Billboard JAPAN


Daily News

【ビルボード】ヴァイオリニスト若林暢の追悼アルバム『ヴァイオリン愛奏曲集』クラシックチャート1位

  • 若林暢「【ビルボード】ヴァイオリニスト若林暢の追悼アルバム『ヴァイオリン愛奏曲集』クラシックチャート1位」1枚目/1

 今週のBillboard JAPAN Top Classical Albums1位は、若林暢『ヴァイオリン愛奏曲集』が2位以下を大きく引き離してのチャートインとなった。生前奏者が愛したヴァイオリン小品の中から、選りすぐった名曲集となっており、クライスラー、パガニーニ、サラサーテ、ラヴェル、ファリャ、バルトークなどが収められている。また3位にも若林暢『ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ全集』がチャートイン。こちらは欧州各紙で絶賛された音源を、Blu-specCD2盤でリリースしたものだ。CDリリースを記念し、追悼リサイタルが6月20日松戸公演を皮切りに全国8カ所で行われている。

 2位には、反田恭平の新譜『月の光~リサイタル・ピース第1集』がチャートイン。7月8日ミューザ川崎シンフォニーホールを皮切りに全国13か所で行われるツアーと連動したアルバム。ラヴェル、ドビュッシー、ショパンを中心に構成した曲目が収録されている。TOKYO FM『キュレーターズ~マイスタイル・ユアスタイル』では今クラシックの文脈でも話題の岸田繁(くるり)との対談が7月16日から4週に渡ってオンエアされる予定となっている。

 他、キリル・コンドラシン指揮、RCAビクター交響楽団による『道化師&仮面舞踏会~ロシア管弦楽名演集(HB/LTD)(2017年DSDリマスター)』が5位にチャートイン、ハンス・クナッパーツブッシュ 、バイロイト祝祭管弦楽団『ワーグナー:舞台神聖祝典劇≪パルジファル≫[3SACD[SHM仕様]]』が7位にチャートインするなど、リマスター版のニュー・リリースが勢いをみせたチャートとなった。text:yokano

◎【Billboard JAPAN Top Classical Albums】トップ10
1位『ヴァイオリン愛奏曲集』若林暢
2位『月の光~リサイタル・ピース第1集』反田恭平
3位『ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ全集』若林暢
4位『ブラームス:交響曲全集』ジョージ・セル
5位『道化師&仮面舞踏会~ロシア管弦楽名演集』キリル・コンドラシン、RCAビクター交響楽団
6位『蜜蜂と遠雷音楽集』
7位『ワーグナー:舞台神聖祝典劇≪パルジファル≫』ハンス・クナッパーツブッシュ
8位『シューベルト:ピアノ・ソナタ第21番/12のドイツ舞曲(レントラー)他』ダン・タイ・ソン
9位『0歳からの育脳クラシック』
10位『ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」』井上道義、大阪フィルハーモニー交響楽団

Special Contentsmore

シュガーヒル・ギャング来日記念特集~長谷川町蔵×大和田俊之が語るヒップホップの姿
シュガーヒル・ギャング来日記念特集~長谷川町蔵×大和田俊之が語るヒップホップの姿
ヒップホップ / ラップを世界に知らしめた伝説的ユニットが遂に来日!
デヴィッド・T.ウォーカー来日記念企画、ファンから集まった質問への返答が到着
デヴィッド・T.ウォーカー来日記念企画、ファンから集まった質問への返答が到着
モータウン黄金期を築いた世界一ソウルフルなギタリストからの返答は読みごたえあり
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
2018年3月19日、東京Zepp DiverCityにてLIVE vol.1開催決定!詳細は1月12日発表。
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
私の目指すシンガーに、ホイットニー・ヒューストンがいる
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
「日本のバンド=和楽器バンド」に辿り着きたい。
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
【HOT 100】、【HOT ALBUMS】、【TOP ARTIST】年間ランキングを詳しく解説。
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
100タイトルの中から音楽ライターの熊谷美広氏が「初心者でも楽しめる作品」、「マニア垂涎の作品」を5枚ずつピックアップ
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
なぜ、いまポールがソウル・クラシックスのカバーに挑むのか? 増田勇一が解説。

Chartsmore