Billboard JAPAN


Special Contents

ACIDMAN 『LIFE』 インタビュー

ACIDMAN 『LIFE』 インタビュー

 「ひとつ決着が付いた感がすごくある」これはインタビュー本文の大木(vo,g)の言葉である。生命の鼓動を感じさせる音楽だけを、人が生きていくという意味だけを真っ直ぐに爆発させ続けたACIDMANがそんな言葉に辿り着いた理由は何なのか。ニューアルバム『LIFE』に収録された全新曲の解説をしてもらいながら、その真意を探った。

自分自身で感動してしまった

インタビュー写真

--アルバム『LIFE』、まず自分たちでは仕上がりにどんな印象や感想を持たれているか聞かせてもらえますか?

大木伸夫:今までになく、改めて聴いたときに自分自身で感動してしまったアルバムですね。ちょっと期間を置いて聴いたんですよ。録り終わってから曲順を決めるまで聴かないようにして。それで聴いたらすごく鳥肌が立ったんですよ。どの曲に対しても。良い意味でシングルが引き立ってない。シングルじゃない曲も全然生き生きしてるから、すごく聴きやすくて。なんか、上手くいった!って感じでしたね。

佐藤雅俊:いろんな曲があるし、各々の曲が引き立て合ってると思います。

浦山一悟:並べて聴いたときにあっという間に終わってしまった感覚でした。すごく良いんで。余分なモノが本当にないと言うか、それぞれのメロディとかいろんなモノが印象に残りつつも、あっという間に聴き終えてしまえる気持ち良さがあるっていう。だから何度でも聴きたくなる。

--では、今日はそのアルバム『LIFE』を軸にいろいろとお話を伺っていきたいんですが、今作は、自分たちの伝えたい音楽とメッセージをより人々に広げていく。その意味で、かなりの手応えや自信はありますか?

大木伸夫:「人に伝える」っていうことに関しての手応えはまだ分からないけど、自分の中では、今までの中で一番聴きやすく出来ていると思います。ただ、それはまだ「手応え」っていう感じではないですね。自分では満足しているんだけど、あとはこれが世に出てみて、コイツらがどういう在り方をしてくれるかによるというか。道を外さないように、ブレないように頑張ってほしいなって。

インタビュー写真

--今の質問にリンクするんですけど、前回のインタビューで、武道館のライブの感想を聞いたときに大木さんが「「これだけの人が聴いてくれているんだ」っていう喜びと、それと同時に「これだけの人にしか届いていないんだ」っていう悲しみがあって」と語っていたんですが、その悲しみっていうのは、言い方を変えると、「まだ俺たちのメッセージはこの程度しか伝えられていない」という手応えのなさでもあったんでしょうか?

大木伸夫:全部把握できてしまったということではないんだけど、武道館をやったことで、少なくとも東京でやるライブのMAXが見えてしまった。そのMAXが見えてしまった時点で、すごくデカイところでやってるんだけど、すごく小さく見えてしまう。もちろん「広がってないんだな」っていう気持ちもあるし、「もっともっと売れたい」っていう気持ちもあるし。でも同じぐらい、すごく嬉しくて。そのファミリー感みたいなモノ、「俺ら、仲間だな!チームだな!」みたいな気持ちもある。不思議な感覚でしたね。

--ただ、もっと届けたいと。

大木伸夫:もっと届けたいし、そのためには音楽のことを信じるしかない。いろんな届け方をしている人たちがいるじゃないですか。そういう人たちに勝つには、そんなにお金使って大々的に何かをやるわけでもなく、裏技を使うわけでもなく、シンプルに曲を作って、プロモーションをして「お願いします」「聴いてくれ」と言って、ライブやって。っていうことしか出来ないから、今のところ。それの切なさっていうのは、デカイですけどね。でもそれを信じなきゃいけないっていうかね。ただ、もっともっと売れたいです。

--そこで、単純に分かり易さや聴き易さ。そうしたモノも追求していかなければという発想にはならない?

