Billboard JAPAN


Special Contents

SuG 『MISSING』インタビュー

SuG 『MISSING』 インタビュー

目標は日本武道館。ここに復活した意味を示す。

 SuG復活記念全員揃い踏みインタビュー公開。活動休止期間、それぞれどんな想いでSuG復活の瞬間を待ち、2013年12月29日 国立代々木競技場第二体育館でのワンマンライブに集ったのか。そして復活第一弾シングル『MISSING』で彼らは音楽シーン、もとい世間に何を示そうというのか。活動休止に意味があったのなら、復活にも意味がある。目標の日本武道館に向けてひた走っていく5人の今を記録する。

復活の瞬間「マジで思いましたね。ここでスベったら終わるなって」

MISSING - SuG (PV FULL)
▲MISSING - SuG (PV FULL)

--2013年12月29日 国立代々木競技場第二体育館でのワンマンライブで完全復活。またこうして変わらぬ5人でSuGを再始動できたことには、どんな感慨を持たれていますか?

武瑠(vo):この5人じゃなかったら終わってましたからね。

Chiyu(b):このメンバーじゃなかったら、多分……実家に帰ってたかな。SuGが解散してしまったとして、またイチから別のバンドを組む気もなかったんで。

--活動休止中、武瑠くんが海外に行ったりしていた話は伺いましたが、他のメンバーはどんな日々を過ごしていたんでしょうか?

masato(g):僕は舞台とかやってましたね。見せ方を勉強したくて、例えばファッションショーの中に持ち時間をもらって、自分でストーリーも演出も音楽も担当したパフォーマンスをやったり、知り合いの劇団員と一緒にライブをやったりして、今までと違うステージの立ち方に挑戦していました。またSuGに戻ってきたときにパワーアップしていたいとも思っていたので。

shinpei(dr):僕はライブを中心に活動してました。時間はあったので、いろんな人とやってみたくて。SuG以外でドラムを叩くのは、当然ながら安心感もないですし、やっぱり最初はやりづらいんですけど、そこを合わせていく楽しさがありました。「あ、この人はこういうノリなんだ?」とか、いろんなノリに合わせていくことに挑戦してましたね。

Chiyu:俺はまずベースボーカルという形でライブをしようと。武瑠と2人で歌える曲をSuGの武器として今後使えたらといいなと思って。あと、センターに立つことによって、ライブを主体になって回すということも一回経験しておきたかったんですよね。それで主催ライブしたりとか、あとは別のバンドのサポートとかやっていました。

--yujiさんは、復活ライブのMCによって『相棒』を観ていただけみたいな印象になっていますが。

yuji(g):実際、そんな感じでした。自宅から半径3km以内で生活していました。自宅警備員ってやつです。

Chiyu:久々に聞いたわ、自宅警備員(笑)。

yuji:SuGの作曲だけはやっていたんですけど、あとは友達と結構遊んでましたね。海行ったりとか。最高でしたね。今年も行きたいです、海は。

--そうですか(笑)。活動休止中、それぞれメンバーの動きは気になっていたんですか?

shinpei:ちょいちょい会ってはいたので……。ただ、武瑠くんが海外行ったときは気になってましたね。例えば、事故とか。

yuji:アメリカなんか行ったらすぐ撃たれるからね!

武瑠:そんなことないから。

yuji:すぐ撃たれんじゃん! すぐ「Hurry up」じゃん!

武瑠:そんな危ないところじゃないから(笑)。

shinpei:武瑠くん、好奇心旺盛なんで、危ないところに行きそうなイメージがあったので。まぁそういうのに巻き込まれなきゃいいなとは思ってました。

--撃たれたら復活もへったくれもないですからね。

masato:結構な伝説にはなりますけどね。ミュージシャンとしては。

武瑠:SuG、売れたかもしれない(笑)?

