Billboard JAPAN


Special Contents

predia『Ms.Frontier』 青山玲子&まえだゆう&沢口けいこインタビュー



predia 『Ms.Frontier』 インタビュー

今年7月に行った前回ツアーファイナル@赤坂BLITZ公演をSOLD OUTさせた平均年齢28歳、大人アイドル predia。前作『ヌーベルキュイジーヌ』のインタビュー時に「売れちゃう!」とメンバーが言っていたが、まさにいま勢いにのっている彼女たちは今回、7thシングル『Ms.Frontier』を10月25日にリリース。

ここでは3名のメンバー(青山玲子、まえだゆう、沢口けいこ)に、今シングル『Ms.Frontier』や現在開催中の7周年ツアーについてはもちろん、大人アイドルとしてのprediaについてや最近のメンバーに関して感じたことなどを訊いてみた。また、ちゃんころぴー(まえだゆう)が珍しいほどアツく『Ms.Frontier』をプロモーションしてくれたので、どうぞチェックしてほしい。

沢口けいこ「センターに立つってやっぱ違うんだな」

predia『Ms.Frontier』インタビュー
左から 沢口けいこ、まえだゆう、青山玲子

--今回は、ラジオなどにも引っ張りだこのお三方ということでカチッとしたコメントを期待しております。

沢口けいこ:いや、ちゃんころぴー(まえだゆう)がいるんで(笑)。

青山玲子:カチッとできる?

まえだゆう:スイッチいま入れた!

--よろしくお願いします(笑)。 prediaの企画ライブ(ウェルカム・パーティ「predia welcome party」など)ではスマホでの動画OKもやってますが、お客さんにパフォーマンスの動画を撮られるってどんな感じでしょう?

沢口けいこ:生のライブだと勢いでごまかせる部分もあったりするんですけど、動画だと冷静に観られてしまうじゃないですか? 私たちも生歌やパフォーマンスが売りだからそれができているし、動画をTwitterに投稿してくれた方のツイートも結構拡散してもらえているので、prediaを広めるにはいいキッカケになっているのかなって思いますね。

まえだゆう:それと、お客さんから一斉にカメラ向けられると、なんか嬉しい(笑)。

沢口けいこ:なんか反射的にピースしちゃったりする! イェーイ!って。

まえだゆう:なかなかライブハウスでみんなからカメラ向けられることってないから、すごいなんか”売れてる”って錯覚しちゃいますね。カメラに囲まれてる~!みたいな(笑)。

沢口けいこ:なんか海外スターになったみたいだよね(笑)。

青山玲子:気持ちよくなっちゃう。

--気持ちよくなっちゃうって…さすがです(笑)。prediaは”大人アイドル”ということで、もちろん若いアイドルの方々とは違ったエンターテイメントを提供されています。自分たちで意識しているところはあったりしますか?

青山玲子:若い子は違いすぎちゃって、年齢が(笑)。ほかと比べて…とかホント関係なく、自分たちはアイドルをあまり意識せず”prediaはprediaらしく” 大人アイドルとしてやっていけばいいかなって思ってますね。

沢口けいこ:なんかルールとかどんどんなくなってきましたね。ライブのMCは自由に喋っていい時間じゃないですか(笑)。好きなことを話して、どんなにとっ散らかったとしても、誰かがきっと片付けてくれるだろう!って信頼もあるし、どんどん自由になってきました。

まえだゆう:たしかに! 制限がないからこそ自由にできて、のびのびできます!

青山玲子:それぞれの感覚的に役割分担されてきたのもあったりして、バラエティ出るときはこのメンバーとか、こうなった時にまとめてくれるのはこのメンバーとか、そんな信頼感を持ってますね。

--この3名(青山玲子、まえだゆう、沢口けいこ)の役割は?

3人:それはちょっと恥ずかしいですよ!(笑)

沢口けいこ:自分以外を紹介していきますね! まず、prediaといったら玲ちゃん(青山玲子)で、「prediaのイメージを一人だけ挙げてください」って言われたら、やっぱり「青山玲子」って答えます。prediaのセクシー代表なんで、メディアとかに出させてもらうときは玲ちゃんがいるとprediaっぽさが際立つというか、prediaっぽい空気感を作ってくれるんです。

青山玲子:へえ、なんか嬉しい(笑)。

--まえださんはどんな役割?

青山玲子:大人アイドルって「なんかパッと見で怖そうなお姉さんたち」だとか、「とっつきにくそう」とか、そういうイメージを抱かれることもあると思うんですけど、そのイメージを打破してくれる存在です。

沢口けいこ:破壊力がすごいんですよね。

青山玲子:そう、ちゃん(まえだゆう)と会って忘れない人はいないんじゃないかなって思うくらい。

--なるほど。逆に言えば、まえださんにとって「predia/大人アイドル」っていう枠がおっきなフリになっている?

