Billboard JAPAN


Special Contents

<インタビュー>ReNがコロナ禍で再確認したこと、不安に寄り添う新曲「We’ll be fine」 について語る



インタビュー

 2019年11月にキックオフしたツアーの最終公演が延期となってしまったReN。多くのミュージシャンが同様の状況に陥り、新型コロナウイルスの影響が音楽シーン全体に暗い影を落とす中、ReNは突如、新曲「We’ll be fine」をリリースした。世界中に渦巻く「不安」の空気感に優しく、温かく寄り添うようなメッセージ・ソングになっている。

 この楽曲に込められた想い、制作の経緯や過程、ツアーを完走目前としたまま停滞してしまっている現状について、本人に話を訊いた。

「大丈夫だよ」って一言を

――最近はどういった過ごし方をされてますか?

基本は曲作りしてましたね。それでも時間は余るし。あとはゲームしてみたり(笑)。人に言えるような大したことはほとんどしてないんですよ。でも、やっぱり心の奥にずっと不安があって、何をやってもネガティブになりがちで、それは今でも続いてる。そんな時、自分にとっての不安のはけ口が音楽だったので、ここで自分の想いみたいなものをちょっと書いてみようと思って、できあがったのが「We’ll be fine」でした。

――この自粛期間は音楽活動にどんな影響を?

初めてリモート・セッションみたいなことをやってみたんですけど、やっぱり自分にとってのセッションって、同じ空間でやることにすごく意味があったんだなって感じました。遠隔でのセッションだと少し違和感があって。

――その一方で、星野源さんの「うちで踊ろう」のような、こういった状況だからこそ生まれたポジティブなムーブメントもありますよね。ReNさんも参加された「#うたつなぎ」もそうですし。

「#うたつなぎ」に関しては、実はやるかどうかずっと迷ってました。難しいことですけど、ああいうのはどんな意図でやるかどうかがすごく大切だなと思っていて。やらなきゃいけないからやるっていうことじゃないと思うし、こんな状況は前例がないから。自分の中でちゃんと腑に落ちれば、それはすごく意味のあることになるだろうし、観てくれる方々も楽しんでくれると思う。でも、何のためにやってるか分からないものを見る余裕なんて、今のみんなにはないと思うんですよね。



――それは今回の新曲「We’ll be fine」にも繋がる考え方だと思いますが、何か制作の発端になった出来事や思いがあったのですか?

自粛期間中、ほかにも色々な曲を書いてはいたんですけど、僕はあまり器用なタイプじゃないし、物事を同時進行でやるのが得意ではないので、楽曲制作中も世の中のことや今の自分の状況のことがちらちらと頭の中に常にあって、一度それを消化したいと思ったんですよ。

――ずっと喉に骨が刺さってるみたいな。

そうそう。

――今後ヘルシーに音楽を続けていくためにも、一度吐き出しておかないといけない気持ちがあったということですよね。

「大丈夫だよ」って一言を言ってもらえる安心感ってあるよなと思って。「これがこうで」とかあれこれ言って「だから大丈夫なんだよ」って言ってもらうより、一言だけ添えて背中をポンって叩いてもらったほうが、素直に納得できたりポジティブになれたりするじゃないですか。そういう感じ方を一つ歌にしてみたいなって。



――反響はいかがですか?

曲の持つ力は伝わったのかなとは思いますね。今の状況だからこそかもしれないですけど、ポジティブに捉えてくれる人も多かったし。僕の歌は悲しい世界観を綴っているものも多いですけど、みんながこういう世界観も受け入れてくれたのがすごく嬉しいです。

――作曲はどのように進めていきましたか?

ピアノでメロディを組み立てていったんですけど、最初はもう少しバラードでした。それにギターを重ねて1コーラス分ぐらいまで作って、ある程度の世界観ができあがったあと、ピアノだけを抜いてみて、今度はこっちの方向性でどんなアレンジが合うだろうかって考えていきました。

――歌詞より曲が先?

完全に同時でしたね。ピアノでリフを弾いて、それと一緒にギターを弾きながら「果てしない暗闇の中」って歌い出しが出てきた時に「あ、もう見えてきた」って感じでした。

――そこからアレンジをどのように広げていったのでしょう?

去年リリースしたEP『Fallin'』に収録されている「Hot and Cold」もプロデュースしてくれたDave Badiukにデモを送ったら、色んなアイデアを返してくれて、それに自分でギターとピアノを混ぜながら作っていきました。




――そもそもどんなやり取りからスタートしたのでしょう?

お互いの近況について「今どんな感じ?」とか「ライブできないらしいな」みたいな話をしていた時、「曲を書いたんだけど、どういう世界観が見える?」って感じでデモを聴いてもらったら「めちゃくちゃいいじゃん」って言ってくれて。それからもう少しダイナミックな世界観というか、気持ちいいサウンドにしてみようってことで、ポジティブなフィード・バックももらえたので、一緒にアレンジも組み立てていきました。


ライブでやることの必然性

――社会的にもコロナ禍で浮き彫りになった問題や課題がたくさんありましたが、ReNさん自身、今回のことで学んだことや気づいたことも多いですか?

