Billboard JAPAN


Special Contents

【ビルボードジャパン年間チャート 2016】様々な話題があった2016年の音楽シーンをチャートで振り返る

2016年間チャート

 年末恒例のビルボードジャパン年間チャート。2016年も全9チャートを発表。2016年のビルボードジャパンチャートは、無料映像配信サービス『GYAO!』の音楽コンテンツの動画再生回数やGfK Japanの音楽ダウンロードサイトの配信データの追加があり、音楽の楽しみ方が多様になったユーザーの動向をさらに反映してきた。様々な話題があった2016年の音楽シーンをチャートで振り返る!(集計期間:2015年11月23日~2016年11月27日)

hot100

大きく潮目の変わった2016年、
AKB48「翼はいらない」が「前前前世」「恋」を抑え、辛くも首位獲得

 シングル・セールスで累計2,507,403枚をマークしたAKB48「翼はいらない」が、上半期のポイント差を守り、Billboard JAPAN HOT100 of the year 2016を獲得した。他にリリースされたAKB作品も140万枚超と変わらずのCDセールスでの強さを発揮している一方で、他データでは、ルックアップ49位、Twitter89位と、CDセールスの数字のみが喧伝されがちなAKB48だが、セールスが牽引する形で他指標でも上げていることが分かる。

 そして、「翼はいらない」合計ポイント178788.50に肉薄したのが、今年度下期にリリースされたRADWIMPS「前前前世」の176963.20と、172332.81ポイントを上げた星野源「恋」だ。

 総合2位となった「前前前世」は、シングル・カットされていないにも関わらず、ラジオ1位、ダウンロード1位、Twitter2位、動画再生2位と、この4指標でのポイントが特に強く、「翼はいらない」にあと一歩のところまで迫ることとなった。また、総合3位の「恋」は、ラジオ2位、CDセールス37位、ダウンロード3位、ストリーミング4位、ルックアップ2位、動画再生5位と、全ての指標で高ランクを上げての結果であるが、なかでもCDセールスよりも他指標での順位が高いことが目立つ。両曲とも、CDセールスが牽引しない形でイヤーエンドチャート上位獲得の結果を上げたことは、「ヒット曲」の前提条件がCDセールスであった様相が大きく様変わりして、上位楽曲にも影響を与えつつあることを示している。

 他指標での1位は、ルックアップが嵐「I seek」、TwitterがSMAP「世界に一つだけの花」、動画再生がピコ太郎「ペンパイナッポーアッポーペン」となっている。嵐「Iseek」は累計売上数が80万枚を超えることによる副次的な結果といえるが、SMAPの総Tweet数は1,958,709回、ピコ太郎の累計動画再生数は142,142,756回はそれぞれがダウンロードや、パッケージ・セールスに影響を与えており、こちらもパッケージではないヒットの形が顕れる結果だ。

1位 翼はいらない

翼はいらない

AKB48
¥1,646(税込) / KIZM-429/30
2016/06/01 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

1位 君の名は。

君の名は。

RADWIMPS
¥2,916(税込) / UPCH-20423
2016/08/24 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

3位 恋

星野源
¥1,296(税込) / VICL-37189
2016/10/05 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

Hot 100 Year End 2016をフルスペックでチェック!



アルバム

4週連続1位を獲得した宇多田ヒカル『Fantome』が総合AL年間1位、
大ヒット映画サントラが2位に

 2016年の総合アルバムチャート“Hot Albums”の年間1位は、宇多田ヒカルの8年ぶりのアルバム『Fantome』となった。同作は、10月10日付“Hot Albums”で初登場1位となり、そこから4週連続で首位をキープ。その後も2位を4回獲得するなど上位を守り続けるロングヒット作品となり、年間2位以下を引き離す総合ポイントを獲得した。指標別に見てみると、CDセールス3位、ダウンロード1位、ルックアップ4位と、各指標で高ポイントをあげており、特にダウンロードポイントがキーとなり、CDセールス1位の嵐『Are You Happy?』やCDセールス2位の三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの『THE JSB LEGACY』を抑えての首位となった。

