Billboard JAPAN


Special Contents

GLAY『WINTERDELICS.EP~あなたといきてゆく~』HISASHI単独インタビュー



GLAY『WINTERDELICS.EP~あなたといきてゆく~』HISASHI単独インタビュー

U2のようなバンドになっていきたいなと思っています

 55枚目のシングル『WINTERDELICS.EP~あなたといきてゆく~』が完成、リードトラック「あなたといきてゆく」のミュージックビデオ(http://bit.ly/2heVKeU)も話題のGLAY。今作のリリースを記念してHISASHIへの単独インタビューを敢行! センセーショナルなものへの愛情をツイッター等で感じさせている彼のルーツ~GLAYのメンバーとして見てきたバンドドリーム、そして激しく変わり行く音楽シーンやGLAYの今後についてまでと、貴重な話をたくさん訊かせてくれた。

BiSに注目した理由~スターリンなどセンセーショナルなものへの憧れ

GLAY『WINTERDELICS.EP~あなたといきてゆく~』HISASHI単独インタビュー

--HISASHIさんにこうしてインタビューさせて頂くのは初めてなんですが、2014年に僕が主催したSuG×BiS【異端児フェス】(http://bit.ly/1iSNbEn)を観に来て頂いていまして。

HISASHI:あ、主催されていたんですね! その後のBiSの横アリ(解散ライブ)がGLAYのツアーと重なって行けなくて、それで伺わせて頂いたんですけど、あのライブは驚きましたね。もう本当に感動したというか「こんなにエモーショナルなんだ!?」と思って。あのときは「BiSが解散しちゃうのは勿体ないな」と思いましたよ。

--当時、よくBiSについてツイートされていましたよね。何がきっかけでハマったんですか?

HISASHI:それまでそんなにアイドルに興味はなかったんだけれども、明らかにBiSの出現だったりでアイドルというものが変わり始めたじゃないですか。それで「僕らもエンターテインメントといいうものに関してもっともっとアップデートしていかなければ」と思ったんですよね。それもあって「BiSはどういう経緯でこうなったんだろうか? あ、こういう制作陣との関係性があるのか」と思ったりして、すごく興味深かったですね。

--HISASHIさんから見てかなり新鮮に映った?

HISASHI:そうですね。ロックバンドがちょっと元気ない世の中に風穴を開けるぐらいの勢いで出てきたから……いやー、すごく印象的でしたね。今もプー・ルイちゃんは復活したBiSで活動してるから「頑張ってほしいなぁ」と思ったり、ちょっと前にベッドインの【スナックアーバン】でウイカ(ファーストサマーウイカ/現BILLIE IDLE(R))ちゃんと久しぶりに会ったんですけど、彼女の声も「すごく格好良いなぁ」と思って好きだったりして、今でも注目しています。

--BiSに限らず、元々センセーショナルな存在に惹かれる人ではある?

HISASHI:僕はもう生い立ちというか生まれがね、本当に素朴な自然の街で育っていて、どうしても思春期あたりから刺激が欲しくなる訳ですけど、僕の街には何もなかったんです。だから札幌のインディーブームだったり、東京のアンダーグラウンドがすごく刺激的に感じて。それで「この街ではダメだ」と思ったのが高校ぐらいですかね。で、バンドだけじゃなくていろんなエンターテインメント、アングラの舞台だったりとか音楽以外のムーヴメントにもすごく興味があったんですよ。今、尖がったアイドルとか「面白いことやってるな」と思う人への興味も多分そこから始まっているんだと思います。

--HISASHIさんに最初に「センセーションとはこういうものか」と衝撃を与えたのは、具体的には何だったりするんですか?

HISASHI:『クリープ』って映画かな。大道芸だったり見世物小屋だったり……若干タブーであるものが映画になっていて衝撃を受けたんですよ。そういったちょっと目を伏せたいものというか、そういうものがすごく魅力的に映って、そこから『宝島』のスターリンの映像とかハナタラシのライブとかそういうもの全部を観たくて触れたくてしょうがなくなって、それで高校卒業してすぐ東京に出てきましたね。

--今でこそHISASHIさんのそうした性質はSNSなど通して知れ渡っていますけど、スターリンやハナタラシに魅了されていた人がGLAYに辿り着くというのは、冷静に考えると不思議ですよね。

