Billboard JAPAN


Daily News

ザ・レジデンツ、最新作は鉄道がテーマ! 32年ぶりの来日公演の内容も明らかに

  • ザ・レジデンツ「ザ・レジデンツ、最新作は鉄道がテーマ! 32年ぶりの来日公演の内容も明らかに」1枚目/1

 ニュー・アルバム『ゴースト・オブ・ホープ』を2017年3月25日に発売するアート・ロック・グループ、ザ・レジデンツ。32年ぶりの来日公演も決定している彼らの新作は鉄道愛と鉄道事故がテーマだ。

 『デス・バイ・トレイン』という1800年代後期から1900年代初期にかけて起きた鉄道による死亡事故を報じた新聞記事を集めた本からインスパイアされたという。この本で紹介されている事故や他の事件を音楽的に解釈し、実際の記事や目撃証言で使われている言葉を歌詞に使った。

 「彼らは鉄道に関する作品を作りたいずっと話していたんだ」とザ・レジデンツのマネージャーで、彼らの会社クリプティック・コーポレーション社長のホーマー・フリンが米ビルボードに語った。「特にメンバーの1人が子供の頃から大の鉄道好きなんだ。彼らはクラフトワークの“ヨーロッパ特急”のファンだったけれど、自分たちのプロジェクトとしてどういう切り口でやればいいのか決めかねていた。でもずっと考え続けていたんだ」と彼は説明する。

 『デス・バイ・トレイン』がそのきっかけとなったのは、彼らが「あの時代の雄弁な言葉遣いと、記載されている事件の凄惨さとの並列にとても興味をそそられた」からだと話す。

 サウンド的には、「最近のものよりは、1979年のアルバム“エスキモー”に近いと思う。サウンドスケープに物語を入れ込むという観点から、当時掘り下げたアイデアの他にも検証したかったことがあったみたいで、今回の作品は似たようなサウンドスケープを全く違うコンセプトで探るいい機会になったようだ」と彼は説明する。

 『ゴースト・オブ・ホープ』には、各曲の物語に関する詳細や写真などが収められた小冊子がついてくる。ミュージック・ビデオも今後リリースされる予定だ。

 また、32年ぶりの来日公演についてフリンは、「古い曲が中心のステージになるけれど、彼らは公演用のビデオも新たに制作している。“夢”をテーマに、過去の楽曲の中から夢のような作品を披露するだろう」と話している。


◎The Residents' Ghost Of Hope Intro
https://youtu.be/ojPHSg1San0

◎リリース情報
『ゴースト・オブ・ホープ』
ザ・レジデンツ
2017/03/25 RELEASE
2,700円(plus tax)

コマーシャル・アルバム
ザ・レジデンツ「コマーシャル・アルバム」
2010/02/17
[CD]
¥2,571(税込)
購入画面へ
エスキモー
ザ・レジデンツ「エスキモー」
2010/02/17
[CD]
¥2,571(税込)
購入画面へ
ノット・アヴェイラブル
ザ・レジデンツ「ノット・アヴェイラブル」
2010/02/17
[CD]
¥2,571(税込)
購入画面へ
ダック・スタブ、バスター&グレン
ザ・レジデンツ「ダック・スタブ、バスター&グレン」
2010/01/20
[CD]
¥2,571(税込)
購入画面へ
フィンガープリンス
ザ・レジデンツ「フィンガープリンス」
2010/01/20
[CD]
¥2,571(税込)
購入画面へ
ザ・サード・ライヒンロール
ザ・レジデンツ「ザ・サード・ライヒンロール」
2009/12/09
[CD]
¥2,571(税込)
購入画面へ
ミート・ザ・レジデンツ
ザ・レジデンツ「ミート・ザ・レジデンツ」
2009/12/09
[CD]
¥2,571(税込)
購入画面へ
ミニチュアーズ ONE + TWO
(オムニバス) ザ・レジデンツ モーガン・フィッシャー ロバート・ワイアット フレッド・フリス マギー・ニコルス ザ・ワーク ロル・コックスヒル「ミニチュアーズ ONE + TWO」
2008/08/25
[CD]
¥3,240(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

もしもビルボードジャパンチャートが30年前からあったら?~KUWATA KEISUKE~
もしもビルボードジャパンチャートが30年前からあったら?~KUWATA KEISUKE~
ソロ・デビュー30周年となる桑田佳祐の代表曲が“今と同じリスニング環境”であると仮定したチャート分析。
ジャミーラ・ウッズ 来日直前インタビュー
ジャミーラ・ウッズ 来日直前インタビュー
「様々な制圧に自分の詩や音楽で立ち向かっていきたい」
特集:OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND~ロック・スピリットを持つアコースティック・バンドの魅力
特集:OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND~ロック・スピリットを持つアコースティック・バンドの魅力
彼らにしかなし得ない音楽を追求し続けるOAUに迫る。
ポール・スタンレー来日記念インタビュー~KISSのフロントマンはなぜソウルを歌うのか
ポール・スタンレー来日記念インタビュー~KISSのフロントマンはなぜソウルを歌うのか
「ハードロックと同じくらい私にとっては大切なんだ。」
LIVE HACKASONG
LIVE HACKASONG
“エンタテインメント体験の拡張”をテーマにしたロングランハッカソン。観覧席予約受付中
「ピアノで歌う」― 村松崇継 インタビュー
「ピアノで歌う」― 村松崇継 インタビュー
アーティストとしての活動する上での信念や思い描くビジョンを語る。
ギター・マガジン編集部にインタビュー「“出会い事故”みたいなものが本を読んで起きたら嬉しい」
ギター・マガジン編集部にインタビュー「“出会い事故”みたいなものが本を読んで起きたら嬉しい」
「どういうスタイルや姿勢で僕らが本を作っているのか、もっと知ってもらう必要がある」
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
2018年3月19日、東京Zepp DiverCityにてLIVE vol.1開催決定!詳細は1月12日発表。

Chartsmore