 年間2位を獲得したのは、大ヒット映画『君の名は。』サウンドトラック、RADWIMPS『君の名は。』。9月5日付“Hot Albums”で初登場1位となり、そこから4週連続で首位に。それ以降もトップ10内を維持し続けており、こちらもロングヒット作品になっている。指標別では、CDセールス7位、ダウンロード2位、ルックアップ3位として、こちらもダウンロードポイントの後押しが大きかったことがわかる。2016年の総合アルバムチャートは、今年大きな話題となったアーティストのアルバム作品がワン・ツーフィニッシュを飾る結果となった。

※『Fantome』の「o」の正式表記はサーカムフレックス付き

3位 Fantome

Fantome

宇多田ヒカル
¥3,240(税込) / TYCT-60101
2016/09/28 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

1位 君の名は。

君の名は。

RADWIMPS
¥2,916(税込) / UPCH-20423
2016/08/24 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

3位 THE JSB LEGACY

THE JSB LEGACY

三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
¥3,240(税込) / RZCD-86084
2016/03/30 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

Hot Albums Year End 2016をフルスペックでチェック!



シングル

女性アイドル強し、AKB48が上位4位を占めるほか乃木坂46もトップ10内に3曲チャートイン

 2016年のシングルセールス“TOP Singles Sales”はAKB48「翼はいらない」が1位を獲得したほか、上位4位をAKB48が占めるという結果となった。

 1位はHOT 100でも年間1位に輝いた44thシングル「翼はいらない」。発売初週でダブルミリオンを達成した以降も9回チャートイン。最終的に2016年度内に250.7万枚を売上げ、2位以下を大きく引き離し1位を獲得した。2位は43thシングル「君はメロディー」。本作は、発売初週で141.7万枚を売り上げたあと後も18回のチャートインを果たし、さらに7万枚を積み上げ148.2万枚で2位を獲得した。そして、11月16日リリースにも関わらず3位に食い込んだのが「ハイテンション」。発売初週で143.8万枚を売上げ、現在もトータルセールスでは「君はメロディー」を追い抜く勢いでセールスを伸ばし続けている。

 また、乃木坂46がトップ10以内に3曲チャートイン。「サヨナラの意味」が91.8万枚で5位を獲得した他、「裸足でSummer」が6位、「ハルジオンが咲く頃」は8位となった。そしてジャニーズは7位に嵐「I seek/Daylight」、9位嵐「Power of the Paradise」の2作のみに留まるという結果となった。

1位 翼はいらない

翼はいらない

AKB48
¥1,646(税込) / KIZM-429/30
2016/06/01 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

2位 君はメロディー

君はメロディー

AKB48
¥1,646(税込) / KIZM-90415/6
2016/03/09 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

3位 ハイテンション

ハイテンション

AKB48
¥1,646(税込) / KIZM-457/8
2016/11/16 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

TOP Singles Sales Year End 2016をフルスペックでチェック!



Radio Songs

RADWIMPS、星野源、宇多田…洋楽ヒットの“小粒さ”尻目にJ-POP勢が躍進

 例年、洋楽ヒット曲が強い傾向のあるラジオ・チャート。2013年はダフト・パンク、2014年はファレル・ウィリアムズ、2015年はマーク・ロンソン&ブルーノ・マーズが、それぞれ年間首位を飾ってきた。

 だが、今年の主役はJ-POPのビッグ・ヒットだった。首位争いを繰り広げたのはRADWIMPS「前前前世」と星野源「恋」。いずれも映画/ドラマとの大型タイアップを軸に、社会現象とも言える状況を生み出している楽曲だ。

 3位にはジャスティン・ティンバーレイク「キャント・ストップ・ザ・フィーリング!」が食い込んだが、5月リリースという先行者の利に助けられた部分は小さくない(「前前前世」は8月、「恋」は10月リリース)。4位には、やはり社会現象級の復帰劇が話題になった宇多田ヒカル「道」がランクインした。

 J-POPの上位ランクイン組はいずれも元々ラジオ・フレンドリーなことで知られるアーティストとは言え、全体的に洋楽ヒットの小粒さが印象に残る結果に。今年が例外なのか、新たなトレンドのはじまりなのか、今後の展開も気になるところだ。

1位 君の名は。

君の名は。

RADWIMPS
¥2,916(税込) / UPCH-20423
2016/08/24 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

3位 恋

星野源
¥1,296(税込) / VICL-37189
2016/10/05 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

3位 キャント・ストップ・ザ・フィーリング!

