Billboard JAPAN


Special

ムック 『シャングリラ』 インタビュー

ムック 『シャングリラ』 インタビュー

ある意味ベスト的? ムック2年ぶりのアルバム完成

今年で結成15周年と節目を迎えたヴィジュアル系ロックバンド ムック。欧米やアジア諸国からも高く評価され、近年では【ROCK IN JAPAN FESTIVAL】にも出演するなど、ありがちな偏見を壊していく活躍を見せている注目バンドだ。
今回はフロントマン 逹瑯(vo)と、全楽曲の編曲を手掛けるミヤ(g)が登場。2年ぶりの新アルバムを軸に、海外との違いや志磨遼平(ドレスコーズ、ex.毛皮のマリーズ)、そしてロックレジェンドについてなど広く訊いた。

衝撃の1曲「狂乱狂唱~21st Century Baby~」

MUCC 『150秒で分かるニューアルバム「シャングリラ」』
▲MUCC 『150秒で分かるニューアルバム「シャングリラ」』

--初登場の最初の質問にして何なんですが、今回のアルバム『シャングリラ』の8曲目「狂乱狂唱~21st Century Baby~」、これすっごい曲ですね!

逹瑯:そ、そスか?(笑)

--ダブステップっぽいリズムから始まって、歪んだギターにラップともお経とも言えるようなボーカルが重なる。しかも大仰なサビメロやシャウトもあって、最後は王道ロックな展開もと、時代性を超越したサウンドがクロスオーバーしまくってて、1回じゃ処理しきれなくてすぐリピートしましたよ!

逹瑯:ナハハハハ! この曲は俺が作ったんですけど、楽器ができなくて歌をメインに作っていくから、楽器やる人とは違った形になっていく気がします。
カオティックなリズムパターンのAメロはメロディが無く、その朗々としている感じにシャウトが入って。子どものコーラスのメロディがまたシャウトでかき消されて、最終的にはメタルに流れていく……。一定のリズムから最終的にドメタルになるのがいいな~って思ってたらこうなった感じで。

--そうなんですね! それにしても近年のムックは【ROCK IN JAPAN FESTIVAL】にも出演するなど、ヴィジュアル系の括りを超えた活動が目立っています。

ミヤ:それは昔から変わらないですね。ただ、日本は特にジャンルによっての偏見が強い。そう思っている人がいるのは別にいいんですけど、割と良いバンドもいるし、そういうのって海外には全然ないんですよ。偏見がない。そろそろ無くなってもいいんじゃないかなって思いますけどね。例えば自分はヴィジュアル系のライブってあんまり観に行かないし、逆に色んなバンドのライブを観に行くし。

--ムックは海外でのライブも経験していますが、違いは感じますか?

ミヤ:音に対する感覚が、海外の人って凄いフラットなんですよね。ロックバンドのライブの後にアフターパーティを開いてテクノで踊ってたりとか(笑)。それにドイツだったらテクノとか、フランスだったらパンクとかファッション寄りの音楽とか、そういう中でロックバンドのライブも文化の一つになってる。日本は集中しがちなんですよね、ロックバンドが好きならロックのライブにしか行かないとか。より楽しめるっていう意味では、海外の感じは面白いなって。

--ただ、ムックのファンは皆さんの提示する音楽に対して柔軟ですよね。

逹瑯:色んなことをやってきて、それについてきてくれる子が残ってくれてると思う。時代によって入れ替えもあるだろうから、全部合わせたらどんな感じになるんだろうって。お客さんはイーブンな関係性でいいと思うし、自分が聴く側になった時も「今回のアルバムは、まァいいか」って見送ることはありますよね。うちらも極端なことをやってるから、全部の作品で来いよって感じでもないし、ヒットしてくれた時に来てくれればって思うから。

最近、メタルと接近している

--では、最新アルバム『シャングリラ』についてですが、前作からの2年の間にムックは3枚のシングルをリリースしていました。そのイメージがあったので、1曲目「Mr.Liar」を聴いた時は度肝を抜かれました(笑)。

逹瑯:前作『カルマ』の時だとエレクトロサウンドが前に出てて、ヘヴィなギターリフやバンドサウンドがエッセンスに隠れていたと思うんですけど、その比率が逆になっているアルバムだと思うんですね。だから凄くバンドっぽく感じるし、今までの延長線上な感じもするし。

ミヤ:激しい感じの曲と、前作でやってきたアプローチをもっと混ぜてみようというコンセプトだけがあったんですよ。最近、メタルと接近しているんで、やりたいことをやったら自然とこうなった感じですね。

--踊れる要素を残しつつバンドサウンドとして、ムックの音として完成している。これは日本のオリジナルの音楽だと思います。洋楽のコピーではない、非常に日本的な音楽だと。

ミヤ:どの辺でそう思うんですか?

