Billboard JAPAN


Special

特撮 『パナギアの恩恵』 インタビュー

特撮 『パナギアの恩恵』 インタビュー

特撮 7年ぶりのオリジナルアルバムは明るい詞に哀愁のメロディ

昨年5年ぶりの復活を果たし、超名盤と誉れ高いアルバム『5年後の世界』を発表した特撮が、まさかの新作リリース! 強靭な奏者が腕を揮った圧倒的な音像と、大槻ケンヂ(vo)が描く唯一無二の世界観で、再び音楽ファンを圧倒する。
という訳で今回はオーケンへソロインタビューを敢行。GN'RやももいろクローバーZ、映画にDJ ケミカルなどのあまねく雑談から、自分で受けているというジャケット写真についてまで。サービス精神全開で語ってもらった。

ガンズ・アンド・ローゼズの来日は謎

--2012年は筋肉少女帯としての活動も多かったので、まさか前作『5年後の世界』から1年半で新作が完成するとは思っていませんでした。

大槻ケンヂ:何にも決まってなかったんですよ。そもそも、みんな他のバンドもやったりで忙しいので会うタイミングもないし、パーマネントなバンドって感じでもないじゃないですか。でも、何となくタイミングが合ったんでしょうね。

--今年1月の東名阪ツアーでの手応えが……的な話ではなく?

大槻ケンヂ:それはもちろんだけど、あの……、バンドって意外に自発的に「アルバム出そうよ」って感じでもないんですよね(笑)。インディーズだと違うこともあるけど、例えばメーカーさんの都合とか、そういうことも含めての“タイミングが合った”です。

--でも大槻さんはもちろん、他のメンバーの皆さんも多忙を縫って……

大槻ケンヂ:ナッキー(=NARASAKI / g)は今作のレコーディング中に、ちょうどももクロちゃんの「黒い週末」を作ってましたね。ARIMATSU(dr)はVAMPSとOBLIVION DUSTだけど、とにかくVAMPSが強烈な勢いでライブやってますよね。Zepp Tokyoで13日間とか殆ど連続でやってたりしたんでしょ? 凄いよねぇ。僕とエディ(=三柴理 / key,p)も筋肉少女帯をやってますし!

--そういえばガンズ・アンド・ローゼズが年明けに来日するんですよね。

大槻ケンヂ:立ち見で17,500円、2階席が25,000円でしょ? しかも突然一日だけって……。誰が呼んだんだろう? たぶんアクセル・ローズが日本で見たい所とかがあって、「行くならライブもやりたいんだよね」みたいなことを言ったんじゃないかな~。そんなに儲かるとも思えないし、あれは謎ですよね。だってディナーショーの方が高いでしょ? それに比べたら全然安いし……。

--ガンズのディナーショーっていいですね! ホテルニューオータニとかで。

大槻ケンヂ:まァたまにありますよ、「何だろうコレ?」っていうライブ。大概ね、そういうのってミュージシャンから自発的に動いているケースじゃない場合もあるね(笑)。関係ないけど、昔はロック雑誌のインタビューもリリースタイミングに合わせているとは思ってなかったんですよ。「出稿があるから、広告が載るからなのか……」って知ったのは20代半ばくらいかもしれない(笑)。素直なロックファンだったから。

『5年後の世界』発表以降の傾向

--そういえば筋少でも対バンし、「労働讃歌」では歌詞も提供したももクロちゃんが、遂に紅白出場ですよ!

大槻ケンヂ:僕は1曲しか書いてないですし、ももクロちゃんにも2回しか会ってないんですよ。でも、「労働讃歌」とかナッキーの書いた「ピンキージョーンズ」とかで出てくれたら、親戚が喜びますね。「これ、俺が書いたんだよー」って自慢できますよ(笑)。

--2011年の『5年後の世界』発表以降、若いファンがついてきている感がありますが、音楽の垣根がなくなってきている実感はありますか?

