Billboard JAPAN


Special Contents

川嶋あい『Be Your Side』インタビュー



川嶋あい 『Be Your Side』 インタビュー

もっと王道のJ-POPを――― 「昔の曲は良かったよね」で終わらせたくない。

 紅白もチャートも知らない曲だらけになった時代に、スキルアップと聴き手に寄り添える音楽に必死に取り組んだ新アルバム『Be Your Side』を携え、音楽シーンへの本音語る。デビューのきっかけであり、今は亡き母と対峙してきた渋谷公会堂、最後のライブ等についても。

初めてmiwaちゃんの声を聴いたとき、凄い衝撃が走ったというか

--10周年記念シングル『YES/NO / T』リリースタイミング以来2年半ぶりのインタビューとなります。10周年を経ての、この数年は川嶋さんの中でどんな期間になりましたか?

※川嶋あい / T
※川嶋あい / T

川嶋あい:音楽を今まで以上に研究して、どれだけ良いものを創って届けられるかっていう。そこに力を注いだ期間だと思います。

--これまでの10年間を超えていかなきゃならないプレッシャーもあった?

川嶋あい:プレッシャーというよりも怖さがあります。それは「10年やってきたから」とかじゃなくて、次の新曲を出す怖さが常にある。果たして受け入れてもらえるのかどうか。それとはいつも戦ってる感じですね。制作の机に向かう寸前まではその恐怖との戦いで「イヤだなぁ……」って。創り始めれば集中できるんですけど、もちろん迷って生まれない時間もありますし。毎回それを乗り越えてきたのかなと思うんですけど、いつもその恐怖感との戦いはあります。

--10周年を経て、今の川嶋あいはどんなアーティストになっていると思いますか?

川嶋あい:自分の中でどんどん新しい自分を発見しているような気がして。歌詞やメロディーはもちろん、特にボーカルに対してそれはあって、またどんどん探究心が10周年以降高まっています。

--では、ひとりの人間としてはどんな人になってると感じます?

川嶋あい:変わってないと思います(笑)。頑固なところとか、自分でも変態なんじゃないかと思うぐらい拘るところとか、自分を止められない性格とか、死に物狂いだった10代の頃からずっと変わらない。もう30代に突入しますけど、全く変わらずここまで来たような気がしますね。生まれたてのまんまな感じ。

--生まれたてのまんまもうすぐ30代(笑)。

川嶋あい:今振り返ってみると、怖いぐらい無垢だった気がして! 自慢でも、自分が良い娘だったという訳でもないんですけど、デビューさせてもらって、いろんな人と出逢わせてもらって、いろんな経験をさせてもらって、いろんな人の生き方に触れてきて、それを純粋に受け止めてきたので、自分の世界をすごく広げてもらいましたよね。そこはすごく感謝してます。

--ここまでブレることなく進めてこれたのは何でだと思います?

川嶋あい:昔からあんまり動じない性格というか、変に「自分は自分」みたいなところが小さい事からあって。あと、やっぱり「挑戦し続けたい」っていう想いがずっとあるからだと思うんですよね。自分を高める為にどう生きていくか。そこに生き甲斐を感じているので、人に流されたりとか「生き方を変えよう」と思っている時間がないぐらい、「明日の自分どうしよう?」という想いの積み重ねでずっと進んできているので、人の言葉で「じゃあ、こうしよう」みたいな感じはない。結局、自分で判断して、自分で決めて生きてきたような気がします。

--そんな川嶋あいの最近のトピックについていくつか触れていきたいんですけど、近年は他のアーティストへの楽曲提供も目立っていました。昆夏美さんの『一週間フレンズ。』OP曲や『けいおん!』梓役でお馴染み竹達彩奈(たけたつ あやな)の「Today」等、書かれてみていかがでした?

※「虹のかけら」昆夏美 ミュージックビデオ Short Ver.(アニメ『一週間フレンズ。』OPテーマ)
※「虹のかけら」昆夏美 ミュージックビデオ Short Ver.(アニメ『一週間フレンズ。』OPテーマ)

川嶋あい:曲作りが楽しいです。いろんな方の楽曲を書かせてもらうにあたって、自分の曲を書くときよりも、より細かく設計図を作るんですよ。キー設定とか、その歌う人の一番良い声がどうすればサビで出せるかな?とか、歌詞もどんな歌をうたいたいのか?とか、出来れば先方からリクエストを1000ぐらい出してほしいぐらい(笑)、そうやっていろんなことを考えながら創るのが好きなんですよね。リクエストに応える為のゴールに向かって、自分の中でいろんなイメージを膨らませて作っていく過程が好きなので、そこに苦労はもちろんあるんですけど、そういう課題を下さっていることが光栄です。「自分の曲ではこういうテーマでは書かないな」「こういう歌詞は歌えないな」って思うものまで創れるチャンスが頂けるのは有難いです。

--やはり自分が歌う曲を作るのとは違うと。

川嶋あい:違いますね。アイドルグループのバクステ外神田一丁目さんに書かせてもらった曲とか、自分で歌うとしたらちょっとかゆくなるぐらいの内容なので(笑)。乙女心を歌ってる曲なんですけど、やっぱり角度が全然違ってくる。

--過去には東京女子流の新井ひとみ、腐男塾、アイドリング!!!にも楽曲提供と、アイドルやアニメ系の女性シンガーの作詞作曲をすることが多いですが、これはなんでだと思いますか?

川嶋あい:なんなんですかね~? たしかに多いんですよね。

--個人的には、王道のポップミュージックを追求してきたアーティストという印象がそれだけ強いんだろうなって。「女の子が歌う王道ポップス」と言えば川嶋あい、そういうイメージが定着してるんだと思うんですが、自分ではどう思います?

