Billboard JAPAN


Special

Billboard Hits! & The Academy Awards ~ビルボード・チャートと動画で振り返るアカデミー歌曲賞

アカデミー歌曲賞

 今年もアカデミー賞の季節がやってきた。映画の都ハリウッド最大のイベントは、映画関係者だけでなく音楽ファンも注目に値する。なぜなら数ある部門賞のひとつである歌曲賞は、その年の音楽シーンとも密接に関わっているからだ。実際、映画の主題歌となったことでビッグヒットにつながったり、ブレイクしたアーティストも数多い。ここでは、80年代から昨年までのアカデミー歌曲賞受賞曲から、厳選した10曲をピックアップ。Billboardのチャートアクションと動画を交えて振り返ってみよう。

「I Just Called To Say I Love You」
Stevie Wonder

『ウーマン・イン・レッド』(1984年)



 まずは、スティーヴィー・ワンダーの名曲から。喜劇俳優のベテラン、ジーン・ワイルダーが監督も兼任した作品『ウーマン・イン・レッド』(1984年)の主題歌で、映画から離れて独り歩きして大ヒットとなった。BillboardのHot100では3週連続で首位をキープ。その年のイヤーエンド・チャートでも1位を獲得した。なお、ディオンヌ・ワーウィックも参加したサントラのアルバムもアルバム・チャートで1位に輝いている。この曲はスティーヴィーにとっても初のオスカー受賞となっただけでなく、80年代の代表曲として今なお歌い続け、数多くのアーティストにカヴァーされている。


「Take My Breath Away」
Berlin

『トップガン』(1986年)



 80年代は、いわゆるサントラ・ブームが巻き起こった。『フラッシュダンス』、『フットルース』、『ゴーストバスターズ』など多数のサントラ・ヒットが生まれたが、そのひとつがトム・クルーズ主演で大ヒットした『トップガン』(1986年)だ。それまでマイナーなロック・バンドだったベルリンが起用され、ジョルジオ・モロダーのプロデュースによるバラード・ナンバー「愛は吐息のように」を披露。BillboardのHot100で1位となり、人気グループとなった。本作からはケニー・ロギンスの「デンジャー・ゾーン」も大ヒットし、アルバム自体もアルバム・チャートで1位を獲得した。


「Streets of Philadelphia」
Bruce Springsteen

『フィラデルフィア』(1993年)



 トム・ハンクスとデンゼル・ワシントンが主演し、エイズ差別をテーマにした法廷劇『フィラデルフィア』(1993年)。巨匠ジョナサン・デミによるこの社会派映画の主題歌を担当したのが、ブルース・スプリングスティーン。映画のために書き下ろした「ストリーツ・オブ・フィラデルフィア」で、映画自体にもさらに深みを与える役割を担った。そして、渋めの歌とサウンドであるにも関わらず、BillboardのHot100で9位を記録。1987年のシングル「トンネル・オブ・ラヴ」以来久々のトップ10ヒットとなり、90年代の代表曲としてもファンの人気が高い。


「My Heart Will Go On」
Celine Dion

『タイタニック』(1997年)



 公開当時、だれもがレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットの真似をした『タイタニック』(1997年)。もちろん、主題歌はセリーヌ・ディオンが歌う「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」だ。映画の大ヒットと連動するかのように、BillboardのHot100では初登場2週間連続1位を記録。アカデミー歌曲賞だけでなく、グラミーでも最優秀レコード賞、最優秀楽曲賞、最優秀女性ポップ歌手などに輝き、世界的にみてもこの年の代表曲となった。リンクした動画はコンサート映像だが、これを見るだけでも彼女のシンガーとしてのスケールを実感できるだろう。


「When You Believe」
Mariah Carey & Whitney Houston

『プリンス・オブ・エジプト』(1998年)



 旧約聖書の物語をテーマに、ドリームワークスが製作したアニメーション映画『プリンス・オブ・エジプト』(1998年)。この壮大なストーリーに似合う主題歌として、マライア・キャリーとホイットニー・ヒューストンのデュエットという贅沢な組み合わせが実現。BillboardのHo100では15位、アダルト・コンテンポラリー・チャートでは3位にまで上昇し、この曲を含むホイットニーのアルバム『My Love Is Your Love』もヒットした。なお、作詞作曲を手がけたスティーヴン・シュワルツは、『ポカホンタス』(1995年)と『ノートルダムの鐘』(1996年)でもオスカーを獲得している。


「Lose Yourself」
Eminem

『8 Mile』(2002年)



