Billboard JAPAN


Special Contents

平原綾香 『スマイル スマイル』インタビュー

平原綾香 シングル『スマイル スマイル』 インタビュー

 「みんなを愛したくて生まれてきた気がする」と語り、その人間性をストレートに表現したようなニューシングル『スマイル スマイル』をリリース。震災後の未解決のままの問題や相次ぐ通り魔事件など、人間の在り方について考えさせられる混沌としたこの世界で、彼女はなぜこんなにも純粋に正しく歩んでいくことができるのか。その生き様に迫った。

音楽の中で「これは嫌い、あれは好き」と決めない

--前回のインタビューでは、共感できる音楽を目指していきたいと仰っていましたが、今作『スマイル スマイル』は正にその通りの作品なんじゃないですか?

平原綾香:『スマイル スマイル』はそうですね。誰かの曲を聴いていても「そうそう」って自分の気持ちと一致したりすると癒される。独りじゃないなと思えたりするので、今作もまずは自分が一行一行に共感できる歌詞にしたくて。その上で聴いてくれた人にも共感してもらえたらいいなって。

--また、共感を目指す為、弱い自分もさらけ出すようになったと仰っていましたが、2曲目『Boy, I Wish You Were Here ~ここにいてくれたら~』はそれが顕著ですよね。

平原綾香:すごく切ない曲ですからね。「たとえ離れていても」という気持ちは私にもあるし、大切に想うからこそ空回りしちゃう部分もすごく共感できる。誰もがじわじわ共感できる曲かもしれない。前シングル『NOT A LOVE SONG』と同じくaika&Nicolas Farmakalidisタッグに作ってもらったんですけど、今回も染み込んでくる感じがあるんですよね。この2人の曲は、普段洋楽しか聴かない人たちからも評価されれるので、今作も反応が楽しみです。

--aikaさんは実姉ですが、彼女の作ったものを聴いて「さすが姉妹。分かっている」と感じることはありますか?

平原綾香:ありますね。私のいろんなことが分かっているというか、姉妹だからこそ通じ合っているところがあって、作ってもらった曲を聴いていて感じるところがたくさんある。そこに書かれているメッセージもすごく共感出来るし、『NOT A LOVE SONG』もそうでしたけど、私が今何を考えているのかを察知して書いてくれているので、想いにズレがない。

--今回は、切ないラブソング『Boy, I Wish You Were Here ~ここにいてくれたら~』を歌う平原綾香に新鮮さを感じたんですが、同時にもはや平原さんは何を歌っても平原綾香になる。そんな次元に到達しているなとも思いました。自分ではいかがですか?

平原綾香:そうであったらいいなという願いはいつもあります。デビュー当時とかは「まだこの曲は私には合わない」みたいな考えがあって。でも、それって「平原綾香ってこういうもの」って自分で限定していることに気付いた出来事があったんです。ある曲に対して「私っぽくないな」って思っているときに、母が「音楽に補助輪なんかいらないんだから、どんな曲でも自分の歌にしていけばいい」って言ってくれて、それがすごく自分を変えたんですね。「よし、歌ってみよう」って。そしたら、その曲がすごくみんなから愛されたんです。それからはどんな曲でも愛して、歌おうと思うようになりました。

--そうして積み重ねたものが、今の自分を形成したと。

平原綾香:そう思います。ジャンルとか関係なく、クラシックっぽくても、ハードロックっぽくても、民謡っぽくても、演歌でも、今はみんな好きだし、愛そうと思える。音楽の中で「これは嫌い、あれは好き」って決めてしまうと、あんまり広がりがなくなっちゃう。嫌いなものを好きになったときこそ、自分がもっと見えてくると思うので、最近は「何でも好き」って思えるようになりました。だから何でも歌ってみる。大体は良い方向に進むというか、得るものは必ずあるので。

--先日、よこすか芸術劇場公演を観させて頂いたときも感じたんですが、ここに来て確実に表現力も迫力も増していますよね。自分では自分の歌をどう評価されていますか?

