Billboard JAPAN


Special Contents

rieco 『ONE』インタビュー

rieco 『ONE』 インタビュー

 音楽塾ヴォイスは、YUI、絢香、家入レオなど優秀なシンガーソングライターを輩出してきたが、無邪気でフリーダムという点ではこの人を超える女子はいないかもしれない。かのマイケル・ジャクソンのように“世界は変えられる”と本気で思える、希望を歌うシンガーソングライター rieco。今回のインタビューでも小学生のようにキャッキャはしゃぎながら語ってくれたが、そこに彼女が『ONE』のような眩いホープフルソングを生み出せる理由を見た。

「オバタリアン」と「ル○ペン」は言ったらいけない

ONE / rieco
▲ONE / rieco

--前回のインタビューでは、riecoさんがマイケル・ジャクソンヲタで、故に小学生の頃は友達がいなくて、でもその暗黒時代が後の長い下積み時代を支えていて、夢はディズニー&グラミーで、日本のアイデンティティを持ったまま海外に行きたいということを語ってもらったんですが、今日は何を話しましょうか?

rieco:もう結構語りましたね(笑)。

--7月に『Shining』でメジャーデビューしてから4,5か月経っている訳ですけど、やはりそれまでとは生活や環境は変わってる?

rieco:うーん、そうですね。デビュー直後から物凄くあちこち回るようになったから、今も月の半分は東京に来てたりして、環境はすごく変わりましたね。慌ただしくなりました。あと、その中で気付いたこと、思ったことが、今回のシングル『ONE』には出たかなと思います。いろんな人と出逢ったことで感じた想いが。

--FM-FUJI『Music Spice+!』でパーソナリティも始めたんですよね。

rieco:24時半~放送している深夜番組で、ひとりでポツポツ喋る感じだから素の私が出……し切ったら怒られるので(笑)。

スタッフ:この人、未だに「オバタリアン」とか言うんですよ。

--21世紀になってからも使う人いるんですね。

rieco:「オバタリアン」と「ル○ペン」は言ったらいけないって……

--当然です(笑)。

rieco:そういう緩い感じで喋ってます。ラジオを聴いてファンになってくれた人もいるので、嬉しいですね。「喋り方が面白いですね」って。

--「イメージ崩れました」とか言われてません?

rieco:言われてるかもしれませんけど、とりあえず私のもとには届いてないですね(笑)。

--新しい仕事もある中、今はどんなモードで日々過ごしている感じなの?

rieco:今は制作モードです。来年あたりにはアルバムを出したいなと思っているので、多くの出逢いや経験があるからこそ出てくるエネルギーをとにかくいっぱい曲に落とし込んでます。街歩いているときに流れてくる音楽とかも、いつも以上に分析するし。スーパーで流れる音楽とかも「こんな感じになってるんだ」って。

--それはメジャーデビューしたから?

rieco:そうですね。やっぱりメジャーデビュー前は好きな曲を好きなだけ、好きな自分で好きなときに、どれだけ時間がかかろうと創ってましたけど、今は限られた時間の中でどんどんどんどん書いていく状況なので。なおかつ、インディーズのときよりたくさんの人に晒される曲になるから……

--晒されるって(笑)。聴いてもらいたくて書いてるんですよね?

rieco:聴いてもらいたいです!

--自信持ってお届けしてるんですよね(笑)?

rieco:はい、恥ずかしくないです! えーっと、よりたくさんの人に聴いて頂く曲になるので、もっと伝えやすい曲を創ろうとか、前作より良いものを創ろうと思うようになってます。

--世の中的にどんなものが受け入れられているかも分析するんだ?

rieco:分析します。友達にもどんな曲が好きか聞いたり、例えばAKB48を好きな人がいれば、どんなところが好きなのか、耳に残るのかは聞いたりしますね。歌いやすいから良いのか、歌詞が良いのか、スピード感が良いのか、そういうことが知りたくて。インディーズの頃はもっと頑固だったので「私は絶対そこには染まらない」とか「軽くしたくない」とか思っていたんですけど、今はちょうど良いように融合できる。バランスが取れるようになりました。「こうしたら、ここでは遊べる」とか、いやらしい考えなしで楽しめるようになってきたんですよね。どうすればもっとたくさんの人に聴いてもらえるのか、そこに挑戦するのが楽しくなってきてる。

