Billboard JAPAN


Special Contents

ラストアイドル『バンドワゴン』インタビュー



ラストアイドル『バンドワゴン』インタビュー

秋元康=AKB48~いつかは秋元康=ラストアイドルに

 秋元康プロデュースによる究極のアイドルグループ“ラストアイドル”。厳しいオーディションを生き残ったメンバー7人がデビューシングル『バンドワゴン』についてはもちろん、それぞれにアイドルを目指して同オーディションに挑んだ理由や、そこでの疑心暗鬼になるほどの苦悩、そして今後の夢やヴィジョンについて語ってくれた。まだまだ発展途上中、新人アイドル感剥き出しの想いに注目してほしい。  

ラストアイドル:
阿部菜々実
吉崎綾
大石夏摘
安田愛里
長月翠
鈴木遥夏
古賀哉子

小泉今日子さんや松田聖子さんのようなアイドルになりたい

--皆さんはなんでラストアイドルのオーディションを受けようと思ったんでしょう?

【特別公開】「ラストアイドル」スペシャルダイジェスト
【特別公開】「ラストアイドル」スペシャルダイジェスト

吉崎綾:私は歌って踊ることも好きですし、演技も好きなので、小泉今日子さんや松田聖子さんのようなアイドルになりたいと思っていて。あの時代の女性って強くて、ひとりで何でもこなせていたじゃないですか。そういう女性に対して憧れを持っていたんです。それでラストアイドルならその夢を叶えられるんじゃないかと思って応募させていただきました。

--小泉今日子さんや松田聖子さんの存在は、親の影響で知ったんですか?

吉崎綾:いえ、YouTubeの関連動画でたまたま見つけて知ったんです。なので、ケータイのおかげですね(笑)。

--具体的に言うと、どんなところが魅力的に映ったんですか?

ラストアイドル『バンドワゴン』インタビュー
▲吉崎綾

吉崎綾:まずあの時代のアイドルの方々はグループじゃないんだなと驚いて。だから個人をしっかり見れるというのと、可愛さの中に本当に強さがあると感じたんです。グループは支え合いで成り立っているけど、あの時代のアイドルは大変なことがあったとしてもひとりで乗り越えていく訳じゃないですか。業界の中でも「あの人は凄かったよ」とか……

--伝説を残されてますよね。

吉崎綾:そう! 伝説になってるから! それぐらい強かったんですよね。やっぱり強い女性は格好良いし、アイドルでの活動をベースに映画や舞台の主演を務めたりもしていたので、私もそういうアイドルに憧れを持つようになって。私もそうやってマルチに活動できるアイドルになっていきたいなと思っています。

--ぜひ伝説を残してください。続いて、大石さん。

ラストアイドル『バンドワゴン』インタビュー
▲大石夏摘

大石夏摘:私も元々歌ったり踊ったりするのが好きで、ミュージカルとかもやらせてもらったことがあって、それがすごく楽しかったんですよ。「人を笑顔にできる」というところも好きだったから、そういう仕事に就きたいなと思い始めたのが芸能界を目指すようになったきっかけです。で、アイドルは全然知らなかったんですけど、AKB48さんの「恋するフォーチュンクッキー」のミュージックビデオを観たときに、メンバーの皆さんが踊り出して、その周りの人たちも笑顔になって踊り出していく光景に対して「本当に格好良いな」と思って。それで「アイドルをやってみたいな」と思ったときに『ラストアイドル』を観て、いちばん最初の回から観ていたんですけど「みんな輝いてる! 凄いな! 私も受けてみたいな」と思ったんです。まさかここまで残るとは思っていなかったんですけど(笑)。

--最終的にメンバーに確定したときはどんな気持ちになりました?

大石夏摘:まだ全然実感は湧いてないんですけど、だから「いつの間にか合格してた」みたいな感覚なんです(笑)。なんか流れていくように終わった感じで、みんなは「長かった」と言っていたんですけど、私個人的には「もうちょっと続いてもよかったかな」って。

一同:えぇー!!!!?

--大石さんだけ余裕があった(笑)?

大石夏摘:余裕があったというより「全曲歌いたかったな」って。

吉崎綾:すごいねぇー!

