Billboard JAPAN


Special Contents

和楽器バンド 新章『REACT』インタビュー~東京から世界へ~



和楽器バンドインタビュー

 詩吟、和楽器の“和”とロックの“洋”を融合させた和楽器バンドが、ワールドワイドな展開を目指して、2019年夏にユニバーサルミュージックとのグローバル契約を発表した。彼らの新章の幕開けとなった4曲入りのコンセプトEP『REACT』には、“Challenge”、“New Beginning”、“Farewell to the past”、“Special Thanks”の4つのテーマに沿って書かれた楽曲が収録され、綿密に計算されたバンドサウンドに乗って、彼らの決意やこれまで応援してきてくれた人々への感謝が感じられる。今回、楽曲を手掛けた鈴華ゆう子(Vo.)、黒流(和太鼓)、町屋(Guitar & Vo.)に楽曲に込められた真意や今後のバンドの野望を語ってもらった。

左から:町屋、鈴華ゆう子、黒流

――【-新章-】と銘打った約1年半ぶりのツアーを終えたばかりですが、ツアーを振り返ってみて、何か感じたことはありますか?

鈴華ゆう子:移籍してすぐに決まったツアーだったので、本当にツアーができるのか不安でした。というのも、スタッフの総入れ替えがありまして、ライブは照明や音響スタッフさんなど色んな方が集まらないとできないものなので不安だったんです。でも、その不安は何だったんだと思うくらい、プロフェッショナルな方達がサポートしてくださって、今回16公演ありましたが、回数を重ねるごとによくなっていきました。ライブでファンの皆さんを目にした時、一時期、表舞台から消えていた私達をずっと待っていてくれたのが分かって、すごくホッとしましたし、ここから第二章の始まりだという気持ちになりました。

町屋:俺はあと84回やってもいいんだけど。年間100本くらい。

鈴華ゆう子:1人でやってください(笑)。

町屋:いろんなところを細かく地道に回るライブも、いつかやりたいね。

黒流:まずは都内23区から(笑)

――(笑)。気持ちの変化など、ツアー中に感じたことはありましたか?

鈴華ゆう子:ある意味、メンバー全員、気持ちが激変したところがなくてよかったです。バンドリハーサルが始まる前に、ローディーさんと会って、(津軽三味線担当の蜷川)べにが三味線の調弦を話し合ったり、(箏担当のいぶくろ)聖志が箏の柱の立て方や、しまい方を説明したりしてました。もっと手こずるかと思っていましたが、本当に問題なく進んで、逆に心境に変化がないままライブに挑めましたね。

町屋:あまりにも自然に出来ちゃうので、僕は後半すごく焦っちゃって、ここで何かいいものを見せるには自分たちがやるしかないって思い、ツアーの後半はパフォーマンスがよくなったのを感じました。

鈴華ゆう子:ストレスフリーで臨めたからこそ、パフォーマンスのことを考えられる余裕ができたんだよね。


和楽器バンド

――普通だとそこまで行くのに時間がかかるところ、今回はストレスフリーで、苦戦することがなかったわけですね。

鈴華ゆう子:そうなんです、簡単なようで難しいところで……。

黒流:とりわけ特殊なバンドですし……。今までドラムセットを組んでた方が急に120キロの大太鼓を持ち上げないといけなくなるなんて、大変ですよね。

鈴華ゆう子:ツアーが終わるたびに気づくことが何かしらあるんですけど、今回、歌が上手くなったなって思えたんです。鼻歌を歌っていた時に、前までキツかった部分が歌えていて、これはライブで身についたんだと思うんです。今まではパフォーマンスや気持ちの面で気づくことはあったんですけど、歌に関して何か思ったのは初めてでした。

――ボーカリストとしてご自身と向き合うこともできたツアーだったんですね。さて、最新コンセプトEPについてお聞きしたいのですが、タイトルでもある“REACT”というテーマの発想はどこから来たのでしょうか?