沢口けいこ:そうそう!(笑)

青山玲子:一見怖そうなお姉さん10人組のなかで、いきなり「ぽりぽり」「しかし」「ちゃんころぴーは~」っていうのが出てくるので、私たちを怖がって遠ざけていたような人でも近づくキッカケになるというか。

まえだゆう:ぽりぽり。なんかちょっとよくわかんないですけど、prediaにいれてラッキーということですかね~♪

--沢口さんは?

青山玲子:けいたんは最年少なんですけど、本当にしっかりしてるんですよ。メンバーの中で一番相手の気持ちとか空気を読めたり、ここぞ!の時や困った時にすごく良いパスをくれたり、コメントしてれたり、スゴく助かります。だから間違えちゃいけない告知は「絶対けいたんだろ!」って、いろいろ頼りにしちゃってますね。

--すごく信頼が厚いですね。今回の「Ms.Frontier」ではセンターまでつとめてますし。

沢口けいこ:たいして歌ってないんですけどね! 唯一のソロパートも端っこにいるっていう(笑)。

青山&まえだ:逆にね(笑)。

沢口けいこ:そう逆に!(笑) なんですけど、やっぱりprediaには分厚いボーカル陣もいますので。そんななか今回センターに立たせてもらえて…、ん……でもセンターに立つってやっぱ違うんだなって思いました。正直、端っこだと客席の様子を見て踊れるので、気の張りようがやっぱり(センターだと)違うなって。

--ライブでも上手・下手寄りにいるときは、積極的に客席へ近づいて手を振っていたりしてましたね。

沢口けいこ:そうですね。今回はセンターをいただいたので、カッコよく、セクシーな感じでキメさせてもらってます(笑)。

--まえださんはセンターだろうと、どこだろうと自由に動いてますが…?(笑)

沢口けいこ:ちゃんはちゃんだもん!

青山玲子:すぐステージから降りて、お客さんのところに行っちゃって、曲に間に合わないちゃんころぴー、何度もあった(笑)。

沢口けいこ:あれ? ちゃんいない!ってね(笑)。すぐ降りるよね!?

まえだゆう:テンション上がると皆のところに行きたくなるんです! それで皆と普通に話しちゃうから、たまに間に合わないことも…あったかな(笑)。

青山&沢口:え? 普通に話してんの!?

まえだゆう:みんな家族ですから! 近くまで会いに行って話したくなっちゃうんですよ!

NEXT PAGE
  1. 岡村明奈は“意味はわからない!けどカワイイ!”可愛いからいっか!ってなる
  2. Next >
インタビュー写真

predia『Ms.Frontier』インタビュー predia『Ms.Frontier』インタビュー predia『Ms.Frontier』インタビュー predia『Ms.Frontier』インタビュー predia『Ms.Frontier』インタビュー predia『Ms.Frontier』インタビュー predia『Ms.Frontier』インタビュー predia『Ms.Frontier』インタビュー


岡村明奈は“意味はわからない!けどカワイイ!”可愛いからいっか!ってなる

predia『Ms.Frontier』インタビュー

--最近のメンバーについての話も聞かせてください。prediaからついに”国宝”がうまれたとか?

3人:そうですね、ついに国宝がね~。
(※ここでの「国宝」とは、湊あかねのこと。「福岡ソフトバンク・ホークスvs楽天イーグルス」@福岡ヤフオク!ドームで国歌斉唱を担当したのがキッカケとか)

青山玲子:普通に「国宝、今日さ~」みたいな。

--普通にって(笑)。それに対して湊さんは何て?

沢口けいこ:否定もしないね?(笑)

青山玲子:肯定もしてないんですけど、「だからなに?」って感じで普通に堂々としてます(笑)。

まえだゆう:ほんとカッコイイ!

--predia内のあだ名ってどこ発信なんですか?

青山玲子:結構 ちゃん がつけてることが多いかも。私は青山玲子だから「レイコップ」で、みんなルナルナって呼んでる松本ルナは「ルナオスティ」。桜子は「らちょまる」で、ゆったん(林弓束)は「ぶーぶ」だったり。

沢口けいこ:ちゃんオリジナルが多いね。

--(岡村明奈の)ずんだババアっていうのは?

3人:それは自らです!