--続いて、安田さん。

ラストアイドル『バンドワゴン』インタビュー
▲安田愛里

安田愛里:私がラストアイドルに挑戦しようと思ったきっかけは……えーっと、いちばんは「誰でも応募できる」というところで。元々事務所に所属してて、そこではアイドルではなかったんです。なので、もうアイドルになるチャンスはもらえないと思っていたんですけど、でもラストアイドルのオーディションは事務所に所属しててもいいし、他のアイドルグループと兼任しててもいいし、年齢さえ当てはまれば誰でも受けられる。それを聞いて、本当に会う人会う人に「アイドルっぽくないよね」とかよく言われるんですけど、でもそんな私にもチャンスがあるオーディションだったので、人生に悔いが残らないように応募しました。

--実際にオーディションを受けて、そして最終メンバーになれてどんな気持ちになりました?

安田愛里:今残れていることへの喜びは深いです。自分がアイドルに憧れて観ていたコンサートのステージ側に立てるかもしれない。そのスタート地点に立てたから、夢が夢じゃなくなる。私たちの努力次第で夢が叶えられるところまで来たので、オーディションはすごく過酷でツラかったんですけど、そのオーディションがあったからこそメンタル的にも人としても強くなれた気がしますし、レベルアップも出来たので……………………

--ので?

安田愛里:最高です!

一同:(笑)

--続いて、長月さん。

ラストアイドル『バンドワゴン』インタビュー
▲長月翠

長月翠:ラストアイドルを受けたきっかけというか……まずは最初痩せるところからだったんですけど。

--痩せるところから?

長月翠:私、1月まで今より13キロぐらい太ってて。なんで痩せたかと言うと、前にやっていたアイドルグループの自分のファンの方が乃木坂46さんのファンだったんですよ。その人が乃木坂46さんの現場に一緒に行っていた方たちを連れてきてくれたんですけど、そのときにすごく恥ずかしくなっちゃって! あんなに可愛い子たちを見てきた人に自分が見られることがイヤで。で、とりあえず痩せてみて。そしたら、言い方悪いんですけど、小さいところにとどまっている自分が惨めに思えてきて。だから、その人たちに見られて恥ずかしくない自分になろうと思って、ラストアイドルを受けました。

NEXT PAGE
  1. MCの伊集院光さんがもう……本当に有り得ないぐらい優しくて
  2. Next >

MCの伊集院光さんがもう……本当に有り得ないぐらい優しくて

--ちなみに、どうやって13キロも痩せたんですか?

【MV】バンドワゴン/ラストアイドル
【MV】バンドワゴン/ラストアイドル

長月翠:食べない。

--ひたすら?

長月翠:はい。普通に運動を継続することが出来なくて(笑)。だから食べない。

--今もあんまり食べてないんですか?

長月翠:そうですね。大事なことがあるときとかは食べないようにしています。

--その努力の甲斐もあって最終メンバーに残れて、どんな気持ちになりました?

長月翠:ちょっとずつ「恥ずかしい」という想いは消えてきたかなと思います。

--続いて、鈴木さん。

ラストアイドル『バンドワゴン』インタビュー
▲鈴木遥夏

鈴木遥夏:私は元々アイドルが好きで、いろんなアイドルの握手会とかライブにたくさん行っていて、そのライブのDVDとかも買って、それを観ながらずっと歌ったり踊ったりしていたんですけど、そこでまず「踊ることが好きだなぁ」と思ったんです。それでダンスを習い始めて、そしたらイベントにも出るようになって、人前に出ることがすごく楽しいなと思うようになって。ただ、ずっと「私もアイドルになりたい」とは思っていたんですけど、なかなかオーディションを受ける勇気が出なくて。そこから逃げるように誰でも出来るような読者モデルとか、そういう簡単に手を伸ばせるようなところで活動していたんですけど、でもやっぱり「いちばん好きなことは歌ったり踊ったりすることだな」と思って、ラストアイドルを受けることにしました。

--実際に受けてみていかがでした?

