Billboard JAPAN


Special Contents

超特急『a kind of love』インタビュー



インタビュー

 2018年4月4日、新体制となった超特急の再出発を告げるニュー・シングル『a kind of love』がリリースされた。ボーイズ・グループによる王道ポップス路線を直球で貫く表題曲「a kind of love」をはじめ、これまでのファニーでハチャメチャな超特急像を塗り替えるような新曲が揃っていると同時に、その振付にはやはり、超特急ならではのエッセンスも含まれているという、新たな船出の汽笛として鳴らすにはピッタリの1枚だ。


 心機一転、終着駅として掲げる東京ドーム、そして8号車(※)の笑顔に向けて邁進せんとする彼らが今作に懸けた想い、早くも次なるツアーを控えたメンバー6人に語ってもらった。


※超特急ファンの呼称

6人体制の超特急を存分に知らしめることができる曲

――新体制となってから初のシングル『a kind of love』が4月4日にリリースされます。ソロ・ヴォーカルになったことで、タカシさんの歌との向き合い方に変化があれば教えてください。

タカシ:自分自身、ヴォーカリストとして考えさせられる時間がすごく多くなりました。それは6人体制になって必然的にっていうのもあるんですけど、負担とかでは全然ないです。メイン・ダンサーは目で楽しませてくれる。で、耳で楽しませる人は僕一人なので、ライブではどうすればより一層楽しんでもらえるだろうか、自分はヴォーカリストとしてどうあるべきなんだろうか、っていうようなことは、今までより一層深いところまで考えるようになってきてます。

――やはり背負う重みが増した実感がある?

タカシ:まぁ違うって言ったら嘘になりますけど、でもそれも全部みんなで一緒にバネにして、ポジティブに変えて超特急として前に進んでいきたいなって気持ちです。そのための今作なので。

――ダンサーの皆さんには、末っ子担当のタカシさんがこのようにヴォーカリストとして前進していこうとする姿はどのように映っていますか?

ユーキ:今までの曲はヴォーカルの掛け合いが多かったんですけど、それをすべてタカシが歌うことになって、今まさに一番の壁にぶち当たっているところだと思うので、その雄姿というか、戦ってる姿には応援したい気持ちになります。

――表題曲「a kind of love」はすごく前向きで、最近の曲の中でもかなりストレートに気持ちを伝えるようなものですが、この曲の第一印象はいかがでしたか?

カイ:爽やかだなぁと。単純な言葉ですけど、王道のポップスというか。今まで超特急にはわりと変わった曲が多かったので、逆にこれを超特急がやったらどんなパフォーマンスになるんだろうと。あとはやっぱり一番初めに曲を聴いた時は、どんなダンスになるんだろうなっていつも考えますね。どういうパフォーマンス、フォーメーションになるんだろうなぁって、毎回楽しみにしてます。

――この曲を聴いた時にはどんな振付のヴィジョンが見えましたか?

カイ:系統としては「Yell」とか「My Buddy」とかそっちの方向性なので、振りもそっち系なのかなって思ってたんですけど、全然違いましたね(笑)。

――これまでも予想を裏切る振付は多かったですか?

カイ:そうですね。やっぱり振付の先生の発想はすごく偉大なので。自分たちでは到底思いつかないような振付だったり構成だったり、本当にたくさん引き出しを持ってらっしゃる。

――そんな自分たちにはない発想を超特急の振付として落とし込むために、メンバー間でブレストしたりするのですか?

カイ:今回の振付に関して言うと、僕たちの振付をたくさん手掛けてくださっているえんどぅさんが担当してくださったんですけど、歌詞の意味だけでなく超特急に対する想いとかも振付やフォーメーションにたくさん込めてくださるので、それをメンバーそれぞれが自分なりに解釈して振付で表現する、っていうのが一番ですね。

――今作でセンターを務めているのがリョウガさん。ある意味で再出発の曲となるこの「a kind of love」で、リーダーであるリョウガさんがセンターを張るわけですが、グループを引っ張っていく立場という意味で、なんとなく予感はしていたりしたのでしょうか?