鈴華ゆう子:ユニバーサルミュージックから大きなテーマとして“RE”を提案されたんです。そのワードをもとにメンバーから色々候補を集めて1番いいなと思ったのが“REACT”でした。第二章の始まりとなる作品なので、新しいチームで生まれ変わったアクトをしていきたいという気持ちが込められています。

――コンセプトEPにした特別な理由はございますか?

町屋:レーベル側からコンセプトEPを提案されたことも一因ではあるのですが、僕達はこれまでに『オトノエ』というコンセプト作品をリリースしていますし、コンセプト性の強い作品を聞いて育った世代でもあって、単曲買いに慣れてないところがあるんです。本を読むような感覚で、一曲聞くよりも一枚まるごと聞いたほうが、より深く理解できますよね。

鈴華ゆう子:移籍に伴って今まで凝り固まっていたもの解き放つために、私たちはわりと受け身の状態で、こちらの要望を押し出すだけでなく、新しい意見を柔軟に取り入れています。4つのテーマについても色々と話し合って、テーマに基づいた曲を好きなように集めました。

町屋:テーマにハマるデモのストックやテーマに合わせて新しく作った曲もあって、その中で1番や2番にハマる楽曲をレーベルに選んでもらいました。

――“Challenge”、“New Beginning”、“Farewell to the past”、“Special Thanks”の4つのテーマがそのまま曲順に当てはまっているのでしょうか?

町屋:そうです。

鈴華ゆう子:“Challenge”は世界標準への挑戦、“New Beginning”は新たな出会い、“Farewell to the past”は過去との別れ、“Special Thanks”はファンへの感謝です。


――1曲目の「Break Out」はデモがあったのでしょうか?

黒流:もともとあったデモを“Challenge”というテーマに合うように書き直しました。和楽器バンドってロックと和が融合した前例のないバンドで、日本人のほうがわりと和楽器に対して固定概念があって、逆に海外の方は和楽器を有効的にカッコよく使われているんです。世界に行くのであれば、新しいものを作っていくという気持ちがないと、これまでの繰り返しになってしまうだけだと思いまして、前例がないからこそ、まず自分たちの壁を壊そうとスタートした曲なんです。また、音楽から元気をもらったことがいっぱいあったので、この曲を聞いた人に元気を与えられればと、わかりやすい歌詞にしました。

町屋:今までチャレンジし続けてきた和楽器バンドらしい一曲で、ある意味、一番チャレンジしていない曲なんですよね。「和楽器バンドとは?」を世界に表明する曲に仕上がっています。

黒流:出だしからインパクトが欲しくて、ゆう子ちゃんの和楽器に負けない声が僕らの武器でもあるので、8人全員の音が合わさった楽曲になっています。これまで和楽器を全面に出した静かめのインストはあったのですが、ロックに馴染めるのは本当に難しくて……。バランスやプロデュースはまっちー(町屋)に任せているんですけど、これまで自分たちが模索してきた足し引きや知識があるからこそ、ロックの中に和楽器そしてボーカルが活きる、そして和楽器と洋楽器のバランスが同等になっている曲が作れるんだと思っています。


和楽器バンド

――和と洋のロックのバランスを取るのに苦戦したんじゃないでしょうか?

町屋:流石に6年やっていると、だいたいのイメージが見えるんです(笑)。

黒流:まっちーの中に設計図があるよね。

町屋:頭の中でイメージを固めることに一番時間を費やしていて、固まった後はそれを音楽的な言葉でメンバーと会話してレコーディングしています。

鈴華ゆう子:よく絵画や料理の盛り付けみたいだなって思うことがあって、黒流さんがミックスを聞いた時に「おせちの重箱みたいだね」って言ってたんです。

黒流:重箱って全ての具材が見えるじゃないですか。重なっていなくて、それで見た目もすごく美しくて。

町屋:ファーストとセカンドの頃は模索していた時期なので、今にはない荒削りな部分もあったのですが、経験を積んでいく中で、自分の中である程度の方程式やセオリーができました。人数が多いので、バランスは基本的に引き算ですね。


NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 日本の音楽はこういうものだと見せたい
  3. Next >

日本の音楽はこういうものだと見せたい

――先日のツアーのラスト公演を拝見しましたが、どの楽器もバランスよく聞こえる素晴らしいライブでした。町屋さんが手掛けられた「Ignite」は“New Beginning”がテーマになりますが、この曲の構想を教えてください。

町屋:新しい行動にはリスクが伴うので勇気がいることだと思うんですけど、僕達は怯まず進んでいくという意思がこの曲に詰め込まれています。

――どのパートもサビのようで、名フレーズの嵐だと感じました。

町屋:一人一人の熱量が高いですね。今まで培った経験を全部詰め込んでやろうと思いました。実はこういうファンキーなテンポの曲が僕達の曲になかったのですが、ラップ終わりまで攻めて、そのあとは和楽器に任せれば、いつも通りのものになるという図はできていました。サビは全員全力でプレイしていますが、同じくらい全力だった初期の頃よりも洗練されて、全パートが美しく聞こえるように意識しつつ、ものすごくせめぎ合ってます。

――そんな感じがヒシヒシと伝わってきます。鈴華さんはボーカリストとして、このリード曲のレコーディングを振り返ってみて、どうでしたか?

鈴華ゆう子:あまり悩まなかったです。<照らし出す>の“す”の部分で、声を震わせるのではなく、真っ直ぐ伸ばした方がいいと思い、こうイメージして作ったんだろうなって言うのが言葉を交わさなくても読み取れるので苦労しなかったですね。


――ファンキーなグルーブで、和太鼓は他のドラミングとかなり違いますよね。

町屋:この曲はかなりプログレですよね。

黒流:太鼓はどうしてもボワンという音がしちゃうんですが、それは違うと思い、バシンとアタックが出る竹バチを使っています。サビの和っぽいところは通常のドンドンという低音が響くようにしています。あとはフルユニゾンで叩いて、(町屋の)ギターソロを邪魔してます(笑)。

町屋:ギターソロに太鼓でユニゾンするなんて、なかなか珍しいよね(笑)。結構早くギター弾いてるのに、食らいついて来るんだもん。

鈴華ゆう子:7人のバンドサウンドに負けないボーカルパワーが必要だと思ったのですが、とても表現しやすい曲でした。ラップの後ろで楽器のように声を入れてみたりしても、何やってもOKという感じで。

――これまで和楽器バンドではなかった英語詞が登場しますが、気持ちの込め方や言葉の発しやすさで難しさはありましたか?

鈴華ゆう子:言葉がきちんと聞こえるように意識しました。詩吟の時も子音を大事にしていて、子音が聞こえるかどうかで、伝えたいことがどれだけ伝わるかが変わるので、その点はレコーディングの時から気をつけています。

――スピーディーでファンキーな「Ignite」から一転して、鈴華さんが作詞・作曲された3曲目の「IZANA」はミドルバラードですね。

鈴華ゆう子:今回のために書き下ろした楽曲で、私のホームがクラシック音楽なのでオーケストラが入ったことも嬉しいですし、この曲の出来に私は大満足です。過去との別れがテーマになっていて、別れにはいい別れと悲しい別れがありますけど、基本、悲しいですよね。自然災害など運命に抗えずに起こる別れもあります。苦しんでいる人達をこの曲が包み込んで、少しでも癒せることを願って、この曲を書きました。<均衡保つ 万策は尽き 苦渋に満ちた 脅威は>に「自然災害はなぜ起きるのか」という思いが詰まっています。イザナギ(男神)とイザナミ(女神)が出てくる古事記を元に、ファンタジーの中に別れの悲しみを解き放つように、壮大な世界観で物事を考えられたら、人の心を癒せるかなと思って書いたんです。いつかバラードのデュエットをしたいと思っていたのですが、和楽器バンドだとバラードのデュエットは絶対に歌謡曲っぽくなってしまうと思ったので、まっちーにはいつものキーより低く歌ってもらいました。