鈴木遥夏:挑戦者として入って受かったときから生活が一気に変わって。今までアイドルを観る側だったのに観られる側になって、テレビに映っている自分を観たときに「自分じゃないみたい」とも思いましたし、同時に自分の悪いところばかり探してしまったり……でも今後はそういうところをどんどん直していけたらいいなって思います。

--続いて、古賀さん。

ラストアイドル『バンドワゴン』インタビュー
▲古賀哉子

古賀哉子:私は高校のときに2年間だけモデル事務所に所属していたんですけど、そこで活躍する為には身長が足りないということで、辞めたんです。それから東京の事務所に入るか、違う道を選ぶかという選択肢があったときに、違う道の専門学校に逃げて。ただ、その歯科衛生士の専門学校に通っていたときにラストアイドルの話をもらって。それで「このオーディションに落ちたら芸能界は諦めて、歯科衛生士になろう」と決めていたんですけど、暫定メンバーになったときに握手会とかイベントに出させてもらったり、グッズとかも売ってもらったりして、そこでアイドルの楽しさを知ったので「勝ち残りたい!」と本気で思うようになって。元々アイドルになりたいと思っていた訳ではないんですけど、アイドルの魅力を知ったので、こうして勝ち残ることが出来て本当に嬉しいですし、これから立派なアイドルへと成長していきたいなと思っています。

--続いて、阿部さん。

阿部菜々実:私はpax puella(パクスプエラ)というガールズユニットで活動していたんですけど、今年に入ってからイベントとかも減ってきちゃって、活動する機会も無くなっちゃってきてるし、受験もあって進路のことも考えなきゃいけない状況になって。それで「どうしよう?」と迷ったときに「私はアイドルになりたい!」と思って、ラストアイドルのオーディションはチャンスだと思って受けました。

--シリアスな場面も多いオーディションだったと思うのですが、実際に受けてみてどんな印象を持たれましたか?

ラストアイドル『バンドワゴン』インタビュー
▲阿部菜々実

阿部菜々実:テレビで観ている以上に現場の雰囲気はすごく緊張感があって、そこに自分がいることに対して全然実感は湧かなかったんですけど、でも本当に良い経験をさせてもらったなと思っています。

吉崎綾:いちばん最初は「このメンバーで受かるにはどうしたらいいか」とか「でも番組的にはそんなことは有り得ない」とかいろいろ考えましたね。中学生の子が番組の裏側とかについて考え出して「本当は私を落とす気ではないのだろうか」とか「もう本当は誰が残るか決まってるんじゃないだろうか」みたいなことを思う状況だったんですよ。そんなこと考えても何も生まれないし、でもそうやって悩んでは落ち込んでしまう。ただ、番組中盤らへんで思ったのは、審査員も私たちの人生を左右する訳ですし、責任重大ですし、本当はイヤだと思うんですよ。そういう意味では「私たちと同じ立場なんだな」と思って。そしたら「あ、一緒に戦ってくれてるんだな」と気付けました。

--なるほど、そう解釈できたんですね。

吉崎綾:審査員ひとりひとりに「良い!」と思われるようなパフォーマンスをしなきゃダメだと思いましたし、それで磨かれたところはあると思うんですよね。みんな、観てくれている人ひとりひとりに届くようなパフォーマンスが出来るようになったので、本当に審査員の皆さんには感謝しています。あと、MCの伊集院光さんがもう……

一同:優しい!

吉崎綾:本当に有り得ないぐらい優しくて。目が合っても「大丈夫」みたいな。私たちの気持ちを全部分かってくれているかのような眼差しで見守ってくれていたので、収録が始まってからの支えはずっと伊集院でした。あ、伊集院さんでした!

一同:(笑)

--心の支えになってくれたのに呼び捨て(笑)。

吉崎綾:伊集院さんでした! すみません!

--そんな厳しいオーディションを乗り越え、このたび『バンドワゴン』でメジャーデビューする訳ですが、今作のレコーディングはいかがでした?

【MV】バンドワゴン/ラストアイドル
【MV】バンドワゴン/ラストアイドル

大石夏摘:やり直したい。

--いきなり後悔してるじゃないですか(笑)。

大石夏摘:初めてのレコーディングだったので、すごくガッチガチで。それでも頑張って歌ったんですけど! もっと上手く歌えたんじゃないかなって。でもそれが私の素だから……イヤだけど! 素で歌ってる私を感じてもらえると思います。反省点はありますけど、すごく楽しみながらレコーディングできたし、気持ちはちゃんと乗せられたと思うので、ぜひ聴いてほしいです。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 秋元康=AKB48さんという印象~いつかは秋元康=ラストアイドルに
  3. Next >

秋元康=AKB48さんという印象~いつかは秋元康=ラストアイドルに

ラストアイドル『バンドワゴン』インタビュー
▲左から:古賀哉/長月翠/大石夏摘/阿部菜々実/吉崎綾/安田愛里/鈴木遥夏

--安田さんは『バンドワゴン』の仕上がりにどんな印象や感想を?