沢口けいこ:あっきーがずっと「ずんだ!ずんだ!ずんだ!…」って言ってて、それをムービーで撮ってたら「ずんだババアだぞ!」っていきなり言ってきて、“え?なんだろ…。”みたいな。

--SNSであがる岡村さんのムービーは面白いですし、最年長とは思えない可愛らしさを放っております。

青山玲子:独特の世界観ですよね。「ずんだババアだぞ」って言ってるのに、「ババア」って単語が可愛く思えてきて、私も思わずお気に入りしちゃいましたもん(笑)。

沢口けいこ:最近も「たこやき」のやつをあげていて、意味はわからない!けどカワイイ! 可愛いからいっか!ってなるんですよ。

青山玲子:ただのカワイイじゃない! 世界観のあるカワイイだぞ!みたいな、可愛いキャラですね。

--水野まいさんは、最近ライブでのエネルギッシュさ、SNSでの積極性が、以前に増してパワフルになった印象です。

青山玲子:まいまいは元々パワフルなんですけど、よりそれが浸透してきたんじゃないですかね。クールでカッコイイだけじゃない、ちょっとお茶目な部分とかもライブMCだったりパフォーマンスで見せれるようになって浸透してきたんだと思います。

--誰よりも大きなステップのダンスとか、アニメの実況ツイートも最近のことではなく、元々の水野さんなんですね。

沢口けいこ:そうですよ! もっと濃いですよ!

青山玲子:全然! いま見せているのも素のまいまいの5%くらい!

沢口けいこ:普通(芸能人の方が)オモテに出る時って、誇張することも多いじゃないですか? だけど まいまいは、キャラを薄くして出てるんです(笑)。

まえだゆう:そうなんですよー! めっちゃ変わってるんですよ!!

青山玲子:ある意味、ちゃんより変わってる(笑)。

--桜子さんは最近よくイジられてるなーと感じるんですが…?

3人:ん…、イジられてるというかー。イジってる? なんだろ!?

青山玲子:らっちゃんはメンバー内でギャグのセンスも高くて、楽屋でも面白いんです。

沢口けいこ:実は、ああ見えてスゴくおしゃべりなんですよ! 寂しがりな部分もあったりして。

まえだゆう:それでメンバーのことよく観てるから、「このあいだ〇〇が、××してて~」って、そのメンバーのモノマネしながら話してくれるんです! それがちょー面白いんです!

青山玲子:そうだね、メンバーエピソードを誰よりも上手に話せるのがらっちゃん。それに探究心もあって、メンバーの悩みとかをずっと考えてくれるような熱い姉御肌な部分もあったりしますね。

--松本ルナさんはTwitterバナーがミニオンズだったり、彼女の”女の子らしさ”に最近きづきました。

沢口けいこ:意外と女の子らしいというか、一番可愛らしい服装だったり、メイクも一番女の子っぽい感じだったりしますね。

青山玲子:そうだね、白い肌だからピンクのメイクも似合うしね。でも、やっぱ“ギャグマシーン”って一面も持っているので、ルナが何かやると皆わざと“しーん”となるのが普段からあったり、イジられキャラですね(笑)。

--松本さんはそれを受け止めきれてるんでしょうか?

沢口けいこ:しーんとなるのも「それは愛情だ!」って言ってましたよ(笑)。

青山玲子:「もー、ルナが好きやからそうなるんやろ!?」って、すごいポジティブなんで(笑)。

--村上瑠美奈さんは安室奈美恵ファンなんですよね。

まえだゆう:ちゃんもアムラーで、よく(村上瑠美奈と)二人で安室会(安室奈美恵の曲だけを歌うカラオケ会)を開いたりだとか、安室ちゃんの動画を崇めて「あー、可愛い!」って、気持ちをリセットしてます。今回の発表があったときは二人して「まじか…」ってなりましたけど、ずっと応援し続けますよ!

青山玲子「子育ての疑似体験みたいな感じです」

predia『Ms.Frontier』インタビュー

--林弓束さんは「ゆずポエム」が気になるんですけど、実際の林さんはポエムにあるような“悟りを開いた女性”的な一面があるんでしょうか?

3人:いやいやいやいやいや。

沢口けいこ:ああゆうポーズをしているだけです。

青山玲子:ゆずポエムを書いてる自分が好きなんじゃないかな…たぶん、自分に酔ってるのかな(笑)。

--まえださん、お笑いコンビ「アスパラ・ベーコン」の相方としてどうですか?

まえだゆう:(小声で)はずかしいです……。

一同:アハハハ!

沢口けいこ:でも、ファンの方の中には「本当に素晴らしいです。このポエム。」っていう層がいるんですよ!

まえだゆう:そうなんです! それで「私のポエムのおかげで生きていられる人がいるから、毎日ポエムをあげないと」ってスタンスなんですよ!?

青山&沢口:コワイ(笑)。

まえだゆう:だけど、ホント一緒にいて面白いんです!

