Billboard JAPAN


Special Contents

ABC 来日記念特集

top

 デュラン・デュラン、カルチャー・クラブ、スパンダー・バレエ、ウルトラヴォックス、ヴィサージ、etc。80年代前半にUKで始まり、日本を含めて世界中を席巻することとなったニューロマンティック。このムーヴメントでは次々とスターが誕生し、ヒット曲がチャートを急上昇していった。そんな数あるヒット・ナンバーのなかでも、多くの人の記憶に残る名曲がいくつかある。そのひとつが、ABCの「ルック・オブ・ラブ」だろう。ファンキーなエレクトリック・ビートとソウルフルなヴォーカルによって綴られるカラフルかつクールな世界観は、まさにきらびやかな80年代を象徴する一曲といってもいい。ここ近年はライヴ活動も再開し、2016年の初頭にはビルボードライブでの公演も決定している。近年のエレポップ・ブームの元祖ともいえるABCの軌跡を追ってみたい。
マーティン・フライからのビデオ・メッセージも到着!

ABCのフロントマン、マーティン・フライの来日直前インタビューはコチラ>

Poison Arrow
▲ 「Poison Arrow」 (Live)

 ABCの前身は、Vice Versa(ヴァイス・ヴァーサ)というエレクトロ・パンク・グループだ。ステファン・シングルトンとマーク・ホワイトを中心として、1977年に英国のシェフィールドで結成された。最初のライヴは、地元におけるワイヤーのオープニング・アクトだったそうだ。自身のレーベルを立ち上げるなど、着実にステップアップしていたヴァイス・ヴァーサ。そして、彼らを「Modern Drugs」というファンジンで取材するために現れたインタビュアーが、マーティン・フライである。ほどなく、マーティンはヴァイス・ヴァーサのメンバーとなり、グループ名がABCとなったのは1980年のことである。

The Look Of Love
▲ 「The Look Of Love」 MV

 1981年に入ると、ABCは初のシングル「Tears Are Not Enough / 涙まだまだ」を発表。アグレッシヴなデジタル・ビートに乗せたエレポップは一躍人気となり、全英で19位にまで上昇した。その勢いでアルバムのレコーディングに取りかかる。プロデューサーを務めることになったのは、バグルスとして「ラジオスターの悲劇」を大ヒットさせていたトレヴァー・ホーン。1982年の2月に先行シングル「Poison Arrow / ポイズン・アロウ」をリリースすると、全英チャートで6位、米ビルボードのHot 100でも25位にランクインするほどの大ヒットとなった。そして、同年5月にリリースした「The Look Of Love / ルック・オブ・ラブ」が決定打となる。全英では4位、米ビルボードのHot 100では18位、そして米ビルボードのHot Dance Club Playでは堂々の1位に輝いた。

CD
▲『ルック・オブ・ラブ』

 不動の地位を築くのは、その直後に発表されたファースト・アルバム『The Lexicon of Love / ルック・オブ・ラブ』によって。マーティン・フライのダンディな雰囲気をまとったヴォーカル・スタイルや、エレクトロ・ポップとファンクが合体した独特のサウンド、そしてトレヴァー・ホーン特有のシンセ使いなどが個性となり、他のニューロマンティック勢にはないアダルトな雰囲気を醸し出していた。どちらかといえば、デヴィッド・ボウイやブライアン・フェリーに通じる渋さも兼ね備えていたといってもいいだろう。本作は全英で見事1位を獲得。米ビルボードのアルバム・チャートも24位と健闘。他にも、フィンランドやニュージーランドなどで首位に到達するなど、世界中でABCのサウンドが席巻した。また、ここからシングル・カットされた「我が心のすべてを / All Of My Heart」も全英で5位を記録。日本では、「Valentine's Day / バレンタイン・デイ」がホンダのスクーターのCMに使用されて話題を呼んだ。

That Was Then And This Is Now
▲ 「That Was Then And This Is Now」 (Live)

 1983年には、早くもセカンド・アルバム『Beauty Stab / ビューティ・スタッブ』を発表。前作でエンジニアを務め、後にトレヴァー・ホーンと<ZTTレコーズ>を立ち上げることになるゲイリー・ランガンがプロデュースを担当。リズム・セクションには、ロキシー・ミュージックのツアー・メンバーだったアラン・スペナー(ベース)とアンディ・ニューマーク(ドラムス)が参加する。サウンドのスケール感は変わらなかったが、エレポップというよりもギターを前面に押し出すことで、よりバンドっぽさが表出。しかし、その変化が早すぎたためか、全英では12位を記録したものの、世界的には前作を超えるヒットには結びつかなかった。とはいえ「That Was Then And This Is Now / そして今は…」や「S.O.S.」といった佳曲を残している。

Be Near Me
▲ 「Be Near Me」 MV

 1984年にはステファン・シングルトンが脱退し、新メンバーを入れてマイナー・チェンジ。翌1985年には、サード・アルバム『How To Be A... Zillionaire! / ハウ・トゥ・ビー・ア・ジリオネアー』をリリースする。先行シングル「(How To Be A) Millionaire / ハウ・トウ・ビー・ア・ミリオネア」は、米ビルボードのHot Dance Club Playでは4位にまで急浮上。続く「Be Near Me / ビー・ニア・ミー」は、同チャートで1位を記録。Hot 100でも20位まで上昇し、再びABCが世界的に注目を集めるきっかけとなった。

