Billboard JAPAN


Special Contents

“スタンディング・ドラム”を生み出したストレイ・キャッツの伝説的ドラマー、スリム・ジム・ファントム 来日記念特集

top

 80年代に巻き起こったネオ・ロカビリー・ブーム。その火付け役となったストレイ・キャッツのメンバーであり、スタンディング・ドラムの開祖として知られるスリム・ジム・ファントムが、10月に来日公演をおこなうことが決定した。母国アメリカを離れ、ロンドンを経由して大ブレイクを果たしたストレイ・キャッツと、その名の通り立ってドラムをプレイする「スタンディング・ドラム」を生み出したレジェンド・ドラマー、スリム・ジム・ファントムの足跡を辿る。

 1980年初頭に英米で巻き起こった「ネオロカビリー・ブーム」の火付け役として知られるストレイ・キャッツ。のちにソロ・アーティストとしても成功を収めることになるブライアン・セッツァーが中心となり、ウッドベーシストのリー・ロッカー、そして、ドラマーのスリム・ジム・ファントムの3人により1979年にニューヨークで結成された。活動当初は自身らの敬愛する50年代のロカビリーのカバーをプレイしていたそうだが、徐々にそれらの要素を取り入れたオリジナル曲を演奏するようになっていったという。

 ここで、ストレイ・キャッツのサウンドのルーツとなる「50年代ロカビリー」について簡単に説明しておきたい。ロカビリーのはじまりは、1950年代初頭のアメリカ南部・メンフィス。黒人音楽であるブルース~ロックンロール、そして白人音楽のヒルビリーやカントリーなど、人種を超えたルーツ・ミュージックの融合によって生まれた新しい音楽として、当初は「Rock-A-Billy(ロック・ア・ビリー)」と呼ばれ、50年代中盤にエルヴィス・プレスリーやジーン・ヴィンセント、エディ・コクランらの台頭により、一気に全盛を迎えることになった。ロカビリーの音楽的特徴は、語尾をしゃくりあげて歌うヒーカップ唱法やコントラバス(ウッドベース)によるスラップ奏法、そしてギターはおもにカントリーで多用されるギャロッピング奏法などが挙げられるが、音楽以外の面においてもリーゼントやボウリングシャツ、女性は大きな水玉やバンダナなど当時のロカビリー・ファッションが「50年代レトロ」の象徴として、現在までに度々ファッション界においてリバイバルを果たしている。

 50年代ロカビリー=ピュア・ロカビリーにおけるスタンダードのひとつとして知られるのが、1956年に大ヒットを記録したジーン・ヴィンセントの「ビー・バップ・ア・ルーラ」。往年のロック・ファンの間では「ポール・マッカートニーが初めて買ったレコード」としても知られている同曲だが、当初はデビュー曲のカップリング(B面)だったにも関わらず、全米ビルボード7位、さらにイギリスでもTOP20に入るヒットを記録している。これらに代表される50年代ロカビリーのヒット曲の数々は、ビートルズだけでなく60年代以降に登場した多くのロック・ミュージシャンたちに絶大な影響を与えることになった。もちろんストレイ・キャッツのメンバーにとってもそれは同じで、ブライアン・セッツァーもまた、オリジナルから約20年の時を超えて「ビー・バップ・ア・ルーラ」のギター・ソロに衝撃を受けたことを機に、ロカビリーに傾倒していったと語っている。



▲ "Be-Bop-A-Lula" - Gene Vincent


 50年代ロカビリー=ピュア・ロカビリーにおけるスタンダードのひとつとして知られるのが、1956年に大ヒットを記録したジーン・ヴィンセントの「ビー・バップ・ア・ルーラ」。往年のロック・ファンの間では「ポール・マッカートニーが初めて買ったレコード」としても知られている同曲だが、当初はデビュー曲のカップリング(B面)だったにも関わらず、全米ビルボード7位、さらにイギリスでもTOP20に入るヒットを記録している。これらに代表される50年代ロカビリーのヒット曲の数々は、ビートルズだけでなく60年代以降に登場した多くのロック・ミュージシャンたちに絶大な影響を与えることになった。もちろんストレイ・キャッツのメンバーにとってもそれは同じで、ブライアン・セッツァーもまた、オリジナルから約20年の時を超えて「ビー・バップ・ア・ルーラ」のギター・ソロに衝撃を受けたことを機に、ロカビリーに傾倒していったと語っている。

