Billboard JAPAN


Special Contents

曽根由希江と行く、【空コン×ご縁の国しまね】密着レポ

曽根由希江と行く、【空コン×ご縁の国しまね】密着レポ

曽根由希江と行く、【空コン×ご縁の国しまね】密着レポ

曽根由希江と行く、【空コン×ご縁の国しまね】密着レポ
▲曽根由希江と行く、【空コン×ご縁の国しまね】密着レポ

街コンジャパンとJALの共同企画として、大人気のパワースポット ご縁の国しまねに行く1泊2日の旅行街コンが3月1~2日に開催され、街コンジャパン公認の応援ソング「瞳にキスを」を歌う曽根由希江がゲスト出演のため本ツアーに同行した。

大学時代よりラジオパーソナリティとしての活動を始め、TBS系『王様のブランチ』のリポーターとしても活躍するなど多才な彼女。今回初挑戦した勾玉(まがたま)作りでは、『逆転裁判』や名作と瞳を輝かせる『クロノ・トリガー』についてまで、超ゲーマーを公言する意外な一面も。

そして参加者たちの“ご縁”を後押ししたスペシャルステージの模様や、出雲大社でのお参り様子などなど。話題の企画に参加する彼女に密着し、空コンの魅力を紐解いていく。

【空コン×ご縁の国しまね】密着レポ1
しまね到着

曽根由希江と行く、【空コン×ご縁の国しまね】密着レポ
出雲縁結び空港で しまねっこ と2ショット

3月1日正午、東京は羽田から1時間半ほど。“出雲縁結び空港”の愛称でも知られる出雲空港へ到着すると、島根県観光キャラクター しまねっこが参加者たちをお出迎えだ。愛らしいデザインは女性からの人気が高く、曽根も気に入った様子でさっそく記念撮影。

勾玉作り体験スタート

世界に一つだけの勾玉作りに挑戦
出雲縁結び空港で しまねっこ と2ショット

まず最初に訪れたのが、全国で唯一、出雲型勾玉を伝承する“いずもまがたまの里伝承館”だ。縁結びの動物であるうさぎの銅像に始まり、縄文時代後期から3000年の歴史を体験できるミュージアム、宍道湖を一望しながら地元の幸を堪能できるレストランと、方々に見所満載の館内だが、やはり一番の目玉は勾玉づくり体験だろう。

曽根由希江と行く、【空コン×ご縁の国しまね】密着レポ
▲おもしろ支配人 大野和人氏と2ショット

空コンではもちろん参加者たちがそれぞれに世界で一つだけの勾玉を作っていくが、今回は曽根も初挑戦。独特のキャラと語り口で楽しませてくれる支配人 大野和人氏の指導の下、制限時間ギリギリまで粘るほどのこだわりを見せながら勾玉を磨き上げていく。

また、いずもまがたまの里伝承館はかつて映画『逆転裁判』にも勾玉の貸し出し協力をしたそうだが、館内に貼られていたポスターを見つけた曽根は「あ、真宵ちゃんだ!」と声を弾ませた。実は彼女、『逆転裁判』は全シリーズをやり込むほどのゲーマーなのだという。以下、彼女の談だ。


曽根由希江:私、ゲームめっちゃ大好きなんです! 『逆転裁判』は全部やりましたし、RPGならドラクエ、FF、テイルズとやりますし。でも、一番好きなのは『クロノ・トリガー』(※1)です! 本当に大ッ好きなんですけど、音楽もヤバいんですよ。『クロノ・トリガー』で有名になった光田康典さんという方が担当されてて……。私、ゲーム音楽も大好きなんですよね!

