Billboard JAPAN


Special

K-POPファンも韓流好きも必見 人気韓国ドラマを支えるOSTとは?



top

 BTSやBLACKPINKといったK-POP勢の躍進、映画・ドラマといったMADE IN KOREAの映像作品の人気ぶりが、この2020年は大きく注目された。『愛の不時着』と『梨泰院クラス』を筆頭に、ストーリーやキャラクター、はたまた演者に惹きつけられ、ステイホーム期間中に韓国ドラマにハマったという声が続出し、多くのメディアでも取り上げられた。今年の【ユーキャン新語・流行語大賞】には“愛の不時着”がトップ10に選出されている。

 視聴者の心を掴んでやまない韓国ドラマには、日本とは違い、1話のなかに何曲ものOST(いわゆる劇中歌)が登場するのだが、このOSTがかなりの大役を担っている。著名アーティストが歌っていることもそうだが、キャラクターの心情や情景とリンクするため、ドラマ終了後もその世界観に浸れるところが人気の理由の一つと言える。

 12月16日には、この空前の韓流ブームをさらに盛り上げるOST集『We ラブ 韓ドラ -OSTヒッツ・コレクション-』が発売(リリース日は人気俳優パク・ソジュンの誕生日でもある)。人気ドラマの中から選りすぐりの楽曲をコンパイルしたこの作品のリリースを記念して、本作のスーパーバイザーで、ライナーノーツも担当した今泉圭姫子氏にOSTの役割について、詳しく解説してもらった。

第4次韓流ブーム到来!
全国に笑いと涙とときめきを届けた韓国ドラマ

 【第63回グラミー賞】のノミネートが発表になった。多くの期待に応えるかのように、全米No.1という快挙を成し遂げた「Dynamite」で、BTSが<最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス賞>にノミネートされた。韓国エンターテインメントの勢いは止まらない。2020年は、映画『パラサイト 半地下の家族』が、世界の映画賞を総なめしたことから始まった。そして、ついには<アカデミー賞最優秀作品賞>に輝いている。韓国は、国策として韓国文化、芸術を世界へ輸出することに力を注いでいる。しかし、いきなり脚光を浴びたわけではない。音楽の世界を例にするなら、アーティストたちは毎年のように海外ツアーを試み、言葉の壁を乗り越え、小さなライブハウスからアリーナ会場へとキャパシティを広げ、段階を踏んで世界進出を企ててきた。その方法論は、至ってシンプルだ。それが結果として、2020年の快挙につながったという訳だ。BTSだけでなくBLACKPINK、MONSTA X、SuperM、NCT 127等もそういったアーティストたちだ。


▲BTS「Dynamite」


▲BLACKPINK「How You Like That」

 韓国エンターテインメントの成功は、音楽、映画だけに限らない(これからは文学だと言う説もある)。以前から、韓国ドラマも世界制覇を遂げた文化の一つとして知られている。今では、主演俳優がキャスティングされた時点で、そのドラマの世界への輸出が決まってしまうぐらいだ。内容を疎(おろそ)かにしているわけではない。人気俳優陣が熟知して選んだ脚本なら、作品も間違いないだろうという信頼性が、ドラマ人気に繋がっている。

 2020年、世界を襲ったパンデミック“新型コロナ”の影響で、私たちはステイホームを余儀なくされた。精神的な不安は、まだ続いている。そんな中、何よりも心の拠り所となったのが、韓国ドラマだ。最近では衛星放送だけでなく、Netflixをはじめとする会員制のストリーミング・サービスで、韓国ドラマはより身近なものになった。2月に韓国で放映終了後、すぐに全話がNetflixで世界の韓国ドラマ・ファンに届けられたヒョンビン、ソン・イェジンのトップスター主演による『愛の不時着』は、そういったストリーミング・サービスが中心となる新しい時代に生まれた大ヒット作となった。これを第4次韓流ブームと言う。

 『愛の不時着』は、いわば現代版ロミオとジュリエット。叶わぬ愛と知りつつ、惹かれあう二人が、多くの壁を乗り越えて愛を貫く。しかし、このドラマの魅力は、悲しみ、苦しみだけではない。北朝鮮の軍人役となったヒョンビンのスタイルのカッコよさ、ソン・イェジン演じる財閥のお嬢さんの駆け引きのない素直な生き方、北で生活する村の人々との交流、ヒョンビンの部下である軍人との絆など、楽しいラブコメの要素もふんだんに折り込まれ、そんな粋な場面が、心を和ませてくれたのだ。このドラマは、ステイホームでストレスが溜まっていた私たちに、笑いと胸キュンの楽しみを同時に与えてくれた。そして、ストーリーの力とその場面場面に流れる音楽が、ドラマ全体を盛り上げたのだ。

