Billboard JAPAN


Special Contents

グレース・ヴァンダーウォール初来日記念インタビュー



グレース・ヴァンダーウォールインタビュー

 2016年、アメリカの人気オーディション番組『アメリカズ・ゴット・タレント』に出演し、自ら作曲したオリジナル・ソングを披露し見事優勝を果たした現在13歳の米シンガー・ソングライター、グレース・ヴァンダ―ウォール。今年5月には日本デビュー作『パーフェクトリー・インパーフェクト』をリリースしたグレースが、プロモーションのため初来日を果たした。才能溢れるキュートなグレース本人にインタビューし、デビュー作や今後のアルバム・リリース、そしてお気に入りのYouTube動画など、様々な質問に答えてもらった。

ジェットコースターのような1年

−−【アメリカズ・ゴット・タレント(以下、AGT)】で優勝してから約1年が経ちましたが、この1年間はあなたにとってどんな時期でしたか?

グレース・ヴァンダーウォール:ジェットコースターに乗っているかのようだったわ…。

−−特に印象に残っている出来事はありますか? もちろん数えきれない程あるかとは思いますが。

グレース:日本に来れたこと!

−−日本には前から来てみたいと思っていたんですか?

グレース:6年生くらいの時に日本のファッション・サイトをよく見ていたの。服のサイズがアメリカのものよりもフィットするから。それで日本のファッションを気に入って、いつかは日本に来たいと思ってたわ。でもそのためだけに日本に来るのは…お金もかかるし…。だからこうして私の夢が一つ叶ってすごく嬉しいの!

−−今回、その来日が叶ったわけですが、ショッピングにはもう行きました?

グレース:昨日1時間くらいブレイクがあったから、気になったお店に入ってドレスとトップス2枚を買ったわ。実は15分くらい前までそのトップスを着ていたの。でも、まだまだショッピングし足りないわ。

−−そうだったんですね、見て見たかったです!話は戻りますが、そのそもそもAGTに出演しようと思った理由は?

グレース:良い経験になると思ってオーディションに出てみたの。色んな人に出会えると思ったから。そしたらいつの間にかステージの上に立っていて、TV番組に出演していたわ!



▲Grace VanderWaal: 12-Year-Old Ukulele Player Gets Golden Buzzer - America's Got Talent 2016


−−まさにジェットコースターのようですね。3歳の頃からオリジナル・ソングを作って歌っていたとのことですが、何かきっかけがあったのでしょうか?

グレース:深く考えず適当に目に入ったものを歌っていただけ。例えば、「コップ~♪」っていう感じで。モーツァルトを歌ってたわけじゃないし、やることがなくて暇だったから歌ってたの。

−−それがAGT優勝に繋がるわけですが、それ以降、身の回りの変化に対してストレスを感じることもあるでしょう。そんな時はどうするんですか?

グレース:最初の頃は本当にくだらないことで気持ちが圧倒されすぎて、コントロールできなくなってしまってた時もある。それがすごくストレスに感じていて、というのはやっぱりこんな状態になったのは初めてだったし、どうやって自分を保てばいいのか分からなかった。でも今では自分の感情をコントロールできるようになって、そっちの方向に気持ちが行きそうになった時も自分を落ち着かせることができるようになったわ。

−−曲を書く時にどんなことからインスピレーションを受けていますか?

グレース:作曲は会話をしているような感じで、まず最初に頭の中で思い付いた言葉をそのまま発しているの。そこから、曲全体がだんだん見えてくるようになっきて、もっとしっかりとした言葉や歌詞のチョイスがまとまっていく感じ。



▲Grace VanderWaal - Perfectly Imperfect (Japanese Subtitles)


NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. いつも通り頭の中で浮かんだことを歌ってる
  3. Next >

いつも通り頭の中で浮かんだことを歌ってる

−−新曲「Moonlight」についても教えてもらえますか?

グレース:この曲は発表するのにすごく時間が掛かったなと思っていて、早くみんなに聴いてもらいたかったんだけど、ずっとPCの中に入っていたの。2か月くらい前からね。目の前で自分の知っている誰かが不自然な変わり方をしていく様を歌っているわ。今はこの曲を収録する次のアルバムを制作してるところ。毎日ね。



▲Grace VanderWaal - Moonlight (Audio)


−−「Moonlight」はこれまでの曲と比べてサウンドのスケールも大きくなっていますが、新作で新しく挑戦したこと、したいことはありますか?

グレース:特に挑戦だと思うことは新作にはなくて、「Moonlight」は自然にまとまったというか、ぽっと落ちてきた感じ。その後のプロダクションも導かれるように進んでいったわ。だからあの曲を先行シングルとしてリリースしたの。

−−アルバムのレコーディングは順調ですか?プロデューサーとの作業はどんな感じでしょう?

グレース:レコーディングは、想像以上に上手くいってるわ!今までやったことがなかったことだから、最初は私も慣れてなかったし、ぎこちなく感じたけど、途中で意を決して飛び込んでやらなきゃいけないと思ったの。そうじゃないと、スタジオの雰囲気も居心地の悪い静かな感じになっちゃうからね。「よし!曲を作ろう!」っていう感じで意気込んでやっているわ。

−−収録曲数やはコンセプトは決まっていますか?

グレース:たぶん12~3曲くらいかな。アルバムってそのくらいよね。それを目標にしてる。コンセプトは特にないわ。いつも通り頭の中で浮かんだことを歌ってる。

−−EP『パーフェクトリー・インパーフェクト』との違いを挙げるとするならばどんなところでしょうか?

