Billboard JAPAN


Special Contents

サラ・オレイン 『Timeless ~サラ・オレイン・ベスト』インタビュー



インタビュー

 ヴォーカリスト、ヴァイオリニスト、作詞作曲家、コピーライター、翻訳家と様々な肩書を持つオーストラリア出身のサラ・オレイン。5歳から始めたヴァイオリンと、3オクターブを超えるその美声は、聴く者の心へすっと入り込み、その容姿と多才ぶりに心を奪われるばかりだ。そんな才媛のサラ・オレインが、デビュー5周年を経て、これまでの作品からの選りすぐりを集約したベストアルバム『Timeless ~サラ・オレイン・ベスト』を2018年10月17日に発売。そして、そのベスト盤と映像商品『シネマ・ミュージック with サラ・オレイン』に加え、24ページものフォト・ブックと2つ折り両面ポスターが封入された豪華な『Timeless~サラ・オレイン・ベスト [完全生産数量限定スペシャルBOX]』が12月19日にリリースされた。

 これまでに5枚のオリジナル・アルバムを発表しているサラ・オレインは、世界最高峰のテノール歌手アンドレア・ボチェッリといった世界的に有名な数々のアーティストと共演した経歴の持ち主。歌姫セリーヌ・ディオンを見出した名プロデューサー、デイヴィッド・フォスターから直々にオファーされ、彼がプロデュースするディズニー・コンピレーション・アルバム『We Love Disney』に参加するなど、その実力はお墨付きだ。幅広い音楽の領域で聴く者を楽しませてきたサラ・オレインにインタビューし、彼女の思いがギュッと詰まった本作品の魅力やこだわりを語ってもらった。

時を越えて、心に刻む。私のベストは進化する。

――デビュー5周年を祝して、このベスト・アルバムを発売されましたが、「時を越えて、心に刻む。私のベストは進化する。」というキャッチコピーはご自身で考えたものでしょうか?

サラ・オレイン:はい。中に書かれているメッセージなどはもちろん自分で書いています。

――このベスト盤を作ることが決まったのはいつ頃なのでしょうか?

サラ・オレイン:今年です。デビューから5年間の節目に、去年から考えてはいたのですが。

――厳選されたセルフ・セレクションが収録されているとのことですが、どういう基準で決められたのでしょうか?

サラ・オレイン:もちろん、全曲に思い入れがあって、今までの5枚のアルバムからどれを入れるかを決めるのは難しかったのです。ただ、特に日本で活動をしていて、コラボレーションした曲や自分を表現しやすい曲など、このアルバムからは絶対に欠かせないという曲はありました。

――直感で「これは入れる!」と思い浮かんだ曲はありますか?

サラ・オレイン:「The Final Time Traveler」はオリジナル曲でもありますし、羽生結弦選手がこの曲で滑りたいと言ってくださり、多くの方に認識されている曲なので、この曲は絶対に入れようと思いました。進化していくベスト・アルバムなので、自分のルーツを知ってもらう意味で、故郷オーストラリアの曲も入れています。一曲目に「To Love You More」を持ってきたのは、日本で人気の曲でもありますし、一曲目で歌とヴァイオリンを同じくらい、イコールで見せられる曲を入れたいと思ったからです。




――アルバムの一曲目は、聴く人が一番注目する曲なので、そこで惹き付けられるかどうかが大事な部分ですよね。「To Love You More」は、日本ではセリーヌ・ディオンと葉加瀬太郎のコラボレーションが有名で、とても馴染みがある曲なのですが、オーストラリアでも結構有名な曲なのでしょうか?

サラ・オレイン:日本ほど、そこまで認知度は高くないですね。オーストラリア人がセリーヌ・ディオンと聞いて思い浮かべるのは、やはり『タイタニック』の「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」などです。確か、この曲は日本のTVドラマ(『恋人よ』)で使われて、その後、葉加瀬さんが参加されたんだと思います。今回のアルバムは、もちろん海外の方にも聴いてもらいたい作品ですが、日本でデビューしたということもあり、日本の方にも認識されている曲を選びました。すごくいい曲で、一人で二役できるのがポイントですね。

――歌声とヴァイオリンを存分に発揮できる素晴らしい曲だと思います。お話が変わりますが、プロフィールに“f分の1ゆらぎ”と呼ばれる癒しの効果を含む歌声の持ち主であると記載されていますが、“f分の1ゆらぎ”とは、言葉で説明すると、どういうものなのでしょうか?