町屋:1オクターブ下げて歌ってます。

鈴華ゆう子:まっちーから「(オクターブを)上げていい?」って言われ続けたんですけど、イザナミとイザナギの天と地の距離感を出したくて、ダメって言い続けて、結果、聞いたことのない優しい声が聞けてウケがいいんです。それを狙って作ったので、その反応も納得ですね(笑)。

町屋:11度の反りでハモることないもんね(笑)。後半のクロスは拍子もフィールも変わるので歌詞により合っていると思います。


――アレンジには共演歴のある西山勝さんが参加されていますね。

鈴華ゆう子:オーケストラを入れたいと思って西山(勝)さんに相談しました。初めてホルンを入れていて、ちょっと重厚感が増しています。

町屋:これまでは弦楽器だけで、木管楽器が入ったのは初めてでしたね。

鈴華ゆう子:まっちーに世界観を説明すると「ハイハイ、わかってるから」っていう感じで、バックコーラスの<ハッハッハ>のところで、森とか、もののけ感を出してもらって、その後にギターソロをお願いって言うと……

町屋:夜空から星が降り注ぐようなイメージが見えて、3小節目は目線が地上にあって、5小節目は上空から眺めているようなプレイをすればいいんでしょって(笑)。あまり言葉の説明はいらないよね。


和楽器バンド

――ぜひとも、【和楽器バンド Premium Symphonic Night Vol.2】で聞かせてください。

鈴華ゆう子:やらざるを得ないよね(笑)。

黒流:あえてやらないなんて、メリットは全くないよね(笑)。

――(笑)。ベースの亜沙さんが作詞・作曲・編曲された4曲目の「情景エフェクター」はポップな楽曲に仕上がっていますね。

町屋:メンバーそれぞれに属性があって、バラードを書かせるならゆう子で、ポップスを書かせるなら亜沙さんが断トツです。和楽器バンドの編成でEDMをやりたいというサウンドテーマありました。

鈴華ゆう子:ファンと合唱したいと思って、メンバー全員が声を重ねてコーラスを録ったのは初めてです。

町屋:和楽器が入った時点で、すごく生音になるので、ギターのサイドチェインでうねらせたり、オーガニックなEDMにしたくてアコースティックギターが一番自然に溶け込めると思って、アコギを使ったりしています。


――これら4曲を掲げて日本だけじゃなく世界のリスナーへ音楽を届けていくわけですが、ライブでは音楽は世界共通用語だとおっしゃっていましたが、海外リスナーにはどんなところに魅力を感じてもらいたいですか?

鈴華ゆう子:和楽器バンドとはこういうものだ、日本の音楽はこういうものだと見せたいです。アニメとか日本のポップカルチャーが世界に広がっていって、日本語が分かる人が昔に比べて増えたので、もちろん伝わりやすいように英語で歌っていこうとは思っていますが、逆に私達が英語の歌を聞いてまねして歌ったように、海外の方が日本語で歌ってくれる状況が作れたらいいですね。

町屋:6年目にしてサウンドも成熟してきたので、数少ない日本のミクスチャーを世界に発信できるんじゃないかと思っています。

――今後の皆さんの活躍が本当に楽しみです。さて、2020年以降のバンドの野望はありますか?

鈴華ゆう子:長い音楽人生の中で自信を持った確固たる音楽を作っていきたいです。さっき黒流さんが話していて共感したのは、2020年は記念すべき東京オリンピックイヤーと言われていますが、オリンピックが終わった後に何を残せるかが大事だってことです。しっかり音楽をする環境ができたからこそ、海外から注目されたときに、恥ずかしくないような音楽をしっかり作っていきたいですね。しばらく海外でライブをやれていないので、せっかくグローバル契約したのでヨーロッパ圏を回りたいです。フランスやドイツって日本の音楽が盛り上がってますよね。

