Billboard JAPAN


Special Contents

JAY'ED『Here I Stand』インタビュー



JAY'ED『Here I Stand』インタビュー

2008年にメジャーデビューし、「ずっと一緒」「Everybody」などのヒット曲や、JUJUとのコラボによる名曲「明日がくるなら」で名を馳せたR&Bシンガー JAY'EDが、オリジナルアルバムとしては約3年ぶりの新作『Here I Stand』を完成させた。

昨年よりLDH所属となり、旧友でもあるEXILE ATSUSHIとの共同プロデュースのもと、PKCZ(R)、今市隆二(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)、DOBERMAN INFINITY、Crystal Kay、AKLOら豪華客演陣を招いて作り上げた新たな傑作について語ってもらった。

どこかに“そうじゃない自分”も感じて苦しんでいた

▲YouTube「【JAY'ED】 Here I Stand -Music Video-」
▲YouTube「【JAY'ED】 Here I Stand -Music Video-」

--来年でメジャーデビュー10周年を迎えます。

JAY'ED:そもそもの活動としては10年以上にはなるんですが、そういっていただけた方が初々しい感じがしますよね(笑)。インディーズの頃はよりクラブを意識した曲を作っていましたし、メジャーデビューしてからはもっと幅広くやっていこうと模索していました。初めてクラブ以外の場所で歌うことができましたし、ブラックミュージックに興味が無い人たちにも、自分の歌を通じて繋がることができました。
なので、良かったと思いますし、ものすごく勉強させてもらいましたね。人種やジャンルを問わずに繋がることができると知った期間でした。

--それは今だから言えることなのでしょうか。

JAY'ED:当時はずっとどこかに“そうじゃない自分”も感じていて、苦しむところは苦しんでいたと思います。インディーズの頃とは見られ方も違いましたし、昔から応援してくれていた人たち全員がメジャーでの僕に満足していたわけではないとも思います。ただ、僕は想像できるんですよね、もしメジャーに行っていなかったらどうなっていたのか。でも、当時、今の自分は想像できてなかったと思います。

確かにやりながら僕自身ものすごく意識していたし、そのバランスは悩んでいたんですけど、今回3年ぶりにリリースする上で、世の中の音楽の聴き方も変わってきたとも思っています。 配信やインターネットの影響で、邦楽も洋楽も垣根なく聴く人が増えたと思いますし、アーティストも変わってきた。洋楽のテイストのサウンドも増えてきて、昔以上に免疫がついたところもあると思うから、そこまでバランスを考えすぎなくてもいいのかなって。

--そうした意識は今回のアルバム『Here I Stand』にも表れていて、5年前のJAY'EDさんだったら鳴らさなかった音、歌わなかった歌が収録されています。

JAY'ED:『Here I Stand』というタイトルだけあって、強い決意で挑みました。とにかくこれをきっかけ、のろしにして、またしっかり作っていこうと。1曲でも多く、たくさんの人に気に入っていただこうと作った作品です。

共同プロデュース EXILE ATSUSHIとの出会い

JAY'ED『Here I Stand』インタビュー

--本作はEXILE ATSUSHIさんとの共同プロデュースになっていますが、JAY'EDさんは昨年よりLDHに所属しました。

JAY'ED:3年ほど前、フリーになってライブをやっていた時期も生活はできたんですけど、ゼロから作品を作って人を感動させるっていう、アーティストとしての勝負をしなくなっていたんです。やっぱり段々と“過去の曲で食べていく在り方はどうなんだろう……?”って、もう一度仕切り直してもっともっと曲を作って届けていきたい、という思いが強くなってきて。

そんな矢先にATSUSHIくんから“良かったらうちに入らない?”って話を頂いて、……最初はお世辞だと思ってました(笑)。でも、翌日には長文のメールでもう一度誘って頂いて、ゼロからやり直したいっていう気持ちを伝えて、是非お願いしますとご返事しました。

--“EXILE ATSUSHI”というアーティストは、どのように見ていましたか?