CD
▲『涙のラナウェイ・ボーイ』

 ストレイ・キャッツ結成当時、ブライアン・セッツァーが二十歳、リー・ロッカーとスリム・ジム・ファントムにいたってはまだティーンエイジャーだった。若いながらも、古き良きロカビリーを愛する三人が「50年代ロカビリー」をリヴァイバルさせるべくシーンに立ち向かったわけだが……当時のアメリカの音楽シーンといえば、まだまだディスコ全盛期。自国で思うような評価を得ることができないと感じた彼らは、イギリス・ロンドンへと渡り、パブ・ツアーをスタートさせる。1980年、当時のロンドンはパブ・ロック~パンク・ロックのムーブメントが成熟期を迎えていた頃。50年代ロカビリーに忠実でありながら、パンクに通ずるスピード感とスピリットを兼ね備えたパフォーマンスが支持され、渡英から数ヶ月後にはエルヴィス・コステロのオープニング・アクトを務めるなど、あっという間にシーンから注目を集める存在となっていった。そして1981年、当時ニック・ロウとともにロックパイルとして活動していたデイヴ・エドモンズが自らプロデュースを志願し、デビューアルバム『涙のラナウェイ・ボーイ(STRAY CATS)』を発表。デビュー作ながら全英6位の大ヒットを記録し、シングルとしても「涙のラナウェイ・ボーイ」「ロック・タウンは恋の街」「気取りやキャット」が立て続けに全英ヒットとなった。



▲ "Runaway Boys [Top Of The Pops 1980]" - Stray Cats


 彼らの人気がロンドンのパブからイギリス全国区になるにつれ、ブライアン・セッツァーの華やかなルックスやカリスマ性、50年代ロカビリーを意識したファッションに注目が集まるようになっていったが、一方で個々のプレイヤーとしての才能と決して「若さ」や「勢い」任せではないパフォーマンスも多くのファンに支持される理由だった。彼ら3人の演奏スタイルが、いずれも以降のロカビリーのプレイスタイルの定番となったことが、なによりそれを証明しているだろう。きわめてシンプルなドラム・セットを立って叩く、スリム・ジム・ファントムのスタンディング・ドラムももちろんその一つである。

CD
▲『ごーいんDOWN TOWN』

 同年のうちに2ndアルバム『ごーいんDOWN TOWN(GONNA BALL) 』をヒットさせた彼らは、ついに母国アメリカで念願のアルバム・デビューを果たすことになる。アメリカでのデビュー作となった『ビルト・フォー・スピード』はイギリスでの既発表音源に新曲加えたもので、全米ビルボード・アルバムチャートにおいて15週にわたり全米チャート2位をキープした。ちなみに、このときの首位は37週連続全米No.1という大記録を持つマイケル・ジャクソンの『スリラー』であり、彼らがキャリアにおいて首位に輝くことができなかったのは、ただただ不運だったとしか言いようがない。それでもアルバムはプラチナ・ディスクを獲得し、収録曲のうち「ロックタウンは恋の街」(全米9位)、「気取りやキャット」(全米3位)がシングル・ヒットを記録した。また、同年にはローリング・ストーンズのアメリカツアーのオープニング・アクトを務めている。こうして母国アメリカでもブレイクを果たした彼らだが、1983年にサード・アルバム『セクシー&セヴンティーン』の発表して以降、活動停止。解散~復活~再結成を何度か繰り返し、現在にいたっている。

 ストレイ・キャッツのメンバー3人のソロ活動としては、やはりブライアン・セッツァーの成功があまりにも有名すぎるが、スリム・ジム・ファントムとリー・ロッカーの2人は、ストレイ・キャッツ活動停止後の1985年、デイヴィッド・ボウイやジョン・レノンら作品に参加したことで知られるギタリスト、アール・スリックと“ファントム、ロッカー&スリック”を結成し、2枚のアルバムを発表。彼らの作品にはキース・リチャーズやニッキー・ホプキンスなどがゲストとして参加している。