--この5人が「よし、SuG再始動するぞ」と集まったのは、いつどんなタイミングだったんですか?

yuji:ちょくちょく会ってる中でミーティングしながら、復活が決まるのか、決まらないのか、みたいな状況が続いてて。でも準備だけはしていたっていう。

武瑠:それこそ次のスタッフになるかもしれない人と会ったりしていて。

masato:で、所属する事務所が決まって、国立代々木競技場第二体育館でワンマンライブをすることも決まったので、あとはそこに照準を合わせて進んでいくことになったんです。

Chiyu:そういう感じでぬるぬる~と進んでいったから「よっしゃー、決まったあぁ!」っていう感じはなくて(笑)。いろんなパターンが考えられた中で、今回の形での復活になったっていう。

--音を合わせたり、コミュニケーション取っていく中で「再始動前と変わったな」と、メンバーに対して感じたりすることってありました?

Chiyu:リハに入って一番最初に思ったのは「みんな成長したな」という感じよりは「やっぱり変わらねぇな」っていう。

masato:それまでにもちょくちょく音合わせたりしてたしね。

yuji:一回、コピーをやる為だけにスタジオ入ったよね? ちょっとスタジオに入らなさすぎるのはヤバイねって、THE YELLOW MONKEYとMOON CHILDの「ESCAPE」やって(笑)。

--2013年12月29日の復活公演【SuG Onemanshow 2013“update ver.0”】。いざ、ライブが始まって大歓声を浴びたときはどんな気分に?

yuji:ブルブルしたんですけど、それを必死に抑えないといけない。演奏するにはそこで気持ちを持っていかれちゃうと、悪い方向に出ることが多いので「抑えなきゃ、抑えなきゃ!」って思いながら。しかも1曲目がバラードの「0 song」だったので、冷静になろうと努めました。

Chiyu:音出すとき、怖かったもん。フレーズ的にはすごく簡単なんですけど、それでも一音一音、フレーズが移動する度に怖かったもん。音を出すのが。

--SuGの歴史において、何が何でもスベっちゃいけない瞬間でしたからね。

一同:(笑)

Chiyu:本当そうだったんですよ!

武瑠:それはマジで思いましたね。ここでスベったら終わるなって。

yuji:すべてが台無しになるやつだもんな。

masato:クスクスとか笑われたら終了だもんね。

Chiyu:そうなったら絶対に立て直せないですからね(笑)。だからそこはかなり集中しましたよ。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 結成秘話「クソ中のクソでした。
    一緒に出てるコピーバンドより酷かった」
  3. Next >
結成秘話「クソ中のクソでした。
一緒に出てるコピーバンドより酷かった」

--冒頭を「0 song」にするのはマストだったんですか?

武瑠:もうこれしかないかなと思って。一年前の活動休止ライブの最後に流した曲だったので。一年前の段階ではワンコーラスだけ作って、FCサイトにだけアップしていたものなんです。どこかでSuGが再始動できたとしても、ファンクラブは自分たちのせいで解散させることになってしまったので、その子たちに何かケアしてあげたいなと思って。で、もし復活できたら続きを作るつもりでいたんです。

--ファンがこの1年、ちゃんと待っていてくれたことにはどんな想いを?

yuji:感謝しかない。

masato:一年待って、また同じ会場を埋められた。それだけ待ってくれている人たちがいたというのは、本当に有り難い限りですよね。

武瑠:あと、休んでいる間にファンが増えたというのもまた希望。実は活動休止ライブより数字的に反響は大きかったんですよ。ということは、今まで作ってきたものの延長線上にもっと可能性があるんじゃないかと思えた。

--あと、僕も客席から観させて頂いていましたが、改めて見ると5人ともめちゃくちゃキャラ立ちしていて、学校だったら全員別々のグループにいるんだろうなって思うぐらいなんですけど、それがひとつのバンドを機能させてる面白さを感じました。その点に関してはどう思いますか?

