Billboard JAPAN


Special

【特集】不安な日々に安らぎを――“現代最高のチェリスト”ヨーヨー・マ 最新作『ソングス・オブ・コンフォート・アンド・ホープ』



top

 “現代最高のチェリスト”ヨーヨー・マが盟友キャサリン・ストットと完成させた最新アルバム『ソングス・オブ・コンフォート・アンド・ホープ』が国内リリースを迎えた。これまで2人は【グラミー賞】で<最優秀クラシカル・クロスオーバー・アルバム賞>を受賞した『ヨーヨー・マ プレイズ・ピアソラ』や『オブリガード・ブラジル』といった数多くのアルバムを発表しているが、今作の目的はただひとつ、先の見えない不安と孤立感にさいなまれる世界中の人々に安らぎと希望をもたらすことだ。今年11月にヨーヨー・マにオンライン取材をしたニューヨーク在住の音楽ライター、小林伸太郎氏に、最新インタビューも交えながら、このアルバムの魅力を語ってもらった。

 1955年パリで生まれ、米国で育ったヨーヨー・マは、おそらく現在、世界で最も人気が高く有名なチェリストだと思う。いわゆるクラシック音楽のレパートリーはもちろんのこと、タンゴからブラジル音楽、アメリカのブルーグラス、古代シルクロード交易路に沿った国々の演奏家との交流など、ジャンルを超えた幅広い活動を展開している。いずれも高い評価と人気を得ており、これまでリリースした100を超えるアルバムに対し、19の【グラミー賞】を受賞している。

 そんなヨーヨー・マが、長年の盟友であるピアニストのキャサリン・ストットと共に『ソングス・オブ・コンフォート・アンド・ホープ』と題するアルバムを、この12月にワールドワイドにリリースした。よく知られたクラシック曲から、『オズの魔法使』の「虹のかなたに」のようなポピュラーな曲、伝承曲まで、ジャンルにとらわれない実に幅広いレパートリーも魅力のアルバムだ。リリースを前にした11月、ヨーヨー・マにZoomを通じて話を伺うことができた。

 ヨーヨー・マは、音楽ホールを含む米国の様々な施設がドミノ倒しのように閉鎖された翌日の3月13日から、#SongsOfComfortというハッシュタグを付けて「不安な日々にコンフォート(慰め、安らぎ)を与えてくれる音楽」をシェアするために、ボストンの自宅から配信を開始した。アルバムにも収録されたドヴォルザーク「家路」の演奏は1,800万回視聴されたというが、今回のアルバムはそんなパンデミックの日々から生まれたものだ。ストットとプログラムの構想を語り出したのが7月で、10月に録音して12月にリリースと、業界異例の速さでプロジェクトは進行した。米タイム誌が発表する「最も影響力のある100人」2020年度版アーティスト部門に選ばれ、クラシックファンでなくともその名を知る人の多い、ヨーヨー・マの存在があってこそのリリースとも言えるかもしれない。

 英国在住のストットがボストンでヨーヨー・マと一緒に録音するためには、事前の自主隔離が必要であったなど、様々な困難があったという。それでも2人は、年内のリリースにこだわった。その理由は、このアルバムが人々にコンフォートとホープ(希望)を与えるためには、来年ではなく今リリースしなくてはならないと強く思ったからだという。音楽には人と人を結びつけ、ひとつにする力があることを信条とするというヨーヨー・マは、例えば昨年4月にメキシコと米国の国境地帯でバッハの無伴奏組曲の一部を演奏し、「文化は壁ではなく橋を構築する」と発言するなど、音楽を通じた社会的活動を厭わないアーティストでもある。パンデミックに加えて米国大統領選も重なった今年は、SNSを通じて投票を呼びかけるなど、様々な分野における精力的な活動が目立った。そんな忙しさもあって、アルバムの選曲はストットにほぼ全てを任せたという。

「私たちは42年前に、まず友人となりました。35年前から共演するようになり、様々な冒険を一緒にしてきました。私たちの音楽的関係は、完全なる信頼関係の上に成り立っています。彼女は全てについて、誠実な人です。」

 最初に収録された「アメイジング・グレイス」は、聴き手にはチェロのサウンドよりも先に、激しい嵐の音が聞こえる。ヨーヨー・マが録音に特殊効果音を使ったのはこれが初めてだというが、これもストットのアイディアだった。パンデミックという嵐を、我々は共に通り抜けなくてはならないというのが、その意味するところだという。