 2002年に公開された映画『8 Mile』は、ラッパーのエミネムの自伝的内容のサクセス・ストーリーで、エミネム自身が主演して話題を呼んだ。主題歌となった「ルーズ・ユアセルフ」も、BillboardのHot100で12週連続首位という記録を達成。他にも20カ国以上のチャートでも首位を獲得している。そして、ヒップホップ・ナンバーとしては初めてのアカデミー歌曲賞を受賞したことでも、歴史的な一曲といっていいだろう。ジェイ・Zや50セントなども参加したサントラも、アルバムとして充実した作りになっており、こちらもBillboardのアルバム・チャートで1位となった。


「Falling Slowly」
Glen Hansard & Marketa Irglova

『ONCE ダブリンの街角で』(2007年)



 アカデミー賞はいわゆるハリウッドの大作映画がメインではあるが、時折インディペンデントの作品が席巻することもある。2007年に歌曲賞を獲得したのは、アイルランドを舞台にした音楽映画『ONCE ダブリンの街角で』。低予算で製作されたにも関わらず、全米でヒットを記録。そして、主演のグレン・ハンサードとマルケタ・イルグロヴァがストーリーの中でデュエットする主題歌「フォーリング・スローリー」が、強豪を押しのけてオスカーを獲得した。BillboardのHot100では61位と少々地味なチャート・アクションではあるが、グラミーにもノミネートされている。


「Skyfall」
Adele

『007 スカイフォール』(2012年)



 2011年にリリースしたアルバム『21』が、全世界で2600万枚以上という記録的な大ヒットとなったアデル。その後の動向が注目されていた2012年に突如発表されたのが007シリーズの主題歌という話題だった。『007 スカイフォール』(2012年)自体が大ヒットとなったこともあり、アデルの個性と007特有の翳りをうまく表現したこの曲も好評価を得て、映画関係者からも絶賛されている。CDシングルとデジタル・ダウンロードを合算したBillboardのHot100では8位を記録。ビルボードジャパンのHot100でも20位となった。


「Let It Go」
Idina Menzel

『アナと雪の女王』(2013年)



 老若男女問わず、世界的に大ヒットして社会現象にもなったディズニー製作の『アナと雪の女王』(2013年)。ミュージカルの要素を取り入れたこの作品は、アニメーション映画の興行収入では歴代1位という記録を樹立。当然のようにサントラも大ヒットした。見せ場で歌われる「レット・イット・ゴー」は、オリジナルではミュージカル女優として知られるイディナ・メンゼルが担当。BillboardのHot100では5位にチャートイン。また、日本では松たか子とMay J.による吹き替えヴァージョンも大ヒットし、これらもビルボードジャパンで上位に食い込んでいる。


「Glory」
Common & John Legend

『グローリー/明日への行進』(2014年)



 現時点での最新のアカデミー歌曲賞受賞曲は、コモンとジョン・レジェンドの豪華な組み合わせ。『グローリー/明日への行進』(2014年)の主題歌で、マーティン・ルーサー・キング・ジュニアを主人公に据えて史実に基づいたヒューマンドラマが話題になった。なお、コモン自身も俳優として出演しているのにも注目だ。この「Glory」は、BillboardのHot100で49位、ホット・ラップ・ソングスでは11位を記録。また、オスカーだけでなく、ゴールデングローブ賞や放送映画批評家協会賞などでも主題賞を受賞している。

 2015年度のアカデミー歌曲賞には、ザ・ウィークエンド「Earned It」(『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』)、J・ラルフ&アントニー「Manta Ray」(『Racing Extinction』)、スミ・ジョー「Simple Song #3」(『グランドフィナーレ』)、レディー・ガガ「Til It Happens To You」(『ハンティング・グラウンド』)、サム・スミス「Writing's On The Wall」(『007 スペクター』)5曲がノミネート。授賞式は現地時間の2月28日。どの曲がオスカーを獲得するのか、楽しみに待ちたい。

(オリジナル・サウンドトラック) アニー・レノックス ローラ・ウェルシュ ザ・ウィークエンド ジェシー・ウェア エリー・ゴールディング ビヨンセ シーア「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ ~サウンドトラック」

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ ~サウンドトラック

2015/02/11 RELEASE
UICU-1262 ¥ 2,695(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.アイ・プット・ア・スペル・オン・ユー(フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ)
  2. 02.アンディスカヴァード
  3. 03.アーンド・イット(フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ)
  4. 04.ミート・ミー・イン・ザ・ミドル
  5. 05.ラヴ・ミー・ライク・ユー・ドゥ
  6. 06.ホーンテッド (マイケル・ダイアモンド・リミックス)
  7. 07.ソルテッド・ウーンド
  8. 08.ビースト・オブ・バーデン
  9. 09.アイム・オン・ファイア
  10. 10.クレイジー・イン・ラヴ (2014リミックス)
  11. 11.ウィッチクラフト
  12. 12.ワン・ラスト・ナイト
  13. 13.ホエア・ユー・ビロング
  14. 14.アイ・ノウ・ユー
  15. 15.アナ&クリスチャン
  16. 16.ディド・ザット・ハート?
  17. 17.ルード (日本盤ボーナス・トラック)
  18. 18.コール・ミー (日本盤ボーナス・トラック)

