Billboard JAPAN


Special Contents

マイク・ピーターズ The Alarm『Declaration』30周年記念来日公演 直前インタビュー

Mike Peters

 アイルランド生まれのU2と常に比較されながら、80年代からオルタナティブ・シーンをリードしたウェールズ生まれのロックバンドThe Alarmのヴォーカリスト、マイク・ピーターズが8月にビルボードライブに初登場する。90年代前半まで活動したのちに、一時活動を休止。その後ガンを克服し2000年代に見事復活。偽名を使ってヒット曲を生み出したり、チャリティー団体を設立し、福祉活動にも力を入れ、富士山にも登頂。常にチャレンジする姿勢を崩さない彼が、『Declaration』30周年の年にどんなステージを見せてくれるのか、来日前にインタビューを敢行。『Declaration』への想いや公演への意気込みをたっぷりと語ってくれた。

ロックンロールの恩恵を受けていると感じているよ。

インタビュー写真
▲The Alarm『Declaration』

??まず初めに、子供のころはどんな音楽を聴いていましたか。

Mike Peters: 70年代のグラム・ロックはずっと好きだったよ。マーク・ボランやT・レックス、あと学生時代はデヴィッド・ボウイに夢中だったね。

??これまでの活動のハイライトは?また自身のキャリアにとって一番重要なターニング・ポイントとなった出来事は?

Mike Peters: 1983年のU2のWar Tourでアメリカを回ったことは俺にとってもジ・アラームにとっても大きな出来事だった。
コロラド州にあるレッドロック野外劇場で、ブラッド・レッド・スカイのイベントをやったときに、「The Stand」を演奏したんだ。そのツアーで学んだことが世界でツアーをするときのお手本になってるよ。あと、1988年のボブ・ディランとのツアーで、彼と一緒に「天国への扉」を歌ったこと、1989年にニューヨークでニール・ヤングと「Rocking In The Freeworld」をやったことも思い出深いな。最近だと、ブルース・スプリングスティーンと「One Guitar」を一緒に演奏したり、今回の日本ツアーのあとすぐにカリフォルニアに行って、「デッド・マン・ウォーキング」というコラボレーション企画に参加するよ。ストレイ・キャッツのスリム・ジム・ファントムや、ダムドのキャプテン・センシブル、ガンズ・アンド・ローゼズのダフ・マッケイガン、あとリヴィング・エンドのクリス・チェニーも参加するんだ。人生は常にサプライズがいっぱいだよ。ロックンロールの恩恵を受けていると感じているよ。

メッセージはこのタイトルそのままさ。

??『Declaration』30周年ということですが、制作時の思い出はありますか?

Mike Peters: このアルバムは、ビートルズなんかも使ってたアビー・ロード・スタジオで作ったんだ。ジョン・レノンがセッションをする時の雰囲気作りのために付けた赤い照明をいくつか点けて歌ったよ。あれはいい経験だったね。

「Let's Get It On」
▲The Alarm「The Stand」

??『Declaration』にはどんなメッセージを込めたのですか?このアルバムができた背景もあれば教えてください。

Mike Peters: メッセージはこのタイトルそのままさ。俺が、そしてジ・アラームというバンドが何者なのかというのを宣言している。歌詞は、自分自身を奮い立たせたり、運命をコントロールすること、そしてリスクや挑戦を恐れないことなんかについて書いている。俺がこれまで関わってきたすべての音楽の礎となっている。ジ・アラームのサウンドは、ウディ・ガスリーやピート・シーガーみたいな20世紀前半のフォーク・ミュージシャンと、俺が若い時に流行っていたエレクトロニックな音楽に影響を受けているんだ。バンドの原動力となったのはセックス・ピストルズやクラッシュといったパンクバンドさ。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 最高にエモーショナルで記憶に残るライブになることを約束するよ。
  3. Next >
生きる意志を強く維持していくことは俺自身だけでなく、
家族にとってもすごく大変だった。

??この30年間で音楽と向き合う姿勢は変わりましたか?

Mike Peters:いや、まったく変わってないよ。でも音楽の作り方や、共有の仕方は変わったな。音楽シーンは常に変わっていくし、生き続けていく。俺たちはその変化を受け入れ、適応していかなきゃいけないんだ。インターネットによる革命は、俺がミュージシャンとしてやってきたことすべてを活性化させ、そしてあらゆる面で俺をよりクリエイティヴにしてくれたと思っている。

??音楽人生の中で当たった大きな壁はなんですか?そしてバンド、そしてあなたが長く活動していられる理由は何だと思いますか?