平原綾香:多分、1年後に今の自分の歌を聴くと「まだまだだなぁ」って思ってるかな。常に最善を尽くして歌をうたっていると、自分では思っていて。だからきっと1年後には「まだまだだなぁ」って思いながら、少しは成長している証を感じられたらなって。もっともっと自信をもって歌えたらいいなと思いますね。まだどこか歌に対して不安があるから、どことなく「伝わってないんじゃないかな」っていう想いがある。それで時に喉を使い過ぎちゃったりするので、もっと“伝わってる”ってことを信じて、ラクに、リラックスして歌うってことも出来たら格好良いなって思います。伝えようとしなくても実がすごく伝わっている、そんなところまで行けたらいいなと。

--先日の横須賀公演ではその領域に踏み出していると感じましたよ。その一方、喉に負担を掛けかねないような鬼気迫る感じは、震災直後の平原さんに顕著だった気がします。

平原綾香:たしかに去年とは全然違う気持ちですね。去年のツアーはアカペラの『Jupiter』を1曲目にしたんですけど、それは自ずと気合いが入るし、少し調子が悪いだけですぐ分かってしまうので怖い部分もあって。それでも歌いたい気持ちを優先していたんですね。何故なら、去年の自分は伝えたいことが10あったら、すべてをその日のうちに伝えなきゃいけないと思っていたので。ただ、今はここにある気持ちをみんなに見てもらって、皆さんにとって必要なものを引き出してもらえたらいいなっていう、ちょっと気楽な方に向かっているような気がします。

--震災後は平原さんに限らず、THE BACK HORNというバンドの言葉でもあるんですが、誰もが“野性的”だったんでしょうね。理性とは違うところでやるべきこと、伝えるべきことを伝えようとしていた。

平原綾香:それはあるでしょうね。皆さんがそれぞれ必死だったし、東北の人たちだけじゃなくて、誰もが落ち込んでいく気持ちを奮い立たせているような。お客さんの反応もすごくそういう感じがしたし、なかなか自分を冷静に見ることはできないけれど、私自身もそうだったのかな。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. やっぱり“人の為に生きる”という方を選びたい
  3. Next >
やっぱり“人の為に生きる”という方を選びたい

--自分的には、現在敢行中のツアー自体には、今のところどんな印象を持たれているんですか?

平原綾香:とにかく笑顔になれるツアー。まずはお客さんがスマイルになってほしいという想いが一番なんですけど、私自身もお客さんに助けてもらっているところがあるので、「今週末もコンサートがあるから、それまで頑張ろう」と思えたりしています。例えば、週末にデートの約束を取り付けたから今週は頑張れる、みたいな。私にとってはそれがコンサートなんです。私も発散するし、お客さんも発散しているのが見えるので、それは嬉しいですね。しかも今回のツアーは1曲目からみんな立ってくれて。今までそれはなくて、出来ればスタンディングで楽しんでほしい想いはずっとあったんですけど、そういうイメージのアーティストではないので、みんな座っていたんですよね。でも今回は曲に合わせて様々な楽しみ方をしてくれて、お客さんの想いもきっと去年とは違うんだろうなと。

--平原さんにとって理想のライブ像ってどんなものなんですか?

平原綾香:気持ち的には「明日、声が出なくなってもいいや」って思える、一瞬一瞬が掛け替えのない時間だと思えるステージですね。それで、私もお客さんも「あっという間に終わっちゃった」って感じられるようなステージが、常に目標。あとは、メリハリのあるステージかな。いつも曲順を作るときに“起”“承”“転”“結”に割り振って決めるんですけど、立って盛り上がる曲もあれば、しっとりと聴く曲もあって、さらには新しい発見もある。その起承転結がちゃんとお客さんに伝わるステージが一番理想ですね。

--今回のツアーでも披露している『スマイル スマイル』。平原さんが日頃思っていること、大切にしていることをストレートに表現した曲だと感じたんですが、自分ではどう思います?

平原綾香:今回もすごくストレートに、素直に書いた歌詞になっています。これは東北の皆さんの笑顔がきっかけで書きました。大変なのに笑顔で過ごしている姿を見て、凄いなと思って。私だったら笑えるか分からない状況でも、皆さんは笑顔で私の歌を聴いて下さっていたので、それは強さだなと思ったんですよね。だから歌詞の1行目は「涙は見せないで 笑いながら 人を想えるあなたは いちばん強いと思う」って書かせて頂いたんですけど、私もそういう人になりたいという決意でもあります。