川嶋あい:あー、それはそうでしょうね。やっぱり私は王道なので。自己流で曲を作ってきたというよりは、70年代、80年代の日本の歌謡曲やポップスを土台にして作ってきた人なので、そこに王道ポップスを感じて頂いているのかな? だとしたら嬉しいです。

--川嶋さんの超個人的な希望でいいんですけど、今後、誰かの作品に参加したり、作詞作曲を手掛けるんだとしたら、どんなアーティストの作品を手掛けてみたいですか?

※みつき - 瞳ひらいて
※みつき - 瞳ひらいて

川嶋あい:やっぱり王道ポップスが似合う人かもしれないですね。正統派で真っ直ぐに歌ってくれるような……ソロボーカリストさんへの楽曲提供はあんまりしてないんですよね、高畑充希ちゃん以来。だからやってみたいです。本当に拘って。高畑充希ちゃんのときもそうだったんですけど、高音がすごく出る娘だったので、すごくハードに高音で攻めた曲にしたんですけど、あれぐらいベッタリ研究しながら作ってみたいです。

--誰か思いついたりします?

川嶋あい:具体的に言うと…………、miwaちゃんとか好きなんですよねー。

--おぉー。

※miwa 『片想い』
※miwa 『片想い』

川嶋あい:テレビで初めてmiwaちゃんの声を聴いたとき、凄い衝撃が走ったというか、物凄く心に響く歌をうたってて。あの声は好きですね。もしご一緒することが出来たら嬉しいです。

--では、これは完全に例え話ですけど、もし川嶋あいが他のアーティストや作家さんの作った曲を歌うとしたら、誰にお願いしたい?

川嶋あい:松本隆さん。松本さんの作品と関われたら最高に幸せです。

--そこまで松本隆さんを好きな理由は?

※松田聖子 - 「永遠のもっと果てまで」視聴動画 (作詞:松本隆、作曲:呉田軽穂(松任谷由実)、編曲:松任谷正隆)
※松田聖子 - 「永遠のもっと果てまで」視聴動画 (作詞:松本隆、作曲:呉田軽穂(松任谷由実)、編曲:松任谷正隆)

川嶋あい:自分が聴いてきた70年代、80年代のポップスに不可欠な存在ですし、あの歌詞の世界観ですかね。女の人よりも女心が分かっている。それでいて情景描写とか美しい日本語を使っていて、「これこそ日本のJ-POP。世界に誇れる言葉であり、音楽なんじゃないかな」ってすごく思っていて。

--そういう意味では、川嶋さんにとって勝手に師匠みたいな感覚も?

川嶋あい:そうですね。勝手に師匠だと思ってます。

--松本隆さんとの共作、実現できないんですかね?

川嶋あい:ツイッターはフォローさせて頂いているんですけど(笑)、まだ面識はないんですよ。昔、川嶋あいが対談しながらラジオで喋るみたいな番組をやってて、そこで松本さんをご指名させて頂いて、来て頂くことも決まったんですけど、体調が悪いか何かで違う内容になっちゃったんですよね。ただ、私は当時18歳ぐらいだったんですけど、そのときに松本さんから「こんなに若い子がなんで僕と対談したいと思ったんだろう?」って仰ってくれていたみたいで。なので、いつかお会いしたいです。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 渋公で表現してきた人たちの魂とか想いは、絶対に生き残ってる
  3. Next >

渋公で表現してきた人たちの魂とか想いは、絶対に生き残ってる

--今年7月には、今回のアルバムで最後を飾っている『とびら』をシングルリリースしました。東日本大震災から4年、自身が岩手、宮城、福島の3県を訪れ、現地の中学生たちとの対話から歌詞を紡ぎだしたそうですが、具体的にはどのような想いや経緯から生まれた曲なんでしょう?

※川嶋あい「とびら」ミュージックビデオフルバージョン
※川嶋あい「とびら」ミュージックビデオフルバージョン

川嶋あい:震災以降、現地に行って歌をうたわせてもらう機会はたくさんあったんですけど、実際に子供たちがこの4年間を過ごしてきて、そしてこれからのことをどんな風に思ってるのか、深く聞かせてもらう機会はなかなかなかったんです。それで子供たちと会話をさせてもらって、その上で曲を書きたいなって。それで話してみたら子供たちが強かったんですよね。真っ直ぐで、凛としていて、これからのこともちゃんと考えて、14才、15才なりに自分の言葉でしっかりと話してくれる姿が印象に残ってます。あと、卒業式で「とびら」を歌ってくれたときも、全く恥ずかしがる素振りも見せず、大声で胸を張りながら歌ってくれている姿を見て、もちろんみんなは悲しみを背負っているんですけど、でも前を向こうとしている、その生き様を感じました。

--MVには生徒さんたちと何か会話してるシーンもありましたけど、どんなことを話したりしたんですか?

川嶋あい:震災から4年間どんな風に過ごしてきたか。一番勇気付けられたこと、苦しかったことや将来の夢などについて話を聞きました。印象に残っているのは、ボランティアの人たちにすごく助けられて、警察の人にすごく優しくしてもらって、すごくツラかったときに励まされて、それで「僕は将来、警察官になりたいです」って話してくれた子がいたり。とある女の子は、自分の子供が出来たときにどんな声を掛けたいか?って聞いたら「強がってばかりじゃなくて、たまには立ち止まってもいいから、自分をさらけだしてほしい」そういう言葉を贈りたいって言っていて。私が10代のときって強がって強がって「大丈夫?」って言われても「あ、大丈夫です」って過ごしてきて、大人になるにつれて「たまには立ち止まっても大丈夫だよ」って思えるようになってきましたけど、それをもう14才の子が自分の言葉で言える。しかもそれが一番伝えたいと思うこと。彼女にはそれだけ悲しみが大きくて、我慢していたものもきっと溢れていたんだろうなって思いましたね。

--東日本大震災から4年経って、3.11のこと、被災地のこと、そこで暮らす人たちについてどんなことを思ったり、考えたりしますか?

