Billboard JAPAN


Special Contents

<アニサマ対談インタビュー(前編)>齋藤P×オーイシマサヨシが語る、“COLORS”というテーマに込められた想い/テーマソング制作秘話



インタビュー

 2005年に第1回目が開催され、昨年には15周年を迎えた世界最大のアニソンフェス【Animelo Summer Live(通称アニサマ)】。2020年は“COLORS”をテーマに掲げ、8月28日から30日までの3日間、さいたまスーパーアリーナにて行われる予定だったが、新型コロナウイルス感染症の影響により、今年の開催は見送りとなった。そうした状況を受け、新たに“大人な夜のアニサマ”として企画されたイベント【アニサマナイト】が8月30日、ビルボードライブ横浜にて行われる。

 これを記念してBillboard JAPANでは、アニサマの統括プロデューサーであり、ライブの総合演出も手掛ける齋藤光二(以下、齋藤P)と、作家としてアニメ『けものフレンズ』オープニングテーマの「ようこそジャパリパークへ」をはじめとする多くのアニソンを手掛け、今年のアニサマではテーマソングの制作も担当し、アニソンシンガーとしても活躍中のオーイシマサヨシ(以下、オーイシ)の対談インタビューを実施。

 前編となる本稿では、今年のテーマだった“COLORS”に込められた想い、“オーイシ節”炸裂のテーマソング「なんてカラフルな世界!」の制作秘話、両者の共通の友人であり、アニサマバンドのドラマーでもあった山内“masshoi”優の逝去について、話を訊いた。

想いが大きいがゆえに「僕でいいのかな」って気持ちも

――まずはオーイシさんがテーマソングを手掛けることになった経緯をお聞かせください。

齋藤P:アニサマは毎年テーマがあって、2019年はテーマソングを手掛けてくれたfhánaの佐藤純一さんと話し合って“STORY”をテーマにしました。この年は放課後ティータイムが一夜限りの復活を遂げたり、様々なエモい“STORY”がありました。でも一方で、ご存知の通り、業界的には不幸な事件もあったりして、ハッピーな“STORY”ばかりではなかった。もちろんコンサート自体は素晴らしいものになりましたけど、テーマは重く、色々と考えさせられました。なので、来年は心の底から晴れやかになれるテーマで、テーマソングもハッピーで楽しい曲にしようと考えた時、やっぱりオーイシさんだなと。



CROSSING STORIES【Animelo Summer Live 2019 -STORY-】


――悩むことなく一択だったと。

齋藤P:曲を創るという時に、作家のコンペをやったりするところもありますけど、アニサマのテーマソングに関してはコンセプトが明確なので、「このテーマならこの人だな」っていうのがすぐに決まるんですよね。

――なるほど。

齋藤P:オーイシさんが一番の大躍進を遂げたのは『けものフレンズ』だったかもしれないですけど、ソロやOxTの音楽も含めて、色んなタイプの楽曲を生み出すことのできるクリエイターなのは周知でしたし、なおかつシンガーでもあるっていう、とても稀有な存在としてずっと候補として注目はしてたんです。僕としてはすごくルーツ・ミュージックを感じるというか、前年の佐藤さんもそうなんですけど、音楽に深い哲学と造詣があるじゃないですか。当然アニソンも小手先だけで作れるようなものじゃないんだけど、たくさんのクリエイターがいる中で埋もれず、長く愛されてきている理由は、しっかりとした音楽のバックグラウンドがあるからだと思うんです。個人的にも色んな機会でご一緒することが多かったので、とあるイベント終わりで直談判したり、その後改めて会ったりしました。

オーイシ:たしか大阪のツアー帰りだった気がします。その時点でテーマはもちろん、完成間近のロゴとか曲の発注内容も細かく書いた企画書をもらって。

――オファーをもらった時の心境はいかがでしたか?