 韓国ドラマの魅力は、音楽、歌声が見事にドラマとマッチしたOST楽曲の存在によるものが大きい。今や韓国ドラマには欠かせない、大切な要素の一つとなっている。『愛の不時着』にも、数多くの名曲がドラマを彩った。ペク・イェリンが歌う「Here I Am Again」は、イントロを聴いただけで、その場面が目に浮かび、歌声が聴こえてくるとヒョンビンとソン・イェジンが見つめ合うシーンがすぐに想像できる。音楽のマジックがなせる技だ。


▲ペク・イェリン「Here I Am Again」(『愛の不時着』より)

 2020年を象徴する韓国ドラマの1つに、今や若手俳優No.1のパク・ソジュン主演の『梨泰院クラス』がある。若者が挫折から這い上がり、亡くなった父親の生き様を手本に、起業家として成功していく姿を描いた物語。恋愛パートはほぼ無いが、だからこそパク・ソジュン演じるパク・セロイの一途な姿に胸が打たれるのだ。純粋を絵に描いたようなセロイの生き方は、見ているものを奮い立たせてくれた。そのバックに流れたGahoの「はじまり」は、ドラマを離れた日常でも、私たちの歩く歩幅を力強くさせ、しっかり前を向いて進んでいこう、とメッセージする人生の応援歌になった。


▲Gaho「はじまり」(『梨泰院クラス』より)

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. EXO、MAMAMOO、Red Velvet…
    人気シンガーが勢ぞろい
  3. Next >

BTS、EXO、MAMAMOO、Red Velvet…
人気シンガーがこぞって参加するOSTとは?

 韓国では、ドラマ、映画の楽曲をOST(オーエスティー)と呼ぶ。オリジナル・サウンドトラックの略称だ。日本ではサントラという言葉が定着している。ドラマのOST楽曲は、主題歌だけがクローズアップされているわけではない。挿入歌も大きな反響を得ている。ドラマの進行に合わせて、楽曲を次々と公開し、ドラマ人気に拍車をかけていくのだ。大作、人気作品になると、OST Part 1、Part 2とアルバムが2枚になることもある。フィジカル(CD)のリリースが少ない昨今は、主題歌以外はドラマの放送回の前煽りとして、週ごとに1曲ずつ配信される。また、事前収録によるドラマでは、OSTとドラマの関連性をより強く結びつけ、プロモーションとしての大きな役割を果たしている。


▲Crush「Beautiful」(『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』より)

 最近では、ドラマのOSTには欠かせない実力派、個性派シンガーの歌声はもちろんのこと、K-POPアーティストの参加がサプライズで発表されるケースが多い。これまでにも『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』ではEXOのチャンヨル、『愛の不時着』ではIU、Wanna One出身のキム・ジェファン、『ザ・キング: 永遠の君主』ではMAMAMOOのファサ、『梨泰院クラス』ではBTSのV、『100日の郎君様』ではEXOのチェン、『賢い医師生活』ではRed VelvetのJOY、最近話題となったのはパク・ボゴムの『青春の記録』にSEVENTEENのメイン・ヴォーカルのスングァン、『ノクドゥ伝~花に降る月明り~』ではSEVENTEENのウジ、『おかえり(原題:어서와)』ではMONSTA Xのキヒョン、GFRIENDのオムジが参加。そして『トッケビ』の人気俳優イ・ドンウクの新作『九尾狐伝(原題:구미호뎐)』には、人気、実力を兼ね備えたアーティストが参加したことで話題になった。K-POPアイドルでは、MONSTA Xのショヌ、OH MY GIRLユア、(G)I-DLEのミヨン、そして韓国のU2と言われているNELLのキム・ジョンワン、大御所ソン・シギョンだ。


▲ファサ(MAMAMOO)「Orbit」(『ザ・キング: 永遠の君主』より)


▲チャンヨル(EXO)、 Punch「Stay with Me」(『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』より)


▲ショヌ(MONSTA X)「I'll Be There」(『九尾狐伝』より)

 OSTは、ドラマを制作していく上でとても重要な役割を持つ。制作側は場面場面に合った曲を作り、歌手を決め、ドラマを支える名曲作りを目指す。以前、OSTに参加したアイドルに「担当したOST楽曲をコンサートで歌ってほしい」とお願いすると、オリジナル楽曲とは違い、いつもは出さないヴォーカルキーで歌うこともあるので、自分たちの舞台で披露するには、かなりハードルが高い、と言っていた。あくまでも作品に合わせた歌唱を要求されるからだろう。ただ、シンガーにとってはチャレンジにもなるので、隠されていた自分のスキルに気づくチャンスだと捉えることもあるようだ。それほどOSTはドラマのための特別な歌であり、魅力的な歌声を持つシンガーに声がかけられるというわけだ。

