Billboard JAPAN


Special Contents

吉澤嘉代子『女優姉妹』インタビュー



吉澤嘉代子『女優姉妹』インタビュー

自分が「好きだな」と想うものを評価して頂けたから、
背伸びもしないし、目線を下げなくてもいい。

 ちょうど1年前『残ってる』発売タイミングでのインタビュー(https://bit.ly/2Ov0P11)。その続編とも言える今回は、子供編と大人編に分けて開催されたスペシャルコンサート【吉澤嘉代子の発表会】の話を皮切りに、徐々に外に向いて開かれていった彼女と彼女が創り上げた物語『女優姉妹』について語ってもらった。

子供だけが持つ……孤独感みたいなもの。その時の自分にやられちゃいました。

吉澤嘉代子『女優姉妹』インタビュー

--こうしてお話を伺うのは『残ってる』発売時インタビュー以来約1年ぶりになりますが、前回語って頂いた内容とリンクする出来事がこの間にいろいろ起きていった。と、先程読み返してみたら感じました。

吉澤嘉代子:あのインタビュー、すごく好きで。私も何回も読み返しました。

--良いインタビューでしたよね。形式ばっていないけど……

吉澤嘉代子:そうそう、変化球来てるけど、軸を突かれている感じ。

--そのインタビューの続きというか、あの日の続きについて今回はお話を伺っていきたいのですが、この1年の象徴とも言えるスペシャルコンサート【吉澤嘉代子の発表会】が今年6月16日と17日、子供編と大人編に分けてそれぞれ開催されました。

吉澤嘉代子「女優姉妹」初回盤 LIVE DVD「吉澤嘉代子の発表会」ダイジェスト
吉澤嘉代子「女優姉妹」初回盤 LIVE DVD「吉澤嘉代子の発表会」ダイジェスト

吉澤嘉代子:ある日「東京国際フォーラムを2日間押さえた」と言われて……

--あ、まず2daysで何かやらなきゃいけない状況が先にあったんですね。

吉澤嘉代子:そうなんです。でもそれを聞いた時点では、まだ自分がその時期に何をやっているのか予測できない状況だったんですよ。シングルが出ているのか、アルバムが出ているのか、その辺がちょっと分からなくて。だから「2日間か……どうしよう?」と思ったんですけど、次のアルバムに関しては元々“性”をテーマに書こうと思っていたので、そこで次のモードに入ってしまうと、これまでの自分の初期衝動みたいなものを描くタイミングを失うなと。なので「子供から大人まで」っていうところを前回のアルバム『屋根裏獣』までの曲でひとつまとめたいなと思ったんです。で、これまで曲を作っていく上で主人公の年齢は設けてきていたので、例えば「この子は中学生」とかそういうところに拘ってきたから「この曲は子供が主人公、この曲は大人が主人公」って分けることが出来た。それで「子供編と大人編の2日間で伝わるものを作りたいな」と思って作りました。

--いろんな物語の子供たちや大人たちをひとつのコンサート作品に落とし込んでいく。その作業にはどんな感覚で臨んでいったんでしょうか?

吉澤嘉代子:再構築っていう感じですよね。元々ある物語を組み合わせて、そこに新たな物語を付け加えてライブをするので……例えば、子供編は、1枚目のフルアルバム『箒星図鑑』の曲がすごく多かったりもして、ポップな感じだったんですよね。でもその中でも子供編にはすごくエグみを感じて、ちょっとやられちゃいました。自分で歌ってて「こんなに暗い曲をたくさん歌ってたのか」みたいな(笑)。

--かつて自分が生み出した曲とその中で生きている子供たちに当てられてしまったと。

吉澤嘉代子『女優姉妹』インタビュー

吉澤嘉代子:そう! 当てられちゃって、結構やられましたね。大人編のほうがちょっとドロドロしていたり、ドスが効いている曲が多かったんですけど、子供編より全然軽く感じました。

--具体的には、どの辺に当てられちゃったんですかね?

吉澤嘉代子:子供だけが持つ……孤独感みたいなものですかね。自分が創って、自分で設定したから、どの曲をどういう風な位置にしたかったか。っていうのも分かっていたんですけど、その時の自分にやられちゃいました。

--それは自分の中では思いもよらぬ出来事だったんですか?