川嶋あい:先日、福島の方と話したときに、被災地の方々に対して「自分に自信を持ってほしい」って話してたんですよ。被災地の方々に私はどんな言葉を伝えられるのか、いまだに分からないんですけど、その方は被災されていて、地元の復興の為に尽力されている方で。震災を経験している人の言葉だからすごくハッとさせられて、「自信を持ってほしい」この言葉にたくさんの被災地の方々が共鳴してほしいなと思いました。震災は起こってしまって、復興もなかなか足取りは遅いですし、福島という地は原発の問題もあるので、いろんなことを考えてる方がいらっしゃると思うんですけど、「自信を持ってほしい」って言葉がちょっとでも響けばいいなと思って、「とびら」でも「自分にもっと自信を持って」という歌詞を入れさせてもらったんです。たしかに何をやるにしても自信を持たないと動けないんですよね。「ダメだろうな」って思っちゃうとそれが生き方とか姿に出ちゃいますし、自信を持つってすごく大切なことなんですよね。

--また、今年の夏には、最後の渋谷公会堂ライブもありました。路上ライブ1000回、自主制作CD手売り5000枚、それらの達成後に“渋谷公会堂でのワンマンライブ”を開催してから毎年8/20に立ってきた場所。そこで歌うのが最後になると知ったときはどんな気分でした?

川嶋あい:本当にひとつ大事なものを失ってしまう感覚がありました。その怖さとか寂しさ、切なさは、始まる前はそんなになかったんですよ。最後の渋谷公会堂だから頑張ろうとか、そういう気持ちのほうが大きかったので。ただ、終わったときに切なくなりました。

--16歳から立ち続けてきた場所でのラストライブ。オーラスは亡き母に贈る歌「・・・ありがとう・・・」でしたが、最後の渋谷公会堂で歌うのはどんな気分でした?

※「・・・ありがとう...」 / 川嶋あい
※「・・・ありがとう...」 / 川嶋あい

川嶋あい:いつも客席の一列目に位牌を置かせて頂いていて、「この光景を見るのも最後になるのか」という想いもありましたけど……やっぱり「一度は生きているうちにこの渋谷公会堂という場所で観てもらいたかったな」って思いました。ただ、ずーっと変わらずに13回、8月20日という日に「・・・ありがとう・・・」を届けることが出来た。その達成感はありますね。もちろん、母に「ありがとう」と直接伝えられなかった後悔はずっと消えないんですけど、達成感のほうが大きくて。それでこれからの1年も頑張ろうって気持ちになれましたし。

--渋谷公会堂って川嶋さんが年に1回、否応なしに家族と対峙できる場所だったんじゃないかと思っていて。家に帰ってくる感覚というか。

川嶋あい:たしかに対峙している感じはすごくありましたよね。でも結局「・・・ありがとう・・・」という曲を届ける気持ちとか、8月20日にライブをやる意味って、環境とか場所とかを超えた次元にあるとも思うので、それがこれからもずっと私と家族を繋いでくれるのかなって。もちろん、それを13回も続けてきたという意味で、渋公という場所はあまりにも特別な場所だと思います。

--すべてを歌い終え、渋谷公会堂を出るときはどんな気持ちになりました?

川嶋あい:渋公は自分の家とか部屋のような感覚もあったんで、いつものように出ましたけど、でも「最後なんだなぁー」と思って……渋公にも「本当にありがとう」という気持ちであの日歌った感覚はあります。だから本当に「・・・ありがとう・・・」で終わった感じがしますね。

--そして渋谷公会堂はすでに閉館し、建替えに伴い取り壊されますが、新しく生まれ変わった渋谷公会堂にも立ちたい気持ちはありますか?

川嶋あい:ありますね。全部変わっちゃってるのかもしれないですけど、でもやっぱり渋谷公会堂で何か表現してきた人たちの魂とか想いは、絶対に生き残ってると思うので。それは消せないと思いますし、新しくなっても渋公には溢れているんじゃないですかね。それは信じてます。だから新しくなった渋公でもライブがしたいと思ってます。

--その渋公ライブでリリースを発表した新アルバム『Be Your Side』が完成。自分的にはどんなアルバムにすることを目指して制作した作品と言えますか?

※Memorial Seasons
※Memorial Seasons

川嶋あい:今作は作り方が今までと全然違うんですよね。12曲全部、1枚のアルバムを最後まで面倒見てくれるサウンドプロデューサーを立てていて、それは渋谷公会堂でキーボードを弾いてくれていたミュージシャンなんですけど、その人と一緒にどういうアルバムを作っていこうか。っていう打合せを本当に細かく細かく重ねて作っていったんです。で、前半期と後半期に分けて作ってるんですけど、前半期の6曲はアルバム用にストックしてあったものがあって、それをアレンジ含め1曲1曲仕上げていって。後半期は前半期に出来たものを聴いた上で「じゃあ、ラテン調の曲を入れてみようか」とか、そこにないタイプの曲をゼロから生み出していきました。

--その結果、仕上がりを聴いてどんな印象や感想を持たれました?