大槻ケンヂ:リスナーっていうのは自分が聴いているものしか聴いていないんですよ。それは確実に言えることで、アニソンを聴いている人はアニソンしか聴いてないし、洋楽なら洋楽だけ、R&Bでもロキノンバンドでも、みんなそうですよね? それが最近ボーダーレスになりつつあって、新しく聴き始めているような気がしています。僕が他のバンドをやっていたり、小説を書いていたり。他のメンバーのアザーワークス、作品からリンクして特撮に辿り着いて、好きになってくれる人もいる。それはウェブ社会の良い所ですよね。

--やっぱり悪い所も目立つ?

大槻ケンヂ:人間の品性はこんだけ低いものなのかって全部開示されちゃったじゃないですか。匿名の書き込みとか。それは革命的に良くないことでしたよね。前に北野誠さんが芸能界から一時期干されちゃった時期があったじゃないですか。彼のラジオ番組はネット社会以前の掲示板の役割をしていたんですけど、……あの番組は僕もよく出てたんですよ。

その役割がネットに淘汰されたというか。ラジオを聴いているリスナー、そしてイベントに来る人のみのクローズっていう建前でやってたんだけど、ウェブが発展してクローズじゃなくなっちゃった。本来クローズドであるべき言動や情報ばかりが拡散して、本当に自分の音楽を発信しようとしている人たちの作品がなかなか拡散しないという現状はもどかしい所ですよね。

--それはご自身の音楽で感じる時も?

大槻ケンヂ:と言ってもネットをやらないので、自分の音楽がどういうふうに人々に拡散していっているのか、その流れがわかんないんですよね。みんな今、何でオーケンの音を知ってくれているんだろ?

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. ナッキーから「良いリリックです」ってほめてもらいました
  3. Next >
ナッキーから「良いリリックです」ってほめてもらいました

--そしてこのたび完成した新作『パナギアの恩恵』ですが、1曲目「薔薇園 オブ ザ デッド」の歌詞に出てくるマンドラゴラは、先ほど仰っていたような現代における二面性のオマージュに……

大槻ケンヂ:(遮るように)「薔薇園 オブ ザ デッド」に関しては皆さん深読みして下さるんですけども、ゆうたら一番深い意味がない歌詞なんです。どちらかというと言葉遊び系の歌詞なんですよ。“マンドラゴラ 抜いたろこら”って駄ジャレなんだけど、ナッキーから「良いリリックです」ってほめてもらいました(笑)。

今回は物語調の曲が多いんですよ。だから「何だか意味が分かりませんね」っていう歌詞を1曲入れようと思って最後に作ったんです。意味が分からないけど何かを言わんとしているんだな、っていう雰囲気や気配だけで聴かせる歌詞って1曲は必要なんですよ、アルバムには。

--不規則な言葉の羅列の中で、リスナーそれぞれが己の記憶とすり合わせてストーリーを作っていける曲だと?

大槻ケンヂ:「薔薇園 オブ ザ デッド」の曲を聴いた時にね、Stalinで行こうって思ったんですよ。遠藤ミチロウさんの歌詞のいくつかのみたいに、全部を通して聴いてみても意味が難解である。だけど何かもの凄く伝わってくるものがあるっていう。映画で言ったら『2001年宇宙の旅』、『ヱヴァンゲリヲン』的なね。意図的に分からなくしているって類の曲ですね。

--また、今作は耽美的なサウンドが多いですよね。

大槻ケンヂ:そうですか? これはNARASAKIさんの心象風景による所が多いんじゃないかな。僕は今回、明るい詞にしたいって言ったんですよ、ハッピーにしたいって。それでNARASAKIさんが作ってきた曲が、みんな哀愁を帯びてた。プラスマイナスみたいなもので、明るい詞には哀愁のあるメロディの方が、逆に味わいを出せるっていう方法、技術みたいですよ。

--……でも明るい詞ってありますか?