Chiyu:それを目指してやっていかなきゃなと、メンバーと話し合っていたんですよ。だからそう映っているんだとしたら嬉しいです。活動休止中にそれぞれ動いた意味があったのかなって思います。

武瑠:5人がバラバラに立っているというのは、SuGにとって最重要課題だったりしたので。それが無理だったら何もかも上手くいかないだろうなって今でも思っているんで。だからそこを評価してもらえるのはすごく嬉しい。意図的にMCの数を減らして各メンバーのキャラを際立たせたり、服装もちゃんとそれぞれが一番活きるものを選んだりもしたので。

--なかなかいないですからね。ライブ観に行って、バンドメンバーが5人いて5人とも印象に残るバンドって。

武瑠:ヴィジュアル系だと、大体ひとり女の子キャラを作らないと難しいっていう、永遠のテーマがあったりして。

--ヴィジュアル系じゃないロックバンドも、最近は大体メンバーに女の子をひとりかふたり入れますもんね。

武瑠:そうなんですか?

--サカナクション、神聖かまってちゃん、SEKAI NO OWARI……

武瑠:たしかに(笑)。

--凄い基本的な話、今更ながらに聴いてもいいですか。そもそもこの5人ってどういう経緯で集まったんですか?

一同:(笑)

Chiyu:このタイミングで!?

武瑠:逆にもう今しか聞けない!

yuji:斬新だな!

masato:では、その最終チャンスに説明させて頂きますと(笑)、そもそもは僕と武瑠がメンバー募集で出逢いまして。そのときはいろんな人とセッションしながら、気の合う奴を探している感じだったんです。で、yujiもほとんど変わらないタイミングで知り合ったんですけど、いきなりオムニバスCDの話を頂きまして、バンドをやらなければ参加できない状況があったんですよ。で、Chiyuじゃないんですけど、ベースを探して。

yuji:ホームページで探したんだっけ?

masato:魔法のiらんど(笑)。で、オムニバスCDのレコーディング翌月に初ライブが決まったんですけど、事情があって前のベースは抜けてしまったんです。それでライブハウスの店長さんの伝手でChiyuくんと会って。

Chiyu:まずサポートで入って、3回目か4回目のライブでは正式メンバーになってましたね。

武瑠:「しゃーないから入るわ」みたいな(笑)。

masato:僕らバンド経験がないメンバーだったんですよ。で、Chiyuくんは前にバンドをやってて、ワンマンライブの経験とかもあったから、バンド経験で言ったら差は結構ついてたんです。

yuji:だから本当によく入ったなって。クソみてぇなバンドだったんで。

武瑠:クソ中のクソでした。一緒に出てるコピーバンドより酷かった。

Chiyu:入っておいてアレですけど、クソでしたね!

一同:(笑)

武瑠:だから入ったのも凄いけど、バンド自体を始めたのも凄いなと思って。始めた勇気。「よく始められたな、おまえら」っていう。

Chiyu:それを所属させた事務所も凄いし(笑)。

yuji:だから今考えると、全部が意味分かんない!

--なんでそれで続けられたというか……

yuji:運だけはあったんでしょうね(笑)。

Chiyu:それ以外は見当たらない。

武瑠:あと、謎の自惚れ。

masato:たしかに謎の自惚れはあったよね!

武瑠:俺、信じて疑わなかったですもん。5年で武道館できるって。そういう謎な自信ってあるじゃないですか。地球上で何が起きようが「俺だけ死なない」みたいな。今でもそういう感覚はある。

shinpei:後からその輪の中に入っていくのは怖かったですけどね(笑)。MITSURU(元メンバー/dr)くんが背が高かったのもあって、わりと僕とキャラも違うタイプだったので。

--ただ、その5人が今や必要不可欠な表現者として存在しているというのを、特に復活ワンマンでは感じたんですけれども、自分たちではどう思いますか?