グレース:やっぱりアルバムを作るのって大変。曲も多いし。それに『パーフェクトリー・インパーフェクト』の曲って何か月も経て作ったものだけど、今はアルバム用の曲を2、3日に1曲くらいのペースで作っていて、その後もプリプロとかアレンジとか色んなことをやらなきゃいけない。でも最終的にはやりがいのあることね。

−−明日(2017年6月17日)、日本のファン前でイベントを行いますが、どんな気分でしょうか?

グレース:すごく興奮しているわ!

−−空港でも日本のファンと触れ合う機会があったと思いますが、どうでしたか?遠くの国に自分のファンがいるということについて。

グレース:本当に心が温まる感じよ。みんな本当に礼儀正しくて良い人たちばかり。アメリカだと、いきなり腕を掴まれて「セルフィ―!」みたいな感じで写真を撮られたりするから、そういう状況に慣れていたけど、日本のファンはちゃんと距離感を保ってくれているわ。

−−良い印象を持ってもらえて嬉しいです。そんな日本のファンはグレースさんの動画をYouTubeなどで見ていると思いますが、グレースさん自身もYouTubeの動画を見ることが好きと聞きました。最近、ハマっている動画はありますか?

グレース:何でも見るんだけど、最近よく見ているのは、Vineのコンピレーションと陰謀説と、あとはメイクアップのチュートリアル動画かな。全部バラバラだけど、すごく好きなの。

−−陰謀説は、どういったものでしょうか?(笑)

グレース:YouTubeでもマイナーな動画よね。(笑)でも色んなものあって、テレビ番組から色んな人の人生についてとか。その中でも最先端技術についての動画が一番ゾクッとするわ!(笑)

−−そういった動画も作曲に反映されることはあるんでしょうか?

グレース:実際にあったわ!「Burned」って曲を書いたんだけど、それは“黒魔術”についてなのよ。動画からインスピレーションを受けたと言えるわね。

−−その曲はアルバムに入るのでしょうか?

グレース:ええ、もちろんよ!

−−それは楽しみですね。曲は“黒魔術”のような感じの曲なのでしょうか?メタルみたいな?

グレース:いや、そういった感じではないわ。



▲Grace VanderWaal - Burned - Valley Hospital Concert (05/21/2017)[Stabl.]


−−曲ごとに歌い方も変えていると思うのですが、今後リリースされる予定のアルバム制作にあたり、自分自身、幅が広がったと感じることはありますか?

グレース:それは感じているわ。今まで以上にずっと歌い続けているからね。部屋の中で歌っているときに、急にリフが思い付いたり、あとは今まで出せなかった高音が歌えるようになったり。自分の出せる音域の幅が広がっているなって実感するわ。

−−アルバムのリリースも楽しみにしています。それでは、最後に日本のファンへのメッセージをお願いします。

グレース:みんな、本当にありがとう!言葉に表せないくらいスイートでキュートで、日本のファンのみんなに会うことが出来て本当に嬉しいわ!

−−インタビューに答えて頂きありがとうございました!

グレース・ヴァンダーウォールのサイン入りポラロイド写真を抽選で2名様にプレゼント!

写真

応募〆切:2017年7月17日(月)正午までに、Billboard JAPANの公式twitterアカウント(@Billboard_JAPAN)と洋楽専用アカウント(@BillboardJP_INT)を両方フォロー&ハッシュタグ#GraceVanderWaal_PolaJPでツイートした読者の中から抽選で2名様に取材時に撮影したサイン入りポラロイド写真をプレゼント!下記注意事項を必ず確認の上、ふるってご応募下さい!

・写真は選べません。予めご了承ください。
・応募締め切りは、2017年7月17日(月)正午となります。
・当選者の方には、@Billboard_JAPANよりDMを送ります。当選時に@Billboard_JAPAN@BillboardJP_INTをフォローされていない場合、当選は無効となります。
・当選は発送をもって代えさせて頂きます。

グレース・ヴァンダーウォール「パーフェクトリー・インパーフェクト」

パーフェクトリー・インパーフェクト

2017/05/24 RELEASE
SICP-5323 ¥ 1,620(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.アイ・ドント・ノウ・マイ・ネーム
  2. 02.クレイ
  3. 03.ライト・ザ・スカイ
  4. 04.ビューティフル・シング
  5. 05.ゴシップ・ガール
  6. 06.ミッシング・ユー (コーヒーハウス・ヴァージョン) 【日本盤ボーナス・トラック】
  7. 07.スカーズ・トゥ・ユア・ビューティフル 【日本盤ボーナス・トラック】
  8. 08.Aチーム 【日本盤ボーナス・トラック】

関連キーワード

TAG

Special Contentsmore

シュガーヒル・ギャング来日記念特集~長谷川町蔵×大和田俊之が語るヒップホップの姿
シュガーヒル・ギャング来日記念特集~長谷川町蔵×大和田俊之が語るヒップホップの姿
ヒップホップ / ラップを世界に知らしめた伝説的ユニットが遂に来日!
デヴィッド・T.ウォーカー来日記念企画、ファンから集まった質問への返答が到着
デヴィッド・T.ウォーカー来日記念企画、ファンから集まった質問への返答が到着
モータウン黄金期を築いた世界一ソウルフルなギタリストからの返答は読みごたえあり
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
2018年3月19日、東京Zepp DiverCityにてLIVE vol.1開催決定!詳細は1月12日発表。
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
私の目指すシンガーに、ホイットニー・ヒューストンがいる
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
「日本のバンド=和楽器バンド」に辿り着きたい。
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
【HOT 100】、【HOT ALBUMS】、【TOP ARTIST】年間ランキングを詳しく解説。
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
100タイトルの中から音楽ライターの熊谷美広氏が「初心者でも楽しめる作品」、「マニア垂涎の作品」を5枚ずつピックアップ
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
なぜ、いまポールがソウル・クラシックスのカバーに挑むのか? 増田勇一が解説。

Chartsmore