音楽家というより一人の人間として感じたことですけど、僕はやっぱり人と会って話したり、お互いに向き合うことがないと満たされない人間なんだなって思いました。技術が発達したことで、オンラインで打ち合わせしたりリモート・セッションしたりできるようになりましたけど、やっぱり直接人と会った時のほうが良いグルーヴが生まれるし、色んなことが上手くいく。そのことを知れたのは大きいですね。もちろん悲しいこともたくさん起こったけど、だからこそ必要なものと必要じゃないものが明確に見えたとは正直思っていて。それこそライブはどれだけバーチャルの世界で発展しようとも、空気振動で直接伝える音のほうが自分にとっては大切なんだなって、家に籠っている時に感じました。

――再確認できたと。

当たり前のことに気づけなくなる時ってどうしてもあるし、そういう部分を改めて考える機会になったかなって思います。自分はここ5年間ぐらい、精神的にずっと走り続けてきた感じがあったので、このタイミングでいったん立ち止まって、今後自分がやっていきたい音楽、やっていきたいライブ、今まで手を出せていなかったチャレンジを見つめ直すことができた。そういう意味では自分の中の古く廃れた部分を壊して作り変えて、再出発できるチャンスだなって思ってます。



――無事に「We’ll be fine」もリリースされ、音楽制作の面でもようやく前に進めるようになったと思うのですが、現時点で今後の展望はいくらか見えているのでしょうか?

ちょっと尖ったものを作ってみたいなと思っていて。今まで色んな方向性の曲を作ってきましたけど、今度はその方向性のもっと突き抜けたものを作ってみたいなと。それがどんなテイストになるかはまだ分からないけど、今までだったら想像もつかなかったような音楽を作っていきたい。言葉の使い方も少しずつ変わってきているし、今の自分だからこそ書ける曲を純粋に楽しみたいです。

――ライブの話をすると、2019年からスタートした【ReN ONE MAN「HURRICANE」TOUR 2019-2020】のファイナル、ZEPP DiverCity Tokyo公演は残念ながら延期となってしまいました。ReNさんの音楽表現はライブ・パフォーマンスとは切り離せないものだと思いますが、そういう意味でも色々な思いが渦巻いているのでは?

どうしたらいいんですかね(笑)。2月まではツアーを回っていて、ちょうどファイナルだけができていない状態なんですけど、富士山の9合目まで行って、あとちょっとで頂上っていうところで下山命令がきたようなものだから、寸止め状態というか、それまでのツアーがすごく昔のことのような感覚になっていて。みんな悶々としてるんだろうけど、僕もライブは大好きだし、今後もどんどんやっていきたいなと思っていた矢先だったので…。

――歯がゆいですね。

ファイナルが終わった後の計画の話とかをちょうどしていた時に全部が白紙になっちゃったので。まあライブができない時期だからこそ他にできることも見えてきたし、今までトライできなかったことをやれる期間だとは思うから、そういう時間はちゃんと大事に使って。また必ずライブできる日が来るはずだし、自分もみんなも待った分、それだけのものができればいいなって思ってます。



――ラスト1公演を残すのみとなった時点では、今回のツアーにどんな手応えを感じていましたか?

僕のライブって、ずっと一人でステージングしてきたからこそ、変化が効くと思っていて、例えば「僕とみんな」が交われる世界もあれば、自分一人で突っ走っちゃうぐらいの瞬間もあったり、今回はそういう色んな表現を一つのライブの中で見せてこれたなって感じてます。自分から一方的に思いを届けるだけでなく、みんなと一緒に楽しめる世界観のベースができてきたというか。自分の音楽をライブでやることの必然性を見出せた実感がありますね。

――それは今までのツアーでは感じていなかった感覚?

自分のライブを客観的に見た時に「こうすればいい」と思えたことを具現化できたというか。全部が自分の手の届く範囲でコントロールできた感じは初めてでした。今まではすごく神経質な世界だったんですよ。それは多重録音が織りなす緊張感でもあるし、それはそれでライブの醍醐味ではあるんだけど、もっと純粋に音楽というものを楽しむ空間も必要だなって思っていたので。ルーパーを使うからこそ、トリッキーだけで終わらないように、色んな楽しみ方ができるよう意識してきました。

――延期された公演は9月に振替が決まっています。今、どんな意気込みでいますか?

最近はどちらかと言えば制作のほうをずっとやってるので、9月のライブでは3月までにみんなとツアーで作り上げてきたものをまずは表現したいし、味わってもらいたい。とはいえ、この期間で生まれたものもあるから、当日のお客さんは長いあいだ待ってくれたこともあるし、少しスペシャルな思いで挑めればいいなって思います。



ReN 「We’ll be fine」MV


Interview by Takuto Ueda
Photo by Yuma Totsuka

関連キーワード

TAG

関連商品

Fallin’
ReN「Fallin’」

2019/11/27

[CD]

¥1,980(税込)

存在証明
ReN「存在証明」

2018/08/15

[CD]

¥1,834(税込)

LIFE SAVER
ReN「LIFE SAVER」

2017/06/28

[CD]

¥2,547(税込)

LIFE SAVER
ReN「LIFE SAVER」

2017/06/28

[CD]

¥2,547(税込)

Lights
ReN「Lights」

2016/06/01

[CD]

¥2,547(税込)

LIFE SAVER
ReN「LIFE SAVER」

2017/06/28

[CD]

¥2,547(税込)

LIFE SAVER
ReN「LIFE SAVER」

2017/06/28

[CD]

¥2,547(税込)

Lights
ReN「Lights」

2016/06/01

[CD]

¥2,547(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    つじあやの、配信ライブ『ビクタースタジオから歌をこめて』から「風になる」スタジオVer.公開

  2. 2

    大森靖子とビデオ通話が当たるキャンペーン開催決定、画面越しでも「KEKKON」しようよ。

  3. 3

    FLOW、TVアニメ『シャドウバース』オープニングテーマ「新世界」先行配信が決定

  4. 4

    BTSの所属レーベル、上場で時価総額が約4335億円に

  5. 5

    EUPHORIA、9/30発売「本気でアイラブユー」MV別バージョン(Room ver)公開

HOT IMAGES

注目の画像