吉澤嘉代子:そうですね。時間が経って歌ってみるからそうなったんだと思いますね。

--コンサート中には愛犬(人形操演)も登場したりとか、吉澤さん自身の幼い頃から大人になるまでの物語も重ねて観ている人たちもいたと思うんですけど、ひとりの女の子の成長物語のように描いていこうと思ったのは、どういった理由からだったんでしょう?

吉澤嘉代子『女優姉妹』インタビュー

吉澤嘉代子:昔飼っていた犬に登場してもらったんですけど、ずっと「人形劇を含めた演出をしたいな」と思っていて。それは人形操演の山田はるかさんという方との出逢いが大きくて、初めて山田さんの操演を観たときに、そこに命が吹き込まれていたんですよ。すごく感動して!「私のライブでもこういう風なことやりたいな」と思って。で、すごく大事な犬だったんですけど、子供編と大人編を繋ぐ架け橋になるものがあってほしいと思って。曲をカタログ的にやるのではなくて、1日だけ来ても楽しめるけど、2日来るとさらに楽しめるライブにしたいと思ったときに……15年の時が経って、今の自分と子供の自分が出逢うようなものにしたくて。それで私が飼っていた犬の人形操演を入れ込むことにしたんです。

--人形を取り入れた演出は、ひとつ間違えるとチープな印象を与えたり、夢から覚ましちゃう要因になったりしかねないと思うんですけど、世界観を壊さずにしっかりと役割を果たしていましたよね。あの犬があの世界でちゃんと暮らしていた。ただ、現実世界ではすでに亡くなっている存在を創作上で蘇らせるというのは、結果的に自身の過去と鮮明に対峙する作業にもなる。それが犬に限らず各所にあったゆえに「当てられてしまった」のかなと。

吉澤嘉代子:そうだと思いますね。お話的には不良を好きになったりとか、家出したりとかしていて、私は実際にそういう経験はしていないんですけど、曲を創るときに物語として描いていても、どこか真実を描かないと曲って生きていかないので、自分の大事な部分を忍ばせて書いているんですよね。そういうものが集まったときに……さすがに当てられちゃいますね。

NEXT PAGE
  1. 自分がジャケットを飾っちゃったりするとバランスが難しいんです
  2. Next >
インタビュー写真

吉澤嘉代子『女優姉妹』インタビュー 吉澤嘉代子『女優姉妹』インタビュー 吉澤嘉代子『女優姉妹』インタビュー 吉澤嘉代子『女優姉妹』インタビュー 吉澤嘉代子『女優姉妹』インタビュー 吉澤嘉代子『女優姉妹』インタビュー 吉澤嘉代子『女優姉妹』インタビュー 吉澤嘉代子『女優姉妹』インタビュー


自分がジャケットを飾っちゃったりするとバランスが難しいんです

吉澤嘉代子『女優姉妹』インタビュー

--過去は思い出にしておくと温かくて気持ち良いものですが、現実に蘇らせるとちゃんと生々しくてエグいんですよね。

吉澤嘉代子:そうですね。いちばんは犬ですかね。あの犬は私の少女時代そのもので「この犬が死んだら自分の何かが死ぬ」とずっと思っていたんですけど、実際に死んじゃった感じがあるんですよね。少女時代というものが。生きていない。フリーズドライになった感じはあって。それをステージ上で、たくさんのお客さんがチケット代払って観に来てくれている上で、実現する。それを商売にしている自分っていうのが……すっごい、なんか、業が深いというか。ってうのをすごく思って。だって、犬のセリフにしろ、自分の振る舞いにしろ、ぜんぶ自分で筋書きを書いている訳じゃないですか。で、どういう流れにするかもぜんぶ自分で決めていて、それを演じて、演じさせて。それが本当に自分の為のライブだったから「こんなものを見せちゃって……」っていうのはありましたね。だけど、やりたかったし、これをやったことによって、飼っていた犬はもちろん喋らないし(笑)、全然違うんだけど、すごく大事な2日間になったと思えたんですよね。歴史的な2日間でした。

--また、昨年発表された「残ってる」は、過去最も世の中に浸透していく実感が得られやすい状況になったと思うんですけど、実際のところはどうですか?