サラ・オレイン:分かりやすいのが、川のせせらぎなど自然界にある心地よいとされる“ゆらぎ”であると聞いています。自分の声を研究したところ、それらの波長と同じだったようです。

――そう解明されるまで、ご自身の声に癒しの効果があると気づいていましたか?

サラ・オレイン:自分では客観的に分かりませんが、そう言って下さることはユニークなので嬉しいことです。曲によって、私の曲を聴いている犬や猫や鳥は寝てしまうので、何かあるのかもしれないですね。

――ご説明ありがとうございます。アルバムの話に戻りますが、2枚目には主に新たに収録した7曲が収録されていますが、これらは、それぞれ、いつ頃収録したのでしょうか? まとめて収録したのでしょうか?

サラ・オレイン:全曲、今年に収録しました。収録はどれも近い時期で行い、同じ日に2曲録った日もありました。「明日のMemory」は、テレビ番組『池上彰の現代史を歩く』のテーマ曲なので、早めに録ったんです。

――2枚目の一曲目である「君をのせて」は、『天空の城ラピュタ』の人気テーマソングで、日本では学校で習うくらい非常に馴染みのある曲なんです。

サラ・オレイン:そうなんですね! この曲、とてもいい曲ですよね。この曲は世界中で人気な曲でして、あえて日本語と英語で歌いました。あまりにも有名だからこそ、新鮮にするために、出だしを英語で歌い、聴いている方には「知っているメロディーだけど、なんだか違うな」と思わせたかったんです。アレンジも途中からダンスっぽいEDMも入れています。でも、最終的に日本語に戻すのが私の好きなパターンで、日本語に戻ることでほっとするような、ちょっとした演出が好きなんです。今の時代、好きな曲をシャッフルできますが、頭から通して聴くと物語になっているような曲順にしていて、似たような曲が絶対に続かないように、飽きさせないように考えています。曲順によって、いい曲のはずなのにインパクトが少なってしまうのは、避けました。

――ちょうどスケートシーズンの真っ只中ですが、フィギュアスケート・アイスショーに使われた「Fantasy On Ice」は壮大なドラマ展開が魅力的ですよね。Maxime Rodriguezが手掛けたサウンドを初めて聞いた時の衝撃や感覚を覚えていますか?

サラ・オレイン:この曲はショーのオープニング曲だったんです。この曲に合わせて、選手が全員出てくるのがとてもドラマチックで、ミュージカルのように派手でカッコいい場面でした。曲の中にドラマがある曲で、ダンス要素が入っていて、ノリノリの曲で私も好きです。私はゆったりとした曲が多いので、コンサートなどで流しても飽きないような、元気な曲もとても好きですね。

――ほかの曲とは違う、別のサラさんの魅力が詰まった一曲だと思います。

サラ・オレイン:レコーディングもすごく楽しくて、このような曲も増やしていけたらなと思っています。




NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 今までの自分と今の自分を表現している
  3. Next >

今までの自分と今の自分を表現している

――新たに収録された曲の中に、中島みゆきの「糸」が入っていますが、この歌に出会ったのはいつ頃でしょうか? たくさんのアーティストがカバーされていて、常にカラオケの上位曲で、幅広い世代から愛される人気曲ですよね。