大木伸夫:それはやっぱりならないですね。ただ、俺の今の目標として、詩をもっと分かりやすくしたいというのはあります。っていうのは、「広げていきたい」っていう意味もあるんだけど、やっぱり欲望が強くて。分かりやすい詩で深いことを言えるようになったらカッコイイな~というのがあって、そこは目指したい。そういう意味ではどんどんシンプルになってるんだけど、そこを「伝えるために」ってなると、どこか屈折した考え方なのかもしれないけど(笑)、なんかちょっと違うなって。「やりたいことをただやりたいな」っていうのが基本ですね。

--ただ、今作は、ACIDMANのスタイルを崩さないままに、より吸引力や浸透力を感じさせる、これまでの作品に比べると、分かり易さや聴き易さのあるアルバムに仕上がっていると思いませんか?

大木伸夫:そうですね。それは自然と出来たんですよ。心を無にして出来たアルバムだから。だけどそういうことが出来たっていうのは、やっぱり経験、ライブでの経験やアルバムを何枚も出してきた歴史によって得られた結果なんだろうなとは思いますけどね。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. もはや『LIFE』しか残っていなかった
  3. Next >
もはや『LIFE』しか残っていなかった

--では、6thアルバム『LIFE』に収録された新曲について触れていきたいんですけど、まずアルバムの最初と最後に収録された『LIFE』というトラック。あれはどんなイメージや想いから入れることに?

大木伸夫:本当にアルバムの最後の最後に出来た曲で。それまでアルバムのタイトルも決まっていなくて、全然コンセプトも決めていなかったし、本当に思い付くままに曲を作っていたんだけど、その中で「『LIFE』っていうタイトルが良いな」と思ったのと同時にイメージが湧いて。そのイメージっていうのはシンプルなモノで、お腹の中の赤ん坊が産まれて、オギャー!って泣いて、そこから壮絶な人生を巡って、最後は召されるまでを音で表現したいなと思って。それで出来た曲ですね。

--『LIFE』っていう言葉とイメージが湧いたのは、なんでなんでしょう?

大木伸夫:なんでかは全然分かんないんだけど、まぁでも「シンプルにしたいな」っていうのがひとつあって。で、日本語でも英語でもいいんだけど、シンプルで分かりやすくて、言い得てる言葉。それを考えたら、もはや『LIFE』しか残っていなかった。元々イメージがあって曲を作っていたらそのイメージに準じれるんだけど、メロディに関して言えば、無心で作っていたので。で、言葉を紡ぐときは、今まで俺はずっと「生きていること」についてしか歌っていないんで。「命とは」「人とは」「動物とは」「木とは」「物とは」「水とは」「光とは」って。そうなると『LIFE』っていうのはね、絶対に合うタイトルなんですよ。だから今までのアルバムも『LIFE』って合うんだけど、今回のアルバムでそれを名付けられたことによって、ひとつ決着が付いた感がすごくある。

--そして『REMIND』という強烈な熱量を持った楽曲のあとに聞こえてくる『ストロマトライト』。これは、『REMIND』と違った意味でイントロからぶったまげる人が多いと思うんですが、これはやはりあの印象的なギターリフありきで広がっていった曲なんでしょうか?

大木伸夫:そうですね。Aメロで鳴ってるプリングとかハンマリングがいっぱい詰まってるリフ出来て、それが出来た瞬間からすぐドラムとベースの指示をして、そのまま歌うたって、メロディ乗っけて、何も考えてないんだけどサビまで偶然上手くまとまった。で、間奏もその日その場で出来た。本当そのたった5分~10分ぐらいの間に録ったモノですね。これまでもそういうことはあったんだけど、これだけ激しくて、メロディアスな方向じゃなく音寄りなモノでここまで上手く行ったのは初めてです。

--ちなみに“ストロマトライト”って何なんでしょう?

大木伸夫:ストロマトライトっていう苔とか藻類みたいなモノがあるんですよ。岩に生えてて岩状の形をしてる珊瑚礁みたいなモノの名前を言うんですけど、まぁ言いづらいですよね、ストロマトライト。赤坂サカスばりに言いづらい(笑)。でもそれはいつか使いたくて、何でかって言ったら、そのストロマトライトっていうモノがなかったら、この地球上に酸素が溢れてなかったんではないかと言われていて。すごく原始の頃に大量発生して、海の中にいたんですけど、それが光合成して酸素を生み出した。それによって一気に地球の熱が上がって、気温も上がって、酸素が増えて、そこから生命が爆発的に増えたと。ハッキリとはまだ分かってないんだけど、その可能性が一番高いと言われている。今、俺たちが知っているような生物が存在した可能性の第一歩。目に見えるモノが生まれた第一歩。で、その爆発的に増えていく生命感みたいなモノがこの曲にはあるなと思って、言いづらいけど付けちゃった(笑)。