「信頼するというのは、アイディアを聞いた時にたとえ理解できなくても、彼女には何か考えがあることがわかっているということです。だから私は、直ちにやってみよう、と言いました。結果的にこれはとても良いアイディアでした。これをノイズと感じる方もいるかもしれませんが、私たちはこのアルバムでストーリーを伝えようとしているのです。これらの曲がただ美しいだけでなく、私たちが共に乗る船にどのように乗っているかを、伝えたいのです。深く見つめれば、その裏には意味があると言いたかったのです。」

 確かにそのひとつひとつをよく眺めてみると、実に様々な想いが込められていることがわかる。例えば「アメイジング・グレイス」の歌詞を書いたジョン・ニュートンは、18世紀に大西洋奴隷貿易に関わり、のちに聖職者および奴隷制度廃止論者となったことで知られる人物だ。次に演奏される「オール・マン・リヴァー」は、アフリカ系アメリカ人の苦難の歴史を背景にした曲だ。これらの曲から、パンデミック中に世界的な運動となったブラック・ライヴズ・マター(BLM)を感じることは、難しいことではない。


▲「オール・マン・リヴァー」

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 私たちにとって、地球は唯一の船
    協力し合わなければ
  3. Next >

「私たちにとって、地球は唯一の船なのです。」

 「虹のかなたに」の歌詞には、鳥たちは虹のかなたに飛んで行けるのに、なぜ私にはかなわないのという、切実な想いが込められている。ウー・トン作曲の「屋根に降る雨」は、宋王朝時代に涅槃を求める人が、屋根から落ちる雨の雫を見つめることを通じてそれを見出すという詩に触発されたものだという。アイルランド伝承の「ロンドンデリー・エア(ダニー・ボーイ)」は、題名を聞いてもピンとこない人でも、おそらくどこかで聞いたことがあるに違いない、アイルランド人ならずとも郷愁を誘う調べだ。

 全21曲、いわゆる小曲ばかりが集められたといってもいいプログラムかもしれない。しかし2人の演奏は、どちらかを伴奏と呼ぶのは躊躇われる、がっぷり4つに組んだ美しいもので、たとえ馴染みのある曲であっても思わず耳をそばだててしまう。

「このアルバムは、世界に広がるパンデミックを経験し、苦しんだ人々、人々のために尽くす人々、そして今も引き続き非常に難しい時を過ごす人々に捧げられたものです。慰めるためのひとつの方法は、あなたが傷ついたのなら、私も傷ついたと考えることだと思います。同じ思いやりを感じることなく、人を慰めることはできません。『ああ、可哀想に』だけでは、何もなりません。世界中で起きているパンデミックは、ある意味、私たちを共に結びつけているのかもしれません。」


▲「虹のかなたに」

 アルバムの最後は、再び「アメイジング・グレイス」が奏でられる。冒頭で聞こえた嵐は永遠の嵐ではなく、やがて去る嵐なのだという。だから締めくくりで聞こえるサウンドは、嵐が去った後の波の音であり、地球という唯一の船に私たちが共に乗っていることを表しているサウンドなのだという。しかし私たちの船を取り巻くこの波の音は、決して平穏な波の音ではないと筆者には感じられた。

「その通りです。それは、私たちの旅路はまだ終わっていないからです。私たちが共に行うことが、船を終わらせてしまうか、そうならないかを決めるのです。私たちは、安全を見つけるために共に手を取り合う可能性のある地点にあります。協力し合わなければ、安全を見出す可能性は少なくなるでしょう。私たちにとって、地球は唯一の船なのです。」

 ヨーヨー・マは2006年に国連ピース・メッセンジャーに任命され、現在も環境保護など様々なメッセージを、若者を中心に向けて発する活動に取り組んでいる。前述したように、今年は大統領選に関しても彼の声をよく聞いたが、パンデミックは彼を今まで以上にこれらの活動に取り組ませたのだろうか?

「パンデミックは、全てのことをより基本に立ち返らせたと言えると思います。私にとっては、それは3つの価値でした。第一に、信頼を築くことです。何かを築くには、自分一人では不可能であり、他の人々が必要ですが、そこに信頼がなければ築かれたものは脆弱になります。そして築くものには、真実がなければなりません。その真実を見つけるための枠組みが、芸術であれ、サイエンスであれ、政府であれ、経済であれ、ディシプリン(規律、鍛錬)なのです。信頼を失えば、我々はおしまいです。ワクチン開発にしても、データがフェイクだったりしたら、信頼できないですよね。ですから信頼と真実は不可欠なのですが、何かを築く際、自分のためだけにするというのではいけない。それでは、他の人々を除外してしまうからです。」

