Billboard JAPAN


Special Contents

まらしぃ『PiaNoFace』インタビュー



 YouTubeやニコニコ動画など、動画投稿サイトでの活動で一躍注目を集めた、1990年生まれの新世代ピアニスト/作曲家のまらしぃが、4月26日、約1年半ぶりの新作オリジナル・アルバム『PiaNoFace』をリリースする。そして、その発売を記念して5月に東京・大阪のビルボードライブにて、そのリリース・ライブも開催。彼にとって初の海外録音も話題の新作を引っ提げて、果たしてどのような公演が行われるのか。様々なカルチャーの交差点で活躍するまらしぃのインタビューをお届けする。

「オリジナルが良かった」って言って貰えると、やっぱりすごく嬉しい

――新作アルバム発売、そして5月のリリース・ライブの決定、おめでとうございます。


▲『PiaNoFace』

まらしぃ:ありがとうございます。約1年半ぶりにアルバムを出させて頂くので、世に出たての子たちをライブで聴いて頂きつつ、皆でワイワイ出来たら良いなと思います。今のところ、他にリリース・イベントの予定も無いので、5月が(ライブでの)初お披露目の舞台になると思います。

――リリース・ライブは、全曲書き下ろしのオリジナル楽曲で構成された新作が中心になるそうですね。カバーとオリジナルを演奏するときで、心持ちは違いますか?

まらしぃ:オリジナルはやっぱり少し恥ずかしいですよね(笑)。でも、不安が大きい分、「オリジナルが良かった」って言って貰えると、やっぱりすごく嬉しいです。とは言え、「僕の作品を聴け!」みたいな気持ちは全く無いので、気軽に遊びに来て貰えればと思います。

――今回、ナッシュビルで初の海外録音にも挑戦されたそうですね。

まらしぃ:エンジニアさんからの提案ですね。その方が前にナッシュビルで、ミックス・ダウンの作業をされたときに、日本の音とあまりにも違うことに興奮したらしくて、「オススメはナッシュビルだ!」って言われるのを聞いているうちに、ナッシュビルに決まってました。

――なるほど(笑)。実際現地に行ってみて、どうでしたか?

まらしぃ:新しいビルや街が、ポコポコ出来てきてるんですけど、ちょっと道を外れたりすると、いわゆる昔ながらのアメリカの郊外というか。郊外と言っても、スケール感というか大きさや広さは、日本とは全然違うんですよ。ナッシュビルと言えば“音楽の街”と、すごく謳われてますけど、それよりは僕は、映画とかで見たような、高い建物があまりなくて遠くに山が見えて…っていうアメリカっぽい雰囲気が凄く印象的でした。

――なるほど。一方で高いビルとかもあるんですね。

まらしぃ:はい。新しく作ってるみたいです。僕も聞いた話なんですけど、ニューヨークとかロサンゼルスとかで音楽を作ってる方が、ナッシュビルの方に移って来ているらしくて、それに伴って引っ越しや移住してくる方が少しずつ増えているみたいです。ちょっとずつ開発しているみたいで、近代的なビルとかが工事中のとこも多かったですね。

――街自体がさらに発展してきている段階なんですね。そんな中、今回、録音で使用されたブラックバード・スタジオはどんな所でしたか?

まらしぃ:どうなんでしょう…。エンジニアの方が、昔ながらの、ヴィンテージの機材やマイクにえらく興奮していましたね。

まらしぃスタッフ:スタジオの補足をすると、マーク・バッセンバーグというエンジニアさんが、ビートルズが好きで「ブラックバード」という名前を付けたそうです。スタジオ自体もいっぱいあるんですけど、ヴィンテージ・マイクとか卓とかコンプとか、日本だとスタジオに1つしかなかったり、高価でなかなか売ってないようなものが、十何本もあって使い放題、みたいな感じでした。

――すごい環境ですね…

まらしぃ:僕は、その辺はめちゃくちゃ疎いので「オススメのやつで!」ってお願いしたら、(エンジニアが)凄く嬉しそうにセッティングしてました(笑)。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. その場で出たやつを突っついた方が、
    その瞬間の何かになるんじゃないか
  3. Next >

その場で出たやつを突っついた方が、その瞬間の何かになるんじゃないか

――実際に録音されてみてどうでしたか?