オーイシ:アニサマはずっと憧れ続けてきた、もちろん今でも憧れてるイベントですし、自分がアニメソングを歌っていく中で一つの岐路になった大きなイベントなので、ひとしおの想いがあるんですけど、その想いが大きいがゆえに「僕でいいのかな」って気持ちもあったりして。あと、齋藤Pからお話をいただいた時、たまたま抱えていた案件が膨れ上がっていた状態だったので、自分のパフォーマンスを出し切れるかなっていうドキドキもあったんです。なので実は、テーマソングのオファーに関しては一度、お断りというか、「一応ほかの候補の方にもお声がけいただいたほうがいいんじゃないですかね」みたいな返答をさせていただいて。



――そうだったんですね。

オーイシ:ただ、さすがの齋藤Pですよね。僕の曲のタイトルになぞらえて「オーイシさんじゃなきゃダメみたい」ってすごく熱心に説得していただきまして、「そこまで言っていただけるのであれば、精一杯やらせていただきます」と引き受けさせていただきました。

齋藤P:アニサマって出演アーティストも含めて、本当にたくさんのアーティストに声をかけるので、もちろん断られることもたくさんあります。大人になってからこんなにフラれたことなかったってぐらい(笑)。そんな感じでオーイシさんにも一度、ちょっとフラれた感じではあったんですけど、やっぱり“世界がオーイシさんを必要とする時が来たんだ”っていう、その気持ちはきちんと伝えきってから納得したいなと思って、イベント後のオーイシさんに会いに行ったりして。

――熱烈なアタックを。

齋藤P:あと、僕らの共通項としては、やっぱりマッショイくん(山内“masshoi”優)の存在が大きかったです。彼が逝去されたのが12月4日のことで、そういう意味でも2019年は、最後の最後でやっぱり悲しかったんですよ。2020年こそは明るい年にしたいって本当に思いましたもん。

オーイシ:去年、色んな大学で学園祭ライブをやらせてもらったんですけど、その最中に僕、夜中に倒れてしまったことがあって。急性胃腸炎的な感じだったんですけど、救急車で運ばれて、病院で点滴を打たれて、みたいなことがあったんです。その翌日か翌々日だったかな、マッショイくんとスタジオに入る機会があって「お互い健康に気をつけようね」みたいな話をして、その1週間後くらいのことだったんです、マッショイくんが亡くなったのは。



齋藤P:僕も毎年、彼とはよく会っていたわけですよ。アニサマの時期には1か月間ほぼ毎日のように会っていて。そんなファミリーみたいな人が急にいなくなってしまった。それこそ2020年はオーイシさんが作ったテーマソングでドラムを叩いてもらうんだと思っていた矢先のことだったから、オーイシさんと会って彼のことを話すことで、ちょっとでも自分の中で信じられないという気持ちを消化したかったんです。だけど、結局二人とも実感が全く沸かないって話してたよね。

オーイシ:その時は全く現実感がなかったですね。今でもそうなんですけど。でも、悲しみの共有ってわけじゃないですけど、知人が亡くなった時って、どうしても話し相手を探してしまうというか、気持ちを分け合いたくなったりするんです。12月に齋藤Pとお会いした時はマッショイくんの話ばかりしてましたね。

齋藤P:「改めてテーマソングよろしくね」っていう話し合いではあったんですけど、その時点でオーイシさんの中では骨格がほとんどできあがっていたので、それ以外はずっと彼の話をしてました。とにかく僕はその頃、オーイシさんに会いたかったんですよ。


普遍的でパーソナルな名曲

――制作過程はいかがでしたか?