青山玲子:楽屋でも話のオチは結構ゆったんネタなんです。

沢口けいこ:あと、ゆったんは遠征に行くと絶対太ります!(笑)

青山玲子:旅行とかツアーで(行く先の)計画を立ててくれるんです。「あそこ行ったら、次はあの店~」とか。でも今回のツアーでさすがに同行できない時があって…

沢口けいこ:その予定がほぼ食事なんですよ! 「ごはん→ライブ→ごはん→休憩→ラーメン」みたいな(笑)

--いつも一緒に行かれるんですか?

青山玲子:いつもは一緒に行ってるんですけど、今回ははじめて断りました。そしたらイジケてましたね(笑)。

--沢口さんは今回メンバーとの食事、ご一緒したんですか? 前回のツアーでは一人ホテルで…、って岡村さんに「変わってるよ!」とツッコまれてましたけど。

沢口けいこ:それが今回、行ったんですよ(笑)。2,3回くらい?一緒に! ちゃんが寂しがりで、毎回一緒だったんですけど、

まえだゆう:好きやからやろ!

沢口けいこ:まあこんな感じで…。最近ちゃんが食べ物で釣ってくるようになったんですよ! 私が福岡で「イカ食べたいな~」って言ってたら、

まえだゆう:でも、そう言いながら部屋に帰って行くんですよ!? これはマズイって思って「あ! イカで釣ればいい」ってイカの食べれるお店調べて、部屋に行って「イカあるよ♪」って言ったら来たんです(笑)。

沢口けいこ:そうなんですよ、絶妙にホテルからも近いお店をチョイスしてたりするんです。

青山玲子:あ~確かに。ホテルから距離あったら絶対来てないかも。

--青山さんのメンバーとの日常ってどんな感じなんでしょう?

青山玲子:日常…? ちゃんを寝かしつけるのに、物語を作ってあげたりとか。

沢口けいこ:なにそれ!?

まえだゆう:お泊りした時、寝る前に「ちゃんころぴー登場させて、お話作って」ってお願いしたら、ちゃんをすごいカッコイイ役で登場させてくれるんで、気分良く寝れるんですよ。

青山玲子:子育ての疑似体験みたいな感じです。

一同:(笑)

--青山さん一人のときは?

青山玲子:本読むこととか、前にやっていたギターを最近また始めたんです。「Ms.Frontier」も女性のカラダを楽器に例えたりしていたので、それに感化されて「私も久々にギターをやってみよう」と思って、家でちょくちょくprediaの曲をギターで弾いてみたりしてますね。

沢口けいこ:かっこいい!

青山玲子:最近好きなんです、そういうのが。より深い部分に興味を持つようになってきて、これだけprediaで音楽に携わることができてますし、もちろんメインボーカルの2人がいるんですけど、「音のつなぎはこうした方がいいんじゃないかな?」とか楽曲ことをもっと深くを知れたら何かライブでも活かせるかなと思って。いまはDTMも勉強中です。

もともとリンキン・パークとか、洋楽が好きで聴くことが多いですね。prediaで活動するようになってから人気のアイドル曲も聴くようになって、歌詞のキャッチーさだとか、アイドルさんからたくさん勉強させられることもあります。なので、最近はいろんなジャンルを聴くようになりました。

--青山さんのアーティスティックな一面がいつベールを脱いでいくのか楽しみですね。

青山玲子:そんな、ちょ、ポリポリしちゃうわ(笑)。

沢口けいこ:こりゃもうカッコよくしか映んないからね。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. ちゃんころぴーエンジン全開で「Ms.Frontier」をプロモーション
  3. Next >
インタビュー写真

predia『Ms.Frontier』インタビュー predia『Ms.Frontier』インタビュー predia『Ms.Frontier』インタビュー predia『Ms.Frontier』インタビュー predia『Ms.Frontier』インタビュー predia『Ms.Frontier』インタビュー predia『Ms.Frontier』インタビュー predia『Ms.Frontier』インタビュー


ちゃんころぴーエンジン全開で「Ms.Frontier」をプロモーション

predia『Ms.Frontier』インタビュー

--では、まえださん。ご自身もアスパラ・ベーコンとして出場した「キングオブコント」決勝戦を見ての感想を?

まえだゆう:やっぱり私の印象に残ったのは「にゃんこすたー」さんですね~。やっぱりコントって偉大ですよね? 無限大ですよね? 私たちはアスパラベーコンとしてM-1にも、キングオブコントにもエントリーさせていただいたんですけど、キングオブコント決勝での、あの型にはまらな………

青山&沢口:……(ごにょごにょ)……

まえだゆう:やっぱ! アスパラ・ベーコンは、ちょっと寄せすぎていたかなって、お笑い芸人に見られたいって気持ちが前に出すぎていて、固くなりがちだったんですけど、もっと自由に!自分らしく!表現できるように、もっとお笑いについて勉強していって、来年も………

青山&沢口:……(ごちゃごちゃ)……

まえだゆう:二人で結果が出る前から話してたんですよ! やっぱ違かった!って。自分らしさが出てなかったかなって。「もっと自分らしさを出していかなきゃ」って…

--「自分らしさ」ということで、今回の「Ms.Frontier」では自分らしさは出せましたか?