でも、家でやっちゃうとダメになっちゃうから最近は禁止令を出してて、PS Vitaとかを移動時間にやるようにしてるんです。うちは兄がすっごいゲーマーだったんですけど、最近結婚して新居に行っちゃったんで、ゲーム機も全部持っていかれちゃったんですよ(笑)。いやー、ゲームやりたいなー……。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 【空コン×ご縁の国しまね】密着レポ2
    曽根由希江のオリジナル勾玉完成
  3. Next >
【空コン×ご縁の国しまね】密着レポ2
曽根由希江のオリジナル勾玉完成

曽根由希江と行く、【空コン×ご縁の国しまね】密着レポ
津戸友里さんより勾玉づくり体験修了証書を授与

やがて勾玉が完成すると、創業100年を超える歴史で初の女性職人という津戸友里さんより勾玉づくり体験修了証書を渡してもらってにっこり。さらには生命エネルギーの一種であるオーラ撮影できる特殊な機械“ビーリヴォーラレポート”にも挑戦と、【空コン×ご縁の国しまね】ならではの企画を存分に楽しんだようだ。

「瞳にキスを」熱唱で参加者を応援

曽根由希江と行く、【空コン×ご縁の国しまね】密着レポ
▲街コン会場でスペシャルライブ!

その後、空コン参加者たちが玉造温泉の散策や車窓から眺める日没を堪能している間、曽根由希江は一足先に街コンのスタート会場となる“美酔”でライブパフォーマンスを行うため、リハーサルへ。1組でも多くの出会いを後押しするため、真剣な表情でサウンドチェックを行った。

そして本番、計70名ほどの参加者たちの前に登場した彼女は、会場に漂う緊張感を軽やかなトークでほぐしていきながら、「瞳にキスを」を笑顔で熱唱。最後は乾杯の音頭まで行い、会場にリラックスした雰囲気を届けた。

一夜明けて会食。昨晩の成果は?

曽根由希江と行く、【空コン×ご縁の国しまね】密着レポ
▲島根ワイナリーで島根牛と芳醇な島根わいん!

明けて2日目、参加者たちが宍道湖を遊覧船で回遊する中、準備を済ませた曽根由希江ご一行は先んじて島根ワイナリーへ。
ここで味わうことができる島根牛と芳醇な島根わいんは、追って到着した参加者たちからの評判も上々だ。また、テーブルには男女が混合している席も多く、楽しく会食する参加者がそこここで見受けられたことを曽根も喜んでいた。

最後は縁結びのパワースポット 出雲大社へ

曽根由希江と行く、【空コン×ご縁の国しまね】密着レポ
▲出雲大社の注連縄は日本最大級!

古くから“神の国”と知られる出雲の国にあり、日本最古の歴史書『古事記』にも創建が記されている出雲大社。平成20年より5年の歳月、80億円以上の費用をかけた大遷宮が話題となったが、祀られている大国主大神が縁結びの神としても知られていることから、近年では縁結びのパワースポットとしても高い人気を誇る神社だ。

曽根由希江と行く、【空コン×ご縁の国しまね】密着レポ
▲空コンの成功と「瞳にキスを」ヒットを祈願

今回が島根初上陸という曽根だけに、出雲大社を訪れるのも当然初めて。神楽殿に張られた長さ13メートル、太さ最大8メートル、重さ4.5トンと日本最大級の注連縄に感嘆の声を上げると、参加者たちと共に神楽殿へ昇殿して玉串奉納を。そして巫女舞の鑑賞後、御神酒と肌守りを授かって戻ってきた彼女は、どこか神妙な面持ちである。

曽根由希江と行く、【空コン×ご縁の国しまね】密着レポ
おみくじの結果は?

こうして全行程を終えた【空コン×ご縁の国しまね】だが、同行した感想を訊ねてみると「大人の修学旅行みたいで楽しかったです!」と満面の笑顔だ。出雲大社では空コンツアー参加者の良い出会いと、ニューシングル『瞳にキスを』のヒットを祈願してきたそうだが、さらに訊いてみると最後に一言、「私には“神”曲が必要だと分かりました!」。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. インタビュー
    大きく言っちゃうと音楽と楽器が大好き
  3. Next >
インタビュー
大きく言っちゃうと音楽と楽器が大好き

▲YouTube「小嶋陽菜(こじはる)☆kissmore(キスモア)CM動画(30秒Ver.)」
▲YouTube「小嶋陽菜(こじはる)☆kissmore(キスモア)CM動画(30秒Ver.)」

