Billboard JAPAN


Special Contents

ラウル・ミドン来日記念特集~その至高の歌とギタープレイに迫る

top

 華麗なカッティングとタッピングで操るアコースティック・ギターと、ダニー・ハサウェイを彷彿とさせるソウルフルな歌声。一度聴いたら忘れられない歌を紡ぎ続けているのが、“神の声”とも称賛されるラウル・ミドンだ。2005年にソロ・アーティストとしてメジャー・デビューして以来、その圧倒的なパフォーマンスで世界中の音楽ファンを魅了してきた。まもなくビルボードライブ公演を行う彼の足跡を、あらためて追ってみよう。

 ラウル・ミドンは、1966年に米国ニューメキシコ州のエンブドという街で生まれた。彼の名前から想像できる通りラテンの血が混じっており、父はアルゼンチン人、母親はアフロ・アメリカンである。ラウルは双子だったが、未熟児だったため兄弟ともに全盲となった。ラウルが最初に音楽と触れ合うのは4歳の時。フォルクローレのダンサーだった父親が、ラウルにドラムを与えた。その後、ギターを習い始め、マイアミ大学ではジャズを専攻した。

 1990年に大学を卒業したラウルは、セッション・シンガーとしての道を歩み始める。フリオ・イグレシアスやホセ・フェリシアーノ、クリスティーナ・アギレラといった大物から、マーク・アンソニーやシャキーラ、ルイス・フォンシのようなラテン・ポップまで幅広いジャンルでレコーディングに参加し、ライヴのサポートを務めた。シャキーラのツアーに参加した後の2002年、ソロ・シンガーとしての活動を行うためにニューヨークへ移住。そこでDJ兼プロデューサーのルイ・ヴェガと知り合い、彼のソロ・アルバム『Elements Of Life』(2003年)に大々的にフィーチャーされて一躍注目を集め、日本にもこのチームのツアーで来日した。また、スパイク・リー監督の映画『セレブの種』(2004年)にも楽曲提供するなど、その仕事ぶりは幅が広がっていく。

CD
▲『ステイト・オブ・
マインド』

 2005年にはユニバーサル・ミュージック傘下のマンハッタン・レコーズと契約。巨匠アリフ・マーディンとその息子のジョー・マーディンをプロデューサーに迎え、ファースト・アルバム『State Of Mind』でデビューする。本作は、ジャズやソウル、フォークから、ラテンやアフリカン・ポップにまで影響を受けた幅広い音楽性を提示するもので、ジェイソン・ムラーズとスティーヴィー・ワンダーという豪華ゲストでも話題を呼んだ。しかし本作の本質は、ラウルの声とギターだ。パーカッシヴに弾く躍動感に満ちたアコースティック・ギターと、ダニー・ハサウェイやビル・ウィザースを思わせる変幻自在の歌声を武器に、奔放に展開する楽曲群は実に新鮮で、音楽ファンから高く評価された。



▲ 「State of Mind」


CD
▲『世界の中の世界』

 2006年にはソロとしては初の来日公演を行ったラウルは、その翌2007年にセカンド・アルバム『A World Within A World』(世界の中の世界)をリリース。楽曲によってはミシェル・ンデゲオチェロやパキート・デリヴェラが参加したが、基本的にはラウルとジョー・マーディンの2人で作り上げた作品である。本作ではすでにラウルの渋みがにじみ出ており、アグレッシヴなギター・プレイだけでなく、多重コーラス、ラップ、マウス・トランペットといったヴォーカル・テクニックも駆使し、その才能の豊かさを見せつけてくれた。アンデス・フォルクローレ風のサウンドが聞けるのもユニークだ。

CD
▲『シンセシス』

 2008年には自宅兼スタジオを作り、いつでもレコーディングができるような環境を整えた。彼以外でもスタジオとして使用することができ、ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにも参加したキューバのピアニスト、ロベルト・フォンセカの傑作『Akokan』(2009年)もラウルの自宅スタジオで制作されている。そして、デッカに移籍した2010年にはこれまた名匠として知られるラリー・クラインとの共同作業により、サード・アルバム『Synthesis』を発表する。本作には、ラリー・ゴールディングス、ディーン・パークス、ヴィニー・カリウタ、パウリーニョ・ダ・コスタといった一流スタジオ・ミュージシャンが参加し、ラウルのプレイを支えた。シンプルなバンド・サウンドは耳馴染みもよく、AORやボサノヴァのテイストもあり、彼のアルバムで最もポップな作品に仕上がった。また、ビートルズの「Blackbird」をカヴァーしているのも聴きどころだ。

