Billboard JAPAN


Special Contents

Cornelius『Mellow Waves』インタビュー 「今回は匂いとか、クセとかがある感じっていうのは意識しました」



 小山田圭吾によるソロ・プロジェクト、コーネリアスの新作アルバム『Mellow Waves』が6月28日にリリースされる。近年はMETAFIVEの一員としての活動に加え、『攻殻機動隊』シリーズのサウンドトラックなど様々なプロジェクトで活躍していた彼だが、自身の名義でのスタジオ・アルバムは2006年の『SENSUOS』以来11年ぶり。まさに待望の新作となった。そして、リリースそのものと同様に、その素晴らしい内容も驚くべきもの。現代的なギター・ロックに始まり、ミニマル・ミュージックやブラジル音楽といった、これまでのコーネリアス・サウンドの特徴も残しつつ、これまで以上にエモーショナルなムードも纏った、新境地の作品となった。その制作背景を知るべく、コーネリアス本人に話を聞いた。

なんかうっかりしてると経つなあ、みたいな(笑)

――私たちはBillboard JAPANチャートというのを毎週発表していまして、CDの売上に加えて、ダウンロード、ストリーミング、Youtube等の国内動画再生回数、あとTwitterやルックアップ、ラジオのポイントを合算して、一つのチャートとして発表するということをやっています。

小山田:Twitterも入ってるんですね。

――そうですね。オープンな掲示板でファンの方が投票する感覚で呟くという。

小山田:リクエスト的なことだよね。

――まさにそうですね。昔の『ザ・ベストテン』のリクエスト・ハガキのような。

小山田:なるほどね。

――小山田さんは普段チャートはご覧になりますか?

小山田:全く見ないですね。子供の頃は大好きで、それこそ『ザ・ベストテン』とかは毎週観てたけど、今は興味なくなっちゃったね。リスナーも細分化してるし。

――私達のチャートも、リスナーの聴き方からして細分化している中で、一つのチャートとして見せることが出来るのか、という命題を持ちながらやっています。普段、音楽を聴く時は、どうやって聴くことが多いですか?

小山田:基本、Spotifyですね。

――使ってみての感想は?

小山田:めっちゃ便利。あとインターフェイスが使いやすいね。プレイリストを作るのも検索するのも。反応も良いし。最近は、どんどんプレイリストに入れてループして、そこから連鎖で探すことも多いですね。昔のから今のから、本当にランダムに聴いて、その中から気に入ったのが、さらに別のプレイリストに入る。いくつかのプレイリストがあって、とりあえず気になったのを入れるところと、夜っぽいのと昼っぽいの。で、自分の中のヘビロテが決まっていく、という感じです。

――その前はどうやって聴くことが多かったですか?

小山田:CD盤で聴いてたのは90年代後半くらいまでかな。そこからはデータに移行して。アナログは今でもたまに聴くけどね。

――今はリリースの方法も、ストリーミングからアナログからカセット・テープから、色々とあると思うのですが、小山田さんは制作の段階でリリースの形態を意識することはありますか?今回のアルバム『Mellow Waves』も、A面とB面で区切れて、アナログ盤や46分カセット・テープにちょうど入る長さですよね。

小山田:うん。割とここ最近そんな気分で。90年代のCD中心の頃は、たくさん曲を入れたり、隠しトラックを入れたり、曲も全部シームレスで繋がってたりして、CDっぽい作りでアルバムも作ってたんだけど、ここ数年というか、30歳を超えた辺りから“46分”っていうのは何となく自分の中にありますね。アナログ時代からの刷り込みもあって、集中するのにちょうど良い時間というか。あと、曲があんまりシームレスにつながってると、データに変換した時に聴きづらいなとか。

――リスナーもプレイリストで聴くかも知れないですしね。

小山田:そうそう。自分もそういう聴き方をするしね。46分以内で、曲が繋がってなくて、世界観があって、A面/B面の区切りがあって…っていうのは、曲順を考える時に意識するかも知れないですね。

――最近は、アルバムのフォーマットや流れにこだわって作品を作るアーティストもいる一方、プレイリストで聴かれることを前提に20曲くらいアルバムに詰め込むアーティストもいて二極化している印象もあります。ラッパーのドレイクのように最初から“プレイリスト”と打ち出す人もいたり。そういう動きについては、どう思いますか?