オーイシ:制作自体はスムーズだったと思うんですけど、曲の頭から「オマエナニサマ!? オレアニサマ!」っていう掛け合いがあって、それについては議論がありました。皆さんが歌うテーマソングの中で、一番最初のフレーズで「オマエ」って入ってくるのが「それ、どうやねん」って。でも結果、これも含めてオーイシ節だよねと後押ししていただきました。

齋藤P:オーイシさんの場合、デモとして提出してもらった時点での完成度が高くて、だからこそ一回、ちょっと疑ってみたんですよね。こういう言葉遊びっぽいフレーズってオーイシさんらしくて楽しいし、テーマソングで「オマエナニサマ!?」って挑戦的じゃないですか。しかもド頭からきたので、すごくインパクトがあったし。ただ、僕らはコミュニケーションができる仲だったし、僕が考える意図とオーイシさんが考える意図がきちんと合致していたほうがいいなと思って。あと、最初は「Wasshoi! Wasshoi!」の表記も違ったよね。



テーマソング「なんてカラフルな世界!」歌唱アーティストたち


オーイシ:カタカナでしたね。

齋藤P:この「ワッショイ!」っていうフレーズについてオーイシさんに訊いた時、「マッショイくんに向けてる部分もある」と仰っていて。たぶん気づいた方も多いと思いますけど。

オーイシ:内緒で彼をアニサマに連れていきたいなと思ったんですよね。他の人に気づかれなくても構わない、自分だけで消化したいエモい部分というか、悲しい話をするのがあまり好きじゃないので、自分から大っぴらに解説したことはないですけど。でもやっぱり、ずっとお世話になってきたバンドのメンバーが急に天国に行ってしまって、それでもなんとかアニサマに連れて行ってあげたいなっていう気持ちが強くあったんです。あと、マッショイくんのアニサマに対する影響ってやっぱり大きくて。例えば岡崎体育さんはマッショイくんが生前にドラムを叩いていて、今年のアニサマは追悼の意も込めて出演するっていうのはTwitterでも公言されていた通りですけど、それぐらい影響力のあるミュージシャンだったんです。

――それで“Wasshoi”なんですね。

オーイシ:ただ、これについてはアニサマの中のサブ・ストーリーだと僕は思っていて。すごく大切な気持ちではあるんですけど、お客さんに押しつけるものでもないですし、その辺のバランス感覚を考えた結果、みんなで一緒にワーッてお祭り騒ぎする感じを出したいなと思って、カタカナ表記で「ワッショイ! ワッショイ!」っていうフレーズをサビ頭に入れたんですけど、齋藤Pから「アルファベット表記にしたらどう?」とご提案いただきまして、「たしかに。そのほうが分かる人には分かるな」ということで表記を変えました。

齋藤P:全体的に誰が聴いても楽しい、普遍的な曲じゃないですか。それって名曲を作るうえでは大事なことなんですけど、やっぱりオーイシマサヨシが作る以上、オーイシマサヨシのパーソナルな部分もあるんですよ。アニサマのプロデューサーは僕なので、そういう意味では僕のパーソナルな部分もある。でも、お客さんにそれを押し売りはしたくないので、CDの中にも書いてないし、ミュージック・ビデオでも明言はしてない。多分この記事が初めてだと思う。ただ、アルファベット表記にしたことでアクセントがついて、リズミカルなラップみたいな感じになったような気がして、それは結果的によかったなと思いますね。



なんてカラフルな世界!【Animelo Summer Live 2020-21 -COLORS-】


――歌唱パートはどのように決めていったのでしょう?

齋藤P:毎年そうですけど、テーマソングの歌い分けはめちゃくちゃ緻密に考えてます。今年はテーマが“COLORS”ということもあって、個性がカラフルなメンバーが揃ったので、例えば明るいパートなら声が明るい幹葉(スピラ・スピカ)さん、ハーモニーならi☆Ris、といったようにパーツをはめていくような感じです。ずっちゃん(i☆Ris澁谷梓希)とさきさま(i☆Ris山北早紀)のハーモニーとかも当然狙ってますし、雨宮さんの「楽しかった証拠ね!」のところ、やばいですよね(笑)。

オーイシ:かわいいですよね。あと、2番Aメロ始まりの東山さんの「そっか これってやはりシンパシー」は、ミュージック・ビデオの仕草や表情も含めて素晴らしいなと思いました。皆さん、ちゃんとカラーを放ってくれてる。