安田愛里:自分の心情というか、世の中で夢を追っている人の心情を歌ってるなと思いました。あと、私は本当に人前で歌うことが大嫌いで、友達と一緒にカラオケに行っても1回も歌ったことがなくて、だからレコーディングのときも自分の歌声が評価されることはないと思っていたんですけど、でも上手いかどうかだけが全てじゃないなって。私はKARAさんが大好きだったんですけど、KARAさんに惹かれたのも歌声とかじゃなくて、頑張ってる姿とか気持ちがすごく伝わってくるところだったんですよね。だから私も気持ちだけは負けないようにしてレコーディングしました。

--そんな『バンドワゴン』から本格始動するラストアイドル。どんなアイドルグループにしていきたいと思いますか?

阿部菜々実:ラストアイドルは「最強のアイドル」を目指しているので、私も最強のトップアイドルになれるように頑張っていきたいなと思います。

鈴木遥夏:今までのアイドルグループは完成された状態でデビューしていたと思うんですけど、ラストアイドルはデビューする前から、メンバーが入れ替わっていく姿とかオーディションの風景を視聴者さんに全部見られているので、成長していく姿がいちばん見てもらえるグループだなと思います。ひとりひとり勝ち残ってきてここにいるので、想いもすごく強いと思うし、普通のアイドルグループとはちょっと違うかなって思います。

--古賀さんはどうでしょう?

ラストアイドル『バンドワゴン』インタビュー
▲左から:古賀哉/長月翠

古賀哉子:絶対に成長はしていきたいと思うし、皆さん、秋元康さんがプロデュースしているアイドルグループと言えばAKB48さん、秋元さん=AKB48さんという印象だと思うんですけど、いつかは秋元さん=ラストアイドルになったらいいなと思っています。

--目指すは下克上ですね?

古賀哉子:そうですね!

--秋元康プロデュースのアイドルグループとしては最も少数精鋭になる訳ですし、ゆえに個々が注目される確率も高いと思うんですけど、皆さんそれぞれに抱いている夢や目標があったら聞かせてもらえますか?

吉崎綾:やっぱりマルチに活躍できるアイドルです! アイドルだから笑ってなきゃいけないとは私は思わないんですよね。むしろファンの方、観ている方と成長できるようなアイドルのほうが素敵なアイドルだと私は思うので、皆さんと成長できて、そして別の顔を見せられるような、皆さんが楽しんで頂けるようなアイドルに私はなりたいと思っています。

--続いて、大石さん。

ラストアイドル『バンドワゴン』インタビュー
▲大石夏摘

大石夏摘:小学校に入る前ぐらいから事務所に入っていて、そこでは女優の仕事のほうが多かったから「アイドルもちょっとやってみたいな。でも向いてないだろうな」と思っていたんですよ。でも今はアイドルをちゃんといきたいなと思うのと、その為に自分を成長させたいなと思っているし、キャラを固めたい。

--どんなキャラになっていきたいと思っているんですか?

大石夏摘:私、神田沙也加さんに憧れていて、ミュージカルとか本当に好きで。お母さんの松田聖子さんも好きなんですけど、そういう憧れてもらえるようなキャラになりたい。とにかく存在感を出していきたいです。

--続いて、安田さん。

安田愛里:叶えたい夢は、自分が見て元気をもらったKARAさんのように、いろんなところへ飛んでいってコンサートを行いたいですね。この7人で何万人もの人の笑顔を見たいですし、私は青がラッキーカラーなんで……

--ラッキーカラー?