吉澤嘉代子「残ってる」MUSIC VIDEO
吉澤嘉代子「残ってる」MUSIC VIDEO

吉澤嘉代子:「私の友達が吉澤嘉代子好きだって」とか教えてくれたりすることはすごく増えましたね。あと、あの曲は自分でも「上手に書けたな」と思うような曲だったので、いくら歌っても飽きないというか、苦しくならないので、それが本当に救いになっているなと思っていて。自分が「好きだな」と想うものを評価して頂けたから、背伸びもしないし、目線を下げなくてもいい。それはすごく「よかった!」と思います。

--前回のインタビューでは、女性シンガーソングライターという枠組みがあって、それに対する世間の「パーソナルを切り売りする」イメージと自分がやりたいこととの乖離がある。「じゃあ、女性シンガーソングライターを名乗るのやめましょう」みたいな話をさせて頂いたと思うんですけど(笑)、あの曲のリリース以降、その問題を徐々に解決している印象があります。

吉澤嘉代子:「残ってる」は朝帰りの曲だから「生々しいリアルを歌う人」っていう謳われ方も目にして、実際はそうじゃないんですけど「やっぱりそう受け取る人もいるのか」と思って。だから自分が表に出て行かない。今回のアルバム『女優姉妹』もそうなんですけど、4人の女優さんに出てもらったりしていて。自分の顔を出していかないほうが「切り売り感」というのは減るのかなぁと思って。だからここ最近はMVにも全然出てないですね。ファンの方はいろいろ意見あると思うんですけど、自分がジャケットを飾っちゃったりするとバランスが難しいんですよね。「この人が歌ってる」と思ったら「この人の話なんだな」ってなるし。なので、ビジュアル面とかでバランスを取っている、その結果が今は出てきていると思います。

--あの4人にアルバム『女優姉妹』の顔になってもらいたいと思った経緯は?

吉澤嘉代子「ミューズ」MUSIC VIDEO
吉澤嘉代子「ミューズ」MUSIC VIDEO

吉澤嘉代子:去年、このアルバムのジャケットのことを考えていて「4人の姉妹を登場させたいな。誰にしよう?」と。それでやっぱり縁のある方が良いなと思って、これまで出してきた3枚のシングル曲が今回入っているんですけど、そこで関わった方にお願いしたいと思ったんです。「月曜日戦争」は『架空OL日記』というバカリズムさん原作のドラマ主題歌だったんですけど、そのドラマに出演されていた佐藤玲さん、「残ってる」のミュージックビデオに出演いただいたモトーラ世理奈さん、「ミューズ」のミュージックビデオに出演していただいた安達祐実さん。その3人はすぐ自分の中で決まって、お願いしたら快諾して下さったんですけど、もうひとり、小川紗良さんは最近自分が「可愛いな」と思ってお願いしました(笑)。

--4姉妹にしたかったのは?

吉澤嘉代子:いつも「良いな」と思う写真を保存しているんですけど、草原に女性が何人かいる雑誌の写真があって「あ、こんな感じ良いな」と思ったんです。それで『若草物語』とか『ヴァージン・スーサイズ』とか姉妹もので検索して、「あ、この感じにしよう。コルセットとか良いな」とか「白い衣装にしようかな」とか思ったりして。

--そのアートワークの世界観にすごくキャッチーさを感じました。

吉澤嘉代子:本当ですか? うれしい! キャッチーってうれしい。

--『女優姉妹』というタイトルにしようと思ったのは?

吉澤嘉代子「女優姉妹」60秒SPOT
吉澤嘉代子「女優姉妹」60秒SPOT

吉澤嘉代子:今回のアルバムは「女性」がテーマで、タイトルに「女優」という言葉は入れたいと思っていたんですよね。「女優」を今回のリード曲にしたいと思っていたし。私のお仕事だとステージがあって「何者かにならなきゃ成立しない」というのがあって分かりやすいんですけど、そうじゃなくても、普段でも「ここぞ」ってときに化けるというか、自分を奮い立たせたり、自分の身を守る為にその役になった気持ちで行くとか、そういうことってあるなと思って。それで「女優」という言葉を入れたいと思ったんですけど、「姉妹」はビジュアルに結構引っ張られていますね。あと、テーマにした「女性」って人口のほぼ半分になっちゃうんで、テーマとして大きすぎて。とても一面では語れないものだから「姉妹」と入れることで個性やキャラクターが出てきたらいいなと思ったんですよね。

--そもそも「女性」をテーマにしたいと思った経緯はどんなものだったのでしょう?

