Billboard JAPAN


Daily News

井上実優 8月に『Shake up -EP』リリース決定

  • 井上実優「井上実優 8月に『Shake up -EP』リリース決定」1枚目/2
  • 井上実優「」2枚目/2

 19歳女性シンガー 井上実優が、6月14日に出身地である福岡で行われたイベントライブの中で、8月23日にメジャー2作目となる『Shake up -EP』をリリースすると発表した。

 絢香、YUI、家入レオ、chayら有名アーティストを数多く輩出した“音楽塾ヴォイス”出身で、昨年春まで過ごした地元のラジオ局 FM福岡でデビュー曲「Boogie Back」が4月度POWER PLAYに選ばれたことを記念してライブハウス ROOMSで数多くの応募者の中から選ばれた80人を招待して行われた“FM FUKUOKA パワープレイ ライブ&トーク”。ライブでは「Boogie Back」や、昨年7月に人生初ライブとなる日本武道館のステージで披露したバラード「I will be your love」、井上実優がリスペクトする秦 基博のカバー曲「鱗」などを披露した後のライブ終盤、MCで「本日は重大なお知らせがあります。8月23日に『Shake up-EP』をリリースすることが決定しました! このことを大好きな地元福岡で最初に伝えたくてうずうずしていました!」と発表、さらにサプライズで「今日ここでタイトル曲の「Shake up」を初披露させて頂きたいと思います!」と続けると会場は大きな拍手で包まれた。

 爽やかでポップな可愛いらしい、夏にぴったりな応援ソング『Shake up』を初披露とは思えないほど堂々歌い上げると、会場は手拍子で一体となってこの日最大の盛り上がりを見せた。本楽曲の音源、MVの解禁、新アーティスト写真、ジャケット写真の公開、そしてカップリング曲などの商品概要発表は、7月に入ったら追って行われる予定だが、この夏井上実優の動きから目が離せない。

 なおこのイベントライブの模様は、7月2日 19時~19時30分に、FM福岡にて特別番組「FM FUKUOKAサンデースペシャル ライブ&トーク 井上実優」としてダイジェストで放送される。


◎井上実優 コメント
デビューシングル『Boogie Back』に続き、新作『Shake up -EP』をこの夏にリリースすることになりました。
デビュー作とは一転して、爽やかでポップな可愛いらしい応援ソングとなっています。
「自分に自信が持てない人の背中を押すような」、「素の自分をちゃんと愛せるような」、この楽曲が多くの人の自信に繋がるきっかけになれたら嬉しいです。
どうぞ応援よろしくお願いします!

この空の果て
井上実優「この空の果て」
2018/02/07
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
Shake up EP
井上実優「Shake up EP」
2017/08/23
[CD]
¥1,296(税込)
購入画面へ
Shake up EP
井上実優「Shake up EP」
2017/08/23
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
Boogie Back
井上実優「Boogie Back」
2017/04/19
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
Boogie Back
井上実優「Boogie Back」
2017/04/19
[CD]
¥1,296(税込)
購入画面へ
Boogie Back
井上実優「Boogie Back」
2017/04/19
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

もしもビルボードジャパンチャートが30年前からあったら?~KUWATA KEISUKE~
もしもビルボードジャパンチャートが30年前からあったら?~KUWATA KEISUKE~
ソロ・デビュー30周年となる桑田佳祐の代表曲が“今と同じリスニング環境”であると仮定したチャート分析。
ジャミーラ・ウッズ 来日直前インタビュー
ジャミーラ・ウッズ 来日直前インタビュー
「様々な制圧に自分の詩や音楽で立ち向かっていきたい」
特集:OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND~ロック・スピリットを持つアコースティック・バンドの魅力
特集:OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND~ロック・スピリットを持つアコースティック・バンドの魅力
彼らにしかなし得ない音楽を追求し続けるOAUに迫る。
ポール・スタンレー来日記念インタビュー~KISSのフロントマンはなぜソウルを歌うのか
ポール・スタンレー来日記念インタビュー~KISSのフロントマンはなぜソウルを歌うのか
「ハードロックと同じくらい私にとっては大切なんだ。」
LIVE HACKASONG
LIVE HACKASONG
“エンタテインメント体験の拡張”をテーマにしたロングランハッカソン。観覧席予約受付中
「ピアノで歌う」― 村松崇継 インタビュー
「ピアノで歌う」― 村松崇継 インタビュー
アーティストとしての活動する上での信念や思い描くビジョンを語る。
ギター・マガジン編集部にインタビュー「“出会い事故”みたいなものが本を読んで起きたら嬉しい」
ギター・マガジン編集部にインタビュー「“出会い事故”みたいなものが本を読んで起きたら嬉しい」
「どういうスタイルや姿勢で僕らが本を作っているのか、もっと知ってもらう必要がある」
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
2018年3月19日、東京Zepp DiverCityにてLIVE vol.1開催決定!詳細は1月12日発表。

Chartsmore