Mike Peters:2回のガンを克服したことだね。1995年に非ホジキンリンパ腫、2005年に慢性リンパ性白血病にかかった。治療を受けながらライブをやって、生きる意志を強く維持していくことは俺自身だけでなく、家族にとってもすごく大変だった。でもそれ以来、信じられないくらい団結力が生まれたと思うよ。そしてそのことが『Love Hope and Strength』のメッセージにもなり、俺自身やジ・アラームの音楽が続いていく理由にもなっているのさ。

??最新の音楽を追っていますか?また最近お気に入りのアーティストは?

Mike Peters:常に最新の音楽は追ってるつもりだけど、いつも自分や周りのプロジェクトに没頭してしまっているし、レコーディングやツアーもあってなかなか観に行くことができないんだ。いまはミュージカルをやったり、Launch Padを使ったニューアルバムを2015年発表予定で制作しているところさ。ほかにも、ギネス記録を超える世界最長の楽曲を制作する「The Scriptures」というクラウドファウンディングのプロジェクトもやってるよ。歌詞やパフォーマンスを一般人やほかのジ・アラームのメンバーと一緒に作ってる。このプロジェクトで集まったお金は、中東にある骨髄バンクに寄付するんだ。すでに目標金額には達したんだけど、日本のアーティストや一般の人にも是非参加してもらいたいと思ってるよ。もしよかったらサウンドチェックの時に会場に来て、一緒に録音したって構わないよ(笑)。詳細はwww.thealarm.comwww.pledgemusic.com/projects/thescripturesを見てほしい。

??ライブ・パフォーマンスの醍醐味はなんですか?常にエキサイティングなパフォーマンスをする為に心掛けていることはありますか?

Mike Peters:セットリストにこだわらないこと。俺はいつも最初の1、2曲だけ決めてステージに立って、そして会場の雰囲気を見るんだ。やっぱりライブは、バンドとオーディエンスが一緒になって作り上げるものだと思う。バンドのパフォーマンスやオーディエンスが聴きたい曲を大声でリクエストしたり、その会場にいる人間一人一人がその日の雰囲気を変えていくことができる。そして、誰もが予期しないことが起きた時、その夜はみんなにとって特別なものになると思ってる。俺はいつもそういう瞬間が訪れるようにチャレンジしているのさ。

最高にエモーショナルで記憶に残るライブになることを約束するよ。

??今回の来日は何年ぶりですか?

Mike Peters:2010年に、俺がやってる『Love Hope Strength』という団体のチャリティー活動で富士山に登りに来たんだ。その時SqueezeのGlenn Tilbrook、The FixxのCy Curning、ハワイのサーファー・ミュージシャンDonavon Frankenreiterなんかと一緒にライブもやったよ。富士山でご来光を見たときはホントに感動したし、ともにガンと戦っている人たちと喜びを分かち合ったよ。

??どのようなセットリストにする予定ですか?

Mike Peters:やっぱり、『Declaration』30周年だからね。その日はアルバム全曲をやろうと思ってるよ。あと、バンドの歴史なんかも話したいなと思ってる。2回ショーがあるけど、さっきも言った通り、会場の雰囲気を見てそれぞれ違う曲をやるつもりさ。もちろん、オーディエンスからリクエストがあったらそれに応えるつもりだよ。

??最後に日本のファンへメッセージをお願いします。

Mike Peters:日本にまた行けることになってめちゃくちゃ興奮してるよ。ジ・アラームで行ってからずいぶんと経ってしまったしね。みんなと会えるのが楽しみだよ。80年代に行った時のライブも最高だった。

日本のファンの絆にはいつも驚かされるよ。ヨーロッパやアメリカにまで来てくれるファンもいて、本当に嬉しいよ。今度は俺が日本に行く番さ。俺のすべてを出して、最高にエモーショナルで記憶に残るライブになることを約束するよ。会場で会おう!

関連キーワード

TAG

関連商品

EQUALS
ジ・アラーム「EQUALS」

2018/07/11

[CD]

¥2,310(税込)

EQUALS
ジ・アラーム「EQUALS」

2018/07/11

[CD]

¥2,310(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    Perfume、【8th Tour 2020 “P Cubed” in Dome】東京公演放送決定

  2. 2

    音楽番組への出演はタイミングが重要?! Official髭男dismとLiSA

  3. 3

    緑黄色社会、新曲「Shout Baby」スタジオライブ映像公開

  4. 4

    安田レイ、新AL『Re:I』アートワーク公開 今年のテーマカラーは紫

  5. 5

    わーすた、「グレープフルーツムーン」MV公開

SPECIAL

インタビュー・タイムマシン

more

more

HOT IMAGES

注目の画像