川嶋あい:軽やかに聴けますね。今までのアルバムの作り方だと、曲をとにかくどんどん書き下ろしていって、その中から「これはアルバムにしよう」とか「これはシングルにしよう」って選曲して、選りすぐったものを収録していた感じで。アレンジャーさんもいろんな方に発注して、あんまり音に対しての統一性もなかったんですよね。機械音を入れた楽曲もたくさんありましたし、それでアコースティックライブを収録したような感じの楽曲もあったりで、デジタルも生音もあって結構分散型だったんですよ。今回はそれをやめて、聴き手に寄り添える音楽をまずコンセプトとして掲げて、デジタル音からは回避。なるべくそういった音は削ぎ落としながら、なるべくあったかい生の音を大事にして作っていて。そうやって「ガッツリ統一性を持たせて作ろう」っていう形は初めてでしたけど、目指している方向は決まっているのでより集中して丁寧に作れるんですよね。だから良かったです。

--そもそも「寄り添える音楽」をコンセプトに掲げた理由は?

川嶋あい:おそらく先ほどお話した「とびら」からでしょうね。まず「とびら」がそういう曲であってほしいと思ってたんですよ。日常の中にふと存在してくれて、あるとき気付きがあるというか、感じさせてくれるものがあったり、そういうあったかく寄り添っていけるようなアルバムを作れたらなぁって思ったんです。

--僕も聴かせてもらったんですが、さすがのポップミュージックアルバムだなと素直に思いましたし、曲もそうなんですが、声が良い。今までで一番良いと思って、デビュー12年目にして歌声の魅力が分かりやすく増す人ってそんなに多くないので、聴き入ってます。

川嶋あい:ありがとうございます。

--最初の「360°」からしてひとつひとつのフレーズと声、その声から感じ取れる想いが見事に一致してて。丁寧に気持ちを乗せて、その気持ちがちゃんとひとつずつ伝わってくるアルバムだったんで、1曲目から「良い歌をうたうなー」って。

川嶋あい:今回はボーカル録りが一番苦労したんです、これまでにないぐらい拘ったので。出だしの音をどう出すか、語尾をどこまで伸ばすか切るか、どこを地声にしてどこを裏声にするか、そういったものを物凄く細かく丁寧にやっていったんですよね。そういう録り方は今までしたことがなくて。今までは結構勢いに任せて、そのときの流れで録ってたんですけど、今回はオケが出来た段階からどう歌うか研究して、考えて、実践したときに「違うな」と思ったらそこからまた何度も何度もトライして、苦悩しながら歌っていったんですけど、最初の「360°」は物凄くハードでした。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. アーティストの皆さんはあんまり休まないで(笑)、
    ぜひ新曲を出してほしい。そしてJ-POPを書いてほしい
  3. Next >

アーティストの皆さんはあんまり休まないで(笑)、
ぜひ新曲を出してほしい。そしてJ-POPを書いてほしい

--やっぱり。

川嶋あい:これまでの楽曲と比べてもキーが一番高くて、最初は-2だったんですけど、サウンドプロデューサーが「いや、これ、全音上げてアレンジしよう」って言い出し、「大丈夫かな?」って思ったんですけど(笑)、でも声をどう出すかっていうのをプロデューサーも物凄く考えてくれてて。キーが高くなると明るくなりますし、全体の雰囲気も軽やかになるんで、「360°」の世界観には本当に合ってたなと思います。まぁでもとにかく歌入れはハードでしたね。筋トレやってんのか?って思うぐらい(笑)有酸素運動してましたもん。「360°」は3日目にしてようやく録れたんですけど、1日目、2日目はダメで、喉も壊して……

--アスリートみたいな話になってきました(笑)。

川嶋あい:必死ですよ(笑)。プロデューサーが「ここは絶対張ったほうがいい!」って言って、私も「ここは絶対に張りたい!」みたいな。そうやって今まで歌ったことのないキーだったりフレーズに挑戦しました。ただ、これも慣れていけば喉を壊さず出来るのかなって。さっきの筋トレじゃないんですけど、初心者がいきなり筋肉をバリバリ鍛えちゃうと体壊すじゃないですか。でも慣れていけば平気になる。だからこれからがどうなるのかすごく楽しみです。レコーディングは乗り越えたんですけど、今度はツアーが待ってるので。

--このアルバムは早く生で聴きたいとリスナーとしては思うんですけど、歌う側からすると次のツアーも相当なチャレンジになるという。

川嶋あい:本当にチャレンジですね。どうしても再現したいところはしたいですし。でもまたこうやってチャレンジさせてもらえる喜びのほうが大きいです。本当に自分との戦いで、喉を壊しながらでも取り組むっていう。で、こうやって作品を創れて、辿り着けて、達成感はやっぱりあるんですよね。

--そんな12年目にしてまた傑作を生み出した川嶋さんだからこそ聞きたいことをいくつか質問させてください。近年、日本の音楽シーンにはたくさんの女性シンガーソングライターがデビューし、ギタ女なんて言葉が生まれたりもしましたけど、川嶋さんには昨今の女性シンガーソングライターのシーンってどう映っていますか?

川嶋あい:皆さん、あんまり単純じゃないですよね。聴いてて「どうやったらこういうメロディーのラインになるのかな?」とか、すごくよく思います。複雑なメロディー構成だなって。

--では、音楽シーン全体を見渡して、アイドルばかりが長らくヒットチャートを賑わしていたりする、この状況についてはどんなことを思ったりしますか?