HISASHI:たしかにそうですね(笑)。俺的にはビジネスとして成功してもしていなくてもバンドはやりたかったし、なんて言うんだろう? むしろそういった成功をしていないアンダーグラウンドの人たちのほうが魅力的に映っていた。ソレばっかり追いかけていたんですけど、そこからGLAYと出逢ったとき、とにかくみんなすごくマジメに音楽に取り組んでいたんです。その姿勢に憧れというかシンパシーみたいなものを抱いて「2人目のギタリストとしてやっていこう」と思ったのが高2ぐらいかな。

NEXT PAGE
  1. GLAYがモンスターバンドとして第一線に立ち続けている要因
  2. Next >
インタビュー写真

GLAY『WINTERDELICS.EP~あなたといきてゆく~』HISASHI単独インタビュー GLAY『WINTERDELICS.EP~あなたといきてゆく~』HISASHI単独インタビュー GLAY『WINTERDELICS.EP~あなたといきてゆく~』HISASHI単独インタビュー GLAY『WINTERDELICS.EP~あなたといきてゆく~』HISASHI単独インタビュー GLAY『WINTERDELICS.EP~あなたといきてゆく~』HISASHI単独インタビュー


GLAYがモンスターバンドとして第一線に立ち続けている要因

GLAY『WINTERDELICS.EP~あなたといきてゆく~』HISASHI単独インタビュー

--当時、GLAYがスタジアム級のモンスターバンドになるとは思っていたんでしょうか?

HISASHI:当時、東京ドームがコンサートとして使える一番大きいハコだったんですけど、僕らの目標は渋谷公会堂だったり、もっと小さいと鹿鳴館だったりとか。だから「武道館で出来たら言うことないなぁ」みたいな感じだったんです。なので、スタジアムとかに自分たちのステージを作るみたいなことは考えられなかったですよね。ただボンヤリと音楽しかやりたいことがなくて、ライブの衝撃が忘れられなくて続けていただけで、あんまり将来のことは考えてなかったです。そんな感じで自分たちの好きなように音楽をやっているうちに、いきなりデビュー。僕ら、早かったと思うんですけど、デビューすることが決まったんですよね。

--そこからGLAYがこれだけの長期間にわたり第一線に立てている要因。HISASHIさん的にはどんなところにあると思いますか?

HISASHI:90年代のバックグラウンドが僕らにいろんな良い影響を与えてくれたと思うんですよね。CDが売れて、とにかくメディアに出て、かなり目に付くようなところに出て行って、TAKUROは売れる曲を求められて、それはすごく過酷で大変だったんだけれども、今となってはすごく感謝すべき時代だなと、背景だなと思います。

--そこがベーシックにあるから今があるというか。

HISASHI:そうですね。音楽制作の時間の大切さも分かったし、逆にメディアに出る大切さも分かったし。だから本当にもう、僕は「2000年をきっかけに」という風に線引きをしているんですけど、それまでは本当にあっという間でしたね。23歳ぐらいでデビューしてから駆け抜けるように時が過ぎていった。

--「2000年をきっかけに」具体的にはこの前後でどう変わったと思いますか?

GLAY『WINTERDELICS.EP~あなたといきてゆく~』HISASHI単独インタビュー

HISASHI:1999年に僕らは動員20万人超の幕張でのコンサートがあったり、ドームツアーがあったりして、もう本当に飽和状態というか「もうこれ以上何やるんだ?」みたいな状態だったし、逆に言えば「そこまでは付き合ってやろう」と事務所に対して思ったりもしていたので、年末もレコ大に出て、紅白に出て、カウントダウンやって。とにかく2000年になる瞬間までのあいだに僕たちのやりたいことだったり、見たい光景とかはすべて形に出来たんじゃないかなと。

--マンガや映画で描かれるようなバンドドリームそのものを現実化してみせた。ただ、その一方でHISASHIさんはRadio Carolineのウエノコウジ、THE MAD CAPSULE MARKETSのMOTOKATSUとバンドを組んだり、氷室京介、宇多田ヒカルからBiS、藍井エイルといった多種多様なアーティストの作品にも参加されています。それだけ幅広く活動されているHISASHIさんから見て、それこそ2000年以降大きく変わっていった音楽シーンの今はどんな風に映っていたりしますか?