--(笑)。そして『FREE STAR』。温かい光を明確にイメージさせる楽曲となっています。

大木伸夫:『FREE STAR』は、出来上がるまでの過程がちょっと複雑で。この曲のサビって元々違う曲のサビだったんですよ。すっごいテクノの曲があって。それはたまたま音が綺麗に録れたから遊び感覚でサビのメロディを歌っていたモノで。ただ、それはアルバムには入らないだろうと思い置いておいたんです。で、それとは別に『FREE STAR』の最初のギターフレーズが浮かんで、そこから曲を作っていく中で、例のテクノのポップなメロディを合わせてみたらバチッとハマって。

それでこの曲はSFな感じだったので、歌詩も未来の話にして。光が無くなった、太陽系から外れてしまった地球の話。太陽がないから真っ暗で、でもそこには商品として光が売られているという、光が食べ物じゃないけど、そういったひとつの道具として存在している世界の話。で、その売られている光は消費してどんどん無くなっていくから、新たな光を求めていかないといけないという、壮大なSFストーリー。

--そのストーリーを自分の中で作り上げてから、この詩を書いたと。

大木伸夫:そうですね。曲が出来上がってから詩を書くんですけど、曲を聴いていたらそのイメージがすごく湧いて。「光だな」「船だな」「月だな」「戦争だな」ってキーワードを上げていって、どんどんストーリーを膨らませていって。

--ミュージシャンじゃなかったらそのまま映像化したいぐらいの話ですよね。

大木伸夫:誰か金持ってる人がそういうアニメーションを作ってほしい(笑)。すごく切ないのを作ってほしい。

--続いて『WALK』。ここまで穏やかな曲って今までになかったですよね?

大木伸夫:前作の『So Far』という曲にちょっと近いんだけど、あれはまだクールだったから。こっちは王道感を曲作っているときにすごく感じてて。浮かんでいた映像もすごくベタだったんですよ。でも「ベタだから嫌だな」とは思わずに、「ベタだけどこの曲はやりたいな」「すごく良い曲だな」って自分で思っちゃって。だからそのままやったっていう感じ。余計に考えずに良いメロディが出来たから、良いイメージが浮かんだからこのままやろうと。

歌詩的には、よくある感じの、女の子が都会に出てきて、悩みもあり、都会に対しての凄いコンプレックスがあり、いろんなことで打ちのめされてボロボロになってるんだけど、でも小さな夢はあって。だけどそれに素直になれなくて。そういう人を俯瞰で見ている俺の話。だから俺はそこにはいないんだけど、そういう人っていっぱいいるじゃないですか。テレビでもそうだし、街歩いてみてもそうだし、なんかすげぇ尖ってるんだけど、全然尖り切れてなくて。でもすっごい良い奴そうで、実は一所懸命バイトしたりしてて。そういう人たちを見ると「頑張れよ」ってすごく純粋に思って、そのイメージが浮かんだから、すごくシンプルにそれを書きました。

--「頑張れよ」っていう、すごく現実的なところから生まれてるっていうのは・・・。

大木伸夫:今まではほとんどないですね。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 戦争が狂っていた、あたりまえだ!
  3. Next >
戦争が狂っていた、あたりまえだ!

--で、今作をここまで聴いて感じたことなんですが、前作までのACIDMANの音楽は、残酷な現実に打ちのめされながらも光を見出そうとしていた。でも今作は、その光を見出した上での音楽。そんな感じがするんですが、どうでしょう?

大木伸夫:それは俺も感じます。意識はしていなかったんだけど、アルバムの曲順が決まって後から客観的に考えると、時系列にそうなっていってる気がするんですよ。生まれて、『REMIND』という真っ暗な中に光を見つけて、その光によって『ストロマトライト』という生物が爆発的に登場してっていう。で、『式日』『WALK』では現在の話になっていって、光を見出そうというよりも光の中で感じる憂鬱感、切なさ、喜びを歌ってる。そういう流れを感じますね。

--そして、インスト曲『room NO.138』を挟んで、『街の輪郭』『オールドサンセット』と、詩曲共に爽やかな風を運んできてくれるナンバーが続きます。それぞれどんなイメージから生まれていった曲なんでしょうか?

