Billboard JAPAN


NEWS

2019/11/29

<コラム>ポップでありながら、深みを増していく、ベリンダ・カーライルの歌声

ベリンダ・カーライル「<コラム>ポップでありながら、深みを増していく、ベリンダ・カーライルの歌声」1枚目/1

思い出を彩るヒット曲の数々 1981年。P.I.L の『フラワーズ・オブ・ロマンス』、ジャパンの『錻力の太鼓』、トム・トム・クラブの『おしゃべり魔女』、ストーンズの『刺青の男』などを夢中で聴いていた年に、僕(たち)はそのバンドと出会った。アメリカの…

記事全文を表示する

ベリンダ・カーライル その他の画像・最新情報へ

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    上白石萌音、初のオンラインライブのレポート到着

  2. 2

    Sexy Zone、4作ぶりに5人での作品をリリース

  3. 3

    TOMORROW X TOGETHER、10月26日『minisode1 : Blue Hour』でカムバック

  4. 4

    <ライブレポート>NOKKO、自身初の配信ライブをビルボードライブ東京で開催 「最高だね。ライブがやれて。」

  5. 5

    <ライブレポート>結成20周年のいきものがかり、約4時間の配信イベント開催「観てくれている人がいると思うだけで違うものだね」

HOT IMAGES

注目の画像