HISASHI:90年代の音楽シーンは「このCDを持っていないと流行に遅れる」とか「歌えないとモテない」とかそういう風に映っていて、僕らはあの頃第一線で活動していたかもしれないけど、二次的なものだったんじゃないかなと思うんですよね。そこから時代が変わって、CDから配信になって、人々が「音楽を取る」というね、全くあの頃と違う環境になって、僕らはお客さんへのダイレクトな音楽の提供の仕方を考えたりしているんですけど、むしろ今のほうが音楽は自由になってきているんじゃないかなと思う。昔みたいに「シングルはシングル曲入れて、カップリング曲入れて、カラオケ入れる」という考え方よりは、「もっともっとバンドがやりたいことをやればいいじゃない?」という考え方に変わっていきました。それで買わない人はいるかもしれないけど、買ってくれる人が楽しんでくれればそれでいい。ま、俺はダビングとかでも全然良いんだけど。でも本当に今はこういう環境があるから、シングルでも曲を多めに入れたりとか、アルバムもその時々で違ったテイストにしたりとか、すごく自由にやれているなと感じますね。

--いろんな意味でテンプレが必要なくなりましたからね。では、リスナーとして見ても今の音楽シーンは面白いと感じますか?

HISASHI:そうですね。ジャンルも多様化して、音楽を発表する場もインターネットになったりしているので、むしろそれがメインストリームになっているからいろいろ聴けますし。でもアイテムも好きなアーティストのものは買うんですよ。そういう意味では変わっていないのかなとも思うんですけど。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 新作について~U2のようなバンドになっていきたいなと思っています
  3. Next >
インタビュー写真

GLAY『WINTERDELICS.EP~あなたといきてゆく~』HISASHI単独インタビュー GLAY『WINTERDELICS.EP~あなたといきてゆく~』HISASHI単独インタビュー GLAY『WINTERDELICS.EP~あなたといきてゆく~』HISASHI単独インタビュー GLAY『WINTERDELICS.EP~あなたといきてゆく~』HISASHI単独インタビュー GLAY『WINTERDELICS.EP~あなたといきてゆく~』HISASHI単独インタビュー


新作について~U2のようなバンドになっていきたいなと思っています

GLAY『WINTERDELICS.EP~あなたといきてゆく~』HISASHI単独インタビュー

--そういうシーンの変化もある中で、GLAYは今どんな存在になっていると思いますか?

HISASHI:どうなんでしょうね? ここまでいろんなことがあって、厳しい局面もあったりしたんですけれども、メンバー4人が変わらずにそれぞれ尊敬しつつ次なる曲を楽しみにしたりとか、例えばGLAYはレコーディングの現場がすごく賑やかなんですよ。変わらず一緒にやってて、本当に音楽制作が楽しいんです。もちろんコンサートもそうなんですけど、その感じが伝わってくれたらいいなと思っていて。あと、俺は時代の変わり目ってチャンスだと思うんですよ。今はいろんなチャンスが転がっているんだけど、みんなそれが見えづらかったりする。でも僕らはそれをちゃんと見据えて時代時代に対応していきたいなと思うので、音楽の環境が変化していくことに対して否定する感覚はないですね。

--むしろ楽しんでいる?

HISASHI:実際、楽しいですね! 僕らの世代はレコードからCDになって、今みたいな配信になったりしているので、ガラリと変わってる。その間にはコピーコントロールCD(CCCD)とかもあったりして、いろんな局面に立ったりもしたけれど、それはそれで楽しかったですからね。「多分、コピーコントロールCDだとこうなるよ」って考えながらミックスとかもしていたので、そしたら結局は何も変わらなかったり。

--そういう変化に対して仕掛けていったり対応していくこともクリエイティヴな訳で、そこを面白がれた人のほうが強いですよね。

HISASHI:そうですね! そういった活動をしている人のほうが見てて面白いですもんね。

--そんないろんな時代を生きているGLAYの新作『WINTERDELICS.EP ~あなたといきてゆく~』がリリースされます。HISASHIさん的にはどんな作品に仕上がったと感じていますか?

「あなたといきてゆく」ミュージックビデオ(short ver.)
「あなたといきてゆく」ミュージックビデオ(short ver.)

HISASHI:このシングルもシングルという形だけど、ここ何年かのGLAYの姿が見える作品になっていたりして面白いと思います。今作はかなりTAKUROの意思というか意図が強いんですけど、冬のギフトみたいな気持ちで僕は捉えていますね。やりたいことはまだまだたくさんある中のひとつで、収録曲を見て頂ければ分かるんですけど、いろいろな音源を録って残していて、GLAYのホールツアーの音源もそうですし、【VISUAL JAPAN SUMMIT 2016】の雰囲気、GLAYがフェスに出て行って本当に楽しんでいる感じも伝わると思いますし、再録した曲もホールツアーがあった上での再録だったりするので、本当にここ数年のGLAYが詰まってると言えるんじゃないかな。

--その表題曲「あなたといきてゆく」にはどんな印象を?