町屋:2014年以降、ヨーロッパには行けてないよね。

鈴華ゆう子:今しか出せない音や声があるので、勢いがある時に行きたいです。でも行くだけじゃなくて、たくさん吸収もしたいですね。


和楽器バンド

関連キーワード

TAG

関連商品

細雪
和楽器バンド「細雪」

2018/11/14

[CD]

¥1,320(税込)

細雪
和楽器バンド「細雪」

2018/11/14

[CD]

¥2,530(税込)

細雪
和楽器バンド「細雪」

2018/11/14

[CD]

¥2,530(税込)

細雪
和楽器バンド「細雪」

2018/11/14

[CD]

¥7,150(税込)

細雪
和楽器バンド「細雪」

2018/11/14

[CD]

¥7,150(税込)

オトノエ
和楽器バンド「オトノエ」

2018/04/25

[CD]

¥3,080(税込)

オトノエ
和楽器バンド「オトノエ」

2018/04/25

[CD]

¥5,280(税込)

オトノエ
和楽器バンド「オトノエ」

2018/04/25

[CD]

¥4,400(税込)

オトノエ
和楽器バンド「オトノエ」

2018/04/25

[CD]

¥5,060(税込)

オトノエ
和楽器バンド「オトノエ」

2018/04/25

[CD]

¥4,180(税込)

雪影ぼうし
和楽器バンド「雪影ぼうし」

2018/01/24

[CD]

¥1,320(税込)

雪影ぼうし
和楽器バンド「雪影ぼうし」

2018/01/24

[CD]

¥2,200(税込)

雪影ぼうし
和楽器バンド「雪影ぼうし」

2018/01/24

[CD]

¥2,035(税込)

雨のち感情論
和楽器バンド「雨のち感情論」

2017/09/06

[CD]

¥1,320(税込)

雨のち感情論
和楽器バンド「雨のち感情論」

2017/09/06

[CD]

¥2,035(税込)

雨のち感情論
和楽器バンド「雨のち感情論」

2017/09/06

[CD]

¥2,035(税込)

起死回生
和楽器バンド「起死回生」

2016/08/17

[Blu-ray Disc]

¥2,097(税込)

起死回生
和楽器バンド「起死回生」

2016/08/17

[DVD]

¥1,760(税込)

起死回生
和楽器バンド「起死回生」

2016/08/17

[Blu-ray Disc]

¥2,647(税込)

起死回生
和楽器バンド「起死回生」

2016/08/17

[DVD]

¥2,310(税込)

明正フィロソフィア
亜沙「明正フィロソフィア」

2016/01/06

[CD]

¥3,080(税込)

八奏絵巻
和楽器バンド「八奏絵巻」

2015/09/02

[CD]

¥4,180(税込)

八奏絵巻
和楽器バンド「八奏絵巻」

2015/09/02

[CD]

¥4,180(税込)

八奏絵巻
和楽器バンド「八奏絵巻」

2015/09/02

[CD]

¥2,750(税込)

八奏絵巻
和楽器バンド「八奏絵巻」

2015/09/02

[CD]

¥3,850(税込)

八奏絵巻
和楽器バンド「八奏絵巻」

2015/09/02

[CD]

¥3,850(税込)

八奏絵巻
和楽器バンド「八奏絵巻」

2015/09/02

[CD]

¥2,750(税込)

八奏絵巻
和楽器バンド「八奏絵巻」

2015/09/02

[CD]

¥4,180(税込)

八奏絵巻
和楽器バンド「八奏絵巻」

2015/09/02

[CD]

¥3,850(税込)

八奏絵巻
和楽器バンド「八奏絵巻」

2015/09/02

[CD]

¥4,180(税込)

八奏絵巻
和楽器バンド「八奏絵巻」

2015/09/02

[CD]

¥3,850(税込)

戦-ikusa-/なでしこ桜
和楽器バンド「戦-ikusa-/なでしこ桜」

2015/02/25

[Blu-ray Disc]

¥1,987(税込)