 ヨーヨー・マがパンデミックのシャットダウン前、最後に音楽ホールで演奏したのは、3月8日、ニューヨークのカーネギー・ホールにおいてであった。その頃、すでに新型コロナウイルスに注意を呼びかける声があったにも関わらず、何も考えずに楽屋でハグやキスをしていたと述懐するヨーヨー・マ。この11月に彼はストットと一緒に台湾で演奏ツアーを行ったが、これは3月以来、初めて観客を前にしたホールでの演奏となった。彼はその機会に深く感謝すると共に、自由の様々な意味について考えたという。台湾のコロナ対策についても、200日以上感染者ゼロを示したことによって、それが人類にも可能であることを示したと称賛した。そして「もし台湾が成功すれば、それは人類全ての成功となる」と語り、ここでも彼は、我々には世界の協力が必要との姿勢を崩さない。


▲2020年11月10日台湾公演
(c)MNA, Mondo Wang

 ヨーヨー・マは来年の秋、初めて沖縄を訪れ、アリーナ形式の会場でバッハの無伴奏チェロ組曲を全曲演奏する予定だという。コロナ禍の影響で今年のはずが来年に延期されたものだが、高円宮憲仁親王に沖縄音楽を紹介されて以来、沖縄の人々と文化に強く惹かれているとのことで、非常に楽しみにしているようだ。このような尽きることのない好奇心と行動力は、今回のアルバムにもそっくりそのまま反映されている。

「音楽はイマジネーションを刺激することができ、世界のあらゆる異なる場所に旅することを我々に可能にして、その土地の人々の魂に触れることができます。音楽は距離だけでなく、時間も越えます。ビザ(旅券)は必要ありません。列車や飛行機、バスに乗る必要もありません。」

 「コンフォート」の先にある「希望」を見据えたという、ヨーヨー・マとキャサリン・ストットのコラボレーション。その濃密で誠実な演奏には、いわゆる「癒し系」の甘えはかけらも感じられない。かと言ってそこには押し付けがましさもなく、聴くものの能動的なコミットメントを静かに求める響きに、勇気付けられる。そんな彼らの懐の深い演奏は、このアルバムをパンデミックの真っ只中である今はもちろんのこと、将来も何度となく聴き返したくなるアルバムにしたのではないだろうか。

関連キーワード

TAG

関連商品

カンタービレ
ヨーヨー・マ「カンタービレ」

2016/12/07

[CD]

¥1,760(税込)

アンコール
ヨーヨー・マ キャサリン・ストット トン・コープマン アムステルダム・バロック管弦楽団 ボビー・マクファーリン ジェイムス・テイラー デイヴ・ブルーベック マット・ブルーベック「アンコール」

2016/09/21

[CD]

¥3,056(税込)

ブラームス:チェロ・ソナタ集
ヨーヨー・マ/エマニュエル・アックス「ブラームス:チェロ・ソナタ集」

2016/09/21

[CD]

¥1,100(税込)

愛の喜び~チェロ小品集
ヨーヨー・マ パトリシア・ザンダー エマニュエル・アックス「愛の喜び~チェロ小品集」

2016/09/21

[CD]

¥1,100(税込)

ドヴォルザーク:チェロ協奏曲 他
ヨーヨー・マ ロリン・マゼール ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団「ドヴォルザーク:チェロ協奏曲 他」

2012/12/05

[CD]

¥1,980(税込)

シンプリー・バロック・ベスト
ヨーヨー・マ トン・コープマン アムステルダム・バロック管弦楽団 マーガレット・フォールトレス Nicola Cleminson Marc Cooper Foskien Kooistra カルラ・マロッタ「シンプリー・バロック・ベスト」

2012/12/05

[CD]

¥1,980(税込)

カンタービレ
ヨーヨー・マ パキート・デリヴェラ セルジオ&オダイル・アサド キャサリン・ストット ニルソン・マッタ シロ・バチスタ エンニオ・モリコーネ ローマ・シンフォニエッタ・オーケストラ with ジルダ・ブッタ「カンタービレ」

2012/12/05

[CD]

¥1,980(税込)

イマージュ クラシーク~ノエル3
(クラシック) ヨーヨー・マ キャスリーン・バトル ミシェル・ルグラン ジャン=ピエール・ランパル ホセ・カレーラス リチャード・タッカー ウィーン少年合唱団「イマージュ クラシーク~ノエル3」

2012/11/21

[CD]

¥1,980(税込)

ブラジル・ライヴ!
ヨーヨー・マ セルジオ・アサド オダイル・アサド キャサリン・ストット ジョゼフ・グラムリー「ブラジル・ライヴ!」

2012/09/26

[CD]