JAY'ED:僕がインディーズでヒップホップやクラブミュージックをやっていた当時、クラブはポップスへの対抗心が強かったですから、EXILEはある種の標的にされるところもあって。僕はブラックミュージックがバックグラウンドにある人がもっと日本のシーンに出てきて欲しいっていう思いの方が強かったから、何のヘイトも無く応援していましたね。シーンの底上げになって周囲の理解度が高まることの方が大事というか。

ATSUSHIくんと初めてお会いしたのも僕がまだクラブで歌っていたころで、バーカウンターでDOBERMAN INCのメンバーからATSUSHIくん、MAKIDAIさんとUSAさんを紹介されて、みんなでATSUSHIくんの家に遊びに行くことになったんですよ。そこで、ATSUSHIくんに呼ばれて違う部屋に行ったら、ATSUSHIくんはJodeciっていうR&BグループのDVDを流し始めて、音楽に対する思いをものすごく熱く語り始めてくれたんです。色んなアイディアを出しながら、“いつかこういうのをやりたいんだよね”って。

日本でトップを張るグループのフロントマンが自分と近いものを持っていた。僕はそれがすごく嬉しかったですし、日本のシーンでブラックミュージックをやりたいという意識がシンクロしたんです。その日から“いつか一緒にできたらいいよね”って、会うたびにお互い話していて(笑)。それがきっかけでLDHに所属させていただくことになりましたし、サウンドプロデュースという形で初めて一緒に仕事ができて本当に嬉しいです。

NEXT PAGE
  1. また作品をリリースすることを自分のことのように喜んでくれる仲間たち
  2. Next >
インタビュー写真

JAY'ED『Here I Stand』インタビュー JAY'ED『Here I Stand』インタビュー JAY'ED『Here I Stand』インタビュー JAY'ED『Here I Stand』インタビュー JAY'ED『Here I Stand』インタビュー JAY'ED『Here I Stand』インタビュー JAY'ED『Here I Stand』インタビュー


また作品をリリースすることを自分のことのように喜んでくれる仲間たち

▲YouTube「【JAY'ED】 The Paradise -Music Video-」
▲YouTube「【JAY'ED】 The Paradise -Music Video-」

--本作で10年分の思いを形にできた?

JAY'ED:DOBERMAN INFINITYも大阪でのクラブ時代から一緒に活動していましたが、彼らがLDH所属になったとき、音楽に対する姿勢が変わったのを感じていたんですよ。そのとき、くすぶっていた自分も変えられるかもしれないって痛感して、だったら僕もそこに飛び込んで変わりたい。LDHは周囲にいる人たちもそういう人たちばかりだから、強い思いを持って挑みたいと思いました。

--今作は変化だけでなく、BACHLOGICさんなどこれまでJAY'EDさんの音楽を支えてきたクリエイターも参加しています。

JAY'ED:アルバムには過去の曲も収録されていますが、これは今まで僕を聴いたことが無い人たちに対する名刺代わりでもありますし、昔から聴いてくれている人たちにはリメイクした新しいカタチを聴いてもらいたかったんです。昔から一緒にやっているAKLOやDOBERMAN INFINITYはもちろん、トラックメイクを新たな方にもお願いして、新旧取り揃えた内容になっています。

--1曲目「The Paradise」の作詞にはLugz&Jeraさんが参加しています。

JAY'ED:LJ(=Lugz&Jera)とは大阪時代に出会ったんですけど、当時はインディーズでCDを出すと、自分で有名なライブハウスやクラブを渡り歩いてポスターやフライヤーを配っていたんですよ。その後、僕はメジャーに行ってスタッフにも恵まれる環境になって、またフリーになった。ひとりになったことで“もう音楽できないな……”って弱音を吐いてしまっていた時期に、LJからものすごく怒られたことがあったんです。

若いころはひとりで動いてたじゃないか、メジャーに行って甘やかされたら何もできなくなるなんてダサすぎる。LJはそういう気持ちを気づかせてくれた友だちですし、一番辛かった時期をずっと見てきてくれた仲間たちは、こうしてまた作品をリリースすることを自分のことのように喜んでくれるんですよ。M-06「blind」のトラックメイクをやってくれたRYUJAとか。

だから僕にとってこの作品は、昔から一緒にいる仲間たちが僕と共に立っていて、LDHで出会った新たな仲間たちと、何よりEXILE ATSUSHIさんが一緒に立っている。僕ひとりだけの“Here I Stand”じゃないんです。

孤独感の中から立ち上がる思いを表現する

▲YouTube「【JAY'ED】 Here I Stand -Music Video-」
▲YouTube「【JAY'ED】 Here I Stand -Music Video-」