キャント・ストップ・ザ・フィーリング!

ジャスティン・ティンバーレイク
¥2,376(税込) / SICP-5089
2016/11/02 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

Radio Songs Year End 2016をフルスペックでチェック!

アニメ

アニメチャートトップは2016年一大旋風を巻き起こした映画の主題歌

 2016年の映画シーンに記録的なヒットを打ち立てた、新海誠監督のアニメーション映画『君の名は。』の主題歌、RADWIMPS「前前前世」が圧倒的なポイントで2016年の“HOT ANIMATION”を制した。本楽曲はアルバムに収録されているため、パッケージセールスのポイントはアルバムのチャートに加算され、ソングチャートである“HOT ANIMATION”には反映されない。しかし、ラジオオンエア回数・デジタルダウンロード・ツイッターの指標で各1位となり、他の追随を許さない断トツのポイントを積み上げた。また、RADは20位以内に同映画の主題歌4曲すべてをチャートインさせるという快挙を果たし、さらにはデジタルダウンロードとツイッター、両指標の1~3位をRADの楽曲が独占するという結果となった。楽曲を聞きたいユーザーがデジタルダウンロード、曲と接触したユーザーがツイッターでつぶやくといったアクションが読み取れる。映画主題歌からの訴求もあるが、楽曲に対してユーザーがアプローチして近づいていることから、どちらかの作品による一方通行ではなく“映画×音楽”で相乗効果が生み出されたことがチャートから見受けられる。

 2位にはケツメイシ「友よ~この先もずっと…」(映画『映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃』主題歌)がチャートイン。すべての指標でバランスよくポイントを積み上げており、中でも“PCによるCD読み取り数”のルックアップで1位となった。Hey!Say!JUMP「Fantastic Time」(アニメ『タイムボカン24』オープニング)と、Dream Ami「トライ・エヴリシング」(映画『ズートピア』主題歌)もルックアップが高く、パッケージの購入や、はたまたレンタルなどでCDを手にしたユーザーが楽曲をPCに取り込んでいることが分かる。

 秦基博「ひまわりの約束」(映画『STAND BY ME ドラえもん』主題歌)や、UNISON SQUARE GARDEN「シュガーソングとビターステップ」(アニメ『血界戦線』エンディングテーマ)、A応P「はなまるぴっぴはよいこだけ」(アニメ『おそ松さん』オープニングテーマ)といった、2016年以前にリリースされた曲がトップ10に入った。楽曲が聞き手に反響し、広範囲に浸透して長い期間チャートインしている。2016年を代表する作品となった『君の名は。』の映画は元より、RADWIMPSの楽曲も今後聞かれ続けることは言うまでもないだろう。

1位 前前前世

前前前世

RADWIMPS
¥2,916(税込) / UPCH-20423
2016/08/24 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

2位 友よ~この先もずっと…

友よ~この先もずっと…

ケツメイシ
¥1,080(税込) / AVCD-83541
2016/04/20 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

3位 ひまわりの約束

ひまわりの約束

秦基博
¥1,300(税込) / AUCL-164
2014/08/06 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

Hot Animation Year End 2016をフルスペックでチェック!



洋楽

ジャスティン・ビーバーが洋楽年間チャート1&2位を独占、
世界を席巻中の5Hが日本でも本格的にブレイク

 1位に「ソーリー」、そして2位に「ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?」とジャスティン・ビーバーの楽曲がランクインした、ビルボードジャパン“Hot Overseas”洋楽年間チャート。「ソーリー」が4.3万ポイントに対し、「ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?」が4.2万ポイントと僅差ではあったが、エアプレイ、Twitterポイント、動画再生回数で「ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?」を上回った「ソーリー」に軍配が上がる結果となった。さらに「ラヴ・ユアセルフ」が16位に食い込んだほか、この3曲が収録された『パーパス』は“Hot Albums”年間チャートにおいて26位をマークし、洋楽勢ではTOPとなっている。同アルバム・リリースから様々な記録を塗り替え、2月には自身初の【グラミー賞】を受賞、私生活やその言動が連日メディアを騒がしたことも含め、2016年は、まさしくジャスティンの年になったと言っても過言ではないだろう。

