Billboard JAPAN


Special

87歳でアカデミー賞初受賞!映画音楽の巨匠エン二オ・モリコーネの稀有なキャリアを振り返る

top

 先日行われた【第88回アカデミー賞】で、クエンティン・タランティーノ監督作品『ヘイトフル・エイト』の音楽がアカデミー作曲賞に輝いた。受賞したのはイタリアの名作曲家であるエンニオ・モリコーネ。映画音楽に興味のある方なら誰もがその名を知る重鎮だが、意外にも6度目のノミネートにして初の受賞だという。1950年代末から映画音楽に携わり、浮き沈みなく話題の作品を手がけてきたモリコーネ。87歳という高齢ながらも、いまだに第一線を走り続ける彼の魅力を解明してみたい。

 エンニオ・モリコーネは、1928年生まれ、ローマ出身。トランペット奏者だった父親の影響を受けて音楽に興味を持ち、ローマの名門校であるサンタ・チェチーリア音楽院に入学。そこで、現代音楽の大家ゴッフレド・ペトラッシに作曲や編曲の技法を学んだ。クラシックの基礎を学んだモリコーネはいくつかの習作を書き続けるが、徐々に舞台やラジオドラマなどの音楽を手掛けるようになる。また、ポップスやジャズのミュージシャンからも指名されるようになり、ジャンニ・モランディやミルバ、そしてポール・アンカにまでその手腕を買われることとなった。

 1961年に『ファシスト / Il federale』という作品で、初の映画のためのスコアを書き下ろす。これが今に繋がる映画音楽作家の第一歩となった。本作の監督であるルチアーノ・サルチェとはその後も何度かタッグを組むことになり、カトリーヌ・スパーク主演の『狂ったバカンス / La Voglia Matta』(1962年)や、ボンド・ガールで有名なダニエラ・ビアンキが主演の『スラローム / Slalom』(1965年)などがある。また、60年代はお色気を売りにしたイタリアン・コメディが量産された時代ということもあり、モリコーネの作るポップなメロディや、ジャズやツイストを取り入れたモダンなスコアは重宝された。『イタリア式家政 / Menage All'Italiana』(1965年)、『ある夕食のテーブル / Metti Una Sera A Cena』(1969年)、『彼女と彼 / L'assoluto Naturale』(1969年)などは、映画自体はB級といわれているが、スキャットや口笛などを配したおしゃれな音楽は、サントラ・ファンに非常に人気が高い。


 モリコーネの最初の大きなキャリアといえば、マカロニ・ウェスタンの音楽を手がけたことだろう。暴力的でダークなイメージのイタリア産西部劇は日本でも人気を博したが、その最初のヒット作が、クリント・イーストウッド主演の『荒野の用心棒 / Per Un Pugno Di Dollari』(1964年)だ。銃声や鞭を打つ音などを効果的に使い、口笛で奏でられる哀愁を帯びたマイナー調のメロディは、殺伐としたドラマを効果的に演出した。この作品で注目されたセルジオ・レオーネ監督は、モリコーネをいたく気に入り、その後も何度も自身の作品に起用する。『荒野の用心棒』を含めて“ドル箱三部作”と呼ばれる『夕陽のガンマン / Per Qualche Dollaro In Più』(1965年)と『続・夕陽のガンマン / Il Buono, Il Brutto, Il Cattivo』(1966年)に続き、『ウエスタン / C'era Una Volta Il West』(1968年)、『夕陽のギャングたち / Giù La Testa』(1971年)といったレオーネ監督の代表作は、モリコーネの音楽なしでは成立しないほどだ。レオーネ作品以外にも、『続・荒野の1ドル銀貨 / Il Ritorno Di Ringo』(1965年)、『復讐のガンマン / La Resa Dei Conti』(1967年)、『血斗のジャンゴ / Faccia A Faccia』(1967年)、『ガンマン大連合 / Vamos A Matar, Compañeros』(1970年)などのマカロニ・ウェスタンで見事なスコアを聴かせてくれる。


 70年代に入ると、マカロニ・ウェスタンのブームも落ちついてしまうが、この頃からモリコーネは犯罪アクションやサスペンス・ドラマでも本領を発揮する。ジャン・ギャバンとアラン・ドロンが共演したフランス映画『シシリアン / Le Clan Des Siciliens』(1969年)、チャールズ・ブロンソンが殺し屋を演じる『狼の挽歌 / Città Violenta』(1970年)、冤罪をテーマにした社会派大作『死刑台のメロディ / Sacco And Vanzetti』(1971年)、豪快な金庫破りを見せる『ザ・ビッグマン / Un Uomo Da Rispettare』(1972年)、冷戦時代のスパイを描いた『エスピオナージ / Le Serpent』(1973年)、マフィアの抗争劇『白熱マフィア戦争/皆殺しの抗争 / Corleone』(1977年)、シャチに襲われるパニック映画『オルカ / Orca』(1977年)などは、いずれも陰鬱な雰囲気を保ちながらも、モリコーネ節ともいえるメロディアスで美しい旋律が聞こえてくる。