まえだゆう:そうです! 今回ちゃんころぴー、いつもは出せてないような素のセクシーさを出せたのが「Ms.Frontier」です!

青山玲子:ついさっきまで「ちゃんは~セクシーな曲だと思います~」とか言ってたのに(笑)

沢口けいこ:ちゃん、prediaのことが一番でしょ?

まえだゆう:そうだよ! prediaのためにもお笑いだって全力で頑張るんだよ!

青山玲子:でも、prediaのことより、お笑いのこと喋ってる熱量の方が高くない!? 話も長いし、ビックリしちゃったよ!

沢口けいこ:今日一番キラッキラした目で話してたよ! 本当ビックリだよ!

一同:(笑)

まえだゆう:(気を取り直して)いや~「Ms.Frontier」ほんと聴いてほしいんですよ! すっごいイイ曲で、全員がビビっときた曲なんです! 楽曲会議の中で、何曲か聴かせていただいたんですけど、みんなして「コレっ!」て言ったくらいのビビっと感があったんで、すごい運命を感じてるんです!! そして、このモノクロのジャケット! A typeはレイコップの裸ですよ!

--また脱ぎましたね~(笑)

青山玲子:また脱いじゃいましたね~(笑)

まえだゆう:これはprediaでしかできない(ジャケット)だと思いますし、このセクシーな背中はpredia10人のものなんです! すごく誇らしい! 本当にいい体してるね~!

青山玲子:ありがと(笑)

沢口けいこ:オジサンみたいな褒め方だな(笑)

--青山さん、この撮影までに何か特別されたことは?

青山玲子:痩せすぎなようにしようと思って、逆にシェイプアップとか特別しなかったです。女性らしい体を撮りたいって、カメラマンさん、マネージャーさん、ディレクターさんと話していたので、あえて肉付きのいいとまではいかないけど…なんだろうな、私の背中を楽器に見立ててほしいというか、ヴァイオリンの体を意識しましたね。

--ヴァイオリンの体……?

青山玲子:ヴァイオリンのこういうフォルム? ボディ?のラインを意識しました。撮影している時もヴァイオリンの気持ちになってやってましたよ、「私を奏でていいよ~」って(笑)。 ちなみに、この奏者の手も実際男性の方なんですけど、これが他のアイドルちゃんたちだったらねぇ? ファンの方も黙ってないと思うんです。だけど、prediaだったら大丈夫!みたいなね。何人からか「ちょっと~」ってヤキモチ妬いたようなコメントは頂いたんですけど、「よかったよ」って言ってくれる方がほとんでしたね。ファンの方も大人な対応ですから。

--活動をはじめた当初の青山さんからして、30歳を迎えて、こうしたジャケットを飾っているっていうのはやっぱり意外?

青山玲子:まったく想像もつかないくらい! 23歳くらいの時からはじめた活動を30歳になっても続けてるって思ってなかったですし。最初はタレント活動の脇にちょっとアイドルのお仕事を頂いて、みんなで集まってやる!くらいの心持ちだったんですけど、ライブを積み重ねていくうちに、他のミュージシャンやグループと同じようなプロとしての自覚を持つようになっていって、「アイドルで、このメンバーで売れたいんだ!」ってまっすぐな意識に変わっていったんです。それから、だんだんと今の活動や意識に近づいていったと思いますね。

いまでもファンや、メンバーとの絆がどんどん深まっているので、そうしたかけがえのない人たちに出会えたことは、いまとなって思うと”めちゃめちゃいい30歳になれたな”って思います。

3人で密着して座りました、ただ風に吹かれて。もちろん筋肉痛とかなかったですよ!(笑)

▲predia「Ms.Frontier」
▲predia「Ms.Frontier」

--「Ms.Frontier」のミュージックビデオですが、筋トレしている様子がめちゃめちゃ辛そうです。まえださんは足上げ腹筋を?