大木伸夫:『街の輪郭』は、結構前からあった曲で。本当に何気なく、この詩のイメージのまんま爽やかに作った曲。「HAVE A NICE DAY」っていうフレーズがサビにあるんですけど、それは一番最初にサビが出来た瞬間に出てきた言葉なんです。でもその頃ちょうどね、ボン・ジョヴィが『HAVE A NICE DAY』っていう曲とアルバムを出してて(笑)。だから「絶対「HAVE A NICE DAY」は使わない」って言って寝かせていたんだけど、結局「「HAVE A NICE DAY」って良い言葉だし、浮かんだもんは使おう」と思って。本当は挨拶であれば何でも良かったんです。だからボン・ジョヴィは避けていろんな挨拶を探してたんだけど、でも一番合うのは「HAVE A NICE DAY」で。

--ボン・ジョヴィのチョイスはすごかったと(笑)。

大木伸夫:さすがボン・ジョヴィと(笑)。

--で、続く『オールドサンセット』なんですが。

大木伸夫:これはキッカケが、サトマ(佐藤雅俊)がこれのギターフレーズを作ってきたんですよ。そのギターフレーズが物凄く格好良くて、そこからイメージが一気に湧いて。このサンセット感っていうのが、寂しげで切なげで、でも乾いてて、そのイメージからどんどん作り込んじゃって。サビだけこの形になるまでちょっと悩みましたけど、本当にそのギターフレーズありきで出てきた曲。

佐藤雅俊:このギターフレーズは、単純に「ギターでちょっとやってみようかな」と思って、インストのネタとして作ったんです。前に『Dawn Chorus(inst.)』を作っていたときにそのネタを消したことがあって、「これはやっべぇ!」「これで挽回しねぇと!」って思って(笑)、その代わりのインストのネタとして持っていったんです。

大木伸夫:そうだったんだ(笑)。で、それを聴いて「インストじゃもったいない」って言って、メロディを付けてそこからどんどん展開も付けていって、引き返せないぐらいにしたら良い曲になって。良かったです。

--この曲の「またひとつの日々が生まれ、答えはない」というフレーズに込められた意味というのは?

大木伸夫:これに尽きるんですよね。すべてのモノは繰り返して、また生まれてまた消えて、それが良いか悪いかっていう部分に関しては、俺は「良い」と言い続けるけど、でもそれは見方によって全然違うし、正しいことなのか悪いことなのかっていうのは分からないし、結局答えはない。でも俺はそこで「答えは、YES」という風なモノを言い続けていかなきゃいけない立ち位置だと思うんで、それは続けていく。切なさにも結局終わりがあるし、悲しみにも終わりがあるし、喜びも終わりがある。でもまた生まれていくっていう、永遠と思える輪廻転生の中で「俺は一体何の何なんだ!?」って問い続ける。そういうすごく壮大な想いが募るんですけどね。

--その想いや輪廻をすごく俯瞰で見てる曲だし、歌詩ですよね。

大木伸夫:俯瞰ですね。「なんであなたは夕陽を見つめているんですか?」っていうのは、自分でもあるんだけど、俯瞰で見てるから出てくる言葉。沈んでいく太陽を「終わってほしくない」と見つめている人に対して、「終わるのはあたりまえだよ」って俯瞰で見ている俺がいる。

--続いて『金色のカペラ』。世界の終わりのようにも始まりのようにも感じられるナンバーですが、実際にはどんな世界を思い描いた曲なんでしょう?

大木伸夫:これも若干SFなんですけど、核戦争があり、それで地球上の生物が無くなっていってしまう話。それをメインに置いた曲ですね。なんか、終末が近付いてくる感じというか、何かヤバイ空気、また混沌となってきているような雰囲気を出したくて。反戦の歌。

--「戦争」というワードを改めて今作で打ち出したのは?