--シングルとして先行リリースした「Here I Stand」は、孤独を感じさせる場所から再び立ち上がっていく決意を歌った曲ですよね。それをこうしてタイトルに冠した理由というのは。

JAY'ED:2ndステージを始める前に、その決意を伝えたかったんです。「Here I Stand」を非常にシンプルな構成にしたのも、僕の思いをなるべくダイレクトに感じて欲しかったから。正直、音がたくさん入っている方が歌う上では安心するんですけど(笑)。今までのことを考えたり、そういった孤独感の中から立ち上がる思いを表現する中で、ピアノ1本にしようと思いました。

--4曲目「ずっと一緒 feat.Duran (RED DIAMOND DOGS/Made in Asia)」は、EXILE ATSUSHIさんのバンド RED DIAMOND DOGSのギタリストでもあり、GITマスター優勝経験もあるDuranさんをフィーチャリングに、JAY'EDさんの代表曲をバンド・サウンドでリアレンジしています。

JAY'ED:メジャーデビューして間もない頃に作った曲をもう一度見つめ直して歌うことで、もう少し大人になった「ずっと一緒」にしたくて、オーガニックなテイストにしたんですよね。 もちろん、クラブ的な部分は自分にとってすごく大事だから出したいのですが、それ以降の活動で表現してきたことも大切にしたい。それを良いバランス、良いタイミングで表現していきたいんです。

--そういうトライは、M-07「All I Did Is Grind feat.AKLO」でも挑まれていますよね。近年の世界的なムーブメントも取り入れつつ、メロディラインはメジャーデビュー以降のJAY'EDさんを感じさせる。

JAY'ED『Here I Stand』インタビュー

JAY'ED:……ありがとうございます。そこは自分でも手応えを感じていて、今までAKLOと作ってきた曲はふたりのパートがしっかり分かれていて、彼はラップで僕は歌う。彼のヴァースの後は必ず僕の歌、みたいになっていたんですけど、今回はAKLOのフロウに合わせてメロディを入れてみたりと、色んなトライをしました。

彼とは今回合宿をして、10曲くらい作ったんですよ。とにかくかっこいい曲を作ろうと半分遊び感覚でやっていたんですけど、現行のヒップホップのノリを教えてもらって、何となくつかめた部分もありました。それは今後の活動にも大きな影響を与えてくれると思っていますし、その都度、最新のトレンドも取り入れながらやっていきたいですね。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 当時、僕は普通にリスナーとしてCrystal KayさんのCDを買っていました
  3. Next >
インタビュー写真

JAY'ED『Here I Stand』インタビュー JAY'ED『Here I Stand』インタビュー JAY'ED『Here I Stand』インタビュー JAY'ED『Here I Stand』インタビュー JAY'ED『Here I Stand』インタビュー JAY'ED『Here I Stand』インタビュー JAY'ED『Here I Stand』インタビュー


当時、僕は普通にリスナーとしてCrystal KayさんのCDを買っていました

▲YouTube「JAY'ED「 MY WAY」」
▲YouTube「JAY'ED「 MY WAY」」

--ヒップホップもここ10年で大きく変化しました。

JAY'ED:以前にもヒップホップのブームがあったと思うのですが、その時とは違いますよね。『フリースタイルダンジョン』もそうですけど、より本質的な部分が世の中に浸透してきていると思いますし、R&Bも含めてもっと色んな形で広がっていけばいいなって。

--M-03「Without You feat.Crystal Kay」で共演しているCrystal Kayさんも、日本のシーンで長くR&Bを支えてきたシンガーです。作品での彼女との共演は、意外にも初なんですよね。

JAY'ED:Crystal Kayさんは12~3歳のころから歌っていて、当時僕は普通にリスナーとしてCDを買っていましたから、同じLDH所属ということもあって“今こそお願いできないかな”って(笑)。それで連絡させていただいたら快諾してくださったので、彼女がデビュー当時から一緒にやっているT.Kuraさんにトラックをお願いをして、その曲を一緒に歌う。20歳くらいの自分に自慢したい1曲になりました(笑)。

--両者のボーカリストとしての存在感が並び立つ、強烈な1曲になっていますよね。

JAY'ED:僕はしがみつくように必死でした(笑)。改めて一緒にレコーディングをすることで、彼女の歌声の素晴らしさを間近に感じて、もっとがんばらなきゃなって思いになりましたね。ものすごく説得力のある歌声です。