吉澤嘉代子:アルバムのテーマというのは、人生の中で普遍的な、大きなモチーフ。これまでは私にとって大切な「少女時代」とか「日常」とか「物語」とか。それはこれからも変わらないと思うんですけど、その中で「性」というのは通るものだなと。というか、持っているものだから描きたいなと思っていて。それで「性」をテーマにしようと思っていたんですけど、いろいろ曲を集めていくうちに「性だけでは作れないな」と思って。それで「女性」をテーマにしようと思ったんですけど、そうすると、自分がずっと書いてきた「少女時代」というものから一回りした感じがあって。ここからもっと「他者との関わり方」とか「家族」とかにも持っていけるかなとも思って、「女性」をテーマにしました。

NEXT PAGE
  1. 仮に今自分が死んじゃったりしたら「こう歌ってたじゃん」ってなるから(笑)
  2. Next >
インタビュー写真

吉澤嘉代子『女優姉妹』インタビュー 吉澤嘉代子『女優姉妹』インタビュー 吉澤嘉代子『女優姉妹』インタビュー 吉澤嘉代子『女優姉妹』インタビュー 吉澤嘉代子『女優姉妹』インタビュー 吉澤嘉代子『女優姉妹』インタビュー 吉澤嘉代子『女優姉妹』インタビュー 吉澤嘉代子『女優姉妹』インタビュー


仮に今自分が死んじゃったりしたら「こう歌ってたじゃん」ってなるから(笑)

吉澤嘉代子『女優姉妹』インタビュー

--そうして『女優姉妹』なる一枚のアルバムを完成させた今、「女性」はどんなモノだなと感じたりしましたか?

吉澤嘉代子:正直「全然言葉が足りなかったな」と思いました(笑)。だから「女性を描く」というのは無謀なことだなと思って。「女性」をテーマにその曲の主人公を描くので私は精一杯だなと思ったので、それをひとつずつ丁寧に描こうと思いました。

--ただ、それを歌い続けていくことで新たに見える何かもありそうですよね。

吉澤嘉代子:そうですね。最近、すごく「外に向いてる」と言われるんです。前回のアルバムは「物語」で、それはすごく内省的なものなので、かなり気持ちも中に入っていて、前回のインタビューで平賀さんとお話した頃はまだ潜っていたんですけど、今回のアルバムを制作するにあたって、自分だけの女性性では描けないので、誰かに向けて書いたりとか、誰かと一緒に書いたりして、重心が外に向いてますね。アルバムがそういうテーマだったからなのか、自分がそういうモードになってるからアルバムのテーマも自ずとそうなっているのか、そこはちょっと分かんないんですけど。

--前回のインタビューで「来年あたりには変わってると思います」と仰っていましたけど、実際に変われた訳ですね。

吉澤嘉代子:地に足が着いてます。あの頃は感情が荒ぶらないように気をつけて過ごしていたんですけど、毎日毎日日記をつけてまくっていた成果が出ていると思います。

--その日記にはどんなことを記していたんですか?

吉澤嘉代子『女優姉妹』インタビュー

吉澤嘉代子:「朝起きて、今日の気分は穏やかだ」とか「今日は気持ちがちょっと不安定だから気をつけよう」とか。そういう内面のことを毎日何回も何回も書くんですよ。そしたら自分との距離の取り方みたいなものがなんとなく分かってきたような気がする。「次、こうなるかもしれないから、こういうつもりでいよう」って自分を先回りすることが出来るようになったので、不安定になっても「あ、来たんだな」と受け止められる。なので、1年前と比べたら良い状態になっています。

--自分の音楽が届いている実感によって、気持ちが好転することもありますか?