まらしぃ:音がすごく響くんです。それの理由が、果たしてスタジオの鳴りなのか、アメリカの空気なのか、それとも演奏したピアノなのか、そこまでは僕も断定できないんですけど、今までスタジオで弾いたどのピアノよりも音が鳴るので、弾いていてすごく気持ちよくかったです。

 でも、ワァー!って気持ちよく弾いたものを、コントロール・ルームでプレイバックしてみると、ちょっと鳴りすぎていて、むしろ抑える必要があったりするのが、今までとは違う経験でしたね。(日本では)鳴らしに行く時や、いっぱい音を出したい時は、気合いや気持ちを入れたりしますけど、(向こうでは)軽くポンっと鍵盤を押して、ダイレクトに反応が返ってくるのが新鮮でした。そういう意味で、強弱のコントロールができるまで、どういう風に弾いたらどういう音が鳴るのかを探る感じで、時間が掛かりましたね。

――日本で弾くのとは全然感触が違うんですね。

まらしぃ:でも、分かるようになると、大きい音を出すのに力が要らないので、むしろ、その方がやりやすいのかも知れないです。

――ダイナミクスがつけ易い、ということですね。それこそ今回のようなピアノ・ソロの作品だと、表情のつけ方とかに有利かも知れない。曲やアレンジは固めた状態で向こうに行ったんですか?

まらしぃ:アメリカまで行って「録れないじゃん!」ってならないように、プレッシャーは掛けられていたので、ある程度、弾き込んでから行きました(笑)。でも、メロディとか主な組み立ては固定しつつ、途中でポロポロ弾いてるところとかは、その場の雰囲気で決めましたね。「さっきのは微妙だったから、次は変えてみよう」とか。試行錯誤じゃないですけど、出てきたのを拾って、良さそうだったらそいつを採用して、っていう感じでやってましたね。

――細かいところはある種、即興的に考えながらやっていく?

まらしぃ:そうですね。そこ決めてればもっと少ない回数でできて、もっとアメリカ観光できたんでしょうけど…(笑)。

――でも、決め込まないで臨んだ方が、現地で録音する意味がよりクリアになりますよね。それこそピアノの鳴りが違うから、自分のフレーズも変えてみよう、みたいなことも出来る。

まらしぃ:多分、そんなに音楽的な話ではないと思うんです。単純に、家での準備中に「これ!」って決めちゃうのは気が乗らないというか。そうすれば、もっと早く終わるんでしょうけど、その場で出たやつを突っついた方が、その瞬間の何かになるんじゃないかなっていう。準備段階で詰めるのが億劫だとか……半分ぐらいは、そういう話ですけど(笑)。

――(笑)。普段、日本でライブやレコーディングに臨むときも、そういう心持ちのことが多いですか?

まらしぃ:そうですね。ライブもそうですし、動画を撮影する時も、「ここは絶対こうする!」っていうポイントは決めてますけど、それ以外は、その時の直感に任せちゃおうって思ってます。それによってフレーズが変わったりしても、後で聴いて良かったらそのまま採用しますし、これは無いなって時はやり直します。

――まらしぃさんは、クラシック・ピアノを勉強されていた時期も長いと思うのですが、「その場で出てきたものを楽しむ」という発想になった転換点のようなものはあったんですか?

まらしぃ:昔からピアノを弾くのは好きだったんですけど、初めて習ったピアノの先生は、僕がちょっと(譜面と)変えて弾いたりとか、自分で勝手に予習して弾いたやつに対しても、ちゃんと褒めてくれる先生で、その時はピアノがすごく楽しかったんです。

 その後、中学に入るか入らないかぐらいの時に、「もう少し真面目な先生のところを紹介します」って紹介された先生が、伝統的な、譜面通りに弾いて情報を読み取って行く先生で。前のノリで行ったら、大層怒られまして(笑)。楽譜を読むのは、今でも本当に苦手で、ショパンのエチュードか何かの課題が出た時に、家にあった誰かが弾いたCDを聴いて、そのまま弾けるようにして行ったら「お前、誰かの聴いただろ!」「いきなりそういうアレンジをするわけない」みたいに言われて(笑)。いま聞くと暴論かも知れないですけど、そこまで分かるなんてすごいな、ってびっくりしました。でも「弾けるから良いじゃん」とも思って。今になって思うと、譜面から情景とか、作曲者さんの感情や伝えたかったことを読み取るのは、本当に大切なことだと思いますけど、当時の僕からすると、何やっても怒られていて、だんだんピアノが嫌いになっちゃったんです。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. ピアノを弾いて、それを通して知らない人たちと交流している、
    “遊んでいる”みたいな感覚
  3. Next >

ピアノを弾いて、それを通して知らない人たちと交流している、
“遊んでいる”みたいな感覚

まらしぃ:それで中学校2年ぐらいの時に、受験勉強とかもあってピアノをやめて、そこから大学1年の夏まで、ずっとピアノに触ってませんでした。でも、大学1年の時に、あるゲームの曲に出会って。ピアノが打ち込みで難しい曲で、試してみたら全然弾けなかったのが悔しくて、一生懸命に練習して弾けるようなり、それを動画にして聴いて貰おうっていうのが、活動再開のきっかけだったんです。

