Billboard JAPAN


Special Contents

Xmas Eileen『Friday Night』No name(vo右)&No name(vo左)インタビュー



	Xmas Eileen『Friday Night』No name(vo-R)&No name(vo-L)インタビュー

無茶苦茶できない奴だけが残って音楽なんてやった日には……
「誰が楽しいんだろう?」と思うんですよね。

 顔なし名なしでどこでも誰とでもぶつかり合っていく狂った音楽集団・Xmas Eileen(クリスマスアイリーン)より、No name(vo右)とNo name(vo左)から音楽シーンへの宣戦布告!? ぜひご覧下さい。

アイドルからも不良のパンクバンドからも細美武士さんからも誘われる

--最近は異種格闘技戦的な対バンが目立っていますが、ゴリゴリのロックバンドからキュートなアイドルまで多種多様な対バンにどういった心持ちで臨んでいるのでしょうか?

Xmas Eileen - Friday Night(YouTube ver.)
Xmas Eileen - Friday Night(YouTube ver.)

No name(vo右):これまで自分たちのツアーを年に2本まわっていたんですけど、その中で「これってあんまり意味ないのかな」と感じて。自分たちがまだ発展途上であるのにそれだけやっていても仕方ないと思ったんです。だからツアーは一度止めて、今はいろんなイベントに出て行くべきだと。そしたら有り難いことにいろんな人からオファーが来て、気が付いたらえらいことになってしまったという(笑)。アイドルからも誘ってもらえるし、不良のパンクバンドからも誘われるし、自分たちより著名な細美武士(MONOEYES)さんのツアーにも誘ってもらったりする状況になってきたので、本当に良かったと思っています。

--基本的にオファーは断らない姿勢だったんですか?

No name(vo右):そうですね。行けるなら全部行く。

No name(vo左):イケてる人たちとジャンル関係なく常にやっていきたい気持ちがあるので。

--ただ、アイドルとの対バンとなると文化もノリも違ったりする訳で、そこでの難しさを感じたりすることはなかったんですか?

No name(vo左):そこは全然関係ないですかね。不良のパンクバンドとやるときもアイドルの人らと一緒にやるときも、フェスでやるときもちっちゃいハコでやるときも、僕らは僕らのライブをするだけなんで、どこに行っても変わらない。

No name(vo右):ただ、嬉しいのは、どこへ行っても鳴る拍手と歓声のボリュームはライブが進むごとに上がっていて、今日はアイドルの夢アド(夢みるアドレセンス)と対バンだったんですけど、もう後半はステージの上から観させてもらっていても登場時とはノリが全然違っていたので、あの最後の一体感というか「ロックしてるな」という感覚はやっぱり嬉しくもあり、気持ち良くもあり、こういう異種格闘技戦的な対バンでライブする醍醐味かなと思いますね。

--もう誰とでも対バンできるし、どんなイベントでも制することが出来るであろうレベルになりつつありますよね。目標としても、そういうバンドになっていきたいところはあるんですか?

Xmas Eileen『Friday Night』No name(vo右)&No name(vo左)インタビュー

No name(vo右):今になって思うのは、それって結構難しい話で「逆に遠回りになるんだな」とも感じるんですよ。音楽だけじゃなくビジネスそのものって絞り込むほうが成功まで早いじゃないですか。そう思うんですけど、僕らは自分たちの人間の生息性というか……メンバー、アホばっかりなんで。何年か前、僕らがライブしたての頃に細美武士さんが言ってくれた言葉がすごく印象的で、「おまえらみたいな奴らが「イジメやめろ」って言ったらみんな聞くんだよね。おまえらみたいな奴らが言わないと説得力がない」っていう。だから不良キャラじゃないけど、本当にいろんなところへ行けと。いつか正当に評価されるときが来るはずだからって言われて、それは「たしかにそうだな」と思って今でも大事にしながらやっている感覚はあって。