 2010年にはアルバムのリリースだけでなく、ロバータ・フラック、平井堅とともに日本武道館のステージに立つというスペシャルなイベントも行われた。そして、『Synthesis』の制作のために西海岸に引っ越したラウルは、しばらくツアーなどを行った後の2014年に、4作目のアルバム『Don't Hesitate』を自宅スタジオで制作する。コンテンポラリー・ジャズのレーベル、Artistry Musicに移籍しての本作は、シンプルながらも洗練されたサウンドで心地良い作品となった。ラウル自身のプロデュースのもと、リチャード・ボナやマーカス・ミラーといった強者ミュージシャンが参加し、ダイアン・リーヴスとリズ・ライトをデュエット相手に迎えている。また、ビル・ウィザースとの共作曲「Mi Amigo Cubano」や、ザ・フーのカヴァー「I Can See For Miles」も話題となった。



▲ 「Audiotree Live」


▲ 「Mi Amigo Cubano (Live)」


CD
▲『バッド・アス・
アンド・ブラインド』

 2017年には前作から3年ぶりとなる5作目のアルバム『Bad Ass And Blind』をリリースする。前作同様に洗練されたサウンドが特徴で、ジャズ、AOR、ニュー・ソウル、フォーキー・ソウルなどの要素が取り入れられた力作となった。本作もラウル自身がプロデュースを担当しており、冒頭からラップを披露するなど、相変わらずのラウル節を聴かせてくれる。サウンドはシンプルでありながら、メロウでポップなナンバーが中心で、ヴォーカル・パフォーマンスの圧倒的な存在感も健在。グルーヴィーなスティーヴ・ミラー・バンドの「Fly Like An Eagle」のカヴァーも見事で、この年のグラミー賞最優秀ジャズ・ヴォーカル・アルバム賞にもノミネートされた。

 もちろん、そのパフォーマンスもますます磨きがかかり、世界中のオーディエンスを魅了し続けている。まもなくビルボードライブ公演が行われるが、間違いなく盛り上がるはず。ぜひその目で、至高の歌とギターを楽しんでほしい。



▲ 「NPR Music Tiny Desk Concert」


 

 

ラウル・ミドン「バッド・アス・アンド・ブラインド」

バッド・アス・アンド・ブラインド

2017/03/10 RELEASE
KKP-1043 ¥ 2,500(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.バッド・アス・アンド・ブラインド
  2. 02.レッド、グリーン、イエロー
  3. 03.ペダル・トゥ・ザ・メタル
  4. 04.ウイングス・オブ・マインド
  5. 05.イフ・オンリー
  6. 06.サウンド・シャドウ
  7. 07.ジャック
  8. 08.ユー&アイ
  9. 09.オール・ザット・アイ・アム
  10. 10.ガッタ・ガッタ・ギヴ
  11. 11.フライ・ライク・アン・イーグル

関連キーワード

TAG

関連商品

世界の中の世界
ラウル・ミドン ジョー・マーディン ミシェル・ンデゲオチェロ ジェリー・バーンズ Franco Pinna Roberto Cachimuel Alex Alvear パキート・デリヴェラ「世界の中の世界」

2012/01/11

[CD]

¥1,543(税込)

ステイト・オブ・マインド
ラウル・ミドン Shedrick Mitchell ジョナサン・マローン ダニエル・サドウニック ジェイソン・ムラーズ ジョー・マーディン Richard Hammond リサ・フィッシャー「ステイト・オブ・マインド」

2012/01/11

[CD]

¥1,543(税込)

淑女の宝物
イダ・サンド ラウル・ミドン ジョー・サンプル スティーヴ・ガッド マシアス・ソレル ソビアス・ガブリエルソン アンドレス・ヘドランド ニルス・ラングレン「淑女の宝物」

2011/10/19

[CD]

¥2,700(税込)

ナイト・イン・モンテカルロ
マーカス・ミラー feat.ラウル・ミドン&ロイ・ハーグローヴ モンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団 ハービー・ハンコック アレックス・ハン DJロジック フェデリコ・ゴンザレス・ペーニャ プージー・ベル Damon Gupton「ナイト・イン・モンテカルロ」

2010/05/19

[CD]

¥2,700(税込)

シンセシス
ラウル・ミドン「シンセシス」

2009/10/07

[CD]

¥2,571(税込)

世界の中の世界
ラウル・ミドン「世界の中の世界」

2007/08/29

[CD]

¥2,365(税込)

世界の中の世界
ラウル・ミドン「世界の中の世界」

2007/08/29

[CD]

¥2,037(税込)