 だから、一度、譜面通りにやる努力はしてたんですけど、あまり合わず。そこから自分の好きなものを耳で聴いて、自分でアレンジを作って…というのが再開のきっかけだったんです。即興だから良いとか悪いとかではなくて、自分のやりたいようにやるっていうのが、そもそもまらしぃとしての本質なのかな、という風に思います。

――発想が変わったというより、楽しくピアノを弾くという出発点から、ある意味でずっと変わらずにきている。

まらしぃ:それです! そういうことだと思います。

――そう考えると、動画サイトなど、自分のピアノのスタイルを変えずにそのまま発表する場があったというのは、やはり大きかったんですね。

まらしぃ:大きかったですね。幸運だったなと思うのは、僕が見つけた時、動画サイトで楽器演奏を見てもらえる場が、ちょこちょこ出来始めていた時で。僕が弾いてたゲームの曲だったり、アニメの曲だったり、ボーカロイドの曲だったりっていうのは、その楽曲のファンの方たちがすごく沢山いらっしゃって、大体ピアノの演奏ってなると上手だ下手だって評論会みたいな感じになりがちだったところ、上手い下手よりもその作品を好きだって人たちが多く集まってきていた。僕ももちろんその曲が大好きで。もちろん皆さん知らない人たちなんだけど、僕がピアノを弾いて、それを通して知らない人たちと交流している、“遊んでいる”みたいな感覚があったんです。自分のピアノを聴いてもらおうっていうよりは、自分の好きな作品を知ってる人たちと、もう少し遊ぼうみたいなノリで、今もずっといるんです。

――自分のプレイ云々よりもまずは曲ありき。

まらしぃ:そうですね。僕が好きな曲を好きだっていう人が沢山いて、皆で「良いっすよねー!」みたいな話するのって、やっぱり面白いじゃないですか。動画もライブも、その延長線上なんですよね。

 オリジナル曲に関しても、そんなに沢山作ってるわけじゃないですけど、ノリは同じです。1年半や2年に1回、自分の中に出てきた音楽を聴いてもらって、「こういうのが出来たんだけど?」っていうのに対して、皆で「わー!」ってやって欲しいというか。「僕の曲を聴いてくれ!」っていう感じじゃないんですよね。

――逆に、自分の曲の解釈も自由にして欲しい?

まらしぃ:そうですそうです! なので、僕が例えばCDで発表したり、ひょっとしたら何かの形で楽譜になったりしたものを演奏して貰えたとしても、「この音が違う!」とか「このアレンジが違う」とか、そういうこと言うつもりは一切なくて。逆に、色々アレンジしてもらえるんだったら、僕もそれを「良いっすよねー!」って楽しむとか、そういうのがやりたいんです。

――いわゆるアーティストのエゴみたいな考え方は希薄なんですね。

まらしぃ:そういうのは、あまり無いかもしれないですね(笑)。

――新作も『PiaNoFace』というタイトルで、まらしぃさんにとって、顔を見せないということが一種のトレードマークになっていますが、今のお話も、そこか態度として繋がっているような気がします。

まらしぃ:言われてみれば、ですね。そもそも顔を出すか出さないかは、僕が動画を投稿する前、(顔を)出して投稿している方には、顔についてコメントが書かれている傾向があって、僕はそれが面倒くさいなっていうのがあったんです。「自分が好きな曲の動画を投稿するのに顔についてのコメントで溢れるのって嫌だな」「じゃあ顔出すのやめよう」って。今でも、それは正しかったと思ってます。そのままズルズルとそのノリできて、今は完全にタイミングを逃してますが(笑)。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 根っこの部分って、ひょっとしたら、
    繋がってるのかなって思います
  3. Next >

根っこの部分って、ひょっとしたら、
繋がってるのかなって思います

――今回、改めてタイトルを『PiaNoFace』としたのは?

まらしぃ:本当は、“No Face”とか直球にしたかったんですけど、“No”とかって言葉があんまりポジティブじゃないな。何か良いのないかなと思って、ダジャレでモジッているうちに出てきたのが『PiaNoFace』だったんです(笑)。

――なるほど(笑)。

まらしぃ:オリジナルのアルバムだし、自分がどういう人間かっていうのは、多少なりとも出す必要はあるかなと思って。顔出ししていないことについての曲があってもいいのかなというのは、少し前ぐらいから思ってたんです。で、どうせだったら、それをテーマにアルバムを作ろうと。今回はアートワークもすごく素敵にして貰えました。


▲まらしぃ(marasy)「PiaNoFace」

――“No Face”ということが、ご自身のアーティストとしてのアイデンティティになりつつある?