まえだゆう:はい、いままでやったことがなかったんですよ! あれ実際は結構長いことやってたんで、ほんと最後の方はお腹に効いてきましたね。

青山玲子:メンバー同士応援しあっていて、「がんばれー!もうちょっとだよ!」とか、「いいね!エロいよ!」とか(笑)。

--青山さんはスクワットでしたね。

青山玲子:そうなんです。基本このジャケ写も、前作「ヌーベルキュイジーヌ」MVのヌードもそうなんですけど、その依頼に対して疑問に思うことは無くて、「やらせてもらえるんですか? がんばります!」ってすぐ答えられたんですけど…今回監督に”スクワットして歌って”って言われたときは「え? ほんとに、やります?」って聞き返しちゃったんです(笑)。 自分の中で、面白くなっちゃって、笑いながらやってしまいましたね。「レッスン」ってセリフもファンの方に「エロ面白い!」って言ってもらえて、これが正解だったのかなって。

--あの「レッスン」、結構力んでましたね(笑)

沢口けいこ:ずっとやってたもんね!?

青山玲子:そう、本当に辛かったんですよ!

一同:(笑)

--沢口さんは…?

沢口けいこ:あの…これ、オーディションがあったんですよ! メンバー10人がMVで着てたお揃いの黒の上下のヤツ着て監督の前に並んで、筋トレ・オーディションが行われたんですね。そこで「きみは足がキレイだから、あし!」「腹筋が良いね、腹筋!」みたいな感じで端から振られていったんですけど、私は飛ばされて「あれ?」って、それが一周したところで3人だけ残ったんです。何も振られていない3人でソワソワしてたら、「きみたちは何ができる?」って言われて(笑)。
そこで「たしかに、筋肉は人より少ないです。でも、頑張りたい気持ちは人よりあるんです!」って伝えたんです! そしたら「ん~、まあ座ってくれたらいいかな」って言われまして、その3人で密着して座りました、ただ風に吹かれて。もちろん筋肉痛とかなかったですよ!(笑)

まえだゆう:おもしろい!(笑)

青山玲子:なぜか3人はやらないっていう(笑)

沢口けいこ:意味深な!(笑) ……ただの筋力不足でした。

--それと沢口さんのウィンクなんですが…、

沢口けいこ:なんですか? 安売りしてるってことですか?(笑)

--いえいえ(笑) 今回のMVでもしてましたね!

沢口けいこ:今回アレなんですよ。あかねんもしてるんですよね。しかも私のウィンクした後すぐにあかねんがしてるんで、アレで食われてるんですよ今回!!

青山玲子:だから今回けいたんのウィンクの印象、あんまりないわ。

沢口けいこ:でしょ!? ダメだよ…、あかねんはメインボーカルで抜群に歌もうまいのに、ウィンクなんて武器まで持たれちゃ、こちら勝てませんので!自作からヤメていただきます!

--次作はみんなウィンクしてたりして…?

青山玲子:でも、できない女が多いんですよ、prediaって。

まえだゆう:できないです!

青山玲子:そうなんです。らちょとちゃんころぴーができないんですよ。ちょっと、ちゃんやって?

まえだゆう:(目をパチパチ)…

沢口けいこ:まばたき?

まえだゆう:これでも出来るようになったんだよ!? 「美しき孤独たち」のフリであるんですよ! “悪い女~”ってサビ終わりにウィンクするんですけど、(ライブの時)ちゃんころぴーの前のお客さんたちだけ爆笑してるんです!

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. predia 7周年記念日に、いざ青年館ホールへ!
  3. Next >
インタビュー写真

predia『Ms.Frontier』インタビュー predia『Ms.Frontier』インタビュー predia『Ms.Frontier』インタビュー predia『Ms.Frontier』インタビュー predia『Ms.Frontier』インタビュー predia『Ms.Frontier』インタビュー predia『Ms.Frontier』インタビュー predia『Ms.Frontier』インタビュー


私たちのオトナ可愛い魅力が伝わる曲「Close to you」

predia『Ms.Frontier』インタビュー

--メインボーカル湊あかねと村上瑠美奈のお二人は歌いながら、腕立てしましたけども。

沢口けいこ:大変そうでしたね。「I'm crazy」であがってきて…

青山玲子:あそこで一番応援も熱が入りましたね!「いいよ! かっこいいよ!」って、

3人:爆笑しながら!(笑)

--ホント格好いいんですけど、笑えました(笑) また林さんの胸チラもあって、

沢口けいこ:チラっていうか、ガンガン見せてますよ(笑)。

青山玲子:あれ、初めは違うトレーニングだったんですけど、できなくて変わったんですよ。

まえだゆう:ホントに(彼女は)力ないんで!(笑)

--今回のMVはシェイプアップというテーマがありましたけど、女性から見て1番いい体はのメンバーは?

まえだ&沢口:玲ちゃんですね! ダントツで。

沢口けいこ:やっぱり痩せすぎてない女性らしいラインを持っているところもそうなんですけど、個人的に鎖骨から肩にかけてのラインが好きで、丁度いい華奢さなんですよね。

青山玲子:恐縮です。

--そんな青山さんが思う理想的な女性の体って?