--今回の新作『瞳にキスを』は、プロデューサーが根岸貴幸(※2)さんです。根岸さんは非常に幅広い音楽性をお持ちの方ですが、今作のサウンドっはよくよく聴いてみると普通じゃないというか。

曽根由希江:何回も何回も作り直して、こだわってやってくれたんですけど、根岸さんにシングル曲をお願いするのは初めてだったので、そういう聴き方をしてもらえるとすっごいうれしいです! 例えばグロッケンの音を入れるタイミングとかもそうだし、あえてベース音やドラム音を薄めにして、上目の音を出すようにして世界観を作ったりとか。

--ビートの構成も面白いですよ。太い音で強調するのではなく、折り重なった音色と隙間の空白を利用してグルーヴを作っていくというか。

曽根由希江:そうなんですよ! めっちゃ嬉しい!(笑)

--だから曽根さんに対して持っていたイメージとは違う楽曲だと感じたんですよ。

曽根由希江:そうですね、分かります、はい。

曽根由希江と行く、【空コン×ご縁の国しまね】密着レポ

--それまではやっぱりどこかで、ネガティブな意味での“着うた系歌姫”的な立ち位置にカテゴライズしていた所もあって。

曽根由希江:私、本当に色んな楽曲を聴くんですよ。大きく言っちゃうと音楽と楽器が大好きなので、曲を作っているときは色んなことをやりたくなっちゃうんです(笑)。ただ、やっぱりメッセージを伝える、自分を表現する上では、あんまりやりすぎちゃうと分かりづらくなっちゃうときがあるんですよね。

--これまでの5作のシングルの中で伝えられたという実感はありますか。

曽根由希江:私、“それ本気で思ってんの?”って言われるようなことを本気で思ってるタイプなんですよ(笑)。例えば今、SNSなら愚痴みたいな感覚で悪口を発信できたりしちゃうじゃないですか。そういうので楽になる気持ちも分かるんですけど、ちょっとしたことで他人を傷つけちゃったりする。そういうことで実際に深く傷ついた知り合いもいますし。
もちろん、SNSのすべてがダメだと言っているわけではないんですけど、人は心に鏡を持っていて、自分がどう見えているのかを意識したり、自分のしたことは返ってくると意識できれば、もうちょっとあたたかい世界が広がるんじゃないかなって、本気で思うタイプなんです。

“綺麗事でしょ?”って言われるかもしれないし、信じてもらうのってすごく難しいことだから歌えなかった。これまで勇気を出せず書けなかったんですけど、ちょっと大人になって、素直にまっすぐぶつかってみたいと思って書いたのが前作『願っているから』なんです。

ラジオパーソナリティとして得られた経験

曽根由希江と行く、【空コン×ご縁の国しまね】密着レポ

--様々な経験を通して成長したからこそ、書けた曲ということでしょうか。

曽根由希江:とはいえ私はまだ20代の小娘なので、あんまり偉そうなことは言えないですけど(笑)、もっと若かった頃はいろんな不安がありましたし、私自身が“そんなの綺麗事じゃん”って思っていた時期もありましたね。

私は大学生の頃にラジオのパーソナリティを始めたんですけど、当初は“ラジオで人と人が繋がっていて一人じゃない”って思える気持ちにすら、“そんなの本物じゃないじゃん……。結局、最後は裏切るじゃん”くらいに思ってしまっていた時期もありました。
でも、ラジオパーソナリティを続けていく中で、もちろん離れていく人はいるけど、心底熱い想いで優しく接してくれて空気を作り上げていく人だっている。私はそっちを信じたいし、そうなりたいと思うようになりました。

--シンガーやラジオのパーソナリティいうのは特殊な仕事であり、絶対数も限られた職種ですよね。

曽根由希江:そうですね。

--選ばれた仕事だからこそ、繋がりを感じやすい環境にあるわけで、学生や一般的な社会人にとっては、繋がりを感じにくい社会になってきているとは思いませんか?