No name(vo左):補足すると、巷に溢れてる説得力のないような歌に「イジメはダメ」と言われてもたぶん誰も響かへんけど、俺らが言ったら響くっていう(笑)。そう思わせてくれたのは嬉しかったし、俺自身も例えば不良じゃない人に「不良やったらアカンよ」と言われても「不良やったこともないおまえになんで言われなあかんねん!」ってなると思うんですよ。だからそれは俺たちにしか言えないところなのかなと思ってますね。

No name(vo右):それを変に格好付けて言うんじゃなくて、Xmas Eileenそのものがエンターテインメント性の高いバンドだと思うんで。真ん中にアホがおるし(笑)。だから、もちろん格好付けたいんですけど、それだけじゃなくそこにちゃんと笑いもあったりしながら、このバンドを進めていけたらいいなと思っています。

--あと、今日のライブのMCでも何度か飛び出していた「マイノリティ」というキーワード。これもXmas Eileenにおいて重要な燃料になっているのかなと思いました。

Xmas Eileen『Friday Night』No name(vo右)&No name(vo左)インタビュー

No name(vo右):自分らがマイノリティというか、ロックそのものがマイノリティだと思っていて。アイドルもそうだと思う。まぁAKB48ぐらい売れれば国民的な人たちと言えるんでしょうけど、ほとんどはマイノリティだと思うんで。でも「それが良い」って思う人たちもいて。やる側も聴く側も。だからそれを肥大化させる。というのは不変のテーマというか、最初で最後のテーマ。逆にそれ以外にテーマなんてない気がしている。その気持ちが僕たちの中にはあるから、タンクトップだけで「オラァァァ!」っていうライブスタイルを選ばなかったし、やっぱり広めたいんですよね。マイノリティなんですけど、そこで終わりたくない。夢物語かもしれないですけど、俺たちみたいな刺青だらけの連中でも、清涼飲料水のCMが決まったりするような未来を掴みたい。そのときは「刺青隠してくれ」と言われると思うんですけど。まぁでもバンドをやっていく以上はそれぐらいのモノになりたいなと思いますね。

No name(vo左):別にロックじゃなくても、ヒップホップでもレゲエでもアイドルでも全部マイノリティで、そもそも僕らも10代の頃はマイノリティじゃないと興味を持たなかったと思うんですよ。それぐらいマイノリティに惹かれて、その中で自分が「格好良い」と思っているモノをオーバーグラウンドまで「もっといろんな人に聴いてほしい、知ってほしい」みたいな風に持ち上げられたら、そこにすごく夢があると思うんですよね。

NEXT PAGE
  1. ウチの奴らはぶっ飛んでるんですよ。ヤバいんですよ。
  2. Next >
インタビュー写真

Xmas Eileen『Friday Night』No name(vo右)&No name(vo左)インタビュー Xmas Eileen『Friday Night』No name(vo右)&No name(vo左)インタビュー Xmas Eileen『Friday Night』No name(vo右)&No name(vo左)インタビュー Xmas Eileen『Friday Night』No name(vo右)&No name(vo左)インタビュー Xmas Eileen『Friday Night』No name(vo右)&No name(vo左)インタビュー Xmas Eileen『Friday Night』No name(vo右)&No name(vo左)インタビュー Xmas Eileen『Friday Night』No name(vo右)&No name(vo左)インタビュー Xmas Eileen『Friday Night』No name(vo右)&No name(vo左)インタビュー


ウチの奴らはぶっ飛んでるんですよ。ヤバいんですよ。

--今の話ってある意味ブルーハーツだし、ミッシェルガンエレファントだし、銀杏BOYZだとも思うんですけど、そういう「マイノリティだからこそ」的な思想を持ったバンドって今あんまり出て来ないですよね。

Xmas Eileen『Friday Night』No name(vo右)&No name(vo左)インタビュー

No name(vo右):ロックバンドのミュージックそのものはマイノリティでも、やっている人間が全然マイノリティな感じを持っていないというか、別にそれがダメだとかダサいとかは思わないですけど。いわゆるぶっ飛んでるバンドに会ったことがない。ウチの奴らはぶっ飛んでるんですよ。ヤバいんですよ。損得勘定で動いてないから(笑)。

No name(vo左):でも僕らは損することしかしない(笑)。

No name(vo右):僕らのバンドでまともなの僕だけなんですよ!

