Billboard JAPAN


Daily News

内田彩、7/23誕生日にめでたく新曲解禁

  • 内田彩「内田彩、7/23誕生日にめでたく新曲解禁」1枚目/2
  • 内田彩「」2枚目/2

 内田彩が、2017年9月13日に発売するニューアルバム『ICECREAM GIRL』のリードトラック「Yellow Sweet」の音源を解禁した。

 同楽曲は「with you」「Floating Heart」「Everlasting Parade」などを手がけたhisakuni氏の作詞作曲編曲によるもの。彼女にとって久々となる音楽活動の幕開けにふさわしい、爽やかで甘酸っぱいEDMチューンに仕上がっている。アルバムには同楽曲の他、昨年秋に発売されたシングル「SUMILE SMILE」など全12曲を収録予定。

 また、10月14日には幕張メッセ イベントホールでのワンマンライブの開催も決定している。

 本日7月23日、誕生日を迎えた内田彩。昨年武道館での単独公演を成功に収めるなど目覚しい活躍を見せた彼女が、それらを糧に奏でる新たな音楽に期待は高まる。


◎YouTube「Yellow Sweet」
https://www.youtube.com/watch?v=r-lzyxpzOog

◎内田彩 ワンマンライブ情報
2017年10月14日(土)幕張メッセ イベントホール
※詳細後日ご案内いたします。

◎リリース情報
アルバム『ICECREAM GIRL』
2017/9/13 RELEASE
<初回盤A> 5,500円(tax out.)
<初回盤B> 4,000円(tax out.)
<通常盤>  3,000円(tax out.)
http://columbia.jp/uchidaaya/

アップルミント
内田彩「アップルミント」
2014/11/12
[CD]
¥3,980(税込)
購入画面へ
アップルミント
内田彩「アップルミント」
2014/11/12
[CD]
¥3,000(税込)
購入画面へ
永遠フレンズ
Printemps「永遠フレンズ」
2014/11/12
[CD]
¥1,296(税込)
購入画面へ
ユメノトビラ
μ’s「ユメノトビラ」
2014/05/28
[CD]
¥1,296(税込)
購入画面へ
どんなときもずっと
μ’s「どんなときもずっと」
2014/05/08
[CD]
¥1,296(税込)
購入画面へ
どんなときもずっと
μ’s「どんなときもずっと」
2014/05/08
[CD]
¥1,296(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

シュガーヒル・ギャング来日記念特集~長谷川町蔵×大和田俊之が語るヒップホップの姿
シュガーヒル・ギャング来日記念特集~長谷川町蔵×大和田俊之が語るヒップホップの姿
ヒップホップ / ラップを世界に知らしめた伝説的ユニットが遂に来日!
デヴィッド・T.ウォーカー来日記念企画、ファンから集まった質問への返答が到着
デヴィッド・T.ウォーカー来日記念企画、ファンから集まった質問への返答が到着
モータウン黄金期を築いた世界一ソウルフルなギタリストからの返答は読みごたえあり
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
2018年3月19日、東京Zepp DiverCityにてLIVE vol.1開催決定!詳細は1月12日発表。
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
私の目指すシンガーに、ホイットニー・ヒューストンがいる
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
「日本のバンド=和楽器バンド」に辿り着きたい。
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
【HOT 100】、【HOT ALBUMS】、【TOP ARTIST】年間ランキングを詳しく解説。
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
100タイトルの中から音楽ライターの熊谷美広氏が「初心者でも楽しめる作品」、「マニア垂涎の作品」を5枚ずつピックアップ
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
なぜ、いまポールがソウル・クラシックスのカバーに挑むのか? 増田勇一が解説。

Chartsmore