--ツラくても笑えるのは、たしかに強さだと思います。強がりとも言えるかもしれませんが。

平原綾香:それは“心が大人”ということなのかなって。例えば、お母さんという存在も、自分がツラくても子供たちのケアをしたりする。そうやって他者のことを想えるのは大人だなって。私もそういうお母さんみたいな心を持ちたい。それが持てたら、歌がもっと変わってくるんじゃないかなって思うんです。金太郎飴じゃないですけど、どこを切っても良い自分が出てくるって本物だと思うので。凄い歌手やミュージシャンって人間自体が素晴らしいし、素晴らしい人は良い音楽を作れるんですよね。だから私も偽りのない自分で歌えたらいいのになぁって、最近すごく思います。

--今作の資料には「地球を応援する歌。生きものたちを応援する歌。」と書かれています。抽象的な質問にはなるんですが、今、平原さんの目にこの世界はどんな風に映っているんでしょうか?

平原綾香:少しずつだけど、私も含めて「気付かなきゃ」ってみんなが思っている。温暖化のことも、地震のことも、津波のことも、どの国で起きていることも他人事じゃないって。確実に地球は傷んでいて、いつ何が起きてもおかしくないような状況になってますからね。慎重にもなっていると思いますし。地球は今泣いてるって以前から訴えかけられていますし、マイケル・ジャクソンも呼び掛けていたけれど、今それがより分かる時代になった。それに合わせて人との繋がりも感じられる時代になったと思うので、私も音楽で出来ることがないかなって探している最中です。

--そこで何をすれば正しいのか、判断がつかないところもこの時代特有の歯がゆさですよね。

平原綾香:とにかく不安定な時代に入ってますからね。地球のそういう不安定な波動というのは、人間にも伝わると思うんですよ。また、人間の不安な感情というのは地球に伝わると思うので、それを何とか食い止めなきゃっていう想いが溢れているんですけど。

--具体的なところでは、震災後の問題も山積みのままですし、最近では通り魔事件が多発したりと、人間のネガティブな面を目の当たりにすることが増えてしまっていますが、こうした混沌とした状況にはどんなことを感じますか?

平原綾香:またいつ地震が起きるか分からない不安というのは、底知れないものがあって。この前も大きな地震があったし、原発の問題もあるし。その中でも、福島にいる友達が「まだまだ復興は進んでないけど、自分のふるさとが大好きだし、福島で子供を育てたい」と言っているのを聞いて、頑張っている人はいるんだと感じて。本当にツラい人が今一番踏ん張っているんですよね。

--そうした今の世の中で、平原さんはどう生きていきたい、どう在りたいと思いますか?

平原綾香:これは私が感じていることですけど……やっぱり“人の為に生きる”という方を選びたいなと思いますね。ちょっとツラかったりすると自我が出やすくなって、その自我が人を傷付けることもある。でも自分がツラいときにこそ、人の為に生きなさいって母親から教えられているんです。人の為に生きる……というのは、人の痛みが分かるとか、人の気持ちが分かるということで。で、人の気持ちが分かったら、いろんな問題は起きないと思うし。よく中学生のときに「人に気を遣いなさい」って先生が言っていたんですけど、こういう時代だからこそ相手を想う気持ちを強くすることが……光ある方へ導いてくれるんじゃないかな?

--なるほど。

平原綾香:あとは、音楽にも頼ってほしいなって最近思います。ミュージシャンはみんな音楽で何かがしたいと思っているし、いろんなメッセージを発信していると思うし。私自身も、ちょっとでも気持ちがほっとする音楽を歌えたらいいなと思います。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 嫌いになる為に出逢う人なんていないんです
  3. Next >
嫌いになる為に出逢う人なんていないんです

--今作『スマイル スマイル』で「笑顔の中に答えがある」というフレーズを使われていますが、どんな想いやメッセージを込めているんでしょう?

平原綾香:泣きながらミーティングしても絶対に答えは出てこないというか、良い方向に進まないけど、私も相手も笑顔で話し合いができたら絶対に良い道が生まれると思うんです。例えば、悲しさや悔しさがあったとしたら、ツラくても口角を上げて、笑顔になって、自分の心を立て直したときに道が見えてくる。そこから改善策が見つかっていくんじゃないかと思うことがよくあって。だから答えが出ないときは、まず笑顔になる。……と思ってもなかなか出来ないんですけどね~。