サラ・オレイン:日本に来てからですね。日本に来る前はJ-POPを聴いたことがなくて、ほとんど知らなかったんです。多くの方が歌われている名曲で、すごくいい曲だなと思ってて、一度、番組の企画で歌ったことがあります。カラオケで競う番組で……ちょっと複雑なんですが、この曲を歌って勝ったことがあるんです(笑)。自分の解釈で歌いたいと思い、よくコンサートでは弾き語りで表現しています。いろんな言語で歌ってきましたが、日本語なので、深いところで共感できたり、心が動いたりできるので、そういう意味で日本の曲も大事にしています。歌詞もすごく好きですね。ラブソングでもあるのですが、私にとっては人との出会いや、縁を意味しています。私にとって、日本の皆さんに出会ったことで、この縁という意味をすごく大事にしています。コンサートではこの曲は定番曲ですね。実は違うアルバムでもこの曲を録音していて、だいぶ雰囲気を変えました。以前レコーディングしたものは、この曲に出会ったばかりの頃だったのですが、進化するアルバムということもあり、沢山の場所で、多くの思いが重なって、もう一回、この曲を録りたいと思ったものを新しくレコーディングしているんです。

――新収録曲は、思い入れが他とは違うということでしょうか?

サラ・オレイン:そうですね、今だからこそ表現できる曲ですね。でも逆に、初期の曲や、その時ベストだった曲は、そのままにしているんです。今だったら、もっと上手く表現できるかもしれないけれど、それをあえて残しています。だから、「私のベストは進化する。」なんです。今、良いと思っているものも、5年後にもっと上手く出来ているのが理想ですが、全部をレコーディングし直すのも間違っている気がするんです。ただ、数曲、例えば「糸」などは、以前とは違った表現ができると思い、新しく収録しました。アレンジも変えましたし、弾き語りもしていて、もっと自由に表現できています。ポップスだとクリックが効きますよね。でも、そうではなく、ポップスだけれど、オーケストラの皆さんと一緒に、指揮に自分が合わせて、一緒に一発録りで録っています。

――オーケストラと一緒に収録されたのですね。

サラ・オレイン:そうです、そうじゃないと絶対に息が合わないんです。ポップスだったらいいんですけど、それだと前と変わらなくなってしまう。前のものが悪いというわけではないのですが、新たな空気感を表現したかったので、同時に収録したかったんです。

――収録時の指示もサラさんが全てされたのでしょうか?

サラ・オレイン:そうです、プロデュースもしています。

――オーケストラと息を合わせるのは、難しかったですか?

サラ・オレイン:うーん、難しかった点を言えば、一生残るものなので、一回で完璧なものを録らなくてはいけないというところが難しいですね。ライブですと、それが個性になるのですが……。ただ、完璧すぎるのも、なにか違うと思ったので、「ここは必ず間を取ります」と軽く打ち合わせをしましたが、そこまで何回も録り直しはしなかったです。「Colors Of The Wind」や「我が故郷」、「Ave Maria(カッチーニ)」などの新録曲は、ライブに近い自然な感じで収録しました。

――その感じを大切に残しながら、自分が成長した部分も見せているということですね。

サラ・オレイン:そうですね、今までの自分と今の自分を表現しています。

――もし5年後、10年後に新たなベスト盤を出す機会があれば、この作品に収録された曲も新たなアレンジで収録される可能性もありますね。

サラ・オレイン:はい、そうですね。

――これまで全国でライブを行ってきて、観客の反応が特別いい曲はございますか?

サラ・オレイン:皆さんに人気な曲がこの作品に入っていますね。もちろん、人それぞれだとは思いますが、「糸」や「To Love You More」はやはり人気ですし、スケート好きの方には「The Final Time Traveler」や「Fantasy On Ice」は、グッと来るでしょうね。「Ave Maria」はリクエストだったんです。ライブで何度か演奏したことがありまして、ファンの方々から「いつかこの曲をCD化して欲しい」とご要望があったので、皆さんのお声にお応えしました。

――なるほど。「糸」の次にNHK大河ドラマ『西郷せご どん』の劇中歌「我が故郷」が続きます。日本人なら誰もが知る鹿児島県の英雄を描いた作品の音楽ですが、制作前にどこまでリサーチされましたか?