吉澤嘉代子:自分の音楽が届いている実感……でもなんか「しっかりしなきゃな」と思うときはありますね。「歌の中でこう歌っている私がダメになっちゃったら、私の曲が好きな人に対して申し訳ない」って。仮に今自分が死んじゃったりしたら「こう歌ってたじゃん」ってなるから(笑)。だから元気でいたいです。

--そんな今の吉澤嘉代子のモードが詰まったアルバム『女優姉妹』ですが、今作を携えたツアーはどんな内容にしたいと思っていますか?

吉澤嘉代子:まだ全然考え中ですけど。どうしようかなあ? これまで小芝居を入れながらライブしてきたんですけど、今回は【女優ツアー】という名前が付いているから、逆に小芝居はやらないほうがいいんじゃないかと思っていて、それで今は身動きが取れないでいます(笑)。でもミュージシャンも本当に大好きな皆さんですし、今回のアルバムで関わっている方が多いので、本当に楽しみです。

--僕も楽しみにしています。

吉澤嘉代子:あの、前回のインタビューで自分の結婚観を話したじゃないですか。

--たったひとりの好きな人と結婚して、シャンソン歌手のように歌って死んでいきたい話ですか?

吉澤嘉代子:いろんな人に言われました。「シャンソン歌手のように死んでいきたいんでしょ?」って(笑)。

--それは今も変わらず?

吉澤嘉代子:はい。

--では、その夢を叶えられるようこれからも音楽を頑張って下さいね。

吉澤嘉代子:がんばります(笑)。

Interviewer:平賀哲雄|Photo:Jumpei Yamada

吉澤嘉代子『女優姉妹』インタビュー

吉澤嘉代子「女優」MUSIC VIDEO
インタビュー写真

吉澤嘉代子『女優姉妹』インタビュー 吉澤嘉代子『女優姉妹』インタビュー 吉澤嘉代子『女優姉妹』インタビュー 吉澤嘉代子『女優姉妹』インタビュー 吉澤嘉代子『女優姉妹』インタビュー 吉澤嘉代子『女優姉妹』インタビュー 吉澤嘉代子『女優姉妹』インタビュー 吉澤嘉代子『女優姉妹』インタビュー

吉澤嘉代子「女優姉妹」

女優姉妹

2018/11/07 RELEASE
CRCP-40563 ¥ 6,980(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.鏡
  2. 02.月曜日戦争
  3. 03.怪盗メタモルフォーゼ
  4. 04.女優
  5. 05.ミューズ
  6. 06.洋梨
  7. 07.恥ずかしい
  8. 08.よるの向日葵
  9. 09.残ってる
  10. 10.最終回

関連キーワード

TAG

関連商品

目が醒めるまで
清竜人 吉澤嘉代子「目が醒めるまで」

2018/11/14

[CD]

¥4,320(税込)

目が醒めるまで
清竜人 吉澤嘉代子「目が醒めるまで」

2018/11/14

[CD]

¥1,000(税込)

女優姉妹
吉澤嘉代子「女優姉妹」

2018/11/07

[CD]

¥3,000(税込)

女優姉妹
吉澤嘉代子「女優姉妹」

2018/11/07

[CD]

¥6,980(税込)

ミューズ
吉澤嘉代子「ミューズ」

2018/06/13

[CD]

¥1,000(税込)

ミューズ
吉澤嘉代子「ミューズ」

2018/06/13

[CD]

¥1,800(税込)

残ってる
吉澤嘉代子「残ってる」

2017/10/04

[CD]

¥1,000(税込)

残ってる
吉澤嘉代子「残ってる」

2017/10/04

[CD]

¥3,000(税込)

月曜日戦争
吉澤嘉代子「月曜日戦争」

2017/05/24

[CD]

¥1,200(税込)

月曜日戦争
吉澤嘉代子「月曜日戦争」

2017/05/24

[CD]

¥2,000(税込)

屋根裏獣
吉澤嘉代子「屋根裏獣」

2017/03/15

[CD]

¥3,000(税込)

屋根裏獣
吉澤嘉代子「屋根裏獣」

2017/03/15

[CD]

¥3,500(税込)

吉澤嘉代子とうつくしい人たち
吉澤嘉代子「吉澤嘉代子とうつくしい人たち」

2016/08/03

[CD]

¥2,000(税込)

吉澤嘉代子とうつくしい人たち
吉澤嘉代子「吉澤嘉代子とうつくしい人たち」

2016/08/03

[CD]