まらしぃ:今更出すのもなんか違うなーって、本当にそれだけです(笑)。活動を初めてもう9年になるんですけど、やっぱり色々考えると面倒くさいなって。でも、もちろんライブに来てくれた方に隠すつもりはなくて。動画サイトや動画が僕の遊び場なので、遊び場を変えたくないなっていうだけです。僕にとっての遊び場は、僕にとって良い形にしたいなと思ってるんです。

――“遊び場”って良い表現ですね。そうすることによって、いろんな思惑や縛りから、そこを守ることが出来るのかも知れない。

まらしぃ:本当にそう思います。

――意図せずとは思いますが、ご自身が育ってきた、そういう動画やアニメ文化と、ビルボードライブのようなクラシカルな音楽文化の接点にいるような存在に、まらしぃさんは今なってますよね。そのことについてはどう感じますか?

まらしぃ:すごく不思議なご縁ですよね。よくインタビューとかで「最初から狙ってたんですか?」とも聞かれるんですけど、本当にそういうのは何もなくて、ただ遊んでただけなんです。でも、僕の音楽を聴いて頂く方々に言って頂くのは「聴いていて楽しい」ということで、よくよく考えると、ビルボードさんで普段演奏しているようなアーティストのファンの方も「楽しい」から来てると思うんですね。だから根っこの部分って、ひょっとしたら、繋がってるのかなって思うんです。

――なるほど。最後に今後「こんなことをやってみたいな」みたいなことはありますか?

まらしぃ:何かを成し遂げたいというような目標はあまりないんですけど、僕がおじいちゃんになった時に、今の感じでずーっと、ピアノで遊んだり、好きな作品を共有したりしていて、それで、例えば昔僕の音楽を聴いてくれた人が、大人になって子供が出来たりして、その子と一緒にライブを観に来てくれたりしたら、すごく良いなと最近思います。ずーっとこうやって遊んでいられて、僕がおじいちゃんになった時も、ビルボードさんとかに出れたりしたら幸せだなと。

 あと、僕はピアノが嫌になって、一度やめちゃった人間なんですが、同じような境遇の人って結構いると思うんです。でも、やっぱりピアノで好きな曲を弾くのって楽しいことなんです。だから、たまに僕のピアノを聴いて、またピアノを弾いてみました!っていう人とかが居ると、すごく嬉しくて。有名になりたい、とかはそこまで思わないですけど、僕がピアノを続けることで、そういう人が増えていくなら、すごく嬉しいなと思います。

まらしぃ(marasy)「PiaNoFace」

PiaNoFace

2017/04/26 RELEASE
SCGA-59/60 ¥ 2,700(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.PiaNoFace
  2. 02.stella=steLLa (SEGA CHUNITHMゲーム収録曲)
  3. 03.daydream refrain
  4. 04.Jeanne
  5. 05.春風
  6. 06.空想少女への恋手紙 (PiaNoFace Album ver.)
  7. 07.KARIN
  8. 08.sakura wishes
  9. 09.未来ハ廻ル
  10. 10.夢ハ夢ノママデ (コナミ ノスタルジア収録曲)
  11. 11.I have a dream
Disc02
  1. 01.I have a dream (Piano Trio ver.) with Bass IKUO,Drum 淳士
  2. 02.Butter-Fly with Bass IKUO,Drum 淳士
  3. 03.bamboo flutter with 尺八 小湊昭尚
  4. 04.Re. (piano solo)
  5. 05.相対人生 with Bass IKUO,Drum 淳士
  6. 06.meteorite with Bass IKUO,Drum 淳士
PiaNoFace
まらしぃ(marasy)「PiaNoFace」
2017/04/26
[CD]
¥2,700(税込)
購入画面へ
Anison Piano2
まらしぃ(marasy)「Anison Piano2」
2016/08/24
[CD]
¥2,300(税込)
購入画面へ
The PianO
まらしぃ/marasy「The PianO」
2015/09/30
[CD]
¥2,160(税込)
購入画面へ
The PianO
まらしぃ/marasy「The PianO」
2015/09/30
[CD]
¥2,484(税込)
購入画面へ
The PianO
まらしぃ/marasy「The PianO」
2015/09/30
[CD]
¥2,160(税込)
購入画面へ
The PianO
まらしぃ/marasy「The PianO」
2015/09/30
[CD]
¥2,484(税込)
購入画面へ

Chartsmore