--一つはメロディですね。そしてもう一つが、非常に緻密なサウンドプロダクトになっている点です。細かい隙間まで意識しながら音を重ねていく手法は、日本人が得意な所だと思います。

ミヤ:あ、でも、歌詞とメロディは意識しなくてもそうなってしまいますね。逆に洋楽にはなれないというか、歌詞が日本ならではの表現。日本語には色んな表現があるので、そこは昔からやっていきたい部分というか。
元々洋楽上がりじゃないし、全員J-POPとかフォークソングとかが好きで始めたバンドなので、それが個性でもあるんですよ。フォークにある情緒だったりパンク精神だったりを感じられないと物足りないというか。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 本道でドンズバのセオリーをあんまり知らない
  3. Next >
本道でドンズバのセオリーをあんまり知らない

ムック 『アルカディア featuring DAISHI DANCE』
▲ムック 『アルカディア featuring DAISHI DANCE』

--フォークはちょっと意外でした。

ミヤ:子どもの頃から聴いてましたよ。それに日本だから洋楽とかをあんまり聴ける環境じゃなかったというか。今はインターネットがあるかもしれないですけど、文化としてウェルカムな感じでもないじゃないですか。
アメリカやヨーロッパってまったくそういうのがなくて、おじいちゃんと孫でメタルのライブに行く、みたいな(笑)。当たり前に文化になっていて、それは日本とは違いますよね。それなりのバックボーンというか、洋楽をあまり聴いてこなかったからこそのらしさはあると思います。

逹瑯:メタルって派手で分かりやすくてかっこいいですよね。ショーとして凄く映えると思う。見せ場がはっきりしてるんでワクワクしますよね。それこそ時代劇とかプロレスのエンターテインメント性が近いというか。お約束っちゃあお約束なんですけど、欲しい所で欲しいものをくれるんですよ。

--それはムックの音楽に通じる部分はありますよね。例えば3曲目「アルカディア featuring DAISHI DANCE」も、バンドサウンドの気持ちいい部分と耳新しいダンスビートが、緻密で絶妙なバランスで同期していますし。

ミヤ:ん~……と、その辺は感覚でやってますね。何か、あんまりみんなで計算するようなタイプのバンドじゃないので打ち合わせもしないし。俺が作った曲でも逹瑯の歌詞の方が良さそうだと思ったら頼むし、逆に他のメンバーの曲で俺が歌詞を書く時もある。15年やってるんで、何となく曖昧に共有している部分だと思うんですけど、それが崩れることは今の所あんまりないというか。

--7曲目「ピュアブラック」はYUKKEさん作曲ですが、スウィングジャズっぽいアプローチになったのはミヤさんの意向なのでしょうか?

ミヤ:これはYUKKEが今までのデモで一番作り込んできましたね。あと、鍵盤を弾ける人が入ってくれたので凄い本格的になって、今までみたいな“なんちゃって”の域を超えましたね(笑)。知らないコードばっかりだったし、今回のアルバムの中で一番ギターが難しいんですよ。テクニック的に難しいんじゃなくて、知らないコードを弾かなくちゃいけないという(笑)。

--また、この曲は逹瑯さんのイノセントなボーカルが印象的でした。

逹瑯:この歌詞を書いている主人公のイメージというか、「ピュアブラック」は登場人物のイメージがそういうキャラクターだったのかなァ……。たぶん、ジャズの曲にしてもメタルな曲にしてもダンスな曲にしても、本道でドンズバのセオリーをあんまり知らないから(笑)。自由な発想で形成されていると思うんですよ。“専門で食ってる人だったら……”っていう知識が無いから、自分たちの解釈で好きにやってるんだと。

「あ、結婚式を舞台にしてもいいかも」

--あと、9曲目の「Marry You」を聴いた時、毛皮のマリーズを思い出しました。彼らとは【えん】(※1)で共演されていますよね。

ミヤ:今、言われて思ったんですけど、この曲、志磨くんが歌っててもいいな(笑)。

逹瑯:毛皮のマリーズに結婚ソングがありますよね? 俺、あの曲の歌詞が好きですよ。

--彼らは去年、『THE END』というアルバム名を解禁することで解散を発表。初の武道館を最後に終止符を打った、“まるで人生のような音楽、まるで音楽のような人生”を地で行ったバンドでしたが……