大木伸夫:元々完全なる反戦の考え方なので。とは言え「戦争反対」っていうのがメインテーマではないから、考えれば考えるほど戦争っていうのは本当にくだらない、くだらな過ぎると思ってるから、それは必要なときに出てきてしまう感じです。で、これは終末の歌で、テーマは核戦争だったから「これは言うしかねぇ。濁す必要ない」と思って。しかもその後に「戦争が狂っていた、あたりまえだ!」みたいな。「ここで素直に出さなかったらどこで出すのかわからない!」って気持ちで書いた。

--書ききったと。

大木伸夫:書ききった。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 俺は生きてて良かったんだ
  3. Next >
俺は生きてて良かったんだ

--で、『UNFOLD』と共にアルバムはクライマックスへ。最後に待っていたのは『TO THE WORLD’S END』、「夢に染まれ」という言葉でした。この曲にはどんな想いを?

大木伸夫:なるべく今回は爽快な終わり方をしたくなくて。ポジティブで終わりたくなかった。でもネガティブだけということではなくて。「光を見出したんだ、また」っていう感じじゃなく、戦争があり、『UNFOLD』で世界終末が近付いてきて、正に世界が終わっていく、その最後のどうしようもできない流れの中での歌にしていて。それは「暗いことが歌いたい」って気持ちからじゃなくて、歌う必要があったんです。だからなるべくここではポジティブな世界は描きたくなくて。」

それは何でかって言ったら、最後の最後の『LIFE(the ending)』というエンディングのところでめちゃくちゃ光を放っているから、ここではそういう世界は要らなかった。希望の世界ではなくて、もう一度深い終わりに行って、どっかしら諦めてて、投げやりで、でも昔を思い返してポッと火が付いたりして「あ~良かったのになぁ」みたいな。でも「終わってしまうんだな」「無理なんだな」っていう。

--「夢に染まれ」という言葉を入れたのは?

大木伸夫:この「夢に染まれ」は良い意味で言ってないんです。「夢になってしまえ」みたいな。このすべてを夢として捉えるなら楽になるから夢に染まってしまえ。そんな意外と悲しい歌なんです。言葉で説明しないで、音で「あぁ良かったんだ」「この人生はあって良かったんだ」「人間は生きて良かったんだ」「俺は生きてて良かったんだ」っていうのを伝えていられる『LIFE(the ending)』が出来たから、『TO THE WORLD’S END』の悲しい歌詩が生きるんですけどね。

--そんな全13曲入りのニューアルバム『LIFE』、最初の話の繰り返しになってしまいますけど、このアルバムはより多くの人に聴いてもらいたいですか?

大木伸夫:あ、でもそれは常に思います。どのアルバムが出来たときも思うことですね。

--あの、かつて「ミュージックステーション」に出演して、大きな反響を得たときがありましたが、あれと同じことはしたくないと大木さんは以前のインタビューで言っていて。ただ、単純に僕みたいなミーハーはですね、人の心を突き動かす衝撃的なモノ、ましてやACIDMANのように正しさを追求して表現するバンドは、その存在を知らせるためにも「もっと出れるなら出てほしい」って思っちゃうんですよ。

大木伸夫:なるほど。まぁでも今はある程度のジャッジはするけど、全然出たい。で、「ミュージックステーション」に関して言えば、今は出たいんですけど、その前に出たときがイマイチ良くなくて。バンドの状態も良くなかったし、良い演奏も出来なかったし、結果、叩かれるのあたりまえだったし、BBSもパンクしてダメになっちゃって。そういうイメージがすごくあったから、「良くないモノをただテレビで出しただけなんだ」っていう結果になったから、「もうああいう形では出たくない」と言っていて。でも今は、ちゃんとバンド感をまとめて、そして「良いモノ作るんだ、伝えるんだ」っていう強い想いを持って出たい。全然俺らはウェルカムですね。状態的にも問題ないし、それに対する不安もないし、全然出たい。

--今ACIDMANが持つ強さであれば、広がることはあっても、それによって地盤が揺らぐことはないですよね。

大木伸夫:それはもうないですね。

--また、ライブを積み重ねていくことで生まれる広がりをこれからも重要視していくと思うんですが、今作『LIFE』を引っ提げたツアーはどんな内容にしたいですか?