リョウガ:僕は基本的にあまり前にグイグイ出て、みんなを引っ張っていくっていうタイプでもないんですけど…。でも、6人体制になって初めてのシングルがリリースされるこのタイミングで、8号車のみなさんはきっと不安も期待も抱えているわけで、だからこそ、これからもついていっていいだって思ってもらいたいんです。なので、僕もいつもと違って胸を張って、みんなを引っ張る勢いで、もちろんメンバーのサポートも受けながら、センターとしての役目を全うしなくてはいけない。そのプレッシャーはやっぱり重く感じもするんですけど、曲はただただ良いですから。

――ミュージック・ビデオについてはいかがでしょうか?

リョウガ:これから6人で走っていくっていう決心を表してますし、ビデオの後半ではスカイダイビングをしてるんですけど、それが超特急が今後もっと色々なことに挑戦していくっていう意思表示だったり。きっと8号車のみなさんやこれから超特急を知ってくださる方々に対しても、この6人体制の超特急を存分に知らしめることができる曲なんじゃないかなと思います。

――スカイダイビングはメンバーみなさんの希望で?

ユーキ:案自体はスタッフさんからいただいたんですけど。

カイ:わりと前から何かある度に「スカイダイビングやってみたいよねー」とは言ってたんですけど、今回の撮影で僕らから「やりたい」と言ったわけではないんですよ。他にもバンジーとか、やったことないことを「やってみたいよね」って話したりはしていて、それを聞いたスタッフさんが汲み取ってくれたのかなぁとは思ってます。

――そういえば前回のインタビューで、タクヤさんが武道館公演の冒頭のリフターが高くて怖かったと話されていましたが。

タクヤ:バラエティ的に面白くないなとは思うんですけど、スカイダイビングは全然怖くなかったです。リフターとはもはや次元が違うっていうのもありますし、そもそも僕は高いところに滞在するのが苦手なタイプで、スカイダイビングとかジェットコースターとかには好奇心旺盛に挑戦できますし、結構スリルを味わうのは好きだったりするんですよ。



▲超特急「a kind of love」MUSIC VIDEO


――では逆に、一番怖がってた方は?

タカシ:僕は結構怖かったです。

カイ:現地に行くまでは「意外と大丈夫かもね」とか言ってたんですけど、実際にスカイダイビングするロケーションに到着して、講習とか受けるんです。「姿勢はこうです」とか。その講習の後に「楽しみだねー」って5人で話してたんですけど、タカシは一人でウロウロしながら落ち着きがなくて(笑)。

タカシ:だんだんリアルになってきて。「こうしないととんでもないことになりますから」とか言われると。

――ただMVの作風はロード・ムービーなので、クライマックスで戦々恐々とした姿が映ってしまうと…。

タカシ:でも公開された時に早速8号車の方に気づかれてました(笑)。「顔がこわばってる」って。飛ぶ前にみんなで円陣を組むシーンがあるんですけど、一人だけ表情が曇りまくってるっていう。

――そのスカイダイビングという“決意の挑戦”に向けて、各メンバーがそれぞれの場所から1か所に集合する、というのがビデオのストーリーとなっていますね。

ユーキ:1回バラバラになったピースをまた一から整い直して再出発、というのを分かりやすく表してると思います。

――ファンの不安を解消したいという思いが強いですか?

ユーキ:「超特急なら東京ドームやれる」とか「もっと応援したい」とか、そういう前向きな気持ちになってもらいたいというか。超特急はさらに高みを目指していくよ、っていうのを見せられたらなって思います。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. これが超特急の在り方、存在意義だと思ったんです
  3. Next >

これが超特急の在り方、存在意義だと思ったんです

――カップリングの「Party Maker」にしろ「Feel the light」にしろ、作風に違いこそあれど、ここまで王道のかっこよさを追求した超特急のシングルは珍しい気がします。

ユースケ:FC盤限定で「SAY NO」って曲が収録されてるんですけど、今までの超特急らしさが詰まってるのがその曲だと思います。そういうのは毎回残していきたいと思ってるんですよ。次のシングルを出す時も、超特急らしさは絶対に残しておきたい。でも、やっぱり挑戦する姿も見せたい。それはこれから超特急のメンバーやスタッフ・チームとも話し合いながら続けていきたいです。

――つまり、「a kind of love」「Party Maker」「Feel the light」の3曲は、わりと新しい挑戦だった?

