Billboard JAPAN


Special Contents

川村結花『ハレルヤ』インタビュー



川村結花 『ハレルヤ』 インタビュー

SMAP「夜空ノムコウ」やファンキーモンキーベイビーズ「あとひとつ」などトップアーティストへ提供した名曲の数々を持つ川村結花。そんな彼女のシンガーソングライターとしての才を、新レーベル GEAEG RECORDS(ソミラミソ レコーズ)を立ち上げたDr.kyOnと佐橋佳幸によるユニット Darjeeling(ダージリン)がプロデュース。音の愉しみを知る大人達に“良質で豊かな新しい音楽”を届ける同レーベルの設立第1弾作品として、アルバム『ハレルヤ』をリリースした。
身の回りに起きた不幸から自らをさらけ出した2枚の名盤を経た先で奏でる、今を満たしていく歌とは。本人に訊いた。

その地方にいるからこその空気感、テンポ感、温度感

川村結花『ハレルヤ』インタビュー

--川村さんは大阪市で生まれ、河内長野市にて育ち、18歳の時に大学進学で上京、 以来東京を中心に活動されてきました。今回のアルバム『ハレルヤ』には「カワムラ鉄工所」なる楽曲も収録されていますが、生活する土地や風土がご自身の作品や音楽に影響を与えるところはありますか?

川村結花:今、地方在住のアーティストが増えてきたじゃないですか。その地方にいるからこその空気感、テンポ感、温度感……。それは意識して出そうとするものとは明らかに違う。その人の生育歴が、年を取れば取るほど出てくるように思うんです。

そういうところを感じられる音楽が最近は好きで、以前ある地方に在住している方が作ってらっしゃるような曲を作りたいと思ったんですけど、どうしても歌えない。上手くいかなくて、「やっぱりそういうことなんだな」って、「そうじゃないと嘘だな」って痛感したんです。

--同じ都会でも、東京と大阪では違いはありますか?

川村結花:テンポ感は違いますよね。ただ、同じ東京でも都心部とそうではない所とでは、人の歩く速度も違いますし、地方だと車移動が多かったりとか、海辺の音楽なども違います。

--大阪出身ながら、東京で暮らす時間の方が長くなった今の川村さんの音楽はどうでしょう?

川村結花:今は回帰しつつあるような気がしてます。元々、大阪でももの凄く田舎の生まれで、手を挙げたらバスが停まるような山の上で(笑)。小学校に行くにも30分以上かかるような郊外のテンポ感で育ったんです。そこから東京に出て、「音楽で食っていけるようにがんばらなあかんで!」みたいなテンポ感できましたけど、ここ何年かはかつてのテンポに帰ろうとしているのかなって。

ホロッとくる涙の方が良い。だって音楽なんだもん

▲YouTube「川村結花 「private exhibition」trailer」
▲YouTube「川村結花 「private exhibition」trailer」

--オフィシャルサイトには能地祐子さんによるインタビューが掲載されていますが、その中で2008年3月にお父様と上田現さんが立て続けに他界され、音楽がまったく聴けなくなった時期があったと。

川村結花:はい。

--そうした時期を経て作り上げたアルバム『private exhibition』(2013年リリース)は、全編がピアノと歌のみで構成され、音を重ねることもほとんどない。タイトル通り、ご自身をさらけ出した内容となっていました。続くミニアルバム『small wardrobe』も弾き語りLIVEアルバムとなっていましたが、この2作は今振り返るとどのような作品だったといえますか?

川村結花:2008年の時は、音楽を書くことはできるんですけど、深層まで掘り下げることができない中で、抗ってもしょうがないことを今さらながらに知ったというか。“努力すれば何でも超えられる”と思っていた自分が如何に傲慢だったかを思い知らされたんです。 “そういうことやないやろ!”という自分に対する怒りとか、私の音楽が何の役に立つんだろうっていうところからの、“とはいえ、やっぱり歌だよね”に帰ってきたことを出したかった。“私はこう見せたい”、“こういう音楽家であるように見られたい”っていうメッキみたいなものは、あってもしょうがないと思うようになってきたんです。

もちろん、まったく無くなるわけではないんですけど、色んなものが削げ落ちた時に、重たいことを全部歌い倒した。その上での今回なんです。『private exhibition』からしたら、今回の『ハレルヤ』はものすごく音楽的であって心地よくて、和やかで楽しくて気持ちいい。グサッときて泣くのではなく、ホロッとくる涙の方が良いなって。だって音楽なんだもん。