川嶋あい:それを振られると、私の説教トークが始まっちゃうかもしれない(笑)。

--ぜひぜひお願いします。

川嶋あい:さっきも複雑なメロディー構成の話をしましたけど、今のリスナーとアーティストとの関係性がガチンコじゃない気がするんですよ。昔は、私もそうでしたけど、チャートとか見て「あ、こういうアーティストがいるんだ?」と思って注目してましたよね。で、「1枚目、こういう曲なんだ。じゃあ、2枚目どうなるんだろう?」って2枚目も気になって、ちょっと買って聴いてみたりして「なるほどね!」みたいな。それが別にファンじゃなくても、リスナー対アーティストでガチンコ勝負していたと思うんです。「良い曲だな」とか「もう少し頑張れるな」とか(笑)なんか勝手に批評したりするのがリスナーだったと思うんですけど、今はそういうのが少なくなってると思うんですよ。

--コアなリスナーぐらいですよね。

川嶋あい:音楽がアクセサリーのひとつになってしまったというか、ちょっとつけて、聴いて、流して。で、終了みたいな。メロディーを聴くとか、歌詞を感じるとか、無いですよね。それはもう危険だなって思います。ただ、それを作ってきたのは大人だと思うんですよね。とりあえずYouTubeでチェックしてみる、軽くダウンロードして聴いてみる、っていうシーンを。で、それだと人は曲と対峙しないんですよね。ガチンコにならない。この全く切羽詰ってない、緊張感のない聴かせ方、聴かれ方にすごく危機感を感じますね。「これからの時代、どうなるんだろう?」って。

--仰るとおり、1曲単体でしか聴かない人、シャッフルで聴く人、YouTubeでしか聴かない人、サブスクを活用している人がいて。そんなアルバムを聴く事があたりまえじゃなくなった世界で、今回のようなアルバムを出せたことについてはどんな感慨を持たれてますか?

川嶋あい:こうやって新曲を書いて、出していくことが大事なんだなと思いました。今はカバーもすごく多いですし。もちろん新曲を生み出していくのは苦しくもあるんですけど、この危険な音楽シーンを少しでも……私ごときの力ですぐ変えられるとは思ってないですけど、それでも奮起させて、自分も奮い立たせないといけないですし、その為には新曲をちゃんとゼロから書いて、目指しているものに向かって取り組んでいく。ということを続けていきたい。それは今回『Be Your Side』を創り終えて一番感じたことです。「これでもう2,3年休もう」とかそういう感じにはなれないし、コンスタントに新作を出していきたいなって想いが強いです。

--今の混沌としている、そして音楽を続けていくことが簡単ではなくなっている今の音楽シーンで、川嶋さんはこれからどんなアーティストになりたい、もしくはどんなアーティストで在り続けたいと思いますか?

※川嶋あい ミュージックビデオ ダイジェスト
※川嶋あい ミュージックビデオ ダイジェスト

川嶋あい:音楽を愛していたいですよね。それこそミュージシャンや仲間と飲みながら延々と音楽について語り合っていたい。それを死ぬまで続けていたいですよね。語り合っていく中でまた音楽への新しい発見があったり、昨日までは知らなかった未知のものを発見したりとか、そういうものがいまだにあるので。音楽バカじゃないですけど、そうやって音楽についてずっと語り合いたいからこそ、「昔の曲は良かったよね」で終わらせたくない。だから私に限らず、世の音楽シーンを盛り上げていらっしゃるアーティストの皆さんはあんまり休まないで(笑)、ぜひ新曲を出してほしい。そしてJ-POPを書いてほしいですね。独自の複雑なメロディーがこの時代なんでしょうけど……

--それによって人気が出ても局地的になってしまう。

川嶋あい:すごくバラけてますよね。

--だからお茶の間の人たちが、年間TOP100を見ても、紅白を観ても、口ずさめる曲がほとんどない。そんなこと川嶋さんがデビューした当時はあり得なかったですもんね。

川嶋あい:たしかにそうですね。みんな知ってる曲ばかりでした。だから私はJ-POPを書くし、皆さんにもJ-POPを書いてほしいと思います!

--この話だけで一晩いけそうですね(笑)。

川嶋あい:語りたい(笑)!

--川嶋さんの今の夢や目標って何だったりするんでしょう?

川嶋あい:日本武道館でライブすることはもうずっと夢なんですけど、今仰っていたようにみんなが紅白を観てて口ずさめるような、愛される歌を書きたいです。それを書いて残したい想いが今は強いですね。

--その為にも川嶋あいのJ-POP普及活動は行っていくべきだと思うんですけど、10周年のときにも提案させて頂いた、いろんな女性シンガーソングライター……に限らず、様々なアーティストとのガチンコツーマンライブをやってほしいなって。

川嶋あい:あー! 仰ってくれてましたよね。

--「ちょっとあんた、もっとJ-POP作りなさいよ」って思ってる人とやっても面白い。

川嶋あい:ハハハ!

--川嶋さんの中で「ツーマンライブをするならこの人がいいな」と思うアーティストって誰かいますか?

※奥 華子/ガーネット(弾き語り)
※奥 華子/ガーネット(弾き語り)

川嶋あい:奥華子さん。イベントで一緒になったことはあるんですけど、ツーマンはまだないんですよね。

--そのカードは観たい人多いと思いますよ。路上発の鍵盤弾き語り系シンガーソングライターにおけるツートップですからね。

川嶋あい:やってみたいです。

--女性シンガーソングライター同士のツーマンも親和性あっていいと思いますし、逆にアイドルやバンドとの異種交流ツーマンも面白いですよね。

川嶋あい:私が王道のJ-POPを書いて、それをアイドルグループさんに提供して、それからツーマンをやるのも楽しそう。

--そんな刺激的な展開にも期待したい川嶋あいですが、11月から4ヶ月連続ワンマンライブを開催。こちらはどんなライブにしようと思っていますか?