--先日、ブログでは、自分がメジャーデビューしたことで、叔母さんに「ずっと応援できるように長生きしようって思ってね、また生きる目標ができたよ」と言われたと。自分の夢を叶えれば、周りの大切な人もハッピーにできるんだと書かれていました。

rieco:その叔母ちゃんは、私のお婆ちゃんの妹さんなんですよ。お婆ちゃんは私がメジャーデビューする前の前の年ぐらいに亡くなっちゃったから、その姿を「姉も見たかったろうにねぇ~」って言っていて。でも叔母ちゃんはメジャーデビューを見届けてくれて、その日も「紅白に出るまで、叔母ちゃんは長生き出るように健康に気を付けて頑張るけんねぇ~。応援しとるけんねぇ~」って言ってくれて。さらに周りの人たちに「このriecoっていうのがね!」って言いながら、私のCDを配りだして(笑)。

--すごく良い人じゃないですか。

rieco:そのときにやっと「メジャーデビューできて嬉しいな」と思えた。それまでも「嬉しいな」とは思っていたんですけど、どちらかと言えば「頑張らなきゃ」っていう気持ちばかりだったので。でも人の幸せになったり、生きる希望になってるというのは、自分にとってもなんて幸せなことなんだろうと思いましたね。メジャーデビュー、ありがたや~!

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. マイケルとその周りの人たちは、本当にそれを信じていた
  3. Next >
マイケルとその周りの人たちは、本当にそれを信じていた

--何でもやりたいことはやらせてくれる家庭だったとは言え、下積み期間も長かった訳ですから心配はしていた訳ですよね。家族も親戚も。

rieco:メジャーデビューする前は、やっぱり「もうね、いい歳なんだから、ちゃんとした仕事に就いた方がいいんじゃないか?」っていう声もチラホラ出てきていたんですよ。母はずっと応援してくれていたんですけど、父とかからは「もう諦めた方がいいんじゃないか?」って。でもいざメジャーデビューすると、誰もが手放しで喜んでくれた。だから「貫いてきてよかったな。価値観がひっくり返るときって、こういうときなんだなぁ」と思いました。だから今後も貫いていきたい。

--では、今はとても良い方向へ向かって進めている感覚は強い?

rieco:いつも悪い方向に進んでるとは思ってないんですけど、今は周りの人のハッピーを感じられるから、それは更なる力になりますね。

--前回会ったとき以上にテンション高いですもんね。

rieco:うぇーい! ※突然、変なポーズを決める。

--(カメラマンに)今の、写真撮った?

rieco:先日、福岡のライブで「エビバディ最高!」って言いながら、ガニマタ気味でこれやったら「ダサッ!」ってお客さんに言われました。

--事務所側もイメージの守りようがないですね(笑)。まぁでも素直で良いと思います。で、今の良いムードってニューシングル『ONE』と重なる部分もあると思うんですが。

rieco:うんうん。最近、いろんな人と会っていろんなことを感じている中で、改めて気付いたことがあって。世界中の誰ひとり除くことなく、みんなが「幸せになりたい」っていうひとつの願いで繋がってる。ひとつの太陽、ひとつの地球の中で、ひとつの願いを求めてみんな生きている。奪い合ったり、引きずり落としたりしちゃうけど、みんなが誰かにとってすごく大切な人。そういうことを歌いたかったんですよね。

--なるほど。

rieco:あと、私、自然に触れるのが好きなんですけど、大きな木に掴まったりすると、その木の生命を感じて「自分も生きてるなぁ」って。空気の中にも奇跡が溢れてるとも思うし、「生かされてるってなんて希望なんだろう」っていう風に感じられる。そういうことも伝えたくて。

--この曲は冒頭から希望に満ち溢れてますよね。ホイットニー・ヒューストン主演映画『天使の贈りもの』でゴスペルに魅了されたriecoらしい、光のスパークっぷり。自分ではどう思われますか?

rieco:この曲は力強いビートに乗せたいと思ったので、ディズニーの『ライオンキング』みたいなアフリカンビートというか、ドス!ドス!っていう心臓の音に基づいたような曲にしたいなと思って。で、歌は朝陽がバァ~っと地球を包んでいくようなイメージで録ったんですよ。「真理に気付きたい」っていう想いで歌っている。結果、前作『Shining』とは違うキラキラ感が出せたかなって。最初はもうちょっとシンプル。ジャック・ジョンソンがひとりで弾き語ってるようなイメージだったんですけど、このテーマを歌い上げるならキーはもっともっと上げなきゃと思ったし、アレンジももっとキラキラさせたくて、こういう形になりました。

--前回、僕はriecoさんのことを「音楽産業不況時代に現れた希望」と紹介させて頂きましたが、このグルーヴは何かを本当に変えるかも知れないと感じさせます。迷いが一切ないから「すべては上手くいく」と思わせるなって。そこは音楽をやる上で目指しているところではあるの?