 一方、昨年の洋楽年間チャートで4位をマークしたウィズ・カリファ feat.チャーリー・プースの「シー・ユー・アゲイン」はワンランクアップし3位に。主な要因として、チャーリー・プースのデビュー・アルバムのリリース、【SUMMER SONIC】での来日など、コンスタントに話題があったことだろう。エアプレイ・ポイントは少ないものの、デジタル・セールスと動画再生回数では、1&2位を独占したジャスティンを上回っている。

 TOP5には、一昨年~昨年リリースされた楽曲が並んだが、今年5月のリリースされ今夏世界的大ヒットとなったフィフス・ハーモニーの「ワーク・フロム・ホーム feat.タイ・ダラー・サイン」が6位にランクイン。1位の「ソーリー」に詰め寄る勢いのデジタル・セールスに加え、Twitterポイント、動画再生回数でも健闘し、その圧倒的な“ガール・パワー”も見せつけた。同曲のヒットを受け、昨年はTOP20圏外だった2015年にリリースの「ワース・イット feat.キッド・インク」も18位にランクインしている。

2位 ソーリー

ソーリー

ジャスティン・ビーバー
¥3,888(税込) / UICD-9080
2016/07/22 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

2位 ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?

ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?

ジャスティン・ビーバー
¥3,888(税込) / UICD-9080
2016/07/22 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

1位 シー・ユー・アゲイン

シー・ユー・アゲイン

ウィズ・カリファ feat.チャーリー・プース
¥2,376(税込) / WPCR-16891/2
2015/09/04 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

Hot Overseas Year End 2016をフルスペックでチェック!



アルバム

嵐が2年連続アルバムセールスで首位を獲得
宇多田、RADなど今年話題を集めた作品が上位にランクイン

 2016年の年間アルバムセールスチャート【Billboard JAPAN Top Albums Sales of the Year 2016】は、2年連続となる嵐が首位を獲得した。

 首位を獲得したのは、15thアルバム『Are You Happy?』。10月26日にリリースされ、発売初週で65万枚をセールス。その後も5回のチャートインによってセールスを伸ばし続け、2016年度内に75.4万枚を売り上げた。

 2位となったのは三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE『THE JSB LEGACY』が獲得。63.7万枚を売上げ、惜しくも2位という結果となった。三代目JSBは、オムニバス・アルバム『HiGH & LOW ORIGINAL BEST ALBUM』も8位にチャートイン。2016年はメンバーそれぞれがドラマや映画に出演するなど多方面で活躍し、多くの支持を集めた。

  その他、8年ぶりのオリジナル・フルアルバムとなる宇多田ヒカル『Fantome』、映画とともに爆発的セールスを売り上げたRADWIMPS『君の名は。』といった2016年の話題作がトップ10を占める中、4位を獲得したのは2015年12月リリースのback number『シャンデリア』。チャートイン数34回という、ロングセールスによって上位に食い込んだ。

※『Fantome』の「o」の正式表記はサーカムフレックス付き

1位 Are You Happy?

Are You Happy?


¥3,564(税込) / JACA-5625/6
2016/10/26 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

3位 THE JSB LEGACY

THE JSB LEGACY

三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
¥3,240(税込) / RZCD-86084
2016/03/30 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

3位 Fantome

Fantome

宇多田ヒカル
¥3,240(税込) / TYCT-60101
2016/09/28 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

Top Albums Sales Year End 2016をフルスペックでチェック!



classic

第1位は『0歳からの育脳クラシック』、小澤征爾オペラ録音部門グラミー受賞作品が第3位

 2016年のクラシックチャートは、右脳開発トレーナーの児玉光雄監修のコンピレーションアルバム『0歳からの育脳クラシック』が年間チャートを 制した。2006年12月リリース以降ウェブ販売を始め、ベビー用品店舗等で着実に販売を続け、2015年の年間チャート2位から、今年は首位に躍り出 た。

 第2位には清塚信也『あなたのためのサウンドトラック』がチャートイン。2015年の年間チャート3位から順調にセールスをのばした。3位には小澤 征爾指揮、サイトウ・キネン・オーケストラによる『ラヴェル:歌劇《こどもと魔法》』がチャートイン。初のグラミー賞受賞の快挙となり、一時品切れになるほどの注目を浴びた。