大木伸夫:まだ考えていないんですけど、やっぱり予定調和は嫌だなと思っていて。あんまりそこは意識せずに、予定調和を分かってる感じのライブはしないように。そこは自分自身にちゃんと渇を入れて。楽しむのはあたりまえだけど、その3倍ぐらい厳しい練習をして、キチッとやりたいなって思います。

浦山一悟:あと、ツアーを通じての、いわゆるダイエットとか、そういうのはもうしないですね。

--なるほど。

浦山一悟:それだけは言っておきます!

--(笑)。もうそっちには行かないと?

浦山一悟:はい。そっちには行きません。

--分かりました。

浦山一悟:そっちには行かない。

--・・・前フリですか?

(一同笑)

--まぁそこは触れないでおきます(笑)。佐藤さんはどうですか?

佐藤雅俊:難しい曲が結構あったりするんで、しっかり練習して、ちゃんと表現したいなって思います。各地の人たちと一緒に良いライブにしたいですね。

--ちなみにファイナルは、幕張メッセ国際展示場になっていますが、ここでワンマンをするのは初ですよね?

大木伸夫:ワンマンは初です。前からやってみたい場所だったんだけど、ただ実は今回、武道館をもう一回やりたかったんですよ。で、日にちを抑えていたんですけど、なんと、そこに武道が入ってしまいまして。武道が入ったから俺ら避けられたんです(笑)。それはあたりまえだから怒るに怒れないし、「なんだよ!」とも思えないんだけど、真っ当な理由で武道館が埋まっちゃいまして。前もって抑えていたのに。で、幕張はやってみたかった場所のひとつだから「このタイミングでやってみるか」っていう感じで決まった場所。

--なるほど、そんなことがあったわけですね。

大木伸夫:そんなことがあったんです。裏話で。まぁ全然載せても構わないんですけど。

--武道館って武道が入るとそれ以外は避けられるんですね。

大木伸夫:ダメみたい。

浦山一悟:“武道館”ですからね(笑)。

--では、最後に、単純に僕が【ARABAKI ROCK FEST.08】に行くという理由で、そして僕がそこでACIDMANのライブを観るという理由で、アラバキへの意気込みを(笑)。

(一同笑)

大木伸夫:アラバキね、晴れると良いな。雨だと寒いと思うんで、晴れることを祈って頑張ります。会ったら乾杯しましょう(笑)。

ACIDMAN「Life」

Life

2008/04/16 RELEASE
TOCT-26534 ¥ 3,240(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.LIFE (the beginning)
  2. 02.REMIND
  3. 03.ストロマトライト
  4. 04.FREE STAR
  5. 05.式日
  6. 06.WALK
  7. 07.room NO.138 (inst.)
  8. 08.街の輪郭
  9. 09.オールドサンセット
  10. 10.金色のカペラ
  11. 11.UNFOLD
  12. 12.TO THE WORLD’S END
  13. 13.LIFE (the ending)

関連キーワード

TAG

関連商品

ミレニアム
ACIDMAN「ミレニアム」

2017/07/26

[CD]

¥1,296(税込)

愛を両手に
ACIDMAN「愛を両手に」

2017/02/08

[CD]

¥1,296(税込)

愛を両手に
ACIDMAN「愛を両手に」

2017/02/08

[CD]

¥1,944(税込)

最後の星
ACIDMAN「最後の星」

2016/10/26

[CD]

¥1,296(税込)

新世界
ACIDMAN「新世界」

2013/02/27

[CD]

¥3,909(税込)

新世界
ACIDMAN「新世界」

2013/02/27

[CD]

¥2,880(税込)

新世界
ACIDMAN「新世界」

2013/02/27

[CD]

¥3,909(税込)

新世界
ACIDMAN「新世界」

2013/02/27

[CD]

¥2,880(税込)

新世界
ACIDMAN「新世界」

2012/12/19

[CD]

¥1,028(税込)

新世界
ACIDMAN「新世界」

2012/12/19

[CD]

¥1,028(税込)

scene of “ALMA”
ACIDMAN「scene of “ALMA”」

2011/02/23

[DVD]

¥4,320(税込)

scene of “ALMA”
ACIDMAN「scene of “ALMA”」

2011/02/23

[DVD]

¥4,320(税込)

ALMA
ACIDMAN「ALMA」

2010/12/01

[CD]