青山玲子:バランスが大事だなって思いますね。背が高い方だと、骨格がしっかりしていたり肉付きがよくても格好いいなって。逆に背の低い方だと、ちょっとぽちゃっとしてたら男性に好かれそうだなって思うし、あっきー(岡村明奈)みたいな華奢な感じも好きですし、正解がないですね。私だったら痩せすぎてない方がいいだろうなとか、あっきーだったら華奢なまんまがいいだろうなとか。

--「Ms.Frontier」の歌詞は…

沢口けいこ:今回も私たちprediaで作詞してます!

まえだゆう:いちおう全員提出はしてますから!

沢口けいこ:(私&ちゃんは)結果が返ってこなかっただけで。

青山玲子:それに「Ms.Frontier」はメンバー全員の歌割りがあるんですよ。シングルのタイトル曲では初めてかな? メンバー10人のソロパートがあるんです。

沢口けいこ:たしかに!

--今回のシングル『Ms.Frontier』(カップリング曲「Close to you」「Shade of you」)の3曲はそれぞれ全く異なる曲調ですけど、個人的にいまの気分で聴きたいのは?

沢口けいこ:ほんと気分によって変わりますね(笑) 「Ms.Frontier」はホントにいまのprediaの魅力が詰まった楽曲に仕上がったのでもちろん好きなんですけど、個人的に“アイドル”が好きというのもあって、「Close to you」はオトナ可愛いところが出せる曲なので、お気に入りですね!

青山玲子:「Close to you」はライブで盛り上がる一曲ですね。キャピキャピしすぎてないかわいい大人の曲って感じで、キャピッとしすぎず、クールでもないようなオトナ感を残しつつ歌っていて、メンバーみんなで可愛いすぎないようにしていこうってレコーディングしたんです。なので、私たちのオトナ可愛い魅力が伝わる曲かなって思いますね。

predia 7周年記念日に、いざ青年館ホールへ!

predia『Ms.Frontier』インタビュー

--そんな新曲たちのパフォーマンスも楽しみな、現在開催中のpredia 7周年全国7箇所ツアー【predia 7th Annniversary Tour】ですが、残すは北海道とファイナルの日本青年館ホールですね。

青山玲子:北海道は地元ですけど、prediaのツアーでは初めて行く土地なのでワクワクしますね!

沢口けいこ:ファイナル青年館はpredia7周年の当日ですし、スペシャルなライブにしたいですね。

--これまで各地の公演をまわってきての印象はいかがでしょう?

沢口けいこ:初めましてのお客さんがまた増えた印象がありますね。前回のツアーも初めましての方が多かったんですけど、その方々もまた見に来てくれて、プラス新しく見に来てくれる方も想像以上いて。SOLD OUTになった公演もいくつかありましたし、ちょっとpredia大きくなってきたかな? 広まってきたかな?って感じてます。

青山玲子:ライブを一つずつ、prediaらしく丁寧にやっていった結果が、こうして今につながってきているのかなって感じてます。

--prediaのライブはホント“prediaらしさ”の詰まった内容だなと感じております。

青山玲子:今回も各地に行かせていただいているんですけど、やっぱり毎公演同じ内容にはしたくないって気持ちがありますね。ツアーごとに共通のテーマだったり、コンセプトみたいなものはあるんですけど、公演毎に曲間や転換が違ったり、ダンスもこの公演でしかやらないバージョンだったり見せ方を変えているので、全公演に来ても見どころ溢れるツアーにしています。でも、私たち的には、てんてこ舞いなっちゃたり(笑)。

だけど、その分「大阪は〇〇ですごく楽しかったよ」「名古屋は〇〇な演出だったね」とか言ってくださるお客さんがいたり、「前回のツアーが楽しかったから友達連れてきたよ」っていうお客さんも多くいて、なんか広がってきてるかなって感じますね。

まえだゆう:ね! 「ライブ楽しかったから、またチケット買ったよ」とか、全部の公演を観たいって言ってくれる方もたくさんいて、前回のファイナル(赤坂BLITZ)もそうやってSOLD OUTになったので、本当に嬉しいです!

青山玲子:地元でも近くでもないのに、わざわざ埼玉や北海道のチケット手に入れてくれたっていう方の声も多くあって。

沢口けいこ:ホントわざわざ遠征してくれるって凄い嬉しいよね!

--毎公演しっかり自分たちのライブを届けて、結果もこうなっているのは嬉しいですよね。

青山玲子:そうですね! なので、prediaにとっても皆さんにとっても最高のライブにしたいなって思っていますので、ツアーファイナル(11月23日・日本青年館ホール)もSOLD OUTさせたいです!