When Smokey Sings
▲ 「When Smokey Sings」 MV

 1987年にマーティン・フライとマーク・ホワイトの2人組となったABCは、4作目のアルバム『Alphabet City / アルファベット・シティ』を発表。モータウンやノーザン・ソウルのエッセンスを取り入れ、さらにソウルフルになった彼らは、スモーキー・ロビンソンに捧げた先行シングル「When Smokey Sings / ホエン・スモーキー・シングス」が全英で11位、米ビルボードのHot 100では5位を記録。米国においては最高位に達しただけでなく、ABCが一発屋でないことをしっかりとアピールすることができた。その後も、ハウスを取り入れた実験作『Up』(1989年)、ソウルやフュージョンの色を出した『Abracadabra』(1991年)とコンスタントにリリースを続けるが、マーク・ホワイトが引退を表明したため、活動休止を余儀なくされる。

 ABCがマーティン・フライのソロ・プロジェクトとして復活したのは、1997年になってから。往年のグラム・ロックやニュー・ウェイヴへのオマージュのようなアルバム『Skyscraping / スカイスクレイピング』を発表。いわば原点回帰のようでもある今作で、見事カムバックを果たした。また、2008年には『ルック・オブ・ラブ』に参加していたドラマーのデヴィッド・パーマーを招いて、新作『Traffic / トラフィック』をリリース。現役ぶりをアピールしてくれた。ずいぶん寡作にはなってしまったが、マーティン・フライのABCは今も精力的にライヴ活動を続けている。もちろん、彼のソウルフルな歌声は健在。「ルック・オブ・ラブ」や「ビー・ニア・ミー」、「ホエン・スモーキー・シングス」といった名曲とともにビルボードライブのステージにやってくる。新年早々、ABCのきらびやかな世界に浸ることができれば、幸先のいい一年となるに違いない。

ABCのフロントマン、マーティン・フライの来日直前インタビューはコチラ>

ABC「ルック・オブ・ラヴ」

ルック・オブ・ラヴ

2015/11/04 RELEASE
UICY-77560 ¥ 1,320(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.ショウ・ミー
  2. 02.ポイズン・アロウ
  3. 03.メニー・ハッピー・リターンズ
  4. 04.涙まだまだ
  5. 05.バレンタイン・デイ
  6. 06.ルック・オブ・ラヴ (パート1)
  7. 07.デイト・スタンプ
  8. 08.我が心のすべてを
  9. 09.4エバー2ギャザー
  10. 10.ルック・オブ・ラヴ (パート4)

関連キーワード

TAG

関連商品

エンカレッジ・ザ・ピープル
ロビン・ケニヤッタ ラルフ・マクドナルド アンディ・ニューマーク ウィリアム・ソルター リチャード・ティー アーサー・ジェンキンス キース・ラヴィング ヒュー・マックラケイン「エンカレッジ・ザ・ピープル」

2017/01/25

[CD]

¥1,528(税込)

ブラック・ウィドウ
ラロ・シフリン アンソニー・ジャクソン アンディ・ニューマーク カーター・コリンズ スー・エヴァンス エリック・ゲイル ジョン・トロペイ ジョー・ファレル「ブラック・ウィドウ」

2016/09/07

[CD]

¥1,100(税込)

ルック・オブ・ラヴ
ABC「ルック・オブ・ラヴ」

2015/11/04

[CD]

¥1,320(税込)

ABC
ABC「ABC」

2006/03/22

[DVD]

¥2,096(税込)

ABC
ABC「ABC」

2005/06/25

[CD]

¥1,257(税込)

ABC
ABC「ABC」

2000/06/01

[CD]

¥1,888(税込)

ルック・オブ・ラヴ
ABC「ルック・オブ・ラヴ」

1997/09/26

[CD]

¥1,320(税込)

エンカレッジ・ザ・ピープル
ロビン・ケニヤッタ ラルフ・マクドナルド アンディ・ニューマーク ウィリアム・ソルター リチャード・ティー アーサー・ジェンキンス キース・ラヴィング ヒュー・マックラケイン「エンカレッジ・ザ・ピープル」

2017/01/25

[CD]

¥1,528(税込)

ブラック・ウィドウ
ラロ・シフリン アンソニー・ジャクソン アンディ・ニューマーク カーター・コリンズ スー・エヴァンス エリック・ゲイル ジョン・トロペイ ジョー・ファレル「ブラック・ウィドウ」

2016/09/07

[CD]

¥1,100(税込)

ルック・オブ・ラヴ
ABC「ルック・オブ・ラヴ」

2015/11/04

[CD]

¥1,320(税込)

トラフィック
ABC「トラフィック」

2009/01/21

[CD]

¥2,670(税込)

ABC
ABC「ABC」

2007/06/06

[CD]

¥1,047(税込)

ABC
ABC「ABC」

2006/03/22

[DVD]

¥2,096(税込)

ABC
ABC「ABC」

2005/06/25

[CD]

¥1,257(税込)

ABC
ABC「ABC」

2000/06/01

[CD]

¥1,888(税込)

ルック・オブ・ラヴ
ABC「ルック・オブ・ラヴ」

1997/09/26

[CD]

¥1,320(税込)

スカイスクレイピング
ABC「スカイスクレイピング」

1997/05/21

[CD]

¥2,670(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    中島健人、2022年配信Netflix映画『桜のような僕の恋人』に主演

  2. 2

    米津玄師、【SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2021】で「ALBUM OF THE YEAR」「VIDEO OF THE YEAR」の二冠

  3. 3

    ジャニーズWESTが『anan』に登場、円陣にファンを入れる激エモショットも

  4. 4

    【ビルボード】BEYOOOOONDS『激辛LOVE/Now Now Ningen/こんなハズジャナカッター!』初週5.4万枚でSGセールス首位

  5. 5

    【ビルボード】Sexy Zone『SZ10TH』が190,353枚でALセールス首位 aiko/sumikaが続く

HOT IMAGES

注目の画像