曽根由希江:受験勉強をしながら「今辛いな」と思ったとき、周りの人間関係がうまくいかなくて「自分はひとりなんじゃないか、孤独なんじゃないか」って思っているときに、ラジオの向こうでしゃべっている人が自分に語りかけてくれるような感覚。仲間がいる、味方がいる、一人じゃないんだって本当に思えて、人間のあたたかさを信じて聞いてくれるリスナーさんがこんなにいるんだっていうことを、ラジオを通して実感していますね。求めている人は割合でいったら少ないかもしれないけれども、その数は少なくないと思います。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. インタビュー
    個人的に好きな曲ってマニアックなのが多い
  3. Next >
インタビュー
個人的に好きな曲ってマニアックなのが多い

曽根由希江と行く、【空コン×ご縁の国しまね】密着レポ

--曽根さんは若くしてラジオパーソナリティもやっていましたから、言葉の持つ強さ、弱さも熟知されていると思います。

曽根由希江:言葉が武器、ナイフになるときもありますからね。

--だからこそ、曽根さんの歌詞からは、一人でも多くの人にあたたかい温度を伝えようとする意思を感じるんですよ。

曽根由希江:難しい所だと思うんですけど、“歌詞にはどこかでスパイスがないと……”って考えもあるじゃないですか。単にあたたかくて優しいだけだと流れていくだけだっていうのも分かるから、作っているときに悩みますね。とはいえ強い印象を与える言葉にはブレーキをかけちゃうときもありますし。

ただ、「瞳にキスを」の歌詞に関しては、良い意味で気軽に書ける歌詞にしたいと最初から思ってたんですよ。昔書いてた切ない系だったり毒々しい歌詞の曲たちには人間のもろさが表現されていて、それはそれで魅力的だと思うんですけど、その頃より今の方が芯のある女性像を描けるんじゃないかなって。

曽根由希江と行く、【空コン×ご縁の国しまね】密着レポ

--ただ、「瞳にキスを」の歌詞で描かれる主人公ってよくよく聴くと孤独な状態で、アップテンポでハッピーなサウンドとはギャップがある。このバランスが絶妙なんですよね。

曽根由希江:わ、それ本当に嬉しいです! 一番悩んだんですよ。この曲は1年以上前からあったんですけど、歌詞を変えたんですよ。作っていくうちに楽しくて明るい、ときめく感じになっていたので、ただ浮かれてるだけになっちゃうのが嫌だって気持ちがあって。この主人公の強さというか、ただ浮かれているだけではない部分をどうしても作りたくて、気をつけながら言葉を選びました。

個人的に好きな曲ってマニアックなのが多いみたいで、洋楽がすごい好きなんですよ。ジャズも聴くし、ロックもR&Bも好きだし、ブラックミュージックも大好きだし……。いわゆる“日本のキャッチー”みたいな所じゃない音楽を普段は聴いてるので、何も考えずに曲を作ってると日本では……みたいなメロディを作りがちなんです。

--特にサウンドの革新性は、海外の方が広く支持される土壌がありますよね。

曽根由希江:私は日本人だし、歌詞でもなるべく英語を使わないようにしてます。日本語の良さを伝えたいと思うし、日本語の伝えたいメッセージを、伝えやすいようなメロディに乗せたいっていうのは大事にしています。
あんまりあれも欲しいこれも欲しいってやっていると良い作品ができなくなるような気もするので、日本語の言葉をよく伝えられるような歌詞の選び方、その歌詞に合うメロディの作り方は意識していますね。

曽根由希江が語る街コンの魅力

曽根由希江と行く、【空コン×ご縁の国しまね】密着レポ

--そしてこの曲は、街コンジャパン公式出会いソングに起用されました。曽根さんは街コンにどんなイメージを持っていますか?

曽根由希江:正直、最初は“どうなんだろう?”と思ってたこともありました、“チャラい感じなのかな?”とか。でも実際に見に行ってみたらすごく健全だし、そこでステキな人に出会えるかもしれない。会場も素晴らしいお店だったりするから、そこに行くだけでも楽しいですよね。みんなが出会おうとしている中で、楽しくお話しできるし。

--たしかに自分が20代の頃にあったら参加してましたね。

曽根由希江:私の周りで、仕事をしていて結婚していない子とかが、“学生の頃にあった出会いが社会人になると全然なくなる”ってよく言うんですよ。だからこそ街コンに参加する行動力はすごい大事だと思います。ちょっと行動すれば出会いはあると感じましたし、出会いがないと悩んでる友だちに教えたい。“「瞳にキスを」を聴いてときめいて色んな所に行きなよ!”って言いたいです(笑)。

--街コンでうまくいったカップルにとっては、「瞳にキスを」が忘れられない曲になるかもしれないですしね。

曽根由希江:そうなったら本当にしあわせです!