rieco:そうですね。私がすごく大好きなマイケル・ジャクソンも根本的には“希望”を歌っていたと思うし、私自身もどんなに落ち込んでも、やっぱりその中にある真理や輝きをいつも見出しながら、この人生を精一杯生きたいと思うので。だからどんな曲にもそういう想いを散りばめたいなと思いますね。とか言いながら、次のシングルがめっちゃ暗かったら申し訳ないんですけど(笑)。

--そしたら「何かあったんだな」って思います。でもこの曲は、確かにマイケル・ジャクソン的発想が息づいてますよね。

rieco:私もこの曲が出来上がったときに、なんとなくマイケルの世界観だなと思いました。ただ、こういう大きなテーマの曲というのは、出す側は勇気がいるんですよね。「そんな綺麗事言っても」と捉えられる世界観でもあると思うから。でも「そんな綺麗事言っても」という価値観がある限りこの世界は変わらないし、その綺麗事を言い切った方が変わる可能性はあると思って。マイケルみたいに言い切ってしまう人がどんどん出てきたら、それは次なる希望に繋がる。そう思って躊躇せずに出し切ることにしました。

--マイケル・ジャクソンは、本気で「世界を変えるんだ」と公言していましたからね。故にあれだけの音楽を創れたんだと思いますし。

rieco:そうですよね。マイケルは本当に格好良かった。だって、マイケルとその周りの人たちは、本当にそれを信じていた訳ですから。で、それを観た私たちも「本当に変わるかもしれない」と思えた。だから信じて言い切ることって大事だと思います。

--ちなみに、riecoさんがこれだけ煌びやかでポジティブな曲が書ける要因。自分では何だと思います?

rieco:「幸せ」って言葉をたくさん口に出すことかなぁ。以前、落ち込んで「なかなか光が見えないなぁ」と思っているとき、「“幸せ”って言葉を一日に何回も口に出してみると、良くなる」っていうのを知って。それで、最初は演技も入るんですけど、「美味しい。幸せ」とか「空気キレイ。幸せ」って言い続けていたら、実際に幸せってたくさんあることに気付けてきて。同時に世の中が奇跡で溢れていることも分かってきた。だから「ONE」みたいな曲が作れてるんだと思います。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. この夢は叶う、絶対に大丈夫って思い込ませる!
  3. Next >
この夢は叶う、絶対に大丈夫って思い込ませる!

--前回のインタビューで「家庭環境が複雑になったり、音楽ばかりやってみんなと遊ばないから苛められたりもして……だから家に帰ったら「ちくしょー!」ってピアノで曲を作ったりしていたんです」と、小学生時代の自分を振り返ってくれましたが、そうしたモードの自分は今もいるんですか?

rieco:どうなのかな? その頃に養ったものは今生きてるとは思うんですけど。今はどーん!って落ち込んだら自然があるところに行っちゃいますね。そこで深呼吸してボーーーーーっとしています。音楽のことも考えず、海と夕陽を眺めて、温泉につかる(笑)。あと、自分の夢を叶えるノートがあるんですけど、それに次の目標を書くんですよ。「こうなりました」って。今、行けそうで行けないところの次の自分を目一杯想像して、もうそうなるって決めちゃう。それで寝ると、次の日には元気になってる。

--凄い。本格的な自己啓発。

rieco:そうです(笑)。この夢は叶う、絶対に大丈夫って思い込ませる! その為に超想像するんですよ。例えば「このタイアップ決まったよ」「えー!? 本当ですかー!」って……

--ちょっと待って。それ、家で一人でやってるんですか(笑)?

rieco:いや、口には出してないですよ! イメージの中で、まずマネージャーが出てくる訳ですよ。「えー、報告があります」「え?何なんですか?」「○○○の何月度のタイアップが決まりました。これからも頑張っていきましょう」……これで元気になります。「あー、嬉しい!」って。

--もうそこで喜んじゃうんですね!

rieco:喜ぶ!

--そんなriecoのニューシングル『ONE』には、SUPER BUTTER DOG「サヨナラCOLOR」のカバーが収録されています。この曲を歌おうと思ったのは?

rieco:かなり前の話なんですけど、この曲は自分がいろんな出逢いと別れに落ち込んでいるとき、ふとラジオから流れてきて。すごく背中を押してくれて、自分が新しい人生に進んでいく後押しをしてくれた曲だったんですね。で、メジャーデビューしてからいろんなラジオ局を回ってて、その中で自分の好きな歌詞を朗読する機会があったので、なんとなくこの曲を思い出して朗読してみたんです。そこで改めて「力がある歌詞だな」と思って、この曲はいろんな人にとっても力になるんじゃないかと、ライブで歌い始めたんですよ。そしたら、聴いて泣いてくださる方がいたりして、ぜひシングルに入れたいと思ってレコーディングしたんです。歌詞を一番に聴いてほしかったから、奇を衒ったこともせず素直に歌いました。

--今後、他にもカバーしたい曲ってありますか?

rieco:洋楽をカバーしたいです。何かカバーしてほしい曲とかありますか?