--『private exhibition』に収録の「歌なんて」と『small wardrobe』収録の「五線紙とペン」は、ある意味シンガーとして“ここまで歌えたらあがり”っていう言い方もできるじゃないですか。

川村結花:そうですそうです。あれは自叙伝ですからね。「五線紙とペン」は20周年だから書けた楽曲です。

--川村さんのパブリックイメージは、やっぱりSMAPに提供した「夜空ノムコウ」やファンキーモンキーベイビーズの「あとひとつ」だと思うのですが、「歌なんて」と「五線紙とペン」こそが川村結花を象徴する楽曲なんですよね。世間ではいまだに、努力が必ず報われると歌われ続けている中で、それを覆していく音楽というのは、芸術作品としてあるべき姿だとすら思います。

川村結花:ありがとうございます。

--そこを経た上で、Dr.kyOnさんと佐橋佳幸さんが新たに立ち上げたレーベル GEAEG RECORDSからアルバム『ハレルヤ』をリリースするに到った経緯というのは?

川村結花:いや、だってあのおふたりからお声をかけていただいて、断る人なんています?(笑)おふたりから名前を思い出していただいて、“結花ちゃんで行こう”って言っていただけるだけで幸せですから、レコーディングが終わるまで、ずーっとドッキリカメラだと思ってました(笑)。

NEXT PAGE
  1. 大人としての暮らしの歌。今の暮らしの歌
  2. Next >
インタビュー写真

川村結花『ハレルヤ』インタビュー 川村結花『ハレルヤ』インタビュー 川村結花『ハレルヤ』インタビュー


大人としての暮らしの歌。今の暮らしの歌

▲YouTube「川村結花「カワムラ鉄工所」」
▲YouTube「川村結花「カワムラ鉄工所」」

--今作には、ライブで演奏されていた楽曲が多く収録されているとのことですが。

川村結花:全部そうですね。お声をかけていただいて、まずは決起集会として呑もうという話になったんですけど、お忙しい方々なのでその間が1か月くらいあったので、“結花ちゃんのやりたい曲があったら持ってきて”って……、飲み会の2日前くらいに言われて(笑)。ただ、私も大体の目星はつけていたので、15曲くらいをCDに焼いて持っていったら、この中から決めようって話になって。曲はいっぱいあったので、新たに作る楽曲はひとつもなかった。新曲締め切りストレスはゼロでしたね。

昨年に9か月間行った弾き語りマンスリーライブのために書いた曲もありましたし、1曲目の「カワムラ鉄工所」などは柴草玲ちゃんとふたりでやってるユニットで去年できた曲ですし。5曲目の「猫の耳たぶ」はNOKKOさんに提供させていただいた昔の曲ですけど、その他は全部、「歌なんて」以降に作った楽曲です。

--「猫の耳たぶ」については、“サビは今まで書いたメロディラインの中でも5本の指に入るくらい好きな旋律”と自ら評しています。

川村結花:ちょっと言ってみたかったので、言ってみました(笑)。NOKKOさんはボサノバでやってらっしゃったんですけど、私の中では4ビートのマイナーな、ジミヘンっぽいイメージがあって。やっぱり私はジャズが好きなんですよね。

--かつてのアルバムでは、セールスを考えて有名な提供曲のセルフカバーも収録したりと、プロモーションまで踏まえた作品制作も山ほど経験してきましたよね。そういったところとは違った作品であることは、聴いていても感じます。

川村結花:もちろんそれが良い方に作用することもありますけど、何かのタイアップのためとか、ゆくゆく何かになるかもしれないとかが一切介入しない現場ってそうそう無いじゃないですか。レコーディングの間は雰囲気も良くて、凄い集中力でずーっと笑ってました。

今回、話をいただく中で、おふたりからは“パッケージを出したい”と。50~60代の大人の方はパッケージを求める方が多いというお話しがあって、たしかに私の友だちにもウォークマンで聴いている人たちがいっぱいいるんですよ。作り手としてはすごく嬉しいことでもあるし、先ほどおっしゃっていた原点回帰がこんな形で叶う中で、大人としての暮らしの歌を書いたつもりです。今の暮らしの歌を私と同い年の人たちとかが重ねて聴いてくれたらいいなって。