武瑠:やっとバンドやっていい感じ。

一同:(笑)

Chiyu:そろそろ始めてもいいかなっていう(笑)。

武瑠:「何歳になっても遅くねーんだよ」っていう言葉、俺たちにこそ似合うと想います。

--そうなると、活動休止前のアレは何だったんですかね? 長い助走?

yuji:まぁまぁ助走と言われても否定は全くできない。

masato:たしかにそうかもなっていう。

武瑠:いや、跳ぶ為のトレーニング。助走ですらなかった。次、本当に跳ぶ為のトレーニング。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 目標は日本武道館「まぁでも詰まるところは、たかみーさん」
  3. Next >
目標は日本武道館「まぁでも詰まるところは、たかみーさん」

--僕は「異端児、異端児」とSuGのことを言ってますけど、今回の復活で改めて頂点を狙いにいくストーリーが似合うバンドだなと思いました。逆に言えば、活動休止してよかったなって。武瑠くん、どう思います?

武瑠:今までの地盤プラス、もうちょっと一般層というか、男の子とか大人を巻き込めるランクに入った感じがする。だから得体の知れない「行ける」感があると思うんですけど、攻める範囲が広がった。例えば、前と同じプロモーションをしたら前より伸びるなって。音源を聴いても、前のちょっとしたガッカリ感みたいなものはないので、前より自分たちの曲を聴きたくなる。

--その新生したSuGを表現するにこの上ない、復活第一弾シングル『MISSING』がリリースされます。自分たちでは仕上がりにどんな印象や感想を?

武瑠:音が良くなったなって。

shinpei:たしかに音は本当によくなった。

--演奏がよくなったってこと?

yuji:プラグインのせい(笑)?

武瑠:それも含めてだと思うけど、明らかにバーン!って来る感じが増えた。どう聴いても。昔より自分も理想通りに歌えてるし。

--ここまで激情的な作品を復活第一弾にしようと思ったのは?

武瑠:自然な流れです。今の感情的な部分を出したらこうなったっていう。あとは単純に「こっちのほうがビックリするんだろうな」みたいな。

shinpei:ここまでツーバス踏んでる曲もないんで、レコーディングには若干不安はありました。「できるかな?」っていう。でもそこは乗り越えられたので。僕にとって良い意味で逃げ道を無くされたシングル。

武瑠:全体的にスケールアップできた曲だと思います。昔だったらこういう失敗しただろうなと思う点もクリアーできているので。衣装ひとつとっても、前だったら不安になってノースリーブの上にジャケット着ていただろうなとか。それってすごく細かいことなんですけど、すごく作用するところなので。だから何度も何度もシミュレーションしました。復活第一弾からこそ。結果、ロゴとか何もかもすごくしっくり来てる。

--ここで新たに打ち出した“Street Gothic”とは、どういうコンセプトだったりするの?

武瑠:活動休止中に服を見る機会が増えたんですけど、ニューヨークの美術館とかクラブとかいろんなところへ足を運んでる中で、コンプレックスが若干なくなったというか。案外、向こうはダサい人が多かった(笑)。スケスケのピタピタのストッキングで歩いている女の人や、ボロボロのジーンズに白Tシャツ姿が格好良くない人がいっぱいいて。で、自分の写真を見せたりしてたら「めっちゃオシャレだ」「これ、どこで買ったんだ?」って言われたりして、もう変にコンプレックスを持つ必要はないなって思えた。あと、あっちの服の流行りが基本的にヒップホップで、その代表みたいなものを見れたのもすごく大きかったです。じゃあ、それをSuG流に、ロック流にアレンジしようと思ったのが“Street Gothic”。