HISASHI:アルバムのレコーディングがあったんですけれども、その中ですごくGLAYのオーソドックスな曲で、それぞれ他のメンバーがイニシアチブを握った曲があった中で、僕自身も「こういう曲、聴きたかったなぁ」という気持ちがあったんですよ。GLAYが始まった頃というのは、BOØWYからの影響も大きかったんだけれども、もっとバラードの印象が強かったんです。そういう曲があるからこそもうちょっとダークサイドの曲だったりも生きていて、だから「あなたといきてゆく」はGLAYにとってすごくオーソドックスな曲だなと思いました。

--HISASHさんのギターもザッツGLAYな音になっていますよね。ちなみに、自分ではHISASHIをどんなギタリストだなと思ったりしますか?

HISASHI:GLAYの楽曲に対するアプローチはすごく自信があるんですよね。どんな曲が来ても。例えば今回はTAKUROが書いた曲ということで、それに似合う服だったりアクセサリーが必ずあるはずだと思って、それを間違いなくチョイスすることが自分の役割だろうなと思ってます。

--では、ひとりのミュージシャンとして今後挑戦してみたいことはあったりしますか?

HISASHI:たくさんありますね。例えばかなりデジロックを意識していた時期があったりしたんですけど、その時々に鳴っている音だったりに影響されたりもして。でも最近そういうことをやってないなと思うので、もうちょっとそういう過激なアプローチもしてみたいな。もっともっとたくさん挑戦したい、最近やってないからやりたいなと思うジャンルはたくさんありますね。

--では、最後に、GLAYが今後どうなっていってほしいと思うか。ヴィジョンみたいなものがありましたら聞かせて下さい。

HISASHI:多分、僕ら4人自体は「珍しい曲作ってきたな」というメンバーもいれば「オーソドックスでホッとするGLAYを打ち出してきたな」というメンバーもいたり、そういうところは変わらないと思うんですけれども、バンドとして言うと、U2のようなバンドになっていきたいなと思っています。すごく憧れるバンドの形。U2のように常に進化していたい。もちろん、ザ・ローリング・ストーンズのように変わらないスタイルもあるし、どっちも誇れるバンド像だと思うんですけど、僕らは常に新しく、オーソドックスなものは更に深く掘り下げていきたいなと思っています。

Interviewer:平賀哲雄|Photo:Jumpei Yamada

「あなたといきてゆく」ミュージックビデオ(short ver.)
インタビュー写真

GLAY『WINTERDELICS.EP~あなたといきてゆく~』HISASHI単独インタビュー GLAY『WINTERDELICS.EP~あなたといきてゆく~』HISASHI単独インタビュー GLAY『WINTERDELICS.EP~あなたといきてゆく~』HISASHI単独インタビュー GLAY『WINTERDELICS.EP~あなたといきてゆく~』HISASHI単独インタビュー GLAY『WINTERDELICS.EP~あなたといきてゆく~』HISASHI単独インタビュー

GLAY「WINTERDELICS.EP ~あなたといきてゆく~」

WINTERDELICS.EP ~あなたといきてゆく~

2017/11/22 RELEASE
PCCN-29 ¥ 2,160(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.あなたといきてゆく
  2. 02.時計 (再録)
  3. 03.Satellite of love (再録)
  4. 04.Joker (LIVE from VISUAL JAPAN SUMMIT 2016)
  5. 05.「SUMMERDELICS」 reprise
Disc02
  1. 01.あなたといきてゆく (MUSIC VIDEO)
  2. 02.シン・ゾンビ (MUSIC VIDEO)
  3. 03.XYZ (MUSIC VIDEO)
  4. 04.SUMMERDELICS (MUSIC VIDEO)
  5. 05.あなたといきてゆく (LIVE from Never Ending Supernova 17.5.15 市川市文化会館)
  6. 06.BE WITH YOU (LIVE from Never Ending Supernova 17.5.15 市川市文化会館)
  7. 07.the other end of the globe (LIVE from TOKYO SUMMERDELICS 17.7.31 お台場)
  8. 08.HOWEVER (LIVE from TOKYO SUMMERDELICS 17.7.31 お台場)