世界の中の世界
ラウル・ミドン「世界の中の世界」

2007/08/29

[CD]

¥2,365(税込)

世界の中の世界
ラウル・ミドン「世界の中の世界」

2007/08/29

[CD]

¥2,037(税込)

ステイト・オブ・マインド
ラウル・ミドン「ステイト・オブ・マインド」

2006/03/08

[CD]

¥2,571(税込)

ステイト・オブ・マインド
ラウル・ミドン「ステイト・オブ・マインド」

2006/03/08

[CD]

¥2,571(税込)

ステイト・オブ・マインド
ラウル・ミドン「ステイト・オブ・マインド」

2005/10/05

[CD]

¥2,037(税込)

ステイト・オブ・マインド
ラウル・ミドン「ステイト・オブ・マインド」

2005/10/05

[CD]

¥2,037(税込)

世界の中の世界
ラウル・ミドン ジョー・マーディン ミシェル・ンデゲオチェロ ジェリー・バーンズ Franco Pinna Roberto Cachimuel Alex Alvear パキート・デリヴェラ「世界の中の世界」

2012/01/11

[CD]

¥1,543(税込)

ステイト・オブ・マインド
ラウル・ミドン Shedrick Mitchell ジョナサン・マローン ダニエル・サドウニック ジェイソン・ムラーズ ジョー・マーディン Richard Hammond リサ・フィッシャー「ステイト・オブ・マインド」

2012/01/11

[CD]

¥1,543(税込)

世界の中の世界
ラウル・ミドン ジョー・マーディン ミシェル・ンデゲオチェロ ジェリー・バーンズ Franco Pinna Roberto Cachimuel Alex Alvear パキート・デリヴェラ「世界の中の世界」

2012/01/11

[CD]

¥1,543(税込)

ステイト・オブ・マインド
ラウル・ミドン Shedrick Mitchell ジョナサン・マローン ダニエル・サドウニック ジェイソン・ムラーズ ジョー・マーディン Richard Hammond リサ・フィッシャー「ステイト・オブ・マインド」

2012/01/11

[CD]

¥1,543(税込)

淑女の宝物
イダ・サンド ラウル・ミドン ジョー・サンプル スティーヴ・ガッド マシアス・ソレル ソビアス・ガブリエルソン アンドレス・ヘドランド ニルス・ラングレン「淑女の宝物」

2011/10/19

[CD]

¥2,700(税込)

ナイト・イン・モンテカルロ
マーカス・ミラー feat.ラウル・ミドン&ロイ・ハーグローヴ モンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団 ハービー・ハンコック アレックス・ハン DJロジック フェデリコ・ゴンザレス・ペーニャ プージー・ベル Damon Gupton「ナイト・イン・モンテカルロ」

2010/05/19

[CD]

¥2,700(税込)

シンセシス
ラウル・ミドン「シンセシス」

2009/10/07

[CD]

¥2,571(税込)

世界の中の世界
ラウル・ミドン「世界の中の世界」

2007/08/29

[CD]

¥2,365(税込)

世界の中の世界
ラウル・ミドン「世界の中の世界」

2007/08/29

[CD]

¥2,037(税込)

世界の中の世界
ラウル・ミドン「世界の中の世界」

2007/08/29

[CD]

¥2,365(税込)

世界の中の世界
ラウル・ミドン「世界の中の世界」

2007/08/29

[CD]

¥2,037(税込)

ステイト・オブ・マインド
ラウル・ミドン「ステイト・オブ・マインド」

2006/03/08

[CD]

¥2,571(税込)

ステイト・オブ・マインド
ラウル・ミドン「ステイト・オブ・マインド」

2006/03/08

[CD]

¥2,571(税込)

ステイト・オブ・マインド
ラウル・ミドン「ステイト・オブ・マインド」

2005/10/05

[CD]

¥2,037(税込)

ステイト・オブ・マインド
ラウル・ミドン「ステイト・オブ・マインド」

2005/10/05

[CD]

¥2,037(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    ICONIQ改め伊藤ゆみ グラビア初挑戦でまさかのヌード披露! 無邪気な内面も

  2. 2

    WEB公開ギリギリのヌード! グラドル&SSW“シンガーソングラドル”藤田恵名の際どいグラビア公開!

  3. 3

    HYUKOH、新作を引っさげた来日ツアーが超満員で終了 斬新な照明演出にも注目

  4. 4

    BTS (防弾少年団)のRM、「tokyo」など収録したプレイリストを10/23にリリース

  5. 5

    ICONIQから伊藤ゆみへ……30歳を迎え、美しくセクシーすぎる写真公開

HOT IMAGES

注目の画像