大槻ケンヂ:多いですよ! 4曲目「GO GO! マリア」は誕生の歌だし、7曲目の「鬼墓村の手毬歌」は前に作った曲だからアレだけど、9曲目「じゃあな」は少年少女の門出を祝う曲ですし。最後の「ミルクと毛布」だって安らぎの子守唄で……。あ、今考えたら全10曲なんですね。

--今気付いたんですか?(笑) でも、それで言うと宣伝資料に“7年ぶりとなるオリジナルアルバム”って書いてあってビックリしましたよ。「あれ、『5年後の世界』は?」って。

大槻ケンヂ:あれはセルフカバーも入ってたので……。ま、僕はオリジナルな気持ちで作ったんだけどね……(笑)。謳い文句は多い方がいいんですよね。

物語調の大作二篇を映画化するのなら

--先ほど物語調が多いと仰ってましたが、3曲目「タイムトランスポーター2「最終回ジャンヌダルク護送司令・・放棄」」と8曲目「13歳の刺客 エピソード1」は、サウンドも歌詞も様々な展開がある大作になってます。

大槻ケンヂ:この2曲は映画化して欲しいですね。「13歳の刺客 エピソード1」が映画化されたら、おそらく樋口真嗣さんが撮ることになる気がする(笑)。「タイムトランスポーター2」はリュック・ベッソン監督のジェイソン・ステイサム主演でね。ジャンヌダルク役は……今だったら『キック・アス』に出てたクロエ・グレース・モレッツ辺りがいいんじゃないかなァ。

--この2曲の歌詞はどのようにして完成していったのでしょうか?

大槻ケンヂ:「タイムトランスポーター2」は結局世界が消滅する歌で、“ジャンヌダルクを護送しろ”という話ですよね。で、歌詞を書いた後にジャンヌダルクの本を幾つか読んで思ったんですよ、“これはいつの状況だったんだろう?”って。
それはジャンヌが火刑にかけられる前夜なのか。あるいはジャンヌと共にフランス軍が攻めてくる中、イギリス兵たちがやられる前に……ってことなのか。あと、ジャンヌダルクを護送するとタイムパラドックスが起こって世界が消滅するのは何故なのか。あるいはね! ジャンヌが実際に魔女で、それがバレることを神々が恐れて……みたいな、永井豪先生の『デビルマン』的な世界とかを皆さんで考えて頂けるとね。

--では「13歳の刺客 エピソード1」はどうでしょう?

大槻ケンヂ:“元禄時代”とか適当でいいですよね(笑)。もしかしたら徳川綱吉が殺されたのかもしれない。そうすると歴史が変わるから、そこに「タイムトランスポーター2」のジャンヌダルクがかかってくるのかもしれない! ……でもジャンヌダルクって応仁の乱の頃の話なんだよなァ。

--そういう設定は、歌詞を書く段階では考えていないのでしょうか?

大槻ケンヂ:いや、色々考えますよ。前作『5年後の世界』はちょうど東日本大震災が起きた辺りで作ってたんですけど、「霧が晴れた日」なんかは原発事故を思わせるような曲でしたよね。で、「GO GO! マリア」に出てくる瓦礫っていうのは、東北の瓦礫ですかね。
そこから新しい生命が生まれて……って解説しちゃうと腑に落ちちゃうんだけど、“音楽を 風や太陽を”って歌詞は原発に代わるものってことですかね。それで再生して新しい未来に繋げていくっていうのは、前作からの繋がりなんですよね。最後に“一足飛びに未来へ”ってありますけど、僕は今までそんなことを歌わなかったですからね、明るいね。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 芸事はキャリアが何の意味も持たない仕事
  3. Next >
芸事はキャリアが何の意味も持たない仕事

--それは東日本大震災以降で変化した所なのでしょうか?

大槻ケンヂ:それもあるけど、大人になると世の中が暗いのは嫌だなって思うんですよね。実際、暗い事件や酷い事が多いじゃないですか。……だから今日良いなって思ったのは、FUNKY MONKEY BABYSのDJ ケミカルさんが実家のお寺の住職になるって話。あれは良いな~(笑)。ほっこりしましたよね。アレはケミカルさんだから良いんだろうなァ。

--ちなみに大槻さんが音楽を辞めようと思ったことは……

大槻ケンヂ:ありますよ! 芸事っていうのは心が折れることの連続ですよ。これはかまやつひろしさんが言ってたんだけど、キャリアが何の意味も持たない仕事っていうね。どんだけキャリアを積み上げても、若い人にはまだ未知であることのある世界ですからね。