CD
▲『13トラックス』

 90年代以降も、ギタリストのダニー・B・ハーヴェイら英国ネオロカビリー・シーンで活躍するミュージシャンとともに“スウィング・キャッツ”“13キャッツ”などいくつかのバンドを結成し、作品の発表やライブ活動をおこなっている。そして、2000年代にはハーヴェイと昨年12月に急死したモーターヘッドのレミー・キルミスターとともに“ヘッドキャット”を結成したことがロック・ファンの間で話題に。ほかにも、イギリスのパンク・バンド、ダムドのキャプテン・センシブルやアラームのマイク・ピーターズ、最近ではセックス・ピストルズのオリジナル・メンバーとしてしられるグレン・マトロックなど、イギリスのロック~ネオ・ロカビリー界で活躍するアーティストとともに今日まで積極的に共作・共演をおこなっている。

 10月に決定している来日公演は、スリム・ジムを中心に、ギター(アンドリュー・ハリガン)、ベース(マーク・ハリガン)というスリーピース編成でのオンステージとなる模様。ツアータイトルも「Rockabilly Extravaganza」とあり、スタンダード曲からストレイ・キャッツのヒット曲まで、彼のキャリアと音楽性を包括するナンバーの演奏に期待したい。スタンディング・ドラムの“開祖”が繰り出す軽快なロカ・ビートに乗せて、エンターテイメント性あふれるショウを届けてくれることは間違いないだろう。



スリム・ジム・ファントムから日本のファンへ向けて、ビデオ・メッセージが到着!

関連キーワード

TAG

関連商品

40
ストレイ・キャッツ「40」

2019/05/24

[CD]

¥2,700(税込)

40
ストレイ・キャッツ「40」

2019/05/24

[CD]

¥5,400(税込)

涙のラナウェイ・ボーイ
ストレイ・キャッツ「涙のラナウェイ・ボーイ」

2018/09/12

[CD]

¥1,080(税込)

ごーいんDOWN TOWN
ストレイ・キャッツ「ごーいんDOWN TOWN」

2018/09/12

[CD]

¥1,080(税込)

ブラスト・オフ
ストレイ・キャッツ「ブラスト・オフ」

2011/09/20

[CD]

¥2,592(税込)

ロック・セラピー
ストレイ・キャッツ「ロック・セラピー」

2011/09/20

[CD]

¥2,592(税込)

VERY BEST OF
ストレイ・キャッツ「VERY BEST OF」

2011/04/27

[CD]

¥1,028(税込)

ランブル・イン・ブリクストン
ストレイ・キャッツ「ランブル・イン・ブリクストン」

2010/08/25

[CD]

¥3,240(税込)

ランブル・イン・ブリクストン
ストレイ・キャッツ「ランブル・イン・ブリクストン」

2010/08/25

[DVD]

¥4,629(税込)

セクシー&セヴンティーン
ストレイ・キャッツ「セクシー&セヴンティーン」

2008/12/24

[CD]

¥2,160(税込)

ビルト・フォー・スピード
ストレイ・キャッツ「ビルト・フォー・スピード」

2008/12/24

[CD]

¥2,160(税込)

ごーいんDOWN TOWN
ストレイ・キャッツ「ごーいんDOWN TOWN」

2008/12/24

[CD]

¥2,160(税込)

涙のラナウェイ・ボーイ
ストレイ・キャッツ「涙のラナウェイ・ボーイ」

2008/12/24

[CD]

¥2,160(税込)

セクシー&セヴンティーン
ストレイ・キャッツ「セクシー&セヴンティーン」

2008/10/22

[CD]

¥2,808(税込)

ごーいんDOWN TOWN
ストレイ・キャッツ「ごーいんDOWN TOWN」

2008/10/22

[CD]

¥2,808(税込)

涙のラナウェイ・ボーイ
ストレイ・キャッツ「涙のラナウェイ・ボーイ」

2008/10/22

[CD]

¥2,808(税込)

ヴェリー・ベスト・オブ
ストレイ・キャッツ「ヴェリー・ベスト・オブ」

2008/06/01

[CD]

¥1,337(税込)

プレミアム・カッツ
ストレイ・キャッツ「プレミアム・カッツ」

2007/06/20

[CD]

¥2,057(税込)

13トラックス
13キャッツ「13トラックス」

2007/06/13

[CD]

¥2,700(税込)

セクシー&セヴンティーン
ストレイ・キャッツ「セクシー&セヴンティーン」

2006/12/06

[CD]