 他、11月23日にリリースされたばかりの反田恭平の『ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番』がチャートイン数1回にも関わらず年間チャート17位に顔を見せた。1月行われたサントリーホールでの圧巻のデビューコンサート以来、『情熱大陸』に登場、そして3夜連続でのコンサート開催など目覚ましい活躍を見せる反田の、勢いを感じさせるチャートインとなった。

2位 0歳からの育脳クラシック

0歳からの育脳クラシック

(オムニバス)
¥2,160(税込) / MOW-607/8
2006/11/25 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

2位 あなたのためのサウンドトラック

あなたのためのサウンドトラック

清塚信也
¥3,240(税込) / COCQ-85272
2015/11/04 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

3位 ラヴェル:歌劇≪こどもと魔法≫

ラヴェル:歌劇≪こどもと魔法≫

小澤征爾
¥3,240(税込) / UCCD-1403
2014/08/27 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

Top Classical Albums Sales Year End 2016をフルスペックでチェック!



ジャズ

上原ひろみがノラ・ジョーンズを抑え、年間ジャズ・チャート1位を獲得

 2016年は上原ひろみとノラ・ジョーンズの2強の戦いとなったが、「殿堂入り」級の鉄板トリオ、上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクトが2月にリリースした『SPARK』がノラ・ジョーンズ『デイ・ブレイクス』の猛追を抑え、見事年間チャート1位に輝いた。これまでリリースした3作すべてが年間チャート1位を獲得していた上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクトだが『SPARK』も7週連続ジャズ・チャートで1位を獲得しただけでなく、そして米ビルボードのジャズ・チャートでも1位を獲得するなど、国内のみならず海外でも大きな存在感を示した。その後も、何度か1位に返り咲くなどこれまでに43回チャートインするロングヒットとなっている。内容もこれまでの作品同様、ファンの期待に120%応えるトリオの痺れるようなセッションで、まさに女王の貫録を見せつけた作品となった。

 そして惜しくも2位となったノラ・ジョーンズの『デイ・ブレイクス』は10月に日本で先行発売され、以降、集計の最終週まで8週連続で1位を獲得。リリース前の9月にノラ・ジョーンズがプロモ来日し、テレビやラジオ、新聞、スペシャル・ショーケースなど各メディアで積極的なプロモーションを展開。発売前に大きく話題を作ったことで、リリース初週から大きく売り上げを伸ばした。ジャズとピアノに回帰し、デビュー・アルバム『カム・アウェイ・ウィズ・ミー』を彷彿とさせる本作をひっさげた来年4月の来日ツアーも大いに期待したい。

 3位には、原田知世の『恋愛小説2~若葉のころ』がランクイン。昨年、14年ぶりのカヴァーアルバムとして話題となり、2015年の年間ジャズ・チャートでも2位を記録した『恋愛小説』の続編で、竹内まりや、荒井由実、松田聖子、山口百恵など、1970年代半ばから1980年代前半の邦楽曲で構成され、ファンの期待に応えた。プロデュースと楽曲アレンジは前作同様、伊藤ゴローが務め、ジャズのみならずポップス、歌謡曲、ボサノヴァなど幅広いファンに愛される作品となった。

1位 SPARK

SPARK

上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクト
¥3,564(税込) / UCCO-9998
2016/02/03 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

2位 デイ・ブレイクス

デイ・ブレイクス

ノラ・ジョーンズ
¥3,456(税込) / UCCQ-9039
2016/10/05 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

3位 恋愛小説2~若葉のころ

恋愛小説2~若葉のころ

原田知世
¥3,240(税込) / UCCJ-2137
2016/05/11 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

Top Jazz Albums Sales Year End 2016をフルスペックでチェック!