¥2,880(税込)

ALMA
ACIDMAN「ALMA」

2010/12/01

[CD]

¥2,880(税込)

ALMA
ACIDMAN「ALMA」

2010/09/22

[CD]

¥1,028(税込)

ALMA
ACIDMAN「ALMA」

2010/09/22

[CD]

¥1,028(税込)

Scene of “Life”
ACIDMAN「Scene of “Life”」

2008/05/21

[DVD]

¥3,292(税込)

Scene of “Life”
ACIDMAN「Scene of “Life”」

2008/05/21

[DVD]

¥3,292(税込)

equal
ACIDMAN「equal」

2008/04/16

[CD]

¥2,880(税込)

Loop
ACIDMAN「Loop」

2008/04/16

[CD]

¥2,880(税込)

ACIDMAN「創」

2008/04/16

[CD]

¥2,880(税込)

Life
ACIDMAN「Life」

2008/04/16

[CD]

¥2,880(税込)

Life
ACIDMAN「Life」

2008/04/16

[CD]

¥3,240(税込)

equal
ACIDMAN「equal」

2008/04/16

[CD]

¥2,880(税込)

Loop
ACIDMAN「Loop」

2008/04/16

[CD]

¥2,880(税込)

ACIDMAN「創」

2008/04/16

[CD]

¥2,880(税込)

Life
ACIDMAN「Life」

2008/04/16

[CD]

¥2,880(税込)

Life
ACIDMAN「Life」

2008/04/16

[CD]

¥3,240(税込)

REMIND
ACIDMAN「REMIND」

2007/07/18

[CD]

¥823(税込)

REMIND
ACIDMAN「REMIND」

2007/07/18

[CD]

¥823(税込)

green chord
ACIDMAN「green chord」

2007/02/07

[CD]

¥3,240(税込)

green chord
ACIDMAN「green chord」

2007/02/07

[CD]

¥2,880(税込)

green chord
ACIDMAN「green chord」

2007/02/07

[CD]

¥3,240(税込)

green chord
ACIDMAN「green chord」

2007/02/07

[CD]

¥2,880(税込)

プリズムの夜
ACIDMAN「プリズムの夜」

2006/11/15

[CD]

¥1,028(税込)

プリズムの夜
ACIDMAN「プリズムの夜」

2006/11/15

[CD]

¥1,028(税込)

スロウレイン
ACIDMAN「スロウレイン」

2006/09/06

[CD]

¥1,028(税込)

スロウレイン
ACIDMAN「スロウレイン」

2006/09/06

[CD]

¥1,028(税込)

Λ
ACIDMAN「Λ」

2017/12/13

[CD]

¥3,024(税込)

Λ
ACIDMAN「Λ」

2017/12/13

[CD]

¥3,780(税込)

愛を両手に
ACIDMAN「愛を両手に」

2017/02/08

[CD]

¥1,296(税込)

愛を両手に
ACIDMAN「愛を両手に」

2017/02/08

[CD]

¥1,944(税込)

最後の星
ACIDMAN「最後の星」

2016/10/26

[CD]

¥1,296(税込)

有と無
ACIDMAN「有と無」

2014/11/19

[CD]

¥3,780(税込)

世界が終わる夜
ACIDMAN「世界が終わる夜」

2014/09/24

[CD]

¥1,512(税込)

Stay in my hand
ACIDMAN「Stay in my hand」

2014/07/16

[CD]

¥1,512(税込)

新世界
ACIDMAN「新世界」

2013/02/27

[CD]

¥3,909(税込)

新世界
ACIDMAN「新世界」

2013/02/27

[CD]

¥2,880(税込)

新世界
ACIDMAN「新世界」

2013/02/27

[CD]

¥3,909(税込)

新世界
ACIDMAN「新世界」

2013/02/27

[CD]

¥2,880(税込)

新世界
ACIDMAN「新世界」

2012/12/19

[CD]

¥1,028(税込)

新世界
ACIDMAN「新世界」

2012/12/19

[CD]

¥1,028(税込)

scene of “ALMA”
ACIDMAN「scene of “ALMA”」

2011/02/23

[DVD]

¥4,320(税込)

scene of “ALMA”
ACIDMAN「scene of “ALMA”」

2011/02/23

[DVD]