ユーキ:でも「Party Maker」の振付は、めちゃくちゃ超特急でしかできないことになってます。こういう形もあるんだなって僕は新しく発見したというか。「a kind of love」もフレッシュで王道に聴こえるんですけど、振りを見ると「あ、超特急だね」ってなるような。例えば「バッタマン」みたいな分かりやすい形ではないですけど、王道でありながらも超特急であることができたかなと。

――それは超特急らしさが確立できたからこそできることですよね。

ユーキ:そうですね。僕自身は「これが超特急らしさだ」っていう道は見えました。ちょっと前、去年くらいに自分の中の超特急像がふわっとしてしまった時があって。でも、新体制になったことで今までの道のりを振り返った時に、やっぱり超特急って面白いことをしてるグループで、他にはない全力感だったりユーモア溢れる振付で勝負をしてきた。これは日本には、もしかしたら海外にだって他にいないかもしれないと思ったので、これが超特急の在り方、存在意義だと思ったんです。人によっては今回の「a kind of love」って王道に聴こえるかもしれないですけど、でもそれを良い意味で裏切るような振付になってるので、そういう意味でも自信を持ってパフォーマンスできる曲になってます。

ユースケ:「a kind of love」を聴いてくれた方には、ダイレクトに超特急の今の心情が伝わるんじゃないかなと思います。「Party Maker」に関しては、自分の中では新しいです。振付してくださったのは初めての方だったんですけど、その方の超特急のイメージが振付に込められてて、それがやっぱり新しいし、強いんですよ。初めて超特急を見る方がこの曲の振付を見たら、すごく印象に残ると思うんですよね。超特急が新しく生まれ変わるような曲になってるとも思うし、「a kind of love」と「Party Maker」は今の超特急には欠かせない曲だと思ってます。

――なるほど。

ユースケ:「Feel the light」はさっきの2曲とはまた違うものになってて、かっこいい超特急を見ることができると思います。でも強いて言うなら、やっぱり1番好きなのは「SAY NO」です。超特急らしい楽曲とダンスが好きです。

――ヴォーカルに関して言えば、どの曲も歌い分けてるなって印象です。

タカシ:聴いていただいて分かるように、本当に色が違うので…。自分自身も個性一つだけ、とかではなく、一人だからこそできる歌い方、遊び方を新体制になった超特急で、勉強しながらですけど、だんだん形にしていきたいなと思っていて、その第1弾って感じですね。一人のヴォーカルになった超特急ってどんな感じなんだろうなって思う方もいらっしゃると思いますし、超特急をこれから知ってくださる方もいらっしゃると思うので、だからこそ色々なことしたいなと思って、歌い方も意識してるところはありますね。

――1番新しい引き出しだったのはどの曲でしょう?

タカシ:なんだろう…。僕的には「Feel the light」かな。ファルセットを多用してるんですよ。超特急の曲でファルセットに頼ることってそんなになくて、「もっとダイナミックに」とか「もっと力強く」とか、そういうことを意識することはあったんですけど、これだけゆったりしたテンポで、自分に酔いしれて歌う曲はあまりなかったなって思いますね。初の試みと言ってもいいかもしれないです。

――制作期間中はトライ・アンド・エラーの繰り返しでしたか?

タカシ:そうですね。すべての曲に言えるんですけど、本当に試行錯誤というか。それこそ1つの楽曲に対しても、レコーディング当日に「どうしていこうか」って考えるんじゃなくて、デモをいただいてから自分の中で「こういう風にやってみたら面白いんじゃないか」っていうのを最低でも3つくらいは用意するんですよ。「Feel the light」のファルセットもその内の一つで、「あ、こういうことになるんだ」って自分の中ではまって。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 今年はもうヤバい気がする!
  3. Next >


――そんなニュー・シングルのリリースの後にはツアーも控えてますね。超特急はツアーの最多動員をずっと更新し続けてきましたが、前回の約60,000人を動員したアリーナ・ツアーを終えてみて、最終目標の東京ドームは今のみなさんの目にはどう映ってますか?

タカシ:アリーナ・ツアーはすごく大きな経験値になったし、得たものはすごく大きかったんですよ。ただやっぱり、僕らが目指している東京ドームって計り知れない場所なので、先が見えないというか。それでも前に進んでいきたいって気持ちはあるので、ただひたすらまっすぐまっすぐ。天竺に向かっているような気持ち。

――アリーナ・ツアーで得たもの、とは?

