Billboard JAPAN


NEWS

2018/09/13

アロー・ブラックが全米を旅する音楽ドキュメンタリー映画『アメリカン・ミュージック・ジャーニー』公開決定

 シンガーソングライターのアロー・ブラックが全米を旅する音楽ドキュメンタリー映画『アメリカン・ミュージック・ジャーニー』が、11月16日よりイオンシネマにて公開されることが決定した。

 本作は、シンガーソングライターのアロー・ブラックが、歴史のある多様な音楽スタイルを学ぶためにロサンゼルスを出発、ニューヨーク、シカゴ、ニューオーリンズ、マイアミなどアメリカ音楽が生まれた全米各地の街を巡り、新たな歌を完成させていくストーリー。

 アローは劇中で、ルイ・アームストロング、エルヴィス・プレスリーなどの足跡をたどり、「ジ・イン・クラウド」が全米で大ヒットを記録したジャズピアニストのラムゼイ・ルイス、「コンガ」など数々のヒットを飛ばし、全世界で1億枚セールスを記録、7度のグラミー賞受賞を誇るラテン・ポップの女王グロリア・エステファンなど名だたるミュージシャンや友人たちと出会い、絆を深め、音楽の持つ計り知れない力を感じていく。

 アロー・ブラックは、今年4月に28歳の若さで夭逝したアヴィーチーとコラボレーションした「Wake Me Up」(2013)が100か国以上でヒットチャートの上位にランキングされミレニアル世代を中心に幅広い観客に支持される注目のアーティスト。本作の監督は、ドキュメンタリー映画の分野で名を馳せ、『THE LIVING SEA』、『DOLPHINS』と2度のアカデミー賞短編ドキュメンタリー賞にノミネートされた経歴を持つグレッグ・マクギリヴレイ監督が務めている。


◎グレッグ・マクギリブレイ監督 コメント
誰もが音楽を愛しています。多様な言葉と歌が行き交う国・アメリカで、異なる文化がぶつかり合い、いかに新たな音楽生まれてきたかをテーマにしました。そのために、リサーチプロジェクトを打ちあげ、アメリカ文化の要素は何かを探索してきました。
案内人となる旅人、アロー・ブラックはクリエイティブ精神を持ち、アメリカではどんなことでも可能であると示してくれた素晴らしいインスピレーションを持ったアーティストです。

◎アロー・ブラック コメント
音楽は世界各地の数多くのあらゆる場所で発展してきました。様々な異なる文化やスタイルが組み込まれて、アメリカの土地で培われていったのです。
本作は、アメリカ各地の街を巡った、素晴らしい音楽を通じてのストーリーなのです。

◎公開情報
『アメリカン・ミュージック・ジャーニー』
監督:グレッグ・マクギリブレイ
脚本:スティーヴン・ジャドソン
音楽: スティーブ・ウッド 
声の出演:高橋広樹(アロー・ブラック)、坂口芳貞(ナレーション)ほか
2018年/アメリカ映画/日本語吹替/40分/原題:America’s Musical Journey
製作:マクギリヴレイ・フリーマン・フィルムズ 
提供:エクスペディア、ブランドUSA、エアカナダ
配給:さらい

アロー・ブラック その他の画像・最新情報へ

What's Hot

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    稲垣吾郎&草なぎ剛&香取慎吾、初のファンミーティングが閉幕「この空間がやっぱり好き」

  2. 2

    フレディー・マーキュリーのセクシャリティーや死に至るまでの秘話を告白、特番が6月に放送

  3. 3

    【先ヨミ】ラストアイドル『大人サバイバー』が71,663枚を売り上げ現在首位 GANG PARADE/山本彩が続く

  4. 4

    BTS (防弾少年団)、記者会見で最新ALのテーマ/芸能界スキャンダル/今後の展望を語る

  5. 5

    ホールジー、BTS (防弾少年団)のRMと話題の“握手”をする映像公開

HOT IMAGES

注目の画像