関連キーワード

TAG

JUSTICE
GLAY「JUSTICE」
2013/01/23
[CD]
¥2,571(税込)
購入画面へ
JUSTICE
GLAY「JUSTICE」
2013/01/23
[CD]
¥3,600(税込)
購入画面へ
GUILTY
GLAY「GUILTY」
2013/01/23
[CD]
¥2,571(税込)
購入画面へ
GUILTY
GLAY「GUILTY」
2013/01/23
[CD]
¥3,600(税込)
購入画面へ
運命論
GLAY「運命論」
2012/12/05
[CD]
¥1,234(税込)
購入画面へ
運命論
GLAY「運命論」
2012/12/05
[CD]
¥1,851(税込)
購入画面へ
WILD TRIBE
ACE OF SPADES「WILD TRIBE」
2012/08/22
[CD]
¥2,365(税込)
購入画面へ
Bible
GLAY「Bible」
2012/05/23
[CD]
¥1,234(税込)
購入画面へ
Bible
GLAY「Bible」
2012/05/23
[CD]
¥1,851(税込)
購入画面へ
GLAY
GLAY「GLAY」
2010/10/13
[CD]
¥2,571(税込)
購入画面へ
GLAY
GLAY「GLAY」
2010/10/13
[CD]
¥3,600(税込)
購入画面へ
PRECIOUS
GLAY「PRECIOUS」
2010/09/08
[CD]
¥1,234(税込)
購入画面へ
I am xxx
GLAY「I am xxx」
2009/05/25
[CD]
¥514(税込)
購入画面へ
I am xxx
GLAY「I am xxx」
2009/05/25
[CD]
¥1,543(税込)
購入画面へ
I am xxx
GLAY「I am xxx」
2009/05/25
[CD]
¥514(税込)
購入画面へ
I am xxx
GLAY「I am xxx」
2009/05/25
[CD]
¥1,543(税込)
購入画面へ
SAY YOUR DREAM
GLAY「SAY YOUR DREAM」
2009/03/04
[CD]
¥1,296(税込)
購入画面へ
SAY YOUR DREAM
GLAY「SAY YOUR DREAM」
2009/03/04
[CD]
¥1,728(税込)
購入画面へ
VERB
GLAY「VERB」
2008/06/11
[CD]
¥1,296(税込)
購入画面へ
VERB
GLAY「VERB」
2008/06/11
[CD]
¥1,620(税込)
購入画面へ
VERB
GLAY「VERB」
2008/06/11
[CD]
¥1,296(税込)
購入画面へ
VERB
GLAY「VERB」
2008/06/11
[CD]
¥1,620(税込)
購入画面へ
VIDEO GLAY 6
GLAY「VIDEO GLAY 6」
2007/12/19
[DVD]
¥4,629(税込)
購入画面へ
VIDEO GLAY 6
GLAY「VIDEO GLAY 6」
2007/12/19
[DVD]
¥4,629(税込)
購入画面へ
Ashes.EP
GLAY「Ashes.EP」
2007/10/31
[CD]
¥1,234(税込)
購入画面へ
Ashes.EP
GLAY「Ashes.EP」
2007/10/31
[CD]
¥1,543(税込)
購入画面へ
鼓動
GLAY「鼓動」
2007/04/04
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
鼓動
GLAY「鼓動」
2007/04/04
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
LOVE IS BEAUTIFUL
GLAY「LOVE IS BEAUTIFUL」
2007/01/31
[CD]
¥3,909(税込)
購入画面へ
LOVE IS BEAUTIFUL
GLAY「LOVE IS BEAUTIFUL」
2007/01/31
[CD]
¥3,086(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

シュガーヒル・ギャング来日記念特集~長谷川町蔵×大和田俊之が語るヒップホップの姿
シュガーヒル・ギャング来日記念特集~長谷川町蔵×大和田俊之が語るヒップホップの姿
ヒップホップ / ラップを世界に知らしめた伝説的ユニットが遂に来日!
デヴィッド・T.ウォーカー来日記念企画、ファンから集まった質問への返答が到着
デヴィッド・T.ウォーカー来日記念企画、ファンから集まった質問への返答が到着
モータウン黄金期を築いた世界一ソウルフルなギタリストからの返答は読みごたえあり
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
2018年3月19日、東京Zepp DiverCityにてLIVE vol.1開催決定!詳細は1月12日発表。
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
私の目指すシンガーに、ホイットニー・ヒューストンがいる
ジャネット・ケイ来日記念特集
ジャネット・ケイ来日記念特集
「Lovin' You」の大ヒットから40年…“ラヴァーズ・ロック”の女王のサクセス・ストーリーを追う。
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
【HOT 100】、【HOT ALBUMS】、【TOP ARTIST】年間ランキングを詳しく解説。
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
100タイトルの中から音楽ライターの熊谷美広氏が「初心者でも楽しめる作品」、「マニア垂涎の作品」を5枚ずつピックアップ
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
「日本のバンド=和楽器バンド」に辿り着きたい。

Chartsmore