逹瑯:志磨くんってあんまり会話もしてないし勝手なイメージなんですけど、自分の中にある徹底した美学に基づいて動いている人だなって思いますよね。自分にできない生き方だから興味があるし、面白いと思います。
たぶん、俺は真逆。思いつきと瞬発力、動物的な勘やひらめきでしか動いてないから。たぶん変わっていっちゃうんですよ、好きなことものとか思うこととかが。そこを徹底していられない。

ミヤ:僕は1年周期くらいで変わりますね。例えば70年代イメージで生きてきた1年があれば、次は90年代になるとか。コロコロ変わるので、貫き通すことは無理です。ただ、それが完全にバンドとリンクしているので、ロックンロールで自分の人生とバンドが鏡になっている、っていうのはある。
ロックが聴きたい気分の時、メタルが聴きたい時、ジャズが、ブルースが……って気分や季節、時間や温度によって変わる。それってバンドもまったく一緒なんです。色々やりたいことが変わるから色んな曲があるし。

--そういう意味では、「Marry You」の歌詞は5年前の逹瑯さんだったら絶対に書かなかった詞ですよね。

逹瑯:書かなかったですね。頭の中の空気感をみんなに共有してもらいたいって歌詞を考えてた時に、「あ、結婚式を舞台にしてもいいかも」と思ってバーッと書いたんですけど。5年前だったら歌詞云々の前に、曲調や空気感、歌い方の中でこっちに持っていかなかったですね。でも、ずっとこのリズムパターンの曲はやりたいと思ってたんですよ。俺はTHE BLUE HEARTSも昔から大好きで、カラオケで歌う時はこの声色で歌うことが多くて(笑)。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 何かエンドロールになればいいな
  3. Next >
何かエンドロールになればいいな

MUCC 『MOTHER』
▲MUCC 『MOTHER』

--では、ボーカルとしてポイントになった曲はありますか?

逹瑯:最後の「シャングリラ」なんかは肝になってる気がしますね。Aメロの歌い方はあんまりやったことがない一番最新型の歌い方だし、かと思えばサビは昔によくやっていたような搾り出すような歌い方だし。その合わせ技が今回のアルバムを象徴している気もする。

ミヤ:「シャングリラ」はバンドの春夏秋冬を表現したいと思って作ってたらこうなりましたね。最終的に春に戻るんですけど、なんかそういうイメージ。バンドには色んな時代があるじゃないですか、夏っぽい時も秋っぽい時も、15年もやってると色んな時期があるので、そういうイメージで曲を作ったら展開も変わるし表情も変わる。何かエンドロールになればいいなと思って作ってましたね。

--また、最後にはシークレットトラックも存在するそうですが、こちらはどのような楽曲になるのでしょうか?

ミヤ:アルバムを作った後に、最後の最後、ほぼ終わった頃に出てくるネタっていうのが絶対あって。レコーディングからミックスまで全部終わった日の夜に1曲作って、次の日にスタジオに入って1日でミックスまで終わらせることをコンセプトに作った1曲です。「終わって良かった」みたいな打ち上げの曲で、歌詞はあんまり載せられない感じ(笑)。

--……と色々伺ってきましたが、アルバム『シャングリラ』は緻密なサウンドが凝縮された豪華で聴き応えのある1枚だと思います。今のシーンにはムックと同じように、本当に素晴らしい作品を完成させているバンドがたくさんいると思うのですが、反面、セールス面では厳しい状況が続いています。

逹瑯:何か、あんまり緻密になりすぎていくのもよくないと思ってるんですけど。もっと単純なものの方が良い気がするなァ~。だって、分かんない人がみんな聴くんだもん。結局、シンプルなコードでシンプルなメロディって出尽くしているから、アレンジとかで緻密にならざるを得ない気がするんですよね。今は足の踏み場もないような状況だと思う。
でも、鼻歌でフンフンと歌える歌や歌詞ってオケは乗ってないですよね? 他人の鼻歌を聞いて「あ、良い曲だね」って思えるようなものが作れたらいいなァ~って。俺はもっと単純でいいと思ってる。それが一番難しいと思うから、できないかもしれないけど。

日本にはロックレジェンドが少ない?

--では、ミヤさんはいかがでしょう?

ミヤ:分からないです。感じてるとは思うんですけどね、別にいいです。自分が音楽を楽しめていれば。

--不自由していない?

