/29

[CD]

¥1,047(税込)

ガーネット
奥華子「ガーネット」

2006/07/12

[CD]

¥1,047(税込)

やさしい花の咲く場所
奥華子「やさしい花の咲く場所」

2006/03/01

[CD]

¥3,143(税込)

恋つぼみ
奥華子「恋つぼみ」

2006/02/15

[CD]

¥734(税込)

魔法の人
奥華子「魔法の人」

2006/01/18

[CD]

¥1,047(税込)

やさしい花
奥華子「やさしい花」

2005/07/27

[CD]

¥1,047(税込)

vol.best
奥華子「vol.best」

2005/04/20

[CD]

¥2,934(税込)

花火
奥華子「花火」

2004/08/26

[CD]

¥1,000(税込)

奥華子ALL TIME BEST
奥華子「奥華子ALL TIME BEST」

2019/11/13

[CD]

¥3,850(税込)

KASUMISOU
奥華子「KASUMISOU」

2019/03/20

[CD]

¥3,300(税込)

KASUMISOU
奥華子「KASUMISOU」

2019/03/20

[CD]

¥4,400(税込)

奥華子の弾き語りダークナイト☆
奥華子「奥華子の弾き語りダークナイト☆」

2018/06/20

[Blu-ray Disc]

¥5,500(税込)

遥か遠くに見えていた今日
奥華子「遥か遠くに見えていた今日」

2017/05/17

[CD]

¥3,056(税込)

遥か遠くに見えていた今日
奥華子「遥か遠くに見えていた今日」

2017/05/17

[CD]

¥3,565(税込)

プリズム
奥華子「プリズム」

2015/10/28

[CD]

¥3,163(税込)

プリズム
奥華子「プリズム」

2015/10/28

[CD]

¥4,185(税込)

楔 -くさび-
奥華子「楔 -くさび-」

2015/07/22

[CD]

¥1,100(税込)

君がくれた夏
奥華子「君がくれた夏」

2015/03/18

[CD]

¥1,320(税込)

君と僕の道
奥華子「君と僕の道」

2014/03/19

[CD]

¥3,143(税込)

君と僕の道
奥華子「君と僕の道」

2014/03/19

[CD]

¥3,600(税込)

初恋
奥華子「初恋」

2010/03/17

[CD]

¥1,257(税込)

花火
奥華子「花火」

2009/08/07

[CD]

¥1,047(税込)

BIRTHDAY
奥華子「BIRTHDAY」

2009/07/15

[CD]

¥3,143(税込)

笑って笑って
奥華子「笑って笑って」

2009/06/03

[CD]

¥1,257(税込)

明日咲く花
奥華子「明日咲く花」

2008/07/23

[CD]

¥1,257(税込)

恋手紙
奥華子「恋手紙」

2008/03/05

[CD]

¥3,143(税込)

手紙
奥華子「手紙」

2008/01/23

[CD]

¥1,257(税込)

小さな星
奥華子「小さな星」

2006/11/29

[CD]

¥1,047(税込)

ガーネット
奥華子「ガーネット」

2006/07/12

[CD]

¥1,047(税込)

やさしい花の咲く場所
奥華子「やさしい花の咲く場所」

2006/03/01

[CD]

¥3,143(税込)

恋つぼみ
奥華子「恋つぼみ」

2006/02/15

[CD]

¥734(税込)

魔法の人
奥華子「魔法の人」

2006/01/18

[CD]

¥1,047(税込)

やさしい花
奥華子「やさしい花」

2005/07/27

[CD]

¥1,047(税込)

vol.best
奥華子「vol.best」

2005/04/20

[CD]

¥2,934(税込)

花火
奥華子「花火」

2004/08/26

[CD]

¥1,000(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    【ビルボード 2019年間 HOT 100】米津玄師「Lemon」計5冠で日米ビルボード HOT 100史上初の2年連続制覇達成<12/6修正>

  2. 2

    Kis-My-Ft2、東京ドーム公演の模様がユニカビジョンで放映決定

  3. 3

    『BOURGEOIS MAGAZINE』カバーモデルにSixTONESのジェシー、イ・ハイ、 片寄涼太

  4. 4

    【ビルボード 2019年間 シングルセールス】AKB48がTOP3独占、乃木坂46、BTSが続く

  5. 5

    Spotifyが2019年の日本・世界の音楽シーンを振り返るランキングを発表

SPECIAL

インタビュー・タイムマシン

more

more

HOT IMAGES

注目の画像