--では続いて5曲目「桜の雨」。この曲は今までにないアプローチの中で、奏者の凄味が存分に発揮された意欲作になっています。

大槻ケンヂ:ナッキーが今回はシンプルにしようって言ってて、4人以外の楽器が殆どないんだよね。多少ストリングスはあるけど、ミニマルミュージック的な感じというか。……歌うのが難しいんですよ(笑)。

--確かに挑戦的な曲も多いですよね。「じゃあな」の前半パートではARIMATSUさんが凄い熱量で叩いてますし。

大槻ケンヂ:「じゃあな」は大好きな曲でね、メロだけ抜くと唱歌みたいな、正に中学校や高校の卒業式で歌うようなメロディなんです。だから、そういう所で歌ってくれないかな~って。ピアノ伴奏でやったりすると、絶対良いと思う。僕は今、アコースティックギターでフォーク調にして練習中です。

--近年はソロとして弾き語りでのライブなども行っていますが、そうした活動が本作に影響を与えた部分は?

大槻ケンヂ:「ミルクと毛布」は僕が生まれて初めてギターで作った曲なんです。弾き語り練習ツアーみたいなのをやってるんですけど、そこで先に歌っていたんですよ。ギター習いたてだし複雑なコードも知らないので、手癖で弾いてるんですね。みんなは凝った曲を作ってくるから、デモテープ出しの時はちょっと照れてしまったね。

オーケンびっくり!? 今作はジャケもスゴい!

--と、色々伺ってきましたが、今作はジャケットも含めて耽美な世界観が……

大槻ケンヂ:(遮るように)ジャケットがさぁ! 僕ね、10年前だったらこれ「勘弁してくれ!」って止めてる(笑)。僕はよく、半分ネタ半分マジで“ヴィジュアル系の元祖”って言ってるけど、今回マジV系みたいだよね。『FOOL'S MATE』の表紙みたいコレ。ギョヘー!って思ったんだけど、46歳にもなるとそのびっくり感がもう笑っちゃうんだよね。

--このジャケ好きですよ?(笑)

大槻ケンヂ:僕も好きです。20年来の女性ファンの脳内のオーケンはこうなんだと思うしね。そういう意味合いでは、まァ夢を与える仕事ですからアリなのかと思うけど、自分でハードル上げてどうすんだって(笑)。
だって若い子がさ、「アラ! このボーカル、つるつるお肌の素敵な男性!」って思ってライブに来てくれてさ、46歳の生のオーケンが出てきたら「このオジさんは何!?」ってなるじゃないですか(笑)。

今まで色んな作品を出してきたんですけど、正直やっちまったなー!って思ったジャケは筋肉少女帯『シーズン 2』以来で。あの時はキッス『地獄の軍団』のパロディをやったら、ちょっとバカジャケっぽくなっちゃって「やっちまったー!」って思ったんですけど、特撮でもやっちまうとはね。でも、インパクトがあっていいねっ! 気に入ってます。

--確かにCD屋に陳列されたら異彩を放ちますね(笑)。

大槻ケンヂ:あとね、このメイクをしてくれているチームって、『ロンドンハーツ』で“ビューティフル女芸人 奇跡の1枚”ってコーナーがあるじゃない? アレを担当している所なんですよ。(『パナギアの恩恵』のジャケットを指差しながら)……オーケンの奇跡の1枚。

--そのキャッチコピー最高ですね!

大槻ケンヂ:いいことですよ。意外にメンバーはフツーに気にいってるんだよねぇ。エディも「凄く良い!」って言っていたなぁ。それにありまっちゃんもさァ、昔はちょいコワそうな兄貴キャラだったのがVAMPSとかオブリとかV系の人たちとやってるから本当にかっこよくなっちゃったんだよね。一番ジャケに対応してる。素晴らしいね。

--しかも今作には、ベースとしてOBLIVION DUSTのRIKIJIさんも参加されていますしね。そんな1作を引っ提げたライブも控えていますが?