¥4,320(税込)

ALMA
ACIDMAN「ALMA」

2010/12/01

[CD]

¥2,880(税込)

ALMA
ACIDMAN「ALMA」

2010/12/01

[CD]

¥2,880(税込)

ALMA
ACIDMAN「ALMA」

2010/09/22

[CD]

¥1,028(税込)

ALMA
ACIDMAN「ALMA」

2010/09/22

[CD]

¥1,028(税込)

ROCK THE MIX
DJ片平実 ASIAN KUNG-FU GENERATION ACIDMAN OCEANLANE NACANO 10-FEET BEAT CRUSADERS 渡邊忍「ROCK THE MIX」

2009/01/28

[CD]

¥2,571(税込)

I stand free
ACIDMAN「I stand free」

2008/11/12

[CD]

¥823(税込)

Scene of “Life”
ACIDMAN「Scene of “Life”」

2008/05/21

[DVD]

¥3,292(税込)

Scene of “Life”
ACIDMAN「Scene of “Life”」

2008/05/21

[DVD]

¥3,292(税込)

equal
ACIDMAN「equal」

2008/04/16

[CD]

¥2,880(税込)

Loop
ACIDMAN「Loop」

2008/04/16

[CD]

¥2,880(税込)

ACIDMAN「創」

2008/04/16

[CD]

¥2,880(税込)

Life
ACIDMAN「Life」

2008/04/16

[CD]

¥2,880(税込)

Life
ACIDMAN「Life」

2008/04/16

[CD]

¥3,240(税込)

equal
ACIDMAN「equal」

2008/04/16

[CD]

¥2,880(税込)

Loop
ACIDMAN「Loop」

2008/04/16

[CD]

¥2,880(税込)

ACIDMAN「創」

2008/04/16

[CD]

¥2,880(税込)

Life
ACIDMAN「Life」

2008/04/16

[CD]

¥2,880(税込)

Life
ACIDMAN「Life」

2008/04/16

[CD]

¥3,240(税込)

式日
ACIDMAN「式日」

2008/02/20

[CD]

¥823(税込)

式日
ACIDMAN「式日」

2008/02/20

[CD]

¥823(税込)

UNFOLD
ACIDMAN「UNFOLD」

2007/11/28

[CD]

¥823(税込)

REMIND
ACIDMAN「REMIND」

2007/07/18

[CD]

¥823(税込)

REMIND
ACIDMAN「REMIND」

2007/07/18

[CD]

¥823(税込)

green chord
ACIDMAN「green chord」

2007/02/07

[CD]

¥3,240(税込)

green chord
ACIDMAN「green chord」

2007/02/07

[CD]

¥2,880(税込)

green chord
ACIDMAN「green chord」

2007/02/07

[CD]

¥3,240(税込)

green chord
ACIDMAN「green chord」

2007/02/07

[CD]

¥2,880(税込)

プリズムの夜
ACIDMAN「プリズムの夜」

2006/11/15

[CD]

¥1,028(税込)

プリズムの夜
ACIDMAN「プリズムの夜」

2006/11/15

[CD]

¥1,028(税込)

スロウレイン
ACIDMAN「スロウレイン」

2006/09/06

[CD]

¥1,028(税込)

スロウレイン
ACIDMAN「スロウレイン」

2006/09/06

[CD]

¥1,028(税込)

and world
ACIDMAN「and world」

2005/12/07

[CD]

¥2,880(税込)

and world
ACIDMAN「and world」

2005/12/07

[CD]

¥3,188(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    TM NETWORK、Zeppで全曲ノーカット『TMN final live LAST GROOVE 1994』ライブハウス上映

  2. 2

    【深ヨミ】HKT48『意志』指原莉乃ラストシングルの地域別販売動向は?

  3. 3

    チャートの鍵はカップリング曲?! HIROOMI TOSAKAに注目【Chart insight of insight】

  4. 4

    郷ひろみ、ゲーセンやカラオケで大盛り上がり「JAN JAN JAPANESE」MV公開

  5. 5

    BTSがギネス達成、テイラー謎のカウントダウン、リル・ナズ・Xデビュー曲が2週連続首位獲得:今週の洋楽まとめニュース

HOT IMAGES

注目の画像