ミヤ:自分の音楽ライフが充実していれば、別にいいです。

--それは聴く上でも作る上でも?

ミヤ:どっちもですね。楽しみながらやれていますね。

--例えば、ムックの音楽をより広く提示したいとは思いませんか?

ミヤ:やりたいことはいっぱいあるんですよ。やっぱり長く商売としてやっていきたいので、より多くの日本人に認められたいなって想いはあります。でも、何か聴き流せる音楽は好きじゃないんですよ。やっぱりその音楽に入り込みたいタイプなので、聴き流せる音楽を自分らがやる必要はないと思う。
ロックバンド……、日本で有名なロックバンドって海外に比べて凄ぇ少ないじゃないですか。有名なメタルバンドっていってもLOUDNESSくらいしか出てこない。日本ももっと盛り上がればいいなって思いますね。

逹瑯:激しくてヘヴィで暴れられるラウドロックで、一番市民権を得ているのはマキシマム ザ ホルモンになるんですかね。

ミヤ:ロックレジェンド的なバンドっている? そうなるとBOφWYとか……

逹瑯B'zじゃない? B'zが2人じゃなくてバンドだったらよかったのかも(笑)。

--今パッと浮かんだのは矢沢永吉さんですね。

ミヤ:あ、でも永チャンはそうですね。それに長渕……、みんなやっぱりソロなんですよね(笑)。バンド力というよりも、1人の人間力でレジェンドになってるというか。メタリカ! とかエアロスミス! とかガンズ! みたいなのがいない。

逹瑯THE YELLOW MONKEYがそうなったかもしれないですよね。吉井さんはやっぱりかっこいい!

--では、アルバム『シャングリラ』はお2人にとってどのような作品に?

逹瑯:これを作って、また「あ、こういうことをやらなくちゃ」っていう所がちょこっと見えたのでよかったと思います。15周年で満足し切らない、大満足まではいかなくて次の課題が見えてきたのが。

ミヤ:知らない人にムックを紹介する名刺代わりとしては一番いいかな。ただ、ディープな所まで迫っているかといったら、そうでもないと思います。ある意味ベスト的な感じで、バンドの分かりやすい側面が入っているので。

--そうなった理由に、レーベル移籍は関係していますか?

ミヤ:それはないですね。ただ、色んなプロデューサーと仕事をしたりとか、意見をもらったりとか、そういう所が凄い影響を与えていますね。今までで一番話し合いをしながらやれているので、メーカーと。だからこういうバランスになった所もあると思います。

Music Video

MUCC「シャングリラ」

シャングリラ

2012/11/28 RELEASE
AICL-2488 ¥ 3,204(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.MR.LIAR
  2. 02.G.G.
  3. 03.アルカディア FEATURING DAISHI DANCE
  4. 04.ニルヴァーナ (SHANGRI-LA EDIT)
  5. 05.ハニー
  6. 06.終着の鐘
  7. 07.ピュアブラック
  8. 08.狂乱狂唱 21ST CENTURY BABY
  9. 09.MARRY YOU
  10. 10.夜空のクレパス
  11. 11.YOU&I
  12. 12.MOTHER
  13. 13.シャングリラ

関連キーワード

TAG

関連商品

新世界 別巻
MUCC「新世界 別巻」

2022/12/21

[CD]

¥2,530(税込)

新世界 別巻
MUCC「新世界 別巻」

2022/12/21

[CD]

¥3,960(税込)

エンドロール
逹瑯「エンドロール」

2022/09/21

[CD]

¥1,500(税込)

新世界
MUCC「新世界」

2022/06/09

[CD]

¥3,520(税込)

新世界
MUCC「新世界」

2022/06/09

[CD]

¥4,950(税込)

新葬ラ謳
ムック「新葬ラ謳」

2017/08/09

[CD]

¥5,114(税込)

新痛絶
ムック「新痛絶」

2017/08/09

[CD]

¥5,114(税込)

COUPLING BEST Ⅱ
ムック「COUPLING BEST Ⅱ」

2017/03/29

[CD]

¥2,750(税込)

BEST OF MUCC Ⅱ
ムック「BEST OF MUCC Ⅱ」

2017/03/29

[CD]

¥3,850(税込)

脈拍
ムック「脈拍」

2017/01/25

[CD]

¥4,180(税込)

脈拍
ムック「脈拍」

2017/01/25

[CD]

¥7,612(税込)