--この作品でSuGがまた始まるドラマは興奮するんですが、SuGファン以外にも突き刺したいですよね。それこそ武瑠くんの「世界に刺され!!」じゃないですけど。

武瑠:そうですね。できるだけ外の人にも見てもらいたい。等間隔で捉えた作品なので、一般の人にも、ヴィジュアル系シーンの人にも、おそらく新しく感じてもらえるものになると思う。あと、これを機に「SuG、好き」って言うのが恥ずかしくないバンドになる。隠れファンは多かったんですけど、最近はみんな公言するようになってきているので。「もう好きって言ってもダサくない」みたいな(笑)。まだ今のBIGBANGやMIYAVIさんみたいに「好きって言ったら格好良い」までは行ってないと思うんですけど、そこは目指さないとなって。それはこの一年で、次のアルバムとかで絶対に辿り着けると思ってる。

--現在の音楽シーンに対して、この作品がヒットする、もしくは衝撃を与える勝算はどの程度あると分析していますか?

武瑠:関係者とかが受ける衝撃って作品の中身に対してだと思うんですけど、一般の人たちが「好きって言っても恥ずかしくない」ってなるのは、露出量次第じゃないですか。ちょっとフリーペーパーに載ったぐらいだとアレだけど、テレビのタイアップを取っていたりとか、ここに広告が出ていた人なら「好きって言っても恥ずかしくない」みたいな感じなので、その両立を考えていかないといけない。でもそういう意味でも本当に良い形を作っていけると思います。絶対に今のSuGは間違ってないと思うんで。

--ちなみに復活後のSuG、当面の目標は日本武道館でワンマンなのかなと思うんですけど、実際のところはどうなんでしょう?

武瑠:個人的にチケットを買って初めて観たライブが、HYDEさんの日本武道館ワンマンで「これをやってみたら面白いかもしれない」って思ったんです。そのステージにこういう遠回りの道を通ったからこそ立ちたいなって、今は強く思うようになってて。それで立ったら格好良いんじゃないかって。

--辿り着けそう?

武瑠:「できる」と言いたいところなんですけど、武道館は抽選なんで。それが取れるかどうか。今はアイドルもよく使っているんで、それで余計に枠が少なくなってるんですよね。

--でもSuGの武道館は観たいですよ。各々、武道館に立ったらやってみたいことってあります?

shinpei:「ライブハウス武道館へようこそ」って言うやつ?

yuji:それはもう言われ尽くされていてちょっと恥ずかしい(笑)。

武瑠:結構みんな言ってるからね。しかも観ている側はBOOWY世代じゃないから、みんな意味分かってない。

Chiyu:分かる奴だけ「あいつ、言ったわ」ってなる。

--まーたんには王子様ルックで飛んでほしいですけどね。

一同:(爆笑)

masato:ジャニーズ吊りですね(笑)。

武瑠:でもそれはなるべくソロでやってほしい……。

--(笑)。ちなみにTHE ALFEEの高見沢俊彦さんは、宙づりになってギターソロ弾いてます。

武瑠:もうやってんだ? さすがだわ!

yuji:まぁでも詰まるところは、たかみーさんだと思うので。

--究極系は今のところたかみーさんなんですね。

武瑠:最終進化系。

masato:翼、生やすやつ?

--その姿が見られる日、楽しみにしてます(笑)。

Music Video

SuG「MISSING」

MISSING

2014/02/19 RELEASE
PCCA-3977 ¥ 1,851(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.MISSING
  2. 02.Rolling!!

関連キーワード

TAG

関連商品

SHUDDUP
SuG「SHUDDUP」

2016/11/02

[CD]

¥2,000(税込)

SHUDDUP
SuG「SHUDDUP」

2016/11/02

[CD]

¥3,000(税込)

LIVE「VIRGIN」
SuG「LIVE「VIRGIN」」

2016/09/21

[DVD]

¥4,212(税込)

LIVE「VIRGIN」
SuG「LIVE「VIRGIN」」

2016/09/21

[Blu-ray Disc]

¥5,400(税込)

VIRGIN
SuG「VIRGIN」

2016/03/09

[CD]

¥2,000(税込)

VIRGIN
SuG「VIRGIN」

2016/03/09

[CD]

¥3,240(税込)