インタビュー写真

predia『Ms.Frontier』インタビュー predia『Ms.Frontier』インタビュー predia『Ms.Frontier』インタビュー predia『Ms.Frontier』インタビュー predia『Ms.Frontier』インタビュー predia『Ms.Frontier』インタビュー predia『Ms.Frontier』インタビュー predia『Ms.Frontier』インタビュー

predia「Ms.Frontier」

Ms.Frontier

2017/10/25 RELEASE
CRCP-10384 ¥ 1,000(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.Ms.Frontier
  2. 02.Close to you
  3. 03.Ms.Frontier (instrumental)
  4. 04.Close to you (instrumental)

関連キーワード

TAG

Ms.Frontier
predia「Ms.Frontier」
2017/10/25
[CD]
¥1,000(税込)
購入画面へ
Ms.Frontier
predia「Ms.Frontier」
2017/10/25
[CD]
¥1,000(税込)
購入画面へ
Ms.Frontier
predia「Ms.Frontier」
2017/10/25
[CD]
¥2,000(税込)
購入画面へ
ヌーベルキュイジーヌ
predia「ヌーベルキュイジーヌ」
2017/06/21
[CD]
¥1,000(税込)
購入画面へ
ヌーベルキュイジーヌ
predia「ヌーベルキュイジーヌ」
2017/06/21
[CD]
¥1,000(税込)
購入画面へ
ヌーベルキュイジーヌ
predia「ヌーベルキュイジーヌ」
2017/06/21
[CD]
¥2,000(税込)
購入画面へ
禁断のマスカレード
predia「禁断のマスカレード」
2017/01/25
[CD]
¥1,000(税込)
購入画面へ
禁断のマスカレード
predia「禁断のマスカレード」
2017/01/25
[CD]
¥1,000(税込)
購入画面へ
禁断のマスカレード
predia「禁断のマスカレード」
2017/01/25
[CD]
¥2,000(税込)
購入画面へ
白夜のヴィオラにいだかれて
predia「白夜のヴィオラにいだかれて」
2016/06/22
[CD]
¥2,500(税込)
購入画面へ
白夜のヴィオラにいだかれて
predia「白夜のヴィオラにいだかれて」
2016/06/22
[CD]
¥2,500(税込)
購入画面へ
刹那の夜の中で
predia「刹那の夜の中で」
2016/01/27
[CD]
¥1,000(税込)
購入画面へ
刹那の夜の中で
predia「刹那の夜の中で」
2016/01/27
[CD]
¥1,000(税込)
購入画面へ
刹那の夜の中で
predia「刹那の夜の中で」
2016/01/27
[CD]
¥2,000(税込)
購入画面へ
満たしてアモーレ
predia「満たしてアモーレ」
2015/08/26
[CD]
¥1,000(税込)
購入画面へ
満たしてアモーレ
predia「満たしてアモーレ」
2015/08/26
[CD]
¥1,500(税込)
購入画面へ
満たしてアモーレ
predia「満たしてアモーレ」
2015/08/26
[CD]
¥1,500(税込)
購入画面へ
孤高のダリアにくちづけを
predia「孤高のダリアにくちづけを」
2015/02/18
[CD]
¥3,000(税込)
購入画面へ
孤高のダリアにくちづけを
predia「孤高のダリアにくちづけを」
2015/02/18
[CD]
¥3,500(税込)
購入画面へ
美しき孤独たち
predia「美しき孤独たち」
2014/12/17
[CD]
¥1,000(税込)
購入画面へ
美しき孤独たち
predia「美しき孤独たち」
2014/12/17
[CD]
¥1,000(税込)
購入画面へ
美しき孤独たち
predia「美しき孤独たち」
2014/12/17
[CD]
¥2,000(税込)
購入画面へ
壊れた愛の果てに
predia「壊れた愛の果てに」
2014/08/06
[CD]
¥1,000(税込)
購入画面へ
壊れた愛の果てに
predia「壊れた愛の果てに」
2014/08/06
[CD]
¥1,500(税込)
購入画面へ
Invitation
predia「Invitation」
2012/03/28
[CD]
-
購入画面へ
Invitation
predia「Invitation」
2012/03/28
[CD]
¥4,114(税込)
購入画面へ
Invitation
predia「Invitation」
2012/03/28
[CD]
¥3,086(税込)
購入画面へ
ハニーB
pre-dia「ハニーB」
2011/11/23
[CD]
-
購入画面へ
ハニーB
pre-dia「ハニーB」
2011/11/23
[CD]
-
購入画面へ
ハニーB
pre-dia「ハニーB」
2011/11/23
[CD]
¥1,543(税込)
購入画面へ
Dia Love
pre-dia「Dia Love」
2011/01/26
[CD]
¥1,543(税込)
購入画面へ

Chartsmore