Billboard JAPAN


Daily News

モーニング娘。'17飯窪春菜×Juice=Juice金澤朋子「おバカねこと おバカねこバカのうた」配信スタート! 猫好きハロメン撮影のMVも

  • モーニング娘。’17「モーニング娘。'17飯窪春菜×Juice=Juice金澤朋子「おバカねこと おバカねこバカのうた」配信スタート! 猫好きハロメン撮影のMVも」1枚目/5
  • モーニング娘。’17「」2枚目/5
  • モーニング娘。’17「」3枚目/5
  • モーニング娘。’17「」4枚目/5
  • モーニング娘。’17「」5枚目/5

 飯窪春菜(モーニング娘。'17)と金澤朋子(Juice=Juice)がボーカルを務める猫の歌「おバカねこと おバカねこバカのうた」。この曲の配信が7月14日~iTunesやレコチョクにてスタートする。

 日本では2010年代に入り空前の猫ブームが巻き起こり、2015年には「ネコノミクス」という造語も生まれるほど猫ブームが定着。そんな中で「猫の歌」が案外存在しないというところに注目し、猫を愛してやまない猫好き女子の気持ちを歌にしてみたのが今作だ。犬に比べるとどうしても「かしこくない」とのイメージがは拭えないものの、頭の良し悪しはさておき「おバカ」的要素が実は猫最大の魅力であることは、猫好きの人なら気付いているはず。

 今作では“愛すべきおバカねこ”と愛してやまない“ねこバカ”の気持ちをハロー!プロジェクトメンバーの2人が、かわいく愛情を込めて歌唱。もちろん彼女たちも大の猫好きだ。そしてミュージックビデオでは、ハロー!プロジェクトやアップフロント所属タレントの猫好きメンバーたちが撮った“愛猫写真”をたっぷりと使用。見る人、聴く人の心を和ませてくれること間違いなしの「おバカねこと おバカねこバカのうた」、ぜひチェックしてみてほしい。


◎配信「おバカねこと おバカねこバカのうた」
2017/07/14 RELEASE(レコチョク21時~/iTunes24時頃~予定)
作詞:桑原永江 作曲・編曲:佐藤 晃
歌:飯窪春菜(モーニング娘。'17)、金澤朋子(Juice=Juice)
レコチョク http://recochoku.com/u1/obakanekotoobakanekobakanouta/
iTunes https://itunes.apple.com/jp/album//id1257669215?app=itunes
※ダウンロードURLは配信が開始されるまで繋がりません

Special Contentsmore

FM COCOLO『J-POP レジェンドフォーラム』9月は桑田佳祐『がらくた』特集! 片山敦夫と斎藤誠をゲストに迎えた番組トークvol.1を公開
FM COCOLO『J-POP レジェンドフォーラム』9月は桑田佳祐『がらくた』特集! 片山敦夫と斎藤誠をゲストに迎えた番組トークvol.1を公開
キーボードの片山敦夫と、ギターの斎藤誠が『がらくた』の中から好きな曲をピックアップし制作秘話などを語る―。
トレヴァー・ホーン『ザ・リフレクション』インタビュー~世界的プロデューサーが語る初のアニメ・サントラ制作
トレヴァー・ホーン『ザ・リフレクション』インタビュー~世界的プロデューサーが語る初のアニメ・サントラ制作
曲作りやプロデュースのときでも、脳裏に浮かぶ映像がヒントになる
【Live Music Hackasong 参加企業インタビュー】
【Live Music Hackasong 参加企業インタビュー】
ワン・トゥー・テン・ホールディングス
中村雅俊 『どこへ時が流れても/まだ僕にできることがあるだろう』インタビュー
中村雅俊 『どこへ時が流れても/まだ僕にできることがあるだろう』インタビュー
「今この瞬間をどう生きるか」
楽園おんがく Vol.38:ヤギフミトモ インタビュー
楽園おんがく Vol.38:ヤギフミトモ インタビュー
「今までとは違った表現や歌詞の内容も違うメッセージの楽曲を作っていきたい」
全米ALチャート首位獲得!LCDサウンドシステム『アメリカン・ドリーム』発売記念特集
全米ALチャート首位獲得!LCDサウンドシステム『アメリカン・ドリーム』発売記念特集
シーンへの本格的な復帰を果たした21世紀最高のロック・バンドの魅力に迫る
フェニックス 来日インタビュー
フェニックス 来日インタビュー
トマ&クリスチャンが語るライブ体験と尽きないチャレンジ精神。
新世代ジャズとテラス・マーティン ~来日直前インタビュー&プレイリスト
新世代ジャズとテラス・マーティン ~来日直前インタビュー&プレイリスト
なぜいまテラス・マーティンに注目すべきなのか

Chartsmore