 一方、娯楽映画だけでなく、文芸作品や芸術映画でも、徐々にモリコーネの才能は発揮されていく。70年代の代表作といえば、ピエル・パオロ・パゾリーニ監督による衝撃的な問題作『ソドムの市 / Salò O Le 120 Giornate Di Sodoma』(1975年)、ベルナルド・ベルトルッチ監督が壮大なイタリア現代史に挑戦した『1900年 / Novecento』(1976年)、リチャード・ギアの出世作となったテレンス・マリック監督の名作『天国の日々 / Days Of Heaven』(1978年)などが挙げられる。いずれもオーケストレーションをメインにしたクラシカルな作風で、モリコーネの芸術的側面が現れた傑作といえるだろう。


 この路線は、80年代にも引き継がれる。盟友セルジオ・レオーネの遺作となった大作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ / Once Upon A Time In America』(1984年)と、イエズス会宣教師の生き様を描き切った『ミッション / The Mission』(1986年)は、モリコーネの80年代作品の目玉だ。とくに『ミッション』の劇中テーマの「ガブリエルのオーボエ / Gabriel's Oboe」は、多くのミュージシャンが演奏しただけでなく、サラ・ブライトマンによって「ネッラ・ファンタジア / Nella Fantasia」というヴォーカル・ナンバーに生まれ変わるなど、音楽が独り歩きした好例だ。また、ブライアン・デ・パルマ監督のギャング映画『アンタッチャブル / The Untouchables』(1987年)では、グラミー賞の映画・テレビサウンドトラック部門を受賞している。


 80年代でさらに重要な作品といえば、やはり『ニュー・シネマ・パラダイス / Nuovo Cinema Paradiso』(1988年)を挙げないわけにはいかない。名匠ジュゼッペ・トルナトーレ監督による映画へのオマージュに満ちた本作は日本を含めて世界的に大ヒットしたが、モリコーネのセンチメンタルな音楽は非常に重要な役割を担っている。メインタイトルの「ニュー・シネマ・パラダイス / Nuovo Cinema Paradiso (Titoli)」や美しい「愛のテーマ / Tema D'amore」も、パット・メセニー&チャーリー・ヘイデンやクリス・ボッティなど多くのミュージシャンがレパートリーに取り上げた。また、テレビやCMなどでも使用されることも多く、最も多く聴かれているモリコーネ・メロディではないだろうか。

 90年代以降も、モリコーネはバラエティに富んだ作風で、とどまることなく傑作サントラを作り続けている。代表作を挙げていくと、再びジュゼッペ・トルナトーレ監督と組んだ『みんな元気 / Stanno Tutti Bene』(1990年)、ラスベガスのカジノを作った男を主人公にした『バグジー / Bugsy』(1991年)、往年の名画をリメイクしたラブ・ロマンス『めぐり逢い / Love Affair』(1994年)、【ゴールデングローブ賞】で最優秀作曲賞を受賞した『海の上のピアニスト / La Leggenda Del Pianista Sull'oceano』(1998年)、ブライアン・デ・パルマ監督によるSF大作『ミッション・トゥ・マーズ / Mission To Mars』(2000年)、アカデミー作曲賞にノミネートされたモニカ・ベルッチ主演作『マレーナ / Malèna』(2000年)、ジュゼッペ・トルナトーレ監督のミステリー作品『鑑定士と顔のない依頼人 / La Migliore Offerta』(2013年)など、コンスタントに傑作を作り続けているのが驚異的だ。また、2003年にはNHKの大河ドラマ『武蔵 MUSASHI』の音楽を書き下ろしたことでも話題を読んだ。