小山田:ありかもね。逆にCDやレコードの頃は絶対出来なかったけど、一曲120分とか、5時間とか24時間の曲とかも作れるし。色んなメディアによって発表の仕方もあって、それによって表現の仕方も変わるのかなと思います。

――そんな中、さっきも言ったように『Mellow Waves』は、アルバム全体の流れから、アルバムという括りやアナログ盤といった形式が意識されていて印象的でした。ここ数年のインタビューの中で、アルバムに着手しているということは何度か仰っていたと思うのですが、実際に作業に取り掛かったのはいつ頃なのでしょうか?

小山田:ずっと断片的にはやっていたんです。収録曲で一番古いのが「Mellow Yellow Feel」で、ファイルには“2012年”って書いてありましたけど、実際には、その前から時間を見つけて作業してましたね。その間に(『攻殻機動隊』、METAFIVEなど)他のプロジェクトに集中する時期があって、また戻って、ということを繰り返しているうちに、曲が揃ってきて。それらをまとめに入ったのが、去年の年末ですね。


▲METAFIVE - Don’t Move -Studio Live Version-

――『SENSUOUS』から実に11年ぶりのスタジオ・アルバムということになりました。

小山田:いや、なんかうっかりしてると経つなあ、みたいな(笑)。

――その11年の間に、ストリーミングの定着やアナログの再ブームなどもあり、音楽シーンもだいぶ変わりましたね。

小山田:そう言えば、一時期カセットで音楽を聴いてたこともありました。免許を取って、車を買ったんだけど、納品までの代車として借りた車がカセットしか聴けなくて(笑)。それで、昔聴いていたカセットとか、中学の頃に友だちとやってたバンドのライブ音源とか、そういうのを聴いて、3か月くらいのカセット大ブームがありました。今も地味に継続してます。

――へぇ~!(笑)。今後、カセットで何か出すというのも面白いかも知れないですね。

小山田:うん。カセット出したいなぁ。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 今回はもっと線だったり、面だったり、曲線だったり、
    そういう要素が欲しいなと思って
  3. Next >

今回はもっと線だったり、面だったり、曲線だったり、そういう要素が欲しいなと思って

――今回、先行シングルが7インチで出たのも、国内のメジャー・レーベルのアーティストとしては珍しい動きで新鮮でした。

小山田:でも、今時CDシングルって出さないじゃないですか? 買っても嬉しくない感じもあるし。7インチはジャケットも映えるし、モノとしてすごく良いなって思っていて。(アートワークに使用した)今回の版画も、原画がこれ(7インチ・ジャケット)に近いサイズなんです。最近、僕もアナログをたまに買って聴くようになって。あと、アナログの方が、聴く人も真剣に聴いてくれそうというか…。なんか雑に聴くじゃないですか?(笑) レコード・プレイヤーに置いて、裏返して…そこまでやったら、みんな真剣に聴くかもと思って。僕自身も、やっぱりそうやって聴くと全然違うんですよね。

――「あなたがいるなら」「いつか / どこか」の2曲を先行シングルに選んだのは?

小山田:7インチ・シングルというフォーマットに一番合ってるなと思って。あと、「あなたがいるなら」は、今回のアルバムを一番象徴してる曲だなと思いました。

――その2枚の7インチ・シングルと、アルバムのアートワークに使用した版画家の中林忠良さんは、小山田さんから見て叔父様に当たるそうですね。昔から彼の作品を自分の作品に使いたいと考えていたんですか?