--ですよね(笑)。

平原綾香:でも(『スマイル スマイル』がテーマ曲になっている)NHK総合テレビ「ダーウィンが来た!生きもの新伝説」とかを観ていると、動物たちは日々本能で生きていて「こんな風にシンプルに生きられたらいいな」なんて思うんです。人間というのはなかなか、人間同士の繋がりというものがあるから、そうやって生きていくのは難しいけれども、笑顔を持ってる。私は笑顔に救われている人生なんじゃないかと思うことがあって、すごく面白いことがあるとワーって笑っちゃうし、それで元気になるし、ツラいことがあっても作り笑いをすることで自分や誰かを助けたりするし、それって人間特有のもの。だからスマイルは大切にしたいなと思うんです。

--どうしても笑えない精神状態になったとき、平原さんはどのように自分を奮い立たせるんですか? 作り笑い?

平原綾香:やっぱり口角を上げますね。そうすると何かがちょっと変化する。大体落ち込んでいるときって自分のことしか考えていないので、「自分のことはどうでもいいや」って思えるようにするかな。それでもダメなら、眠る!

--(笑)

平原綾香:ふて寝する。あとはお風呂に入るかな。お風呂って自分の身体を清める、邪念が取れていく場所でもあるので、「ちょっとダメだな」って思ったときはお風呂で体も心も綺麗にします。

--そもそも平原さんはどんなことで落ち込むんですか?

平原綾香:自分の想いを分かってほしいとか、そういうことを思っちゃうとダメですね。相手はもう分かっているのに「分かってない」って思い込んじゃったり、自分が悪く思われてると勘違いしたり、自分を訂正したくなったり、自信がないから落ち込んでしまう。だから愛されていることを信じて……信じるというのは、大人になると結構重要になってくるんですよね。子供は信じる力が強いけど、大人になるとそれが薄れてしまうから、意識して信じる心を持つようにしていないと、時々落ち込んでしまったりします。

--その人次第ですからね。笑顔で生きるのも、俯いて生きるのも。

平原綾香:うん。時々、自分が悲劇のヒロインみたいな気持ちに酔ってしまうこともあると思うんですけど、それはそれでいいと思う。そういう自分が嫌だったら抜け出せばいいし。人それぞれの心次第ですよね。

--でも平原さんは出来ることならば万人を笑顔にしたい人ですよね?

平原綾香:みんなで笑って毎日を過ごしたいですよね~!

--前回のインタビューで、平原さんは「みんなを愛したくて生まれてきた気がする」と言いました。普通はなかなか思えないことです。

平原綾香:私もいつでもそう思えている訳ではないんですけど、嫌いになる為に出逢う人なんていないんですよね。人とぶつかったときに悲しくなったりするのは、本当は愛したいからそう思う訳であって。

--その感覚は『スマイル スマイル』にも反映されていますが、平原さんのポジティブな曲は“自分がそう在りたい”という想いの表れですか?

平原綾香:それはめっちゃありますよ。ほとんど自分に言い聞かせている歌ですから。それで共感してもらえたら嬉しいし、自分と同じ悩みを持っている人たちがいたら、それで助け合えたらと思うし。

--そんな平原さんが『スマイル スマイル』リリース以降、生み出したい曲ってどんなものですか?

平原綾香:キュンとするようなバラードが歌いたい。ザ・バラード。常に愛がテーマだったりするので、ストレートなラブソングを歌ってみたいな。私自身もキュンとしたいので(笑)。あと、世界中にいろんなアーティストがいるので、コラボとかもしてみたい。なかなか海外のアーティストとコラボする機会ってないじゃないですか?

--ずばり、誰とコラボしたいんですか?

平原綾香:ずーっと夢なのは、ララ・ファビアン。彼女の歌が大好きで、付き人になりたいぐらい好きなんです。いつかデュエットできたら嬉しい。嬉しすぎて倒れちゃうかもしれないけど(笑)。

平原綾香「スマイル スマイル」

スマイル スマイル

2012/07/04 RELEASE
MUCD-5203 ¥ 1,080(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.スマイル スマイル
  2. 02.Boy,I Wish You Were Here ~ここにいてくれたら~
  3. 03.スマイル スマイル <Vocal-less Track>
  4. 04.Boy,I Wish You Were Here ~ここにいてくれたら~ <Vocal-less Track>

関連キーワード

TAG

関連商品

ケロパック
平原綾香「ケロパック」

2010/02/24

[CD]

¥1,080(税込)