関連商品

レモネード
ビヨンセ「レモネード」

2016/07/06

[CD]

¥3,630(税込)

デリリアム
エリー・ゴールディング「デリリアム」

2016/02/12

[CD]

¥2,420(税込)

ディス・イズ・アクティング
シーア「ディス・イズ・アクティング」

2016/02/03

[CD]

¥2,420(税込)

メドゥーサ
アニー・レノックス「メドゥーサ」

2007/06/20

[CD]

¥1,980(税込)

ディーバ
アニー・レノックス「ディーバ」

2007/06/20

[CD]

¥1,980(税込)

WOMAN 5
(オムニバス) ビヨンセ アシャンティ ジェニファー・ロペス ケリー・ローランド メイシー・グレイ ピンク アリーヤ「WOMAN 5」

2003/09/21

[CD]

¥3,353(税込)

素顔
アニー・レノックス「素顔」

2003/09/03

[CD]

¥2,670(税込)

素顔
アニー・レノックス「素顔」

2003/06/25

[CD]

¥2,268(税込)

デンジャラスリィ・イン・ラヴ
ビヨンセ「デンジャラスリィ・イン・ラヴ」

2003/06/25

[CD]

¥2,640(税込)

ワーク・イット・アウト
ビヨンセ「ワーク・イット・アウト」

2002/07/10

[CD]

¥864(税込)

ディーバ
アニー・レノックス「ディーバ」

1996/04/24

[CD]

¥1,888(税込)

青い影/ヘブン
アニー・レノックス「青い影/ヘブン」

1995/06/21

[CD Single]

¥993(税込)

メドゥーサ
アニー・レノックス「メドゥーサ」

1995/03/08

[CD]

¥2,621(税込)

ディーバ
アニー・レノックス「ディーバ」

1992/04/21

[CD]

-

REIWA
(V.A.) ザ・ウィークエンド オリヴィア・ロドリゴ ジョナス・ブラザーズ フィッツ・アンド・ザ・タントラムズ ビリー・アイリッシュ ジュリア・マイケルズ アリアナ・グランデ「REIWA」

2021/12/08

[CD]

¥2,200(税込)

キッスランド
ザ・ウィークエンド「キッスランド」

2020/10/07

[CD]

¥1,100(税込)

B’DAY
ビヨンセ「B’DAY」

2019/03/13

[CD]

¥1,100(税込)

スターボーイ
ザ・ウィークエンド「スターボーイ」

2016/12/23

[CD]

¥2,750(税込)

デリリアム
エリー・ゴールディング「デリリアム」

2016/02/12

[CD]

¥2,420(税込)

ディス・イズ・アクティング
シーア「ディス・イズ・アクティング」

2016/02/03

[CD]

¥2,420(税込)

BEYONCE (CD+DVD)
BEYONCE「BEYONCE (CD+DVD)」

2013/12/27

[CD]

¥2,804(税込)

キッスランド
ザ・ウィークエンド「キッスランド」

2013/09/18

[CD]

¥2,409(税込)

ハルシオン
エリー・ゴールディング「ハルシオン」

2013/03/06

[CD]

¥2,409(税込)

4 デラックス・エディション
ビヨンセ「4 デラックス・エディション」

2011/06/29

[CD]

¥3,080(税込)

ビヨンセ「4」

2011/06/29

[CD]

¥2,420(税込)

ディーバ
アニー・レノックス「ディーバ」

2007/06/20

[CD]

¥1,980(税込)

WOMAN 5
(オムニバス) ビヨンセ アシャンティ ジェニファー・ロペス ケリー・ローランド メイシー・グレイ ピンク アリーヤ「WOMAN 5」

2003/09/21

[CD]

¥3,353(税込)

素顔
アニー・レノックス「素顔」

2003/09/03

[CD]

¥2,670(税込)

素顔
アニー・レノックス「素顔」

2003/06/25

[CD]

¥2,268(税込)

ディーバ
アニー・レノックス「ディーバ」

1996/04/24

[CD]

¥1,888(税込)

青い影/ヘブン
アニー・レノックス「青い影/ヘブン」

1995/06/21

[CD Single]

¥993(税込)

メドゥーサ
アニー・レノックス「メドゥーサ」

1995/03/08

[CD]

¥2,621(税込)

ディーバ
アニー・レノックス「ディーバ」

1992/04/21

[CD]

-