川嶋あい:シンプルな編成でのアコースティックライブになると思います。今回のアルバム曲をメインにお届けするんですけど、バンドサウンドじゃない中でどこまで再現できるかどうか。いずれにしても、ライブも「本当に細かく丁寧に」を意識して、1曲1曲しっかり届けたいと思ってます。

--では、最後に、今後の川嶋あいに注目してほしい読者の皆さんへメッセージをお願いします。

川嶋あい:まだまだこれまで以上にJ-POPを愛して、皆さんの心に寄り添っていけるような曲をひとつでも多く書いて、届けていけたらと思っています。ぜひ注目してください。

Interviewer:平賀哲雄

川嶋あい「Be Your Side」

Be Your Side

2015/10/21 RELEASE
TRAK-151/2 ¥ 4,000(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.360°
  2. 02.Summer’s Heaven
  3. 03.セレナーデ
  4. 04.Love Letter
  5. 05.オセロ
  6. 06.Memorial Seasons
  7. 07.Challenger
  8. 08.Tokyo
  9. 09.夢枕
  10. 10.クローバー
  11. 11.I Love Your Smile□
  12. 12.とびら

関連キーワード

TAG

関連商品

シンクロ
川嶋あい「シンクロ」

2017/06/14

[CD]

¥980(税込)

シンクロ
川嶋あい「シンクロ」

2017/06/14

[CD]

¥4,860(税込)

Be Your Side
川嶋あい「Be Your Side」

2015/10/21

[CD]

¥3,000(税込)

Be Your Side
川嶋あい「Be Your Side」

2015/10/21

[CD]

¥4,000(税込)

とびら
川嶋あい「とびら」

2015/07/01

[CD]

¥1,000(税込)

とびら
川嶋あい「とびら」

2015/07/01

[CD]

¥1,500(税込)

Shutter
川嶋あい「Shutter」

2014/06/25

[CD]

¥3,000(税込)

Shutter
川嶋あい「Shutter」

2014/06/25

[CD]

¥3,780(税込)

空はここにある
川嶋あい「空はここにある」

2014/02/19

[CD]

¥1,234(税込)

空はここにある
川嶋あい「空はここにある」

2014/02/19

[CD]

¥1,646(税込)

One song
Ai Kawashima「One song」

2013/06/26

[CD]

¥3,086(税込)

One song
Ai Kawashima「One song」

2013/06/26

[CD]

¥4,104(税込)

YES/NO/T
川嶋あい「YES/NO/T」

2013/04/10

[CD]

¥1,234(税込)

YES/NO/T
川嶋あい「YES/NO/T」

2013/04/10

[CD]

¥1,646(税込)

24/24
川嶋あい「24/24」

2010/05/26

[CD]

¥3,240(税込)

24/24
川嶋あい「24/24」

2010/05/26

[CD]

¥4,104(税込)

春の夢
川嶋あい「春の夢」

2010/04/07

[CD]

¥1,188(税込)

春の夢
川嶋あい「春の夢」

2010/04/07

[CD]

¥1,404(税込)

大丈夫だよ
川嶋あい「大丈夫だよ」

2009/04/08

[CD]

¥1,188(税込)

大丈夫だよ
川嶋あい「大丈夫だよ」

2009/04/08

[CD]

¥1,404(税込)

カケラ/Flag
川嶋あい「カケラ/Flag」

2008/08/20

[CD]

¥1,188(税込)

カケラ/Flag
川嶋あい「カケラ/Flag」

2008/08/20

[CD]

¥1,404(税込)

カップリングベスト
川嶋あい「カップリングベスト」

2008/06/04

[CD]

¥3,456(税込)

シングルベスト
川嶋あい「シングルベスト」

2008/06/04

[CD]

¥3,456(税込)

ドアクロール
川嶋あい「ドアクロール」

2007/12/12

[CD]

¥1,404(税込)

幸せですか/スーツケース
川嶋あい「幸せですか/スーツケース」

2007/10/03

[CD]

¥1,188(税込)

幸せですか/スーツケース
川嶋あい「幸せですか/スーツケース」

2007/10/03

[CD]

¥1,404(税込)

足あと
川嶋あい「足あと」

2007/06/27

[CD]

¥3,240(税込)

足あと
川嶋あい「足あと」

2007/06/27

[CD]

¥4,104(税込)

君に・・・・・
川嶋あい「君に・・・・・」

2007/05/30

[CD]

¥1,188(税込)

君に・・・・・
川嶋あい「君に・・・・・」

2007/05/30

[CD]

¥1,404(税込)

compass
川嶋あい「compass」

2007/03/14

[CD]

¥1,404(税込)

compass
川嶋あい「compass」

2007/03/14

[CD]

¥1,188(税込)

My Love
川嶋あい「My Love」

2007/03/07

[CD]

¥1,435(税込)

My Love
川嶋あい「My Love」

2007/02/14

[CD]

¥1,229(税込)

My Love
川嶋あい「My Love」

2007/02/14

[CD]

¥1,435(税込)

つばさ祭’06 ~秘密の陣~
(オムニバス) 川嶋あい Mi as CHiYO「つばさ祭’06 ~秘密の陣~」

2006/11/29

[DVD]

¥4,011(税込)

つばさ祭’06 ~秘密の陣~
(オムニバス) 川嶋あい Mi as CHiYO「つばさ祭’06 ~秘密の陣~」

2006/11/29

[DVD]