この曲が1曲目であることをkyOnさんも佐橋さんもおかしいと思ってなかった

川村結花『ハレルヤ』インタビュー

--ただ、この作品は現在活躍している若いミュージシャンへのヒントも詰まった作品だと思います。1曲目が「カワムラ鉄工所」というのも、字面だけで見たら驚きますよ。

川村結花:よくそう言われるんですよ、“これ企業CMソングですか?”って(笑)。でも全然狙っていたわけではなくて、私はこの曲をずっとやりたかったし、この曲が1曲目であることをkyOnさんも佐橋さんもおかしいと思ってなかったんです。

--“カワムラ鉄工所”という言葉で、ここまで泣けるというのがすごいです。

川村結花:歌に出てくる住所は架空なんですけど、以前カワムラ鉄工所を取り壊す時の写真を従兄弟が残していて、見させてもらったら完全に『ニュー・シネマ・パラダイス』の世界なんですよ。さらに今回、歌を作る上でおじいちゃんおばあちゃんの写真を送ってもらったりして……。

--本作の中でも一番パーソナルな情報が入っているんですけど、ちゃんと普遍性がある。おばあちゃんの言葉として出て来る“なぁ結花ちゃん この世には もうあかんってことは ひとつもないんやで”という歌詞は、「歌なんて」との対比も面白いです。

川村結花:あれ、何の脈絡も無くホンマにあのまんまを言ったんです。私が東京に出てきてから何年か経った頃、たまたま帰っておばあちゃんと一緒に洗濯物を畳んでいた時だったと思うんです。私がちょっと落ち込んでる時期だったんですけど、急にポンッて言われたその言葉がずーっと残っていて。一緒に住んでいた従兄弟は知らなかったみたいで、「おばあちゃんがそんなん言うなんて知らなかったわ」って。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 努力すれば夢が叶うっていうのもある意味、残酷
  3. Next >
インタビュー写真

川村結花『ハレルヤ』インタビュー 川村結花『ハレルヤ』インタビュー 川村結花『ハレルヤ』インタビュー


努力すれば夢が叶うっていうのもある意味、残酷

川村結花『ハレルヤ』インタビュー

--また、7曲目「その先は?」の、“この夜を越えれば朝が来るよ だけどまたすぐに夜になるよ 次の闇はもっともっと暗いよ”という歌詞にも衝撃を覚えました。

川村結花:努力すれば夢が叶うっていうのもある意味残酷で、叶わなかった時の受け皿があまりに無さすぎると思ったんです。欠乏感を埋めるための前向きって、終わりが無い。たとえば“売れたら幸せになる”とか、これをクリアしたら……と言ったって、その先でまた欠乏が出てきて、埋めるために、超えるために……。それってちっとも今を生きてない。そんなんしんどいやん!いやや!今を満たしていこうよって。 光、光いわんでも、夜なら夜のまま楽しめば良い。欠乏感を埋めるための前進の仕方にもの凄い疑問を感じて、それを書いた曲なんですけど、テーマが重すぎるのでブルースにしました(笑)。ピアノはkyOnさんに弾いてもらいました。

--5曲目「乾杯のうた」にはピアノが一切入っていないなど、よりシンプルに音楽を楽しむために、鳴って欲しい音を鳴らしている作品になっています。

川村結花:とにかく楽しかったですし、何か気が楽になってくれたら良いなって。楽をすることって、そんなに悪いことじゃないんじゃないの?って最近思っていて、がんばらなあかんと思うんですけど、同じ目的地に対して楽に進むのとねじり鉢巻で行くのとだったら、楽な方が良いですよね。昔は楽をすることにものすごい罪悪感があったんですけど、ねじり鉢巻はそんなに長く続かない。それは年を取って体力が落ちてきたからこそ思うのかもしれないですけど……

--日本のお国柄もあるかもしれないですが、楽をすることに勇気が必要ですよね。

川村結花:そうやって作りたいなって思っていたものを、kyOnさんと佐橋さんに委ねることで形にしてもらったのがこの『ハレルヤ』ですね。フレーズひとつ取ってみても無駄がまったく無いですし、私はフォーキーでジャジーでアコースティックな、部屋の中で何回も聴けるものっていうイメージがあったんですけど、おふたりから“だったら結花ちゃんの弾き語りを、みんなが色付けしていくイメージ。トム・ウェイツのデビュー盤みたいな色合いがいいよね”って。まさにそう思っていましたし、言われることに対して疑問がひとつも無かった。委ねることの心地よさったらなかったです!