大槻ケンヂ:ノリも大事だけど自分が楽しめるライブをやってみたいよね。自分が楽しむってなかなかハードルが高いんだ。

特撮「パナギアの恩恵」

パナギアの恩恵

2012/12/12 RELEASE
KICS-1853 ¥ 2,934(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.薔薇園 オブ ザ デッド
  2. 02.くちびるはUFO
  3. 03.タイムトランスポーター2「最終回 ジャンヌダルク護送司令・・放棄」
  4. 04.GO GO! マリア
  5. 05.桜の雨
  6. 06.Arion~Hommage a Claude Debussy
  7. 07.鬼墓村の手毬歌 (Short Edit Ver.)
  8. 08.13歳の刺客 エピソード1
  9. 09.じゃあな
  10. 10.ミルクと毛布

関連商品

20thアニバーサリー・リベンジャーズ
特撮「20thアニバーサリー・リベンジャーズ」

2022/02/06

[Blu-ray Disc]

¥9,000(税込)

Agitator
特撮「Agitator」

2020/10/28

[CD]

¥1,980(税込)

ヌイグルマー
特撮「ヌイグルマー」

2020/10/28

[CD]

¥1,980(税込)

夏盤
特撮「夏盤」

2017/06/28

[CD]

¥2,310(税込)

オムライザー
特撮「オムライザー」

2017/06/28

[CD]

¥2,530(税込)

ウインカー
特撮「ウインカー」

2016/02/03

[CD]

¥3,565(税込)

ウインカー
特撮「ウインカー」

2016/02/03

[CD]

¥3,056(税込)

Agitator
特撮「Agitator」

2015/03/04

[CD]

¥2,530(税込)

ヌイグルマー
特撮「ヌイグルマー」

2015/03/04

[CD]

¥2,530(税込)

爆誕
特撮「爆誕」

2015/03/04

[CD]

¥2,530(税込)

you!
Thunder You Poison Viper 内田雄一郎 三柴理 長谷川浩二「you!」

2014/12/24

[CD]

¥2,547(税込)

シネマタイズ(映画化)
特撮「シネマタイズ(映画化)」

2014/01/22

[CD]

¥1,257(税込)

ヌイグルマーZ
特撮×中川翔子「ヌイグルマーZ」

2014/01/22

[CD]

¥1,257(税込)

パナギアの恩恵
特撮「パナギアの恩恵」

2012/12/12

[CD]

¥2,934(税込)

ピアニズムⅡ
三柴理「ピアニズムⅡ」

2009/11/18

[CD]

¥3,190(税込)

ミッドナイト・プラグレス・カフェ
大槻ケンヂ「ミッドナイト・プラグレス・カフェ」

2009/04/22

[CD]

¥2,934(税込)

アジテーター
特撮「アジテーター」

2008/12/10

[CD]

¥2,305(税込)

ヌイグルマー
特撮「ヌイグルマー」

2008/12/10

[CD]

¥2,305(税込)

初めての特撮 P.V.4+X
特撮「初めての特撮 P.V.4+X」

2002/11/21

[DVD]

¥3,300(税込)

パティー・サワディー
特撮「パティー・サワディー」

2002/11/07

[CD]

¥1,100(税込)

対自核 -自己カヴァー
大槻ケンヂ「対自核 -自己カヴァー」

2002/08/07

[CD]

¥3,204(税込)

アジテーター
特撮「アジテーター」

2001/09/27

[CD]

¥3,204(税込)

ヨギナクサレ
特撮「ヨギナクサレ」

2001/07/25

[CD]

¥1,320(税込)

ヌイグルマー
特撮「ヌイグルマー」

2000/10/25

[CD]

¥3,204(税込)

ジェロニモ
特撮「ジェロニモ」

2000/09/27

[CD]

¥1,320(税込)

大槻ケンヂ オーケン・ベスト
大槻ケンヂ「大槻ケンヂ オーケン・ベスト」

1998/11/21

[CD]

¥3,132(税込)

アオヌマシズマ
大槻ケンジ・ソロ・プロジェクト 大槻ケンヂ「アオヌマシズマ」

1998/05/21

[CD]

¥2,138(税込)

わたくしだから
大槻ケンヂ「わたくしだから」

1996/08/21

[CD]