脈拍
ムック「脈拍」

2017/01/25

[CD]

¥3,300(税込)

CLASSIC
ムック「CLASSIC」

2016/09/14

[CD]

¥1,430(税込)

CLASSIC
ムック「CLASSIC」

2016/09/14

[CD]

¥2,530(税込)

CLASSIC
ムック「CLASSIC」

2016/09/14

[CD]

¥1,430(税込)

故に、摩天楼
ムック「故に、摩天楼」

2014/09/10

[CD]

¥1,320(税込)

故に、摩天楼
ムック「故に、摩天楼」

2014/09/10

[CD]

¥1,650(税込)

ENDER ENDER
ムック「ENDER ENDER」

2014/05/28

[CD]

¥1,324(税込)

ENDER ENDER
ムック「ENDER ENDER」

2014/05/28

[CD]

¥1,731(税込)

World’s End
MUCC「World’s End」

2013/10/30

[CD]

¥1,320(税込)

World’s End
MUCC「World’s End」

2013/10/30

[CD]

¥1,320(税込)

World’s End
MUCC「World’s End」

2013/10/30

[CD]

¥1,650(税込)

HALO
ムック「HALO」

2013/09/25

[CD]

¥1,650(税込)

HALO
ムック「HALO」

2013/09/25

[CD]

¥1,282(税込)

シャングリラ
ムック「シャングリラ」

2012/11/28

[CD]

¥7,245(税込)

シャングリラ
MUCC「シャングリラ」

2012/11/28

[CD]

¥3,204(税込)

シャングリラ
MUCC「シャングリラ」

2012/11/28

[CD]

¥3,981(税込)

MOTHER
MUCC「MOTHER」

2012/10/31

[CD]

¥1,282(税込)

MOTHER
MUCC「MOTHER」

2012/10/31

[CD]

¥1,282(税込)

カルマ
ムック「カルマ」

2010/10/06

[CD]

¥3,300(税込)

カルマ
ムック「カルマ」

2010/10/06

[CD]

¥4,180(税込)

フォーリングダウン
ムック「フォーリングダウン」

2010/09/22

[CD]

¥1,100(税込)

フォーリングダウン
ムック「フォーリングダウン」

2010/09/22

[CD]

¥1,760(税込)

約束
ムック「約束」

2010/06/09

[CD]

¥1,430(税込)

約束
ムック「約束」

2010/06/09

[CD]

¥1,320(税込)

約束
ムック「約束」

2010/06/09

[CD]

¥1,760(税込)

フリージア
ムック「フリージア」

2009/11/25

[CD]

¥1,100(税込)

フリージア
ムック「フリージア」

2009/11/25

[CD]

¥1,760(税込)

カップリング・ワースト
ムック「カップリング・ワースト」

2009/08/19

[CD]

¥3,143(税込)

カップリング・ベスト
ムック「カップリング・ベスト」

2009/08/12

[CD]

¥3,143(税込)

球体
ムック「球体」

2009/03/04

[CD]

¥3,143(税込)

球体
ムック「球体」

2009/03/04

[CD]

¥3,981(税込)

球体
ムック「球体」

2009/03/04

[CD]

¥3,981(税込)

空と糸
ムック「空と糸」

2009/01/28

[CD]

¥1,047(税込)

空と糸
ムック「空と糸」

2009/01/28

[CD]

¥1,572(税込)

ライヴクロニクル 2
ムック「ライヴクロニクル 2」

2008/12/24

[DVD]

¥15,715(税込)

アゲハ
ムック「アゲハ」

2008/08/27

[CD]

¥1,047(税込)

アゲハ
ムック「アゲハ」

2008/08/27

[CD]

¥1,572(税込)

志恩
ムック「志恩」

2008/03/26

[CD]

¥3,143(税込)

新世界 別巻
MUCC「新世界 別巻」

2022/12/21

[CD]

¥2,530(税込)

新世界 別巻
MUCC「新世界 別巻」

2022/12/21

[CD]

¥3,960(税込)

エンドロール
逹瑯「エンドロール」

2022/09/21

[CD]

¥1,500(税込)

新世界
MUCC「新世界」

2022/06/09

[CD]

¥3,520(税込)

新世界
MUCC「新世界」

2022/06/09

[CD]

¥4,950(税込)

MUCC「惡」

2020/06/10

[CD]

¥3,300(税込)

MUCC「惡」

2020/06/10

[CD]

¥3,850(税込)