AKB48「翼はいらない」

翼はいらない

2016/06/01 RELEASE
KIZM-429/30 ¥ 1,646(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.翼はいらない
  2. 02.Set me free
  3. 03.恋をすると馬鹿を見る
  4. 04.翼はいらない (off vocal ver.)
  5. 05.Set me free (off vocal ver.)
  6. 06.恋をすると馬鹿を見る (off vocal ver.)
Disc02
  1. 01.翼はいらない (Music Video)
  2. 02.Set me free (Music Video)
  3. 03.恋をすると馬鹿を見る (Music Video)
  4. 04.中西智代梨ブスシリーズ「ブスの想い出。」
第7回 AKB48 紅白対抗歌合戦
AKB48「第7回 AKB48 紅白対抗歌合戦」
2018/02/28
[Blu-ray Disc]
¥7,020(税込)
購入画面へ
第7回 AKB48 紅白対抗歌合戦
AKB48「第7回 AKB48 紅白対抗歌合戦」
2018/02/28
[DVD]
¥5,940(税込)
購入画面へ
タイトル未定
岩佐美咲「タイトル未定」
2018/02/27
[CD]
¥1,028(税込)
購入画面へ
11月のアンクレット
AKB48「11月のアンクレット」
2017/11/22
[CD]
¥1,646(税込)
購入画面へ
11月のアンクレット
AKB48「11月のアンクレット」
2017/11/22
[CD]
¥1,646(税込)
購入画面へ
11月のアンクレット
AKB48「11月のアンクレット」
2017/11/22
[CD]
¥1,646(税込)
購入画面へ
11月のアンクレット
AKB48「11月のアンクレット」
2017/11/22
[CD]
¥1,646(税込)
購入画面へ
11月のアンクレット
AKB48「11月のアンクレット」
2017/11/22
[CD]
¥1,646(税込)
購入画面へ
STAR-T!
河西智美「STAR-T!」
2017/11/15
[CD]
¥3,240(税込)
購入画面へ
#好きなんだ
AKB48「#好きなんだ」
2017/08/30
[CD]
¥1,646(税込)
購入画面へ
#好きなんだ
AKB48「#好きなんだ」
2017/08/30
[CD]
¥1,646(税込)
購入画面へ
#好きなんだ
AKB48「#好きなんだ」
2017/08/30
[CD]
¥1,646(税込)
購入画面へ
#好きなんだ
AKB48「#好きなんだ」
2017/08/30
[CD]
¥1,646(税込)
購入画面へ
#好きなんだ
AKB48「#好きなんだ」
2017/08/30
[CD]
¥1,646(税込)
購入画面へ
#好きなんだ
AKB48「#好きなんだ」
2017/08/30
[CD]
¥1,646(税込)
購入画面へ
#好きなんだ
AKB48「#好きなんだ」
2017/08/30
[CD]
¥1,646(税込)
購入画面へ
鯖街道(特別記念盤)
岩佐美咲「鯖街道(特別記念盤)」
2017/08/23
[CD]
¥1,646(税込)
購入画面へ
鯖街道(特別記念盤)
岩佐美咲「鯖街道(特別記念盤)」
2017/08/23
[CD]
¥1,028(税込)
購入画面へ
Family Song
星野源「Family Song」
2017/08/16
[CD]
¥1,296(税込)
購入画面へ
Family Song
星野源「Family Song」
2017/08/16
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
ビリーヴ~アコースティック
ジャスティン・ビーバー「ビリーヴ~アコースティック」
2017/07/12
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
流れ星ランデブー
星野みちる「流れ星ランデブー」
2017/05/31
[CD]
¥1,620(税込)
購入画面へ
鏡の中の私
星野みちる「鏡の中の私」
2017/05/31
[CD]
¥1,620(税込)
購入画面へ
願いごとの持ち腐れ
AKB48「願いごとの持ち腐れ」
2017/05/31
[CD]
¥1,646(税込)
購入画面へ
願いごとの持ち腐れ
AKB48「願いごとの持ち腐れ」
2017/05/31
[CD]
¥1,646(税込)
購入画面へ
願いごとの持ち腐れ
AKB48「願いごとの持ち腐れ」
2017/05/31
[CD]
¥1,646(税込)
購入画面へ
願いごとの持ち腐れ
AKB48「願いごとの持ち腐れ」
2017/05/31
[CD]
¥1,646(税込)
購入画面へ
#いいね!
板野友美「#いいね!」
2017/05/17
[CD]
¥1,700(税込)
購入画面へ
#いいね!
板野友美「#いいね!」
2017/05/17
[CD]
¥1,800(税込)
購入画面へ
#いいね!
板野友美「#いいね!」
2017/05/17
[CD]
¥1,000(税込)
購入画面へ
サイハテアイニ/洗脳
RADWIMPS「サイハテアイニ/洗脳」
2017/05/10
[CD]
¥1,296(税込)
購入画面へ
サイハテアイニ/洗脳
RADWIMPS「サイハテアイニ/洗脳」
2017/05/10