¥2,500(税込)

東京絶景
吉澤嘉代子「東京絶景」

2016/02/17

[CD]

¥3,000(税込)

東京絶景
吉澤嘉代子「東京絶景」

2016/02/17

[CD]

¥3,500(税込)

秘密公園
吉澤嘉代子「秘密公園」

2015/10/07

[CD]

¥1,800(税込)

箒星図鑑
吉澤嘉代子「箒星図鑑」

2015/03/04

[CD]

¥3,000(税込)

幻倶楽部
吉澤嘉代子「幻倶楽部」

2014/10/22

[CD]

¥1,800(税込)

変身少女
吉澤嘉代子「変身少女」

2014/05/14

[CD]

¥1,800(税込)

魔女図鑑
吉澤嘉代子「魔女図鑑」

2013/06/05

[CD]

¥1,543(税込)

目が醒めるまで
清竜人 吉澤嘉代子「目が醒めるまで」

2018/11/14

[CD]

¥4,320(税込)

目が醒めるまで
清竜人 吉澤嘉代子「目が醒めるまで」

2018/11/14

[CD]

¥1,000(税込)

女優姉妹
吉澤嘉代子「女優姉妹」

2018/11/07

[CD]

¥3,000(税込)

女優姉妹
吉澤嘉代子「女優姉妹」

2018/11/07

[CD]

¥6,980(税込)

ミューズ
吉澤嘉代子「ミューズ」

2018/06/13

[CD]

¥1,000(税込)

ミューズ
吉澤嘉代子「ミューズ」

2018/06/13

[CD]

¥1,800(税込)

残ってる
吉澤嘉代子「残ってる」

2017/10/04

[CD]

¥1,000(税込)

残ってる
吉澤嘉代子「残ってる」

2017/10/04

[CD]

¥3,000(税込)

月曜日戦争
吉澤嘉代子「月曜日戦争」

2017/05/24

[CD]

¥1,200(税込)

月曜日戦争
吉澤嘉代子「月曜日戦争」

2017/05/24

[CD]

¥2,000(税込)

屋根裏獣
吉澤嘉代子「屋根裏獣」

2017/03/15

[CD]

¥3,000(税込)

屋根裏獣
吉澤嘉代子「屋根裏獣」

2017/03/15

[CD]

¥3,500(税込)

吉澤嘉代子とうつくしい人たち
吉澤嘉代子「吉澤嘉代子とうつくしい人たち」

2016/08/03

[CD]

¥2,000(税込)

吉澤嘉代子とうつくしい人たち
吉澤嘉代子「吉澤嘉代子とうつくしい人たち」

2016/08/03

[CD]

¥2,500(税込)

東京絶景
吉澤嘉代子「東京絶景」

2016/02/17

[CD]

¥3,000(税込)

東京絶景
吉澤嘉代子「東京絶景」

2016/02/17

[CD]

¥3,500(税込)

秘密公園
吉澤嘉代子「秘密公園」

2015/10/07

[CD]

¥1,800(税込)

箒星図鑑
吉澤嘉代子「箒星図鑑」

2015/03/04

[CD]

¥3,000(税込)

幻倶楽部
吉澤嘉代子「幻倶楽部」

2014/10/22

[CD]

¥1,800(税込)

変身少女
吉澤嘉代子「変身少女」

2014/05/14

[CD]

¥1,800(税込)

魔女図鑑
吉澤嘉代子「魔女図鑑」

2013/06/05

[CD]

¥1,543(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    ビルボードジャパン 2018年 年間ランキング発表~【HOT 100】は米津玄師「Lemon」、【Hot Albums】は安室奈美恵『Finally』が首位

  2. 2

    Billboard Japan Hot Animation Year End 2018

  3. 3

    BTS (防弾少年団)のシュガ、エド・シーランとのコラボを示唆

  4. 4

    米津玄師 Billboard JAPAN HOT100 of the Year 2018 受賞記念インタビュー ―「Lemon」によってまた一つ自由になれたような気がします

  5. 5

    【ビルボード HOT BUZZ SONG】米津玄師「Lemon」が22度目の首位、映画ヒットのクイーンも動画&DLともに上昇

HOT IMAGES

注目の画像