ケロパック
平原綾香「ケロパック」

2010/02/24

[CD]

¥1,080(税込)

セイリング・マイ・ライフ
平原綾香&藤澤ノリマサ「セイリング・マイ・ライフ」

2010/01/13

[CD]

¥1,080(税込)

セイリング・マイ・ライフ
平原綾香&藤澤ノリマサ「セイリング・マイ・ライフ」

2010/01/13

[CD]

¥1,080(税込)

ミオ・アモーレ
平原綾香「ミオ・アモーレ」

2009/08/26

[CD]

¥1,080(税込)

新世界
平原綾香「新世界」

2009/05/27

[CD]

¥1,080(税込)

新世界
平原綾香「新世界」

2009/05/27

[CD]

¥1,080(税込)

朱音 あかね
平原綾香「朱音 あかね」

2009/02/25

[CD]

¥1,080(税込)

朱音 あかね
平原綾香「朱音 あかね」

2009/02/25

[CD]

¥1,080(税込)

パス・オブ・インディペンデンス
平原綾香「パス・オブ・インディペンデンス」

2008/12/03

[CD]

¥3,132(税込)

パス・オブ・インディペンデンス
平原綾香「パス・オブ・インディペンデンス」

2008/12/03

[CD]

¥3,132(税込)

ノクターン/カンパニュラの恋
平原綾香「ノクターン/カンパニュラの恋」

2008/11/12

[CD]

¥1,080(税込)

ノクターン/カンパニュラの恋
平原綾香「ノクターン/カンパニュラの恋」

2008/11/12

[CD]

¥1,080(税込)

笑ってみせてくれ
BAND FOR “SANKA”「笑ってみせてくれ」

2008/06/25

[CD]

¥1,028(税込)

4つのL
平原綾香「4つのL」

2006/03/22

[CD]

¥3,132(税込)

4つのL
平原綾香「4つのL」

2006/03/22

[CD]

¥3,132(税込)

誓い
平原綾香「誓い」

2006/01/18

[CD]

¥1,080(税込)

誓い
平原綾香「誓い」

2006/01/18

[CD]

¥1,080(税込)

From To
平原綾香「From To」

2005/11/02

[CD]

¥3,132(税込)

From To
平原綾香「From To」

2005/11/02

[CD]

¥3,132(税込)

エターナリー
平原綾香「エターナリー」

2005/05/25

[CD]

¥1,296(税込)

Dreamovies
平原綾香「Dreamovies」

2005/02/23

[DVD]

¥3,024(税込)

Dreamovies
平原綾香「Dreamovies」

2005/02/23

[DVD]

¥3,024(税込)

明日
平原綾香「明日」

2005/01/26

[CD]

¥1,080(税込)

LOVE
平原綾香「LOVE」

2016/04/27

[CD]

¥3,240(税込)

マイ・クラシックス・セレクション
平原綾香「マイ・クラシックス・セレクション」

2014/06/04

[CD]

¥3,240(税込)

マイ・クラシックス・セレクション
平原綾香「マイ・クラシックス・セレクション」

2014/06/04

[CD]

¥3,240(税込)

What I am
平原綾香「What I am」

2013/12/04

[CD]

¥3,146(税込)

What I am
平原綾香「What I am」

2013/12/04

[CD]

¥3,785(税込)

平原綾香「翼」

2013/07/24

[CD]

¥1,132(税込)

ドキッ!
平原綾香「ドキッ!」

2012/02/29

[CD]

¥3,292(税込)

ドキッ!
平原綾香「ドキッ!」

2012/02/29

[CD]

¥3,292(税込)

マイ・ロード
平原綾香「マイ・ロード」

2011/11/02

[CD]

¥1,080(税込)

おひさま~大切なあなたへ
平原綾香「おひさま~大切なあなたへ」

2011/06/29

[CD]

¥1,080(税込)

別れの曲
平原綾香「別れの曲」

2011/02/02

[CD]

¥1,080(税込)

別れの曲
平原綾香「別れの曲」

2011/02/02

[CD]

¥1,080(税込)

グリーンスリーブス
平原綾香「グリーンスリーブス」

2010/09/29

[CD]

¥1,080(税込)

グリーンスリーブス
平原綾香「グリーンスリーブス」

2010/09/29

[CD]

¥1,080(税込)