一同:(笑)

No name(vo右):あとは、全員キチガ○。

No name(vo左):いやいやいや! 兄貴がいちばん! ナンバーワンです。

No name(vo右):いや、僕だけが真っ当な人間。真ん中のパフォーマーとか本当のキチガ○ですから。ほんまに。

No name(vo左):でもあのパフォーマーさん、大学出てますからね(笑)。

Xmas Eileen『Friday Night』No name(vo右)&No name(vo左)インタビュー

--そんなメンバーが集まった……

一同:(笑)

No name(vo左):Xmas Eileen(笑)。

No name(vo右):まぁみんな昔からの先輩とか後輩なので楽しいです。

--具体的にはどのような流れで結成されたバンドなんですか?

No name(vo右):俺とコイツ(No name(vo左))と真ん中の人で昔ラップグループをやっていて、同時に俺が後ろのバンドメンバーとハードコアバンドをやっていて、僕が両方のリーダーで、みんなでひとつの事務所を作って活動していたんですけど、やっぱりどこかのタイミングで何人か辞める人たちがいて、残る人間がいて、その残ったみんながまだ俺と何かやりたいと言ってくれて「それやったらまとめよう」と思ったんです。ただ、この面子をまとめること自体が無茶だったので、「ヒップホップがしたい、レゲエがしたい」ということじゃなく「残った奴、集まれ。じゃあ、どうする? どういうモノにしていく?」というところから始まったんですよね。で、今まで自分たちがやってきたことを全部まとめていくと、もう今の形しかなかった感じなんです。

No name(vo左):「バンドやろう」とかじゃなく「このメンバーで何かやろう」で集まったんで、まずベースいないし、ドラムいないし、でもボーカル3人おるし、バランスがクソ悪くて「どうすんねん!」みたいな。で、今パフォーマンスやっている人が太鼓やって、俺がベース弾きながら歌って……最初はそんな感じだったんです。俺、ベースなんて弾いたことなかったのに(笑)。だからヤフオクでベース探して、そこからスタートして。今ドラムやってる奴も元々ギターやったんで、ゼロからドラムを始めたんですよ。そういう意味ではみんな肝が据わってますね。

Xmas Eileen『Friday Night』No name(vo右)&No name(vo左)インタビュー

No name(vo右):このバンドをやる為にそれぞれいろんなことを我慢して、いろんなことを努力をして。このバンドにはベースが居ないんですけど、前のバンドでベースだった奴とギターだった奴が今はプロデューサーという形で僕らのチームに残ったりしているんですけど、それは分けないと活動のスピードが遅くなるからなんです。本人たちはまだステージに立ちたいと思うんですけど、今は曲の出来上がるスピードやライブしていくスピードを速める為にこの体制でやっていて。

--なるほど。

No name(vo右):プロデューサー的な存在もライブを一緒にまわっていると、そいつはそいつでライブをすることに必死にならないといけなくなるから。今週なんてとんでもないスケジュールで、10日間のあいだに6本ぐらいライブがあってあっちゃこっちゃ行ってるんですけど、そこに彼らが居ちゃうと曲が作れないんですよね。でもこの体制だと僕が基盤の曲を作ったとしても、それを「頼むな」ってどんどん投げていけるんで。これはやっぱり信頼関係がないと絶対無理なんで、昔からのツレとやれている強みかなと思います。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 何の刺激もない、毒にも薬にもならへん音楽はほんま意味ない
  3. Next >
インタビュー写真

Xmas Eileen『Friday Night』No name(vo右)&No name(vo左)インタビュー Xmas Eileen『Friday Night』No name(vo右)&No name(vo左)インタビュー Xmas Eileen『Friday Night』No name(vo右)&No name(vo左)インタビュー Xmas Eileen『Friday Night』No name(vo右)&No name(vo左)インタビュー Xmas Eileen『Friday Night』No name(vo右)&No name(vo左)インタビュー Xmas Eileen『Friday Night』No name(vo右)&No name(vo左)インタビュー Xmas Eileen『Friday Night』No name(vo右)&No name(vo左)インタビュー Xmas Eileen『Friday Night』No name(vo右)&No name(vo左)インタビュー


何の刺激もない、毒にも薬にもならへん音楽はほんま意味ない

--その速度で活動していく先にどんなゴールを目指しているんでしょう?