¥2,621(税込)

プカプカ/パヤパヤ
大槻ケンヂ「プカプカ/パヤパヤ」

1996/08/07

[CD Single]

¥975(税込)

ONLY YOU
大槻ケンヂ「ONLY YOU」

1995/03/08

[CD]

¥3,204(税込)

Agitator
特撮「Agitator」

2020/10/28

[CD]

¥1,980(税込)

ヌイグルマー
特撮「ヌイグルマー」

2020/10/28

[CD]

¥1,980(税込)

ONLY YOU +2
大槻ケンヂ「ONLY YOU +2」

2019/03/27

[CD]

¥2,241(税込)

綿いっぱいの愛を!
特撮「綿いっぱいの愛を!」

2017/06/28

[CD]

¥2,530(税込)

夏盤
特撮「夏盤」

2017/06/28

[CD]

¥2,310(税込)

オムライザー
特撮「オムライザー」

2017/06/28

[CD]

¥2,530(税込)

ウインカー
特撮「ウインカー」

2016/02/03

[CD]

¥3,565(税込)

ウインカー
特撮「ウインカー」

2016/02/03

[CD]

¥3,056(税込)

Agitator
特撮「Agitator」

2015/03/04

[CD]

¥2,530(税込)

ヌイグルマー
特撮「ヌイグルマー」

2015/03/04

[CD]

¥2,530(税込)

爆誕
特撮「爆誕」

2015/03/04

[CD]

¥2,530(税込)

you!
Thunder You Poison Viper 内田雄一郎 三柴理 長谷川浩二「you!」

2014/12/24

[CD]

¥2,547(税込)

シネマタイズ(映画化)
特撮「シネマタイズ(映画化)」

2014/01/22

[CD]

¥1,257(税込)

ヌイグルマーZ
特撮×中川翔子「ヌイグルマーZ」

2014/01/22

[CD]

¥1,257(税込)

パナギアの恩恵
特撮「パナギアの恩恵」

2012/12/12

[CD]

¥2,934(税込)

ミッドナイト・プラグレス・カフェ
大槻ケンヂ「ミッドナイト・プラグレス・カフェ」

2009/04/22

[CD]

¥2,934(税込)

アジテーター
特撮「アジテーター」

2008/12/10

[CD]

¥2,305(税込)

ヌイグルマー
特撮「ヌイグルマー」

2008/12/10

[CD]

¥2,305(税込)

ピアニズム
三柴理「ピアニズム」

2002/11/21

[CD]

¥2,750(税込)

初めての特撮 P.V.4+X
特撮「初めての特撮 P.V.4+X」

2002/11/21

[DVD]

¥3,300(税込)

パティー・サワディー
特撮「パティー・サワディー」

2002/11/07

[CD]

¥1,100(税込)

対自核 -自己カヴァー
大槻ケンヂ「対自核 -自己カヴァー」

2002/08/07

[CD]

¥3,204(税込)

アジテーター
特撮「アジテーター」

2001/09/27

[CD]

¥3,204(税込)

ヨギナクサレ
特撮「ヨギナクサレ」

2001/07/25

[CD]

¥1,320(税込)

ヌイグルマー
特撮「ヌイグルマー」

2000/10/25

[CD]

¥3,204(税込)

ジェロニモ
特撮「ジェロニモ」

2000/09/27

[CD]

¥1,320(税込)

大槻ケンヂ オーケン・ベスト
大槻ケンヂ「大槻ケンヂ オーケン・ベスト」

1998/11/21

[CD]

¥3,132(税込)

アオヌマシズマ
大槻ケンジ・ソロ・プロジェクト 大槻ケンヂ「アオヌマシズマ」

1998/05/21

[CD]

¥2,138(税込)

わたくしだから
大槻ケンヂ「わたくしだから」

1996/08/21

[CD]

¥2,621(税込)

プカプカ/パヤパヤ
大槻ケンヂ「プカプカ/パヤパヤ」

1996/08/07

[CD Single]

¥975(税込)

ONLY YOU
大槻ケンヂ「ONLY YOU」

1995/03/08

[CD]

¥3,204(税込)