VIRGIN
SuG「VIRGIN」

2016/03/09

[CD]

¥4,860(税込)

SICK’S
SuG「SICK’S」

2015/12/16

[CD]

¥1,296(税込)

SICK’S
SuG「SICK’S」

2015/12/16

[CD]

¥1,782(税込)

BLACK
SuG「BLACK」

2015/03/04

[CD]

¥3,240(税込)

BLACK
SuG「BLACK」

2015/03/04

[CD]

¥4,212(税込)

BLACK
SuG「BLACK」

2015/03/04

[CD]

¥5,940(税込)

VersuS -極悪SuG-
SuG「VersuS -極悪SuG-」

2015/01/28

[Blu-ray Disc]

¥5,400(税込)

VersuS -極悪SuG-
SuG「VersuS -極悪SuG-」

2015/01/28

[DVD]

¥4,320(税込)

CRY OUT
SuG「CRY OUT」

2014/11/19

[CD]

¥1,000(税込)

CRY OUT
SuG「CRY OUT」

2014/11/19

[CD]

¥1,890(税込)

CRY OUT
SuG「CRY OUT」

2014/11/19

[CD]

¥1,890(税込)

B.A.B.Y.
SuG「B.A.B.Y.」

2014/07/23

[CD]

¥1,250(税込)

B.A.B.Y.
SuG「B.A.B.Y.」

2014/07/23

[CD]

¥1,890(税込)

B.A.B.Y.
SuG「B.A.B.Y.」

2014/07/23

[CD]

¥1,890(税込)

BEST 2010~2012
SuG「BEST 2010~2012」

2013/03/06

[CD]

¥3,086(税込)

BEST 2010~2012
SuG「BEST 2010~2012」

2013/03/06

[CD]

¥9,051(税込)

sweeToxic
SuG「sweeToxic」

2012/09/19

[CD]

¥1,234(税込)

sweeToxic
SuG「sweeToxic」

2012/09/19

[CD]

¥1,851(税込)

☆ギミギミ☆
SuG「☆ギミギミ☆」

2011/06/15

[CD]

¥1,594(税込)

☆ギミギミ☆
SuG「☆ギミギミ☆」

2011/06/15

[CD]

¥1,903(税込)

☆ギミギミ☆
SuG「☆ギミギミ☆」

2011/06/15

[CD]

¥1,903(税込)

39GalaxyZ
SuG「39GalaxyZ」

2010/02/01

[CD]

-

gr8 story
SuG「gr8 story」

2010/01/27

[CD]

¥1,620(税込)

gr8 story
SuG「gr8 story」

2010/01/27

[CD]

¥1,944(税込)

AGAKU
SuG「AGAKU」

2017/07/05

[CD]

¥1,700(税込)

MIXTAPE
SuG「MIXTAPE」

2017/03/08

[CD]

¥2,500(税込)

MIXTAPE
SuG「MIXTAPE」

2017/03/08

[CD]

¥3,900(税込)

SHUDDUP
SuG「SHUDDUP」

2016/11/02

[CD]

¥2,000(税込)

SHUDDUP
SuG「SHUDDUP」

2016/11/02

[CD]

¥3,000(税込)

LIVE「VIRGIN」
SuG「LIVE「VIRGIN」」

2016/09/21

[DVD]

¥4,212(税込)

LIVE「VIRGIN」
SuG「LIVE「VIRGIN」」

2016/09/21

[Blu-ray Disc]

¥5,400(税込)

VIRGIN
SuG「VIRGIN」

2016/03/09

[CD]

¥2,000(税込)

VIRGIN
SuG「VIRGIN」

2016/03/09

[CD]

¥3,240(税込)

VIRGIN
SuG「VIRGIN」

2016/03/09

[CD]

¥4,860(税込)

SICK’S
SuG「SICK’S」

2015/12/16

[CD]

¥1,296(税込)