 この度、そんな人気韓国ドラマのOST楽曲が36曲収録された『We ラブ 韓ドラ -OSTヒッツ・コレクション-』が12月16日に発売される。これまでにもOSTコンピレーションは数多く発売されてきたが、この2枚組は、日本の韓国ドラマ・ファンに向けて制作された日本独自のコンピレーションだ。前述した『愛の不時着』から『トッケビ』、『ボーイフレンド』、『100日の郎君様』といった人気ドラマから、2020年の作品となる『ザ・キング: 永遠の君主』、『賢い医師生活』まで、第4次韓流ブームを象徴する作品の楽曲が集められた。

 『We ラブ 韓ドラ -OSTヒッツ・コレクション-』は、韓国の大手ドラマ制作会社スタジオドラゴンの人気作品から構成されている。スタジオドラゴンは2016年に設立した新しい会社ではあるが、韓国の大手企業であるCJグループのCJ ENMドラマ事業部門から独立した子会社となるため、実際には歴史ある会社だと言える。また、CJグループはケーブルテレビチャンネルtvN局を運営していることもあり、スタジオドラゴンの作品はtvNで多く放送され、地上波を上回るほどの人気作品を生み出している。


▲JOY (Red Velvet)「Introduce Me A Good Person」(『賢い医師生活』より)

 今回、数多くのスタジオドラゴン制作作品の中から、選りすぐった18作品・36曲が収録された。すべてが心に残る名曲ばかりである。OSTには欠かせない歌声GUMMY(コミ)、ユン・ミレ、ロイ・キム、ソン・シギョン、Ailee、SISTAR出身ヒョリンはもちろんのこと、K-POPからはEXOチャンヨル、チェン、Red VelvetのJOY、(G)I-DLE、Wanna One出身ハ・ソンウン、MAMAMOOファサ、SF9、gugudanへビン、そして俳優であり歌唱力にも定評があるパク・ソジュン、ドラマ『ミセン -未生-』で俳優としてブレイクしたZE:Aのイム・シワン、さらにはミュージカル出身で『賢い医師生活』で主演を務めているチョ・ジョンソクの「Aloha」も収録された。このドラマは、大学の医学部出身のアラフォー同級生5人(チョ・ジョンソク、ユ・ヨンソク、チョン・ギョンホ、キム・デミョン、チョン・ミド)が、学生時代に結成したバンドを再び始め、混沌とした日々に新たな息吹を吹き込もうとする第2の青春物語だ。同級生バンドは劇中で懐かしのカバー曲を演奏している。「Aloha」は、その中の1曲だ。実際に音源チャートの1位にもなり、話題となった。また、チョ・ジョンソクと『100日の郎君様』の「Fade Away」を歌うGUMMY夫妻が、このコンピレーションに揃って参加しているのは嬉しい。


▲チョ・ジョンソク「Aloha」(『賢い医師生活』より)


▲GUMMY「Fade Away」(『100日の郎君様』より)

 『We ラブ 韓ドラ -OSTヒッツ・コレクション-』は、みなさまのライフスタイルに合わせた聴き方で楽しんでいただきたい。読書のBGM、家事をしながらのBGM、ドライブのBGMなど……でも、1曲1曲に込められたドラマのシーンを思い出し、思わず聴き惚れてしまうかもしれない。そして、ドラマをもう一度観たくなってしまうだろう。2020年、こんな状況の中で、気持ちが救われたドラマの数々を思い出しながら、この困難を乗り越え、これからも乗り越えていく自分への励みとして、楽しんでいただければと思う。


▲パク・ソジュン「You're In My Heart」(『魔女の恋愛』より)

関連キーワード

TAG

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    【TikTok週間楽曲ランキング】少女時代「Gee」が2連覇 BTS「Permission to Dance」5位に初登場

  2. 2

    葉菜子&鶴ハルナ「これからも一緒にさまよい続けようぜ!」ムロパナコ&ハルナ・バッ・チーン時代からの盟友初対談インタビュー解禁

  3. 3

    Novelbright、初の映画主題歌「ライフスコール」のMV公開

  4. 4

    ReNが『blackboard』初登場、四季を感じさせる「あーあ。」披露

  5. 5

    春ねむり、新曲「Old Fashioned」公開&有観客ワンマン開催へ

HOT IMAGES

注目の画像