――今回のテーマソングは「はしゃいで潰れた声」や「うしろ髪を引かれるような帰り道」といった歌詞がある通り、視点がだいぶお客さん側にあるというか、客席のアニサマ体験そのものを描いているように感じられる作詞が印象的でした。

オーイシ:この曲の視点としては、みんなでテーマソングを歌う時にステージから見る客席の景色を意識したんですよ。ライブの一番最後に大団円を迎えて、最後のテーマソングを歌ってる時って、各々が推しのカラーをペンライトで表現するんですよね。なので、客席が一番カラフルな時って、実は最後のテーマソングを歌ってる時で。

――たしかに。

オーイシ:みんなの色が混ざり合って、一つになっていく、あの景色を見るたびに「すごくカラフルな世界だな」と思っていて。もちろんお客さんとして楽しむアニサマもよく知ってるので、帰りのさいたま新都心駅の混雑の中で感じる何とも言えない哀愁だったり、枯れた喉とか上がらなくなった肩すらも勲章のように感じるあの気持ちだったり、そういう描写も要素として入れつつ、僕たち出演者が心の底から「ありがとう」という気持ちを表現できる目線について考えたら、あの歌詞になりました。

インタビュー後編は8/26(水)19:00に公開

Interview by Takuto Ueda

関連キーワード

TAG

関連商品

No.7
地縛少年バンド「No.7」

2020/02/26

[CD]

¥1,320(税込)

No.7
地縛少年バンド「No.7」

2020/02/26

[CD]

¥1,980(税込)

仮歌ツアー2019
オーイシマサヨシ「仮歌ツアー2019」

2019/11/06

[DVD]

¥4,400(税込)

楽園都市
オーイシマサヨシ「楽園都市」

2019/08/21

[CD]

¥1,375(税込)

ドラゴンエネルギー
オーイシマサヨシ×加藤純一「ドラゴンエネルギー」

2018/08/22

[CD]

¥1,650(税込)

Hands
オーイシマサヨシ「Hands」

2018/07/18

[CD]

¥1,375(税込)

オトモダチフィルム
オーイシマサヨシ「オトモダチフィルム」

2018/05/23

[CD]

¥1,320(税込)

パラレルワールド
大石昌良「パラレルワールド」

2018/03/07

[CD]

¥1,320(税込)

仮歌ツアー
オーイシマサヨシ「仮歌ツアー」

2017/12/06

[DVD]

¥3,960(税込)

カバーアルバム「仮歌」
オーイシマサヨシ「カバーアルバム「仮歌」」

2017/07/26

[CD]

¥2,852(税込)

君に聞かせる物語
大石昌良「君に聞かせる物語」

2016/07/13

[CD]

¥3,630(税込)

君に聞かせる物語
大石昌良「君に聞かせる物語」

2016/07/13

[CD]

¥3,080(税込)

BRAND NEW BLUE
沢村栄純(CV:逢坂良太) with オーイシマサヨシ「BRAND NEW BLUE」

2016/02/17

[CD]

¥1,528(税込)

大石昌良の弾き語りラボ
大石昌良「大石昌良の弾き語りラボ」

2015/12/02

[CD]

¥2,530(税込)

君じゃなきゃダメみたい
オーイシマサヨシ「君じゃなきゃダメみたい」

2014/08/27

[CD]

¥1,320(税込)

マジカルミュージックツアー
大石昌良「マジカルミュージックツアー」

2013/02/20

[CD]

¥2,934(税込)

31 マイスクリーム
大石昌良「31 マイスクリーム」

2012/01/25

[CD]

¥2,934(税込)

G.D.アトラクション
大石昌良「G.D.アトラクション」

2009/11/18

[CD]

¥3,080(税込)

G.D.アトラクション
大石昌良「G.D.アトラクション」

2009/11/18

[CD]

¥3,080(税込)