小山田:2005年に中林さんが芸大(東京芸術大学)の先生を辞めた時に、今までの作品を一気に見られる展覧会があって、その時から何となく中林さんの作品を使えないかな、と思ってたんです。(それ以前も作品を)見たことはあったんだけど、よく会っていたのは小学生くらいの頃までで。(中林の)家に行くと、版画や版画用の機械が置いてあって。中林さんってすごいDIYが好きで、内装とかも全部自分で作っちゃう人だったので、家の中もすごく面白くて、よく覚えてるんです。(『Mellow Waves』のジャケットを指差して)こういうモノクロの、夢だか現実だか分からない世界観で、照明に照らされた版画が階段にポツンと掛けてあったりして。その展覧会から、何となく心の中で「使いたいな」と思っていて、今回は、そういう世界観に引っ張られて、こういうアルバムになった部分もあると思います。

――そこで作品の種がまかれた、みたいな。

小山田:うん。そういうのはいくつかあるけど、今回は中林さんの作品が大きいかな。

――『Mellow Waves』のアートワークは、女の人の体みたいですよね。

小山田:女性の胸みたいだよね。でも、何だか分かんないし、「Wave」感があるなと思って選びました。

――ちなみに、他にはどんなものがアルバムのインスピレーションになったんですか?

小山田:インスピレーションというか、縁というか、ラッシュのミキちゃん(ミキ・ベレーニ。「The Spell of a Vanishing Loveliness」の作詞に参加)も、ちょうど10年くらい前に(自分の)父親が亡くなって、その時に親戚が集まって、初めて親戚だって知ったんです。子供の頃は知らなくて。そこから『SENSUOUS』のツアーでイギリスに行った時に仲良くなって。去年、ラッシュが再結成した時にリミックスを頼まれて、今回はその代わりとして作詞をして貰いました。ミキちゃんも同世代で子供も二人いて、良い感じにおばさんなので、共有する部分があるんだと思います。

――なるほど。坂本慎太郎さんとは、2011年のsalyu×salyuからコラボレーションが続いていますよね。

小山田:そうですね。ここ数年、『攻殻機動隊』とかもお願いしてます。彼の作る歌詞がすごく気に入っていて、今回も頼みたいなと。


▲salyu×salyu - 「ただのともだち」

――『PMD』のインタビューによると、2015年の「あなたを保つもの」のレコーディングの後に、居酒屋で参加をお願いしたそうですね。

小山田:そうですね。その時に、「どんなのが良いかな?」って話をしていて、最初は坂本くんが「ブルース・ロックをやったら良いんじゃない?」って言っていて(笑)。そこから「ラブ・ソングが良いんじゃない?」という話になって、僕が持ち帰って、「あなたがいるなら」になったんです。ブルース・ロックではないけど、ブルースのエモーショナルな感じとか、チョーキング(奏法)とかに、そういう感じは残ってますね。

――なるほど。ここまでストレートなラブ・ソングは、これまでのコーネリアス作品の中にありませんでした。ポップスのテーマとしてラブ・ソング定番中の定番ですが、これまでなぜあまりやって来なかったのでしょうか?

小山田:一番ありがちというか、そういうところを避けてたんだと思う。でも、(アイデアが出た時は)面白いなと思ったよ。坂本くんとなら大丈夫だなって。


▲Cornelius - 「あなたがいるなら」“If You're Here”

――今回は、仮歌も入った状態で、先に曲を渡して歌詞を書いて貰う形だったんですか?

小山田:そうだね。ラララで歌って。

――坂本さんから戻ってきたものも一発OK?

