Billboard JAPAN


Daily News

モーニング娘。'17飯窪春菜×Juice=Juice金澤朋子「おバカねこと おバカねこバカのうた」配信スタート! 猫好きハロメン撮影のMVも

  • モーニング娘。’17「モーニング娘。'17飯窪春菜×Juice=Juice金澤朋子「おバカねこと おバカねこバカのうた」配信スタート! 猫好きハロメン撮影のMVも」1枚目/5
  • モーニング娘。’17「」2枚目/5
  • モーニング娘。’17「」3枚目/5
  • モーニング娘。’17「」4枚目/5
  • モーニング娘。’17「」5枚目/5

 飯窪春菜(モーニング娘。'17)と金澤朋子(Juice=Juice)がボーカルを務める猫の歌「おバカねこと おバカねこバカのうた」。この曲の配信が7月14日~iTunesやレコチョクにてスタートする。

 日本では2010年代に入り空前の猫ブームが巻き起こり、2015年には「ネコノミクス」という造語も生まれるほど猫ブームが定着。そんな中で「猫の歌」が案外存在しないというところに注目し、猫を愛してやまない猫好き女子の気持ちを歌にしてみたのが今作だ。犬に比べるとどうしても「かしこくない」とのイメージがは拭えないものの、頭の良し悪しはさておき「おバカ」的要素が実は猫最大の魅力であることは、猫好きの人なら気付いているはず。

 今作では“愛すべきおバカねこ”と愛してやまない“ねこバカ”の気持ちをハロー!プロジェクトメンバーの2人が、かわいく愛情を込めて歌唱。もちろん彼女たちも大の猫好きだ。そしてミュージックビデオでは、ハロー!プロジェクトやアップフロント所属タレントの猫好きメンバーたちが撮った“愛猫写真”をたっぷりと使用。見る人、聴く人の心を和ませてくれること間違いなしの「おバカねこと おバカねこバカのうた」、ぜひチェックしてみてほしい。


◎配信「おバカねこと おバカねこバカのうた」
2017/07/14 RELEASE(レコチョク21時~/iTunes24時頃~予定)
作詞:桑原永江 作曲・編曲:佐藤 晃
歌:飯窪春菜(モーニング娘。'17)、金澤朋子(Juice=Juice)
レコチョク http://recochoku.com/u1/obakanekotoobakanekobakanouta/
iTunes https://itunes.apple.com/jp/album//id1257669215?app=itunes
※ダウンロードURLは配信が開始されるまで繋がりません

二十歳のモーニング娘。
モーニング娘。20th「二十歳のモーニング娘。」
2018/02/07
[CD]
¥4,000(税込)
購入画面へ
プッチベスト18
(V.A.) ℃-ute モーニング娘。’17 アンジュルム Juice=Juice カントリー・ガールズ こぶしファクトリー つばきファクトリー「プッチベスト18」
2017/12/13
[CD]
¥2,500(税込)
購入画面へ
プッチベスト18 Blu-ray Disc
(V.A.) ℃-ute モーニング娘。’17 アンジュルム Juice=Juice カントリー・ガールズ こぶしファクトリー つばきファクトリー「プッチベスト18 Blu-ray Disc」
2017/12/13
[Blu-ray Disc]
¥4,320(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

もしもビルボードジャパンチャートが30年前からあったら?~KUWATA KEISUKE~
もしもビルボードジャパンチャートが30年前からあったら?~KUWATA KEISUKE~
ソロ・デビュー30周年となる桑田佳祐の代表曲が“今と同じリスニング環境”であると仮定したチャート分析。
ジャミーラ・ウッズ 来日直前インタビュー
ジャミーラ・ウッズ 来日直前インタビュー
「様々な制圧に自分の詩や音楽で立ち向かっていきたい」
特集:OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND~ロック・スピリットを持つアコースティック・バンドの魅力
特集:OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND~ロック・スピリットを持つアコースティック・バンドの魅力
彼らにしかなし得ない音楽を追求し続けるOAUに迫る。
ポール・スタンレー来日記念インタビュー~KISSのフロントマンはなぜソウルを歌うのか
ポール・スタンレー来日記念インタビュー~KISSのフロントマンはなぜソウルを歌うのか
「ハードロックと同じくらい私にとっては大切なんだ。」
LIVE HACKASONG
LIVE HACKASONG
“エンタテインメント体験の拡張”をテーマにしたロングランハッカソン。観覧席予約受付中
「ピアノで歌う」― 村松崇継 インタビュー
「ピアノで歌う」― 村松崇継 インタビュー
アーティストとしての活動する上での信念や思い描くビジョンを語る。
ギター・マガジン編集部にインタビュー「“出会い事故”みたいなものが本を読んで起きたら嬉しい」
ギター・マガジン編集部にインタビュー「“出会い事故”みたいなものが本を読んで起きたら嬉しい」
「どういうスタイルや姿勢で僕らが本を作っているのか、もっと知ってもらう必要がある」
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
2018年3月19日、東京Zepp DiverCityにてLIVE vol.1開催決定!詳細は1月12日発表。

Chartsmore