幻想アンダーグラウンド
大石昌良「幻想アンダーグラウンド」

2009/10/21

[CD]

¥943(税込)

ラブ
大石昌良「ラブ」

2009/06/17

[CD]

¥1,257(税込)

あの街この街
大石昌良「あの街この街」

2008/11/26

[CD]

¥3,300(税込)

あの街この街
大石昌良「あの街この街」

2008/11/26

[CD]

¥3,666(税込)

うしろのしょうめん
大石昌良「うしろのしょうめん」

2008/09/24

[CD]

¥1,320(税込)

ほのかてらす
大石昌良「ほのかてらす」

2008/06/25

[CD]

¥1,320(税込)

No.7
地縛少年バンド「No.7」

2020/02/26

[CD]

¥1,320(税込)

No.7
地縛少年バンド「No.7」

2020/02/26

[CD]

¥1,980(税込)

仮歌ツアー2019
オーイシマサヨシ「仮歌ツアー2019」

2019/11/06

[DVD]

¥4,400(税込)

楽園都市
オーイシマサヨシ「楽園都市」

2019/08/21

[CD]

¥1,375(税込)

ドラゴンエネルギー
オーイシマサヨシ×加藤純一「ドラゴンエネルギー」

2018/08/22

[CD]

¥1,650(税込)

Hands
オーイシマサヨシ「Hands」

2018/07/18

[CD]

¥1,375(税込)

オトモダチフィルム
オーイシマサヨシ「オトモダチフィルム」

2018/05/23

[CD]

¥1,320(税込)

パラレルワールド
大石昌良「パラレルワールド」

2018/03/07

[CD]

¥1,320(税込)

仮歌ツアー
オーイシマサヨシ「仮歌ツアー」

2017/12/06

[DVD]

¥3,960(税込)

カバーアルバム「仮歌」
オーイシマサヨシ「カバーアルバム「仮歌」」

2017/07/26

[CD]

¥2,852(税込)

君に聞かせる物語
大石昌良「君に聞かせる物語」

2016/07/13

[CD]

¥3,630(税込)

君に聞かせる物語
大石昌良「君に聞かせる物語」

2016/07/13

[CD]

¥3,080(税込)

31 マイスクリーム
大石昌良「31 マイスクリーム」

2012/01/25

[CD]

¥2,934(税込)

G.D.アトラクション
大石昌良「G.D.アトラクション」

2009/11/18

[CD]

¥3,080(税込)

G.D.アトラクション
大石昌良「G.D.アトラクション」

2009/11/18

[CD]

¥3,080(税込)

幻想アンダーグラウンド
大石昌良「幻想アンダーグラウンド」

2009/10/21

[CD]

¥943(税込)

ラブ
大石昌良「ラブ」

2009/06/17

[CD]

¥1,257(税込)

あの街この街
大石昌良「あの街この街」

2008/11/26

[CD]

¥3,300(税込)

あの街この街
大石昌良「あの街この街」

2008/11/26

[CD]

¥3,666(税込)

うしろのしょうめん
大石昌良「うしろのしょうめん」

2008/09/24

[CD]

¥1,320(税込)

ほのかてらす
大石昌良「ほのかてらす」

2008/06/25

[CD]

¥1,320(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    【先ヨミ】Hey! Say! JUMP『Your Song』18万枚で現在シングル首位 続く22/7が過去最高のスタートダッシュ

  2. 2

    【ビルボード】BTS「Dynamite」3週目のストリーミング首位 嵐「Whenever You Call」が国内外で存在感

  3. 3

    『マクロス』シリーズ、ストリーミングサービスで全49作品、580曲を解禁

  4. 4

    福山雅治、菅田将暉、中村倫也、屋上テラスで『アサヒスーパードライ』を楽しむ

  5. 5

    BTS、米誌バラエティの表紙に A.R.M.Y./政治性/【グラミー賞】への思いを語る

HOT IMAGES

注目の画像