--また、M-09「明日がくるなら ~ JAY’ ED Solo version ~」はかつてJAY'EDさんの名を世に知らしめた1曲であると共に、JUJUさんにとっても代表曲中の代表曲であるだけに、収録したのは大きな決断ですよね。

JAY'ED: ATSUSHIくんとミーティングしているときに、JAY'EDの名を一番広めてくれた「明日がくるなら」を収録することで、“あの曲を歌っていた人か”って認識してもらえる。長いブランクがあっての今だからこそ、名刺的な意味も含めて必要なんじゃないか、本作には相応しいんじゃないかって話になって。また、このキーにすることで雰囲気が変わったと思っています。

ある意味、今のヒップホップやJ-RAPはその答えだと思う

JAY'ED『Here I Stand』インタビュー

--続くM-10「MY WAY」も、大きなテーマを歌った大名曲のカバーになります。

JAY'ED:この曲は去年、映画のために作らせていただいたのですが、アルバム『Here I Stand』のプランを固めて色んな曲を集めていく中で、「MY WAY」を振り返ったときに“これってすごいHere I Standじゃない?”って。テーマがすごく“Here I Stand”に通ずるものだったし、他の曲と色が違うのも良いなと思って収録しました。

--「明日がくるなら」があり、「MY WAY」があり、「Here I Stand」がある。やはり大きな決意表明になる作品ですよね。

JAY'ED:たしかにそういう意味では、「明日がくるなら」と「MY WAY」があることによって、アルバムのテーマはより濃くなっていると思います。

--これから先のJAY'EDは、やりたいことを素直にアプローチしていくのでしょうか。

JAY'ED:今はまだこの作品が完成したばかりなので先はわからないんですけど、そこに向けた準備をしていこうという気持ちはすでにありますね。どういった曲を作るにしても、芯を通したい。サウンド的にもメロディ的にも、という気持ちは以前よりも強くあります。

ある意味、今のヒップホップやJ-RAPはその答えだと思っていて、みんなが貫き通してきたものが世間に浸透しましたよね。自分もブレずにやっていきたいと思っています。

--では、シンガーとしてアーティストとして表現者として、これからのJAY'EDさんが目指していくものは?

JAY'ED:“Here I Stand”と宣言した以上、後には引かない。しっかりこの音楽道、歌い手としての道をまっすぐ行こうという気持ちですね。ブランクが長かっただけに、こうして音楽をやれる歓びを感じていますし、大変なときを支えてくれた仲間 ―――チャンスをくれたATSUSHIくんやチームのスタッフ、仲間たちに恩返しできる音を鳴らしていきたいなって。自分自身と向き合いながら、磨いていきたいと思います。

JAY'ED『Here I Stand』インタビュー

インタビュー写真

JAY'ED『Here I Stand』インタビュー JAY'ED『Here I Stand』インタビュー JAY'ED『Here I Stand』インタビュー JAY'ED『Here I Stand』インタビュー JAY'ED『Here I Stand』インタビュー JAY'ED『Here I Stand』インタビュー JAY'ED『Here I Stand』インタビュー

JAY’ED「Here I Stand」

Here I Stand

2017/06/21 RELEASE
MUCD-8105/6 ¥ 4,104(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.The Paradise
  2. 02.Must Be MAGIC
  3. 03.Without You feat.Crystal Kay
  4. 04.ずっと一緒 feat.Duran (RED DIAMOND DOGS/Made in Asia)
  5. 05.Beautiful Days
  6. 06.blind
  7. 07.All I Did Is Grind feat.AKLO
  8. 08.P.B.E feat.今市隆二 (三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)
  9. 09.明日がくるなら ~JAY’ED Solo version~
  10. 10.MY WAY
  11. 11.Takers feat.DOBERMAN INFINITY
  12. 12.Everybody -PKCZ Remix-
  13. 13.Here I Stand

関連商品

Love Ballade
EXILE ATSUSHI「Love Ballade」

2014/12/03

[CD]

¥5,378(税込)

Love Ballade
EXILE ATSUSHI「Love Ballade」

2014/12/03

[CD]

¥4,298(税込)

JAY’ED WORKS
JAY’ED「JAY’ED WORKS」

2014/11/12

[CD]

¥3,240(税込)

Precious Love
EXILE ATSUSHI「Precious Love」

2014/10/29

[CD]

¥1,080(税込)