戦-ikusa-/なでしこ桜
和楽器バンド「戦-ikusa-/なでしこ桜」

2015/02/25

[DVD]

¥1,650(税込)

ボカロ三昧大演奏会
和楽器バンド「ボカロ三昧大演奏会」

2014/11/26

[Blu-ray Disc]

¥6,380(税込)

ボカロ三昧大演奏会
和楽器バンド「ボカロ三昧大演奏会」

2014/11/26

[DVD]

¥5,500(税込)

華火 -Hanabi-
和楽器バンド「華火 -Hanabi-」

2014/08/27

[DVD]

¥1,650(税込)

華火 -Hanabi-
和楽器バンド「華火 -Hanabi-」

2014/08/27

[Blu-ray Disc]

¥1,987(税込)

ボカロ三昧
和楽器バンド「ボカロ三昧」

2014/04/23

[CD]

¥2,310(税込)

ボカロ三昧
和楽器バンド「ボカロ三昧」

2014/04/23

[CD]

¥3,300(税込)

ボカロ三昧
和楽器バンド「ボカロ三昧」

2014/04/23

[CD]

¥3,630(税込)

吉原ラメント~唄い手盤~
亜沙「吉原ラメント~唄い手盤~」

2013/10/16

[CD]

¥2,096(税込)

REACT
和楽器バンド「REACT」

2019/12/04

[CD]

¥1,540(税込)

REACT
和楽器バンド「REACT」

2019/12/04

[CD]

¥2,420(税込)

REACT
和楽器バンド「REACT」

2019/12/04

[CD]

¥2,750(税込)

細雪
和楽器バンド「細雪」

2018/11/14

[CD]

¥1,320(税込)

細雪
和楽器バンド「細雪」

2018/11/14

[CD]

¥2,530(税込)

細雪
和楽器バンド「細雪」

2018/11/14

[CD]

¥2,530(税込)

細雪
和楽器バンド「細雪」

2018/11/14

[CD]

¥7,150(税込)

細雪
和楽器バンド「細雪」

2018/11/14

[CD]

¥7,150(税込)

1987
亜沙「1987」

2018/09/19

[CD]

¥3,300(税込)

1987
亜沙「1987」

2018/09/19

[CD]

¥4,180(税込)

オトノエ
和楽器バンド「オトノエ」

2018/04/25

[CD]

¥3,080(税込)

オトノエ
和楽器バンド「オトノエ」

2018/04/25

[CD]

¥5,280(税込)

オトノエ
和楽器バンド「オトノエ」

2018/04/25

[CD]

¥4,400(税込)

オトノエ
和楽器バンド「オトノエ」

2018/04/25

[CD]

¥5,060(税込)

オトノエ
和楽器バンド「オトノエ」

2018/04/25

[CD]

¥4,180(税込)

雪影ぼうし
和楽器バンド「雪影ぼうし」

2018/01/24

[CD]

¥1,320(税込)

雪影ぼうし
和楽器バンド「雪影ぼうし」

2018/01/24

[CD]

¥2,200(税込)

雪影ぼうし
和楽器バンド「雪影ぼうし」

2018/01/24

[CD]

¥2,035(税込)

雨のち感情論
和楽器バンド「雨のち感情論」

2017/09/06

[CD]

¥1,320(税込)

雨のち感情論
和楽器バンド「雨のち感情論」

2017/09/06

[CD]

¥2,035(税込)

雨のち感情論
和楽器バンド「雨のち感情論」

2017/09/06

[CD]

¥2,035(税込)

四季彩-shikisai-
和楽器バンド「四季彩-shikisai-」

2017/03/22

[CD]

¥4,400(税込)

四季彩-shikisai-
和楽器バンド「四季彩-shikisai-」

2017/03/22

[CD]

¥5,280(税込)

四季彩-shikisai-
和楽器バンド「四季彩-shikisai-」

2017/03/22

[CD]

¥4,400(税込)

起死回生
和楽器バンド「起死回生」

2016/08/17

[Blu-ray Disc]

¥2,097(税込)