マイ・クラシックス 2
平原綾香「マイ・クラシックス 2」

2010/06/09

[CD]

¥3,132(税込)

マイ・クラシックス 2
平原綾香「マイ・クラシックス 2」

2010/06/09

[CD]

¥3,132(税込)

ケロパック
平原綾香「ケロパック」

2010/02/24

[CD]

¥1,080(税込)

ケロパック
平原綾香「ケロパック」

2010/02/24

[CD]

¥1,080(税込)

セイリング・マイ・ライフ
平原綾香&藤澤ノリマサ「セイリング・マイ・ライフ」

2010/01/13

[CD]

¥1,080(税込)

セイリング・マイ・ライフ
平原綾香&藤澤ノリマサ「セイリング・マイ・ライフ」

2010/01/13

[CD]

¥1,080(税込)

ミオ・アモーレ
平原綾香「ミオ・アモーレ」

2009/08/26

[CD]

¥1,080(税込)

新世界
平原綾香「新世界」

2009/05/27

[CD]

¥1,080(税込)

新世界
平原綾香「新世界」

2009/05/27

[CD]

¥1,080(税込)

朱音 あかね
平原綾香「朱音 あかね」

2009/02/25

[CD]

¥1,080(税込)

朱音 あかね
平原綾香「朱音 あかね」

2009/02/25

[CD]

¥1,080(税込)

パス・オブ・インディペンデンス
平原綾香「パス・オブ・インディペンデンス」

2008/12/03

[CD]

¥3,132(税込)

パス・オブ・インディペンデンス
平原綾香「パス・オブ・インディペンデンス」

2008/12/03

[CD]

¥3,132(税込)

ノクターン/カンパニュラの恋
平原綾香「ノクターン/カンパニュラの恋」

2008/11/12

[CD]

¥1,080(税込)

ノクターン/カンパニュラの恋
平原綾香「ノクターン/カンパニュラの恋」

2008/11/12

[CD]

¥1,080(税込)

笑ってみせてくれ
BAND FOR “SANKA”「笑ってみせてくれ」

2008/06/25

[CD]

¥1,028(税込)

笑ってみせてくれ
BAND FOR “SANKA”「笑ってみせてくれ」

2008/06/25

[CD]

¥1,028(税込)

孤独の向こう
平原綾香「孤独の向こう」

2008/04/16

[CD]

¥1,080(税込)

孤独の向こう
平原綾香「孤独の向こう」

2008/04/16

[CD]

¥1,080(税込)

ボイジャーズ・心
平原綾香「ボイジャーズ・心」

2006/07/19

[CD]

¥1,080(税込)

ボイジャーズ・心
平原綾香「ボイジャーズ・心」

2006/07/19

[CD]

¥1,080(税込)

4つのL
平原綾香「4つのL」

2006/03/22

[CD]

¥3,132(税込)

4つのL
平原綾香「4つのL」

2006/03/22

[CD]

¥3,132(税込)

誓い
平原綾香「誓い」

2006/01/18

[CD]

¥1,080(税込)

誓い
平原綾香「誓い」

2006/01/18

[CD]

¥1,080(税込)

From To
平原綾香「From To」

2005/11/02

[CD]

¥3,132(税込)

From To
平原綾香「From To」

2005/11/02

[CD]

¥3,132(税込)

エターナリー
平原綾香「エターナリー」

2005/05/25

[CD]

¥1,296(税込)

Dreamovies
平原綾香「Dreamovies」

2005/02/23

[DVD]

¥3,024(税込)

Dreamovies
平原綾香「Dreamovies」

2005/02/23

[DVD]

¥3,024(税込)

明日
平原綾香「明日」

2005/01/26

[CD]

¥1,080(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    乃木坂46、初となる中国でのライブが大盛況にて終幕

  2. 2

    山崎まさよし/杏子/スキマスイッチら出演 【Augusta Camp 2018】オフィシャル・レポートが到着

  3. 3

    【ビルボード】東方神起『TOMORROW』が124,783枚を売り上げ週間アルバム・セールス首位獲得 安室奈美恵『Finally』は同2位にランク・アップ

  4. 4

    くるり、観客と共に作り上げた12回目の京都音博 ライブレポートが到着

  5. 5

    <ライブレポート> 斉藤和義×立川談春 平安神宮で異例のコラボ 斉藤和義「断られると思っていた」

HOT IMAGES

注目の画像