¥1,980(税込)

シンプリー・バロック
ヨーヨー・マ トン・コープマン アムステルダム・バロック管弦楽団「シンプリー・バロック」

2008/11/19

[CD]

¥1,760(税込)

ヴィヴァルディ作品集
ヨーヨー・マ トン・コープマン アムステルダム・バロック管弦楽団「ヴィヴァルディ作品集」

2008/11/19

[CD]

¥1,760(税込)

ヨーヨー・マ プレイズ・ピアソラ
ヨーヨー・マ アントニオ・アグリ オラシオ・マルヴィチーノ ネストル・マルコーニ エクトル・コンソーレ セルジオ&オダイル・アサド キャサリン・ストット フランク・コルリス「ヨーヨー・マ プレイズ・ピアソラ」

2008/11/19

[CD]

¥1,760(税込)

ヨーヨー・マ ベスト・アルバム
ヨーヨー・マ「ヨーヨー・マ ベスト・アルバム」

2006/11/22

[CD]

¥3,143(税込)

ヨーヨー・マ プレイズ・ピアソラ
ヨーヨー・マ アサド兄弟 キャサリン・ストット ネストル・マルコーニ アントニオ・アグリ オラシオ・マルヴィチーノ エクトル・コンソーレ ヘラルド・ガンディーニ「ヨーヨー・マ プレイズ・ピアソラ」

2006/11/22

[CD]

¥3,143(税込)

シンプリー・バロック
ヨーヨー・マ トン・コープマン アムステルダム・バロック管弦楽団「シンプリー・バロック」

2006/11/22

[CD]

¥3,143(税込)

ドヴォルザーク・イン・プラハ
小澤征爾/ボストン響/ヨーヨー・マ/パールマン プラハ・フィルハーモニー合唱団 フレデリカ・フォン・シュターデ ルドルフ・フィルクスニー「ドヴォルザーク・イン・プラハ」

2006/11/22

[CD]

¥3,143(税込)

ヨーヨー・マ コレクション
ヨーヨー・マ フィリップ・アントルモン ギャビー・カザドシュ キャサリン・ストット エマニュエル・アックス パメラ・フランク エドガー・メイヤー アイザック・スターン「ヨーヨー・マ コレクション」

2006/11/22

[CD]

¥10,476(税込)

ヨーヨー・マ ベスト・アルバム
ヨーヨー・マ「ヨーヨー・マ ベスト・アルバム」

2004/11/17

[CD]

¥1,760(税込)

コダーイ:無伴奏チェロ・ソナタ
ヨーヨー・マ「コダーイ:無伴奏チェロ・ソナタ」

2004/11/17

[CD]

¥1,760(税込)

シンプリー・バロック II
ヨーヨー・マ トン・コープマン アムステルダム・バロック管弦楽団「シンプリー・バロック II」

2004/11/17

[CD]

¥1,760(税込)

シンプリー・バロック
ヨーヨー・マ トン・コープマン アムステルダム・バロック管弦楽団「シンプリー・バロック」

2004/11/17

[CD]

¥1,728(税込)

ヨーヨー・マ 日本をうたう
ヨーヨー・マ 日本音楽集団 パトリシア・ザンダー 吉原すみれ 中博昭 中川昌三 間宮芳生「ヨーヨー・マ 日本をうたう」

2004/11/17

[CD]

¥1,760(税込)

ドヴォルザーク:チェロ協奏曲 他
ヨーヨー・マ ロリン・マゼール ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団「ドヴォルザーク:チェロ協奏曲 他」

2016/12/07

[CD]

¥1,760(税込)

シンプリー・バロック・ベスト
ヨーヨー・マ トン・コープマン アムステルダム・バロック管弦楽団「シンプリー・バロック・ベスト」

2016/12/07

[CD]

¥1,760(税込)

アンコール
ヨーヨー・マ キャサリン・ストット トン・コープマン アムステルダム・バロック管弦楽団 ボビー・マクファーリン ジェイムス・テイラー デイヴ・ブルーベック マット・ブルーベック「アンコール」

2016/09/21

[CD]

¥3,056(税込)

ブラームス:チェロ・ソナタ集
ヨーヨー・マ/エマニュエル・アックス「ブラームス:チェロ・ソナタ集」

2016/09/21

[CD]

¥1,100(税込)

愛の喜び~チェロ小品集
ヨーヨー・マ パトリシア・ザンダー エマニュエル・アックス「愛の喜び~チェロ小品集」

2016/09/21

[CD]

¥1,100(税込)