Xmas Eileen『Friday Night』No name(vo右)&No name(vo左)インタビュー

No name(vo右):ゴールか……。ゴールって一歩進んでいくたびに変動していくと思うんですよね。ひとつでもふたつでも結果が出ると。

No name(vo左):欲張りではありたいと思いますけどね。

No name(vo右):みんながある程度飯を食えて生活が出来た上で無茶苦茶をしたい。俺たちみたいな人間が無茶苦茶をしなくなると、絶滅しちゃうと、5年後のフェスとか終わってると思うんですよね。もうクソみたいなものになっていると思うんで。たまに「もう今から不良なんて売れねぇよ」みたいなことを言う人がいるんですけど、別に僕らも良い歳して不良とは思ってないんですけど(笑)、無茶苦茶できない奴だけが残って音楽なんてやった日には……「誰が楽しいんだろう?」と思うんですよね。

No name(vo左):何の刺激もない、毒にも薬にもならへん音楽はほんま意味ないと思っていて、「どっちかであれよ!」っていう。それこそやっている意味あんのかなと思ってしまうんですよね。

--そうなってしまったシーンで戦っていく難しさもありますよね。

No name(vo右):だから一時はそういう風にしないほうがいいのかなとも思ったんですよ。でも無理じゃないですか。見た目的にもう無理なんですよ(笑)。これでお花畑で歌っても無理なんですよ。

一同:(笑)

--新し過ぎる!

No name(vo右):逆に売れるかな(笑)。でもそれはどう考えても無理なんでね、自分たちらしく行こうと思って。

--ここからどんどん這い上がってみんなに認知されていってシーンを面白くしていく上で、この在り方はとても重要ですよね。

No name(vo右):そうですね。だから関わる人にはまず面白いと思ってもらえるバンドなんですよ。そう在りたいとも思っているし。レコード会社の人とか関わってくれる人がすごく業務的になっちゃうと、夢も希望もないと思うんですよね。

No name(vo左):それこそ音楽業界にいる意味がないですからね。

No name(vo右):だったら普通の仕事をしたほうが絶対に良いと思うし。そういう意味でも僕たちは夢を見せ続けたいですよね。

--今年は異種格闘技戦的な対バンを連発しながら、4作連続リリースも敢行中です。今月は「Friday Night」なる新曲を配信リリースしましたが、こちらはどんな一撃になっているんでしょう?

Xmas Eileen-Dance Number
Xmas Eileen-Dance Number

No name(vo右):前作「Dance Number」から自分たちの持ち味を存分に発揮しようと思って、とにかくXmas Eileenにいちばん似合っているやり方を追求していて、ビクターの若いスタッフの意見も取り入れながら、今日みたいな空気を起こしやすい曲たちをとにかく作っていく。自分たちのエゴだけじゃなくて。

No name(vo左):みんなと共感できるようなところをちゃんと抑えつつ、自分たちのやりたいところもちゃんと入れる。ライブが多くなればなるほどそういう発想で曲を作っていくようになるんですよね。今回の「Friday Night」もそういう楽曲です。

No name(vo右):プロデューサーの奴に「ちょっとまとまり悪くなっちゃいましたねぇ」って言われたんですけど、「かまへん、そんなの。誰がそんなの気にすんねん! なんでまとまりの良いモノ作らなあかんねん!」「そうですよね」でこんな曲になりました(笑)。叩き台が出来た時点で「さらにややこしくしてやろう」と思って、後半にピアノのブレイクの部分を追加して。「なんでこんなんしてるんだろう? この曲」と思われるようにしてやろうと思ってメチャクチャやったらメチャクチャになった。

一同:(笑)

--そんな姿勢的にも突き抜けた2018年になっている訳ですが、この1年を駆け抜けた頃にはどんな状況になっていたらいいなと思っていますか?