起死回生
和楽器バンド「起死回生」

2016/08/17

[DVD]

¥1,760(税込)

起死回生
和楽器バンド「起死回生」

2016/08/17

[Blu-ray Disc]

¥2,647(税込)

起死回生
和楽器バンド「起死回生」

2016/08/17

[DVD]

¥2,310(税込)

明正フィロソフィア
亜沙「明正フィロソフィア」

2016/01/06

[CD]

¥3,080(税込)

八奏絵巻
和楽器バンド「八奏絵巻」

2015/09/02

[CD]

¥4,180(税込)

八奏絵巻
和楽器バンド「八奏絵巻」

2015/09/02

[CD]

¥4,180(税込)

八奏絵巻
和楽器バンド「八奏絵巻」

2015/09/02

[CD]

¥2,750(税込)

八奏絵巻
和楽器バンド「八奏絵巻」

2015/09/02

[CD]

¥3,850(税込)

八奏絵巻
和楽器バンド「八奏絵巻」

2015/09/02

[CD]

¥3,850(税込)

八奏絵巻
和楽器バンド「八奏絵巻」

2015/09/02

[CD]

¥2,750(税込)

八奏絵巻
和楽器バンド「八奏絵巻」

2015/09/02

[CD]

¥4,180(税込)

八奏絵巻
和楽器バンド「八奏絵巻」

2015/09/02

[CD]

¥3,850(税込)

八奏絵巻
和楽器バンド「八奏絵巻」

2015/09/02

[CD]

¥4,180(税込)

八奏絵巻
和楽器バンド「八奏絵巻」

2015/09/02

[CD]

¥3,850(税込)

戦-ikusa-/なでしこ桜
和楽器バンド「戦-ikusa-/なでしこ桜」

2015/02/25

[Blu-ray Disc]

¥1,987(税込)

戦-ikusa-/なでしこ桜
和楽器バンド「戦-ikusa-/なでしこ桜」

2015/02/25

[DVD]

¥1,650(税込)

ボカロ三昧大演奏会
和楽器バンド「ボカロ三昧大演奏会」

2014/11/26

[Blu-ray Disc]

¥6,380(税込)

ボカロ三昧大演奏会
和楽器バンド「ボカロ三昧大演奏会」

2014/11/26

[DVD]

¥5,500(税込)

華火 -Hanabi-
和楽器バンド「華火 -Hanabi-」

2014/08/27

[DVD]

¥1,650(税込)

華火 -Hanabi-
和楽器バンド「華火 -Hanabi-」

2014/08/27

[Blu-ray Disc]

¥1,987(税込)

ボカロ三昧
和楽器バンド「ボカロ三昧」

2014/04/23

[CD]

¥2,310(税込)

ボカロ三昧
和楽器バンド「ボカロ三昧」

2014/04/23

[CD]

¥3,300(税込)

ボカロ三昧
和楽器バンド「ボカロ三昧」

2014/04/23

[CD]

¥3,630(税込)

吉原ラメント~唄い手盤~
亜沙「吉原ラメント~唄い手盤~」

2013/10/16

[CD]

¥2,096(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    【ビルボード】SixTONES vs Snow Man『Imitation Rain / D.D.』が776,836枚でSGセールス首位獲得 2位と24,600枚差

  2. 2

    <ライブレポート>藤井フミヤが紡ぎ出す2時間の物語 西本智実との3年ぶりのステージで、時空を超えた愛を歌う

  3. 3

    【深ヨミ】新時代の男性アイドルグループとなるか? 嵐/King&Prince/SixTONES/Snow Manを比較

  4. 4

    【第62回グラミー賞】ビリー・アイリッシュ主要4部門独占、計5つの賞に輝く快挙

  5. 5

    【ビルボード】NCT DREAM『THE DREAM』が51,733枚を売り上げてALセールス首位獲得 King Gnu/MISIAが続く

SPECIAL

インタビュー・タイムマシン

more

more

HOT IMAGES

注目の画像