小山田:うん、完璧!と思った。

――『POINT』以降は、声を分解して配置を変えて、というものが多かった気がするのですが、今回は歌そのものもすごくメロディアスですよね。

小山田:うん。「今回は歌ものが良いかな」っていうのも、作ってる途中から何となく思ってたかな。割とここ数作は、声を分解して…とかそういう感じだったので、今回はもっと線だったり、面だったり、曲線だったり、そういう要素が欲しいなと思って。あと、他に色々プロジェクトをやっていて、やっていないのは自分で歌うことだったので、ちょっとそこにフォーカスする形でやってみたいなと思いました。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 今回は匂いとか、クセとかがある感じっていうのは意識しました
  3. Next >

今回は匂いとか、クセとかがある感じっていうのは意識しました

――『攻殻機動隊』等で、他の歌手のプロデュースも色々としていましたが、そういう歌手からの影響もありましたか?

小山田:影響を受けましたね。歌が上手い人ばっかりだったし。Salyuにしても市子ちゃんにしても真綾さんにしても、ちゃんと丁重に一音一音を考えながら歌っていて、「ボーカリストってすごいな」と思いました(笑)。(自分は)あんなにちゃんとは歌えないんですけど、自分が出来る良い感じを目指すっていう目標で。あと、最近は機械がすごくて、ピッチとかリズムとか、ほとんど直せるから、もっと歌のニュアンスに集中することが出来ました。(以前は)テイクを残すのがすごい大変だったから、何回も歌い直して「もう一回!」みたいにやってるうちに段々冷めてっちゃう、みたいなことがありましたからね。

――歌詞の面も含めて『POINT』や『SENSOUS』は、意味や物語よりも感覚にフォーカスしてた印象があったんですけど、今回はアルバムを通して、一つのストーリーのようなものが浮かび上がってくる印象があります。そこは意識しましたか?

小山田:うーん、そうだね。『POINT』とか『SENSOUS』は、あまり味がしないというか、水とか空気みたいに誰が飲んでも抵抗がない、というものなんだけど、今回は匂いとか、クセとかがある感じっていうのは意識しましたね。

――そう意識したのは、なぜですか?

小山田:なんだろうね。加齢かな? 何かこう、匂いとかがある物の方が、中毒性があるというか。分かんないけど、ブルーチーズとか、子供の頃に食べられなかったものが、一度クセになると好きになる、みたな。そういうものが良いなって思ったんです。


▲Cornelius - 「いつか / どこか」“Sometime / Someplace”

――結果的に、素晴らしく雰囲気のある作品になったと思います。この作品のメロウな感じは、現代の他のアーティスト――例えば、音楽性は異なりますが、フランク・オーシャンの『Blonde』など――とも通じる部分があるように思うのですが、そういった“時代の空気感”のようなものを意識することはありましたか?

小山田:うーん、これって特にメロウなアルバムを作ろうって始めたことじゃなかったんです。10年位前からやっていて、曲が固まってきた時点で見えた共通のキーワードが「Mellow」と「Wave」だったというだけで。実は他にも、テンションが高い曲とか、圧が強い曲とかがあったんだけど、それは他のプロジェクト――METAFIVEや『攻殻機動隊』――に行っていて。それは(そのプロジェクトに)合うっていうのと、何となく今の自分のムードに合わないっていうのが両方あって、意識的にそうしていた部分もありました。その時にあったのが、今回のムードだったんです。でも、今普通にこの時代に生活していて、共通に感じることって、きっとあると思います。だから、そういうものが影響してる可能性はきっとあるし、最初はそこまで意識的じゃなくて無意識だけど、結果的にそうなっているっていうことは、あるかも知れないですね。

――アルバムには『攻殻機動隊』のサウンドトラックにも収録されていた「Surfing on Mind Wave」のパート2が収録されていますね。

小山田:そうですね。『Mellow Waves』っていうタイトルを思いついた時に、波っていうことは、グリッドの無い世界で、常に変化し続けて、構成もなくて、色んな出来事がただ起きて、ずっと続いていくってことだよなと思って。そういう曲を作らなきゃと思ったら、もう作ってました。『攻殻機動隊』の世界に合わせて、パート1はダークな和音構成になってたんですけど、もうちょっと明るいとも暗いともつかない調性にして、展開も色々と変えて収録した曲ですね。次の曲が「夢の中で」って曲なので、完全に夢の世界というか、マインド・トリップな世界。「Surfing on Mind Wave」から続いて「夢の中で」って流れがキレイだなって思いました。あと、今回は比較的、歌もののポップス・アルバムという感じなので、その中にこういう(インストの)曲が入ることによって、全然聴こえ方が違うんじゃないかな、というのもあって入れました。

――そして、いよいよ7月の【FUJI ROCK】からツアーが始まります。11月まで日本の各所でライブがありますが、その後は海外で展開する予定もあるのでしょうか?