¥4,011(税込)

大切な約束/もう1つの約束
川嶋あい「大切な約束/もう1つの約束」

2006/10/11

[CD]

¥1,188(税込)

大切な約束/もう1つの約束
川嶋あい「大切な約束/もう1つの約束」

2006/10/11

[CD]

¥1,404(税込)

ピアノソングス ~路上集2号~
川嶋あい「ピアノソングス ~路上集2号~」

2006/08/23

[CD]

¥3,065(税込)

つばさ祭り’06~春の陣~
(オムニバス) 川嶋あい Mi as CHiYO「つばさ祭り’06~春の陣~」

2006/06/21

[DVD]

¥4,011(税込)

サンキュー!
川嶋あい「サンキュー!」

2006/05/24

[CD]

¥3,065(税込)

サンキュー!
川嶋あい「サンキュー!」

2006/05/24

[CD]

¥4,011(税込)

見えない翼
川嶋あい「見えない翼」

2006/04/19

[CD]

¥914(税込)

見えない翼
川嶋あい「見えない翼」

2006/04/19

[CD]

¥1,080(税込)

Dear/旅立ちの日に…
川嶋あい「Dear/旅立ちの日に…」

2006/02/01

[CD]

¥1,188(税込)

Dear/旅立ちの日に…
川嶋あい「Dear/旅立ちの日に…」

2006/02/01

[CD]

¥1,404(税込)

Dear/旅立ちの日に…
川嶋あい「Dear/旅立ちの日に…」

2006/02/01

[CD]

¥1,404(税込)

PV Collection +α
川嶋あい「PV Collection +α」

2005/12/21

[DVD]

¥3,909(税込)

路上集Ⅰ号
川嶋あい「路上集Ⅰ号」

2005/09/28

[CD]

¥2,417(税込)

「…ありがとう…」
川嶋あい「「…ありがとう…」」

2005/08/24

[CD]

¥1,188(税込)

12個の歌
川嶋あい「12個の歌」

2005/05/18

[CD]

-

12個の歌
川嶋あい「12個の歌」

2005/05/18

[CD]

¥3,065(税込)

絶望と希望
川嶋あい「絶望と希望」

2005/04/06

[CD]

¥1,080(税込)

道の途中で…。
川嶋あい「道の途中で…。」

2004/12/01

[DVD]

¥4,320(税込)

マーメイド
川嶋あい「マーメイド」

2004/08/04

[CD]

-

マーメイド
川嶋あい「マーメイド」

2004/08/04

[CD]

¥1,008(税込)

マーメイド
川嶋あい「マーメイド」

2004/08/04

[CD]

¥1,404(税込)

525ページ
川嶋あい「525ページ」

2004/06/04

[CD]

-

525ページ
川嶋あい「525ページ」

2004/06/02

[CD]

¥1,134(税込)

12個の季節 ~4度目の春~
川嶋あい「12個の季節 ~4度目の春~」

2004/02/18

[CD]

¥1,027(税込)

天使たちのメロディー/旅立ちの朝
川嶋あい「天使たちのメロディー/旅立ちの朝」

2003/08/21

[CD]

¥1,437(税込)

明日を信じて・・・
川嶋あい「明日を信じて・・・」

2003/05/23

[CD]

¥1,646(税込)

シンクロ
川嶋あい「シンクロ」

2017/06/14

[CD]

¥4,860(税込)

Be Your Side
川嶋あい「Be Your Side」

2015/10/21

[CD]

¥3,000(税込)

Be Your Side
川嶋あい「Be Your Side」

2015/10/21

[CD]

¥4,000(税込)

とびら
川嶋あい「とびら」

2015/07/01

[CD]

¥1,000(税込)

とびら
川嶋あい「とびら」

2015/07/01

[CD]

¥1,500(税込)

Shutter
川嶋あい「Shutter」

2014/06/25

[CD]

¥3,000(税込)

Shutter
川嶋あい「Shutter」

2014/06/25

[CD]

¥3,780(税込)

空はここにある
川嶋あい「空はここにある」

2014/02/19

[CD]

¥1,234(税込)

空はここにある
川嶋あい「空はここにある」

2014/02/19

[CD]

¥1,646(税込)

One song
Ai Kawashima「One song」

2013/06/26

[CD]

¥3,086(税込)

One song
Ai Kawashima「One song」

2013/06/26

[CD]

¥4,104(税込)

YES/NO/T
川嶋あい「YES/NO/T」

2013/04/10

[CD]

¥1,234(税込)

YES/NO/T
川嶋あい「YES/NO/T」

2013/04/10

[CD]

¥1,646(税込)

24/24
川嶋あい「24/24」

2010/05/26

[CD]

¥4,104(税込)

春の夢
川嶋あい「春の夢」

2010/04/07

[CD]

¥1,188(税込)

春の夢
川嶋あい「春の夢」

2010/04/07

[CD]

¥1,404(税込)

大丈夫だよ
川嶋あい「大丈夫だよ」

2009/04/08

[CD]

¥1,188(税込)

大丈夫だよ
川嶋あい「大丈夫だよ」

2009/04/08

[CD]

¥1,404(税込)

カケラ/Flag
川嶋あい「カケラ/Flag」

2008/08/20

[CD]

¥1,188(税込)

カケラ/Flag
川嶋あい「カケラ/Flag」

2008/08/20

[CD]

¥1,404(税込)

カップリングベスト
川嶋あい「カップリングベスト」

2008/06/04

[CD]

¥3,456(税込)

シングルベスト
川嶋あい「シングルベスト」

2008/06/04

[CD]