カイ:あのアリーナ・ツアーは、メンバー全員がライブ制作に大きく携わったのが大きかったですね。ユーキは演出面で関わって、僕とタクヤが衣装、ユースケが映像やって、リョウガがナレーション、タカシが8号車の方に喜んでもらえるような企画、プレゼントを考えたり。一人ひとりがライブに大きく関わることができたので経験値にはなったし、ライブというものを深く考えるきっかけにもなったかなと思います。5月6月のツアーのリハーサルが始まったら、また自分たちで考えてやっていくでしょうし、今後のためになったツアーだったなと思いますね。あとはクリスマス、年末、年始の3パターンを並行してやったっていう、脳みその使い分けもできたので、また次も3パターンくらいなら頑張れるかなって感じです。

――クリスマス、年末、年始で3パターン違う公演にしよう、っていうのには何かきっかけが?

ユーキ:もともと僕がどうしても3つ違うことをしたくて。

――それはやりたいことがたくさんあったから?

ユーキ:いや、もっとシンプルに。クリスマスは超特急の結成日だし、年末は1年の締めくくりだから集大成を見せたい、で年始は超特急らしさで1年の始まりをぶち上げてきたい。そういうざっくりとした想いがあったので、それを演出家さんにぶつけて、どう形にしていくかっていうのを話し合って。

――一つのツアーの中で複数パターンの公演を行うってなかなか珍しいですよね。

ユーキ:そうですね。演出家さんも普通はしないなって言ってました(笑)。でもメンバーの意思を尊重してくれる方なので実現できました。すごい大変ではありましたけど(笑)。それでもやるだけの価値はあったかなと。

カイ:リハの進め方が独特だったよね。クリスマス公演をざっくり作って、年末公演をざっくり作って、年始公演をざっくり作って、またクリスマス公演に戻る、みたいな。

――一つのツアーなので、どうしても並行してやらざるを得ないところはあったでしょうね。ごっちゃになってしまうようなことはなかったのですか?

カイ:同じ曲もやったりしたので、それが「この日はどうだったっけな」ってなったりはしましたけど、公演の流れで覚えていくので、やっていくうちに頭で考えなくてもいいようにはなりましたね。

――ユーキさんは総合演出として特に苦労したことはありましたか?

ユーキ:伝え方、ですかね。今までにド直球で言ってた言葉をオブラートに包んだりとか。でもすでにもう信頼できるチームができているので。どうなるんだろうっていう不安はもちろんありましたけど、やってる時は常に楽しいというか、面白いものになるっていう自信はあったので。

――メンバーが制作にも積極的に関わっていく形は今後も継続していく?

ユーキ:そうですね。

――何か今後の展望を持っている方はいらっしゃいますか?

ユースケ:僕は作詞作曲をやりたくて。今考えてるのがあるんですけど。あとはミュージック・ビデオの監督もやりたいです。メンバーのこういう動画があれば8号車の方に喜んでもらえるだろうな、とか。そういうのが自分の頭の中にはあるので、それが現実になればいいなと思ってます。

――パフォーマンス以外のことにも積極的に挑戦していく姿勢っていつ頃からありましたか?

ユーキ:僕は一昨年のクリスマスのライブかな。6年やっていく中で超特急のチームも変わっていったし、そうするとメンバーが一番の古株、0からの超特急を知っているわけで、超特急ならこうする、っていうのが個人的にはあったので、「こうしたら8号車のみんながもっと喜ぶんじゃないかな」とか「こうしたらパフォーマンスかっこよく見えるんじゃないかな」とか、そういうのを思い始めたんですよ。昔はそれこそ全部自分たちでやってたので、それも思い出したりしつつ。

――そしてツアーとは別にFC限定ライブや男限定ライブがあったり、早速ライブ尽くしですね。

リョウガ:今年はもうヤバい気がする!

ユーキ:今年1年はすごい。

カイ:まだ発表されてないけどすごく楽しみなライブがたくさんあるので、8号車のみなさんにも楽しんでもらえたらもちろん嬉しいですし、それをきっかけに知ってくださる方もたくさん増えたら嬉しいなと思います。ライブを通して超特急というものが広がる年になれば一番幸せかなと思いますね。

――アリーナ・ツアーを経て新しいお客さんが増えたなって実感はありますか?