 この度、アカデミー作曲賞を受賞した『ヘイトフル・エイト / The Hateful Eight』は、クエンティン・タランティーノ監督との初の本格的なタッグ作。とはいえ、以前よりモリコーネ・ファンを公言していたタランティーノは、これまでに何度もモリコーネの音楽を自作で引用している。『キル・ビル / Kill Bill』(2003年)では『新・夕陽のガンマン/復讐の旅 / Da Uomo A Uomo』(1967年)のテーマを借用し、『イングロリアス・バスターズ / Inglourious Basterds』(2009年)では実際にモリコーネにオファーしたが断られたため、過去曲を数曲サントラに使用している。また、『ジャンゴ 繋がれざる者 / Django Unchained』(2012年)では1曲だけモリコーネの新曲を起用したが、他の過去楽曲を使用したことで、モリコーネは「統一性に欠ける使用法だから、納得していない」という趣旨のコメントを公言。もともと暴力シーンが好きではないということも発言していただけあって、2人の関係に亀裂が走ったかと思いきや、『ヘイトフル・エイト』では当初テーマ曲だけの予定が、トータル30分に及ぶスコアを作り上げた。マカロニ・ウェスタン時代のダークな雰囲気を持ちつつも、ファゴットやチューバといった低音楽器をメインに重厚なオーケストレーションを加味したサウンドは、これまでの集大成であり新機軸ともいえる。まさに、獲るべくして獲ったオスカーと言ってもいいだろう。


 現役の映画音楽作家としては、間違いなく頂点に位置するエンニオ・モリコーネ。これまでに500本以上もの作品を手がけてきたが、今回の受賞によってさらにオファーは増えることだろう。これからも最前線で、名曲と名スコアを生み出してくれることを期待したい。

エンニオ・モリコーネ ジェニファー・ジェイソン・リー、カート・ラッセル、サミュエル・L.ジャクソン ザ・ホワイト・ストライプス ティム・ロス、カート・ラッセル カート・ラッセル、マイケル・マドセン サミュエル・L.ジャクソン、ウォルトン・ゴギンス、ブルース・ダーン ジェニファー・ジェイソン・リー feat.カート・ラッセル サミュエル・L.ジャクソン、デミアン・ビチル、ウォルトン・ゴギンス「ヘイトフル・エイト オリジナル・サウンドトラック」

ヘイトフル・エイト オリジナル・サウンドトラック

2016/02/24 RELEASE
UCCL-1188 ¥ 2,750(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.レッドロックへの最後の駅馬車 (完全版)
  2. 02.序曲
  3. 03.「ウォーレン少佐、デイジー・ドメルグと出会う」
  4. 04.物語の語り手
  5. 05.アップル・ブロッサム
  6. 06.「西部の正義」
  7. 07.レッドロックへの最後の駅馬車 (その2)
  8. 08.雪 (完全版)
  9. 09.「こいつはデイジー・ドメルグ」
  10. 10.6頭の馬
  11. 11.山に降り注ぐ太陽の光
  12. 12.「バトンルージュで黒人を虐殺しやがったクソ野郎の息子」
  13. 13.ボタニー湾のジム・ジョーンズの歌
  14. 14.雪 (その2)
  15. 15.「アンクル・チャーリーのシチュー」
  16. 16.4人の乗客
  17. 17.大虐殺の前の音楽
  18. 18.白い地獄 (オーケストラ版)
  19. 19.オズワルド・モブレーによる提案
  20. 20.ナウ・ユアー・オール・アローン
  21. 21.鮮血と雪
  22. 22.白い地獄 (ブラス版)
  23. 23.雪 (その3)
  24. 24.デイジーの口上
  25. 25.リンカーン大統領からの手紙 (インストゥルメンタル)
  26. 26.リンカーン大統領からの手紙 (セリフ入り)
  27. 27.ゼア・ウォント・ビー・メニー・カミング・ホーム
  28. 28.とどめの一撃

関連商品

マーラ街道
エンニオ・モリコーネ「マーラ街道」

2009/08/26

[CD]

¥2,661(税込)

ヴェルーシュカ
エンニオ・モリコーネ「ヴェルーシュカ」

2009/08/26

[CD]

¥2,934(税込)

復讐無頼・狼達の荒野
エンニオ・モリコーネ「復讐無頼・狼達の荒野」

2009/08/26

[CD]

¥2,934(税込)

ある愛の断層
エンニオ・モリコーネ「ある愛の断層」

2009/08/26

[CD]

¥2,934(税込)

ガンマン大連合
エンニオ・モリコーネ「ガンマン大連合」

2009/08/26

[CD]

¥2,934(税込)

ラ・カリファ
エンニオ・モリコーネ「ラ・カリファ」

2009/03/18

[CD]

¥2,661(税込)

ゲット・ビハインド・ミー・サタン
ザ・ホワイト・ストライプス「ゲット・ビハインド・ミー・サタン」

2008/12/03

[CD]

¥2,619(税込)