サラ・オレイン:若い人でも知っているくらい有名な歴史人物ですが、残念ながら、私は日本で生まれ育っていないので、西郷せごどん(西郷隆盛)のことを知らなかったんです。自分で調べたり、桜島の絵を見たり、大きな心の持ち主だったことを聞いたりして、それらをヒントに歌いました。歌詞がないので、「我が故郷」というタイトルと風景を思い浮かべながら、熱い人情に溢れた西郷せごどんを表現しました。

――先日、鹿児島も訪れたんですよね? 地元の方は西郷せごどんへの愛が人一倍強いかと思いますが、現地の方々はどのような反応をされましたか?

サラ・オレイン:とても温かかったです。なるべく鹿児島弁を話そうと思いまして、毎週、鹿児島弁を聞いて習得して行きました。西郷せごどんがなぜ人気な理由も分かります。私は、メインキャラクターよりも、少し個性のある脇役が好きなのですが、西郷せごどんは、人間としても、男性としても、非常に魅力的です。みんなを引っ張っていくタイプで、優しくて温かくて、かわいらしい部分も持っていて、人間臭いけれど、謙虚で……。そういう人間になりたいなと思っているので、西郷せごどんは私の憧れの存在です。




NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. ケルト音楽がワールドミュージックの中で一番好き
  3. Next >

ケルト音楽がワールドミュージックの中で一番好き

――本作には、アラン・メンケンが手掛けた「美女と野獣」と「Colors Of The Wind」の2曲が収録されていますが、作曲家の顔も持つサラさんが思うアラン・メンケンの魅力は、どんなところだと思いますか?

サラ・オレイン:メロディメーカーの天才だと思います。彼が作った曲は全部ヒットしていますよね。似た曲は一つもなくて、どれも個性があって、よくあんなにキャッチーな曲を作れるなと感心していますし、とても尊敬しています。

――実際に彼にお会いしたことは?

サラ・オレイン:ないんです。(ヘアメイクを向いて)彼はメイクを担当したことがあるみたいで……。羨ましいです。「Colors Of The Wind」は、私がデイヴィッド・フォスターと出会うきっかけになった曲なので、すごく大切な曲です。彼と共演はないのですが、一緒にレコーディングした経験があるんです。

――デイヴィッド・フォスターも数々の名曲を手掛けてきた名プロデューサーですが、彼の曲で好きな歌はありますか?

サラ・オレイン:「All By Myself」(セリーヌ・ディオンのカバー版)や、ホイットニー・ヒューストンなど、ディーヴァが歌うパワーバラードが大好きです。

――過去には、最新アルバムが米ビルボードでNo.1に輝いたアンドレア・ボチェッリや、「美女と野獣」のピーボ・ブライソンとの共演もあり、とても輝かしい共演歴をお持ちですね。

サラ・オレイン:本当にそうですね。ピーボとは、番組共演をきっかけに仲良くなりまして、私のコンサートの前日に、偶然同じライブハウスに彼が出演していたので、ダメ元で彼に依頼したらOKをしてくれて。これも縁だな、と感じました。

――12月19日に発売の『Timeless』のデラックス版のために、アンドレア・ボチェッリの出身国でもあるイタリアで撮影をされたとのことですが、世界中を旅していて気づく国ごとの特徴はどんなことがありますか?

サラ・オレイン:国ごとに表情が違いますね。ステレオタイプもよくないけれど、国民性は確かにありまして、イタリアは想像していた通り、情熱的でした。空港を出た途端、男性から「チャオ」と声をかけられました(笑)。女性に優しい国ですし、情熱的な音楽の発祥の地というのも分かります。それに、美しい風景があるので、のほほんとして、心が広い人が多いのかなとも思います。

――今回は初めてのイタリアだったのでしょうか?