--言ったらカバーしてくれるんですか?

rieco:候補に入れます。ボン・ジョヴィが好きなんですよね?

--なんで知ってんの(笑)!?

rieco:でもボン・ジョヴィはめちゃくちゃ難しそうだなぁ。

--そこはriecoの声を生かしたアレンジにして頂いて。あと、12月には地元・福岡Gate's 7にてワンマンライブを開催。どんなライブにしてやろうと思っていますか?

rieco:まだ何にも決まってないんですよー。でもやっぱり去年やったものとは違うものを見せたいから、新しい曲を増やしたいです。あと、ギターを持って歌いたいなと……まぁ頭の中では!

スタッフ:あー、言っちゃったねー。これ載ったら絶対にやらなきゃいけない。

rieco:ヤバイ……。

--あと、何に挑戦しましょうか?

rieco:(笑)。ドラム?……は、ないか。ギターの弾き語りはやりたい。

--じゃあ、それは約束で。もしやれなかったら、ボン・ジョヴィ歌って下さいね。

rieco:えー! どの曲を歌えばいいんですか?

--どの曲でもいいですよ。

rieco:私は「ベッド・オブ・ローゼズ」が好きです。昔付き合っていた人が、ボン・ジョヴィを超大好きで。いつも一緒に聴いてたんですよ。そこでボン・ジョヴィの格好良さに目覚めて……

--riecoがボン・ジョヴィを歌う理由ありましたね。

rieco:本当だ(笑)!

--で、そのライブが終われば、すぐに2012年も終わりを迎えてしまいます。それまでにやっておきたいこと、何かありますか?

rieco:ディズニーランドへ行きたい! この現実の中にある夢の世界に浸りたい。で、希望を身に纏って2013年を迎えたいですね。

--riecoの最終目標は、ディズニー曲担当とグラミー受賞ですもんね。

rieco:そうです! ディズニーに関しては、ディズニー作品の劇中歌をスタジオレコーディングしている絵とか書いて、トイレに貼ってあるので(笑)。

--では、2013年はどんな年にしたいですか?

rieco:今は自分ひとりじゃなく、周りの人たちのハッピーを感じているので、一緒に仕事をしている人たちとも信頼し合って、協力し合って、どんどん新しいことをしていきたいなと思いますね。「ひとりで頑張ってきたー!」の次は、「みんなで創り上げていく世界」が見たい。

インタビュー写真

Music Video
インタビュー写真

インタビュー写真 インタビュー写真 インタビュー写真 インタビュー写真 インタビュー写真 インタビュー写真 インタビュー写真 インタビュー写真 インタビュー写真 インタビュー写真 インタビュー写真 インタビュー写真 インタビュー写真 インタビュー写真 インタビュー写真 インタビュー写真

rieco「ONE」

ONE

2012/11/14 RELEASE
COCA-3603 ¥ 1,234(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.ONE
  2. 02.ひまわり
  3. 03.さよならCOLOR
  4. 04.goodnight

関連キーワード

TAG

関連商品

So right
rieco「So right」

2014/07/30

[CD]

¥2,400(税込)

信じて
rieco「信じて」

2013/07/24

[CD]

¥1,234(税込)

ONE
rieco「ONE」

2012/11/14

[CD]

¥1,234(税込)

Shining
rieco「Shining」

2012/07/04

[CD]

¥514(税込)

Shining
rieco「Shining」

2012/07/04

[CD]

¥1,543(税込)

So right
rieco「So right」

2014/07/30

[CD]

¥2,400(税込)

信じて
rieco「信じて」

2013/07/24

[CD]

¥1,234(税込)

ONE
rieco「ONE」

2012/11/14

[CD]

¥1,234(税込)

Shining
rieco「Shining」

2012/07/04

[CD]

¥514(税込)

Shining
rieco「Shining」

2012/07/04

[CD]

¥1,543(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    音楽家・星野源を真面目に研究する特別企画がFM OH!でオンエア決定。当日は本人からのコメントも

  2. 2

    倉木麻衣、新しい時代に向かう4年ぶりのフルオーケストラ共演が実現

  3. 3

    あいみょん、2/18武道館公演が即日完売 新たに対バン&ワンマンツアー発表も

  4. 4

    【ビルボード】Little Glee Monster『FLAVA』が43,428枚でアルバムセールス首位、2位&3位は359枚差の接戦に

  5. 5

    【ビルボード】V6の『Super Powers/Right Now』が87,435枚でシングルセールス首位、宇多田『Face My Fears』は5位に

HOT IMAGES

注目の画像