エレファント
ザ・ホワイト・ストライプス「エレファント」

2008/12/03

[CD]

¥2,619(税込)

ホワイト・ブラッド・セルズ
ザ・ホワイト・ストライプス「ホワイト・ブラッド・セルズ」

2008/12/03

[CD]

¥2,619(税込)

デ・ステイル
ザ・ホワイト・ストライプス「デ・ステイル」

2008/12/03

[CD]

¥2,619(税込)

ザ・ホワイト・ストライプス
ザ・ホワイト・ストライプス「ザ・ホワイト・ストライプス」

2008/12/03

[CD]

¥2,619(税込)

豹/ジャガー
エンニオ・モリコーネ「豹/ジャガー」

2008/10/22

[CD]

¥2,661(税込)

復讐のガンマン
エンニオ・モリコーネ「復讐のガンマン」

2008/09/24

[CD]

¥2,661(税込)

イッキー・サンプ
ザ・ホワイト・ストライプス「イッキー・サンプ」

2007/06/20

[CD]

¥2,703(税込)

イッキー・サンプ
ザ・ホワイト・ストライプス「イッキー・サンプ」

2007/06/20

[CD]

¥2,703(税込)

復讐無頼・狼達の荒野
エンニオ・モリコーネ「復讐無頼・狼達の荒野」

2007/06/20

[CD]

¥2,661(税込)

ある愛の断層
エンニオ・モリコーネ「ある愛の断層」

2007/05/23

[CD]

¥2,661(税込)

メイド・イン・フランス
エンニオ・モリコーネ「メイド・イン・フランス」

2007/04/15

[CD]

¥2,970(税込)

ゼロの世代
エンニオ・モリコーネ ノラ・オルランディの“4+4” アレッサンドローニのカントーリ・モデルニ ヌンツィオ・ロトンド「ゼロの世代」

2007/02/07

[CD]

¥2,263(税込)

女にシッポがあった時
エンニオ・モリコーネ ブルーノ・ニコライ アレッサンドローニのカントーリ・モデルニ「女にシッポがあった時」

2007/02/07

[CD]

¥2,263(税込)

ガンマン大連合
エンニオ・モリコーネ「ガンマン大連合」

2007/01/24

[CD]

¥2,661(税込)

可愛い悪魔
エンニオ・モリコーネ「可愛い悪魔」

2006/12/20

[CD]

¥2,661(税込)

地獄の貴婦人
エンニオ・モリコーネ「地獄の貴婦人」

2006/10/18

[CD]

¥2,661(税込)

ラ・ドンナ・インヴィシブル
エンニオ・モリコーネ「ラ・ドンナ・インヴィシブル」

2006/09/20

[CD]

¥2,661(税込)

明日よさらば
エンニオ・モリコーネ「明日よさらば」

2006/08/23

[CD]

¥2,661(税込)

コーチェラ
(オムニバス) レディオヘッド ザ・ホワイト・ストライプス イギー・ポップ&ザ・ストゥージズ レッド・ホット・チリ・ペッパーズ オアシス ザ・ケミカル・ブラザーズ ビョーク「コーチェラ」

2006/06/28

[DVD]

¥6,270(税込)

モリコーネ・ポップス
エンニオ・モリコーネ「モリコーネ・ポップス」

2017/03/15

[CD]

¥2,640(税込)

モリコーネ 60
エンニオ・モリコーネ チェコ・ナショナル交響楽団「モリコーネ 60」

2016/11/11

[CD]

¥3,300(税込)

癒しのピュア・ヴォイス
ヘイリー エンニオ・モリコーネ オルケストラ・シンフォニエッタ・ディ・ローマ ジルダ・ブッタ ジャンニ・オッディ マルコ・セリーノ ファウスト・アンセルモ ルカ・ピンチーニ「癒しのピュア・ヴォイス」

2011/06/08

[CD]

¥3,143(税込)

癒しのピュア・ヴォイス
ヘイリー エンニオ・モリコーネ オルケストラ・シンフォニエッタ・ディ・ローマ ジルダ・ブッタ ジャンニ・オッディ マルコ・セリーノ ファウスト・アンセルモ ルカ・ピンチーニ「癒しのピュア・ヴォイス」

2011/06/08

[CD]

¥2,619(税込)

アニタと子猫と
エンニオ・モリコーネ「アニタと子猫と」

2010/08/25

[CD]

¥2,661(税込)

マーラ街道
エンニオ・モリコーネ「マーラ街道」

2009/08/26

[CD]

¥2,661(税込)