サラ・オレイン:今回で2度目です。ただ、初めて訪れるところが多かったです。イタリア語を学んでいましたし、クレモナというヴァイオリンの聖地、教会や古い建物、そしてクラシックなど音楽のルーツがあるイタリアがアルバムのコンセプトに合うんじゃないかと思いました。他にもスペインなど、撮影にピッタリの美しい国の候補は何か所かあったのですが、スケジュール的に一か国しか行けないということでイタリアに決めました。イタリア語を話せるので、現地ではスタッフさんの「ピザください」っていうような通訳もしたんですよ(笑)。本当に毎日ピザとパスタの連続で、美味しかったんですけど、和食が恋しくなりました。あとお水に困りまして……。私、硬水がどうしてもダメで、現地では、軟水に近いものを飲んでしのぎましたね。イタリアに住んでみたいとも思ったのですが、住むなら日本かオーストラリアの水を送ってもらわなくてはいけないです(笑)。

――旅先で大変な思いをしたんですね(笑)。旅情報を発信する番組『空旅をあなたへ-PREMIUM SKY-』のテーマ曲「Sky’s Calling」も手掛けていらっしゃり、この曲はパンフルートを用いたアイリッシュサウンドが特徴的ですね。「旅」や「空」をイメージした時に、アイリッシュ音楽がぴったり合うと思ったのでしょうか?

サラ・オレイン:もともとケルト音楽が大好きなんです。もちろん爽やかな感じがあるので、空や自然にアイリッシュ系の音楽がすごく合うと思ったんです。私の名前のオレイン(Àlainn)もゲール語ですし、ケルト音楽がワールドミュージックの中で一番好きなんです。作詞と作曲を両方担当したので、すごく自由があり、自分の好みに合わせて、ケルト風にアレンジするために、その楽器も入れました。パンフルートの響きも壮大な景色にぴったり合うと思います。この曲に関しては、旅を楽しむという意味が込められているので、キーをメジャーにして、響きを明るくしました。




――ちなみにパンフルートに挑戦したことはありますか?

サラ・オレイン:木管楽器は全然ないんです。もちろん機会があればチャレンジしたいですし、興味はありますが、ヴァイオリンとピアノ、ギターに時々ウクレレも弾きますので、ちょっと十分な気もします……(笑)。

――(笑)。故郷オーストラリアから日本、そしてヨーロッパと、様々な国を渡ってきたサラさんですが、日本に来る前のオーストラリアでは、日本にはどのようなイメージがありましたか?

サラ・オレイン:三島由紀夫を読んだことがあったので伝統的な部分と、あとアニメをよく観ていたのでジブリ作品や『美少女戦士セーラームーン』などのアニメ文化という極端なイメージしかなかったです。あとはご飯がおいしいということですね。『美少女戦士セーラームーン』は本当に大好きで、ほぼ日本とリアルタイムで観ていたと思います。

――「ムーンライト伝説」も非常に人気な曲ですが、歌ったことは(笑)?

サラ・オレイン:この前ラジオで流したのですがないですね(笑)。今度カラオケで歌ってみようかな? それに、いつかあの格好もしてみたいですね(笑)。

写真

関連キーワード

TAG

関連商品

Cinema Music
サラ・オレイン 東京室内管弦楽団 松村秀明 橘直貴「Cinema Music」

2017/10/25

[CD]

¥3,240(税込)

Relaxing Songs
(クラシック) ヘイリー サラ・オレイン ナナ・ムスクーリ ケルティック・ウーマン シセル&ブリン・ターフェル クワイヤーボーイズ ナタリー・コール「Relaxing Songs」

2017/08/30

[CD]

¥2,160(税込)

ANIMA
サラ・オレイン「ANIMA」

2017/02/22

[CD]

¥3,240(税込)

f エフ
サラ・オレイン「f エフ」

2015/11/25

[CD]

¥3,024(税込)

f エフ
サラ・オレイン「f エフ」

2015/11/25

[CD]

¥3,780(税込)

ウィーン少年合唱団のクリスマス
ウィーン少年合唱団 サラ・オレイン フィル・ブレッヒ・ウィーン シューベルト・アカデミー ヴィーナー・ヴンダー・アラーライ ゲラルト・ヴィルト「ウィーン少年合唱団のクリスマス」

2015/11/11

[CD]

¥3,240(税込)

心に響く優しい歌
(クラシック) サラ・オレイン レーナ・マリア ラッセル・ワトソン クワイヤーボーイズ キャサリン・ジェンキンス シセル ナナ・ムスクーリ「心に響く優しい歌」