曽根由希江と行く、【空コン×ご縁の国しまね】密着レポ

--で、そんな思い出にもなりそうなシングル『瞳にキスを』のカップリングに収録されている曲が「サヨナラ」で。

曽根由希江:アッハッハッハッハ!

--そこまで用意しておくかっていう(笑)。

曽根由希江:ほんとそれ!(笑) 自分でもびっくりしちゃったんですけど、「サヨナラ」は春の桜を描きたくて作った曲なので、この時期に出したかったんですよ! でも、確かに街コンで考えると……

--どちらにも対応できる機能的なシングルですよ。ダメだったら「サヨナラ」を聴く。

曽根由希江:出会ったけどごめんなさい、みたいな(笑)。ただ、どうしても曲を書くときって、つらいときが多いんですよ。楽しいときに書こうと思うことが少なくて、つらいとき、泣きたいときにピアノへ向かうことが多いので、どうしても切ない系の曲が好きなんだと思うんですよね、私自身。だから「瞳にキスを」はもちろん好きなんですけど、“曽根由希江はこういう色”っていうイメージを持っていただいていると思っているので、そっちも見せたかったんです。

曽根由希江「瞳にキスを」

瞳にキスを

2014/03/05 RELEASE
MUCD-5251 ¥ 1,320(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.瞳にキスを
  2. 02.サヨナラ
  3. 03.願っているから -弾き語りバージョン-
  4. 04.瞳にキスを -Vocal-less Track-
  5. 05.サヨナラ -Vocal-less Track-

関連キーワード

TAG

関連商品

瞳にキスを
曽根由希江「瞳にキスを」

2014/03/05

[CD]

¥1,320(税込)

瞳にキスを
曽根由希江「瞳にキスを」

2014/03/05

[CD]

¥1,320(税込)

願っているから
曽根由希江「願っているから」

2013/04/10

[CD]

¥1,646(税込)

願っているから
曽根由希江「願っているから」

2013/04/10

[CD]

¥1,320(税込)

願っているから
曽根由希江「願っているから」

2013/04/10

[CD]

¥1,646(税込)

願っているから
曽根由希江「願っているから」

2013/04/10

[CD]

¥1,320(税込)

to You
曽根由希江「to You」

2012/06/27

[CD]

¥3,394(税込)

to You
曽根由希江「to You」

2012/06/27

[CD]

¥3,703(税込)

to You
曽根由希江「to You」

2012/06/27

[CD]

¥3,143(税込)

to You
曽根由希江「to You」

2012/06/27

[CD]

¥3,394(税込)

to You
曽根由希江「to You」

2012/06/27

[CD]

¥3,703(税込)

to You
曽根由希江「to You」

2012/06/27

[CD]

¥3,143(税込)

ねぇ、どうして
曽根由希江「ねぇ、どうして」

2012/04/25

[CD]

¥1,320(税込)

ねぇ、どうして
曽根由希江「ねぇ、どうして」

2012/04/25

[CD]

¥1,646(税込)

ねぇ、どうして
曽根由希江「ねぇ、どうして」

2012/04/25

[CD]

¥1,320(税込)

君のとなりに
曽根由希江「君のとなりに」

2011/11/09

[CD]

¥1,676(税込)

君のとなりに
曽根由希江「君のとなりに」

2011/11/09

[CD]

¥1,320(税込)

君のとなりに
曽根由希江「君のとなりに」

2011/11/09

[CD]

¥1,676(税込)

君のとなりに
曽根由希江「君のとなりに」

2011/11/09

[CD]

¥1,320(税込)

HOME
曽根由希江「HOME」

2011/05/25

[CD]

¥1,676(税込)

HOME
曽根由希江「HOME」

2011/05/25

[CD]