Precious Love
EXILE ATSUSHI「Precious Love」

2014/10/29

[CD]

¥1,944(税込)

Music
EXILE ATSUSHI「Music」

2014/03/12

[CD]

¥3,024(税込)

Music
EXILE ATSUSHI「Music」

2014/03/12

[CD]

¥5,940(税込)

Music
EXILE ATSUSHI「Music」

2014/03/12

[CD]

¥7,020(税込)

青い龍
EXILE ATSUSHI「青い龍」

2014/02/19

[CD]

¥1,080(税込)

青い龍
EXILE ATSUSHI「青い龍」

2014/02/19

[CD]

¥1,944(税込)

道しるべ
EXILE ATSUSHI「道しるべ」

2013/08/21

[CD]

¥1,080(税込)

道しるべ
EXILE ATSUSHI「道しるべ」

2013/08/21

[CD]

¥1,944(税込)

JAY’EDISCO
JAY’ED「JAY’EDISCO」

2013/05/29

[CD]

¥2,880(税込)

MELROSE ~愛さない約束~
EXILE ATSUSHI「MELROSE ~愛さない約束~」

2012/12/05

[CD]

¥1,296(税込)

MELROSE ~愛さない約束~
EXILE ATSUSHI「MELROSE ~愛さない約束~」

2012/12/05

[CD]

¥1,944(税込)

雨のち晴れ
INFINITY 16 welcomez MINMI & JAY’ED「雨のち晴れ」

2012/04/25

[CD]

¥1,080(税込)

あなたへ/Ooo Baby
EXILE EXILE ATSUSHI「あなたへ/Ooo Baby」

2011/11/23

[CD]

¥1,080(税込)

あなたへ/Ooo Baby
EXILE EXILE ATSUSHI「あなたへ/Ooo Baby」

2011/11/23

[CD]

¥1,944(税込)

Your Voice
JAY’ED「Your Voice」

2011/11/16

[CD]

¥3,240(税込)

永遠はただの一秒から
JAY’ED × JUJU「永遠はただの一秒から」

2011/10/19

[CD]

¥1,028(税込)

Everybody
JAY’ED「Everybody」

2009/10/14

[CD]

¥1,028(税込)

PARADISE
DJ MAYUMI feat.AK-69,BIG RON & JAY’ED「PARADISE」

2009/07/29

[CD]

¥1,132(税込)

明日がくるなら
JUJU JUJU with JAY’ED「明日がくるなら」

2009/04/29

[CD]

¥1,258(税込)

最後の優しさ/SUNLIGHT
JAY’ED「最後の優しさ/SUNLIGHT」

2009/02/04

[CD]

¥1,028(税込)

ずっと一緒
JAY’ED「ずっと一緒」

2008/08/27

[CD]

¥1,132(税込)

スーパーウーマン
JAY’ED「スーパーウーマン」

2008/05/21

[CD]

¥1,028(税込)

切ないくらい、愛してた。
Lisa Halim feat.JAY’ED「切ないくらい、愛してた。」

2008/04/16

[CD]

¥1,296(税込)

re;cover
I-DeA JAY’ED Ring JAMOSA ORITO ディーヴァ・グレイ TARO SOUL KENJI YAMAMOTO「re;cover」

2007/04/25

[CD]

¥2,365(税込)

POP THEM BOTTLES
NORISIAM-X & JAY’ED「POP THEM BOTTLES」

2005/07/20

[CD]

¥1,080(税込)

Why?
JAY’ED「Why?」

2005/03/14

[CD]

¥1,008(税込)

桜の季節
EXILE ATSUSHI「桜の季節」

2015/02/04

[CD]

¥1,080(税込)

桜の季節
EXILE ATSUSHI「桜の季節」

2015/02/04

[CD]

¥1,944(税込)

Love Ballade
EXILE ATSUSHI「Love Ballade」

2014/12/03

[CD]

¥3,240(税込)

Love Ballade
EXILE ATSUSHI「Love Ballade」

2014/12/03

[CD]

¥5,378(税込)

Love Ballade
EXILE ATSUSHI「Love Ballade」

2014/12/03

[CD]

¥4,298(税込)

JAY’ED WORKS
JAY’ED「JAY’ED WORKS」

2014/11/12

[CD]

¥3,240(税込)

Music
EXILE ATSUSHI「Music」

2014/03/12

[CD]