2015/10/28

[CD]

¥2,160(税込)

癒しの歌姫
(クラシック) サラ・オレイン ケルティック・ウーマン ヘイリー 三宅由佳莉 キャサリン・ジェンキンス ナタリー・コール レーナ・マリア「癒しの歌姫」

2014/12/10

[CD]

¥2,160(税込)

SARAH
サラ・オレイン「SARAH」

2014/09/24

[CD]

¥3,024(税込)

SARAH
サラ・オレイン「SARAH」

2014/09/24

[CD]

¥3,996(税込)

SARAH
サラ・オレイン「SARAH」

2014/09/24

[CD]

¥3,780(税込)

癒しのヴォーカル BEST
(クラシック) サラ・オレイン ヘイリー ラッセル・ワトソン KAI シルヴィア・マクネアー アンネ・ソフィー・フォン・オッター サラ・ブライトマン「癒しのヴォーカル BEST」

2012/10/17

[CD]

¥2,037(税込)

セレステ
サラ・オレイン「セレステ」

2012/06/20

[CD]

¥2,935(税込)

セレステ
サラ・オレイン「セレステ」

2012/06/20

[CD]

¥3,780(税込)

Relaxing Songs
(クラシック) ヘイリー サラ・オレイン ナナ・ムスクーリ ケルティック・ウーマン シセル&ブリン・ターフェル クワイヤーボーイズ ナタリー・コール「Relaxing Songs」

2017/08/30

[CD]

¥2,160(税込)

ANIMA
サラ・オレイン「ANIMA」

2017/02/22

[CD]

¥3,240(税込)

f エフ
サラ・オレイン「f エフ」

2015/11/25

[CD]

¥3,024(税込)

f エフ
サラ・オレイン「f エフ」

2015/11/25

[CD]

¥3,780(税込)

ウィーン少年合唱団のクリスマス
ウィーン少年合唱団 サラ・オレイン フィル・ブレッヒ・ウィーン シューベルト・アカデミー ヴィーナー・ヴンダー・アラーライ ゲラルト・ヴィルト「ウィーン少年合唱団のクリスマス」

2015/11/11

[CD]

¥3,240(税込)

心に響く優しい歌
(クラシック) サラ・オレイン レーナ・マリア ラッセル・ワトソン クワイヤーボーイズ キャサリン・ジェンキンス シセル ナナ・ムスクーリ「心に響く優しい歌」

2015/10/28

[CD]

¥2,160(税込)

SARAH
サラ・オレイン「SARAH」

2014/09/24

[CD]

¥3,024(税込)

SARAH
サラ・オレイン「SARAH」

2014/09/24

[CD]

¥3,996(税込)

SARAH
サラ・オレイン「SARAH」

2014/09/24

[CD]

¥3,780(税込)

癒しのヴォーカル BEST
(クラシック) サラ・オレイン ヘイリー ラッセル・ワトソン KAI シルヴィア・マクネアー アンネ・ソフィー・フォン・オッター サラ・ブライトマン「癒しのヴォーカル BEST」

2012/10/17

[CD]

¥2,037(税込)

セレステ
サラ・オレイン「セレステ」

2012/06/20

[CD]

¥2,935(税込)

セレステ
サラ・オレイン「セレステ」

2012/06/20

[CD]

¥3,780(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    【ビルボード】Sexy Zone『PAGES』が12.4万枚を売り上げ首位 10周年のエビ中が2位に続く

  2. 2

    ポルノグラフィティ、アリーナツアーが三重で閉幕

  3. 3

    【ビルボード HOT BUZZ SONG】米津玄師「Lemon」ツイート数7倍で32回目の首位 レミオロメン「3月9日」も浮上

  4. 4

    Billboard Japan Hot 100

  5. 5

    【深ヨミ】TWICEベスト盤第2弾『#TWICE2』の売上はまだまだ伸びる?過去2作の動向と比較する

HOT IMAGES

注目の画像