SICK’S
SuG「SICK’S」

2015/12/16

[CD]

¥1,782(税込)

BLACK
SuG「BLACK」

2015/03/04

[CD]

¥3,240(税込)

BLACK
SuG「BLACK」

2015/03/04

[CD]

¥4,212(税込)

BLACK
SuG「BLACK」

2015/03/04

[CD]

¥5,940(税込)

VersuS -極悪SuG-
SuG「VersuS -極悪SuG-」

2015/01/28

[Blu-ray Disc]

¥5,400(税込)

VersuS -極悪SuG-
SuG「VersuS -極悪SuG-」

2015/01/28

[DVD]

¥4,320(税込)

CRY OUT
SuG「CRY OUT」

2014/11/19

[CD]

¥1,000(税込)

CRY OUT
SuG「CRY OUT」

2014/11/19

[CD]

¥1,890(税込)

CRY OUT
SuG「CRY OUT」

2014/11/19

[CD]

¥1,890(税込)

B.A.B.Y.
SuG「B.A.B.Y.」

2014/07/23

[CD]

¥1,250(税込)

B.A.B.Y.
SuG「B.A.B.Y.」

2014/07/23

[CD]

¥1,890(税込)

B.A.B.Y.
SuG「B.A.B.Y.」

2014/07/23

[CD]

¥1,890(税込)

MISSING
SuG「MISSING」

2014/02/19

[CD]

¥1,234(税込)

MISSING
SuG「MISSING」

2014/02/19

[CD]

¥1,851(税込)

sweeToxic
SuG「sweeToxic」

2012/09/19

[CD]

¥1,234(税込)

sweeToxic
SuG「sweeToxic」

2012/09/19

[CD]

¥1,851(税込)

sweeToxic
SuG「sweeToxic」

2012/09/19

[CD]

¥1,851(税込)

Lollipop Kingdom
SuG「Lollipop Kingdom」

2012/04/25

[CD]

¥3,086(税込)

Lollipop Kingdom
SuG「Lollipop Kingdom」

2012/04/25

[CD]

¥4,320(税込)

Toy Soldier
SuG「Toy Soldier」

2011/10/26

[CD]

¥1,594(税込)

Toy Soldier
SuG「Toy Soldier」

2011/10/26

[CD]

¥1,903(税込)

Toy Soldier
SuG「Toy Soldier」

2011/10/26

[CD]

¥1,903(税込)

☆ギミギミ☆
SuG「☆ギミギミ☆」

2011/06/15

[CD]

¥1,594(税込)

☆ギミギミ☆
SuG「☆ギミギミ☆」

2011/06/15

[CD]

¥1,903(税込)

☆ギミギミ☆
SuG「☆ギミギミ☆」

2011/06/15

[CD]

¥1,903(税込)

無条件幸福論
SuG「無条件幸福論」

2010/11/17

[DVD]

¥1,851(税込)

無条件幸福論
SuG「無条件幸福論」

2010/11/17

[DVD]

¥1,851(税込)

gr8 story
SuG「gr8 story」

2010/01/27

[CD]

¥1,620(税込)

gr8 story
SuG「gr8 story」

2010/01/27

[CD]

¥1,944(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    BUMP OF CHICKEN『aurora arc』が総合1位、米津玄師「パプリカ」をセルフカバー、『天気の子』世界観とリンクするMVが公開:今週の邦楽まとめニュース

  2. 2

    Nulbarich、初の韓国単独公演で最大規模ワンマンツアーに幕

  3. 3

    【深ヨミ】メディア別ではアナログが好調 2019年 上半期のアルバム販売動向を調査

  4. 4

    エイベックス楽曲のAmazon Prime Music提供開始、90年代~DA PUMP/AAA/三浦大知ら近年ヒット曲まで

  5. 5

    Sonar Pocket、野外単独ライブ「水のお祭り」&「炎のお祭り」で10周年締め括り

HOT IMAGES

注目の画像