¥1,944(税込)

ごーいんDOWN TOWN
ストレイ・キャッツ「ごーいんDOWN TOWN」

2006/12/06

[CD]

¥1,944(税込)

涙のラナウェイ・ボーイ
ストレイ・キャッツ「涙のラナウェイ・ボーイ」

2006/12/06

[CD]

¥1,944(税込)

ベスト・オブ・ストレイキャッツ
ストレイ・キャッツ「ベスト・オブ・ストレイキャッツ」

2005/12/21

[CD]

¥2,730(税込)

ライヴ・コレクション
ストレイ・キャッツ「ライヴ・コレクション」

2005/06/15

[CD]

¥1,944(税込)

ギャング・オヴ・チキンシャック
(オムニバス) 13キャッツ タイロン橋本 山岸潤史 土岐英史 チキン・シャック「ギャング・オヴ・チキンシャック」

2005/01/26

[CD]

¥1,851(税込)

セクシー&セヴンティーン
ストレイ・キャッツ「セクシー&セヴンティーン」

2004/01/28

[CD]

¥1,944(税込)

ビルト・フォー・スピード
ストレイ・キャッツ「ビルト・フォー・スピード」

2004/01/28

[CD]

¥1,944(税込)

ごーいんDOWN TOWN
ストレイ・キャッツ「ごーいんDOWN TOWN」

2004/01/28

[CD]

¥1,944(税込)

涙のラナウェイ・ボーイ
ストレイ・キャッツ「涙のラナウェイ・ボーイ」

2004/01/28

[CD]

¥1,944(税込)

ロック・セラピー
ストレイ・キャッツ「ロック・セラピー」

1999/07/28

[CD]

¥1,851(税込)

ロック・セラピー
ストレイ・キャッツ「ロック・セラピー」

1999/07/28

[CD]

¥1,851(税込)

ZOETROPE
13キャッツ「ZOETROPE」

1996/11/21

[CD]

¥2,097(税込)

13CATS
13キャッツ「13CATS」

1996/11/21

[CD]

¥2,097(税込)

13 SONGS
13キャッツ「13 SONGS」

1996/06/26

[CD]

¥2,621(税込)

オリジナル・クール
ストレイ・キャッツ「オリジナル・クール」

1995/07/19

[CD]

¥2,621(税込)

オリジナル・クール
ストレイ・キャッツ「オリジナル・クール」

1995/07/19

[CD]

¥2,621(税込)

ベスト・オブ・ストレイ・キャッツ
ストレイ・キャッツ「ベスト・オブ・ストレイ・キャッツ」

1991/08/21

[CD]

¥2,621(税込)

40
ストレイ・キャッツ「40」

2019/05/24

[CD]

¥2,700(税込)

40
ストレイ・キャッツ「40」

2019/05/24

[CD]

¥5,400(税込)

ブラスト・オフ
ストレイ・キャッツ「ブラスト・オフ」

2011/09/20

[CD]

¥2,592(税込)

ロック・セラピー
ストレイ・キャッツ「ロック・セラピー」

2011/09/20

[CD]

¥2,592(税込)

VERY BEST OF
ストレイ・キャッツ「VERY BEST OF」

2011/04/27

[CD]

¥1,028(税込)

ランブル・イン・ブリクストン
ストレイ・キャッツ「ランブル・イン・ブリクストン」

2010/08/25

[CD]

¥3,240(税込)

ランブル・イン・ブリクストン
ストレイ・キャッツ「ランブル・イン・ブリクストン」

2010/08/25

[DVD]

¥4,629(税込)

セクシー&セヴンティーン
ストレイ・キャッツ「セクシー&セヴンティーン」

2008/12/24

[CD]

¥2,160(税込)

ビルト・フォー・スピード
ストレイ・キャッツ「ビルト・フォー・スピード」

2008/12/24

[CD]

¥2,160(税込)

ごーいんDOWN TOWN
ストレイ・キャッツ「ごーいんDOWN TOWN」

2008/12/24

[CD]

¥2,160(税込)

涙のラナウェイ・ボーイ
ストレイ・キャッツ「涙のラナウェイ・ボーイ」

2008/12/24

[CD]

¥2,160(税込)

セクシー&セヴンティーン
ストレイ・キャッツ「セクシー&セヴンティーン」

2008/10/22

[CD]