--あの、「夜の調べ」のソロの時に鳴ってる……

川村結花:そう!あれは銅鑼の音なんですよ、kyOnさんの頭の中には最初から、4拍目の裏にあの“ゴーン”って音が鳴っていたらしく、(パーカッションで参加している)三沢またろうさんにお願いしたら、いきなり波止場感が! マドロスの格好をした裕次郎が出てきたんですよ(笑)。 私にはまったく無かった発想なんですけど、それこそトム・ウェイツのあるアルバムにあったらしく、それを探して銅鑼のサイズ感まで伝えて、色々試しながら“この音!この音!”って。

聴いてくれた人が自分の思いと重ねてくれることが一番の幸せ

▲YouTube「川村結花「乾杯のうた」LIVE ver.」
▲YouTube「川村結花「乾杯のうた」LIVE ver.」

--綿密に計算されていながら、こうした飛び抜けた瞬間もある。想像していない音が飛び込んでくる楽しさもあったりと、本当に音楽的に優れた作品だと思います。

川村結花:「愛だけしかない景色」でkyOnさんが弾くマンドリンも、銀杏がキラキラしている情景が浮かんできましたもん。

--「愛だけしかない景色」には、“完璧な愛の姿”という歌詞がありますが、それを第三者の側から景色として語っています。『ハレルヤ』の最後を飾るに相応しい楽曲ですよね。

川村結花:おぉ……、凄く緻密に聴いてくださってありがとうございます。絵画のような曲にしたかったんですよ。音があるんだけど、音が無い。ちょうど11月くらいになると、一瞬だけそうなるような場所が代々木公園にあるんですよ。風景、絵画のような歌、って思っていたんです。

--パーソナリティに溢れた「カワムラ鉄工所」から始まった作品が、絵画のような「愛だけしかない景色」で終わる。音楽好きがシンプルに楽しめるサウンド性と、今の川村結花が紡ぐ言葉の凄味。その両面を楽しめる作品だと思います。

川村結花:ありがとうございます。かつて「五線紙とペン」にも書きましたけど、聴いてくれた人が自分の思いと重ねてくれることが一番の幸せなんです。音楽は情報では無いし、名言集では無い。全然関係ない歌詞から自分の幼少期が思い出されることもあるじゃないですか。文字だけではできない何かを喚起するお手伝いができれば良いなって思います。

--そして来年の1月から【川村結花 ツアー2018「独奏」 -ハレルヤ-】を開催します。

川村結花:ピアノ一本の弾き語りになります。元々ピアノ一本でやっていた曲たちなので、違和感なく聴いていただけると思いますね。今回の制作を経たことで、今までは何でもかんでもピアノでやろうと思っていたところも変わると思います。私自身も楽しみにしています。

Interviewer&Photo杉岡祐樹

インタビュー写真

川村結花『ハレルヤ』インタビュー 川村結花『ハレルヤ』インタビュー 川村結花『ハレルヤ』インタビュー

川村結花「ハレルヤ」

ハレルヤ

2017/11/08 RELEASE
CRCP-40531 ¥ 2,500(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.カワムラ鉄工所
  2. 02.夜の調べ
  3. 03.かたづけようちゃんとしよう
  4. 04.乾杯のうた
  5. 05.猫の耳たぶ
  6. 06.ロウソクの灯が消えるまで
  7. 07.その先は?
  8. 08.愛だけしかない景色

関連キーワード

TAG

around the PIANO
川村結花「around the PIANO」
2003/03/19
[CD]
¥3,146(税込)
購入画面へ
朝焼けの歌 ~秋・冬盤~
川村結花「朝焼けの歌 ~秋・冬盤~」
2002/10/23
[CD]
¥1,572(税込)
購入画面へ
オールディーズ ~夏盤~
川村結花「オールディーズ ~夏盤~」
2002/08/07
[CD]
¥1,572(税込)
購入画面へ
ホーム・アゲイン
川村結花「ホーム・アゲイン」
2000/04/19
[CD]
¥3,146(税込)
購入画面へ
Doors
川村結花「Doors」
2000/02/19
[CD]
¥1,049(税込)
購入画面へ
Travels/靴の音
川村結花「Travels/靴の音」
1999/09/22
[CD]
¥1,049(税込)
購入画面へ
SO LONG
鈴木雅之 川村結花「SO LONG」
1999/08/21
[CD]
¥1,049(税込)
購入画面へ
ラッシュ・ライフ
川村結花「ラッシュ・ライフ」
1999/04/01
[CD]
¥3,146(税込)
購入画面へ

Chartsmore