¥1,320(税込)

HOME
曽根由希江「HOME」

2011/05/25

[CD]

¥1,676(税込)

HOME
曽根由希江「HOME」

2011/05/25

[CD]

¥1,320(税込)

スマイル
曽根由希江「スマイル」

2010/12/08

[CD]

¥2,096(税込)

スマイル
曽根由希江「スマイル」

2010/12/08

[CD]

¥2,096(税込)

ギンモクセイ
曽根由希江「ギンモクセイ」

2010/10/06

[CD]

¥1,100(税込)

ギンモクセイ
曽根由希江「ギンモクセイ」

2010/10/06

[CD]

¥1,100(税込)

瞳にキスを
曽根由希江「瞳にキスを」

2014/03/05

[CD]

¥1,320(税込)

瞳にキスを
曽根由希江「瞳にキスを」

2014/03/05

[CD]

¥1,320(税込)

願っているから
曽根由希江「願っているから」

2013/04/10

[CD]

¥1,646(税込)

願っているから
曽根由希江「願っているから」

2013/04/10

[CD]

¥1,320(税込)

願っているから
曽根由希江「願っているから」

2013/04/10

[CD]

¥1,646(税込)

願っているから
曽根由希江「願っているから」

2013/04/10

[CD]

¥1,320(税込)

to You
曽根由希江「to You」

2012/06/27

[CD]

¥3,394(税込)

to You
曽根由希江「to You」

2012/06/27

[CD]

¥3,703(税込)

to You
曽根由希江「to You」

2012/06/27

[CD]

¥3,143(税込)

to You
曽根由希江「to You」

2012/06/27

[CD]

¥3,394(税込)

to You
曽根由希江「to You」

2012/06/27

[CD]

¥3,703(税込)

to You
曽根由希江「to You」

2012/06/27

[CD]

¥3,143(税込)

ねぇ、どうして
曽根由希江「ねぇ、どうして」

2012/04/25

[CD]

¥1,320(税込)

ねぇ、どうして
曽根由希江「ねぇ、どうして」

2012/04/25

[CD]

¥1,646(税込)

ねぇ、どうして
曽根由希江「ねぇ、どうして」

2012/04/25

[CD]

¥1,320(税込)

君のとなりに
曽根由希江「君のとなりに」

2011/11/09

[CD]

¥1,676(税込)

君のとなりに
曽根由希江「君のとなりに」

2011/11/09

[CD]

¥1,320(税込)

君のとなりに
曽根由希江「君のとなりに」

2011/11/09

[CD]

¥1,676(税込)

君のとなりに
曽根由希江「君のとなりに」

2011/11/09

[CD]

¥1,320(税込)

HOME
曽根由希江「HOME」

2011/05/25

[CD]

¥1,676(税込)

HOME
曽根由希江「HOME」

2011/05/25

[CD]

¥1,320(税込)

HOME
曽根由希江「HOME」

2011/05/25

[CD]

¥1,676(税込)

HOME
曽根由希江「HOME」

2011/05/25

[CD]

¥1,320(税込)

スマイル
曽根由希江「スマイル」

2010/12/08

[CD]

¥2,096(税込)

スマイル
曽根由希江「スマイル」

2010/12/08

[CD]

¥2,096(税込)

ギンモクセイ
曽根由希江「ギンモクセイ」

2010/10/06

[CD]

¥1,100(税込)

ギンモクセイ
曽根由希江「ギンモクセイ」

2010/10/06

[CD]

¥1,100(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    清水翔太、ソニーミュージック初の男性ヴォーカリスト・オーディションにサプライズ登場

  2. 2

    TM NETWORK、35周年記念べストアルバムにファン投票70曲を収録

  3. 3

    Hey! Say! JUMP、日本人初の360度回転ムービングステージも見られたドームツアーファイナル

  4. 4

    蔦谷好位置×藤原聡(Official髭男dism)、『オオカミちゃん』挿入歌ピアノバージョンを初オンエア

  5. 5

    ナナヲアカリ、アニメ『理系が恋に落ちたので証明してみた。』ED曲のMV公開

HOT IMAGES

注目の画像