一同:(笑)

安田愛里:イメージカラー! イメージカラーが青なので、青のペンライトで会場が埋めつくされるところも見たいです。あと、ラストアイドルって元々事務所に所属していたりとか、女優やアイドルやミュージカルをやっていた子たちがいるので、その仕事も途切れないような、アイドルをやりながらいろんな才能を開花させていくようなグループになったらいいなと思います。

--続いて、長月さん。

ラストアイドル『バンドワゴン』インタビュー
▲長月翠

長月翠:私は最終目標がアイドルなので、その先のことは全く何も考えていないんですけど、私の憧れている人みたいにすごく優しい雰囲気だったりとか、人が寄ってきてくれるようなアイドルになりたいんです。ただ、ちょっと性格に難があるんで……

一同:(笑)

長月翠:だからあまりそういう感じにはなれないんですけど(笑)、人を自然と支えてあげられるような人間になっていきたいなって。それが将来の夢です。

--ちなみに、その憧れている人は誰なんですか?

長月翠:乃木坂46さんの深川麻衣さん。彼女のようになりたいです。

--続いて、鈴木さん。

ラストアイドル『バンドワゴン』インタビュー
▲鈴木遥夏

鈴木遥夏:アイドルとして成長していきたい、それが第一の目標です。自分は特別に歌やダンスが上手い訳でもないし、特別に可愛いとかスタイルが良いとかじゃないんですけど、元々アイドルが好きだったから「こうしてもらえたら嬉しいな」とか「こういうパフォーマンスが観たいな」ということが大体分かるので、そういう部分を活かしながらパフォーマンスを頑張りたいです。

--具体的に言うと、どんなパフォーマーになりたいですか?

鈴木遥夏:私は元AKB48さんの大島優子さんが大好きで、握手会とかずっと行っていたんですけど、大島さんはいつでも全力で限界が見えないんですよ。なので、ひとつひとつ手を抜かないで頑張りたいです。大島さんのパフォーマンスを見てると自然と笑顔になれるので、自分も笑顔で毎回全力でやっていればファンの方も笑顔になってくれるかなと思って。だから大島さんのように全力で頑張っていきたいです。

--続いて、古賀さん。

ラストアイドル『バンドワゴン』インタビュー
▲左から:吉崎綾/安田愛里/鈴木遥夏

古賀哉子:『ラストアイドル』はテレビ朝日で放送されていたので、その関連で『ミュージックステーション』とか出たいなって。

一同:出たーい!

古賀哉子:いつか出れるように頑張っていきたいです。本当に売れてる人しか出れない番組じゃないですか。だから頑張って成長して出演できるぐらいのグループになりたいです。

--では、最後に。これからラストアイドルのファンになってほしい人たちへメッセージをお願いします!

吉崎綾:私たちは4ヶ月間のオーディションを経てスタートラインにやっと立てて、きっとその中でひとりひとりの物語も出来たと思うし、他のアイドルグループとは違うというところを感じて頂けると思うので、これから皆さんと会える機会を増やして、そこで新しいものを見せられるように頑張りたいと思っています。よろしくお願いします!

Interviewer:平賀哲雄|Photo:山田秀樹

【MV】バンドワゴン/ラストアイドル
インタビュー写真

ラストアイドル『バンドワゴン』インタビュー ラストアイドル『バンドワゴン』インタビュー ラストアイドル『バンドワゴン』インタビュー ラストアイドル『バンドワゴン』インタビュー ラストアイドル『バンドワゴン』インタビュー ラストアイドル『バンドワゴン』インタビュー ラストアイドル『バンドワゴン』インタビュー ラストアイドル『バンドワゴン』インタビュー ラストアイドル『バンドワゴン』インタビュー ラストアイドル『バンドワゴン』インタビュー ラストアイドル『バンドワゴン』インタビュー ラストアイドル『バンドワゴン』インタビュー ラストアイドル『バンドワゴン』インタビュー ラストアイドル『バンドワゴン』インタビュー ラストアイドル『バンドワゴン』インタビュー ラストアイドル『バンドワゴン』インタビュー

ラストアイドル「バンドワゴン(初回限定盤Type B)」

バンドワゴン(初回限定盤Type B)

2017/12/20 RELEASE
TYCT-39065 ¥ 1,800(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.バンドワゴン
  2. 02.ラスアイ、よろしく
  3. 03.想像上のフルーツ
  4. 04.バンドワゴン (instrumental)
  5. 05.ラスアイ、よろしく (instrumental)
  6. 06.想像上のフルーツ (instrumental)
Disc02
  1. 01.バンドワゴン (Music Video)
  2. 02.想像上のフルーツ (Music Video)

関連キーワード

TAG

Chartsmore