ヴェルーシュカ
エンニオ・モリコーネ「ヴェルーシュカ」

2009/08/26

[CD]

¥2,934(税込)

復讐無頼・狼達の荒野
エンニオ・モリコーネ「復讐無頼・狼達の荒野」

2009/08/26

[CD]

¥2,934(税込)

ある愛の断層
エンニオ・モリコーネ「ある愛の断層」

2009/08/26

[CD]

¥2,934(税込)

ガンマン大連合
エンニオ・モリコーネ「ガンマン大連合」

2009/08/26

[CD]

¥2,934(税込)

ラ・カリファ
エンニオ・モリコーネ「ラ・カリファ」

2009/03/18

[CD]

¥2,661(税込)

ゲット・ビハインド・ミー・サタン
ザ・ホワイト・ストライプス「ゲット・ビハインド・ミー・サタン」

2008/12/03

[CD]

¥2,619(税込)

エレファント
ザ・ホワイト・ストライプス「エレファント」

2008/12/03

[CD]

¥2,619(税込)

ホワイト・ブラッド・セルズ
ザ・ホワイト・ストライプス「ホワイト・ブラッド・セルズ」

2008/12/03

[CD]

¥2,619(税込)

デ・ステイル
ザ・ホワイト・ストライプス「デ・ステイル」

2008/12/03

[CD]

¥2,619(税込)

ザ・ホワイト・ストライプス
ザ・ホワイト・ストライプス「ザ・ホワイト・ストライプス」

2008/12/03

[CD]

¥2,619(税込)

豹/ジャガー
エンニオ・モリコーネ「豹/ジャガー」

2008/10/22

[CD]

¥2,661(税込)

ヴェルーシュカ
エンニオ・モリコーネ「ヴェルーシュカ」

2007/08/22

[CD]

¥2,661(税込)

刑事キャレラ 10+1の追撃
エンニオ・モリコーネ「刑事キャレラ 10+1の追撃」

2007/07/18

[CD]

¥2,661(税込)

イッキー・サンプ
ザ・ホワイト・ストライプス「イッキー・サンプ」

2007/06/20

[CD]

¥2,703(税込)

イッキー・サンプ
ザ・ホワイト・ストライプス「イッキー・サンプ」

2007/06/20

[CD]

¥2,703(税込)

復讐無頼・狼達の荒野
エンニオ・モリコーネ「復讐無頼・狼達の荒野」

2007/06/20

[CD]

¥2,661(税込)

ある愛の断層
エンニオ・モリコーネ「ある愛の断層」

2007/05/23

[CD]

¥2,661(税込)

メイド・イン・フランス
エンニオ・モリコーネ「メイド・イン・フランス」

2007/04/15

[CD]

¥2,970(税込)

女にシッポがあった時
エンニオ・モリコーネ ブルーノ・ニコライ アレッサンドローニのカントーリ・モデルニ「女にシッポがあった時」

2007/02/07

[CD]

¥2,263(税込)

ガンマン大連合
エンニオ・モリコーネ「ガンマン大連合」

2007/01/24

[CD]

¥2,661(税込)

可愛い悪魔
エンニオ・モリコーネ「可愛い悪魔」

2006/12/20

[CD]

¥2,661(税込)

地獄の貴婦人
エンニオ・モリコーネ「地獄の貴婦人」

2006/10/18

[CD]

¥2,661(税込)

ラ・ドンナ・インヴィシブル
エンニオ・モリコーネ「ラ・ドンナ・インヴィシブル」

2006/09/20

[CD]

¥2,661(税込)

明日よさらば
エンニオ・モリコーネ「明日よさらば」

2006/08/23

[CD]

¥2,661(税込)

コーチェラ
(オムニバス) レディオヘッド ザ・ホワイト・ストライプス イギー・ポップ&ザ・ストゥージズ レッド・ホット・チリ・ペッパーズ オアシス ザ・ケミカル・ブラザーズ ビョーク「コーチェラ」

2006/06/28

[DVD]

¥6,270(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    BiSH、初の対バンツアーの出演者が決定 Dragon Ash/ホルモン/スカパラ/氣志團ら

  2. 2

    【ビルボード】NiziU『Take a picture/Poppin' Shakin'』初週347,432枚でSGセールス首位

  3. 3

    Aimer、新曲「トリル」が短編アニメ『夜の国』第1夜の主題歌に決定

  4. 4

    KOHH、【WORST TOUR】東京公演を有料配信決定

  5. 5

    宇多田ヒカル、新曲「PINK BLOOD」ティザー映像&新アーティスト写真を公開

HOT IMAGES

注目の画像