壊れたピアノとリビングデッド
MUCC「壊れたピアノとリビングデッド」

2019/02/13

[CD]

¥3,300(税込)

時限爆弾
MUCC「時限爆弾」

2018/07/25

[CD]

¥1,834(税込)

新葬ラ謳
ムック「新葬ラ謳」

2017/08/09

[CD]

¥3,850(税込)

新痛絶
ムック「新痛絶」

2017/08/09

[CD]

¥3,850(税込)

新葬ラ謳
ムック「新葬ラ謳」

2017/08/09

[CD]

¥5,114(税込)

新痛絶
ムック「新痛絶」

2017/08/09

[CD]

¥5,114(税込)

COUPLING BEST Ⅱ
ムック「COUPLING BEST Ⅱ」

2017/03/29

[CD]

¥2,750(税込)

BEST OF MUCC Ⅱ
ムック「BEST OF MUCC Ⅱ」

2017/03/29

[CD]

¥3,850(税込)

脈拍
ムック「脈拍」

2017/01/25

[CD]

¥4,180(税込)

CLASSIC
ムック「CLASSIC」

2016/09/14

[CD]

¥1,430(税込)

CLASSIC
ムック「CLASSIC」

2016/09/14

[CD]

¥2,530(税込)

CLASSIC
ムック「CLASSIC」

2016/09/14

[CD]

¥1,430(税込)

故に、摩天楼
ムック「故に、摩天楼」

2014/09/10

[CD]

¥1,320(税込)

故に、摩天楼
ムック「故に、摩天楼」

2014/09/10

[CD]

¥1,650(税込)

ENDER ENDER
ムック「ENDER ENDER」

2014/05/28

[CD]

¥1,324(税込)

ENDER ENDER
ムック「ENDER ENDER」

2014/05/28

[CD]

¥1,731(税込)

World’s End
MUCC「World’s End」

2013/10/30

[CD]

¥1,320(税込)

World’s End
MUCC「World’s End」

2013/10/30

[CD]

¥1,320(税込)

World’s End
MUCC「World’s End」

2013/10/30

[CD]

¥1,650(税込)

HALO
ムック「HALO」

2013/09/25

[CD]

¥1,650(税込)

HALO
ムック「HALO」

2013/09/25

[CD]

¥1,282(税込)

シャングリラ
MUCC「シャングリラ」

2012/11/28

[CD]

¥3,981(税込)

MOTHER
MUCC「MOTHER」

2012/10/31

[CD]

¥1,282(税込)

MOTHER
MUCC「MOTHER」

2012/10/31

[CD]

¥1,282(税込)

ニルヴァーナ
MUCC「ニルヴァーナ」

2012/03/07

[CD]

¥1,320(税込)

ニルヴァーナ
MUCC「ニルヴァーナ」

2012/03/07

[CD]

¥1,650(税込)

カルマ
ムック「カルマ」

2010/10/06

[CD]

¥3,300(税込)

カルマ
ムック「カルマ」

2010/10/06

[CD]

¥4,180(税込)

フォーリングダウン
ムック「フォーリングダウン」

2010/09/22

[CD]

¥1,100(税込)

フォーリングダウン
ムック「フォーリングダウン」

2010/09/22

[CD]

¥1,760(税込)

約束
ムック「約束」

2010/06/09

[CD]

¥1,430(税込)

約束
ムック「約束」

2010/06/09

[CD]

¥1,320(税込)

約束
ムック「約束」

2010/06/09

[CD]

¥1,760(税込)

フリージア
ムック「フリージア」

2009/11/25

[CD]

¥1,100(税込)

フリージア
ムック「フリージア」

2009/11/25

[CD]

¥1,760(税込)

球体
ムック「球体」

2009/03/04

[CD]

¥3,143(税込)

球体
ムック「球体」

2009/03/04

[CD]

¥3,981(税込)

球体
ムック「球体」

2009/03/04

[CD]

¥3,981(税込)

空と糸
ムック「空と糸」

2009/01/28

[CD]

¥1,047(税込)

空と糸
ムック「空と糸」

2009/01/28

[CD]

¥1,572(税込)

ライヴクロニクル 2
ムック「ライヴクロニクル 2」

2008/12/24

[DVD]

¥15,715(税込)

アゲハ
ムック「アゲハ」

2008/08/27

[CD]

¥1,047(税込)

アゲハ
ムック「アゲハ」

2008/08/27

[CD]

¥1,572(税込)

志恩
ムック「志恩」

2008/03/26

[CD]

¥3,143(税込)