カイ:今回のシングルで2ショット会とかハイタッチ会をするんですけど、結構新しい方がいるとは聞いてるので。

――アリーナ・ツアーのファイナル、大阪城ホール公演でユーキさんが、「終わるのは、自分たちの意志を表に出さないでいること。始まるのは、自分たちの進む道は自分たちで切り開くということ」と話したMCが印象的でしたが、これについて何か具体的なアクションがあったら教えてください。

ユーキ:1月になってから予想外のこともたくさんあったんですけど(笑)。やっぱり超特急の想いを8号車のみんなにしっかりと伝えていかないと、中身が空っぽのグループになっちゃうな、っていうのが心配だったので。メンバーが誰か一人がしたいと思ったら、それは超特急の意思だし、8号車のみんなは何よりメンバー自身が見せるものを楽しみにしてくれてると思うんですよ。「こうやりたいから、こうしました!」ってやるほうが気持ちも入りますし、アーティストとして自分たちでグループを作ってみなさんに届ける、ってことをより一層強くしていきたいなと思ってます。

――5月からツアー【Sweetest Battle Field】が始まりますが、これはどんなツアーになりそうでしょうか?

ユーキ:東京と神戸の2か所ではありますけど、全然違うことをやるっていうのはもう発表してます。あと、春は毎回なにかしら挑戦していて、今回はまだ何をするかは固まってませんけど、僕らが挑戦して壁を越えた姿を、みんなが自分の新生活で頑張っていくための糧になればいいなと思ってます。

――分かりました。最後にお一人ずつ、今年の目標をお聞かせください。

カイ:やっぱり年末にはより大きな会場でライブをしたいですね。これまで年末のライブは自分たちの最大規模のものにしてきたので、今年もそれを更新していきたいなと思ってます。あとはメンバーが個人としても色々なところで活躍して名前を広げて、それを超特急に還元できればいいなと思います。

リョウガ:「超ネバギバDANCE」がビルボードさんで1位になったこともあり、6人体制になった超特急がさらに飛躍していくためにも、「a kind of love」でも1位をとれたらいいなと思ってますし、もっとスピードを上げて突っ走っていきたいと思ってます。

タクヤ:すごく簡単な言葉になっちゃうんですけど、楽しみたいです。ぶっちゃけると、ここにきてちょっと迷走している自分がいるので。自分探しの旅ではないですけど、とにかく目の前にあるものをいかに楽しむかを考えていければいいなと思います。

ユーキ:8号車のみんなをもっと大切にしていきたいなと思ってます。8号車のみんなもメンバーの一員だとずっと言ってきているので、超特急をより大きなグループにしていくためにも、メンバーみんなで一緒に作っていきたい。

ユースケ:支えてくれてる方たちの思いを胸に、今自分たちができることを全力でやっていきたいです。

タカシ:猪突猛進ですかね。ただただ真っすぐ、超特急としてブレずにやっていけたらいいなと思います。



Interview by Takuto Ueda

関連キーワード

TAG

関連商品

ikki!!!!!i!!
超特急「ikki!!!!!i!!」

2014/03/26

[CD]

¥1,028(税込)

ikki!!!!!i!!
超特急「ikki!!!!!i!!」

2014/03/26

[CD]

¥1,028(税込)

ikki!!!!!i!!
超特急「ikki!!!!!i!!」

2014/03/26

[CD]

¥1,028(税込)

ikki!!!!!i!!
超特急「ikki!!!!!i!!」

2014/03/26

[CD]

¥1,028(税込)

ikki!!!!!i!!
超特急「ikki!!!!!i!!」

2014/03/26

[CD]

¥1,028(税込)

Kiss Me Baby
超特急「Kiss Me Baby」

2013/11/13

[CD]

¥1,028(税込)

Kiss Me Baby
超特急「Kiss Me Baby」

2013/11/13

[CD]

¥1,234(税込)

Kiss Me Baby
超特急「Kiss Me Baby」

2013/11/13

[CD]

¥1,234(税込)

Kiss Me Baby
超特急「Kiss Me Baby」

2013/11/13

[CD]

¥1,234(税込)

Kiss Me Baby
超特急「Kiss Me Baby」

2013/11/13

[CD]

¥1,028(税込)

Kiss Me Baby
超特急「Kiss Me Baby」

2013/11/13

[CD]

¥1,234(税込)

Kiss Me Baby
超特急「Kiss Me Baby」

2013/11/13

[CD]

¥1,234(税込)