¥3,456(税込)

シングルベスト
川嶋あい「シングルベスト」

2008/06/04

[CD]

¥4,104(税込)

sakura songs 2
(オムニバス) GReeeeN 川嶋あい JULEPS Jackson vibe ジャパハリネット DEEN 松たか子「sakura songs 2」

2008/03/12

[CD]

¥2,674(税込)

ドアクロール
川嶋あい「ドアクロール」

2007/12/12

[CD]

¥1,404(税込)

幸せですか/スーツケース
川嶋あい「幸せですか/スーツケース」

2007/10/03

[CD]

¥1,188(税込)

幸せですか/スーツケース
川嶋あい「幸せですか/スーツケース」

2007/10/03

[CD]

¥1,404(税込)

足あと
川嶋あい「足あと」

2007/06/27

[CD]

¥3,240(税込)

足あと
川嶋あい「足あと」

2007/06/27

[CD]

¥4,104(税込)

君に・・・・・
川嶋あい「君に・・・・・」

2007/05/30

[CD]

¥1,188(税込)

君に・・・・・
川嶋あい「君に・・・・・」

2007/05/30

[CD]

¥1,404(税込)

compass
川嶋あい「compass」

2007/03/14

[CD]

¥1,404(税込)

compass
川嶋あい「compass」

2007/03/14

[CD]

¥1,188(税込)

My Love
川嶋あい「My Love」

2007/03/07

[CD]

¥1,435(税込)

My Love
川嶋あい「My Love」

2007/02/14

[CD]

¥1,229(税込)

つばさ祭’06 ~秘密の陣~
(オムニバス) 川嶋あい Mi as CHiYO「つばさ祭’06 ~秘密の陣~」

2006/11/29

[DVD]

¥4,011(税込)

大切な約束/もう1つの約束
川嶋あい「大切な約束/もう1つの約束」

2006/10/11

[CD]

¥1,188(税込)

大切な約束/もう1つの約束
川嶋あい「大切な約束/もう1つの約束」

2006/10/11

[CD]

¥1,404(税込)

ピアノソングス ~路上集2号~
川嶋あい「ピアノソングス ~路上集2号~」

2006/08/23

[CD]

¥3,065(税込)

つばさ祭り’06~春の陣~
(オムニバス) 川嶋あい Mi as CHiYO「つばさ祭り’06~春の陣~」

2006/06/21

[DVD]

¥4,011(税込)

サンキュー!
川嶋あい「サンキュー!」

2006/05/24

[CD]

¥3,065(税込)

サンキュー!
川嶋あい「サンキュー!」

2006/05/24

[CD]

¥4,011(税込)

見えない翼
川嶋あい「見えない翼」

2006/04/19

[CD]

¥914(税込)

見えない翼
川嶋あい「見えない翼」

2006/04/19

[CD]

¥1,080(税込)

Dear/旅立ちの日に…
川嶋あい「Dear/旅立ちの日に…」

2006/02/01

[CD]

¥1,188(税込)

Dear/旅立ちの日に…
川嶋あい「Dear/旅立ちの日に…」

2006/02/01

[CD]

¥1,404(税込)

Dear/旅立ちの日に…
川嶋あい「Dear/旅立ちの日に…」

2006/02/01

[CD]

¥1,404(税込)

PV Collection +α
川嶋あい「PV Collection +α」

2005/12/21

[DVD]

¥3,909(税込)

路上集Ⅰ号
川嶋あい「路上集Ⅰ号」

2005/09/28

[CD]

¥2,417(税込)

「…ありがとう…」
川嶋あい「「…ありがとう…」」

2005/08/24

[CD]

¥1,188(税込)

12個の歌
川嶋あい「12個の歌」

2005/05/18

[CD]

-

12個の歌
川嶋あい「12個の歌」

2005/05/18

[CD]

¥3,065(税込)

絶望と希望
川嶋あい「絶望と希望」

2005/04/06

[CD]

¥1,080(税込)

道の途中で…。
川嶋あい「道の途中で…。」

2004/12/01

[DVD]

¥4,320(税込)

マーメイド
川嶋あい「マーメイド」

2004/08/04

[CD]

¥1,008(税込)

マーメイド
川嶋あい「マーメイド」

2004/08/04

[CD]

¥1,404(税込)

525ページ
川嶋あい「525ページ」

2004/06/04

[CD]

-

525ページ
川嶋あい「525ページ」

2004/06/02

[CD]

¥1,134(税込)

12個の季節 ~4度目の春~
川嶋あい「12個の季節 ~4度目の春~」

2004/02/18

[CD]

¥1,027(税込)

天使たちのメロディー/旅立ちの朝
川嶋あい「天使たちのメロディー/旅立ちの朝」

2003/08/21

[CD]

¥1,437(税込)

明日を信じて・・・
川嶋あい「明日を信じて・・・」

2003/05/23

[CD]

¥1,646(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    音楽家・星野源を真面目に研究する特別企画がFM OH!でオンエア決定。当日は本人からのコメントも

  2. 2

    倉木麻衣、新しい時代に向かう4年ぶりのフルオーケストラ共演が実現

  3. 3

    あいみょん、2/18武道館公演が即日完売 新たに対バン&ワンマンツアー発表も

  4. 4

    【ビルボード】Little Glee Monster『FLAVA』が43,428枚でアルバムセールス首位、2位&3位は359枚差の接戦に

  5. 5

    【ビルボード】V6の『Super Powers/Right Now』が87,435枚でシングルセールス首位、宇多田『Face My Fears』は5位に

HOT IMAGES

注目の画像