Xmas Eileen『Friday Night』No name(vo右)&No name(vo左)インタビュー

No name(vo右):やっぱり1日でも長くこのチームで活動できたらいいなと思っているんですよ。なので、無くなってしまうかもしれないという恐怖が薄らいでいたらいいなと思います。「あ、まだこのままで活動していけるな」と思える状況になっていてほしいですね。その状況がどれほどのものなのかはちょっと分かんないんですけど、「まだコイツらと遊んでいられるな」みたいな。そう2018年が終わる頃に思えると、僕の中では結構良いゴールかなって。

No name(vo左):いつも年末年始にみんなで集まっているんですけど、そのときに「よし、今年も1年また暴れよか!」というモチベーションになれていたらいいですね。

No name(vo右):とは言え、守りに入る気はないんで! これからもガンガン攻めてやろうと思っています!

Interviewer:平賀哲雄|Photo:山田秀樹

Xmas Eileen - Friday Night(YouTube ver.)
インタビュー写真

Xmas Eileen『Friday Night』No name(vo右)&No name(vo左)インタビュー Xmas Eileen『Friday Night』No name(vo右)&No name(vo左)インタビュー Xmas Eileen『Friday Night』No name(vo右)&No name(vo左)インタビュー Xmas Eileen『Friday Night』No name(vo右)&No name(vo左)インタビュー Xmas Eileen『Friday Night』No name(vo右)&No name(vo左)インタビュー Xmas Eileen『Friday Night』No name(vo右)&No name(vo左)インタビュー Xmas Eileen『Friday Night』No name(vo右)&No name(vo左)インタビュー Xmas Eileen『Friday Night』No name(vo右)&No name(vo左)インタビュー

関連キーワード

TAG

関連商品

DIS IS LOVE
Xmas Eileen「DIS IS LOVE」

2017/10/18

[CD]

¥3,240(税込)

DIS IS LOVE
Xmas Eileen「DIS IS LOVE」

2017/10/18

[CD]

¥3,780(税込)

99.9
Xmas Eileen「99.9」

2017/04/19

[CD]

¥1,598(税込)

99.9
Xmas Eileen「99.9」

2017/04/19

[CD]

¥2,138(税込)

WORLD COUNTDOWN
Xmas Eileen「WORLD COUNTDOWN」

2016/04/06

[CD]

¥1,620(税込)

SORRY WHO AM I ?
クリスマスアイリーン「SORRY WHO AM I ?」

2015/05/20

[CD]

¥2,000(税込)

DIS IS LOVE
Xmas Eileen「DIS IS LOVE」

2017/10/18

[CD]

¥3,240(税込)

DIS IS LOVE
Xmas Eileen「DIS IS LOVE」

2017/10/18

[CD]

¥3,780(税込)

99.9
Xmas Eileen「99.9」

2017/04/19

[CD]

¥1,598(税込)

99.9
Xmas Eileen「99.9」

2017/04/19

[CD]

¥2,138(税込)

WORLD COUNTDOWN
Xmas Eileen「WORLD COUNTDOWN」

2016/04/06

[CD]

¥1,620(税込)

SORRY WHO AM I ?
クリスマスアイリーン「SORRY WHO AM I ?」

2015/05/20

[CD]

¥2,000(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    【ビルボード】米津玄師「Flamingo」が36,511DLで首位キープ、新しい地図 join ミュージックが2位に初登場

  2. 2

    星野源×マーク・ロンソン、幕張メッセで行われたダブルヘッドライナーショーが大盛況で終了

  3. 3

    BTS (防弾少年団)A.R.M.Y.とドレイク「イン・マイ・フィーリングズ」ダンス・チャレンジがインスタグラムの2018年トップ・トレンドに

  4. 4

    【ビルボード】27万枚を売り上げたSKE48「Stand by you」が総合首位獲得

  5. 5

    LiSA、ニューシングル発売記念トークイベント開催 楽曲制作陣の田淵智也・堀江晶太・カヨコが登壇

HOT IMAGES

注目の画像