[CD]
¥1,728(税込)
購入画面へ
愛してたの
増田有華「愛してたの」
2017/04/26
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
愛してたの
増田有華「愛してたの」
2017/04/26
[CD]
¥2,160(税込)
購入画面へ
こじまつり~小嶋陽菜感謝祭~
AKB48「こじまつり~小嶋陽菜感謝祭~」
2017/04/19
[Blu-ray Disc]
¥22,680(税込)
購入画面へ
こじまつり~小嶋陽菜感謝祭~
AKB48「こじまつり~小嶋陽菜感謝祭~」
2017/04/19
[DVD]
¥19,440(税込)
購入画面へ
パーパス+スーパー・ヒッツ
ジャスティン・ビーバー「パーパス+スーパー・ヒッツ」
2017/04/12
[CD]
¥3,240(税込)
購入画面へ
THE JSB WORLD
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE「THE JSB WORLD」
2017/03/29
[CD]
¥3,780(税込)
購入画面へ
THE JSB WORLD
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE「THE JSB WORLD」
2017/03/29
[CD]
¥6,998(税込)
購入画面へ
シュートサイン
AKB48「シュートサイン」
2017/03/15
[CD]
¥1,646(税込)
購入画面へ
シュートサイン
AKB48「シュートサイン」
2017/03/15
[CD]
¥1,646(税込)
購入画面へ
シュートサイン
AKB48「シュートサイン」
2017/03/15
[CD]
¥1,646(税込)
購入画面へ
シュートサイン
AKB48「シュートサイン」
2017/03/15
[CD]
¥1,646(税込)
購入画面へ
シュートサイン
AKB48「シュートサイン」
2017/03/15
[CD]
¥1,646(税込)
購入画面へ
シュートサイン
AKB48「シュートサイン」
2017/03/15
[CD]
¥1,646(税込)
購入画面へ
シュートサイン
AKB48「シュートサイン」
2017/03/15
[CD]
¥1,646(税込)
購入画面へ
シュートサイン
AKB48「シュートサイン」
2017/03/15
[CD]
¥1,646(税込)
購入画面へ
シュートサイン
AKB48「シュートサイン」
2017/03/15
[CD]
¥1,646(税込)
購入画面へ
HAPPY
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE「HAPPY」
2017/03/08
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
HAPPY
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE「HAPPY」
2017/03/08
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
第6回 AKB48 紅白対抗歌合戦
AKB48「第6回 AKB48 紅白対抗歌合戦」
2017/03/01
[Blu-ray Disc]
¥7,020(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

シュガーヒル・ギャング来日記念特集~長谷川町蔵×大和田俊之が語るヒップホップの姿
シュガーヒル・ギャング来日記念特集~長谷川町蔵×大和田俊之が語るヒップホップの姿
ヒップホップ / ラップを世界に知らしめた伝説的ユニットが遂に来日!
デヴィッド・T.ウォーカー来日記念企画、ファンから集まった質問への返答が到着
デヴィッド・T.ウォーカー来日記念企画、ファンから集まった質問への返答が到着
モータウン黄金期を築いた世界一ソウルフルなギタリストからの返答は読みごたえあり
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
2018年3月19日、東京Zepp DiverCityにてLIVE vol.1開催決定!詳細は1月12日発表。
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
私の目指すシンガーに、ホイットニー・ヒューストンがいる
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
「日本のバンド=和楽器バンド」に辿り着きたい。
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
【HOT 100】、【HOT ALBUMS】、【TOP ARTIST】年間ランキングを詳しく解説。
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
100タイトルの中から音楽ライターの熊谷美広氏が「初心者でも楽しめる作品」、「マニア垂涎の作品」を5枚ずつピックアップ
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
なぜ、いまポールがソウル・クラシックスのカバーに挑むのか? 増田勇一が解説。

Chartsmore