ドヴォルザーク:チェロ協奏曲 他
ヨーヨー・マ ロリン・マゼール ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団「ドヴォルザーク:チェロ協奏曲 他」

2012/12/05

[CD]

¥1,980(税込)

シンプリー・バロック・ベスト
ヨーヨー・マ トン・コープマン アムステルダム・バロック管弦楽団 マーガレット・フォールトレス Nicola Cleminson Marc Cooper Foskien Kooistra カルラ・マロッタ「シンプリー・バロック・ベスト」

2012/12/05

[CD]

¥1,980(税込)

カンタービレ
ヨーヨー・マ パキート・デリヴェラ セルジオ&オダイル・アサド キャサリン・ストット ニルソン・マッタ シロ・バチスタ エンニオ・モリコーネ ローマ・シンフォニエッタ・オーケストラ with ジルダ・ブッタ「カンタービレ」

2012/12/05

[CD]

¥1,980(税込)

ブラームス:チェロ・ソナタ全集
ヨーヨー・マ エマニュエル・アックス「ブラームス:チェロ・ソナタ全集」

2009/08/26

[CD]

¥2,619(税込)

シンプリー・バロック
ヨーヨー・マ トン・コープマン アムステルダム・バロック管弦楽団「シンプリー・バロック」

2009/08/26

[CD]

¥2,619(税込)

ヨーヨー・マ プレイズ・ピアソラ
ヨーヨー・マ アントニオ・アグリ オラシオ・マルヴィチーノ ネストル・マルコーニ エクトル・コンソーレ アサド兄弟 キャサリン・ストット フランク・コルリス「ヨーヨー・マ プレイズ・ピアソラ」

2009/03/25

[CD]

¥2,619(税込)

シンプリー・バロック
ヨーヨー・マ トン・コープマン アムステルダム・バロック管弦楽団「シンプリー・バロック」

2008/11/19

[CD]

¥1,760(税込)

ヴィヴァルディ作品集
ヨーヨー・マ トン・コープマン アムステルダム・バロック管弦楽団「ヴィヴァルディ作品集」

2008/11/19

[CD]

¥1,760(税込)

ヨーヨー・マ ベスト・アルバム
ヨーヨー・マ「ヨーヨー・マ ベスト・アルバム」

2006/11/22

[CD]

¥3,143(税込)

ヨーヨー・マ プレイズ・ピアソラ
ヨーヨー・マ アサド兄弟 キャサリン・ストット ネストル・マルコーニ アントニオ・アグリ オラシオ・マルヴィチーノ エクトル・コンソーレ ヘラルド・ガンディーニ「ヨーヨー・マ プレイズ・ピアソラ」

2006/11/22

[CD]

¥3,143(税込)

シンプリー・バロック
ヨーヨー・マ トン・コープマン アムステルダム・バロック管弦楽団「シンプリー・バロック」

2006/11/22

[CD]

¥3,143(税込)

ドヴォルザーク・イン・プラハ
小澤征爾/ボストン響/ヨーヨー・マ/パールマン プラハ・フィルハーモニー合唱団 フレデリカ・フォン・シュターデ ルドルフ・フィルクスニー「ドヴォルザーク・イン・プラハ」

2006/11/22

[CD]

¥3,143(税込)

ヨーヨー・マ コレクション
ヨーヨー・マ フィリップ・アントルモン ギャビー・カザドシュ キャサリン・ストット エマニュエル・アックス パメラ・フランク エドガー・メイヤー アイザック・スターン「ヨーヨー・マ コレクション」

2006/11/22

[CD]

¥10,476(税込)

ヨーヨー・マ ベスト・アルバム
ヨーヨー・マ「ヨーヨー・マ ベスト・アルバム」

2004/11/17

[CD]

¥1,760(税込)

コダーイ:無伴奏チェロ・ソナタ
ヨーヨー・マ「コダーイ:無伴奏チェロ・ソナタ」

2004/11/17

[CD]

¥1,760(税込)

シンプリー・バロック II
ヨーヨー・マ トン・コープマン アムステルダム・バロック管弦楽団「シンプリー・バロック II」

2004/11/17

[CD]

¥1,760(税込)

シンプリー・バロック
ヨーヨー・マ トン・コープマン アムステルダム・バロック管弦楽団「シンプリー・バロック」

2004/11/17

[CD]

¥1,728(税込)

ヨーヨー・マ 日本をうたう
ヨーヨー・マ 日本音楽集団 パトリシア・ザンダー 吉原すみれ 中博昭 中川昌三 間宮芳生「ヨーヨー・マ 日本をうたう」

2004/11/17

[CD]

¥1,760(税込)