Kiss Me Baby
超特急「Kiss Me Baby」

2013/11/13

[CD]

¥1,234(税込)

Bloody Night
超特急「Bloody Night」

2013/06/05

[CD]

¥1,234(税込)

Bloody Night
超特急「Bloody Night」

2013/06/05

[CD]

¥1,646(税込)

Bloody Night
超特急「Bloody Night」

2013/06/05

[CD]

¥1,234(税込)

Bloody Night
超特急「Bloody Night」

2013/06/05

[CD]

¥1,646(税込)

POLICEMEN
超特急「POLICEMEN」

2013/02/13

[CD]

¥1,234(税込)

GOLDEN EPOCH
超特急「GOLDEN EPOCH」

2018/11/14

[CD]

¥3,024(税込)

GOLDEN EPOCH
超特急「GOLDEN EPOCH」

2018/11/14

[CD]

¥4,104(税込)

JESUS
超特急「JESUS」

2018/08/08

[CD]

¥1,200(税込)

RING
超特急「RING」

2014/12/03

[CD]

¥4,860(税込)

RING
超特急「RING」

2014/12/03

[CD]

¥3,780(税込)

RING
超特急「RING」

2014/12/03

[CD]

¥2,700(税込)

Believe×Believe
超特急「Believe×Believe」

2014/06/11

[CD]

¥1,080(税込)

Believe×Believe
超特急「Believe×Believe」

2014/06/11

[CD]

¥1,080(税込)

ikki!!!!!i!!
超特急「ikki!!!!!i!!」

2014/03/26

[CD]

¥1,028(税込)

ikki!!!!!i!!
超特急「ikki!!!!!i!!」

2014/03/26

[CD]

¥1,028(税込)

ikki!!!!!i!!
超特急「ikki!!!!!i!!」

2014/03/26

[CD]

¥1,028(税込)

ikki!!!!!i!!
超特急「ikki!!!!!i!!」

2014/03/26

[CD]

¥1,028(税込)

ikki!!!!!i!!
超特急「ikki!!!!!i!!」

2014/03/26

[CD]

¥1,028(税込)

ikki!!!!!i!!
超特急「ikki!!!!!i!!」

2014/03/26

[CD]

¥1,028(税込)

Kiss Me Baby
超特急「Kiss Me Baby」

2013/11/13

[CD]

¥1,028(税込)

Kiss Me Baby
超特急「Kiss Me Baby」

2013/11/13

[CD]

¥1,234(税込)

Kiss Me Baby
超特急「Kiss Me Baby」

2013/11/13

[CD]

¥1,234(税込)

Kiss Me Baby
超特急「Kiss Me Baby」

2013/11/13

[CD]

¥1,234(税込)

Kiss Me Baby
超特急「Kiss Me Baby」

2013/11/13

[CD]

¥1,028(税込)

Kiss Me Baby
超特急「Kiss Me Baby」

2013/11/13

[CD]

¥1,234(税込)

Kiss Me Baby
超特急「Kiss Me Baby」

2013/11/13

[CD]

¥1,234(税込)

Kiss Me Baby
超特急「Kiss Me Baby」

2013/11/13

[CD]

¥1,234(税込)

Bloody Night
超特急「Bloody Night」

2013/06/05

[CD]

¥1,234(税込)

Bloody Night
超特急「Bloody Night」

2013/06/05

[CD]

¥1,646(税込)

Bloody Night
超特急「Bloody Night」

2013/06/05

[CD]

¥1,234(税込)

Bloody Night
超特急「Bloody Night」

2013/06/05

[CD]

¥1,646(税込)

POLICEMEN
超特急「POLICEMEN」

2013/02/13

[CD]

¥1,234(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    【先ヨミ】Mr.Children『重力と呼吸』がリリース3週目前半も首位走行中 僅差で『うたプリ』2作が後を追う

  2. 2

    PANTA x 鈴木慶一 対談~伝説の『マラッカ』と『1980X』を語る

  3. 3

    AAA、福岡ヤフオク!ドーム公演のライブ・ビューイングが決定

  4. 4

    BTS (防弾少年団)、所属事務所Big Hitエンターテインメントと7年間契約延長

  5. 5

    テミン(SHINee)、1stフルアルバム『TAEMIN』の収録内容&購入応募特典が発表

HOT IMAGES

注目の画像