¥4,298(税込)

Music
EXILE ATSUSHI「Music」

2014/03/12

[CD]

¥5,378(税込)

Music
EXILE ATSUSHI「Music」

2014/03/12

[CD]

¥3,024(税込)

Music
EXILE ATSUSHI「Music」

2014/03/12

[CD]

¥5,940(税込)

Music
EXILE ATSUSHI「Music」

2014/03/12

[CD]

¥7,020(税込)

青い龍
EXILE ATSUSHI「青い龍」

2014/02/19

[CD]

¥1,080(税込)

青い龍
EXILE ATSUSHI「青い龍」

2014/02/19

[CD]

¥1,944(税込)

道しるべ
EXILE ATSUSHI「道しるべ」

2013/08/21

[CD]

¥1,080(税込)

道しるべ
EXILE ATSUSHI「道しるべ」

2013/08/21

[CD]

¥1,944(税込)

JAY’EDISCO
JAY’ED「JAY’EDISCO」

2013/05/29

[CD]

¥2,880(税込)

雨のち晴れ
INFINITY 16 welcomez MINMI & JAY’ED「雨のち晴れ」

2012/04/25

[CD]

¥1,080(税込)

あなたへ/Ooo Baby
EXILE EXILE ATSUSHI「あなたへ/Ooo Baby」

2011/11/23

[CD]

¥1,080(税込)

あなたへ/Ooo Baby
EXILE EXILE ATSUSHI「あなたへ/Ooo Baby」

2011/11/23

[CD]

¥1,944(税込)

Your Voice
JAY’ED「Your Voice」

2011/11/16

[CD]

¥3,240(税込)

永遠はただの一秒から
JAY’ED × JUJU「永遠はただの一秒から」

2011/10/19

[CD]

¥1,028(税込)

Toy box
JAY’ED×若旦那「Toy box」

2011/08/31

[CD]

¥1,028(税込)

Shine
JAY’ED「Shine」

2010/09/15

[CD]

¥1,234(税込)

WHAT’S R&B?2010
DJ KOMORI JAY’ED mochA L&J feat.KM-MARKIT CHEMISTRY Sweep w-inds. 三浦大知「WHAT’S R&B?2010」

2010/06/23

[CD]

¥2,880(税込)

PRAY
JAY’ED「PRAY」

2010/05/26

[CD]

¥1,028(税込)

Everybody
JAY’ED「Everybody」

2009/10/14

[CD]

¥1,028(税込)

PARADISE
DJ MAYUMI feat.AK-69,BIG RON & JAY’ED「PARADISE」

2009/07/29

[CD]

¥1,132(税込)

明日がくるなら
JUJU JUJU with JAY’ED「明日がくるなら」

2009/04/29

[CD]

¥1,258(税込)

最後の優しさ/SUNLIGHT
JAY’ED「最後の優しさ/SUNLIGHT」

2009/02/04

[CD]

¥1,028(税込)

ずっと一緒
JAY’ED「ずっと一緒」

2008/08/27

[CD]

¥1,132(税込)

スーパーウーマン
JAY’ED「スーパーウーマン」

2008/05/21

[CD]

¥1,028(税込)

切ないくらい、愛してた。
Lisa Halim feat.JAY’ED「切ないくらい、愛してた。」

2008/04/16

[CD]

¥1,296(税込)

re;cover
I-DeA JAY’ED Ring JAMOSA ORITO ディーヴァ・グレイ TARO SOUL KENJI YAMAMOTO「re;cover」

2007/04/25

[CD]

¥2,365(税込)

POP THEM BOTTLES
NORISIAM-X & JAY’ED「POP THEM BOTTLES」

2005/07/20

[CD]

¥1,080(税込)

Why?
JAY’ED「Why?」

2005/03/14

[CD]

¥1,008(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    『ボヘミアン・ラプソディ』、約876.7億円突破目前の世界的大ヒットに

  2. 2

    『エクスペクテーションズ』ビービー・レクサ(Album Review)

  3. 3

    【ビルボード】Little Glee Monster『FLAVA』が43,428枚でアルバムセールス首位、2位&3位は359枚差の接戦に

  4. 4

    バックストリート・ボーイズ、約70日間に及ぶ大規模なワールド・ツアーを発表

  5. 5

    欅坂46×ガム『Fit's』、メンバーデザインで全国発売

HOT IMAGES

注目の画像