小山田:うん。たぶん来年かな。

――去年の『FANTASMA』のツアーは、今回のツアーの慣らしというような側面もあったんですか?

小山田:うん。その側面がデカいですね。

――新作の曲に関しても、また映像の同期も準備してるんですか?

小山田:うん、してます。

――それは楽しみです。でも、準備は大変そうですね。「あなたがいるなら」も、演奏するだけでも難しそうです。

小山田:結構大変だね。普通にキックが1拍目で、スネアが3拍目ってリズムなんだけど、他の楽器が全部微妙にズレてる。ズレてるけど、辻褄が合ってるっていうか、それでグルーヴが構成されてる感じに作ってるんですけど、演奏すると変な難しさがありますね。

Cornelius「Mellow Waves」

Mellow Waves

2017/06/28 RELEASE
WPCL-12660 ¥ 3,024(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.あなたがいるなら
  2. 02.いつか / どこか
  3. 03.未来の人へ
  4. 04.Surfing on Mind Wave pt 2
  5. 05.夢の中で
  6. 06.Helix / Spiral
  7. 07.Mellow Yellow Feel
  8. 08.The Spell of a Vanishing Loveliness
  9. 09.The Rain Song
  10. 10.Crepuscule

関連キーワード

TAG

BREEZIN’
CORNELIUS「BREEZIN’」
2006/09/27
[CD]
¥1,234(税込)
購入画面へ
MUSIC
CORNELIUS「MUSIC」
2006/08/23
[CD]
¥1,234(税込)
購入画面へ
5.1
CORNELIUS「5.1」
2003/07/23
[DVD]
¥4,937(税込)
購入画面へ
PM
CORNELIUS「PM」
2003/07/23
[CD]
¥2,268(税込)
購入画面へ
CM2
CORNELIUS「CM2」
2003/06/25
[CD]
¥2,592(税込)
購入画面へ
POINT
CORNELIUS「POINT」
2001/10/24
[CD]
¥3,086(税込)
購入画面へ
ファンタズマ
コーネリアス「ファンタズマ」
2001/10/24
[CD]
¥3,146(税込)
購入画面へ
69□96
CORNELIUS「69□96」
2001/10/24
[CD]
¥3,146(税込)
購入画面へ
drop
CORNELIUS「drop」
2001/10/03
[CD Single]
¥514(税込)
購入画面へ
point of view point
CORNELIUS「point of view point」
2001/09/05
[CD Single]
¥514(税込)
購入画面へ
Maxi On
嶺川貴子 CORNELIUS pate「Maxi On」
2000/07/12
[CD]
¥2,057(税込)
購入画面へ
メニュー200
(オムニバス) CORNELIUS 加地秀基 SEAGULL SCREAMING KISS HER KISS HER SALON MUSIC シトラス 想い出波止場「メニュー200」
2000/03/15
[CD]
¥2,057(税込)
購入画面へ
CM
CORNELIUS「CM」
1998/11/26
[CD]
¥2,469(税込)
購入画面へ
FM
CORNELIUS「FM」
1998/11/26
[CD]
¥2,469(税込)
購入画面へ
ファンタズマ
CORNELIUS「ファンタズマ」
1997/08/06
[CD]
¥3,600(税込)
購入画面へ
JAZZ JERSEY
(オムニバス) 小山田圭吾「JAZZ JERSEY」
1992/11/26
[CD]
¥2,621(税込)
購入画面へ

Chartsmore