¥2,808(税込)

ごーいんDOWN TOWN
ストレイ・キャッツ「ごーいんDOWN TOWN」

2008/10/22

[CD]

¥2,808(税込)

プレミアム・カッツ
ストレイ・キャッツ「プレミアム・カッツ」

2007/06/20

[CD]

¥2,057(税込)

13トラックス
13キャッツ「13トラックス」

2007/06/13

[CD]

¥2,700(税込)

セクシー&セヴンティーン
ストレイ・キャッツ「セクシー&セヴンティーン」

2006/12/06

[CD]

¥1,944(税込)

ごーいんDOWN TOWN
ストレイ・キャッツ「ごーいんDOWN TOWN」

2006/12/06

[CD]

¥1,944(税込)

涙のラナウェイ・ボーイ
ストレイ・キャッツ「涙のラナウェイ・ボーイ」

2006/12/06

[CD]

¥1,944(税込)

ベスト・オブ・ストレイキャッツ
ストレイ・キャッツ「ベスト・オブ・ストレイキャッツ」

2005/12/21

[CD]

¥2,730(税込)

ライヴ・コレクション
ストレイ・キャッツ「ライヴ・コレクション」

2005/06/15

[CD]

¥1,944(税込)

ギャング・オヴ・チキンシャック
(オムニバス) 13キャッツ タイロン橋本 山岸潤史 土岐英史 チキン・シャック「ギャング・オヴ・チキンシャック」

2005/01/26

[CD]

¥1,851(税込)

セクシー&セヴンティーン
ストレイ・キャッツ「セクシー&セヴンティーン」

2004/01/28

[CD]

¥1,944(税込)

ビルト・フォー・スピード
ストレイ・キャッツ「ビルト・フォー・スピード」

2004/01/28

[CD]

¥1,944(税込)

ごーいんDOWN TOWN
ストレイ・キャッツ「ごーいんDOWN TOWN」

2004/01/28

[CD]

¥1,944(税込)

涙のラナウェイ・ボーイ
ストレイ・キャッツ「涙のラナウェイ・ボーイ」

2004/01/28

[CD]

¥1,944(税込)

ロック・セラピー
ストレイ・キャッツ「ロック・セラピー」

1999/07/28

[CD]

¥1,851(税込)

ロック・セラピー
ストレイ・キャッツ「ロック・セラピー」

1999/07/28

[CD]

¥1,851(税込)

ZOETROPE
13キャッツ「ZOETROPE」

1996/11/21

[CD]

¥2,097(税込)

13CATS
13キャッツ「13CATS」

1996/11/21

[CD]

¥2,097(税込)

13 SONGS
13キャッツ「13 SONGS」

1996/06/26

[CD]

¥2,621(税込)

オリジナル・クール
ストレイ・キャッツ「オリジナル・クール」

1995/07/19

[CD]

¥2,621(税込)

オリジナル・クール
ストレイ・キャッツ「オリジナル・クール」

1995/07/19

[CD]

¥2,621(税込)

セクシー&セブンティーン
ストレイ・キャッツ「セクシー&セブンティーン」

1995/02/22

[CD]

¥1,888(税込)

ごーいんDown Town
ストレイ・キャッツ「ごーいんDown Town」

1995/02/22

[CD]

¥1,888(税込)

涙のラナウェイ・ボーイ
ストレイ・キャッツ「涙のラナウェイ・ボーイ」

1995/02/22

[CD]

¥1,888(税込)

ベスト・オブ・ストレイ・キャッツ
ストレイ・キャッツ「ベスト・オブ・ストレイ・キャッツ」

1991/08/21

[CD]

¥2,621(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    <ライブレポート>KIRINJIが毎年恒例のビルボード公演を開催、もう一つの夏を届ける

  2. 2

    【ビルボード HOT BUZZ SONG】米津玄師「海の幽霊」が首位、菅田将暉「まちがいさがし」が続く

  3. 3

    miwa、登壇したベストツアーライブ上映会で誕生日サプライズ

  4. 4

    米津玄師「Lemon」、YouTube再生数が4億回を突破

  5. 5

    【深ヨミ】aiko/B'z/椎名林檎ら平成に活躍したアーティストの令和初アルバムの販売動向を探る

HOT IMAGES

注目の画像